1513) 2013 税制改正大綱(不動産)1515) 自分へのご褒美 (腕時計)

2013年01月29日

1514) 高齢者と同居できる分譲住宅

先日のブログで、少子化、人口減少について書かせていただきましたが、高齢者の数は増加傾向にあります。

少子化なのに高齢者は増加って・・・・これからの日本は、どうなって行くのだ??? 

とは言っても・・・・今更騒いでもどうにかなるものではないわけですし・・・・今の自分たちがあるのは、高齢者の方々が頑張ってくださったからなんだし・・・・。


実は、先日、私の不動産コンサルのクライアントから、高齢者と暮らす住宅について質問攻めにあったのだが、それなりには答えたつもりだが、何となく知識不足かな〜?と感じるところもあり自分自身、納得がいかなかった。

ということで・・・・・。


今日は、少し時間ができたので高齢者と同居できる分譲住宅の研究をしてみました。

高齢者と快適に暮らせる分譲住宅を造ってみたいので、 パナソニックのカタログから建材を拾い出して、下請けさんに、いくらで入れれるのか?なんて事を話しながら、5LDKの間取りを作り、試算を出してみた。


panasonic kenzai
パナソニックさんのカタログから写真をお借りしますが、こんなイメージになるように試算をしてみました。

パナソニックの建材や住宅設備機器は、どんな方が設計されているのだろう?と、お顔を拝見したくなるくらい素晴らしく、デザインだけではなく、使い勝手も良いし、手触り感も良く、優しい感じがします。

因みに、私の自宅も、パナソニックの商品をたくさん使っていますし、以前、当社の分譲住宅でも使ったことがあります。


そんなわけで、パナソニックのカタログを見ながら、下請けさんと打ち合わせをしたわけですが・・・・・。

まず、通常の分譲住宅と、高齢者用の分譲住宅と、どこが違うのかと言うと・・・・・。


・車椅子が通れるように、玄関までをスロープにして、内部は当然バリアフリーで、廊下の幅を広くする。

・各部屋の扉も、吊り下げ式で、大きく軽い物を使う。

・床は、車椅子のタイヤでも傷が付きにくいものにする。

・廊下と、一階の部屋の全てに手すりを付ける。

・トイレと風呂に車椅子で行けるような扉にして、内部の壁には各所に手すり、浴槽も当然に手すり付きの物にする。

うちの母が父(88歳)の世話をすると考えてみる。(元気なのにゴメンナサイw)

4人家族+高齢者2名が快適に住める間取りを考えてみたが・・・・建坪は、40坪を超えました・・・・。

そして・・・・・、分譲住宅の試算は、通常の試算よりも2割増しとなってしまった。

普段の分譲住宅よりも5〜6坪大きいので、その分だけでも高くなるのに、その上2割も高くなると厳しいな〜。

原価計算で、こんな数字が出てしまったわけです。


太陽光を5キロ乗せる以上に高くなったわけですが・・・・・・、土地50坪で、建物40坪・・・・、建材は、絶対にパナソニック・・・・・ここは、譲れない・・・・・・。

通常の分譲住宅よりも、需要が少ないので割安感がないと売れ残る可能性が高いですし・・・・。

通常の分譲よりも安く出すのは無理にしても、せめてもう少し価格的に下げないと、採算が合ってこないですね〜。

毎年やっている、採算度外視企画の分譲でなら出すことはできそうだが、それでは、一部の人だけへのプレゼントになってしまうだけなので意味がない。

うむ〜・・・・・近いうちに・・・・・・・、とりあえず・・・・・、採算度外視企画で、やってみようかな〜? 社員たちは、どんな反応をするか・・・・、だいたい、いつも私が、採算度外視を企画すると、あまり良い顔をしないんですよね〜・・・・・。

という、新しい企画が、私の頭の中に生まれたわけですが・・・・・、とりあえず今は、試算までにしておくこにしましょう。

毎年やっている採算度外視の企画ではなく、当社の高齢者と同居できる分譲を商品化したいですけど・・・・。

当社の営業会議で、これを通すには社長と言えども、それなりの勝算がないと、却下されてしまうので、もう少し考えないといけないですね〜。


最近話題になっている、サービス付き高齢者向け住宅みたいに助成金や補助金的なものはないのかな〜?

翌々考えてみると・・・・、マスター近藤は、不動産投資、借地権、相続、開発関係については、ある程度、語ることができるが、高齢者と不動産というテーマでは、たいして語る事はできません。

これからの時代の不動産コンサルティングマスターは、高齢者向けの住宅や、介護や、補助についての知識がなくてはいけないと思います

ちょっと調べてみよう!



そんなわけで・・・・・、今日は、いろいろ調べ物もしましたし・・・・ちょっと時間ができたので、試算をしてみました。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。








にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。  


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



width="477" height="193" border="0" alt='愛知県津島市の千代田不動産の社長『近藤利一』の本"満足する家を買いたいならこうしなさい!"自由国民社より販売中






toshikazy at 12:27│Comments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 愛知 名古屋 津島 | 新築分譲住宅

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by cmyk   2013年01月29日 21:17
年をとり体が不自由になっても自宅で快適に暮らせる。これは、まだ贅沢な望みに入るかも知れませんね。^^
2. Posted by ハナハナ   2013年01月30日 00:54
日本の高齢者問題は深刻だよ。
なるべくなら各家庭で介護をするべきだね。
3. Posted by 団塊の世代   2013年01月30日 01:36
いわゆる団塊の世代がものすごく多くなっているので
高齢者住宅は品薄になる?
これを過ぎたら安定するのかな?

団塊の世代にどうお金を使わせるかですね
孫が遊びに来やすい家とかかな?
最近はサ高住がテレビでもよく取り上げられてますね。
4. Posted by コンドウ   2013年01月31日 13:51
cmykさん、高齢者の住宅設備が贅沢品ということでは困るんですけどね〜。
こういう商品を安く購入できるようになるといいですね〜。
市町村によりますが、リフォームに関して補助金みたいなものを出している行政もありますけどね〜。
何にしても高齢化社会への対応は遅れているように思います。


ハナハナくん・・・・そう言っても、ハナハナくんが、親の介護をするとは思えないな〜w
まずは、結婚しろ(笑)


団塊の世代さん、どうお金を使わせるかって感じになりつつありますが、それもどうかと思いますけどね〜。
一概には言えませんが、団塊の方々は、出来の悪い子供にたかられて、年老いた親の面倒も見ているような方が、非常に多いように思います。
日本の高度成長に貢献してきた団塊の方々には、楽をしていただきたいですけど、現実的には厳しいですね〜。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1513) 2013 税制改正大綱(不動産)1515) 自分へのご褒美 (腕時計)