1063) ご来場ありがとうございます。1065) 嬉しい電話

2011年03月29日

1064) お客さまの要望・・・

まずは、セントフィールド津島NORTHの販売状況から・・・・

10区画中、8区画に申し込みが入り残り2区画となりました。

初回売出しに来場いただきましたお客様、本当にありがとうございます。

お申し込みをいただいた方だけではなく、この地域でセントフィールドができたら買いたいというお客様が沢山来てくださり、当社のアンケートに要望を書いていただき、顧客リストに登録をさせていただきました。

今年の4月〜5月に予定しております大治と弥富3のお客様も来ていただき、『社長さん、必ず買うから、早めに区画を教えてください。』とか、『弥富、待ってるんですから・・・・早くしてください。』なんて話もありまして、ありがたいというか、ひじょ〜〜〜に心強いです。

が・・・しかし・・・、ちょっと遅れる可能性も出て参りましたので・・・・・、もちろん極力急ぎますけど・・・・ただ、建材の入手の問題で遅れるようでしたら、それについては被災地優先ということでご容赦ください。

今、下請けさんから私の耳に入って来ているのは、造成工事に使うコンパネというか、12mmのカラー板が、1000枚ほど必要らしいのですが入手困難と聞いております。

これについては、既製品のL型(JISマーク)で対応しようと考えておりますが、他にも建材が足りなくなる可能性があります。


すみません・・・・話が少しズレましたね・・・・元に戻します。

セントフィールドに住みたいと、登録をしてくださったお客様・・・・今後の仕入れの参考にさせていただくために、リストを読ませていただいておりますが、お客さまの希望される地域とお客さまの予算が、若干ズレているような気がしました。


比率で言うと、30%がドンピシャでいけそうw 60%が少しズレがあるかな〜。 10%が、え〜〜〜これは無理でしょぉ〜。という感じです。

そして、これを分析すると、お客様によってというよりは地域なんですよね〜。

つまり、地域によってはドンピシャなんですが、6割くらいの地域は150万円〜250万円くらいのズレがあるっていうことです。

ただ面積については、ほとんどのお客さまの希望が、約50坪くらいなんですけど・・・、お客さまの8割以上が、45坪〜60坪なんです。

結論としては・・・・、もう少し予算を上げていただくか、もう少し坪数を減らしていただけると、ご希望に近付くのではないでしょうか。

私としても、なるべく大きな坪数で、少しでも安く出せるように最大限の努力はいたします。

もちろんワンランク上の住環境を提供するというセントフィールドの特色を残したまま少しでもお値打ちに提供できるように頑張ります。



それから、リストを見ていて面白いな〜と思ったのは、希望の地域で土地を探しているお客さまの、土地と建物の総予算ってのは、まちまちなんです。

土地と建物で2500万円〜5000万円くらいまでのお客様がいるとしましょう。

でも、土地の予算ってのは、300万円くらいしか開きがないわけです。

まあ、土地には相場ってものがありますから当たり前なのかもしれませんけど、土地の相場が平均1500万円だとしましょう。

そしたら、建物の予算は、1000万円〜3500万円ってことになり、つまりは、2500万円の開きがあるわけです。

それなのに、欲しい土地の坪数は、50坪が大半なんです。

私が分譲住宅ではなく、宅地分譲に拘るのは、建築条件を付けて土地を売るのが嫌だからなんです。

一生の買い物である家を選ぶのに、土地が気に入ったからと言って、その土地を持ってい建設業者の建築をするというのは・・・、ちょっと・・・と思うんです。

もちろん当社のセントフィールドを、定価で買ってくださる住宅メーカーさんもいますから、それを断るようなことはしませんけどね。

お客様が土地を選び家を選ぶ・・・・これが基本だと思うんです。

そういう意味で、当社の宅地分譲を希望されているお客さまのリストを見て、面白いな〜と思うのと同時に、当社の宅地分譲を買っていただいたお客様は、お客様が土地を選び家を選ぶ。という私の思いを理解してくださっているという喜び的な面白いという気持ちでもあるのです。


このリストの総予算の違いが物語っています。

そして、周りで分譲住宅の売れ残りが目立つ中、当社の宅地分譲の売れ行きが良いのは、土地を選び建物も選んで家を建てたい人が圧倒的に多いということだと思います。

これからも、お客様が土地を選び家を選べる宅地分譲、セントフィールドを、どんどん造っていきたいです


うちのお客さんは、ローコストメーカーで建てる人もいますし、ブランド力のあるメーカーで建てる人もいます。

中には、友人や、親戚の大工さんや工務店さんで建てる方もいます。

ほとんどの人が、生涯一度の家造りなわけですから、お客様が自分の予算に合わせて土地を選び、自分の予算に合わせて建物を建てるのが一番いいんじゃないかな〜。

リストを見ながら、坪数や予算のことを書きましたけど、リストのお客さまの全員の要望は、自分で土地を選び家を選びたいってことなんだな〜と、今更ですし当たり前のことなのですけど、あらためてそう思ったのでした。


で・・・・いい物造るぞぉぉ〜〜w 土地の仕入れ頑張るぞぉぉ〜っと、これも今更ですけど、思ったのでした。

顧客リストのお客さまの要望を見ていてワクワクしてきたので今日のブログに書かせていただきました










2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Y/S   2011年03月29日 16:48
客が好きな場所で土地買って建物造るの当たり前なんだけどな。
ええ土地には建築条件が付いてるのが現実だわな。
開発した住宅地をそのまま一般に販売する業者は少ない。
儲け半分に減らすのはもったいないが近ちゃんとこの回転の速さなら問題ないやろな。
そんだけ次から次へと土地を仕入れれるから偉いもんだ。
見てるとなるほどと思うが簡単にはできん芸当だと思うわ。
2. Posted by cmyk   2011年03月29日 18:13
社長の会社は、お客様の立場に立って建築条件なしの高品質な宅地分譲を提供するという戦略が明確でいいですね。

ただし、これを実行するには、土地の出し(仕入れ)と採算性、利便性に考慮した区割りのセンスが不可欠です。他社も理屈はわかっているので真似したいはずなのにできないのは、やはり近藤社長独自の人的資産というか技量、器量による部分が大きいのでしょう。

近藤社長の活躍を見れば見るほど湧き上がるのが、近藤社長がいなくても千代田不動産さんは、今以上に回っていく仕組みがあるのかなあ、という素朴な疑問です。変なことが気になってごめんなさい。
3. Posted by 尾張の同業者   2011年03月30日 00:47
YSさん・CMYKさんがおっしゃっているように、お客様目線(価格・環境・利便性・地形など)の物件で、御社として収益採算が合う良質な建築条件なしの宅地分譲は、他社は理屈では分かっていても真似は出来ないでしょうね。

御社が凄いのは近藤社長が凄いのは勿論で、津島・弥富・あま市などの地域における地の利を生かした部分もありますが、御社の販売スタッフさんの営業力があってこそ成り立つ土地分譲だと思います。近藤社長の凄さと、それを支える社員さんあって初めて成り立っているんだと思います。

現状の売れ残っているパワービルダーや名古屋圏の建売業者の物件は、数をこなす為に高い値段でも無理して買っていたり、土地の区割も区画数重視で狭い間口で販売しているので、エンドユーザー目線の物件とはいえないですからね。

御社の様な宅地分譲を真似をしている業者もいますが、営業力が弱い会社が多いので御社のように善循環の仕入れが出来ていない業者がほとんどですからね。
4. Posted by コンドウ   2011年03月31日 15:05
YSさん、その通りですw
当たり前なんですけど、実際は、建築条件付きの土地を買う人が多いんですよね。
その建設屋を本当に気に行って買う方はいいと思うのですが、妥協して買うのはどうかと思います。
正直仕入れは厳しいですけど、建築条件なしの宅地分譲を出せるように頑張ります。

cmykさん、うむ〜、どうなんでしょうね〜?
社員ではできないことを私がやってますし、私ではできないことを社員たちがやってくれているのでわかんないですけど、まあ、企画とか仕入れの分野は無理かもしれませんね。
意外と何とかなったりしてwww

尾張の同業者さん、営業力というか、当社の営業には、お客様の生活設計を聞いて、いっしょに考えるという、営業をさせています。
そのお客様にとって何がいいのか・・・どれくらいの予算を組むのがいいのか・・・、お客様の希望をなるべく現実に近い形にできるようにさせています。
当社も精一杯努力しながら、お客様の現実的な土地選びをアドバイス&サポートさせていただいております。
ですから、営業というよりは、どちらかというと、アドバイザー的な感じですね。
そんな中で、建築条件なしの土地分譲は、お客様主導の家づくりをする必要不可欠なアイテムだと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
1063) ご来場ありがとうございます。1065) 嬉しい電話