1683) 土地購入後の地中埋設物の処理1685) とんでもない相続&強引な来客w

2013年10月28日

1684) 不動産と縁と幸せの関係

これまで、何千という不動産取引をしてきたが・・・・不思議な縁みたいなものを感じることがあります。

最初に、不思議な縁を感じたのは、8年前の、あの取引・・・・・。 


ブログの読者に分かるわけがないのに、あの取引という表現をするなんて、馬鹿な奴だと思うでしょうが・・・・、あの取引は、本当に縁を感じた取引で、これをどう活字で表現したらよいのか頭の中で整理できていないので、あの取引という表現をすることをお許しください。

8年前・・・、50代の夫婦が本社に訪ねてきて、土地の売却の依頼をいただきました。

約50坪、南向きで、名鉄津島線の駅の近くで、良い土地でした。


売却の理由は、息子の為に買っておいたのだが、息子は、交通事故で31歳で亡くなってしまったので、その土地を持っている必要がなくなってしまい、売却をしたいという事でした。

条件が良い土地なので、即売れするかと思っていたのですが・・・・・。

全然、売れなかったのです。

買いたいという人がいなかったわけではありません。


予想通り・・・・最初の売り出しで10組以上の方からお問い合わせをいただき、即、買いたい人が現れて契約日まで決めていたのに、ドタキャン・・・・、2人目は、契約したのに融資が通らなかった・・・・、三度目の正直で購入しようとしたお客様も、奥様のご両親が急に猛反対をしてキャンセル・・・・。

こんな条件の良い土地が、何度もキャンセルになることは、珍しいというか、有り得ないんですけど・・・・。

4人目のお客様は、すんなり契約、ローンも通り・・・・決済日を迎えました。

実は、契約は持ち回りで契約をしたので、決済日に売主と買主が始めて顔を合わせたのですが・・・・世間話をしているうちに・・・・買主さんは、売主さんの亡くなった息子さんの高校の同級生ということが発覚しまして・・・・。


売主も買主も、びっくり・・・、でも、一番びっくりしたのは私でした。

偶然と言われれば、それまでなんですが・・・・、私はこの時に、今まで、何故か3組ともキャンセルになり買えなくて、4組目のお客様が買ったことで、このお客様が買う運命だったんだな〜と感じたのです。


その後も、いろんなお客様の取引をしてきましたが・・・・、

買えるはずの人が、他の事情で買えなくなったりして・・・、物件に嫌われたな〜とか縁がなかったな〜と思ったり・・・・。

売り出しをしていて、いつもは通らない道を、たまたま通って、暇つぶしに、ふらっ〜と寄っただけなのに、結局、欲しくなり購入・・・・ご縁だな〜と思ったり・・・・・。

不動産は、人との出会いと一緒で、何か、ご縁みたいなものを感じることが多いのですが・・・・・。 


ここで・・・ホッと一息・・・・ブログランキングの投票クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

投票ありがとうございました。

・・・・・・・・・・続きです・・・・・・・・・


実は、今日も・・・・ご縁を感じるような事がありまして・・・・・。 

今朝、社員から電話がありました。

社員 『社長・・・・今、時間ないですか???』

 『何で???』

社員 『〇〇を買っていただいた〇〇さんが、来てくださっていて・・・・・、奥様が社長のブログのファンでして・・・・、本を持ってきてくださっているので、お時間があればサインをいただきたいのですが・・・・。』

 『ん〜〜〜・・・・・・・・。 困ったな〜・・・・・。 でも、そのお客様の話は、前から聞いているから一度お会いしたいんだ・・・・。 まあいいや・・・・行くわ・・・15分くらい後なら行けるけど、待っていただけるかな〜?』

社員 『大丈夫だと思います。』

 『じゃあ、また後で・・・・・w』

ということで・・・・電話を切って・・・・・・。

打ち合わせ中の協力会社の社長さんたちに・・・・・、『すまん・・・・子供が生まれたから病院に行くわw ちょっと難産だったんだけど・・・・今、生まれたみたいだw』

協力会社社長 『こ・・・・こ・・・こどもって・・・・どこの子供?』

 『また今度、ゆっくり話すけど、実は、いろいろあって・・・・・子供生まれたから行くわ・・・・あははははw』

協力会社社長 『ああ・・・・はいはい・・・・、適当な事言ってるだけだな・・・行ってらっしゃいw』

 『あははははw 出産祝いもらおうと思ったが、嘘バレバレか・・・・w とりあえず野暮用、行ってくる。』

そんなわけで、打ち合わせを中断して、お客様の待つ我が社へ・・・・・・。

満足する家を買いたいならこうしなさい! 抽選


そして、お客様とお会いして・・・・・本にサインをさせていただいたのですが、すごく喜んでくださりました。

実は、このお客様は、他の物件を何度も買おうとしたのですが、本人がキャンセルをしたわけでもないのに・・・・、何故か、いろんな事があって、どれも買えない状況になってしまいまして・・・・・。

物件を探し始めてから、1年半後・・・・・、今回の物件に出会い・・・・、この物件だけは、何の障害もなく、す〜〜〜っと買えたのです。

ご家族全員一致で、融資もストレートだし、物件が売れてしまうこともなく、トラブルもなく・・・・、まるで、このお客様が、ここに住むことが決まっていたかのように・・・・・今まで、何だったんだろうと思うぐらい順調に事が進んでいきました。

私は、このお客様の、これまでのいろんな経緯を社員から聞いていましたので・・・、今日、お客様と会った瞬間、この物件との縁と・・・、当社、私との深い縁のようなものを感じました。

そして、お客様(イケメンの旦那さんと、可愛い奥様と、DS好きの子供さん)と、一時間ほど楽しく雑談をさせていただきました。

そんなことがあり、今日も、御縁というものを感じたわけですが・・・・。

私は、未来は自分で切り開くと思っていますが・・・・・、そんな中にも、あのお客様が、ここに住むことは、以前から決まっていたのかな〜?と、運命とか、御縁というものを感じたのでした。
 


これは、私の経験上の独断と偏見なのですが・・・、私が、縁が深いな〜w思ったお客様というのは、全員が、すごく幸せに暮らしていらっしゃるのです。 

不動産と縁と幸せの関係を立証しろと言われると・・・・無理なんですけど・・・・、私の経験上、何かの縁で、不動産から吸い寄せられたような方々は、本当に幸せに暮らしています。

きっと、このご夫婦も・・・、家族仲良く楽しく幸せに暮らしていくのだろうな〜と思いながら、次の仕事の場所に向かいました。


そんなわけで、今日は、不動産と縁と幸せの関係について書かせていただきました。 


ということで・・・本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。




いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 


toshikazy at 11:49│Comments(13)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 満足する家を買いたいならこうしなさい! | 近藤利一 不動産コンサルタント

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by FF   2013年10月28日 12:55
先頃、五年空家、一年売れなかった築13年の家を見てきました、一流の設計士、建築会社は地方の中堅会社です、間取り、日当たり、交通、買い物、医者、学校、すべての条件はクリア、中を案内してもらいましたが、床が湿気でふかふかしてリフォームに4〜5百万かかりそうな家でした、思いっきり値段の交渉をし、返事は1週間後です、なぜかこの家にご縁がありそうな、家が待っていてくれていたような気持ちです、もし、ご縁があれば、きれいにしてこの家を大切にしたいと思っているところです。
2. Posted by ハナハナ   2013年10月28日 14:39
僕は物件との縁というよりは近ちゃんとの縁の深さを感じています。
3. Posted by cmyk   2013年10月28日 15:38
確率が低くともゼロでなければ起こりうるのが現実です。しかしひとは確率的に低いことが実現したとき、そこに何らかの意味を見いださずにはいられないようです。

当事者たちにとって、その意味が(妄想であっても)幸福のよきエッセンスになるのであればそれはそれで良いと思いました。
4. Posted by コンドウ   2013年10月28日 15:38
FFさん、なるほど〜w
そう思える家には、なかなか出会えるものではありません。
家というのは不思議なもので、いくら良い家でもピンと来ない場合もあり、逆に、何故か愛着がわく家もあります。
自分の気持ちに正直に選んだ家は住みやすい良い家になると思いますよ。


ハナハナくん、えっ・・・・。
俺は、一度も、そう思った事はないけどな〜・・・・というか、気持ち悪い(笑)

5. Posted by Y/S   2013年10月28日 16:04
近ちゃん、ご縁の話は不動産屋は皆感じながら仕事してるんだろうな〜。
それより隠し子話は不動産屋という職業柄からして冗談に取れんからやめといたほうがええぞ(笑)
あの社長この社長、本妻さんところ以外に子供がおるからな。
下請けもビックリしたんやないか?
6. Posted by Mr.Fanble   2013年10月28日 16:52
買主さんの子と、売主さんの息子さんの仲が良かったのかは存じませんが、
売主の息子さんが、
「俺を連れて行くなら、俺の願いを叶えてくれ」
と神様に言ったんではないでしょうか?
7. Posted by Mr.Fanble   2013年10月28日 20:49
ありゃ?
記事内容よくよく見直したら、
買主さんと売主さんの息子さんか。
エラいボケかましました。
スミマセン。
8. Posted by ぶん   2013年10月28日 21:33
ブログにのっていたのでちょっとビックリです❗️近藤様には本当に感謝しています。サイン(タオル)もいただいて感激でその夜は本と一緒に寝床につきました(笑)とても幸せな毎日です。
ありがとうございました。
9. Posted by コンドウ   2013年10月29日 09:59
YSさん、あははははw
確かに・・・そういう社長さんもいたようないないような、いないような・・・。
私はよく知りません・・・ということでお願い益します。
協力会の面々は、瞬間的には驚いていましたが、次の瞬間、いつもの冗談だと気が付き笑っていました。
ここで重要なのは、打ち合わせ中に、ちょっと野暮用とだけ言って出るより、キャラ的に、一発冗談をかまして驚かせておいてから野暮用と言ったほうが、雰囲気がいいですから・・・そこが狙いですw


fanblさん、いえいえ・・・気にしないでください。
何が言いたいのかは伝わっております。
私は、取引の時に、売主さんのお息子さんが、呼んだのかな〜とか、自分が住む予定のところだったから、それまでの人を嫌がり、同級生だから許したのかな〜とか、いろいろ考えました。
何にしても、亡き息子さんの思いと、縁を感じました。


ぶんさん、私は、私が心を込めて企画したものを喜んで住んでいただける方に購入していただけて本当に嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございました。
私なんかのサインでよければ、何度でもさせていただきますw
私の体から、マジックは出てくるし、タオルはでてくるし、面白かったでしょ(笑)
実は、大きなお腹に四次元ポケットがついているんですよw
あの家で、イケメンのご主人様と可愛いお子様と、楽しく幸せに暮らしてください。
10. Posted by mj   2013年10月30日 10:00
いつも楽しく参考にさせていただいております。

私も住宅営業を14年 不動産業を独立開業して5年目になりますが、近藤社長のお話には「正にその通り」という感じです。

今までその人が積んできた徳のようなものが縁となっているように思えてなりません。
理不尽な揉め方(言いがかりのようなもの)をしたお客さんは建築した後、不動産を購入した後何かしらの「不幸事」が起きている場合がとても多いです。

逆に気持ちの良いお客さんは何度買い逃しされても必ず買い逃しした物件以上の物件に出会ったり、買い逃した物件が巡り巡って戻ってきたりしています。
不動産は本当に不思議です。

不動産の神様に嫌われないよう、私も真っ当な商売を続けていこうと常に思っています。
近藤社長のブログを拝見して、いろいろと思い出しましたので長々とコメントしてしましましたm(_ _)m
今後もブログ楽しみにしています。

※どこかの会合でお会いした際は、ご挨拶させていただきます。
11. Posted by コンドウ   2013年10月30日 15:20
CMYKさん、あはははw
確かに、おっしゃる通り、確率が低い事が起きた時、何か理由を付けたいものです。
科学的に証明できない以上、それは、偶然の出来事としか言えないのかもしれませんが、私は、そこに良い意味での理由を付けることが大好きです。
そう信じたいという願望かもしれませんけどねw


mjさん、コメントありがとうございます。
コメンテーターのYS爺さんも言ってますが、不動産業者は、少ながらず、そう思っているんでしょうね〜w
でも、不思議に、不動産の神様に好かれる人と嫌われる人では、明らかに幸せ具合が違いますよねw
でも、それって、人に好かれる人は不動産の神にも好かれる傾向があるようにおもいます。
こちらこそ、どこかの会合でお会いした際に、お話をできれば幸いです。

12. Posted by Yoshikuni   2014年09月30日 13:57
5 いい話ですね。

実は僕自身が家を建てる土地を深しているのですが、調度今、いい物件を逃がしたところです。
連絡先の電話番号をまちがえてしまったせいで、連絡が遅れ、そのあいだに注文が入ってしまったということでした。
くやしい思いもありましたが「縁がなかった」と思うことにして、「不動産 縁」で検索したところ貴ブログのこの記事に出会いました。

ブログ内で紹介されている書籍をさっそくamazonで購入させていただきました。
不動産というものは本当にいろいろな知識が必要で、しかもそれだけではなく、とても人間くさい「感情」がからんでくるということを、いざ自分で土地深しを始めてみて感じました。

このようなすてきな話を紹介できるようなかたであれば、きっと、たくさんの人に幸せを売ってきたのだと思います。
僕のような素人には、不動産の知識をわかりやすく説明してくれる貴ブログは大変貴重です。
ありがとうございました。
13. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2014年10月01日 01:08
Yoshikuniさん、コメントをいただき、又、著書をご購入いただきありがとうございます。
私の、人に対する考え方の根底に、人の命は限りがあり、人の人生は、かけがえのない大切な物だということがあります。

人を大切に、人との繋がりを大切にと考えた時に、家を買うのは人生を賭けた大きな買い物だと思うのです。
絶対に後悔してほしくない!という気持ちと、慎重になりすぎると買えないという現実と二つの思いがあり、それを著書で表現したかったのですが、これがなかなか難しく、読者の皆さまに伝わったか不安です。

現在、出版社数社から二作目の話をいただいておりますが、内容が纏まらないのと、仕事に追われて書けていません。
二作目では、もっと深いところまで掘り下げたいと考えていますが、人の考え方は十人十色・・・住人十色ですので・・・読んでいただける方全てにとって良い本というのは難しいな〜と悩んでおります。
日々のブログから感じ取っていただくほうが、良い家づくりへの近道かもしれません。
今後も、どんどん更新していきますので、当ブログをご愛読いただけると、私としても嬉しいかぎりです。
この度は、貴重なご意見を頂戴し心より感謝申し上げます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1683) 土地購入後の地中埋設物の処理1685) とんでもない相続&強引な来客w