882) 区画整理の従前地売買 (怒)884) 強引な測量士

2010年04月27日

883) わがまま? 妄想? 痴呆?

ブログランキング下降気味(TT)

読者の皆さん、応援クリックをお願いします

さて、今日のブログです

今日は、私の事を昔から可愛がってくれている地主さんの事を書きますw

最近、たまに変なことを急に言い出すことがあり、数ヶ月前にも、8年前に売った土地を自分の土地と間違えて、家が建っていると怒ってきたくらいでして・・・(^^;)

昨年くらいまでは、すごくしっかりしていらっしゃったのですが・・・・、そんな地主さんが・・・・。

先日、私を呼びつけて・・・・ 何を言い出すかと思ったら・・・。

地主さん 『おい社長、俺が死んだら相続税を払うために売る予定だった土地なんだが、社長にだったら今、売ってやるよ。 先のことなんかわからんし、前から欲しがっていただろう。』

 『ああ、あの駅近くの正方形の土地ですねw 確か800坪くらいありましたよね〜。 でも、どうせ高いこと言うんでしょ? いくらでですか?』

地主さん 『坪25万円以上じゃないと売らんぞ!』

 『ん〜〜〜。 微妙なラインできましたね〜。 宅地分譲で1区画50坪くらいに割って売ると、坪35万円くらいなんですよ。 道路を入れたり造成工事したりしてると、たぶん当社の利益はなくなると思いますけど・・・まあ、一応計算して、買うか買わないか決めますわ。』

地主さん 『なんだ〜せっかく売ってやるって言っているのに、社長だから売ってやるんだ。 他の奴なら売らんぞ!』

とりあえずその場で、区割りをやってみて、概算を出してみた。

6M道路をL字に入れて減歩を計算、造成費、水道工事、所有権移転、取得税、印紙代、金利、宣伝広告費、予備費、水利決済費、開発、農転、他・・・。

そして・・・、2億÷有効面積=坪33万2千円・・・。

 『せっかくですが、もう少し下げてもらわないと買えません! あの土地、喉から手が出て印鑑押すくらい欲しい土地なんですけど、坪25万円では買えませんね〜。』

地主さん 『あかんあかん、25万以下では死んでも売らんぞ!』

 『死んでも売らんって・・・、いつも、わしが死んだらあの土地売って相続税払うって言っているじゃないですかぁwww』

地主さん 『あかんあかん、遺言に25万以下で売るな!と書いてでも売らんぞ!』

 『もういいですよ。 無理なもんは無理ですから、お気持ちはありがたいですけど、あきらめますよ!・・・本当は欲しいけど・・・w』

地主さん 『ほしいなら25万・・・2億でなら売ってやるから、その気になったら来い・・・。』

 『はい、ありがとうございます。 その気になったら来ますw』

私は会社に帰り、何度も何度も計算したが、どうやっても、坪25万円では買えない。

後日、デベ数社に、『買えるかどうかわかりませんが、マル秘にて指値をお願いします。』と言って、物件資料を出した


数社手を上げてきたが、どれも、25万円以下・・・・

そんな中・・・・・・・・・・

昨日、某デベロッパーから、坪26,5万円で買い付けが入った

早速、地主さんのところに行き、26,5万円で買い手が見つかったと報告した。

地主さん 『俺は、社長になら売ってやると言ったんだ。 他の奴には売らん。』

 『何、言ってるんですか? 仲介手数料を払っても、25万で私に売るより高く売れるじゃないですか。』

地主さん 『金の問題じゃない! あんたに売ると言ったんだ。 どうしても他に売りたければ、社長が買って売ればいいだろう。』

 『あのですね〜。 2億で買って、2億1200万円で売ろうとしても、取得税やら登記やら金利がかかるんですよ! 仲介でお願いします。』

地主さん 『あかんあかん、他の奴は信用できん! 25万円で社長が買う以外売らん。』

 『私が買って、他社に売ったら同じ事じゃないですか、経費分もったいないから仲介でいいじゃないですか? 仲介手数料なんて、600万ちょいですよ・・・それで、売買代金が1200万円プラスになるんですから、差し引き600万円プラスじゃないですか!』

地主さん 『あかん、とにかく社長が2億で買え! もしも他社に売るなら坪30万円以上、2億4千万だ!』

 『そんな素敵な買主がいたら、私が即2億で買いますよ! 俺にしか・・・ってのは、涙が出るくらいありがたいし嬉しいですけど、仲介で、お願いします。』

地主さん 『あかん。』

 『俺が買って転売するのと、仲介して直接取引するのと、どう違うのですか??? 同じでしょ?・・・というか、プラスですよプラス!』

地主さん 『同じじゃない! それなら、俺が死んでから仲介しろ!』

 『わかりました。 まったくもう、昔から、わがままなんですから・・・。もういいですけど・・・理由を教えてください。 納得できる理由を聞かないと、今夜眠れんですわぁ〜w』

地主さん 『この間から2回同じ夢を見たんだが、夢の中で社長に2億で土地を売ってな、その金で1000万の立派な仏壇を買ったんだわ・・・そしたらな、昭和44年に死んだ俺の爺さんが、万遍の笑みを浮かべながら、俺に金の釣り竿をくれたんだ。 その夢を2回見たんだ。 それで、先日、社長を呼んで土地を売るって言ったんだ。』

 『それ・・・真面目に言ってます・・・??? 昭和44年に死んだ爺さんって・・・釣り好きなんですか?』

地主さん 『昔、竹薮で竹を切ってきて、竿を作ってもらったり、竹鉄砲や竹馬を作ってもらったわ。 爺さんが死んだ年、昭和44年は・・・俺は兵庫県の・・・昭和38年に・・・』(話が長いので省略)

 『なるほどね〜。 死んだ爺さんが、いいお爺さんだったのと、〇〇さんが、相当な道楽孫だった事はわかりましたが、あまり、その25万とか、2億とかに拘らなくてもいいような気がしますが・・・。 因みに、私の生まれ年も昭和44年なんですけど・・・何か関係があるのですかね〜?』

地主さん 『おおぉぉ〜〜〜爺さんが死んだ年に生まれたのか〜w それでわかった。なるほどな〜w 昭和44年か〜w そういうことか〜w』

 『そういう事って・・・どういうことなんですか?』

地主さん 『やっぱり社長にしか土地を売ったらいかんってことやw』

 『え〜〜〜 なんか、その話、変ですよ! 昭和44年に死んだ人が、何で、微妙な相場を知ってるんですか? じゃあ、その爺さんが、社長に坪10万円で売れと言ったら売るんですか???』

地主さん 『いや、そんなに安くは売らん。 爺さんが坪10万なんていうはずない!』

 『なんか勝手な話だな〜。 とりあえず、もう少し多角買ってくれることろを探して、それから、私が25万円で買取りますわ。 〇〇さんも、今夜あたり、坪23万円以下であの土地を売って、昭和44年に死んだ爺さんが金の釣竿をくれる夢を見たら電話下さい。』

地主さん 『社長、まあ、聞け! それがな〜、立派なこんな太い竹でできた釣竿でな〜金色して、山吹色にピカピカ光ってるんだわ〜w』

 『竹でできてるのなら、ただの金メッキ仕上げってことじゃないですか〜。』

地主さん 『アホォ〜! 竹じゃない金だ金!それがな、ズッシリ重くてな、こう見たことがないくらい、もうピカピカピカピカ光ってるんだわ〜。 そんなの見たことないだろ?』

 『ええ、見たことないですけど・・・・。』

結局、その後、昭和44年に亡くなられた爺さんと、金の釣竿と、仏壇の話を1時間以上聞かされて、帰ったのでした。

先祖想いのプチ痴呆症の可愛い地主さんなんですけど・・・相場観だけは、しっかりしているような気がしてなりません。

この土地を売っていただくには、もうしばらく時間がかかりそうです

というか・・・、もしも、売ることになったとして、意思確認をしっかりしないといけないですね。

推定相続人全員の了解をいただいて売買するのがいいかも・・・。

まあ、不動産の話はこれくらいにして・・・、この間まで、しっかりしていた人が、金の釣竿とか・・・急に変なことを言い出したしりすると・・・なんか残念というか、何ともいえない悲しい気持ちになりますね〜。










2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください♪

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by コナン   2010年04月27日 23:08
近藤社長は毎日がドラマですね。
大金が動く不動産という仕事ならではなんでしょうけど、韓国ドラマを見てウルウルしている暇な主婦の私としては、このブログの更新を毎日楽しみにしています。
ここのところ更新頻度が下がってきましたが忙しいのですか?
更新されていなくても毎日ポチしてますけどショートでもかまわないので毎日更新をしてほしいというのが本音です。
ポチポチ
2. Posted by 尾張の同業者   2010年04月28日 01:00
売る理由がなんとも腑に落ちないですね。年配の方が土地を持っていていろんな理由で売るケースがありますが、夢に出てきたお爺さんと金の釣竿が理由って言われたら私なら笑ってその場で吹き出してしまいそうです(笑)。

ただ物件の相場観や話している内容を聞いていると、この地主さんは当分長生きしそうですね。

3. Posted by ロックス   2010年04月28日 08:27
不動産売買は金額だけの問題じゃないんですね
そこにかかわる人たちにはドラマがあるんですね 面白かったです。利用してない土地を見かけますが それぞれ思い入れがあるんですね。なるほど〜
4. Posted by コンドウ   2010年04月28日 14:19
コナンさん、いつもありがとうございます。
毎日、いろんな方とお会いしますが、その一人一人に人生があり、みなさん自分が主人公ですから・・・・、ほんと、いろいろあって大変です。
更新は、頑張っていますが、更新できない日もあります。スミマセン。

尾張の同業者さん、この地主さん、よくわかんないんです。
ボケてるような気もするのですが、値段や計算はしっかりしてますし・・・かといって、爺さんが出てきて金の釣竿とかいいますし・・・、何なんでしょうね〜。
言われた瞬間、笑いを堪えるのに必死でしたw

ロックスさん、ほとんど金額なんですけど、この地主さんは、特殊です。
というか、今まで金額重視だったのに、最近、変な事を言いだすようになりました。
この土地は、相続税を払うために残しておくと言っていたのに、急に売るとか言い出したり、とにかく最近変なんです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
882) 区画整理の従前地売買 (怒)884) 強引な測量士