1790) 同業者さんの面白い話1792) 購入申し込み後・・・音信不通

2014年05月25日

1791) 不動産と飲食とコミュニケーション

皆さん、こんにちは

本日は、不動産と飲食コミュニケーションについて書かせていただきます。

最近は、取引先との接待も、昔ほどの派手さはなくなりました。


接待が少なくなり、どちらかと言うと、コミュニケーションをとるために、取引先の方と食事をしたり飲みに行ったりする感じです。

基本的な流れとしては、夕方6時〜6時半に、和食、イタリアン、フレンチ、中華を個室等で食べながら、いろんな話をさせていただき・・・時には、そこにクラブのお姉さんを呼んだりして・・・・、その後、クラブに行って飲むという流れです。

そして、2時間ほどクラブで飲んでお開きになるのですが、最近は割り勘がおおいですが・・・、こちらからの一方的な接待の場合は、こちらで飲食代金を払いタクシーに乗って頂きタクシーチケットを渡して、御見送りをして終わりという感じです・・・・。

これも、時に・・・お酒が好きな方だと、次行きましょう的な流れになって、3軒・・・4軒なんてことになり、気がついたら3時〜4時なんてこともあります。

ただ・・・昔よりも数が減ってきましたし・・・、昔ほど、派手ではなくなりました。

食事代も一人3万円ぐらいのところが当たり前だったのが、最近は、一人1万円ぐらいのところになってきましたし、飲むときも基本セット料金+1万円ぐらいで、一本何万円もするシャンパンやワインを空ける習慣も減ってきました。

建設、土木関係に多かった旅行接待や、クルーザー等を使い海の上で取引先の家族を接待するようなこともあまり聞かなくなりました。

これは不動産会社だけではなく、ゼネコンも、自動車関係の会社も、製薬会社系も、こういう接待は、かなり減っているように思います。

特に自動車関係の下請けさんが、自動車会社の方を接待する光景はあまり見なくなりました。

まあ、でも、最近は個室を持っているクラブが増えたので、個室で、そういう接待をしてるのかな〜?

他業種はよくわかりませんが、私たちは、かなり少なくなりました。

そんな事もあって、夜の錦は、暇な感じなんですけど・・・・・。


今回、後輩の経営者といっしょに大阪に行ってきました。

今回は、接待ではなく、コミュニケーションという感じで、全て割り勘ということで・・・・・。


19時集合の予定に30分遅れてしまい・・・大失態・・・接待じゃなくて良かった〜・・・。

リッツカールトン大阪にチェックインしたのが、7時を過ぎていました。

写真 3


とりあえず、皆さんと北新地で食事をして・・・・、2軒ほど飲みに行きまして・・・2時にお開き・・・・。

大阪の不動産会社、住宅メーカー、我々の、食事と酒を楽しむ会は終わり〜ということで・・・、最近は、大阪も割り勘が増えたようで、大手住宅メーカーの偉い方々も、きちんとお金を払っていかれて、清く正しく美しい割り勘の飲食会でした。

今回、かなり充実した内容で・・・やはり今後は、駅から直結の商業施設、住宅街、マンション等・・・、都市集中化イコール、人は、郊外の住環境の快適さよりも、都会で日々の利便性を求めているという結論に達し・・・、

今後は、弊社も、単独自社だけの宅地分譲ばかりではなく、大きな町づくりチームの中に入り、総合的な開発の中での住宅街を造り、それを大手住宅メーカー各社に販売をしていくというようなことも考えて行かなくてはいけないな〜と実感したのでした。

飯を食いながら・・・、酒を飲みながら・・・、皆さん、各分野エキスパートが、開発について熱く語る・・・・ついでに、くだらない話しも語る・・・(笑)

私は私で・・・、『住宅街の入り口にモニュメントとゲートを設け、中に入ると、素敵な住宅地がドーンと広がってる・・・・その中に公園と太陽光発電エリア・・・、できれば無電中地下埋設で・・・・エコ、セキュリティー、美しい街並みの宅地分譲セントフィールドを・・・・ そして、そこに住む人たちの幸せそうな笑顔を・・・・』なんて語りながら・・・・『このシャンパン、後味がいいっすね〜・・・。』なんて事も話しながら・・・・・。

そんなわけで、深夜三時に、リッツカールトン大阪に帰り・・・・シャワーを浴びて就寝・・・。

BlogPaint


翌朝9時から、後輩とリッツで朝食ミーティングをして帰ってきました。


久しぶりにリッツカールトン大阪に泊まったのですが・・・、やはりリッツは豪華で、何と言っても素晴らしいのが、ホテルの従業員の方々の対応が、本当に素晴らしい。 

あっ・・・皆さん・・・、世界中のリッツが、素晴らしいわけではないのですが・・・(特にシンガポールのリッツはがっかりした)、世界中を探しても、大阪のリッツほどのホテルは、なかなかない・・・、全てにおいてクオリティーが高く本当に素晴らしいです。

どういう教育を受けると、こういう接客ができるのだろう・・・・?

笑顔、姿勢、言葉づかい、気遣いが完璧なのに、ワザとらしくなく、堅くなくて・・・ナチュラルな感じで優しい・・・・

唯一・・・、深夜三時は、正面からしかホテルに入れなくて、ホテルの周りを余分に半周したのが、ちょっとイラッとしたのですが・・・・、まあ、これはセキュリティーという部分で当たり前の事ですので・・・・・・。

それよりも深夜の三時にフロントに2人いて、素敵な笑顔で丁重にお出迎えしてくださって、酔っ払いの私を部屋に案内してくれました。

とにかく素晴らしい・・・・そして、コミュニケーション能力が高い。

値段は高くても、それ以上の満足感があるから得をした感じがするのです。

職種が違いますので、不動産に当てはめるのは難しいですが・・・、快適さや満足感を、お客様の立場で考えているという部分は同じだと思うんですよね〜。

そんなわけで・・・・今日は、不動産と飲食とコミュニケーションについて書かせていただきました。

本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by S不動産   2014年05月25日 10:50
取引先とのコミュニケーションは大切なのは分かりますが近藤社長の真似はできません。
取引先との飲食は殆ど毎日 飲み以外のゴルフ 魚釣り パーティー コンサート 何でもお付き合いをされますが、体力的にも金銭的にも絶対に続きません。

しかも必ず相手を喜ばせ近藤ファンにしてしまい仕事に繋げています。

人は好きになった相手を喜ばせたいと思いますから近藤社長が望む仕事ができるように協力をしたくなるんです。
リッツカールトンの従業員をお褒めになっていらっしゃいますが近藤社長のコミュ力のほうが数段上だと思います。

いつも人に恵まれていると仰いますが、善人に囲まれているのではなく接する相手を善人に変えているんです。
失礼かと存じますがお気付きになられていないようなので、、、
2. Posted by Y/S   2014年05月25日 11:19
S不動産さん、うまいこと表現したな。
近ちゃんのためなら骨を折ったろうって思うもんな。
顔が恐いけどな
3. Posted by 千代田不動産ファン   2014年05月25日 15:49
接待が少なくなってきたのは
それだけ社会が成熟してきた証ではないでしょうか?

昔は接待の善し悪しで使用する薬を決める
医者も居たと聞いたことがあります。

接待の上手い会社の薬が患者にとって良い薬なのか
疑問を感じていました。


4. Posted by ハナハナ   2014年05月25日 17:49
大阪出張お疲れさまでした。
僕も大阪出張の時はリッツカールトンに泊まります。
ロビーでは英語が飛び交っていて海外にいるように錯覚します。
近ちゃんの英語学習には丁度いいんじゃない(笑)

製薬会社さんは接待ではなく勉強会と称してご教示をお願いしますと当たり前の様に誘われたことがあります。
又は、飲みに行った領収証をいただけませんか?というような話も聞いた事があります。
しかし最近のドクターは忙しいですから行かない人が多いしシビアですから接待の効果は薄いんじゃないかな。

5. Posted by たかし   2014年05月25日 22:37
 リッツカールトン、ちらっとHPを覗きましたが、サラリーマンには厳しいお値段ですね。(笑)
 私には分不相応ということで、でも何かの記念日に行ってみたいです。
6. Posted by ももんじゃ   2014年05月25日 23:14
私もS不動産さんのおっしゃるとおりだと思います!
リッツカールトン、非日常的な空間で憧れます(笑)
7. Posted by コンドウ   2014年05月26日 00:05
S不動産さん、あははw
分析していただき、お褒めの言葉を頂き恐縮です。
ただ、お付き合いをしたから、どうとかあまり考えたことはありません。
行きたければ行く、飲みたければ飲む・・・相手が私を好きか嫌いかではなく、私が相手に対して好きか嫌いかだけのような気がします。
基本的に、嫌だと思ったら、いくら仕事になりそうな人でもお付き合いしませんので・・・・。


YSさん、顔が怖くてすみません。
でも、いつもありがとうございます。


千代田不動産ファンさん、なるほど・・・成熟してきたってことかもしれませんね。
接待ではなく、取引関係のコミュニケーションが増えたということは、社会的責任とかモラルを重んじる方が増えたという事かもしれません。
何にしても良い事だと思います。


ハナハナくん、英語学習ね・・・。
なんか見下されてる感がするんだよな〜・・・。
そのうちペラペラになって見返してやる!!!
お医者様の件は、確かに製薬会社に接待されている人は、あまり見かけなくなりましたね。


たかしさん、確かにリッツは少々お高いですね〜。
しかし、それ以上の価値はあると思います。
今回、滞在時間が7時間程度だったので、今度は、もう少しゆっくりしたいです。


ももんじゃさん、そうですね〜・・・非日常的な感じですね。
海外のホテルに泊まっている感じがしました。
ホテルも素晴らしいですが、従業員の方々が本当に素晴らしかったです。
8. Posted by 千代田不動産ファン   2014年05月26日 21:29
ハナハナさん

丁重なコメントをありがとうございます。


コンドウさん

接待が合理的になって来たのは
良い事だと思いますが、
ノスタルジーを忘れられない方も
多いと思います。

そんな方が東南アジアに目を向けて
ビジネスチャンスを作る。

不動産は奥が深いですね。
9. Posted by コンドウ   2014年05月28日 15:01
千代田不動産ファンさん、接待が合理的になってきたのは本当に良い事ですよね。
接待をしまくって仕事をもらおうとする方、立場を利用して過剰な接待を受けようとする方が減り、仕事のパートナーとのコミュニケーション的な考え方の方が増えたということでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1790) 同業者さんの面白い話1792) 購入申し込み後・・・音信不通