1587) 子供に残す財産 (相続相談)1589) 某地域での大規模宅地分譲事業・・・残念

2013年05月29日

1588) この先、不動産をどうしていくか・・・。(農家の後継ぎ)

若い人たちの農業離れは、深刻な問題である。

私の知り合いの地主さんたちは、農作物を自ら作った経験があり、田植え〜稲刈りまで・・・・、もしくは、野菜や花などの育て方を知ってる。

今でも農業をやっている・・・・、農協や人任せにしていても経験があるわけだが・・・・。

その子供たちの大半は、農業の手伝いすらもしたことがない!ということだ。


地主さんたち、60代以上の人たちは、サラリーマンをしながら、兼業農家として頑張ってきた人が多く・・・・、休日に農業をしたり、奥様も手伝ったりで何とかやってきたわけだ。


それが・・・・、現在の、40代以下の農家の人たちは、親の手伝いすらすることがなく、ましてや将来、農業をやっていこうというつもりがない人が多い。

昨年、知り合った、あま市の方なんかは、若いのに、農業を頑張っていこうと、目を輝かせていて・・・・・、昨年、稲刈りをしている姿を見て感動したのだが・・・・、そういう人は少ない!


そして、最近は、地主さんたちの子供たちから、将来、土地などの資産をどうしたらよいか。相談を受けることも多くなってきた。

実は、昨日も、地元の議員さんから、大地主さんの息子さんの相談に乗ってやってほしいと頼まれて会ったのだが・・・。

農業は、まったくやる気がないし、売れるものは全部売って現金化したいということだった。

息子さん 『親が死んだら、売れるものは全部売ってください。 農業をやっていくつもりはないので・・・・』

 『うむ〜・・・・・。 売れるものは全部売ってくださいって・・・・。 売れるもののほうが少ないだろうw』

息子さん 『そうなんですか・・・・・・。』

 『市街化区域でも道路に接道しているところは売れるとしましょう。 でも、道路に接道していないところはどうします? 基本的には、売れませんよ。  まあ、売れたとしても二束三文・・・・、調整区域であれば、尚のこと売れませんよ。  まあ、坪数千円でなら、買主を探してきますけど、そんなんでは嫌でしょうし・・・・・。』

息子さん 『じゃあ、どうすればいいですか? 農業をやる気はないので・・・・・。 売れるところは売るとして、売れないところは、どうしたらいいのですか?』

 『まあ、人様に耕作してもらうしかないだろうな。 市街化で、売れそうなところは売却をさせていただくし、道路に接道していないところは、道路に接道をしているところといっしょに纏めさせてもらって買うとか・・・・・、まあ、何とかなるだろうが・・・・。  調整の農地は・・・・。 特に、田なら、農協っていうか、耕作してくれる会社に頼めばいいが、畑とかは最悪で、近所の家庭菜園をやりたい人を探して、お守をしてもらうくらいしかないからな〜。』

息子さん 『そうですよね〜w  うち、畑も、けっこうたくさんあるので・・・・・。  今、親父が70歳ですから、10年〜20年後ぐらいには、確実に、この問題にぶつかりますので・・・・・。』

 『私の、今の正直な気持ちを・・・・聞きたい???  あなたが、どうするのが良いか・・・・・教えようか?』

息子さん 『はい。 お願いします。』

 『私が、それを言ったところで、正しいのは分かってもらえるだろうけど、どうせ実行できないから、言うだけ無駄なんだよねw  時間の無駄だと思うけど・・・・・、一応、言おうか?  聞く???』

息子さん 『はい・・・。 なるべく実行するように善処しますので教えてください。』

 『今すぐに、市街化の道路付きの土地を全部売る。 市街化の道路についていない土地は、うちがその近隣をまとめることができたら売る。  市街化調整区域の土地で道路付きのものは、坪3〜5万で売る。  道路についていないものは坪数千円で売る。  そして、あの無駄に大きい屋敷も売って、とにかく全部現金化する。  そして、名古屋市内の便利な場所で、戸建てかマンションを買う。 それと、私が、ここだ!という場所に収益物件を買い・・・・・、多少、現金は、もしもの時のために預金しておく。』

息子さん 『自分の代になれば、全然OKですけど・・・・今は、父も母もいるので、無理です。』

 『ほら・・・w やっぱり言うだけ無駄だったw   あのな・・・・、これから少子高齢化で人口が減少していくんだよ・・・・・田舎は過疎化していくような地域が多い・・・・・、そして、逆ドーナツ化・・・都市集中していくと思うんだよな〜。 お父さん、お母さんが、亡くなった頃に、今より良い条件で、土地が売るのは難しい。  少しでも早く実行した奴が、多くを手にすると思うよ。』

息子さん 『この先、土地は下がると言いたいんですねw  でも、最近、また不動産が売れていると聞きますが・・・・・。』

 『確かに売れているが、根本的な問題は何も解決してないんだよ!  いいか、人口が増えていくなら、不動産は高くなるが、人口が減っていけば、それだけ需要はなくなるんだ。  そして、現代人は、たくさんの不動産を持つことに対して、昔の人ほど積極的ではない!  まあ、不動産の大きさよりも、利便性重視だからねw つまり、一部の地域は、需要が高くなり不動産が上がるかもしれないが、全体的に見たら下がると思うんだ。』

息子さん 『近藤社長・・・、私は、今の説明で、よくわかりましたけど・・・、うちの親父やお袋には、言ってもわからないと思います。 どうしたら、理解してもらえるんですかね〜?  今夜、親父に、近藤社長に相談した事を話してみようかな〜。』

 『やめておいたほうがいいよ!  千代田の口車に乗せられて〜!って怒って終わりだ(笑) 下手をすると、紹介した議員の先生にまで迷惑をかけるかもしれんよ(笑)  無駄、無駄・・・・・w  だから、言うだけ無駄だと言ったんだよ!  お父さんたちの世代は、私の言う事を、ギリギリだけど、理解できる世代だけど・・・・・。 頭ではわかっても・・・・・世間体とか、強いからねw 右に倣えが大好きで、人と違うことをすることを嫌う。』

息子さん 『ですねよね〜。 そして、皆が困って売るころには、安くなってしまう。』

 『それで済めばいいけどなw  値段の問題ではなく、買い手がなかったりして・・・・・・w』

息子さん 『え〜〜〜〜っ・・・・ そんなこともあり得るんですか???』

 『充分ありえる・・・・・。 だって・・・・今の愛西市の旧〇〇村の田んぼを、俺は、昔、坪10万円以上で仲介したことがある・・・・・でも、今の査定金額いくらだと思う???  同じ地域でだぞ・・・・w』

息子さん 『わかりません。 坪3万ぐらいですか?』

 『アホなこと言っとったらあかん(笑)  あのな・・・・・・・、買主が付いたら、いくらでもいいから売らなあかんwというのが、査定価格なんだw

息子さん 『あははははははw  マジっすか・・・・・。』

 『笑い事じゃないぞw  今、あま市の田んぼ、いくらで取引されているか知ってるか? そして、十年後の人口、二十年後の人口の予想をすると、何人だと思う???』

息子さん 『10年後、20年後、あま市や、津島市の農地はいくらになると思うんですか???』

 『うむ〜・・・・・。 それは言えん(笑)』

息子さん 『ここまで言ったら、近藤社長の予想を、教えてくださいよ。』

 『まあ、需要と供給のバランスだから・・・・・、人口と、家を建てる世代の割合等で考えてみるといいよ。 まあ、救いなのは、名古屋から十数キロの位置にあることで・・・・・、この地域でも最高に住みやすい街になるか・・・・・何か特別なものでも誘致して、違う形で発展すれば、私の予想はハズレるかもしれん。・・・・ということだw』

息子さん 『よく考えたら、それ、社長の講演でも言ってましたよね〜。』

 『よく考えなくても、言ってただろw 』

息子さん 『やっぱり親父と話してみようかな〜・・・・???』

 『まあ、無駄だと思うが・・・・・w   まあ、売るなら、ますは、区画整理予定地の土地売ってとお伝えくださいwww』

ということで・・・・・・話は終わったのだが・・・・・・。


この子だけではなく、地方に土地を持つ地主さんの息子さんたちには、この先、土地をどうしていくかというのは大きな問題である。

すでに、売りに出ても、値段の問題ではなく、買い手がつかないような地域も存在するわけで・・・、これから、少子化に伴い、そういう地域は増えていくように思う。

まあ、世の流れには逆らえないが、この愛知西部という地域が、過疎化の波の影響が少ないように、地域の発展のために、自分のやれることを頑張っていきたいと思っています。

とりあえず、私のできることは、住みやすい人気の住宅街をつくることで、地域全体を活性化していくことです。


前回のブログの通り、親は子に多くを残したいと望んでいるものだが・・・・・。

お金を多く残すのか、土地を多く残すのか・・・・・。

田舎で、土地を多く残した場合、必ずしも、それが・・・・子供にとって良いとは限らない!

逆に、子供の負担になる可能性もあるのだ。。。。。



ちょっと話が、違う方向にいってしまったようにも見えますが・・・・・。

とにかく、少子高齢化、人口減少、若い人たちの農業離れの問題は、密接に関係していますし・・・・この問題から逃げることはできなくなっています。

その中で、自分は、どうしたら良いのか・・・・、地域で、どういう取り組みをしていくのか・・・・・。

農家の皆さん、跡取りさんも含めて、一人一人が真剣に考えて、結論を出さなければいけない時期にきていることは確かです。



ということで・・・・・、本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。






ブログランキング、人気投票は、こちらへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。  


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック






トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by S不動産   2013年05月29日 17:32
深刻な問題です。
私の知る限り農業を続けようと考えている跡取りはいないに等しいです。
このままだと20年後は土地を売る人が増えすぎて供給過多になる。
つまり田舎の土地は暴落し都会の一部の土地だけは高騰する。
近藤社長の予想は高確率で的中することでしょう。

予想だけしている評論家は沢山いますが、近藤社長は都市集中化を予想しながら名駅の一等地にビルを購入されたので真実味があります。
風の便りに聞いた噂ですが名駅にまた土地を買われたとか。


2. Posted by 奈良人   2013年05月29日 17:56
田舎の農地はどうしていいかわかりませんね。
私の実家も親は67歳になりましたが、農業してます。毎週嫁さんと3歳の子供を連れて農業を手伝っていますが重労働ですね。田んぼや野菜、草刈り大変です!
親もいつまでできることか…。
長男夫婦は実家を継ぐ気でいるのかいないのか…。長男夫婦も毎週帰ってきては晩御飯食べて野菜やコメをもらって帰ってますが、少しは手伝っても直ぐにサボります。
10年後・20年後が恐ろしいです!

3. Posted by ぼ〜や   2013年05月29日 19:10
「区画整理予定地の土地売って」ツボりました。
4. Posted by 古い不動産屋   2013年05月29日 20:05
若い世代の農業離れは深刻です、瑞穂の国日本はどこえ向かうのでしょうね、安部総理は、離農した農家から、農地を借り,企業が参入して大規模農業をめざし、米のほかに輸出できる果物、野菜をつくり農業の活性化を図りたいと、また、農地法の見直しをと考えているようです。名古屋駅から車で20分の土地が調整区域という
地域が多く、行政は遅れていますね、三河地方をがうらやましいかぎりです。
5. Posted by はっしー   2013年05月29日 20:15
僕も親の家を処分しましたから、タイミングを逃せば売れないことは理解できます。
でも、この息子さんも、親を説得できないのに、何故に近藤社長に相談したのでしょう‥。
相当なゆとり世代で育ってるみたいで、少しイラッとしました(笑)
6. Posted by まま   2013年05月29日 21:02
農業は本当は『一番に人気。』の職業になり得るはずなんですけどね。だって、食うには困らないでしょう、自給自足のノンビリとした生活も選ぶことが出来るでしょう。大学出の若いのが企業に履歴書を送りまくって、全滅でしたとかって、半笑いで言っているのとかを見ると、企業に履歴書を送るヒマがあるんだったら、全国各地を旅しながらの就農先探しをやれと言いたくなります。農業で食える自信を付けてから、何処かの企業に就職する。そういう生き方で良くないかと言いたくなります。その方が、人生で良い選択が出来る人間に成長すると思うのです。自然は偉大な教師だから。そう、私は思います…。
7. Posted by 田舎在住   2013年05月29日 22:59
田舎ではもうすでに農地は供給過多です。売りたくても時すでに遅し

固定資産税などは安いが、水代(用水管理 ため池があればそれの維持費)など収入よりも支出が多く  持っている意味がないと言う人 多数です。


少子高齢化問題は色々な方面で問題になっていますね。献血者の減少による血液不足で人工血液の開発も急がれているらしいです。
8. Posted by とおりすがり   2013年05月30日 08:25
現在の農業を考える、面積の50%以上が転作で麦、大豆を耕作している現況です、一反につき保障もでます
東北地方と、市街化の中で米を耕作している人と、同じ農地法を適用していることが、おかしいです、
農家の預金を吸い上げてぬくぬくの農協を解体して
民営化にすべきでしょう、農家は議員さんにとっては票田なので,国鉄の民営化より難しいでしょうね。
9. Posted by コンドウ   2013年05月30日 12:38
S不動産さん、あたるというか・・・・普通に考えると、そうなるしかないでしょうねw
ただ・・・私の知人のYくんという子は、それを全面否定で、海外に比べると日本は土地が安く、東南アジアの発展が難しくなってくると、日本の土地を買いあさられる。
東南アジアの発展途上国よりもライフラインが世界一整備されている日本の土地が安いのは変だと・・・・。
つまり、日本の土地は上がると豪語していました。
それはそれとして・・・・情報早いですねw


奈良人さん、現在、お手伝いをされているというのは立派だと思います。
だんだん、手伝う量が増えてきて、そのうち自分が全部やってたりして・・・・。
親さんも、立派な後継者ができたと安心していらっしゃるのではないですか。


ぼ〜やさん、今、うちが手掛けているところの地主さんの息子さんですから・・・・そこ重要です。
今でしょう(笑)


古い不動産屋さん、私も、名古屋駅から十数キロの地域が調整の田園地域というのは、すごく残念です。
私も、この地域の発展を願っております。
しかし・・・少子高齢化、人口減少ということを考えると・・・。
これから人口が増えるのであれば発展していく地域でしょうけど、減っていく中で発展は難しいように思います。
ただ・・・、人気の住みやすい街にすることにより、過疎化の波に飲まれないようにはしたいですね。




10. Posted by コンドウ   2013年05月30日 12:57
はっしーさん、何故、相談されたのかは簡単です。
先が、不安だからです。
今は、何もできないけど、将来、農業をする気もないし、今すぐ親を説得して売ることもできないけど、私のブログには、土地余りの時代が来るとか書いてあるので不安なのでしょう。
紹介してくれた先生が、『近藤社長のブログを読んでいるとかで、一度、会って話をさせてほしいと頼まれた。』と言ってました。
でも、将来は、この子も大地主さんになるわけですから会って話ができて良かったです。


ままさん、確かに、現在の就活を見ていると、すさまじいというか・・・・若い力が余っているんだな〜と思います。
うちみたいな中小企業でも、求人を出すと、何十人も応募があり、面接するだけで大変なぐらいです。
農地もある・・・・若い力も余っている・・・・、でも、農業は人気がない!
こんな日本の現状に不安を感じます。


田舎在住さん、確かに、供給過多エリアがどんどん増えていってますよね〜。
このあたりも、西から順に、そんな状況になってきました。
農家の方々も、農業では、飯が食えない、下手をすると赤字になっているなんてことを、おっしゃいます。
やはり、民間業者による一括管理の大規模農業ですかね〜。


とおりすがりさん、難しい問題ですね。
言われてみれば・・・、土地を売却した地主さんの大半は、そのお金を農協に入金しますね。
現在は、その各地の農協によっても、格差ができてしまっている状況みたいで、それはそれで大変のようですけど・・・・。
何にしても、田舎ほどJAの力は強いですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1587) 子供に残す財産 (相続相談)1589) 某地域での大規模宅地分譲事業・・・残念