1271) そこで一発ガツンと・・・・頑張れ旦那さん。1273) セカンドハウス・・・・新築の引越しラッシュw

2012年03月27日

1272) 仕事のミス=第一線との感覚のズレ

先週末、チラシを出した、あま市の中古住宅ですが、ご来場いただいたお客様に失礼な結果となってしましました。

まずは、ご来場いただいた、お客様、本当に申し訳ございませんでした。



というのは・・・・あま市で中古住宅を購入して、一部を除き、外装内装を、ほぼ、フルリフォームして、チラシに掲載して、オープンハウスを開催したんですが、売出し開始直後に申し込みが入ってしましまして、その後に、来場されたお客様は、2番、3番申し込みまではいただいたというわけです。

申し込みを受け付けたお客様はともかく・・・・それ以外に、2日間で、30組以上のお客様が来てくださったのに、見ていただくだけになってしまったわけです

しかも、土曜日の午前と、午後に、お客様が集中してしまい、現地の営業マンも足りなくなり、きちんとした接客ができなかったと報告を受けています。

更に、駐車場の確保が、お客様の台数分、できていなかったということで、お客様にも迷惑をかけ、近隣からも苦情があったとのことでした。

言い訳をするつもりは、ございませんが・・・・・ここ最近の市場の動きを見て、2日間で、5〜10組の来場と予測しておりましたので、ああいった状況になってしまったわけですが、これは、全て私が来場者数の予想をを誤ったからでございます。

本当に、申し訳ございませんでした。


中古住宅、一物件に、2日間で30組の来場があるということは、それはそれはもう・・・・大変な混雑になる時間と言う物が存在しまして・・・・、お客様に、案内や商談・・・・下手をすると挨拶もろくにできない状況なのです。

ご来場いただき、挨拶もできなていないし、アンケートも書いて頂いていないお客様も、何組かあったようで、当社の担当営業も、本当に申し訳なかったと反省しておりましたし、ご挨拶もできず、名刺や、会社のパンフレットも渡すことができなかったようで、残念がっておりました

何度も申しますが、全て私のミスでございます。


まあ、謝れば済む問題でもないのですが、物件は、ひとつしかないわけで、何ともしようがございません。


できることは、唯一つ・・・・・、今回と同じレベルの物件を出してくることです。

お客様が、求めている物件を探し出し、それを購入していただくことで許していただくしかないと思っています。


本日、用地課を含む、緊急営業会議を開き、アンケートを書いてくださったお客様の内容を全員に把握させました。

最優先で、物件を探させていただきます。


ブログの読者の方が、今回の件を、どう感じたのか分かりません。

もしかしたら、たくさんのお客さんが来て、良かったじゃないかと思う人もいるかもしれませんが・・・・・

これは、プロとして、大きなミスなのです。

数十区画の宅地分譲の売り出しに、沢山のお客様が殺到したのとは、違うのです。

30区画の宅地分譲に、60人来たとしても、この程度は想定内の事ですし、全区画が即売れてしまったわけでもないので、お客様は、来場して土地を見て買う買わないを選ぶ事ができます。

今回の場合は、1つに対して、30組以上のお客様が来られたわけで、しかも、物件は、販売開始直後に申し込みが入り、あとのお客様は、はっきり言うと無駄足になったわけです。

30人以上のお客様の、土日の貴重な時間を無駄にしてしまったわけです


しかも、近隣から苦情まであったわけで・・・・・・これは、喜ばしい事ではなく、反省することなのです。


まず、プロとしての最大のミスは、値段の付け方でしょうね。

次に、待機させる営業マンの人数と、駐車場の確保です。

最後に、折込の枚数です。

この、どれかを間違えなければ、何とかなったはずです


私も、最近、一般のお客様と接する機会が少なくなってきました。

一線の営業から退き、代取としての仕事、仕入れ、知人からの頼まれ仕事、複雑な取引、不動産コンサルとしての仕事等をしております。

ちょっと、感覚がズレてきたのかな〜?と思い、けっこう落ち込みました



コンサルの仕事で、難易度の高い仕事をしたり、講演や講師をしたりしていますが、こういう仕事は少し減らして・・・・・・・。

今度の売り出しの時は、久しぶりに、営業マン達と、横一線で、待機や接客をしようと思っています

第一線での営業ができない奴、お客様の気持ちが分からない奴、市場がわからん奴が、それ以上に難しい仕事ができるわけがありません

この仕事は・・・・・、小さなズレが、大きなズレに繋がり、それを知らずにいると、時代遅れのバカ経営者になりますし・・・・・・そうなったら、会社なんて簡単に潰れます。


現在、43歳・・・・・まだ、第一線で勝負できます

私は、営業マンとして、まだ、誰にも負けない自信があります

名刺の、株式会社 千代田不動産の後に、代表取締役という文字が書いていない、名刺を出して、営業をして、お客様の生の声を聞いたり、お客様の融資の段取りをしたり、契約書を作ったり、需要事項説明をしたり、決済をして、お客様といっしょに喜んだり・・・・・・。

今後も、千代田不動産を成長させていく上で、必須だと思います。


経営者は、絶頂期というのが、いつなのか分からないものです。

でも、一線で営業ができるうちは、まだ絶頂期に達していないと思います。、

一線の営業マンと自分の感覚のズレが生じ、それを修復できなくなったら、その先は下り坂なのではないでしょうか?



今日のブログは、本音で真剣に書きますが・・・・・・失礼があったらすみません。

私が、第一線で営業マンとして活躍していた頃

第一線を退き、社長業専門になった経営者と話をしていると、相場観がズレているとか、市場がわかっていないと感じる事がありました。

最近は、こんなのが〜・・・・・と言われて、それ、終わった話だろうw

講演や講習に行った際に、講師の話を聞いて、机上の空論だとか、いつの時代の話をしているのんだと思う事もありました。

昨年のデーターによると・・・・という話を聞き、それ昨年の話だろうw

第一線にいる奴が、こんな寝ぼけたことは言いません。


でも、今回の失態は、自分の感覚がズレていて、寝ぼけた奴になっていたとしか思えません。


当社も、ありがたいことに、年々業績が上がり、社員も増えて・・・・・私も、徐々に、第一線での仕事ができなくなってきました。

しかし、第一線で活躍できるだけの能力保持と、第一線の者しか感じる事ができない時代の流れを知るためには、営業マンと肩を並べて仕事をするしかないわけで・・・・・、そのためには、常には無理ですが、たまには、売り出しに営業マンとして参加しなければいけないと思いました。


今回、お客様に迷惑をかけたのは、私の感覚が、3ヶ月〜半年ズレていたわけで、第一線の営業マンたちは、売出しの前から、かなりの集客があると見込んでいたようですし、価格も、もう少し高くても売れると言ってました。

そんなわけで、感覚のズレの修正に入りますので、今、受けてある仕事は別にして、しばらく、講演や講師の仕事は、お断りさせていただくことにさせていただきます。


正直、商売で、何が恐いって・・・・・第一線の奴らとの感覚のズレが、一番恐いです


ということで・・・・、お客様にお詫びをしつつ・・・・、ミスした理由と、感覚のズレの修正の話を、今日のブログとさせていただきました










2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SARI   2012年03月27日 11:00
5

反省すべきことはともかく、
あま市の物件にお客様だ沢山いらしたことは、
それだけアツい地区、物件と分かった事でおめでとうございます。
ただ、季節的に、外出し易い時期でもあったので、
その読みのズレがあったかもしれませんね。
ソコに奢ることなく、感覚のブレに危機感を感じたという所は、
次のお客様に失礼がないように、尽力する訳で、
それはそれで良い流れだと思います。
2. Posted by cmyk   2012年03月27日 11:43
参考になった点

・人気物件は売り手の採算性だけでなく需給バランスを考慮して価格を設定する必要があること。さらにそこから進めて、オークション方式の販売も検討できること。

社長の相場感について

・現場の空気を感じることは大切。しかし寄る年波とともに感覚がズレるのは不可避。

・だとすれば社長業に専念したほうが良いという考えもあります。組織の中で、その時代、年代で感覚の優れた(マッチした)スタッフの意見を汲み上げ、共有していける仕組みを作りあげたほうが長期的にお客様の利益につながるからです。

能力の高い社長が会社の成熟期にやるべきことは、実は、社長の個人的なパフォーマンスによらない組織作りな気がします。
3. Posted by まんまる まる子   2012年03月27日 17:55
凄いですね〜 30組ってー!凄いわ

実家の最初のオープンハウスの時は8組きて それでも凄いっておもっていたのに 人気ですねー

何でも予測が難しいですけれどそれでもなおかつ
いかなる場合でも対応できるように・・・

それだけのお客様がこられて 他にも案内つなげられたら素晴らしいのにもったいないし 対応悪いって思われて今後に影響してもねーこまるし

私も日々 客数が全くわからないので 計算出来ない日々ですので 多いかもーすくないかもーーといいながら あれこれ 心配しながら 計算する毎日ですが それもまた醍醐味ですけれどね

よほど安いお得な物件だったのかしらね?
私も近所なら見に行ってみたかったわー
4. Posted by コンドウ   2012年03月27日 22:06
SARIさん、まあ、沢山のお客様が来られたし、顧客リストも対応しきれないくらいなので、良かったといえば、それまでなんですけど・・・。
相場観のズレは恐いです。
魔は天界に住んでいるので、こういう時にこそ危機感を持って仕事をしなければいけないと思っています。


CMYKさん、確かにそうなんですけど、組織営業に変わりつつある中で、やはりトップの相場観は大事です。
決めるのは私ですからね〜。
まあ、毎日、ハワイでゴルフをやっていられるくらいになれば、別なんでしょうけど・・・まだまだ遠いですwww


まんまるまる子さん、30組の来場は、すごかったです。
まあ、予測できなかったとしても、人に迷惑をかけているようではいけませんので、せめて駐車場の確保はしておくべきでした。
ちょっと凹みました。

5. Posted by 私も30組に内の1組   2012年03月28日 11:49
1 私も見に行きました。
いくら、買い付けが入ったとはいえ、営業さんは名前も名乗らないし、当然、名刺もいただけませんでした。
まったくやる気が感じ取れませんでしたが、そういうことでしたか。売れてしまったので、相手にしても仕方がないということでしたか。
一度、覆面調査員を雇い、営業のレベルを把握した方が良いと思います。
6. Posted by りえ   2012年03月28日 12:29
中古でそんなことになるなんて、一体どんな良い物件だったのか興味あります〜。敢えて中古を選ぶときのポイントなんかも教えて頂けると嬉しいです。

以前、社長にお会いできたのは、私たちとても運が良かったのですね^^あの時の彼とその後結婚したんですよ
7. Posted by コンドウ   2012年03月28日 22:14
私も30組の内の1組さん、そうでしたか。
本当に申し訳ございませんでした。
売れたから対応が悪かったということではないのですが、当社の営業から名刺も出せないし挨拶もできなかったお客様が数組あり、不快な思いをさせたり、車の移動をお願いしたりで、迷惑をかけてしまったという報告は受けております。
アンケートを頂いたお客様には、ご希望の物件を探すようにしておりますが、名刺すら渡せずにアンケートすら頂けなかったお客さまに関しては、何ら対応ができておらず、本当に申し訳ないことをしました。
今更かもしれませんが、再度、チャンスを頂ければ、ご希望の物件を探させていただきます。
常日頃から、お客様第一主義、誠心誠意の対応をするように社員教育をしているつもりですが、お客様に不快な思いをさせたということで、更に厳しく教育をするつもりです。
この度の事、本当に申し訳ございませんでした。



りえさん、以前、お会いしてから、ご結婚されたのですか、おめでとうございます。
なんか・・・嬉しいですね〜。
また、いつでも遊びに来てください。
また、お会いできますことを楽しみにしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1271) そこで一発ガツンと・・・・頑張れ旦那さん。1273) セカンドハウス・・・・新築の引越しラッシュw