1021) やり手税理士さんとの契約w1023) 大晦日〜正月

2010年12月30日

1022) 年末の大仕事

昨日、宅地分譲用地の買取の契約を13件しました

朝、10時から、夕方5時半までかかりましたが、とりあえず13件の売買契約完了

地主さん1件あたり40分〜50分時間を取っていただき、地主さんの家に伺い契約を締結したのですが、正座のしすぎで、夕方には足がガクガクしていました。

部屋まで上げてくださる方のところは、座布団があるので、さほど辛くはないのですが、半分くらいの方は玄関先で契約をするので、そういう場合は、土間にしゃがみ込むか、玄関の冷たい板の間に正座して契約をするのです。

最初の1〜2件は何てことないのですが、3件目くらいからは、けっこう辛くなってきます。


そして、それよりも辛いのは、急遽、当日になってから、値上げ交渉をしてくる方や、契約を延期や中にはやめようとする方もいます。

事前に売買契約の内容や金額を書いた売渡承諾書に印鑑をいただきているにもかかわらず、交渉をされる方がいて価格を上げようとされると、けっこうきついです・・・1件でも契約ができないと歯抜けになっていまうので、こちらとしては必死です。

まあ、連動契約になっていますので、一人でもやめるという人が出た場合は、買主の目的が達成できなくなってしまうので、買主は全筆を白紙解約できるようにはしてあるので、ダメになったかといって大損しないようにリスク回避はしてあるのですが、宅地分譲の事業計画をたてた以上、どうしてもやりたいですよね〜。

そんな状況を見込んで、当日になってから値段を吊り上げようとする方がいるんですけど、こちらも、予算というものがありますし、一人だけ上げると、他の契約者も、上げてくれいうことになるので・・・。

とにかく、必死

10件目くらいの方だったかな〜 こんな交渉も・・・・↓

売主 『あのよ〜社長さん、契約書作った後で悪いんだけど、契約をやめようと思ってるんだわ。』

 『えっ〜〜〜w 冗談ですよね〜。 今、もう半分以上契約をしちゃってきたんですよ。 今更、契約しない。は勘弁してください。 全員に手付けを返してもらいにいかなきゃならないじゃないですか〜。』

売主 『そんなことは、あんたの事情だろ〜。 おれの知ったこっちゃないわ。 とにかく売るのやめた。 しかし、まあ、地区の皆も手付金をもらった後で返すのも何だし・・・、そうだな〜あと坪1万円上げてくれたら契約したるわ。』

 『うむ〜〜〜 いえいえ当社も精一杯の金額を提示して、それを坪単価割りして価格を出したので、みなさん一律ですし、余分な予算もない状況なので、1人だけ単価を上げるわけにはいかないのですよ。 先日、お約束したわけですし、何とか、この金額で契約をしていただけないでしょうか・・・お願いします。』

売主 『あかんあかん、それなら契約やめだ。』

 『そこを何とか・・・・お願いします。 他の皆さんも半分以上契約をしていますので、払った手付金を取り上げるのもどうかと・・・・。』

売主 『他の皆には悪いが、やめる。契約中止を、坪1万円で阻止できるチャンスをやったのに、断るのか? 帰ってくれ。』

 『わかりました。 1万円上げるという返事ですが明日まで待ってください。皆さんと契約してからまた来ます。』

売主 『わかった。 いい返事持って来いよ! そしたら売ってやる。』

 『チャンスをいただきましてありがとうございます。 ただ、限られた予算の中でやってますので、あなたを1万円上げることによって、他を下げなきゃいけなくなるので、調整をするのに時間が必要なんです。 今から契約をする方と、今まで契約した方のとことを回って、事情を説明して価格を下げてもらい、契約書を差し替えてこないといけないんで・・・、皆さんが下げてくれないと、契約解除せざるをえないって説明すれば理解してくれると思いますので・・・それでは、早速、行ってきます。 えっと〜・・・次の契約は、お隣の田の〇〇さんなんで、契約書を早急に作りなおしていってきます。 おたく以外全員の単価をさげて契約ができたら、坪1万円値上げした金額で契約しにきますので、そのときは宜しくお願いします。』

売主さん 『おいおい、ちょっと待て、そんなことをしたら、俺は村八分になってしまうやないか・・・他の皆の価格を下げて、うちだけ高く買うってことやろ〜?』

 『ええ・・・でも、さっき、自分のところだけ1万円上げなきゃ契約やめるって言ったじゃないですか〜。 地区の方13人と、他3人の契約、全部一律にしてくれって、地区の集まりで取り決めたって〇〇さんから聞いていたので、話が違うので、私も、目イッパイの価格を提示して、それを面積割りして価格提示をしたので困ってしまったんですよ。 確認してこないと・・・。』

売主さん 『まあ、ええわ。約束の金額で契約してやるから、もう、他、行かんでいいから・・・早く契約書出せ・・・。』

 『いえいえ、私としても、契約に不満をもたれたくないんで、皆さんのところに行って交渉させてください。』

売主さん 『だから、もうええって言ってるだろ〜。 ちょっと言ってみただけだ。 地権者皆で決めた事を自分だけ抜け駆け・・・そんな事、地区の皆に相談されたら、俺、ここに住めなくなるわ。』

 『あはははw 確かにそうですね〜。 この度は、ご協力いただきましてありがとうございます。 それでは、契約に移らせていただきます。 ・・・・・・・』(ふぅ〜

こんな事もあったりして・・・・

その他、納税猶予の話や、交換の話もしながら〜・・・地区を、順番に回り契約をしてきたわけです。

と、いう事で・・・。

先日、遠方在住のの所有者(税理士さん他)全員と契約をして、昨日は、地元在住の所有者全員と契約をしました。

13件の契約が終わったときには、嬉しい気持ちと達成感はありましたが、身も心も、かなりのダメージをいただいてボロボロ状態でした。

しかし、いろいろ方がいますよね〜。

仏間にまで上げてくださりフカフカの座布団に座らせてくださる方から、玄関先の板の間で適当に毛役をされる方、ゴネる方、他の土地まで買ってほしいと言ってくださる方、売りたくないけど皆が売るから協力してやると言う方・・・・、ほんと、いろいろですが、皆さんに、ご協力をいただき感謝しております。

地権者皆様のご協力により、当社の宅地分譲セントフィールドができるわけです

そして、そのセントフィールドを、お客様が買ってくださり、そこでご家族が幸せに暮らす

そんなわけで、セントフィールド購入希望リストのお客様・・・w

ご希望の地域にセントフィールドができたら買いたいということで登録してくださっているので、どこでやるのか気になるところだと思いますが・・・

今回契約をした場所は・・・・・・、まだ秘密ですw (すみません。)

まだ、私と総務課と用地課の社員しか知らない計画ですが・・・20区画くらいの宅地分譲で、来年の春〜夏くらいに公開できると思います。

来年、今回契約した場所の前に、2ヶ所で10区画くらいの中型セントフィールド(宅地分譲)を販売いたしますが、これについては、来年の2月と3月に販売を開始できると思います。


ということで、来年の宅地分譲の仕入れの契約が、私の今年最後の大仕事でした



それでは皆様、本年もありがとうございました

来年は、宅地分譲セントフィールド、100宅地を目指して頑張ります







2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。


toshikazy at 12:18│Comments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 営業 経営 | 宅地分譲

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Mr.Fanble   2010年12月30日 13:40
阿漕な真似には、それに勝るとも劣らないカウンターといったところですか。
阿漕な売り主さんの
「村八分になるやないか」
がそれを物語ってますね。
2. Posted by 尾張の同業者   2010年12月30日 13:49
値段を吊り上げようとした売主さんも駆け引きしたつもりですが、近藤社長の逆襲に見事玉砕されましたね。

地域村落の特に年配層の方は特にご近所付き合いを重視されるので、その意識を突いて値上げ交渉を阻止したトークは素晴らしいですし痛快の一言です。
3. Posted by cmyk   2010年12月30日 17:30
危ない契約でした。

土地だけ所有していて、違う地区で生活していたり、村八分もNo問題という価値観の人でしたら、本当に全軒に再交渉しなくてはならないところでした。

いずれにしても年末最後に大型の案件を取りまとめられ良い仕事納めになりましたね。
4. Posted by Y/S   2010年12月30日 17:39
年末に締めくくれてよかったやないか。
来年のめどがついてこその今年一年が良い年になるんだ。
一年お疲れさん。
近ちゃんには公私ともに世話になったわ。

来年も俺の介護宜しく頼むわ。
5. Posted by コンドウ   2010年12月30日 22:17
fanbleさん、阿漕というより、完璧に足元を見ていますよね〜。
まあ、この程度の事は慣れていますけど、一日に13件の地主さんと契約をするというのは、さすがに疲れました。
昼夜忙しい年末だけに、よけいに疲れました。

尾張の同業者さん、複数の土地の取り纏めをした場合、必ずといっていいほど、こういう人がいます。
買い付けと売渡承諾で合意していても、そんなもんは関係ないって人がいます。
中には、契約後でも、言ってくる人がいますよ。
契約後だから、抑えるのは簡単ですが、契約したんだからと強く行くより、笑顔で勘弁してくださいよ〜みったいなかんじで、相手が気分を悪くしないように説得したほうが、その時は大変ですが、後々楽になります。
いろいろありますわ〜(TT)

cmykさん、ですから先行で不在地主を契約して、それができてから、いっきに地元を回るわけです。
全員と無事に契約できてよかったです。
今回のは、20区画くらいですが・・・、来年は、東のほうでもっと大きなのを、纏めるつもりです。
それは、もっと大変なことになりそうです。
もしかしたら、5〜6筆、手付けだけ入れて3〜5年寝かさないといけないかもしれません。
来年も頑張りますw

YSさん、たまには良い事いいますね〜w
確かに、来年のメドがついてなければ、良い年になりませんね。
来年も介護しますよ(^^)v

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1021) やり手税理士さんとの契約w1023) 大晦日〜正月