1588) この先、不動産をどうしていくか・・・。(農家の後継ぎ)1590) 他県のデベさんからの宅地分譲企画の依頼

2013年05月31日

1589) 某地域での大規模宅地分譲事業・・・残念

実は、ちょっと前から、他県での大規模な宅地分譲の企画の相談を受けておりまして・・・・・企画を手伝っております。

3・11の震災の関係で沿岸部での宅地開発ではなく、山に近いほうでの開発を進めているらしく、かなり大型の住宅街をつくる計画なのだが・・・・・。


あまり詳しく書くと、場所が特定されてしまうので・・・・・他県・・・・中部以外と言っておきましょう。(笑)


私なりに、そこに住む人たちのことを考えて、道路を広めに取り、中心部に並木道と、大きな公園を・・・・・、この街で新しく暮らす人たちが、幸せな気持ちで住んでいただけるように区画割りをして、企画しました。

当初、減歩率40%以下で考えてほしいということだったので、その40%の中で、かなり苦労して、住みやすい街の企画をしたつもりで、減歩率38,6%の割には、素晴らしい街の企画ができたと思ったのですが・・・・・。


これが、実際に施工をする側にしてみると・・・・、当初、40%以下とは、言ったのに・・・・結局は・・・・。

減歩を減らしてほしい、工事費を減らしたい、区画数を増やしてほしいと・・・。
 


話が違うがや〜(名古屋弁)

最初の約束の条件を満たしているのに、金に目が眩みやがってぇぇぇ〜〜〜

ということで・・・・・。

担当者と話をしていても、話にならないので・・・・、この計画のトップと話をしましたが、話になりませんでした。

トップといえば・・・・・。

私は、トムクルーズのトップガンという映画が好きで先日見たんですけど・・・・・・・久しぶりに見て、すごく良かったのですが・・・・、今回の場合は・・・・ 違う意味で、トップ癌・・・・


そして、トップが、こんなバカな事を言った。

バカなトップ 『減歩40%で、これだけの企画ができるとは思っていませんでした。 私が考えているよりも素晴らしい街ができます。 しかし、ここまでの事を望んではおりませんので、もう少し減歩率を減らし、区画を増やしてください。』

 『そうですか・・・・それは残念です。  ご存じだと思いますが、あなたの部下は、私のブログの読者でして、弊社の宅地分譲セントフィールドのような街を、こちらでつくっていただきたいと・・・・、住む人目線の住宅街を企画していただきたいと・・・・、そう仰り・・・・、その気持ちが伝わったので引き受けたのですが、当初の40%減歩、当初の工事代でできるようにしたのに・・・、これは、予想以上だから、もっと削って、その分儲けたいってのは、私としては、やりがいないというか、残念といか言いようがないですね〜。』

バカトップ 『いえいえ、近藤社長、そういう意味で解釈をされては困ります。  思いの他、住宅メーカー各社も乗り気でございまして、余裕があれば、もう少し区画数を増やしたいのです。 たとえば、歩道付きの並木道を、歩道に街路樹を植えるようにすることにより・・・・・・。(以下省略)』

 『うむ〜・・・・、結局、おたくの利益が増えるだけの話に変わりない気がしますが・・・・。 そもそも・・・、最初の話は、何だったんですか?  もうひとつ・・・、並木道をつくるために、これまで行政側との交渉にあたってくださった方々は、何と言ってますか???』

バカトップ 『いえ、まだ話していません。』

 『私が、約束の減歩率の40%を超えた計画をしているのであれば、仕方がないかもしれませんが、並木道も入れて、40%以下でやってるんですから、できれば、これで行きたいですけどね〜。 ただ、この宅地分譲は、千代田不動産でやるわけではなく、所詮、私は、企画に参加している一人なので、決定権もなければ、あなたに強く意見をする権利もございませんので・・・・、まあ、残念としか言いようがないですよね。』

バカトップ 『近藤社長・・・・、お金の話ではないと思うのですが、コンサルタント料を少し上乗せさせていただくということで如何でしょうか???』

 『うむ〜・・・・、単刀直入で、いい話ですね〜(笑)  でも、これをOKして、計画を変更したとして、並木道の交渉にあたってきた人たちや、私にこの話を持ってきた読者は、私のことを、どう思うのでしょうね〜?  私の、人としての信用や信頼を、売ることになるわけですから・・・・・。 さぞや高く買っていただけるんでしょうね〜(笑)』

バカトップ 『・・・・・・・・。 今の減歩率から下げる事、0,1%につき、1本でどうでしょう???』

 『あははははw やはり、今回の話は、金儲けだけだということがよくわかりました。  金儲けは悪いことではないですけど・・・・立派だと思いますよ〜w  でも、それなら、それで、金が欲しいから、良い街に見せかけた減歩の少ない街づくりをしたいからと、最初から、そう言ってくださればいいんですけどね・・・・まあ、それなら、この仕事は受けていませんけどね(笑)』

バカトップ 『いえいえ、そういうつもりではないのですが、何度も言うように、想像以上の物を作っていただけたので、もう少し削減してもよいのかと・・・・。』

 『私だったら、最初に決めた利益率よりも良くなるのであれば、お客様に還元しますけどね〜。 きれい事にきこえるかもしれませんが、それが、セントフィールドが売れてきた理由だと思っています。 予算の中での精一杯が伝わると思っています。』

バカトップ 『それは分かりますが、今回は私の事業なので、減歩率を下げるという方向でお願いします。』

 『わかりました。 というか・・・それでしたら、私の仕事は、ここまでということで・・・・。』

バカトップ 『途中で辞退されるわけですから報酬はお支払いできませんがよろしいですか?』

 『ええ、構いませんよ。  その代り、これまでの評価もしてもらえないということですので、これまでの企画については、私の出した案や企画については、一切使わないでくださいね。 私が、使われたと判断した時には、私は私で別の動きをしますので・・・・そこのところは、スマートな対応をお願いします。』

バカトップ 『それは、困りますので・・・・。 これまでの事はきちんと清算したうえで、近藤社長の企画をベースにして変更をさせていただくことにしましょう。 辞退されるについては、近藤社長の意思によるものなので、他のスタッフが影響を受けないようにご配慮いただけますよう宜しくお願いします。』

 『わかりました。 少々、腹立たしいですが、この計画を潰すようなことがないように紳士的に引かせていただきますので、ご安心ください。 ただ・・・、他のスタッフたちが、どう動くかまでは責任持てませんよ。』

バカトップ 『そこはご心配なく! 私の意に反するものは切る!という方針ですので・・・・。』

 『そうですか・・・・。 益々残念ですわ(笑)』

そんなわけで・・・・・、ある地域の大型宅地分譲の企画から降りることになったわけですが・・・・。


この企画・・・・本当は、最後までやりたかったですね〜。

その地域は、3,11級の津波が押し寄せた場合、海から10kmぐらいは影響を受けるらしく・・・・、そんな地域で津波の心配がない場所での、大型の宅地分譲の企画!

これまでの人気のエリアでの事業の企画をやめて、これまで不人気だった場所に大型の住宅街をつくる。

つまりは、その地域で人気があるエリア自体を変えてしまうという壮大な計画でした。

人気があるエリアを変えるには・・・・、最初にできる街は、今まで誰も見たことがないくらい素敵な街でなければいけない!

そんな思いで、企画をしたのですが・・・・、その気持ちは通じなかったみたいです。


今の当社の宅地分譲は、一企画・・・大きくても5〜6億程度・・・・・頑張っても10億が限界でしょうね〜。

今は、何十億も資金使って、大きな街をつくる力はありませんが・・・・、いつか自らの力で、こういう企画をやってみたいものです。

そういう意味では、まだまだというか・・・・・、力が欲しいですね〜・・・・頑張らないと・・・

この度、話を頂いた読者のOさん、期待に応えられなくて申し訳ございませんでした。


ということで・・・・本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





ブログランキング、人気投票は、こちらへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。  


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハナハナ   2013年05月31日 10:06
また我慢しきれずやらかしてしまったんだね。
一見無駄なように見えて実はものすごくプラスになっている。
今回も近ちゃんの肥やしになる。
そんな予感がするよ。

自作自演の三人称単数と複数の基本と使い方の動画見てくれましたか?

僕の口の動きとゼスチャーを真似してリピートしてね。
意地でも近ちゃんに英語をマスターしてもらうよ。

2. Posted by つばめ   2013年05月31日 10:18
企業は人なり、延びる会社はいい仕事しいてますよ、近藤社長のセントフィールドシリーズ、
「いいね」です、コツコツと良い仕事していたら
近じかチャンスは巡ってくるでしょうね。
3. Posted by コンドウ   2013年05月31日 10:26
ハナハナくん、ありがとう。
あの動画面白すぎるwww
面白すぎてYouTubeにアップしたろうかと思ったら、最後に、『近ちゃん、meのOccupationは、English 
Teacherではなく、doctorですので、動画サイトに投稿しないでね。』と入っていたので更に爆笑したwww
日本人のくせに、あの発音とゼスチャーは、かなり笑える。
ハナハナが、外国へ行って、ああやって話しているかと思うと、日本男児として恥ずかしい。
日本の恥め!

まあ、とりあえず、ありがとうと言っておきます。
次は、いつでるんだ???
めちゃ楽しみなんで、早く収録してください。
リクエストは、もう中学生英語はいらないので、LとRの発音の違いを、コメディータッチでお願いします。

三人称単数は、俺を、なめすぎだろうwww
4. Posted by コンドウ   2013年05月31日 10:28
つばめさん、ありがとうございます。
いつか、ビッグチャンスがほしいですね。
現在は弥富で60宅地が最大ですから、100宅地以上の超大型をやってみたいです。
良い街づくりを、がんばります。
5. Posted by Y/S   2013年05月31日 10:36
近ちゃん、おはよう。

一言英会話だ。
わしと近ちゃんの関係だと、goodmorningは適切ではない。
what's up?

どこで学んだかは聞かないでくれ。
6. Posted by まま   2013年05月31日 10:58
降りることが出来て、良かったように思います。早めに、リスクを切り落とせたという意味で。この社長に最期まで、付き合うことに意味を感じないです。無駄な人間関係は切り落とせ…。ちょっと、表現がキツいですね。では…。
7. Posted by ぼ〜や   2013年05月31日 11:07
開発にはロマンが欲しいですね。
8. Posted by たかし   2013年05月31日 12:36
 目先の利益に目がくらんで、己を見失う人があまりにも多い中、流石ですね。
 因果応報とでも言いますか、10年後には千代田不動産が巨大な不動産会社に成長し、目先の利益を追い求める馬鹿社長の会社は落ちぶれてたり、下手すると倒産してたりして・・・。
 馬鹿をトップに抱くと、社員が不幸ですよね。
 千代田不動産さんは、社長さんのベクトルがぶれないので、社員もやりやすいですよね〜。
 
 
 
9. Posted by コンドウ   2013年05月31日 17:32
YSさん、それ本当ですか???
聞いたことないです。
グッ モ〜ニンでいいと思いますけど・・・・。
フィリピンの女性と朝を迎えたときだけの、特殊な英語なのでは???
20年前に遡って、よく思い出しましたね(笑)


ままさん、このトップに関しては、縁を切って良かったと思いますが、私のブログを読んで、セントフィールドのような街を・・・・と思い、話をくださった読者さんに申し訳なく思います。


ぼ〜やさん、そうです。
男のロマンが必要です。
開発=後世に残るものですから、いい加減なものは造れません。
でも、私が、途中まで企画して、せこく変更した中途半端な物が、この世にできてしまうのは、ちょっと嫌かも・・・・。


たかしさん、私が、自分が納得できないことはやらない!と、言ってられるのも、お客様と、社員たちが支えてくれているからです。
もしも、食うにも困る状態であれば、このまま続行していたかもしれません。
10. Posted by 6月の風   2013年05月31日 18:52
近藤社長、仕事が選べるのはうらやましい限りです、なりふりかまわず稼がなくては食えない人から見ば、、、

プライドも意義も貫きとおせる立場に早くなれるように
精進します。
11. Posted by ハナハナ   2013年05月31日 19:59
近ちゃん、電話でようよ。
折り返しもないし
12. Posted by はっしー   2013年05月31日 21:47
いれ知恵されたのか、単にたたき台が欲しかったのでしょうか?そんな印象を持ちました。
バカトップって、汚れの落ちない洗剤かよ〜って、爆笑しましたです。
しかし、自分どころの社員を、鰹節か煮干しみたいに、出汁がらに使ったら飽きませんわww
読者さんもお気の毒ですが、まぁ僕なら見切りますね(笑)
13. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2013年06月01日 01:55
ハナハナくん、ごめんw
RとLの発音の違いは、口の形で発音が変ることがよくわかりましたw
でも、ちょっと詰め込ませようとしすぎだ。
このままだと、3日で嫌になる。


はっし〜さん、あはははw
ウマいw
昔、一世を風靡した洗剤ですね。
トップの汚れた洗剤意識をきれいに洗う事はできませんでした・・・・とか・・・。(笑)
真面目な話、今回の読者さんが近くの方だったら、うちに来てもらい、いっしょにセントフィールドを造りたかったです。

14. Posted by cmyk   2013年06月01日 11:34
お金もらったんだから、ブログに書くのはマズいと。関係者はわかるから。わざとでしょ。
15. Posted by コンドウ   2013年06月01日 12:09
CMYKさん、日常の出来事を書かせていただいたのと・・・、まあ、関係者に、何故、企画から降りたかの真実と・・・、トップの下に対する考え方を・・・。
そんな感じですかね〜w

それでも、ブログは、オブラートに包んで書いてあるくらいです。
かなり遠慮して書いてますよw

16. Posted by ユーベ   2013年06月02日 05:14
その社長の発言は酷すぎますね、と言うことは依頼された読者さんはこの社長の結論を最初に予測出来なかったのでしょうか?
17. Posted by コンドウ   2013年06月02日 10:06
ユーベさん、読者さんは、トップの決済を取り、私に依頼をしてくださったのですが・・・・・。
おそらく、全く予測してなかったですねw

トップの決裁を取ったと、嬉しそうにされていましたからね。

何にしても残念です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
1588) この先、不動産をどうしていくか・・・。(農家の後継ぎ)1590) 他県のデベさんからの宅地分譲企画の依頼