1050) 工場前の宅地分譲1052) 好き嫌い 飲み屋での話

2011年02月26日

1051) 立ち退き・・・どうしたもんですかね〜

私の個人所有の不動産の話です

前にも書きましたが、昨年、私が買った、宅地240坪の件なんですが・・・・

Tさん、Fさん、Uさんの名義の建物が建っておりまして、賃貸にするのか、分筆して買い取ってくれるのか、話し合いをしたいと、再三、手紙や配達証明や内容証明を送ったにもかかわらず、Uさんと、Fさんは、多少の反応はあったものの、Tさんは、何の返事もないので、こちらとしては、不法占拠とみなして裁判をするつもりでおりました。

裁判をするにも、各3人の不法占拠している面積が分からない事には、裁判もできないので、測量して各3人の建物が建っている部分と使用している部分の面積を出しました。

そんでもって、これがまた、複雑な土地でして・・・土地と建物の測量費用、約200万円・・・・、土地家屋調査士の先生に頼み込んで、150万円にしていただきましたけど・・・とにかく、不法占拠している面積を出したわけです。

ちなみに、私が、忙しい合間をぬって、深夜に計りに行った時の図面は、弁護士に、見事、却下されて、結局、確定測量をしたんです。

その立会いの時に、近所中が出てきて、ガヤガヤしたからなのか、今回、Tさん、 以前に、Fさんと、Uさんが、私のところに連絡をしてきました


T F Uの主張


Uさんの主張 お爺さんの代から、毎年数百円を払い借りてきた土地だから、法務局に供託する。

私の主張 『あの〜 固定資産税だけで、いくらかかるか知ってるの? 大昔は知らんけど、今は今らしい賃料を払ってもらわないと・・・、あなたの住んでる所の固定資産税を私が払ってて、賃料が、固定資産税以下は、なくないですか?????』


Fさんの主張 すごい横柄な言い方で・・・・、自分の旦那の兄弟が不動産屋をやっているから、その人と話しをしてくれ・・・その不動産屋は、近藤社長の事はよく知っているから任せておけと言っていたので、不動産屋同士で話しをしろ。

その不動産屋の主張 『近藤社長、わしとあんたのことだから、何とでもなるんやで、先に近所の話しをつけてから最後にしてもらえんやろか〜。』

私の主張  『F社長の実家のことなんで早いほうがいいんじゃないですか? 業界の大先輩からの言葉なんで、最後と言われれば最後でも構わんですけど・・・後になればなるほど気分悪いんで・・・、最初に話しをしなかった事を後悔せんといてくださいね〜。』


Tさんの主張

Tさんのところは、Tさんではなく、奥様が連絡をくれたのだが、丁重で品のある話し方をするので、まずはお会いして状況を説明して、どうしたいのかを聞くことにした。

Tさんの奥さんが、私のところに来た・・・・・何故か、旦那の母ではなく、自分の母を連れてきた。

 『こんにちは、まずは、緊張なさっているようなので、リラックスしてください。 それでは、私が、再三、お手紙を送らせていただいたのですが、何故、今まで放置しておいたのですか?』

奥さん 『すみません。 私が、近藤さんの手紙を拝見したのは、数日前のことでございます。 夫の母が隠していたようで、先週、初めて拝見して、これは大変な事だと連絡をさせていただきました。』

 『そうですか。 それは、あなたの旦那さんが、その手紙の内容を知らなかったということですか?』

奥さん 『いいえ、知っています。 でも・・・・・。』

奥さんのお母さん 『あの〜、娘をかばうわけではないですけど、そういうことに全く無頓着な人でして・・・、何と申したらよいのか、今回の事の重要さをわかっていないのです。 それで、娘が、こうやって社長さんに電話をしたのです。』

 『なるほど・・・。 私が、おたくの家の建っている土地を所有している事と、私が、賃料も何も頂いていない事、固定資産税等を私が払っていることは、ご存知ですか???』

奥さん 『ですから、先週、初めて手紙を見て知りました。 本当に申し訳ございませんでした。』

 『まあ、わかりました。 その件は、その件として・・・、奥様は、この土地をどうされたいのでしょうか? 買取ってくださるか、賃貸で借りてくださるか、どうなさりたいですか? 私としては、基本的に、私の土地の上に他人の建物が存在するのは、どうかと思うので、買い取っていただいたほうがいいですし、おたく様も、すっきりするのではないですか???』

奥さん 『それはそうなんですけど・・・、お金が・・・。』

 『私も、この土地は、知り合いに頼まれて買った土地で、商品として考えてはおりません。 相場で買えとは申しません。 建物が建っている土地ですし、相場の半値でお譲りしますけど、それでも買わないですか???』

奥さん 『実は・・・・・・・・・・・・・・・・・』 (旦那の事、子供の事、他の事情を説明してくれた。)

奥さんのお母さん 『うちの娘を、この家に嫁がせて・・・・。』 (お母さんの想いを説明してくれた。)

個人情報なので、詳しくは書かないが・・・・


 『うむ〜・・・・・・ ん〜〜〜〜・・・・・・ そうですか〜。 私の口から、ご家庭のことをどうこう言いませんけど・・・・、ん〜〜〜〜〜 まあ、・・・・・、どうしたもんですかね〜・・・。』

奥さん 『・・・・・社長さん、賃貸だったら、いくらで貸してくださるのですか???』

 『ん〜〜〜〜〜〜〜・・・、使用している面積が約160坪ありますから・・・、坪500円だとすると・・・、いや、400円・・・・・ もうこの際だから・・・坪300円くらいで・・・月5万円でいいですわ。 その代わり、買える状況になったら、1000万円で買って下さい。 私も、短期譲渡で税金沢山払うだけですから、5年や6年待ちましょう。 それまで、月5万円でいかがですか?』

奥さん 『ありがとうございます。 5万円でも厳しいですけど、私の収入で何とかお支払いできるかな〜・・・・・。 いろいろ計算しまして、あらためて返事をさせていただきます。』

 『本当は、5万円も払うくらいなら、銀行の支店長に言って、融資を通すから、買っておいたほうがいいと思うのですけどね〜。 奥さん源泉取れるでしょ???』

奥さん 『返事、待ってください。 少し考えたいので・・・。』

 『わかりました。 数日内に返事を下さい・・・弁護士を止めておきますね。 もう、測量も終わったし、裁判するばっかりになってたんですけど・・・、本当は建物所有者の旦那さんと話すことなんですけど・・・とりあえず、今日は、建物所有者としてではなく、建物所有者の関係者ということでお話をさせていただいたということで・・・。 まあ、いろいろ大変みたいですけど、私としては、売買価格にしても賃料にしても、譲歩したつもりですので・・・、そこはご理解ください。』

奥さんは、奥さんの母を連れて帰っていかれました



うむ〜〜〜、Uさん、Fさんは、ともかく、Tさんには、ちょっと考えさせられました

私の超お節介な性格で本音を言えば・・・、『はっ??? 何それ・・・、奥さん、俺、あんたの旦那と話しをしたるわ〜』って、言いたいところなんですけど・・・、私も成長しました・・・他人の家庭のことに首を突っ込んではいけません

自分の定規で他人様を測ってガチャガチャ言ってはいけません

奥様と奥様の母親からしか聞いただけで旦那さんには旦那さんの言い分があるかもしれんし・・・

まあ、これはこれで、とりあえず、置いといて・・・・


私の買った土地の上に、他人名義の家が建っているわけで・・・

まあ、私の生まれる〜 ずっと〜ずっと〜大昔からの事情はあるのですけど・・・・年間数百円の時代

本当は、この機会に、各家の所有者が、土地を買い取ってくれるとスッキリするんですけどね〜

150万円もかけて、測量もしたことだし・・・・、無茶な金額を提示するつもりもない・・・というか、相場の半値で買ってくださればいいんですけど・・・


自分の自宅の下の土地は、自分の物ってのが、一番良いと思うのですけど、借りたほうが得とか、放っておけばいいとか思う人が、けっこう多いんですよね〜。

まあ、でも・・・・・。

昨年の2月から、ボチボチやってましたが、そろそろ解決できそうな雰囲気です









2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 尾張の同業者   2011年02月27日 01:00
賃借権は本当に厄介で、その権利が保護されやすいので、継続的なやり取りが必要で解決するまでにかなりの時間を要しますよね。

今回の賃借人の対応は様々ですが、連絡に反応していたFさんやUさんは比較的挑戦的な対応で、連絡に反応していなかったTさんの奥さんの方が協力的な反応をしているようですね。

個人的な見解ですが、FさんやUさんのような対応される方には、徹底的に抗戦すべきだと思います。今まで安い賃料で借りて恩恵を受けていたにもかかわらず、賃借権の保護の名を借りて賃貸人が変わっても、更に続けて借りようとする時代錯誤な考えはおかしいと思います。

賃借権の地代は時代相応の金額が当然で、数百円で土地が借りられるというのは個人的に言えば権利の乱用ではないかと思います。
2. Posted by Y/S   2011年02月27日 01:15
どうせ酒飲みで働かないぐうたら亭主が家に金入れなくて奥さんが家族を養っているとかそんな事だろう。
近ちゃんはそういうのに弱いからな。

同情は禁物や。
その話が嘘かもしれんだろう。
お涙ちょうだいの猿芝居かもしれんぞ。
若い頃、高利貸しの使いっぱしりしとったときに、嫌っちゅうほど債務者の女房の猿芝居を見てきたからな。
女子供に甘いのはあんたの悪い癖だ。
唯一の弱点だな。
奥さんだけじゃなく亭主の話も聞いてから判断したほうがええんやないか?


3. Posted by Mr.Fanble   2011年02月27日 10:14
漸く、まともな反応を示して来た。というところでしょうか?

>近所中が〜
バットマン氏も出て来ていたのでしょうか?

それはそれとして、Uさんですか…。
主張がアホ過ぎです。
○道○系の手に渡っても同じ主張をするなら、そのブレーヴに乾杯ですけれども。
4. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2011年02月28日 01:14
尾張の同業者さん、権利の乱用ですか。
なるほど、それ使わせてもらいますw
確かに、そうですよね〜。
土地を所有していくのにかかる経費以下の賃料は、ありえないです。
まあ、裁判で決着つければいいのですが、それは嫌、ちゃんとした賃料を払うのも嫌、買うのも嫌では、話にならにですからね。
まあ、FとUは、徹底的に行きますよw

YSさん、うむ〜〜〜確かに弱いです。
女子供というよりは、弱い者には、強くいけません。
お金がない人の服を引っ剥がすようなことはできません。
実は、今日も電話がありまして、いろいろ話しをしたのですけど、今の家計の状態では私の提示した金額は払えないから、平日は仕事なので、土日のバイトを探すまで待ってください。と言われまして・・・どうしたもんですかね〜。
まあ、何か解決策を見つけますよ。
俺は、高利貸しにはなれませんねw

fanbleさん、バットマン氏は、最近は、私の味方ですw
この間の立会いの時も、わざわざ出てきて、『あんたも、大変やの〜〜〜w』なんて言ってくれましたw
Uさんなんですが、アホではなく、なめ過ぎです。
ただ、どうも、Uさんに、供託のことや、借地権のことで間違った入れ知恵してるのが、商工会の関係者らしいので、状況によっては、その人と、話しをしようと思っています。
『商工会の関係者が、年間数百円の賃料が正規だと思ってるのかぁぁぁ〜? あなたの不動産を年間数百円で貸してください。』って言いますw
というか、Uさんの話が本当だとすると、かなり適当なことを言っているので、突っ込みどころ満載です。
5. Posted by ぼ〜や   2011年02月28日 11:10
商は商でも
商工会じゃなくて
民商だったりしたら面白いです。

さすがにココまで出鱈目はしないでしょうけど。
6. Posted by コンドウ   2011年03月01日 09:54
ぼ〜やさん、あははw
商工会の関係者って面白いですよ。
私が連絡すると私の味方、相手が電話すると相手の味方。
コウモリみたいですw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
1050) 工場前の宅地分譲1052) 好き嫌い 飲み屋での話