1644) 辛抱するということ!(感動)1646) 不動産売却 (査定)

2013年08月28日

1645) 敷地延長の土地の素敵な使い方

名古屋市の郊外の某住宅街の中で素敵な敷地延長の家が・・・・・。

敷地延長といっても、普通では、誰も購入したがらないぐらいの長い敷地延長の土地なんですけど、とても素敵な土地に化けているのです。

実は、当社のお客様のお宅なのですが・・・・・。


写真は撮らせていただきましたが、ブログ公開の了解をいただけなかったので、掲載しませんが・・・・、自作で下手な図面を造りましたので載せさせていただきます。

とりあえず、敷地の説明から・・・・。

敷地延長A


何の変哲もない通常の敷地延長の土地・・・・いや、敷地延長が長すぎるかも・・・・・っていう感じの土地で、お客様は、この近隣の土地相場より安く買う事ができました。

確かに、駐車は縦列駐車になってしまいますが、その奥の部分は、めちゃくちゃオシャレ・・・・。


私の図では、うまく表現できませんが、一応、駐車場の奥の部分の拡大図です。

敷地延長2


うむ〜〜〜、ほんとに、心底、絵心がないですね〜・・・・・自分の才能のなさに嫌気がさします。

ここまで書いておいて何ですが、この記事をアップするの、やめようかな〜・・・・(笑)


まあ、とにかく、説明を付け加えますが・・・・・、駐車場の奥に、大きなレンガの門柱に、イギリス風の鋳物の門があり、その横には、黄緑色の植栽と、鋳物のポストと表札があり、イギリスの兵隊さんが立っていてもおかしくないくらい、かなりゴージャスな雰囲気です。

その門を開け中に入ると、長さ7〜8mの通路があって、通路の縁にもレンガ、中心部はコンクリートに石を混ぜて化粧をしてあります。

その外側は、黄緑色の植栽が、ズラーと並んでいて・・・・・それはそれはオシャレな感じで、海外のお宅に訪問しているような気分になりました。

そして、奥に行くと、鋳物のアーチがあり、それをくぐると、家の玄関があります。

本当は、プロヴァンスの時のように写真を載せたいのですが・・・・お客様から、『ブログちょっと・・・。』と言われてしまいましたので、すみません。

とにかく、敷地延長の通路の部分を上手に使ってあり、私は、いまだかつて、これほどカッコいい敷地延長の使い方を見たことがありません。  


そんなわけで・・・・お客様と話をしました。

元々別件で伺ったので・・・、要件を済ませてから、敷地延長の話に・・・・。


 『しかし、奥様、この敷地延長の通路部分の使い方、素晴らしいですね〜・・・・・・。』

お客様 『ありがとうございます。 昔から、こういうのが夢だったんですぅ〜。 だからわざわざ旗竿のような敷地延長の土地を探して買ったんですよぉ〜。』

 『まあ、奥のほうが、プライバシーは保たれますしね〜・・・・でも、車の出し入れとかの問題で嫌う人が多いんですよね〜。』

お客様 『そうみたいですね〜。 人気がないおかげで安く変えましたから逆に良かったですけどね〜。 私が車に乗るのは買い物か子供の送り迎えぐらいで、主人は、朝早く出て夜遅くまで帰ってこないから、車の出し入れが不便と思ったことはないですよ。』

 『なるほど・・・・・。  しかし、門から通路にかけて、本当に素敵な空間ですよね〜・・・・。 写真を撮らせていただいて、ブログに掲載をさせていただいてもよろしいですか???』

お客様 『写真を撮っていただくのは構いませんけど・・・・・・・ブログは、ちょっと・・・・。 困りますぅ〜・・・・・。 こういうのを好まれない方もいらっしゃるでしょうし・・・・社長さんのブログを見ていると厳しいコメントをされている方もいらっしゃりますので、ブログに載せるのは・・・・・・・、ごめんなさい・・・。』

 『分かりました。 住所も名前も出ないですし、私のブログのコメンテーターは、皆さん、良い方ばかりですから大丈夫だと思いますが・・・・、まあでも・・・・・わかりました。 それでは、私が、絵で表現をしてみることにします。 絵をかいて掲載するのであれば問題ないですよね???』

お客様 『それでしたら・・・・・。 社長さんは、芸術のセンスもおありに〜・・・・。 絵も、お上手なんですか? 』

 『いえいえ、パソコンで図面みたいなものを作成して、色を入れるだけです。』

お客様 『立体パースみたいなものになるのかしら・・・・・???』

 『いえいえ・・・・、芸術でもなければ、パースでもないです。 うむ〜・・・・、何と表現をしたら良いのかな〜・・・・・、まあ、読者に、この敷地延長の素晴らしさを伝えるための物という表現が正しいのかな〜? 2〜3日後のブログでアップしますので楽しみにしていてください。』

お客様 『わかりました。  どんな絵になるのか楽しみにしています。』

そして、出来上がったのが・・・・・・・上にもありますが、この絵・・・・。

敷地延長2


失礼すぎますよね〜・・・・・・ 奥様、ごめんなさい・・・・・・・

でも、この敷地延長は、本当に素晴らしくて・・・・・、イギリスのお宅に来たような感じなんです。

皆さん、想像力を通常の100倍ぐらいにして、想像してみてください。


そんなわけで・・・・・今日のブログで何を書きたいのかと、申しますと・・・・・。

敷地延長の土地も、やり方次第で、素晴らしいものになりますよ〜という事と、プロヴァンスの時のように誰か私に外構のデザインをさせてくれる人はいないかな〜?という事が、書きたかったわけです。



そんなわけで・・・、本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック








いつも沢山のコメントをいただきありがとうございます。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Mr.Fanble   2013年08月28日 12:37
25ペセタを張りたいが、
あまりに書き辛い…。
2. Posted by ハナハナ   2013年08月28日 15:59
僕は近ちゃんの色彩感覚は好きだよ。
服はダーク系なのにワンポイントに上手にカラーを使うよね。
但しこの絵には良さが出ていないな〜。
色彩感覚も良いけど近ちゃんの才能は瞬時に人の顔を憶えて特徴をつかんで毒気たっぷりの爆笑似顔絵を描くことだろうな。
3. Posted by たかし   2013年08月28日 21:12
 どんな土地が「良い土地」であるかは、買う人それぞれの好みやライフスタイルで違ってくるってことですね。
 この土地を買われた方は、安く買えた分も外構にお金を回せて、素敵なお家になっているのでしょう。
 写真の掲載許可がいただけなかったのは、以前延長敷地のことを書かれたときに、600坪男が現れてプチ炎上したのを読んでおられたからですかね。あの方元気ですかね・・・。
4. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2013年08月29日 02:23
fanbleさん、25セペタを張ってください(笑)
ブログ、やっとコメントできました。


ハナハナくん、似顔絵は好評ですw
書かれた当事者は不機嫌になる方が多いですけどね(笑)


たかしさん、400坪さんですか・・・(笑)
そういえば、そんな方がいらっしゃりましたね。
家というのは、最終的に買われた方の価値観ですからね〜。
このお客様は、すごく満足してくださっているので、私としても嬉しい限りです。
5. Posted by Yu‐ko   2013年08月30日 02:15
口先で美辞麗句を述べているだけで、実際の行動が伴っていない人ばかりですが近藤さんは実行されている。
できそうでなかなかできないことです。
それができてしまうのは近藤さんは努力の賜物なんでしょうけど才能に恵まれている人だと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
1644) 辛抱するということ!(感動)1646) 不動産売却 (査定)