友人の死・・・・・安らかに眠れ1331) プーケットの不動産って・・・・・・。

2012年06月11日

1329) 宅建合格計画 

Yさんへのメッセージありがとうございました。

心より感謝申し上げます。




さて、平常に戻り・・・・・今日のブログです。 

前回の、1328ブログですが・・・・・。

宅建の話には、沢山の人が興味があるようで反響がありましたね〜。

メール、メッセージ、コメントを頂きましてありがとうございました


ほとんどの方は、頑張ります的な前向きさを感じたのですが・・・・約1名、わざわざライブドアに登録までして、かなり後ろ向きなコメントを頂きました。

内容をコピペしようか迷ったのですが、これから受験をしようとされている方々に、悪い影響を与えそうな内容だったのでやめておきます。

まあ、要するに、私が、きちんとした計画を立てて、しっかり勉強をすれば、難しい資格ではないですから・・・・と書いたのが気に入らなかったようで、宅建受からないひがみから、不動産業界や宅地建物取引主任者の資格について、あ〜でもない、こ〜でもないと書きたかったみたいですね〜

メッセージのお礼と、受かってから書いたほうが説得力ありますよ、お疲れ様。というような事を返信しておきましたけど・・・・・・。


まあ、それはそうと・・・・・・

今日は、きちんと計画を立てて、しっかり勉強をするという事は、どういう事なのかを具体的に書きますね


だいぶ前のブログにも書いたような気もするのですが、また書きます。

宅建の勉強というのは、広く浅く知識を付けて、過去問に慣れればいいだけで、ひとつの事を深く勉強する必要はないのです。

民法なんて、深く掘り下げだしたら、とてもじゃないけど、こんな短期では無理ですし、法令上の制限にしても、細かいところまで覚えようとしたら、それはもう、大変です。

業法だけは、少し掘り下げることも必要ですが、他は、広く浅くが基本です。

宅建を取るのに、3年、5年かかったという人はいますけど・・・・・、基本的に、宅建を取るのに、3年計画で・・・・5年計画で・・・・なんて事は必要ありません。

半年〜3ヶ月くらいの計画を立てて、計画通りに、しっかりと勉強をすれば、受かるはずです。

前回も書きましたが、合格率は低く見えますが、ほとんどの人が、中途半端な勉強しかしていないのに受けるので、合格率が低いだけで、本気で真剣に取り組んだら7割以上の人は合格できると思います。

全員が、そうなったら、資格の難易度自体が難しくなるでしょうけど・・・・、現状であれば、真剣にやったら、今からでも充分、合格できると思います。


まずは、毎日、1時間〜2時間、真剣に勉強をする時間を作ってください。

忙しいからできないという人もいるでしょうけど・・・・そう言いながら、ほとんどの人は時間が取れるはずです。


私事で申し訳ないですが・・・・・、通常の業務以外に、週のうち半分以上は接待や、お付き合いで、家に帰るのは24時を回りますし、取引先との旅行や、いろんな方からの相談・・・・、不動産コンサルタント技能士としての仕事もあります。

しかし、ほとんど毎日、ブログを更新しています。

深夜2時過ぎに帰っても、ブログを書いてからじゃないと寝ない日もあります。

取引先と旅行に行っても、パソコンを持って行って、みんなが寝てから書いている事もあります。

目を開けていられないくらい眠い事もありますし、疲れていて、頭がボッ〜っとしている事もあります。

やると決めたら、何が何でもやるんです。

時間を作ろうと思ったら、何が何でも作るんです。

このブログの読者の方々は、わかっていらっしゃると思いますが、私が、毎日、ブログを書く時間を作っているのですから、時間というのは、あるかないかではなく、時間は作るものなのです。、

今年、宅建を取りたいのであれば、まずは、1日1時間〜2時間の勉強時間を作ってください


その上で、計画を立てましょう。

計画には、自分のペースというものがあります。

もしも、私が、今日から宅建の勉強をするとしたら・・・・・・・・。
7月末までに、全体を、サラッと勉強をします。

8月に権利関係と、法令上の制限を、しっかり叩き込みます。

9月の半ばまでに業法をしっかりと叩き込みます。

その後は、過去問をやりながら、自分の分からないところや苦手なところをチェックしながら復習をします。

基本を、しっかりと叩き込んで、後は過去問を沢山やって問題慣れをしながら、苦手なところを克服する・・・・・それだけの事です。



今年は、10月21日が試験日のようですので・・・・・・、まだ、4か月あります。

120日計算で、1日1時間でも120時間、1日2時間なら240時間あります。

4ヶ月あっても、気が向いた時や時間がある時に勉強をするなんて言っても、なかなかできるものではありません。

何度も申しますが、時間は作るものです。

何が何でも時間を作るんです。

それが、合格できるかできないかを分けると言っても過言ではないと思います。


中途半端に、だらだらと勉強をして何度も受けるよりも、これから4ヶ月、みっちりと勉強をして、今年、合格をするほうが効率が良いと思います。


ということで・・・・、今年、宅建を受ける皆さん、勉強頑張ってください


あっ・・・・ブログランキングが、ちょっとマズイことに・・・・、応援クリックをお願いします








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの貴重な、一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。



toshikazy at 10:21│Comments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 素人さんの為の不動産学校 | 不動産ブログ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by cmyk   2012年06月11日 12:09
試験のコツは
ザックリ全体をつかんでから、反復と問題演習で完成度を上げていくことです。

完璧主義に陥り、1頁ずつ時間をかけ暗記するのは脳の記憶のメカニズムからいっても良くないそうです。

毎日の勉強の前に、ほんの10分、ここ一週間の学習内容をサッと振り返る。

記憶、物覚えに苦手意識のある方はお試しあれ。
2. Posted by 奈良人   2012年06月11日 17:00
宅建は過去問を何回かやる!
問題と答えを暗記してしまえばいいんですよね。
それで合格できると思うんですが、時間がとれないと言っても、時間なんてなんとでも作れると思います。今から始めても合格レベルに行くと思います。
私の時は7月末から始めて毎日電車の中で過去問を見ました。
ちなみに過去問以外の本は買いませんでした。
ちなみに物覚え・要領は悪い方です。
3. Posted by tsubo   2012年06月11日 18:00
私は一問一答式の過去問を活用しました。

独特の言い回しがあるんですよね、 問題文に「いかなる」みたいな言い切り発言は×とかw
4. Posted by    2012年06月11日 18:17
25年前に超ド短期で合格しました
試験まで6週間を
毎日不動産学院に通いました
通学の車の中では講義のテープを聴いて
自宅でも講義のテープを聴いて
出かける電車の中でもウォークマンで聴いて
試験の前に10回模擬試験を受けて
合格しました
しばらくの間は頭の中でテープがエンドレスで回っていました(笑)
5. Posted by はっしゃん   2012年06月11日 19:08
宅建、今年受けるんです!!
だから実務的なことも知りたくて読ませていただいてるんです!頑張りますよ〜
先日、FPも3級ですが受けてきたんです。
一応基準点を上回てるので取得予定です。
勉強は嘘つかないです。やった分結果は応えてくれるみたい(笑)
6. Posted by 宅建合格者   2012年06月12日 00:07
宅建合格及び資格取得に向けて必要な事は、はっしゃんさんが言っている事と同じで、どれだけ真面目に時間を使ったかだと思います。

先日御社の社員の方で、宅建を受かってもないのに偉そうな事を言っていた方がいましたが、申し訳ありませんが宅建資格もないのに、偉そうな事は言って欲しくありません。

社長も1発で合格したように、真面目に取り組めば間違いなく受かる資格です。まず受かってから偉そうな事を言うべきではと思います。

どんな資格でも言える事だとは思いますが、上から話すにはその資格を持った人が言うべきであり、資格が無い人間は黙っておれと言いたいです。

御社の社員の批判めいた事を言って、近藤社長にとって気分が悪いかもと思いましたが、率直に話させて頂きました。
7. Posted by コンドウ   2012年06月12日 13:08
皆さん、コメントありがとうございます。

現在、遠方におります。

国によるとは思いますが、日本の不動産売買は、きちんとしていますね~。

これも宅建という資格制度があるからだと思います。

もう少し海外で不動産取引を勉強してみます。


宅建合格者さん、こちらこそ不快な思いをさせてしまったようで、申し訳ございませんでした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
友人の死・・・・・安らかに眠れ1331) プーケットの不動産って・・・・・・。