1181) 工場案内続編 某不動産業者から電話1183) 土地の広い大型分譲 (津島市 あま市)・・・企画

2011年11月17日

1182) 某建設会社の参加とTPP

皆さま、お手数ですがブログランキングのご協力をいただけると幸いでございます
ブログを読んだ後、人気ブログランキング土地建物のバナーをクリックしていただくと投票できます




先日、ある会合で、分譲業者の社長と話をした。

立食だったのだが・・・・ある建設会社の社長がワインを持ってきてくれて・・・・・。


雑談・・・・まあ、雑談は置いておきましょう

社長 『今度、大治で大きな宅地分譲をやるらしいですね〜。 噂によると、名古屋駅の近くの展示場に出店しているメーカーさんたちが、名古屋市の隣接地ということで、大治のセンントフィールドを狙っているということらしいじゃないですか??? 全国規模の大手さんしか参加できないんですか???』

 『へぇ〜 そんな話をどこから聞いてきたんですか???』


社長 『それくらいは聞こえてきますよ。 ただ、うちみたいな中部でショボショボやってる業者には声がかからないですわな〜。』

 『何をおっしゃってるんですかぁ〜w  そういう事があれば声をかけてますよぉ〜w その噂が本当かどうかは別にして、うちは、どこにも営業もかけてませんし、図面も公開してません。 今は、それくりで勘弁してください。 基本、宅地分譲で、土地売りで行きたいんで・・・・。』

社長 『そうですか〜。 もし、住宅メーカーに売るのであれば当社も是非参加させていただきたいです。 最低10宅地くらいは欲しいのですが、本当にお声はかけていただけるのですか???』

 『うむ〜・・・もしもそうなったらですけど・・・・必ず声をかけますけど・・・・この間、おたくの社員さんが、セントフィールドは完成宅地で一般顧客向けの価格なので、いくらグレードが高くても、大手のように建物の価格が通らないので、そこまで出して買えないって言ってましたけど・・・・・。』

社長 『いやいや、大手メーカーさんが参加するのに、うちが参加しないわけにはいかないので、うちも足並みを揃えて買います。 そこで大手さんより値打ちなものを造れば、当社から売れて行きますよ。』

 『まあ、ありがたいお話と言うことで聞いておきます。』

と言うことで・・・・・自社の建築に自信満々の某建設会社の社長さんは、大手住宅メーカーが買うなら参加したいと・・・・当社のセントフィールドを欲しいと言っていた。 



後日、この建設会社の不動産担当の子に会ったので、その話をすると・・・・えっ〜〜〜って感じで・・・・・。

某建設会社 不動産部社員 『初耳ですわ〜。 うちの社長、不動産部や営業に聞きもせずに、そんな事を言ってるんですか〜??? ムリムリ・・・・100%買いませんよ。 そんな話は、社長がOKしても、専務と常務が猛反対しますよ。 この間の会議でも、しばらく土地購入を控えるという話になってたくらいなんです。』

・・・・・と、半分呆れた様子で話に食い付いてきた。

 『その噂、不動産部から上がったのではなく、社長がどこかから聞いてきて、俺に適当な事言ってるだけか???』

某建設会社不動産部社員 『最悪、ワンマン風吹かして、勢いで買うのかもしれませんが、前にも説明した通り、基本、買うつもりはないです。 うちの社長も恐ろしい事言うな〜。 大手さんと並んでやっても、勝ち目ないのに・・・・・。 もう〜 外で恰好ばっかりつけるんだから・・・・ 近藤社長に、買うって大見得きって買わなかったら、おもしろ可笑しくブログに書かれちゃいますからね〜w』

 『あははははw よく知ってるじゃなね〜か〜www おたくの社長、N氏に似てるな〜w』


某建設会社不動産部社員 『どういう意味ですか???』


 『国民の意見に関係なく、国内がまとまっているわけでもないのに、国際舞台へ出て行って、勝手に参加の意思を示しちゃう、今、話題の人だよ

某建設会社不動産部社員 『あははははw なるほど・・・・でも、あれは、アメリカの圧力とかもあってのことだから、仕方ないんじゃないですか??? 圧力でしょ???』

 『はっ??? そんな事は俺は知らん、アメリカさんに聞いてくれよ。 まあ、それが事実だったとしても、順番が違わないか??? おたくの会社といっしょだよ。 おたくは、何だかんだ、中部では大所帯なんだし、普通は、社内の意見をまとめてから、俺に、土地ほしいとか言うのが普通だわな。  それを、外で勝手に参加しますとかなくないか? 俺は、おたくの社長と、N氏と同じ臭いを感じる。』

某建設会社不動産部社員 『なるほど・・・。 でも、あれって、国民投票してもいいくらいの事ですよね?』

 『俺もそう思うよ。  少なくとも、ああいう形はないと思う。 反対、賛成、いろんな意見がある。 賛成派もいろいろいて、今後の国際社会を・・・・という観点では、やるべきことなのかもしれないと考えている人もいれば、海外の物が安く買えると喜んでいる単純な人もいる。 反対派も、アメリカの景気を良くするための餌だと考える人もいれば、農業の問題を考える人もいる。 俺はあえて賛成か反対かは言わないが、せめて国内で決めてから、発言するべきだと思う。』

某建設会社不動産部社員 『ですよね。 日本国民は優しいですよねw』

 『他国なら、暴動がおきてもおかしくないと思うよw』

某建設会社不動産部社員 『社長、それは、私に社内で暴動を起こせという意味ですか???』

 『ギャハハハハハw 違う違う・・・というかゴメン・・・・そういえば、最初、御社の話だったな。』

という事で・・・・・・。

話がそれてしまったが、某建設会社不動産部社員と話をしていて、私もワンマンなところがあるので、社内の意見も聞かずに、外で勝手な事を言わないように気を付けようと思いました。

人の振り見て我が振り直せ!

N氏を・・・・・いえいえ間違えました・・・・某建設会社の社長を見ていて、物事の順番を間違えないようにしよう! そう思ったのでした








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。



toshikazy at 14:20│Comments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 営業 経営 | 津島市 千代田不動産

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by cmyk   2011年11月17日 15:03
本当のところはどうであれ,自分とこの社長の発言ですから,その担当者もコンドウ社長の面前でネガティブなコメントをするのはマズいと思います。

嘘は言う必要ありませんが,担当者もコンドウ社長からの聞き取りに留め,社に持ち帰り慎重にすり合わせすべきでした。

社長も役員も社員もバラバラだということを露呈し,買っても買わなくても会社の信用向上につながらなくなりました。
2. Posted by Y/S   2011年11月17日 20:00
誰でもわかるのにN氏とする必要があるのか?
それはともかく日本人は優しいな。
しかたないなーで済ませて終わるんだろうな。
俺なんかは数年で天国からお迎えが来るで怒らんでもええかってなもんだが近ちゃんたち若い者は先が長いんだで納得できなきゃ怒らなあかんわな。
3. Posted by ISD条項も知らなかった総理大臣   2011年11月17日 20:36
ISD条項で国内法よりも、条約のほうが上位に
なる事も知らなかった首相に任せても大丈夫だろうか?
森林買取(水利権)もISD条項で提訴されたら、外国の土地買取も拒否できなくなってしまうと言われていますが 提訴先もアメリカよりなので勝ち目がない
自民党の佐藤ゆかり議員の質問で露呈
アメリカには交渉で勝利した事はないと思われる
4. Posted by コンドウ   2011年11月17日 22:27
cmykさん、まあ、そうなんですけど・・・・この建設業者の社長・・・・外で大きな事ばかり言うので、私たちは、またか〜wと思ってますし、社員さんたちは、また言ってたんですか〜wって感じなんです。
業界の方なら、わかると思いますけど、大手住宅メーカーはお客様価格で宅地を買っても何とかなりますけど、地元の建設業者が同じことをやったらどうなるか・・・・。
区画整理の保留地も同じなんですけどねw


YSさん、いえいえYSさんは世に憚るんで、先頭に立って怒ってもらわないと困ります。
まあ、過激な事はいけませんし体力上無理ですので、座り込みくらいなら・・・(笑)


ISD条項も知らなかった総理大臣さん・・・・輸入が輸出が・・・の事ではなく、わからないながらも真面目に書かせていただきます。
私はには難しすぎて賛成か反対か判断できないというのが本音です。
良い部分悪い部分を合わせて・・・さぁ、どうなるか?
想像がつきません。
ただ、N氏が外へ出て行って発言した事は、あれはないわ〜。と思いました。
TPP反対の方の多くはISDSにより日本国民の権利が阻害されると考えているようですね。(阻害?表現難しい)
私は、難しい事はわかりませんけど、輸入輸出の問題もありますが、極論で言うと米国の中国対策に協力するかしないか・・・? 
もっと言うなら、米国側が、アメリカに付くのか中国に付くのか?という問いかけだと思っています。
そしてその後を考えると、中国は日本に対して、どういう対応をするようになるのか?世界経済、日本経済がどうなるのか、まったく想像すらできません。
ただ、このTPP問題は、すごく大きな問題なので、ああいう形で総理が安易に発言をすることではないと思います。

この程度の事しか書けませんが、本音です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1181) 工場案内続編 某不動産業者から電話1183) 土地の広い大型分譲 (津島市 あま市)・・・企画