2010年02月12日

824) 司法書士と印鑑と私

今日のブログが、おもしろかったら 読んだ後に、ブログランキングのバナーのクリックをお願いします


さて、今日のブログです。

今回、私個人で、ある物件を買うことになりまして・・・、転売用の物件なんですけど・・・・・。

即転売するので、短期譲渡(税)が・・・

まあ、税金の事はさておき・・・・・。

売主さんと交渉成立

売買契約日を決めまして・・・ 取引を簡単にするために、契約同時決済(ザラ金)することにしました。

売主さんが、『自分の同級生が司法書士をしているので、そいつを使ってほしい』とお願いしてきました。

私としては、当社の顧問の先生を使いたかったのですが・・・、まあ、売主さんは売買金額を妥協してくださっていたので、『本来は、買主が司法書士を決めるか、買いと売りに分かれて司法書士を使うかなんですけど、まあ、今回は、おたくの指定する司法書士でいいですよ〜。』と、快くOKしたのです。

早速、司法書士の連絡先を聞き、電話をしました。

そして、契約同時決済だという事、日時、場所を説明しようとしたのですが、めちゃくちゃ態度悪いんですよ

文章では伝わらないかもしれませんが、早口で上から物を言う感じで、すっごく愛想が悪いんです

 『もしもし〜千代田不動産の近藤と申します。 〇〇さんのご紹介で電話をさせていただきまして・・・、〇〇市の所有権移転の件ですが、お聞きになっていらしゃいますよね〜?』

先生 『聞いてますけど・・・・。』 (愛想なし!)

 『あの〜、取引についてなんですが、日にちがですね〜』

先生 『今、忙しいので、内容と詳細と評価証明をFAXで送ってください。』 

ガチャッ 電話を切られたのです

ムッ・・・・、話が終わってないうちに一方的に電話を切られたので再度電話しました

 『もしもし〜、お忙しいところ申し訳ないんですが、おたくのFAXなんか聞いてないんですけど・・・・FAX番号くらい言ってから電話をきったらどうなんですか? それから、今回の・・・』

先生 『今、忙しい、そっちで調べて・・・』 ガチャ また、電話を切られました

ムッ・・・ムムムムム・・・ムカ〜 

い・・一応、登録免許税以外に報酬を払うのですが・・・、ぼ・・ぼくは・・・お客さんではないのだろうか 俺が、自分でFAX番号を調べて送るって違うでしょう

他県の司法書士だったのですが、他県の司法書士は、こういう態度が当たり前なんだろうか???

いや、違うはずだ! こんな、酷い対応をする司法書士は、どこの県でも変人なはず・・・

懲りずに再度電話をしました。

 『もしもし、俺、あんたの子分でもないのに、調べてFAX送れって偉そうに・・・あんた頭変でしょう? いくら売主さんの紹介でも、いいかげん怒りますよ! あんたね〜・・・・』

先生 『いいかげんにしてください、今、忙しいって言っているでしょう、後で電話ください!』

 『いいかげんにしなきゃならんのは、お前だろぉぉぉ〜〜〜

先生 『・・・・・・』 ブチッ また切られた

二度と電話してやるもんかと思ったが、取引しないわけにはいかないので、2時間後くらいに電話をかけた。

 『もしもし〜、〇〇先生ですか? 先ほどは、失礼いたしました。 お忙しい時にかけてしまったようで、すみません。 取引の案内を送りますので、FAX番号を教えてください。』(腹が立つのを抑えて低姿勢)

先生 『ああ、05××ー××ー〇〇〇〇』

 『復唱いたします。05××ー××ー〇〇〇〇ですね。』

先生 『はいはい、それでいいですよ。』(ハイは、1回でいいて親から教わってないのかな?)

 『私の連絡先を書いておきますので、見積もりをFAXしておいてください。 それから、当日の持ち物は、住民票と認印でいいですね。 買主ですから実印を持っていきませんよ。』

先生 『ハイハイ、それでいいですよ。不動産屋さんなんですから、持ち物聞かなくてもわかりますよね〜 見積もりは明日の夕方までに送ります。』

 『なんか、嫌な言い方だな〜。 妙になげやりで早口だし・・・、まあ、そんだけ偉そうにするなら、報酬は安くしといてくださいね〜。 あはは・・・

先生 『・・・・・・・』 ガチャ

またまた、電話をブチ切られた

この司法書士は、ありがとうございますとか、よろしくお願いしますとか、言えないのだろうか???

私は、取引案内と、一応、契約書の雛形と、住民票のコピー、それから、遠方の司法書士だったので、親切に評価証明も送った。

翌日、見積りが送られてきた。

出張費等は、なかったが、報酬は、安くも高くもなかった。

しかし、めちゃくちゃ愛想の悪い奴で、私は、今まで何千件と取引をしてきたが、こんな司法書士は初めてです。

正直、めちゃくちゃ腹が立ちました。

ここまでやられたら・・・・さすがに気の長い私でも・・・・・。

そうだ いい事を考えた


そして、契約&決済当日・・・・

契約を済ませ・・・売買代金を払いながら、書類の確認!

司法書士さんは、売主さんの書類を先にチェックしていました。

そして、私に、住民票の提示を求めました。

私は、住民票で紙飛行機を折っておいて、先生のほうに飛ばしました。

先生は、顔色一つ変えないで、紙飛行機を広げて確認して、書類を出して説明して、印鑑を押すように指示しました。

 『先生・・・、印鑑渡すので押してください。』

先生 『はい。』

私は、ポケットから印鑑を出して、テーブルの上に転がしました。

印鑑
ジャーン! ころりんw

直径、3〜4mmの、超ミニミニサイズ印鑑

コロリン コロコロリン

先生 『こ・・・近藤さん、その印鑑で・・・。』 ここでやっと、先生の顔色が変わった。

 『先生、買主ですから、これで登記できるでしょ? 俺、先生ごときの人間に腹を立ててムカついているくらいの小さな人間ですから、印鑑も小さくてもいいんですよ。』

先生 『さっきから、ふざけているんですか? 何ですかこれは・・・』

 『ふざけているのは、先生のほうでしょう? 人が話しているのに、電話をブチブチ切って、おまけに命令口調でFAX送れとか、番号調べろとか・・・、俺は、今までこんな事した事はないというか、初めてだけど・・・、こんなふざけた司法書士も初めてだよ。』

先生 『私は、ふざけた覚えはありません。』

 『じゃあ、私もふざけていません。 これで登記してくださいな〜w』(再度、コロコロ〜w)

先生 『・・・・・わかりました。』

先生は、真っ赤な顔をしながら、書類に印鑑を押してくださりました。 (自分が失礼な事をしたという自覚がないって事ですね。)

 『あっ・・・先生、費用なんですが、ちょっと細かいけどいいですか?』

先生 『・・・・・・。』 (ムスッとしてるだけで無視。)

ドサッ

 『ちょっと細かいですけど、10円と5円と1円で用意しました。』

先生 『・・・・・ちょっと失礼じゃないか〜

 『失礼なのは、先生のほうでしょ? 打ち合わせもしないで、FAXのみで、宜しくお願いしますとか、言葉もなくて・・・、電話ブチブチ切って・・・今回、打ち合わせも、ろくにしてないでしょ?』

先生 『・・・・・。』

先生は、コンビニ袋に入っているお金を受け取ろうとした

 『先生、冗談ですよ! ほら、お金は、この封筒に入れておいたから確認して、領収書ください。 小銭を数えていて、当日、移転できなかったら困るから、きちんと万札で用意しましたよw』

先生 『・・・・・・・・・。』

先生は、封筒の中のお金を数えて、黙って、領収書を渡してきました。

 『先生、もう用事ないから、さっさと所有権移転しに行ってよ!  あっ、先生、登録免許税以外に、報酬も入っているんだから、ありがとうぐらい言って帰ってね

先生 『・・・・空の権利書は、どうしましょう?』

 『必要ないなら処分ですし、必要であれば郵送で送っていただいてはどうでしょう?』

売主さん 『もう、必要ないですよね?』

 『たぶん・・・、何かの記念にとっておきますか???』

売主さん 『そういうことなら、処分してください。』

先生 『はい。 それでは・・・。』

 『おいおい、先生、何か、俺と売主に言う事あるんじゃないの?』

先生 『何ですか?・・・・ 登記が完了したらご連絡します。』

 『先生・・・、あんた昔、イジメられっ子だっただろう?』

先生 『・・・・・失礼します・・・・』

結局、先生は、売主にも、買主(私)にも、ありがとうございましたという言葉もなく、立ち去りました。

まあ、いいか〜

その後、私は、売主さんに対して、今回の司法書士さんの対応を説明した。

売主さん 『社長の気持ち、すっごくわかるよ! 昔からああだからな・・・。変わってないな〜あいつ。』

 『ちょ・・・ちょ・・、そ・・・そんな懐かしそうな顔しないでくださいよぉぉぉ〜〜〜。 でも、私も、ちょっとやりすぎたかな?』

売主さん 『しかし、よくこんな小さな印鑑あったね〜。 小銭が出てきた時には驚いたよ!』

 『ええ、訂正印みたいなもんです。 小銭は、銀行に用意させました。』

売主さん 『手間隙かけたね〜。 すごい労力だ・・・そこまで腹が立ったんだな。 なんか申し訳なかったね。』

 『いえ、私こそ感情的になりすぎました。 申し訳ございません。』

売主さん 『あいつも今までは、あれで通ってきたのかもしれないが、近藤社長には通らなかったわけだw いい勉強になったんじゃないか?』

 『だといいのですけど・・・・というか、最後まで、貫き通してましたよ・・・

私は、重たい小銭を、持って帰りました。(なんか、これはこれで空しい・・・。)


こうやって見ると、うちが使っている司法書士さんは、お客様に対して、愛想がよく、識別情報の説明や、委任状の説明もきちんとしますし・・・、ありがとうございましたという言葉も知っているし、きちんとしているんだな〜と思いました。

今回、この司法書士さんに対して、私も大人気ない対応をしましたが・・・・

これは私個人の考えですが、司法書士さんが登録免許税だけで登記をするのであれば、どんな態度でも構わないんですか、報酬を取って仕事をする以上、相手はお客様になるわけですから、それなりにでいいので愛想よく親切にしてほしいと思うのです。

今回、私個人の取引なので、この先生に登記してもらいましたが・・・・、もしも、当社のお客様に対して、こんな対応をしたとしたら・・・・、私は絶対に許しません

その場で、帰らせて、別の司法書士を呼ぶでしょうね。

って・・・ちょっと待った・・・、その前の電話の時点で断るでしょうね〜。










2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください♪

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 尾張の同業者   2010年02月12日 16:57
5 大半の方は御社の司法書士のように丁寧な対応・説明をする方ですが、たまに何を勘違いしているのか超上から目線の司法書士の先生っていますよね。

私が嫌な気分になった司法書士は、遅刻しても電話1本入れず謝罪も無く忙しい事を言い訳にする方、決済前に売主様の本人確認書類をFAXでなく郵送で送れと言った方(そこの司法書士事務所の印刷状況が悪いからと言っていましたが、修理や買い替えなどメンテナンスをしてない時点で論外。当然切手代はこちら持ちでした。)、売主様の抵当権や住所変更など特別かかる費用が無いのに見積もり金額21,000円を請求してきた方(通常は10,500円)というような「人としてどうなんだ?」という事がありました。

今回の司法書士に対しての近藤社長の制裁に星5つ!
2. Posted by Mr.Fanble   2010年02月12日 17:48
司法書士は試験合格率が低い部類に入る資格なので、
「これを取った俺は偉いだろう!」
という意識が根底にある人もいらっしゃるんでしょう。

その不動産の支払額がもう少し高かったなら、コンドウさんの対応は売り主さんに「すみません、斯斯然々で〜」となっていたのではないでしょうか。或いは、記事にならなかったかも…。
3. Posted by    2010年02月12日 18:15
仕事ですよね〜
無報酬なら仕方ないですが
きちんと報酬を貰っての仕事なら
少なくともお客様に不愉快な思いをさせた段階で
ブーブーです
<最近の若い者は言葉の使い方も解らんのがおる>
ってこの方若者ではないですよね
ちょっと首をひねってしまいます
4. Posted by 沖縄のヒデ   2010年02月12日 19:54
5 印鑑と小銭のシーンは笑いました(⌒〜⌒) しかし近藤社長はスゴいです
5. Posted by 子供のけんかじゃの〜   2010年02月13日 00:18
小銭ってあんた、枚数何枚?
確か補助貨幣は、膨大な量は受け取り拒否できるんでしたけか?
6. Posted by Y/S   2010年02月13日 00:49
流石やな。
笑ったわ。
名前は伏せるが昔は、この地域にも似たような司法書士がおったわ。
法務局上がりの爺さんで口が悪くて皆に嫌われとった。

近ちゃん、その印鑑いいな。
うちんとこは法人じゃないから、今度うちの先生にもやってみたろ。
どれくらい小さなサイズまで登記できるんだろうな。
近ちゃん調べといてくれ。

その前に俺自体が老眼で細かい文字見えんかったわ。

7. Posted by コンドウ   2010年02月13日 09:56
尾張の同業者さん、まあ、いろんな人がいますよね〜。
私も、いろんな人に会いましたが、今回の人は、一番腹が立ちました。
普段は、勉強のしすぎでズレちゃったのかな〜?くらいしか思わないのですが、今回は、マジできましたね〜。言い方かな?
今度、紹介しましょうかwww
そういえば、決済中に、う〇こちびったっぽい人もいました。追及はしてませんが、間違いないと思いますw

fanbleさん、何回も司法書士を変えようと思いましたが、売主さんからの強い要望でしたので、変えずに我慢しました。
我慢できてないか・・・w

Eさん、鋭いですね〜。
この人、全然若者じゃないです。
若者なら、まだ、救いもあるのですが、私の親くらいの年なだけに救いようがないです。
正直、参りました。
最近の若い司法書士さんは、常識のある方が多いですけどね〜。
と言っても・・・、年配の方も、大半がきちんとしていますけどね・・・。
8. Posted by コンドウ   2010年02月13日 10:14
沖縄のひでさん、小銭も見せるだけで、封筒に用意してあるところがいいでしょw
印鑑は、もっと小さいのを探したのですが、これが限界でした。
本当は、怒り心頭!でしたが、いたずらして治めました。

子供の喧嘩じゃの〜さん、何枚あったんでしょうね〜・・・両替の明細貰いましたが、捨ててしまいましたw
確かに子供の喧嘩ですね・・・というか、向こうは大人だった気もしますw
先生様は半分無視状態でしたので・・・・。
私は、腹立ちを、イタズラに変えてしまったので、子供的ですね〜。

YSさん、その司法書士って、Kさんじゃないですか?
その人だったら、昔、決済中に、うちのお客様に失礼があったので、その場で帰らせた事があります。
それから、爺さんが、大人げない事をしないでくださいw(爺さんは真似しないでねw)
罪のないきちんとした先生には、間違ってもやってはだめですよ。
失礼ですからね!!!
9. Posted by やす   2010年02月13日 10:30
5 社長がおっしゃる通りです。士業の方はそんな人が多い気がします。。これからの時代、弁護士さんが多すぎて余っているように、士業全般も厳しい時代になりそうだと聞いたことがあります。そんな時に大切なことは、ちょっとした気遣いや“人として”という点が大切になりそうですね。営業力?ですかね。
10. Posted by カナウリ   2010年02月13日 13:41
5 さすが近藤さん!
痛快でした。
11. Posted by 水戸大家   2010年02月13日 13:50
ありがとうございますって商売人なら自然に口に出るはずですよね。

それでも食っていける司法書士が、ある意味凄いです…
12. Posted by コンドウ   2010年02月13日 16:00
やすさん、最近は、減りましたけど・・・、久しぶりに、酷い人に会いました。って、ここまでの人は初めてでしたけどねw

カナウリさん、ありがとうございます。
小さな印鑑を転がす瞬間と、小銭を机の上に、ドサッと置く瞬間は、ちょっと勇気がいりました。

水戸大家さん、たぶん奴は、商売人だと思っていないです。
(難しい資格を持っている俺様が〜 登記やってやるんだぞ〜 宅建しかないアホな不動産屋は、司法書士の子分だぁ〜。)って思っているんでしょうね。
そう感じましたw
13. Posted by りえ   2010年02月13日 16:23
そんな人が、紹介で仕事もらえるって、むなしくなっちゃいます。一生懸命やってもコネの方が強いってことですもんね。
できればそういう人は干してほしいですね〜。
14. Posted by コンドウ   2010年02月13日 18:24
りえさん、ご無沙汰しています。
ここだけの話・・・、ブログで、ここだけとかナイですねwww
この人、たまたま今回は同級生の紹介っていうだけで、普段、仕事少ないと思いますよ。
身なりとかもモサモサでしたし、手馴れた感じは、なかったです。
因みに、登記識別情報の説明受けてませんというか、今、司法書士さん皆さん、する人が多いじゃないですか。
ブログでは、省略しましたが・・・、説明ないから、私が、司法書士さんに、『教えてあげようか?』って話しかけたんですよw
無視されましたけど・・・・・w

コメントする

名前
URL
 
  絵文字