番外編) ハナハナ(読者)からの贈り物1588) この先、不動産をどうしていくか・・・。(農家の後継ぎ)

2013年05月28日

1587) 子供に残す財産 (相続相談)

昨日の夜中は大変でした。 

読者から、メール、メッセージ、フェイスブックのコメントで、ブログが消えたと大騒ぎで・・・・・。

あれこれ調べたら・・・・カード引き落としの有効期限が切れていて、ライブドアブログのカード払いがされなくて、ブログのURLが使用できなくなり、ブログが、瞬間、この世から消えたのでした。

ブログが消えたぁぁぁ〜〜〜

焦りました・・・・ビビりました・・・・

カードの有効期限に気が回っていなかった私も、アホですが・・・・、予告なしに突然ブログのURL(アドレス)を使用停止にするというのもどうかと思います。

ブログ引っ越そうかな〜・・・、ちょっと腹立たしい(笑)


さて、今日のブログです。

今日は、相続の話を書きたいと思います。

人間、いつかは死ぬわけですが、親というのは、自分が死んだ後、自分の遺伝子を受け継いだ子に何かを残したいものです。

残された子供が困らないように・・・・親は、少しでも多くを子に残そうとする。


財産が沢山ある人は、その財産を自分の代で減らすことなく子に残したい。

残す財産がない人でも、せめて、葬儀代や供養代ぐらいは残してあげたい、もしくは、自分の葬儀や供養は気持ちだけでいいからお金を、自分たちの生活の為に使ってほしい。

私は、仕事柄・・・・・、特に相続相談や売却相談では、年配の方々と話すこと多いせいか、そんな話を聞かされます。


うちの両親も、葬式はやらなくてもいいからね!なんて事を言ってくれます。

でも、私は、そういう事を言われる事すら嫌なんですけどね・・・・。


売却相談で、無茶な事を言う人も、汚い事をする人も、せこい人も、パッと見は、自己の欲だけに見えますが・・・、心のどこかには、子供に残してやりたいという気持ちがあるように思います。

私は、自社の規定試算の範囲内ではありますが、少しでも高く買い取りをしようと検討しますし、売却をされた際の税金が少しでも安くなるように、税理士と話をしたりして工夫をします。

例えば、購入した土地を、開発許可取得という方法で、譲渡税を下げることや、売却経費を認めてもらえるようなものについては、所有者のほうでやっていただくとか、なるべく手取りが多くなるように考えます。

相続相談なんかは、ダイレクトに子供に少しでも多く残してあげたいという気持ちが伝わってきます。

相続相談に関しても、ありとあらゆる方法を考えて・・・・、やはり、税理士や、時には税務署さんとも相談をして、少しでも多くの資産を子供に残せるように頑張ります。

基本的には、土地には建物を建てる・・・・贈与税を払わずに贈与できるものは生前にしておく・・・・時には、法人を作っていただくなんてこともアドバイスしながら、相続税対策のお手伝いをするわけですが・・・・。


今日、相談に来た方は、あまりにも無茶な事を言うので・・・・・・。

何を言われたかというと・・・・・。


自分が癌の宣告を受けたということで、今すぐに、むやみやたらに、孫すべてを養子縁組をして、相続税を減らしたいという相談なんです・・・・。

平成27年から、一人頭1000万円から、600万円になってしまうので・・・・、養子を増やしまくるというのです。

孫の数が、8人・・・・・、子供の配偶者が3人いるので・・・・・合計11人・・・・。

それだけではなく・・・・、ついでに、どこかから、親のいない子を貰ってきて、その子も養子縁組するが、お金の管理は、自分の子にさせるというのです。

まあ、かなりの資産家なので、少々、アパートやマンションを建てても、かなり相続税を払わなくてはいけないので、気持ちはわからなくもないですが・・・・、親のいない子(外国人を含む)まで養子縁組しまくって、相続税を払いたくないというのは・・・、少々、過激な考え方ですよね〜・・・・。

そもそも、自分の子供の配偶者、孫を、養子縁組して、子を増やすわけで・・・・、これには、金だけではなく、当人の気持ちもあるわけで・・・・、協力しない者は、『財産を相続させない。家から叩き出す。』なんてことを言っているようで・・・、一般的に、そんな話は通用しませんし、強制してはいけない事だと思うのです。

もっと考えられないのは・・・・、相続税だけの為に、親のない子を養子縁組して、金の管理は実子にさせるなんてことは、、当人の人権を侵害しているような気がしますし・・・・・相続税だけのためという理由で、養子縁組をするなんてことはやってはいけない事です。


まあ、それ以前に、確か・・・養子の数を、やたらめったら増やして、相続税の基礎控除を下げることはできないはずで、実子がいる場合は、一人しか増やせなかったんじゃないかな〜?(うる覚え・・・・)

相続税の基礎控除額などを計算する計算上で、法定相続人の数にいれることができる養子の数には制限があるはず・・・・。


民法で養子縁組=嫡出子(法定相続人)となり・・・・・、相続税法で、1人までと・・・・それを読んだ時に、基礎控除を増やしまくることはできないんだな〜と思った事を記憶しておりますが、違っていたらすみません。

でも、本当に、そうやって基礎控除を増やそうと考えている人とは、初めて会いました。

誰から入れ知恵されたのか知りませんが、入れ知恵したほうも、ド素人の考え方です(笑)

私は、相談者に、『そんな事をしても、もめる原因を増やすだけだし・・・、確か、基礎控除は、養子の数を、やたらめったら増えませんよw』と、教えてあげました。

相談者は、養子を何人も増やせば相続対策になると思い込んでいたようで・・・・、驚いていましたが・・・・・。

相続対策は、そんな簡単なものではないですよね〜(笑)

結局、この相談者には、後日、私と税理士と会って、三者で相続対策を考えることになりました。

私の仕事は、資産運用を考えたり、どの土地を売り、どの土地を貸し、どこを残すか等・・・・、何をどうすれば一番得なのかをアドバイスするのが仕事なんですけどね〜。


この方も、親から資産を受け継いだ際に、すごい額の相続税を払ったので、自分が死んだときは、少しでも相続税を減らして、少しでも多く子孫に残したいという思いが強いようです。

相続される財産が多いというのは、それはそれで悩みですし、大変ですよね〜。

そういう意味では、私は、親からいただけるであろう相続に悩まなくても良いので・・・・・良かったです。

まあ、私も、もしも子供に残すときには、少しでも多く・・・・・・そんな事を考えるのかもしれませんけどね〜w



でも・・・・・一番大切な物って、資産ではない気がするのです。

もちろん、お金があれば、楽ですけど・・・・・・私は、親から、びた一文もらわなくていいいです。

金なんてもんは、自分で頑張って稼げばいいじゃないですか。

私の親は生きていますが・・・・。

これまでに、沢山の思い出や、沢山の事を教えてもらったので、それが、私の、親から貰った財産ですし、相続税のかからない相続だと思います。

そういう意味では、私は、沢山の物を親からもらいましたが・・・、私は、忙しい毎日を過ごして今日まで生きてきたので、沢山の物は子供に残してやれないな〜なんて事を思ったのでした。
 



よく、そういう話をクライアントにするのですけど・・・・。

資産がある方は、どうしても、お金に気を取られすぎる傾向が強く、思い出という物を軽視している人が多いような気がします。

私は、偉そうに、そんな話をしながら・・・・・、俺も、子供に、沢山の思い出は残してあげられないな〜なんて事を思うのでした。

もう少し仕事が楽になったら、子供と世界一周とか、したいな〜なんて事を思いますが・・・・・、まあ、私が暇になる頃に、子供が育ち、忙しくなるので・・・、実現は難しいのかな〜・・・・・。


まあ、人それぞれ、いろんなことを考えるわけですが・・・・・。

子供に多くを残してあげたいという相談は、私のところには、全国の読者からいただく相談の中で、最も多い相談だと言っても過言ではない。

親は子に、多くの物を残し、少しでも楽をさせてやりたい・・・・・幸せに生きさせてやりたい。 人間は、そういう生き物なんですよね〜w 


そんなわけで・・・・・今日は、子供に残す財産について書かせていただきました。


本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。








ブログランキング、人気投票は、こちらへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。  


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック






トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぼ〜や   2013年05月28日 10:49
自分が資産家って意識したたのなら、やるのが遅いですね。

今まで「地球は自分を中心に回っている」とでも思っていたのでしょう。だからこんな不勉強に陥ります。

「相続税を減らす」事に執着して需要の無い所に収益建てちゃったり、外野からの甘い言葉に騙されない様にお願します。

この人のラッキーな所は社長に相談をした事ですし、なるべく不幸になって欲しくないと思います。
2. Posted by 奈良人   2013年05月28日 11:15
昔は養子にすることによって控除が大きかったけど今はダメですからねぇ。
確か、相続税の控除の場合は実子がある場合には1人、実子がない場合には2人で、孫を養子にしていた場合、孫の相続税が2割加算されるんと違うかったかな?
むやみやたらに赤の他人を養子にしても死後に権利主張されたらどうするつもりなんでしょうかね?
残したいのはわかりますけど、沢山お金があるなら社会に還元とかも考えてほしいですね。
3. Posted by Y/S   2013年05月28日 11:20
偉い!
俺が70歳を前に悟ったことを40代で悟ったか。

「売却相談で、無茶な事を言う人も、汚い事をする人も、せこい人も、パッと見は、自己の欲だけに見えますが・・・、心のどこかには、子供に残してやりたいという気持ちがあるように思います。」
自分さえよければの奴もいるが多くは子に残すという本能からくるものだ。

あの世に金は持っていけないが金は子孫に残せるからな。

4. Posted by 古い不動産屋   2013年05月28日 12:47
税金は取られるのではなく、納めるものだといいますが、盗られる感覚はありますね、世の為人のためにうまく運用してくれればいいのですが、無駄ずかいが多いので出来るかぎり払いたくないのが人情でしょう。、
相談者の方、早期であれば今は治りますよ、心を落ち着けて近藤社長といい方法をみいだしてください。
5. Posted by まま   2013年05月28日 13:29
何だか、イロイロな思いが込み上げて来ました。40才の自分が残せるモノと『残りの時間。』とを考えたりして…。ため息を一つ、ついた今です。相続のことでお困りの相談者さんの最期が、思い残しの無いものとなるようにと祈ります。元気な毎日を送れますようにとも、祈りつつ…。
6. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2013年05月28日 22:01
ぼ〜やさん、誰から、こういうガセネタを聞いてくるのかわかりませんが、正直、驚きました。
基礎控除、3000万円 一人600万円だとして・・・・、この方の場合、養子を30人ぐらいにしたら、相続税が無税になりそうです。(笑)


奈良人さん、おっしゃる通り・・・・。
さすがに、国もアホじゃないですから、養子の数を増やせばいいってことにはしませんよね〜w
でも、もしもできたとしても、養子さんの管理の方が大変だと思います。


YSさん、あの世に金は持っていけないんで、私に預けておくという方法がありますけどどうですか???
ちゃんと、贈与税払いますので・・・・。


古い不動産屋さん、税金は納めるものだと思います。
でも、2〜3年に一度、税務調査が入り、あれこれ難癖つけて持って行くのは、取られる感じがします。
昨年は、弊社だけではなく、何故か、下請け、取引先まで軒並み調査が入りました。
それが終わったら、個人のほうで資産税課に疑われて・・・。
税務署yearでしたw
経理もちゃんとしてるし、真面目に納めているつもりなんですけどね。


ままさん、私が、良い街づくりを頑張るのは、お客様に喜んでいただきたいという理由の他に、後世に残るものだからという理由もあります。
子供に、良い父親という思い出を残してやれないぶん、住宅街を残します。
今は、そんな感じですw
7. Posted by まま   2013年05月29日 08:03
子が親に『残せるモノ。』には何があるのだろうか。親孝行すれば良いでしょう。的なことは簡単に言える。自分で自分にですけれど…。親の『残りの時間。』が長くは無いと自覚する今において、親の残りの時間の在る内に自分が親に残せるモノは何か。簡単な事のようで、難しい問いを頭に抱えている今です。ただ、無邪気な子どものように毎日を生きている姿。それを、親に『見せ続ける。』ことが一番なのかなと思ったりする、今でもあります。
8. Posted by はっしー   2013年05月29日 08:54
子は親の背中を見て育つ。財産は有ればありがたいですが、それを削ってでも、もう少し、生かせてくれたほうが良かったな〜って思いのほうが残ります。親孝行したいときに親はなし。昔の人は上手いこと言いますね(笑)
9. Posted by 雅楽   2013年05月29日 12:59
私には無縁の世界です。

よく生前、父から立って半畳寝て壱畳という言葉を聞かさ

れたことがありました。

お金は世の中の役に立つ使い方をしろと!!

我家も曾祖父が一代で財産を築き上げたらしく、結構お金

もちだったらしいですが、やはり財産争いで大変だったみ

たいでした。

お妾さんを2〜3人かこっていたらしく、近所でも有名だ

ったみたいです。

なまじ必要以上の財産を持っていると、・・・・

10. Posted by コンドウ   2013年05月29日 17:24
ままさん、私も同じことを考えます。
親の寿命は、日に日になくなっていってるわけで・・・、今年、父は88歳です。
あと何回、いっしょに旅行ができるのだろうと思いながら、毎年、2〜3回、旅行に行っております。
聞けるわがままは、全部聞いてあげようと思っています。
親孝行と、苦労をかけた罪滅ぼしですw


はっしーさん、子は、親の背中を見て育つ! 親孝行したいときに親はなし! 
身に染みる言葉ですが、うちの子は、親の背中が見えていない、軟弱な甘ちゃんなんで、もう少し鍛えてやらないといけないです。


雅楽さん、必要以上にお金を持つと良い事はないですね。
ただ、今回の相談者は、持っているけど、めちゃくちゃ質素な生活をしている人でお金の使い方を知りません。
節約家だけに、相続税も節約したかったのでしょうねw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
番外編) ハナハナ(読者)からの贈り物1588) この先、不動産をどうしていくか・・・。(農家の後継ぎ)