1106) 大治の現場で会った人が・・・・1108) 人間関係について考える(2011年6月)

2011年06月27日

1107) 3ヶ所同時販売を終えてw (土地分譲)

3日間の、3ヶ所同時販売も終わりました

また今週も、売り出しをさせていただきますけど・・・・・w

とりあえず順調な売れ行きで安心しました。

そして、なんと言っても嬉しかったのは、来場されたお客様の半数以上が申し込みをしてくださったことです。

セントフィールド大治花常が、16区画中、10区画申込済

セントフィールド弥富3が、11区画中、4区画申込済

セントフィールド津島SOUTHが、8区画中、6区画申込済


合計、35区画中、20区画が、初回売り出しで申し込み済となりました。

ご来場いただいたお客様、並びに、申し込みをいただきましたお客様、暑い中のご来場ありがとうございました。


さて、今後の流れなんですか・・・。

お申し込みを頂いたお客様は、これから契約をさせていただき、資金計画を立てて、約1〜2カ月で決済できると思います。

それが終わると、いよいよマイホームの建築ができます

みなさん、どんな家を建てるのかな〜

申し込みをされた方は、来週あたり、住宅展示場に行って、間取りや外観の打ち合わせをしたりするんでしょうね〜w


そして、半年〜1年くらいすると、私が企画したセントフィールドに、たくさんの素敵な家が建ち並ぶわけです。

昨日も現場に行き、ここを申し込みされたお客様は、どんな家を建てられるのかな〜wなんて思いながら、土地を見ていました

以前も書きましたけど、完成宅地にするまでに、取りまとめ、購入、開発、造成と、半年以上かけて造り上げるので、早く売れて嬉しいのですけど、少し寂しいような気もしたりして・・・・複雑です。

でも、住宅を建てるために造った土地なので、そこに家が建ち、そこでお客様が幸せに暮らしていただくことが、一番良いので、私としては、とても嬉しいんですけどね。

ほんの少しだけ・・・・寂しい感じがするだけなんですけど、でも、まあ、こういう気持ちも、家が建つと、ここでセントフィールドをやってよかったな〜wという気持ちのみになるんですけどね〜。

娘を嫁に出すような気持ち・・・・・ほどではないにしても、それに似たものがあります



さて、今週の売り出しですが・・・・・・・・・・。

今週は、また3ヶ所同時に売り出しをやりますが、今度は、3ヶ所を載せたチラシではなく、各現場単独のチラシを、現地を中心に3〜4万分ずつほど、入れさせていただきます。

今週の売り出しも、3現場とも行くつもりでおりますので、来場者の皆さまとお会いできますことを楽しみにしております。

先週も、いろんな方とお話しをさせていただき、本当に楽しかったです

うちの社員たちは、社長が来ると、お客さんと長話をするんで・・・・と煙たがっているかもしれませんが、私としては、いろいろとアドバイスさせていただいてるつもりなんですけどね〜・・・

ただ、お客様の情報を知らないのに勝手に話すので・・・・・、住宅メーカーさんからの紹介のお客さんだったり、銀行の紹介だったりするのに、思った事を、そのまんま口にするので、KYな発言をしたりしちゃうこともあるんです〜

まあ、それはそれとして、現地で私を見かけたら、気軽に声をかけてください・・・・私から声をかけるパターンのほうが多いかもしれませんけど・・・w

何にしても、今週、皆様とお会いできます事を楽しみにしております

ということで・・・・、今日のブログは、先週の売り出しの経過報告でした。








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まんまる まる子   2011年06月27日 18:06
3ヶ所同時販売も終わられて お疲れ様です〜
売れゆき好調で 安心ですね

なんだかんだとお忙しく動かれて 気づかれされたのではないでしょうか ゆっくり休んで下さいね そして又楽しいお話お待ちしてま〜〜す
2. Posted by cmyk   2011年06月28日 00:54
順調な売れ行きでなによりです。

今回入れられたチラシの実物を拝見しました。

現場3ヵ所とランドマークがうまく配された楽しい雰囲気の地図。素材はあるにしても、オリジナルで海部津島を一望できる地図を描きバランスをとるのはかなり大変だったと思います。

正直、脱帽です。
3. Posted by コンドウ   2011年06月28日 09:39
まんまるまる子さん、ありがとうございます。
疲れは、いつものことですので慣れています。
私の場合は、まず、首に来るんです。
そして、肩が凝ってきて、次に後頭部が引っ張られるような感じがしてきて、目の奥が痛くなってきて、最終的に、ひどい頭痛に襲われるんです。
で、マッサージに行って寝ると治る。
この繰り返しです。
仕事の疲れもありますけど、寝不足が原因でしょうね〜。

cmykさん、チラシを見ていただいたんですねw
ありがとうございます。
あのチラシの出来は、私も、自分の想像を越えていました。
広告屋さんに感謝ですw
それはそうと、大昔のお姉さんにもお願いしたのですが、折り込み代の値下げ・・・断られました。
10万部以上だと安くなるとか、年間100万分以上だと・・・とか、してもらえるとありがたいんですけど、折り込みの値交渉は難しいみたいですね。
4. Posted by 北野   2011年06月28日 12:02
暑い中の現地での販売お疲れ様でした。

こちらでも折込代の交渉はほとんど出来ません。
ちょっとは負けてくれてもいいのにと思いますけど、折込の総数も段々減ってきているので、厳しいのでしょうね。
5. Posted by 雲海酒造   2011年06月28日 13:07
折込代について・・・

以前から思っているのですが、折込代が安くならない本当の理由って 何でしょうか。
「談合」かな ?
折込代は 地域によって異なっています。それも 何かの地域のくくりの中で。でもそのくくりの中では、単価は変わらない。
また 新聞代って 何で安くならないんでしょうか。これも「談合」かな ? 次第にネット新聞に顧客が流れると思ったら 安くしてもよさそうなのに・・・
加えて 各地の新聞販売所って 何でご立派なビルを持っているのでしょうか。

このあたりの真相をご存知の方、教えてください。
アンタッチャブルの話題かな。
6. Posted by SARI   2011年06月28日 17:18
5


確かに、あのチラシの仕上がりは抜群でしたよね〜!

おぉ!って思いましたもん。

センスもいいし、見やすいし、魅力的なレイアウトでした。

街を作るって、素敵な仕事です。

モチロン、それまでに沢山の苦労があると思いますが、実る苦労なら、嬉しいですよね〜
7. Posted by コンドウ   2011年06月28日 17:43
北野さん、やっぱりそうですか〜。
今回、3ヶ所同時ということで、折り込みをめちゃくちゃ沢山いれるので、交渉をしようと思いました。
一枚4円50銭だったかな〜?
10銭引いていただければ、めちゃくちゃ助かるんですけどね。
広告屋から話をしてもらっても音沙汰なし・・・というか、軽く無視で返事無し。
新聞社の関係の会社の人から聞いてもらったら、返事はあったけど、NO〜。
でも、チラシを入れないわけにはいかないので入れましたw

8. Posted by コンドウ   2011年06月28日 17:54
雲海酒造さん、そうですね〜。

何故安くならないのか・・・???
ブログに書きませんが理由は想像ができます。
不動産業界に限らず世間は不景気で、みんなそれなりに以前より値下げをしているんでしょうけど折り込み代は、そのまんまw
結局、社会がどうだろうと景気がどうだろうと、入れなきゃならんのですから、まあ、提示金額を払うしかないわけです。
ネット時代と、景気が悪いんで、折込自体減っているから、値下げは難しいのでしょうけど、それでも世間一般は値下げなり以前より価格を下げているんですけどね。
当社も、値引きこそしませんが、土地の相場が下がれば当然に価格は下げています。
まあ、手間とかわかんないですから、何ともいえませんけど、価格を見直すか少しでも引いていただけるとありがたいのですけど、なかなか難しいみたいですね。
立派なビルの件は・・・、どうなんでしょうね〜w

9. Posted by コンドウ   2011年06月28日 17:59
SARIさん、ありがとうございます。
あのチラシは、私も気に入ってますw
構成があがってきた時に、代理店の担当に、『これ作った人に電話繋いでくれ』って言って、その場で電話をかけてもらいお礼の言葉をかけたくらいです。
売り出しまで、いろいろ大変でしたけど、チラシを見たときに、なんか報われた気がしました。
そして、沢山のお客様が現地に来て下さり、いろいろ話をさせていただいて、本当に嬉しかったです。

でも・・・、反面・・・仕入れがぁぁぁ〜〜〜って、いつもの悩みですけど・・・。
10. Posted by cmyk   2011年06月28日 18:02
まさにカルテルのような新聞業界は、再販制度によって支えられているのが現状です。

戦後、新聞は社会の公器という観点(建て前)から、市場原理が十分に働かない状況を合法的に認めさせてきました。

しかし時代の経過とともに、その建て前が一般生活者の感情とズレてきているのも事実。

末端とはいえ、関連業界でメシを食べさせてもらっているため具体的なコメントはできませんが、皆さんの意見は大変参考になりました。
11. Posted by コンドウ   2011年06月28日 18:23
cmykさん、いえいえ、昔のお姉さんは、一生懸命頑張って交渉してくれましたよ。
何か、すごく申し訳なさそうにお詫びまでしてくれて・・・。
私も、言い方がきついので・・・いつもすみません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
1106) 大治の現場で会った人が・・・・1108) 人間関係について考える(2011年6月)