1318) 後輩の家造り(地鎮祭)1320) 来場のお客様(ブログの読者さん)

2012年05月28日

1319) 境界を越えて家を建てた建築屋(解決)

皆さん、前々回のブログ 1315)  隣との境界に注意の件ですが、おかげさまで無事に解決しましたのでお知らせします。

沢山のコメント、メール、メッセージをいただきありがとうございます。

最近、忙しくて・・・・・、残念ながら、メールの返事は、書けていませんが、この場をお借りして、お礼と報告をさせていただきます。



おっと、その前に・・・・・・。

ブログランキングが2位に・・・・転落・・・・・・

皆さん、クリックパワーを下さい



さて・・・・・続きです・・・・・、土地を買って下さったお客様が、依頼をした、建設業者が、土地の境界を越えて、隣地に越境して建設をしてしまったわけですが、隣地の方から当社に電話が入り、越境が分かったわけですが・・・・・

現場に行って確認したら、本当に越境して建てていたわけですが・・・・・・・・肝心な建設業者は、驚くのと、オロオロ状態で、すみませんと言うだけで、何もしてくれませんでした。

 『千代田の大取の近藤です。 あんた、社長さん?』

建設業者 『はい・・・・・。』

 『この家、隣地に越境して建ってるけど・・・・・、隣地との境界は、ここだ ほら、この測量図を見てみろ! ありえんだろう? どこまで建築を知らんと、こういうことになるわけ??? 施主さんから、測量図を見せてもらってないの??? 』

建築業者 『いえ・・・・。 お借りしています。 えっと・・・・・・、すみません。 この杭が境界杭かと思ったので・・・・・すみません。 こういう場合、どうしたらいいのですか??? 何せ、はじめての事で、どうしたものか???』

 『ぶっ壊して、最初から建て直すしかないだろう? もしくは、建設中の家を引っ張るか??? 一番、簡単なのは、隣の人に頼んで、隣の敷地の越境分を売ってもらうかだ・・・・もちろん、売ってくれたらの話だけどな・・・・。 もう、ここまで建ってしまっているし・・・・・越境が約2坪、土地を買うとしたら、約5坪ですから、坪20万円で話をすれば、100万円・・・・・・隣地を買わせてもらうのが、一番の解決方法ですよ。』

建設業者 『そ・・・・そうしていただけると有り難いですが、施主さん・・・・そこまで資金の余裕がありますかね〜???』

 『はっ・・・・??? お前が払えよ・・・・。 どこまで、頭悪い子ちゃんなの?  これ、誰が、こういう建築をしたの?  誰が越境して建てたの? あんたが責任を取るべきでしょう あんたが間違えて、施主さんに、責任を取らせるの変でしょう 無責任にも、ほどがある・・・・俺は、もう知らん、ぶっ壊して建て直せ

お客様 『社長さん、隣の土地は、買えるのですか? 買えるとしたら、おいくらなんでしょう?』

 『売っていただけるかどうかなんて、分かりません。 それ以前に、お客様に対して、こういう言い方をするのは失礼かもしれませんが、何ちゅう酷い建設業者に頼んだのですか???  これ、ありえない事ですよ。 それに、この無責任な態度は・・・・完成後のメンテも、間違いなく無責任だと思いますよ。 とりあえず、損害賠償請求ですねw』

お客様 『それが・・・・・私の身内なんです・・・・。 遠縁なんですけど・・・・・親戚でして・・・・・。』

 『親戚だとか、他人だとか、関係ないと思いますけど・・・・・、で・・・・・、この建設業者のミスを、あなたが、ケツを拭くわけですか? それならそれで、構いませんけど・・・・。 私としては、この建設業者に責任を取っていただくべきだと思いますけど・・・・・。 でも、その前に、まずは、隣地の方にお詫びに行きましょう・・・・私も、いっしょに付いて行きますので、建設業者さん・・・・1万円くらいの立派な菓子折りを買ってきてください。 いつも家にいる人みたいなので、今夜にでも行きましょう。』

建設業者 『は・・・はい・・・。 すみません。』

お客様 『もしも、分けていただけるのであれば、購入しますので、社長さん、宜しくお願いします。』

 『交渉をするのは構いませんけど、売っていただけなければ、壊すか、家を引くしかないですからね〜。 しかし、まあ、測量図も、重要事項説明も、渡したわけでしょ??? この周りの杭の位置だって、出てるのに、どういう見方をしたら、ここに家を建てる気になるのか、全く理解できませんわ。 しかも、自分の責任だという気持ちも、全くないみたいだし・・・・まあ、御身内という事なんで、言い難いかもしれませんが、責任を取らせるべきだと思いますよ。』

お客様 『ええ・・・・、そうですね〜・・・・・・。 どう解決するのが良いのかぁ〜・・・・。はぁ〜〜

 『柱状改良、基礎、上棟が終わり、瓦まで乗っちゃってますからね〜・・・。 それでは、隣地の方のアポを取りますので・・・・・・。』

とりあえず、隣地の方に電話をして、状況の説明と、お詫びに伺いたいとお願いをして、1時間後に、隣地の所有者の自宅に行くことになりました。


1時間後・・・・・・・・・・・・。

隣地の所有者のお宅に行きました。


当社のお客様と、建設業者が平謝りで・・・・・私も、状況を説明しながら、いっしょに平謝りで・・・・・・・申し訳ございませんを連射

隣地所有者 『おい、千代田さん、あんたのところにしちゃ〜、あまい取引だなぁ〜。 俺が、はみ出てるって言ったら、はみ出てるんだ・・・・・・子供の頃から、あそこの畑は、遊び場だったから、よくわかってるんだ。』

 『いあぁぁぁ〜〜〜w おっしゃる通りでしたぁ〜w   もう、その件については、返す言葉もございません・・・・。 私も、まさか、新築の家が越境しているとは・・・・・・私も、見た瞬間、気絶しそうになりましたよ〜w 当社で土地を売買した際に、測量図を渡してあるのですが、建設業者が、こういうミスをすること自体、考えられないので・・・・・、地主様の勘違いかな〜?と思ってしまいました。 その件については、私が悪いです。 すみません・・・・・。 それでですね〜・・・・・、今後の話については・・・・、後日、お話をさせていただきますので、とりあえず今日のところは・・・・、取り急ぎ、お詫びに伺ったような次第でございまして・・・・・・。 』

隣地所有者 『今後の事は、すぐに元に戻してくれればいいが・・・・・、そういえば、枝豆が植えてあったはずだが・・・・・抜いて捨てちまっただろう?』

 『枝豆が、あったんですか・・・・・・。 わかりました。 その件についても、こちらで協議をしまして、後日、また来ますので・・・・・、あっ・・・・・ビールって飲まれます?』

隣地所有者 『これからの季節は、ナイターを見ながら、毎晩飲むわ・・・w』

 『あっ・・・・  あああああああ〜 で・・・・枝豆を作っていたんですね〜w  あははははw  やっぱり、ビールには、枝豆ですよね〜・・・・・w 銘柄は、キリンですか? アサヒですか???』

隣地所有者 『スーパードライだw』

 『そっか〜w じゃあ、枝豆の損害・・・・・・、アサヒのスーパードライを1ケースで勘弁してもらえませんか???  一生懸命、畑仕事をされた労力も含めると2箱かなぁ〜。 どうでしょう???』

隣地所有者 『あははははw そう来たか・・・・。 さすが千代田の社長・・・・・えらく、安い補償費だな〜。 』

 『さすが千代田の社長と、安い補償費って・・・・・、俺は、ケチと聞こえるんですけど・・・・・、じゃあ、350ミリではなく、500ミリを2ケース持ってきますよwww』

隣地所有者 『よしっ・・・・それで手を打った。 けど、枝豆のことだけだぞ・・・・勘違いするなよ。 きちんと取り壊して、元の畑に戻してくれよ。』

 『あははははは・・・・・・・、おい、建設屋・・・・・お前が、買ってくるんだぞ。』

建設業者 『わかりました・・・・・本当に申し訳ございませんでした。』

隣地所有者 『そういえば、千代田さん・・・・、〇〇ちゃん、知っているだろう??? 俺、毎朝、コーヒー屋で、会うんだわ〜w あんたが乗ってる記事とかを見せてきて、やり手だとか、知り合いだとか言ってるからな〜。 ほんだで・・・・さすが・・・と言ったんだw ただ、太っ腹と聞いていたから・・・・・w』

 『あははははははw  そういうことですかぁ〜w 太っ腹って、この、俺のお腹のことですよwww という事は、喫茶店は・・・・・〇〇〇に行ってるんですね〜w わかりました。 これは、私からですが、コーヒーチケットを1冊プレゼントしますよ。 それを聞いたら、太っ腹を見せなきゃあかんでしょう〜www』

隣地所有者 『そんな事、せんでもええから、あんたも、コーヒーを飲みに来や〜。』

そんなわけで・・・・・枝豆保障については、ビールで解決をしました。

しかし、この時に、もう、確実に隣地の5坪は売ってもらえると・・・・確信しましました。 



そして・・・・再度・・・・・・、その日の夜・・・・・・電話をしてアポイントを取り・・・・・、建設業者が用意したビールと、喫茶〇〇〇のコーヒーチケットと、分筆予定図を持って、隣地所有者の自宅に伺いました。

それとは、別に、冷えたビールを10本と、つまみを数袋、持っていきました。

 『コーヒーの前に、ビールでも・・・・・、時間があればですけど・・・・・・ もちろん、隣地の件を解決してから乾杯ってことで、お願いしたいですけど・・・・あははw』

隣地所有者 『それは、条件次第だが・・・・・、まあ、とりあえず、あがってちょうだいwww』

私が、家に上がると、仏間に通してくださり・・・・上座に座らせようとした。

毎度の事だが・・・・、ここで上座に座ることは死んでもしてはいけない。

向こうは、意地でも上座に座らせようとするが・・・・こういう場合、こちらは、半ば強引に下座に座り、相手を上座に座らせなければいけない。


そんなわけで、下座を陣取り、上座に所有者を座らせて、座布団を使わずに畳に正座をした。

これが、ありがたい事に、隣地所有者も、奥様も、すごく気を使ってくださり・・・・・・特に、奥様なんかは、お茶を出してくださった時に、新聞の記事を持って来て、『いつも見てます。 ・・・・(省略)・・・・・。』なんて話をしてくださりまして・・・・・・。


結果

隣地所有者 『まあ、あんたの顔を立てて、土地は売ったるわ。 でも、経費は、全部、買主だぞ。』

という、ありがたい言葉をいただき・・・・・金額も、『隣地の売買と同じ坪単価で良い!』と言ってくださりました。

最初は、激怒されましたが、本当に良い方でした


しかし・・・・・。

納得がいかない事が・・・・・・。


土地の売買代金は、お客様が払い・・・・・十数万円の経費のみ、建設業者が払うらしいのです。

まあ、私が、口を出す話ではないですけど・・・・・何となく、納得がいかないです。

建設業者は、謝りまくってオロオロしていたので、可哀想な部分もありましたけど・・・・・。


でも・・・・・・・・・。

通常であれば、家を壊して建て替えるしかないわけで、それを、この程度の損害で済んだわけですから、建設業者が全額払うのが当然だと思うのですけどね〜

当社は、きちんと土地の取引をして、お客様に引き渡した⇒お客様は、測量図や重要事項説明書を建設業者に渡した⇒ 建設業者が、建てる場所を間違えた・・・・・。

そして、今回、当社は、お客様が気の毒だったので、無報酬にした。⇒お客様は、隣地の一部を買った。⇒ 建設業者は、通常の保障費の、何十分の一で済んで、一番得をした。

何となく、もやもや&ムカクカした感じが残りますが・・・・・・・・


まあ、無事に解決をしたということで・・・・・・・

お客様も、私も・・・・・別の何かで・・・・・・・そのうち、何かで、良い事あるでしょうwと考えることにします


ということで・・・・・・・・本日のブログを終わります
:








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの貴重な、一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 埼玉在住   2012年05月28日 20:41
まぁ、みんな日本人だったということでしょう。
でも建設会社の社長は、頭丸めるべきですね。既に丸まっているなら、一発でズラとわかるかつらを罰ゲームでw
2. Posted by 朋   2012年05月28日 21:35
5 無事!?解決ぉ疲れサマでした。 最近暑くなってきましたし、忙しぃ中ですが、水分補給はまめにしてくださぃねo(^-^)o

改めて!!不動産屋sanも建築業者sanも良く選ばなければと思ぃました。

千代田sanみたぃな素敵な不動産屋sanに出会ぃたぃものです…☆
ただ、私は人を見る目が全くなく、信じてしまぅタィプなので、今後土地探しも悩みの種が増ぇた気がします(:_;)


クリック沢山してぉきます♪
3. Posted by cmyk   2012年05月28日 21:49
おつかれさまでした。

今回の件、コンドウ社長がいなかったら大変なことになっていましたね。

収集がついて良かったです!
4. Posted by Mr.Fanble   2012年05月28日 22:34
………。
この建設業者、上手い事立ち回ったっすなぁ。
何れ、○れるんじゃないですか?
5. Posted by なんということでしょう?   2012年05月28日 22:37
切り取りご苦労さまです。
しかし、世の中慎重に物事が進んでるようで、考えられないポカが誰にも気付かれずに最終段階までいってしまうモノなんですね。
それとも、途中で気になった人が居ても、声を上げられないという事情があるのでしょうか?
まさか、どうせ怒られるんだから中途半端な時には、言わないっぞ、もしかしたら最悪の時に責任取れば、1ッ回で済む官僚タイプの人だったりしてぇ〜
6. Posted by コンドウ   2012年05月29日 01:19
埼玉在住さん、確かに・・・・いや・・・建設業者さん以外は、みんな日本人だったということで・・・w
この建設業者さんは、すみませんと、ありがとうございますという言葉は知ってるみたいですけど、責任を取りますという言葉は知らないみたいです。


朋さん、いえいえ、普通、ありえないミスなんですよ。
意味がわかりません。
隣の敷地に、はみだして家を建てたんですから・・・w

土地探しは、根気です。
あきらめずに頑張ってください。


CMYKさん、うむ〜・・・私がいなかったら・・・ですか〜・・・、世の中で起きた事は世の中で片付くので、私がいなくても、それなりに片付いていたと思いますけど・・・建て直していたかもしれませんね。


fanbleさん、そうですね〜。
一番得をしたと思います。
建設業者が、加害者で、お客様と隣地の方が被害者、私は、2次被害者って感じですかね〜。
まあ、建設業者も、悪いとは思っているようですけど、責任を取る気はなかったように感じました。


なんということでしょう?さん、うむ〜〜〜、上棟までやっていて誰も気付かないとは・・・。
少なくとも、測量図面を見た人は、気付かなきゃいけないと思います。
何となく、事件が勃発した時の対応は、日本の政〇家のようでした(笑)
7. Posted by まんまる まる子   2012年05月29日 06:59
もう仕事に出かけるので クリックだけー
8. Posted by こうじ   2012年05月29日 08:22
面白く簡単に書かれてますが、解決するのには、青ざめる難しい問題です。
凄いですね。
9. Posted by 奈良人   2012年05月29日 08:56
上手に交渉してはりますねぇ。是非、参考にしたいものです(笑)
しかし、建設業者は自分の責任なのにどうしたらいいかわからないって、考えることを放棄してますね。私が以前境界調査した時に隣接の擁壁がはみ出していたときも業者は逃げていましたし、補償もしませんでしたし…。しかも、仲の悪い人同士で地元でも両者問題児でしたから最悪でした。
10. Posted by nal   2012年05月29日 09:09
無事に解決したようで良かったですね。
というか交渉が鮮やかすぎて感動です。
このあいだウチの分譲地の一角で完成していた基礎を壊してました。
越境じゃなくて高さのミスらしかったんですが、お客様に謝って交渉して許してもらって、ではなく問答無用に作り直してました。
ミス自体はあり得なくてあきれたんですけど、その後のHMの躊躇の無い対応には基礎の原価がわかるだけにちょっと感動しました(ってお客様にとっては冗談じゃ済まないんでしょうけど)
しかし…親戚縁戚友人知人に家造りと頼むと困ることがある、というのはこの事ですねぇ…まあ皆が良ければそれで良いんでしょうが、納得いかないですね。
11. Posted by コンドウ   2012年05月29日 09:57
まんまるまる子さん、いつもブログランキングを気にしていただきありがとうございます。
今日も、一日、頑張ってください。
いってらっしゃ〜いw


こうじさん、わかっていただけますか・・・。
それをわかっていただけて・・・・うれしいです(TT)
しかも、無報酬です・・・・(笑)


奈良人さん、そちらは、そちらでいろいろあって大変でsね〜。
世の中、無責任な奴が多すぎますね。
お互い、頑張りましょう。


nalさん、その建設業者さん、素晴らしいですね。
ミスをしてはいけませんが、しかし、誰もがします、謝り方と責任の取り方が大事です。
今回、建設業者に、『全部壊して、建て直します。』と言ってほしかったですね〜。
その上で、そこまでしなくても、俺が何とかするから〜・・・・みたいな感じだったら・・・・・w
無報酬でも、やりがいがあったんですけどね。
残念です。
12. Posted by    2012年05月29日 10:07
おはようございます!!
早期解決〜流石です
応援クリック完了
13. Posted by ぼ〜や   2012年05月29日 10:55
建築やさんが
痛みのある責任を取ってくれると
気持ちよく終われたんですけどね。

まぁ、近藤社長と知り合えた人が
マスターカードより
価値があるんでしょうね。

先月の居なくなった買主の
オチがしりたいな〜〜
14. Posted by コンドウ   2012年05月29日 11:49
Eさん、応援、ありがとうございます。
当日のうちに解決できて良かったです。


ぼ〜やさん、いなくなった買主さんの話は・・・詳細は、書けませんが・・・、まあ、とんでもなくいい加減な奴だったということで、お許しください。
今は、売主さんの物件を、早く売却できるように、頑張っています。

マスターカードには負けますwww

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1318) 後輩の家造り(地鎮祭)1320) 来場のお客様(ブログの読者さん)