1803) ぎゃぁぁぁ〜! いないはずのところに人影が・・・。1805) 初心者が教えるフライボード(コツ)

2014年06月25日

1804) 著書・・・二作目について&メガソーラー見学

以前、ブログに、私の著書第二作目は、老後の不動産との付き合い方について書いた本を出版したいと書かせていただきました。

最近は、老夫婦が都会のマンションに移り住むというケースが増えてきました。


ただ、増えてきたといっても、その数は、まだまだ多いとは言えず・・・・、息子や娘が家から出て行った後、大きな屋敷に老夫婦だけ・・・、もしくは、伴侶に先立たれ大きな家で一人暮らしをしている方も少なくありません。 

以前、350坪の敷地、90坪の家に一人暮らしをしていた老人が無くなり、一週間近く亡くなられたことに気付かれなかったというような事もありました。

子供は出て行った先で家庭を持ち、もう実家に戻ることはない・・・、田舎ではそんな状況のご家庭が多くなりました。

しかし、そこに取り残された者は、先祖代々の家を捨ててまで都会のマンションで暮らす勇気がない・・・・もしくは、都会に移り住んだ時の快適さや便利さを想像する事すらできない方もいます。

そんな方々や、そんな方々の子供さんたちに向けて・・・・・、団塊世代の方の、不動産との付き合い方を書いてみたかったのですが・・・・・。 

第一作目の(満足する家を買いたいならこうしなさい)の出版社は、NOの回答でした。

私の担当をされている方が、上にあげたらしいのですが、会議か何かでボツになったそうです。


かといって・・・・、他の出版社から、執筆の依頼はあるものの、私が書きたい内容ではない物や・・・・・、書きたいけど自信がない分野の著書の執筆依頼が大半なのです。

私が、書きたい!と思うようなものはないですね〜・・・・・、あっても、出版部数や報酬等の条件が悪かったり・・・・。

元々、不動産会社の代取と、不動産コンサルマスターの仕事に追われ、時間がないじゃないかと言われるかもしれませんが・・・・、時間なんかは、作るものです。

それ以前に、本というのは、著者に書きたいという気持ちがなければ、良い作品にはならない!

でも・・・・、自費出版は、嫌だし・・・・・・というか、自費出版で、全国の書店に平積みさせるのは、全国のコンビニに、ちよっぺんグッズを並べるのと同じ位難しい・・・


そんな事を思っていたのですが・・・・。

今回、一作目の出版社の担当さんから、とても良いお話をいただきました。

詳細については、まだ書けませんが・・・・出版社側のOKが出次第、事の次第を書かせていただきます。


さて、本日は、太陽光の話も・・・・

知多半島まで、知り合いのK社長のやっているメガソーラーを見に行きました。


到着早々・・・・、知多半島の地元の鮨屋で・・・ごちそうになってしまいまして・・・・。

その後、太陽光発電の場所へ・・・・・。

image


ドーン!!!

15000坪の敷地に、2、5メガ・・・・ 圧倒されました・・・・。

行っても、行っても・・・太陽光パネル・・・・歩いて回れないレベルの広さで、車で一周しました(笑)

弊社の50kwの発電所が50個分ですからね〜w

image


それにしても、15000坪の土地に太陽光パネルが15000枚敷き詰めてあるのは、すごい迫力・・・しかも名古屋から30分の距離で・・・・2、5メガ・・・。

この大きさだと、年間1億円以上の発電をするわけで・・・・売電は20年で20億以上・・・、パネルは7億ぐらいで設置できるのかな〜?

年間1億って、小さな会社か、まあまあの規模の飲食店舗ぐらいの商いですよね〜・・・。

それを無人で賄ってしまうわけです

BlogPaint


多少の維持管理費は必要なものの、パネルを並べておくだけで・・・・、これだけのお金を生み、尚且つ、自然のエネルギーを電気に変える。

素晴らしい事です。


弊社は、メガソーラーという考え方ではなく、50kwの小型を数多く設置していくという考え方をしていたのですが、こうやって2,5メガの太陽光発電所を見ると、壮大でいいな〜と思い、私もメガをやってみたくなりました。

小型のものであれば、手頃ですし・・・・融資も通しやすく、管理も楽ですし、後々、売却しやすいというか・・・、一般の方々等、買うほうも買いやすい価格ですからね〜。

そんなわけで・・・・、まあ、メガまで行けるかどうか分かりませんが、私も、この愛知県内で、大きめの土地の太陽光発電事業にトライしてみようと思いました。

恐らく太陽光発電も、美味しいのは来年の3月までです。

逆算すると、今年中には目途を付けておかないと3月に間に合わないかもしれません。


本も書かなくてはいけないし、大型の太陽光発電の土地も探さなくてはいけないし・・・、来期のメイン事業でもある、90区画の宅地分譲の件でも、各住宅メーカーさんが、どんどんアポイントを入れてきている状況で・・・・、とにかく、今以上に忙しくなりそうです。

著書と大型太陽光発電所と大型宅地分譲の件・・・、進展がありましたら、ブログに書きたいと思っております。 


それでは・・・、本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。




いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 近藤ファン   2014年06月25日 21:29
愛知県で不動産会社を営んでいます。
お客様第一主義を貫く近藤先生の著書を営業ツールとして利用しています。
営業の立場で話をしても納得してもらえないことが近藤先生の著書を見せながら説明をするとお客様の共感を得ら納得してもらえる魔法の営業ツールです。
使いすぎて本のカバーのオレンジ色の部分が色あせて黄色になってしまいました。
二作目も社員の数分必ず購入しますのでカバーは色あせない素材を希望します。

ブログも毎日読みブログランキングも必ずポチッとしています。
近藤先生の益々のご活躍と千代田不動産のご発展を心よりお祈り申し上げます。



2. Posted by 隠れ近藤教信者   2014年06月25日 21:40
近藤社長さん、ファンとしてのコメントですので気を悪くされないでください。
ご多忙なんでしょうが二冊目の出版とメガソーラーの話は二つに分けて一つ一つを掘り下げて書いたほうがよろしいのではないですか。
近藤社長らしからぬどこにでもあるBlogになってしまっています。
近藤節炸裂希望(笑)
3. Posted by 梅雨の晴れ間   2014年06月26日 11:23
ソーラーの設置場所は海から遠いのでしょうか、知多で車を所要している知人が、潮風で錆びることもある、と言っていたことをおもいだしました。
広大なソーラー事業、うらやましいかぎりです。
4. Posted by コンドウ   2014年06月26日 13:31
近藤ファンさん、著書を営業ツールに、またブログランキングのクリックをしていただき、ありがとうございます。
他にも、兵庫県の分譲業者さんや、京都の不動産業者さん、横浜の不動産会社さんも、愛知県のコンサル会社さんが営業ツールとして使ってくれているみたいです。
本当にありがたい事です。
2作目の表紙の件は担当の方に相談してみます。



信者さん、確かに、分けるべきだったように思います(笑)
最近、ブログを時間もなくて・・・・でも、書きたい事は沢山あって・・・ついつい、両方まとめて書いてしまいました。
ご意見ありがとうございました。



梅雨の晴れ間さん、ソーラーの場所は、山の上で海からは離れていますが、知多半島なので、やはり海風が吹くのかな〜?
どれぐらいの距離があればいいのかわかりませんので何とも言えないですけど・・・パネルを見た感じでは、海風によるサビ等の被害はなさそうでした。
そして、私も同じく、うらやましいな〜・・・・メガ欲しいな〜・・・と思いましたw


5. Posted by tsubo   2014年06月27日 09:19
豪邸だけど、手放せない場合はシェアハウスが良いと聞きました。リノベに少しお金が掛かりますが、駅徒歩10分以内であれば普通の賃貸より高い水準で貸せるとのことです。釈迦に説法だと思いますがww
6. Posted by ももんじゃ   2014年06月27日 12:49
出版の件、次回作どのようなテーマになるのか楽しみです。願わくば自伝が読みたいです。

太陽光の件、イニシャルコストを下げないと、FITの価格が下がる対抗策がなく、トントンですよね(苦笑)
7. Posted by コンドウ   2014年06月27日 15:42
TSUBOさん、シェアハウスですか〜・・・。
駅近の利便性の良い場所であればいいでしょうね〜w
ただ、老夫婦が大屋敷に一人で住んでいたりするのは、ど田舎の不便なところが多いので、そういう場所ではシャアハウスは厳しいような気がします。
今時は、地主さんも、どれだけ沢山の土地を持っているかではなく、どれだけお金を生む不動産を持っているか、住むのであれば、どれだけ広い屋敷かではなく、どれだけ利便性が良いか・・・が重要でしょうね。
田舎のほうでは、なかなかご理解いただけないですけどね。


ももんじゃさん、自伝ですか・・・・、講演では、それなりに人気がある分野ですが、本にしても、いまいち売れない気がします(笑)
太陽光は、HITは、良い商品ですが、採算は合わないですよね・



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1803) ぎゃぁぁぁ〜! いないはずのところに人影が・・・。1805) 初心者が教えるフライボード(コツ)