1791) 不動産と飲食とコミュニケーション1793) 訪問時のマナー&手土産について

2014年05月28日

1792) 購入申し込み後・・・音信不通

本日、画家である知人から電話があったのですが・・・・。 

ある社長さんから、自画像を書いて欲しいという依頼を受けて、写真を数枚預かり2カ月かけて絵を描いたのですが、作品が完成したので、連絡をしたらしいのですが、つながらず・・・折り返しの電話もない状況で、何度電話しても、つながらないし、折り返しの電話もなかったらしい。

仕方がないので、会社に電話を入れたみたいなんですけど、取り次いでもらえないし、伝言を残しても連絡がない・・・・。

最後の手段で、会社の駐車場で、社長さんが出てくるのを待って・・・、絵が完成したことを伝えたのですが、『そんなものは頼んだ覚えがない!』と言われたらしい。

自分の写真は渡した・・・書いてもらうかは検討したが、依頼はしていないと主張しているらしい。

逆に、しつこいと警察を呼ぶとお叱りを受けたということで・・・、めちゃくちゃ悔しかったのだろう・・・・私のところに相談があった。

依頼を受けて、2ヶ月かけて書いた絵を届けようとしたが、音信不通・・・・、おまけに会いに行ったら怒られたという最悪な事態。

私としては、相手の社長さんが、音信不通だったことからして、依頼したが、20万円を払うのが嫌になって惚けているのだと思い、ゴルフコンペ等で、たまに顔を見る社長だったので、電話をしてあげました。

私が電話をすると・・・・速攻で出て丁重な挨拶と御世辞を言ってくださったのですが・・・、私は不機嫌そうに知人の作品の話をした。

すると・・・・、『頼んだ覚えはないですが、近藤社長の知人の画家さんですので、買わせていただきます。』

 『おいおいおいおいおい・・・ちょっと待った、社長さん・・・・、今の言い方、気に入らんな〜・・・。 俺が脅迫して絵を押し付けたみたいじゃないですか・・・・。 』

社長さん 『そんな言い方をしたつもりはありません。  ただ、絵を描いてくれと頼んだ覚えがない事なのに、近藤さんが私と〇〇さんの間に入ってきて、絵の話をされたので・・・・。』

 『そうですか・・・・。 〇〇さんさんから連絡があったのは自覚してますよね〜・・・・、絵を頼んだこと・・・身に覚えがないのに、携帯にも出ずに、居留守も使って音信不通にしたんですか? 』

社長さん 『近藤社長、そこまで攻めなくても、とにかく買いますので・・・・私が依頼をしたのに勘違いをしたかもしれません。』

 『大して世間に顔が効かない画家は、無視して・・・、俺だと、共通の知人が多いし・・・面倒くさいから買うっていってるだけじゃないっすか〜・・・・・、まあいいや、気分は悪いけど、結果としては、約束通りなわけだから・・・・。 あとは、そっちで話をしてください。  』

そんなわけで・・・この音信不通社長と電話を切ってから・・・・画家さんに電話を入れて、約束を守ってもらえるようにしたことを説明したのだが・・・・。

画家さん 『近藤さん、ありがとうございます。 本当に感謝しています。 でも、申し訳ないのですが、先方の社長さんとお話をした上で絵の代金は頂かずに、この絵も処分をしようと思います。 欲しくないけど買ってやるという人にお譲りすることはできません。  近藤さんが連絡を取ってくださって、嫌々お金を払おうとしたことが分かったので、もうスッキリしました。 ありがとうございました。』

 『まあ、そりゃ〜そうだw プライドは大事だからな〜・・・。 でも、何故、頼んでおいて、ドタキャン的に音信不通だったんだろう???』

画家さん 『それは私が聞きたいです。 完成したことを伝えたくても、電話にすら出てもらえなかったので・・・・。 あるレストランで私の絵を見て気に入ってくださり、会社にお招きいただいて、社長さん本人が、書いてほしいとおっしゃったんですけどね。 金額も先方の社長さんのほうから提示されたぐらいなんですけど・・・。』

 『案が得てみれば、最近、そういう訳の分からない人が増えた気がします・・・・。 不動産でも契約日まで決めていて音信不通になったり、契約に来なくて、その後連絡が一切取れないなんて方もいます。 』

そんなわけで・・・・画家さんが気の毒なのと、画家さんの気持ちや労力を無視した音信不通には、他人事ながらかなり腹が立ちました。


不動産取引においても最近・・・・この社長さんのように申し込みをしておいて音信不通になる方がいます。

今日は、そんな話を書かせていただきます。
 


まずは、不動産を購入していただく際の順序なのですが・・・物件を案内して説明をします。

お客様は最終的に、買う買わないを決めるわけですが、購入するとなった場合、購入申し込み、俗にいう買付証明を頂き、その際に申し込みから2週間以内ぐらいの日時で契約日を決めます。

契約日が決まったら、契約日までに融資の事前審査を出す等して、事前が降りれば予定通りに契約をするということになるわけです。

もしくは、融資が通る可能性が限りなく高かったり、融資を使わない現金のお客様には、申し込み後、数日の間に契約をしていただくこともあります。



今回、ブログに書くのは、購入申し込み後のキャンセルについてなのですが・・・・・。 

我々不動産業者側としては、買う意思がないのに購入申し込みをするな!と言いたいところなのですが・・・、申し込みをしたものの、何かと事情が変わったり、どうしても購入したくなくなった等の理由でキャンセルをされる人もいらっしゃいます。

100歩譲って・・・、不動産は生涯に一度の大きな買い物ですので、契約前であればキャンセルをしていただくのは仕方がないと思うのですが・・・・。

最近、購入申し込みを書いたのに、簡単にキャンセルするお客様が増えた様に感じます。 


不動産業者は、お客様の購入の意思表示に対して、融資の事前、契約の準備等で動き、インターネット等の物件情報には予約、申し込み済などの表記をして、重要事項説明書、契約書の作成をします。

この労力は、けっこうなものなんですけど・・・これを簡単に、下手をすると電話一本で断られる方もいます。

不動産を買うという事は、お客様にとっても大きな事ですが、我々不動産業者にとっても絶対にミスが許されない事であり、細心の注意をはらい慎重に契約に望みます。

昔は、今ほど、購入申し込み後のキャンセルがありませんでしたが・・・・全くなかったわけではなく、キャンセルをする場合は、来店されて、きちんと事情を説明して断る方が多かったです。

それを、今は、電話一本で断る方が増えまして・・・大きな買い物ですので、購入の決断をしたけれれど、どうしてもということであれば断られるのは仕方がない事だと思っておりますが・・・、こちらとしては、お客様の事を真剣に考えてお勧めして、ご決断をされ申し込みをいただいたのに、簡単に電話一本でキャンセルをされるのは、寂しい限りです。

と・・・・不動産業者の本音を書かせていただきましたが・・・。

実は、ここ最近は、もっと酷くなりまして・・・・。

契約前の段階で音信不通になるお客様がいたり・・・・、中には契約日に、来ないで、その後音信不通になられる方もいたりして・・・・。

仲介の場合は、私ども不動産業者だけではなく、不動産の売主様にも迷惑をかけてしまうわけです。

もしも、ご自身が、売主の立場だったら・・・、契約当日に買主様が約束の時間に現れず、音信不通であったら、どういう気持ちになるのでしょう?

ご自身の無責任な発言や行動が、どれだけ迷惑をかけるのか、考えもしないのでしょうね〜。

自分がやめたいからやめる・・・断るのも面倒くさい・・・他人がどうだろうが関係ない・・・・。

断るのは仕方がないにしても、人の道から外れた行為はダメだと思うんですよね〜。 

ちょっと前の方は、お医者様で・・・、申し込みから、契約までの間に音信不通になり・・・契約日の前日までに何度連絡しても折り返しがないので、弊社の営業が自宅のほうに伺ったら、『連絡が取れないのは契約をやめるという意味に決まってるだろう。 お前は馬鹿か・・・そんな事もわからんのか・・。』と言われたらしく、営業が凹んで帰ってきました。

先日も、東京の有名大学の先生様が、契約当日に来ない・・・携帯に電話をしても音信不通・・・、それ以後、数回電話をしても折り返しの電話もなし・・・。

そして、昨日は、お客様を紹介してくれた住宅メーカーから電話があり、申し込みをしたお客様と連絡が取れなくなってしまいました。 何度連絡をしても音信不通で、一応、家に行ってみますが契約を中止にしていただいたほうがいいです。後日お詫びに伺いますと電話がありました。

自分が決断して申し込んだ事でキャンセルをするのですから、せめてきちんと断ってほしいですよね〜・・・音信不通になる事で、大勢の人を振り回し迷惑をかけるということをどう思っているのでしょう?・・・


これって、結婚式の日取りを決めておいて、音信不通になるのと同じだと思うのです。

結婚式場だけではなく、相手、相手の親類、仲人さん、その他大勢の方に迷惑をかけるわけですが・・・、一旦決めた大きな事柄を、音信不通で解決しようとする感覚が私には理解できません。

たぶんこの手の人は、世の中の嫌な事全てから逃げてきたのでしょうし、これからも、そうやって生きて行くんでしょうね〜。

そして、本当の意味での友情とか愛情とか分からずに死んでいくんだと思います。

家を建てようとするお客様には、ほとんどの場合、妻や子供がいます。

そんな妻や子に、申し込み後、音信不通にしている姿を見せているわけです・・・・、今回の画家さんの話も、周りの方が、少なからず見ているわけで・・・・、家族や、社員の前で愚かさをさらけ出しているわけです。

人間哲学というか・・・・生涯一度きりの人生、自分勝手な格好悪い生き方はしたくはないですね〜。

最近、こんな事が、私の周りで、ちょくちょくあったので書かせていただきました。


追記・・・、読者さんから、私の仕事デスクを見たいというメッセージが来ておりましたので・・・・・。

BlogPaint


本社と各支店の社長室ではなく、本社で朝一番に仕事をしている私の事務デスクの写真です。

左手で電話をしながら、パソコンを打ったり、美容器具で顔をコロコロしながら仕事をこなしております。

読者のYさん、こんな感じでよろしいでしょうか・・・・?


そんなわけで、本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Y/S   2014年05月28日 09:41
画家さん気の毒だな。
近ちゃんが怒るのも無理はない。
画家さんに絵を描いてもらうのに契約書を作成せなあかん時代になったか。

近ちゃんとこのキャンセル客は音信不通になり様がないだろう。
買付書いてもらった時点で自宅も会社もわかっとるんだで電話がつながらなければ家や会社に電話したり訪問して話をすればええやないか。
近ちゃんも音信不通になったことは激怒しても買う気がなくなったなら買わないほうがええという結論に達して押し込まずに帰ってきそうだけどな(笑)
2. Posted by nal   2014年05月28日 09:44
特に去年10月以降の、消費税祭りが終わった頃からひどくなったと思います。
今まで買付頂いたお客様の9割方は無事成約していたのですが、7割くらいになってしまった印象です。
つい先日なんて同じ方が4月申込→直前キャンセル(ハウスメーカー契約書まで作ったのに…)→5月に再度同じ土地で申込→5日後にメールでキャンセル。
いいかげんキレました。
丁寧なお手紙を届けました…いやホントにオブラートに包んだように優しい言葉で、キツいことを書きました(笑)
他にも今までに受けたことの無いような常識外れな交渉が急に増えました。
消費税第一弾が終わって、今はそういう時期なのかな?と自分に言い聞かせてます。
3. Posted by MJ   2014年05月28日 14:54
近藤社長お疲れ様です!

まさに音信不通になる方は急増中ですね。。。

音信不通になる方や断り方を知らない方は「お客様」の意味を間違えていると思います。

「人として・・・」の部分はいくらネットが普及しようが一番大切にするところではないでしょうか?

でも世の中は 因果応報 だと思っています。

画家さんのプライド かっちょいいです♪きっと良いことがあります^^
4. Posted by yama   2014年05月28日 15:01
最近は20代30代でも親がキャンセルの連絡をしてくる場合もあるとか。

子供が辞めたいと言ってますので…。

その後もう一度この前の家に…と連絡が入ったらしく年配の業者さんは、子供に売る家はない!と一蹴したらしいです。
こういう業者も少なくなった気もしますが、口癖が「人生舐めたらあかん」「男は黙ってサッポロビール」です。
5. Posted by 土地探し中のど素人   2014年05月28日 17:08
初めてコメントします。

購入申し込み後のキャンセル、業者さん売主さんにとっては大変なことであると思うのですが、
気に入った土地をタッチの差で逃して悔しい思いをした私は、正直「あの土地キャンセルにならないかな…」と願ってしまったりします^_^;
未練タラタラで、看板が撤去されたその土地を見に行ってしまいました…。
6. Posted by P@   2014年05月28日 21:11
不動産系のジャンルだけじゃないですよねぇ〜
業種が違っても突然音信不通の方々普通にいらっしゃいますよね〜

下は10代から(100歩譲って10代は仕方がないかもしれぬが)上は70代まで!
自分も相当謎な人々に遭遇します。
だから今回の近藤社長の話、非常に共感できます!

…ワタシがイヤだ!と思ったから連絡をしない=周りが察するのは当然(と、いうか解るでしょ?!自己本位)的な?!
キャンセルをするという行動=怒られるかもしれないそんなのイヤ=だから自分からは言わない?!のか?(御子ちゃまか?!w
まぁ…よくワカラナイ思考回路ではあります。


お前さん病んでるんだな〜…と近年は思う事にしてます(棒読みw
7. Posted by コンドウ   2014年05月28日 22:00
YSさん、私も画家さんに同じことを言いました。
違約金設定をした依頼書をいただくべきですよ!って・・・・。
でも、真面目に可愛そうでした・・・依頼者と会った時の表情を思い出したり、写真を何千回も見て描いたのに、音信不通・・・。
強がったことを言ってましたが、内心、かなり傷ついたと思います。
俺が、買い取ってあげたいぐらいです。



nalさん、やはりそんな感じですか・・・最近、急にドタキャン、音信不通が増えた気がします。
そして、未だかつてないような交渉をされるお客様も出てきたというのも同感です。
この話で、共感をしたくはないですけど・・・そんな状況ですよね(笑)



MJさん、私も画家さんのプライドは、なかなかカッコイイな〜と思いましたが・・・実際は、かなり堪えている感じで、本当に同情し、相手の社長の会社に、菊の花を送ってあげたいぐらい腹が立ちました(菊の花は冗談)
まあ、ゴルフコンペ等で顔を合わせる社長なので、そういうわけにはいきませんが・・・・、社員数十人を使っている経営者がやる事ではありませんし、そこの社員は、いつもこういう理不尽な事に耐えているのかと思うと可哀想でなりません。



YAMAさん、あはははw
そういえばうちもこの間、親が断りと謝りに来ました。
息子のキャンセルを親が謝りに来ましたが、すごく常識ある親さんで良い方だったのですが、息子を連れてこないところは非常識だな〜と思いました。
でも、音信不通でもなく、事情が分かったので、笑顔でキャンセルをOKしましたけどねw
以前ブログに書いた、断られた時ほど・・・ってことで・・・笑顔で気持ちよく・・・。
でも、さすがに音信不通の方には笑顔で接することは難しいですw






8. Posted by コンドウ   2014年05月28日 22:14
土地探し中のど素人さん、不動産業者さんが多い中で、コメントをいただきありがとうございます。
なるほど・・・タッチの差で買えなかったというのは、それは辛いと思います。
弊社は、宅地分譲の新規売り出しの際に、よくそういう事が起きてしまいます。
以前、セントフィールド弥富の時は、1分違いで、しかも営業Aは電話、住宅メーカーさんはFAXで・・・住宅メーカーさんのFAXのほうが1分早く届いていたので、そちらに売却をしましたけど・・・、弊社の営業のお客様に本当に申し訳なかったです。
土地探し中のど素人さん、その土地がキャンセルになる、もしくは、もっと良い土地が見つかる事をお祈り申し上げます。



P@さん、確かに、この業界ばかりではないでしょうね。
先日、私の行きつけのイタリアンの店も、そういう被害にあったようで・・・、そこに置いてないようなワインの銘柄、料理の詳細まで注文しておいて、予約の時間に来なくて、しかも音信不通になったようで、かなり怒っていました。
おかげで、私は、高価なワインを仕入れ値ぐらいでお値打ちにいただくことができましたが・・・・。
でも、何の業界でも、非常識な自己中人間には困っているようですね。
私も、相手に対して、棒読みで、病んでいるんだな〜と言って、水に流せる忍耐力をつけたいと思いますw

9. Posted by ももんじゃ   2014年05月28日 22:50
画家さんのことを思うと、報われず、気の毒で、許せないです。
不動産ドタキャンされるモラル欠如した方多いとはきいてましたが、酷い状況ですね。


「音信不通」というワードで、
若いころ、知り合ったばかりの女の子に、携帯番号を教えてもらいましたが、音信不通で、でてくれなかったことを、ふと、忘れかけていた悲しい過去の記憶が甦りました。
10. Posted by ハナハナ   2014年05月29日 02:07
音信不通とデスクの画像の関連性が分からないのと机の上のボクシンググローブが近ちゃんらしくて笑えました。
11. Posted by Mr.Fanble   2014年05月29日 18:28
コンドウさん、そんな絵買うてどないするつもりでっか?
何ぞ嫌な事があった時に当たるんでっか?

先日は失礼致しました。
詳細を早く送りたいところですが、親の手伝いもあるもので…。
すみません。
12. Posted by 隆司   2014年05月29日 22:16
断りにくいのは分かりますが、けじめはつけてほしいものですね。

ところで…

>左手で電話をしながら、パソコンを打ったり、美容器具で顔をコロコロしながら仕事をこなしております。

パンチンググローブがどのような状況で登場するのか、興味があります…
13. Posted by コンドウ   2014年05月29日 23:02
ももんじゃさん、画家さんは、自分が描いたものを、嫌々買われるほうが報われないと思ったようです。
私は無駄な動きをしたようにも思いますが、画家さんの判断は正しいし立派だと思います。
若いころの音信不通の話は、私も同じような経験がありますw


ハナハナくん、記事とデスクの関連性は・・・・。
全くない・・・・。
グローブ以外にも、足元にはダンベルが置いてある。
最近、歳をとってきて、肩の筋肉が落ちてきた気がするから鍛えている。
というか、シャドーやったり、サンドバッグ叩いたりは、ちょいちょいやってるよ。


FANBLEさん、私が、その絵を買ったら、その絵を、地元の経営者が大勢参加するゴルフコンペの協賛品にしようと思いまして・・・。
協賛品名は、『音信不通人』ということでどうでしょう?


隆司さん、おっしゃる通り、ケジメは大切ですよねw
パンチンググローブは、忙しい過ぎて、頭がピリピリしてきたときに、息抜きにシャドーやってます(笑)
14. Posted by 埼玉県の同業者   2014年05月31日 00:14
2 同業の読者の者です、いつも楽しく拝見しております。
今回の記事は全くもって同感する場面が多かったのでついコメントしちゃいました汗
ドタキャン、嘘つき、裏切り当たり前の不動産ブローカーがいますがそれと同等のレベルの人物像だと思いました、結局のところ無責任の極めなんですよね笑
根本的な脳みそ回路がイッちゃってるんで一般常識が一切通用せずさらに自覚がないというところが極めてタチが悪い。
そんな人物とは関わらないのが一番ですね
15. Posted by コンドウ   2014年05月31日 09:18
埼玉県の同業者さん、コメントありがとうございます。
逆に、全く同感です。
他人の迷惑を考えずに音信不通になる等・・・、一般常識が全く通用しない方とか、真面目に困ります。
同感ですが、ただ・・・ブログに、脳みそ回路がいっちゃってるまでのことは、少々書きにくいので・・・・。

今後も、ご遠慮なくコメントをしてください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1791) 不動産と飲食とコミュニケーション1793) 訪問時のマナー&手土産について