807) 売主さん勘弁してください。 (地主さんたちと喫茶店)809) 弥富市の宅地分譲と工事の話

2010年01月23日

808) 雇うべきか・・・・? 

昔から知り合いと会った。

この方は、かつて、某住宅メーカーの営業部長でして、営業マンを統率して成績を上げる事に関して、素晴らしい実績があるのです。

この方が、営業所長になると、とたんにその営業所の成績が上がるんです。

私は、それを何度も見てきました。

彼は、中途入社の営業マンから〜大手住宅メーカーの部長にまで昇った人なんです。

その彼(以下部長という。)が、今年の春、定年を迎えるので、条件次第で当社に来てもいいと言うのです

関連会社への内定もあるのですが、同系列だと給料が下がるのと、私といっしょに仕事をしたいという事で当社に来たいと言っているわけなんです。

ほ・・・ほしい 来てほしい・・・一瞬、そう思いました

この人の力はすごいんです。 実際に実績がありますし、根性も半端じゃないんです。

でも、断りました。

この人が来れば・・・当社の業績は、伸びると思うのですが・・・、メーカー時代の営業のやり方や、人の使い方が、私とは合わないので・・・、うちに来てもらうのではなく、違った形で関わりたいです。

大手のメーカーで部長をしていたという自信からなのか、断られた瞬間、ショックを隠せなかったようで、さすがの凄腕営業部長も固まっていました。

関連会社に行く事もできるし、他社からの話もあると思いますし、それを年商10億程度の地方の不動産屋に断られると思っていなかったのしょうね〜

来てほしいけど雇わない! 何ともわけのわからない表現なんですが、これが本音です。

この人が来たら、うちの会社は、イケイケの営業会社になってしまうでしょうね。

親切丁寧な仕事を繰り返し信頼と実績を積み上げて行くというやり方から、とにかく売ってこい営業に変わってしまうと思うのです。

それに、一生懸命頑張っているうちの営業たちの上に、いきなり上司ができるというのも、なんか可哀想ですしね〜・・・、かと言って、大手メーカーの部長に、平社員から営業をさせるわけにはいかないですし・・・w

私の今のやり方が間違っていると感じて、それを変えるのであれば、こういう方に来ていただくのもありだと思うのですが、今のやり方で業績を伸ばして行こうというのであれば、私が育てた子を責任者にするほうが良いと思うのです。

で・・・、結果・・・ 丁重にお断りさせていただきました。


こういう時、瞬間・・・迷うんですよね〜。

時間にしたら、2〜3秒の事なんでしょうけど・・・ 頭の中が、フル回転して、いろんな角度からいろんな考え方をするのです。

そして答えを出すわけなんですけど・・・。

今回も、2〜3秒考えて即決 (モウスコシ カンガエルフリヲ シタホウガ ヨカッタカナ?)

この人が来たら、確実に業績は伸びるけど、会社の雰囲気は変わってしまう。

でも・・・、実は・・・、私自信が自分の言っている事と目指している事で、やり方が矛盾している事は、わかってるんです。

これ以上会社を大きくしようと思うと、もう少しビシッとした営業体制にしなくてはいけない事はわかっているのです。

ただ・・・不動産業って、どこまでいっても、人の財産を扱う仕事じゃないですか。 こちらのやり方次第で、お客様の人生が変わってしまう事もあるので、1つ1つの仕事を丁寧に、相手の立場に立ってやっていかなくてはいけないと思うのですよね〜

少し前のブログに書きましたが、私は、お客様第一主義から、売り上げ第一主義に変えられないのです。

やはり・・・ これからも・・・ お客様第一主義でありながら業績を伸ばす不動産業を追求して行こうと思っています。

この部長さんが来てくれるという話・・・ めちゃくちゃありがたいお話で、喉から手が出るくらい・・・いえ、喉から手が出てたかもしれないくらいでしたけど・・・、ゴクリと唾を飲み込み、出てこようとする手を腹に納めて断ってしまいました。

うんうん、これでよかったんだ・・・うんうん・・・

独り言でしたw





2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください♪

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。



toshikazy at 09:58│Comments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 営業 経営 | 不動産営業

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 尾張の同業者   2010年01月23日 10:53
5 確かに実績を上げた人を採用するのは、会社にとって諸刃の剣だと思います。近藤社長が思う理想(お客様第一主義)と住宅メーカーの部長が行ってきた営業(売上第一主義)はまず両立し得ないと思います。私も過去に某東証一部上場企業の不動産業者に勤めていましたが、住宅販売の営業は高い営業成績を上げれば非道とも思える営業スタイルでも認められる会社でした。不動産やその他高額な商品の営業は、ある意味買われる方の人生も握っているんだという自覚を持って私は営業活動しています。結局最後は近藤社長が日頃から言っているように、人との繋がりが重要で人に信頼されない営業は一時的には成績は上がっても継続的に成績が上がらないと思います。今回の近藤社長の決断は今の御社の営業スタイルから考えると正しいものだと私も思います。
2. Posted by cmyk   2010年01月23日 13:21
不動産業は,会社の規模だけで焼畑農業的に永続的に売上を獲得していける業界なのでしょうか。

そうではないとするなら,売上第一主義で実績を上げられた人は,実は,必要条件としてお客様第一主義を身につけていると思うのです。ただ,それはあまり口に出さないだけ。

真の売上第一主義とお客様第一主義は,根底で繋がっているように思います。

社風の問題は別にして,大事なのは,その部長さんの指導や影響で現在いる他の社員さんたちが,これまでより成果をあげられなくなるのか,逆に最初はいくらか摩擦があっても,もう一段上にいけるのかという見極めでしょうか。

ホリエモンは創業当時からの社員は,会社の規模,成長とともにみんな離れていってしまうと著書で述べています。以前のエントリーで10億の壁ということをコンドウ社長ご自身が書かれていましたが,最近のエントリーを見て,それは社長自身が作り上げたこれまでのしがらみ(ある種のぬくもり)と決別すべきかどうか躊躇しているようにも感じられます。

会社を成長させるためにトレードオフしないといけないものがあることを社長自身がお気づきなのではないですか。
3. Posted by びーまん   2010年01月23日 19:36
びーまんです。

今回の近藤社長の決断に賛成です。

私もハチャメチャな営業会社(非不動産)、不動産仲介、自社買取販売、住宅建築、マンションビル企画販売やっていました。但し全部従業員としてですが^^。

売り上げの規模という数字が社員の方やお客様を幸せにすることと必ずしも一致しないのは明らかです。

幸せ第一主義ガンバレ!
4. Posted by 水戸大家   2010年01月23日 22:33
難しいお話ですね。

ただ、社長の考えが行き届いてこそ、社長の会社だと思うのです。

私は賛成です。
5. Posted by SARI   2010年01月23日 23:26
5

難しい問題です。
目標達成すればいいのであれば、
営業部長さんを受け入れればいいですけれど、
多分。。。
社員の顔ぶれは変わっていくでしょうね。

極論、入れ替わったって、いいとは思いますが、
ソレが社長の望む会社像でないのであれば、
今回の選択は合っているんだと思います。

先は分かりません。
振り返って、「良かったなぁ。。。」
って思える道であることが大切だと思います。
6. Posted by cmyk   2010年01月24日 13:53
先に投稿させていただきましたコメントは撤回させてください。コメント後,別件で組織論に関するドラッカーの書籍を読む機会がありました。

で,わかったのが少なくとも私がしたり顔でアレコレコメントできるような浅いレベルの話ではないと知りました。厚顔無恥とはこんなのをいうのでしょう。今は恥ずかしいばかりです。大変失礼をいたしました。
7. Posted by コンドウ   2010年01月24日 15:16
尾張の同業者さん、お忙しい中、丁寧なコメントを頂戴いたしましてありがとうございます。
これは、とても難しい問題なのですね。
当社が年商10億と超えた年から今までに、生え抜きの社員が3名退職しました。
親分子分でやってきた不動産業から、社長と社員という形になり、昔の千代田不動産と形が変わってきたからなのでしょうか?
それぞれに退職理由はありましたが、本当のところはわかりません。
今も昔もお客様第一主義の精神は変わっていませんが、個々の営業から、少しだけ組織営業に変わった気がします。
不動産業というものは、どこまで行っても人の財産を扱う仕事なので、私も今の形を崩してはいけないと思い、今回、良い話ではあったのですが断りました。
貴重なご意見ありがとうございました。
8. Posted by コンドウ   2010年01月24日 15:16
cmykさん、やはり10億には壁がありますね。
最近、身にしみて思います。
以前、コメントのやりとりをしていたブロガーさんのブログに、10億のところが家内工業〜企業の境目みたいなことを書かれていたのですが、本当にそう思います。
でも、やはり私は、この壁をお客様第一主義のまま突破したいと思います。
営業マンを追い込みまくって20億30億とやったとしても、それは所詮私の不動産業ではないわけですから・・・。
まあ、このやり方で頑張りますw
9. Posted by コンドウ   2010年01月24日 15:21
ぴ〜まんさん、確かに一致しないですね。
私もめっちゃきっつい営業会社で訪販をしていたことがありますが、その時、常に頭にあったのは、売る事のみ!
不動産業は、これではダメだと思います。
親切、丁寧な対応で実績を積み上げながら、お客様や地域の方々の信頼を得て行かなくてはいけないと思います。
お客様第一主義で、頑張りますねw
10. Posted by コンドウ   2010年01月24日 15:27
水戸大家さん、ほんと難しいですねw
最近は、私が営業に何かを言う時に、会社全体のバランスや他の社員の立場を考えながら話をするようになりました。
以前は、このケースはこうだ!と思った事をそのまま営業に伝えていたのですけどね。
そういう意味では、形ができてきた。いえ、形を作らないといけなくなってきたのかもしれません。
でも、基本であるお客様第一主義は、ずっと変えてはいけないのでしょうね。
水戸さん、いつもありがとうございます。
11. Posted by コンドウ   2010年01月24日 15:32
SARIさん、その、振りかえって良かったな〜wのためにも、今の方針でいいと思います。
お客様目線の仕事が大切であって数字作りが仕事じゃない・・・でも、数字も作りたい!
両方、達成できたら最高ですから、これからもがんばりますよ!


cmykさん、何をおっしゃるんですか、素晴らしいご意見を頂き感謝しております。
そのとき・・・その瞬間、cmykさんが思った事や感じた事を、そのまま書いていただくのがいいんじゃないですかw
これからも宜しくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
807) 売主さん勘弁してください。 (地主さんたちと喫茶店)809) 弥富市の宅地分譲と工事の話