1512) 逆ドーナツ化現象・・・過疎化・・・ 加速 1514) 高齢者と同居できる分譲住宅

2013年01月27日

1513) 2013 税制改正大綱(不動産)

2013年度の税制改正大綱を発表がありました。

素人さんの為の不動産学校では、不動産関連を中心に、今回の税制改正大網について書いてみたいと思います。

まあ・・・・、おそらくとしか言えないが、今年の税制は大綱どおりに決まるのではないかと予測している。


難しい話をする前に・・・・・・

台湾1漢字は難しいアルよ〜w

大綱案の読み方についての話なのだが・・・。

年配の人って、漢字の読み方を間違えないと思いがちだが・・・・。

先日・・・・。

70歳ぐらいのある不動産業者さんなのだが、公衆の面前に偉そうに出てきて、大綱案を、だいもうあんと読んだ・・・・・、これを聞いた瞬間、爆笑するのと同時に、大網案を理解して話しているのか不安になったし、皆の前で話す資格があるのか疑問に思った。

あの人は、改正を、かいしょう!とか、かいまさ!とか読むのだろうか不安だったが、改正という漢字は読めたので安心した。

まあ、おおあみ案wと言わなかっただけマシか・・・・正式な、読み方は、たいこう!(大網)と読むと思うのだが、そういう私も違っていたら恥ずかしいので、これくらいにしておこう。

さて、本題・・・・・・↓↓↓ 

これから家を買う人たちにとって、最も気になるのが、2014年4月1日から消費税率が8%へ引き上げられる(予定)であることなんだろうが、消費税が上がることに対して、建設、不動産業・・・・そして、日本経済へ、ダイレクトに影響を及ぼす。

これに対して、自民、公明は、今回の税制改正大綱を、どうしてくるのか、気になっていたが・・・・発表を聞いて、なるほどな〜と思った。

住宅を購入する人たちに対して、10年間の控除額の上限を300万円に上げるなんて話も出ていたようだが、住宅ローン控除だが、2013年は、据え置きということになった。

これは、単純に考えると、300万円に上がれば・・・・、美味しいな〜、助かるな〜なんてことを思うかもしれないが、そんな簡単なものではないのです。

消費税が上がる前に、駆け込みが多すぎると、建築の注文が殺到し、一時的にだけ盛り上がるw

建築資材は不足するし、建設に携わる人も不足するくらい、ワ〜wっと賑わうが、その後、パタッと止まり、資材があり余り、人も余ってしまい・・・・これは、日本経済の回復に悪影響を及ぼす恐れがあるのだ。

つまり、自民、公明は、消費税の駆け込みに加えて、住宅取得控除の上限を上げるなんて追い風を吹かせ、駆け込みを煽るのは良くないので、多少抑えないとまずいと考えたのではないかと思います。(抑えることにはなっていないような気もしますけどね。)

その証拠に、消費税増税に合わせて、消費税が8%になる2014年4月1日以降〜2017年末までの入居について、住宅ローン控除額の上限を、200万円から、400万円に引き上げることを盛り込んでいるようです。

ここから、ちょっとだけ難しい話になるが・・・・なるべく分かりやすく書きます。

住民税控除枠って、わかりますか???

税額控除の対象となる住民税の控除枠というか・・・・住民税からの住宅ローン控除額なんですけど・・・・・(そのまんまやないか。)

消費税が8%にUPされる2014年4月以降、現行の9万7500円までの住民税からの住宅ローン控除額の上限を、13万6500円に引き上げるようです。

所得税の納税額が限られ、住民税からの控除を合わせたとしても、住宅ローン控除枠を下回る人とかも、けっこう多いので、住民税からの控除額を増やすわけです。(だとしても控除しきれない場合もある。)

損な場合は給付措置を・・・・・なんて話を、これからしていくようですけどねw

住宅関連の税制改正大網として最も注目されていたところは、こんな感じだが・・・・、消費税UPを前に、よ〜く考えてあるな〜と思いました。

その他の、長期有料住宅、省エネ、バリアフリー改修減税、登録免許税の軽減等は、延長となった・・・・・・
、(住宅系不動産業者で知らない人はいないと思いますが・・・・、素人さんの方で、現行がどうなのか知らない方は調べてください。)


さて・・・、ここからは、私のクライアントさんたちは大きな打撃となる所得税と相続税&贈与税について書きます。

2015年1月から、所得税の最高税率を、40%⇒45%にするっていうことだが・・・・、単純に、課税所得4000万円を超える人は、45%・・・・・・。

そして・・・・、税金を払った残りから、UPされた消費税を払って物を買う事になるわけだ。

この件について、私のクライアントさんたちは、大打撃を食らう方が多いわけだが・・・・、私と、税理士さんと、相談して、収益物件等の保有資産をどうするか?等、いろんな調整をするとして・・・・・・。

問題は、相続税と贈与税です。

これは、不動産を持っている方には、かなり厳しいです。

相続税の基礎控除が減らされてしまったのです。


現行は、5000万円+(1000万円×法定相続人数)だったものが・・・⇒ 改正後(2015年1月1日)以後の相続開始からは、3000万円+(600万円×法定相続人数)になってしまうわけです。

つまり、基礎控除が3000万円×(600万円×法定相続人)に縮減されると、相続税を払わなくてはいけない人が増えるわけで、国にとっては良いことなのでしょうが、相続人にとっては、ひじょうに厳しい改正で、相続人は、相続税を払う預金があればいいのですが、なければ、不動産を売らなくては払えないわけで、結果、売却案件が増えるわけです。

ご先祖様の物を維持できずに、売らなければいけない人が増えるということなのです。

単純に言ってしまうと、今までの6割になったわけですから、これは大きな改正です。


この税制改正に関して、私に、『土地を売る人が増えるwww』と大喜びした、不動産業者がいましたが・・・・、あまり頭が良くないな〜なんて笑ってしまったのですが・・・・・、今現在、人気の高いエリアなんてものは、一部の地域で、ちょっと郊外の土地は売却する事が困難な場所もありますので、払えない人の事をもう少し考えて決めないといけないのではないかと思います。

結局、売らなければいけない人が急激に増えても困るんですよね〜・・・・・需要と供給のバランスを考えると、物が出過ぎれば物は安くなりますし、最終的には余るわけで・・・・・、一気に、これだけの基礎控除を減らしてしまうと、払えなくて困る人が増えて・・・・、資産はあるけど現金がない、物納できない、不動産は売れない場合の措置を盛り込んでほしいものです。

そして、贈与税に関しては、少ない額の税率を下げ、大きい額の税率を上げ、高額の贈与をした場合、これまでより多くの税金を納めさせたいのだろうが・・・・・、少ない額の贈与は増えるが、大きい額の贈与が極端に減るだろうから、今までよりも、贈与税収入は減ると思います。

何となく緩和に見えるというか・・・・、国もさすがに厳しくするだけではいけないと思ったのか・・・・・、相続時精算課税制度を拡充(孫もOK、65歳以上の親。)させたのですが、ハッキリ言うと、こんなものは、財産を沢山持っている人にとっては、最初なら、あってもなくても変わらないものなので、結局は、相続税の基礎控除を減らされることで受ける大きなダメージは何も変わらないということなのです。


そんなわけで、大なり小なり不動産の取得や売却に係わってくる可能性がある部分をピックアップしてみたわけですが・・・・・、皆さんは、今回の税制改正大網を、どう思われましたか???

不動産を売る側、買う側、資産のある方ない方によって、見方は様々だと思いますし・・・・・・何を言おうが、大網通りになっていくのでしょうけど・・・・・・。

私としては、今後不動産を購入しようとする人に対しては良く考えてあり、良い税制大網だな〜とは思いましたが・・・・・、資産家や、市街化区域に土地を持つ農家の方々にとっては、とんでもない税制大網だな〜と思います。

景気回復のためなのか・・・・・、人気取りのためなのか・・・・・、人それぞれの見方が違うでしょうけど、今回は、庶民に優しく、富裕層には厳しい税制改正大綱ということです。

国は、最終的に、国民の生活レベルを一定にし、格差のない社会にしていきたいのでしょうけど・・・・、正しい考えも急激に改善しようとすると、その歪みは必ずどこかに来るのでもう少しタイミングを見てからやっていけば良いのにな〜なんて思います。

あくまでも、私の個人的な意見ですけどね〜w

最後に、もうひとつ・・・・・・私が、税制改正を正しく理解できていなかったり、勘違いしている可能性も、なきにしてもあらずなので、正確な税制改正等、税の事については、今一度、税務署や税理士さん等に確認してみてください。



そんなわけで・・・・、素人さんには、ちょっと難しいブログになってしまったかもしれません。

明日からは、通常通りのブログに戻りますので・・・・・、本日も、ブログランキングの、(土地不動産、人気ブログランキング)の2つのバナーのクリックをお願いして失礼いたします。







にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。  


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



width="477" height="193" border="0" alt='愛知県津島市の千代田不動産の社長『近藤利一』の本"満足する家を買いたいならこうしなさい!"自由国民社より販売中






toshikazy at 10:29│Comments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 不動産 住宅 | 近藤利一 不動産コンサルタント

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがりの税理士   2013年01月27日 13:39
名古屋市内で税理士をしています。
近藤社長のblogはおもしろいので毎日読んでいます。
手広くご商売をされている会社の社長さんが書いておられるとは思えないくらいユーモアがあります。
大網については若干ん?という部分がありますが概ね宜しいのではないでしょうか。
本職である当事務所若手税理士より分かりやすく説明がお上手です。
今週は改正についての講義に飛び回らなくてはいけませんので参考にさせていただきます。
たいもう、おおあみと説明をしないよう気を付けます(笑)


2. Posted by みぅ   2013年01月28日 01:03
ニーハォ
近藤さんのイメージが…
3. Posted by Y/S   2013年01月28日 09:48
相続税はひどいな。
お国は、何が何でも個人に多くの資産を持たせんつもりなんだろうな〜。

富裕層は現金もってるから払えば済むが昔からの土地持ちで質素に暮らしている奴は売らんと相続税が払えんわな。
死んだら子供は屋敷を売らなあかんやないか。
金がない奴は不動産を持つな。と聞こえてくる。
4. Posted by Mr.Fanble   2013年01月28日 12:57
Y/Sさん、故にというわけではないでしょうが、
国外に資産を移している人間もいますし。
5. Posted by シンガ   2013年01月28日 14:22
この写真メチャかっこ良いです!
私の大好きな悟飯ちゃんみたい。

確かに、いつも社長のブログは難しいことをすごくわかりやすく解説してくれます。
それは、きっといつも社長がお客様の立場に立って、物を考えているからだと思います。

先週メールさせて頂きました。お暇な時目を通しておいて下さい。
6. Posted by 維新よりまし   2013年01月28日 15:39
維新の会の相続税の基礎控除の撤廃
全相続財産の没収
維新が与党になったらどうなることやら


政府は資産デフレを早く解消しなければならないですね 

借金割合を減らせば借金は減ったのと同じ
(1億持っている人の借金と100億持っている人の同額の借金との意味合いが違うように)
まずは景気回復が先決
7. Posted by eesi   2013年01月28日 23:26
こんばんは

相続税の基礎控除引き下げは10年以上前から言われていたので「ついに」「やっと」という感じでしかないですが、それに伴って従来は従来では相続税の納付とならなかった人が基礎控除の引き下げによって課税となる人への税率は配慮してほしいものです。

それよりも相続税の最高税率の引き上げは正直酷いなぁと思います。
近藤社長も仰っているように先祖から受け継いだ財産を維持できずに手放さなければならない人が増えるでしょう。
先祖から財産を受け継いできた方は「先祖の財産を守らなければ」という意識が強いので、これはなんとかしてほしいなぁと思います。

財政赤字がすごくて財源を確保しなければならないのはわかりますが、もう少し納税者の思いというものを考慮してほしいものです。
8. Posted by コンドウ   2013年01月29日 12:25
通りすがりの設計士さん、コメントありがとうございます。
お褒めを頂き大変恐縮ではございますが・・・・ん?という部分はどこでしょうか?
今後の参考までにご指摘いただけるとありがたいです。
講演で、おおあみと言わないように気を付けてくださいね(笑)


みうさん、えっ・・・ニーハオのイメージじゃなかったんですか???
ハートが割れてるじゃないですか(笑)


YSさん、まあ、背に腹は代えられんってことでしょう。
国民から巻き上げるしかないわけですからね〜。
私も、やり過ぎだろうと思います。


fanbleさん、資産家は、海外に脱出しないといけないですねw
というか、大した資産家じゃなくても、ちょっと大きめの家や土地を持っていたら相続税の対象になるので・・・この改正はきついです。



シンガさん、ありがとうございます。
それでは、今度は、この格好でベイサンズのカジノへ行ってみます。
メールのほうは返信させていただきます。


維新よりましさん、今回、自民が圧勝した事は私も喜んでおります。
あの中で選択をするとしたら自民しかない!そう思い投票しました。
まずは景気回復・・・私もそう思います。
ただ・・・他の税制はともかく、相続税は厳しすぎるな〜と思います。
何にしても早く景気が回復してほしいですね〜。


eesiさん、今回の相続税の改正は、厳しすぎますよね〜。
ちょっと広い家を所有していたら、相続税を払わなくてはいけないわけですから・・・・。
昔は、三代の相続で財産がなくなると言われておりましたが、二代の相続で無くなりそうですね。
9. Posted by アイ   2013年01月31日 00:22
難しい相続税改革のわかりやすい解説ありがとうございます!
やっぱり社長の説明は素人にはわかりやすくていいですね!

全くお金持ちではないし財産もないただのサラリーマンの親ですが…土地は田舎なもので少しありますね…売れない土地なのに相続税がどっかりかかるのでしょうか…田舎に戻る気もないので、将来がちょっと不安になりました。

さて、現在土地に関しても住宅に関しても着々と進行しています。ローンの審査が通るかどうかが肝です。
通りますように…。
社長の採算度外視の夢の家が叶うと素敵ですね!いつも夢を抱かれててかっこいいです!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1512) 逆ドーナツ化現象・・・過疎化・・・ 加速 1514) 高齢者と同居できる分譲住宅