658) 久しぶりのジョギング660) 宅地分譲への想い!

2009年06月26日

659) 息子を預かってくれないか???

昨日、5kmを完走して、体中(特に足)が筋肉痛です。

今日はカクカクと変な歩き方をしていますw

本日、チラシを入れていて社内がザワザワしているのですが、のんびりカクカク歩く私は、少し邪魔者になっています><

多数の問い合わせ、ご来店を頂きましてありがとうございます。


さて今日のブログです。

ある企業の社長から息子を預かってくれないか???と頼まれました。

社長 『俺のところの息子を預かってほしいんだけど・・・。近ちゃんに仕込んでもらいたいんだ。』

 『社長のところの優秀な坊ちゃんを私ごときが預かれませんよw』

社長 『なんていうか、近ちゃんの生命力というか、無人島に捨てられても生きていくような強さというか・・・、殺しても死なないというか・・・・うちの坊主に、この世知辛い世の中を生き抜く力をつけさせてやりたいんだ!』

↑そこまで丈夫じゃないです(TT)

 『ん〜〜〜 社長ゴメン! 基本的に、そういうのは断ってるんだ〜。 俺と社長の関係が悪くなる可能性が高いからね。』

社長 『いやいや心配には及ばんよ。 殴っても蹴ってもいいし、運転手でも掃除でも何でもいいから面倒をみてやってくれないか?』

 『いや〜 そうは言っても、社長と息子さんは親子じゃないですか。 何かあれば、息子さんとの縁は切れないけど俺との縁は切れますからね〜。 それが血のつながりって奴ですよ!』

社長 『近ちゃんと、うちのバカ息子なら、誰がどう聞いたって近ちゃんのほうが正しいと判断するよ。』

 『俺のほうが正しいと思いながらも息子を庇うのが親なんですよw』

『ということで、社長、俺は社長との関係を大事にしてますので、これからも良い付き合いをしていきたいので、申し訳ないですけど今回の件はお断りしますね。』

『社長、ゴメン!!!』

社長 『そうかぁ〜。 残念だが・・・しかたないな〜。』

息子さんの話はここで終わり、少しゴルフ話をして社長は帰っていきました。


私は、人間関係を壊さない為に決めていることがあります。

息子を頼む!と、金を貸してくれ!は断る!

この2つは、絶対ですね〜。

特に、この社長は息子に甘いですし、息子さんも坊ちゃん育ちなので、預かったら私もイラ〜ッとするだろうし、息子さんも私に対してムカッっとするでしょうし、いいことは1つもないと思います。

どれくらい甘やかしてるかというと、息子が20歳過ぎているのに、パパ〜ッと呼ばせてるし、子供に車を買ってあげたり、保険を払ってあげたり、社長の会社でも、社員たちより甘い環境に置いているのです。

うちで平社員から修行させたら、何だかんだ親が口を出すに決まっています!

特に自分が苦労してきた社長ほど、息子を無駄に甘やかす傾向がありますからね〜。



別の社長さんの話なんですが・・・・・凄い話がありまして・・・

20代後半の息子が、車で、ちょっとした接触事故を起こしたときに、現場検証に親が行って、警察や相手と自分が話をつけて、息子に何も言わせなかった社長もいました。

親も親ですが、それを黙っていた息子もちょっと・・・・・(^^;)

さすがに、私も、社長に、『ちょっと過保護すぎるんじゃない?』って言いましたけどね〜。

私と比較するのもどうかと思いますが、私は、成人してから、親から1円のお金ももらったことはありませんし、お金がなくても、何かで困っても、親に相談したことはないです。

逆に、最近は、親の望むことは、自分が叶えてあげよう!と思っているくらいです。

まあ、これ以上書くと、オッサンの説教になってしまうのでここらへんでやめておきますけど・・・・w

経営者の息子を預かるというのは、けっこう難しいんですよね〜。

経営者の息子というのは、親の力が一切影響しない会社で働き、その会社で稼いだ給料の中でやりくりして生活をするというのが、一番良いと思います。

そして、社員の気持ちというものを身をもって体験してから、自分の親の会社の平社員として入社して仕事を覚えるというのがいいのではないでしょうかね〜。


今回、息子を預かってくれ!と頼まれた社長の息子の経歴と経緯。

名古屋の某有名私立高校卒業後、東京の某大学卒業。

現在、親の会社に就職して総務課にいるが、世間をなめてる。

20代独身にして、親から、マンションと、フェアレディーZを買い与えられ、数百万の時計を数本持っていて、日替わりランチ気分で付け替えて会社に出社!

夜はキャバクラ通いで、朝は遅刻気味。

オヤジは、見るに見かねて、私に相談。


以上

この子を立派な社会人に育てようと思い真剣に教育したら、社長(親)と縁が切れそうな気がしませんか?

仲の良い社長の頼みを断るのも、けっこう辛いですが、断らないと、もっと辛いことに巻き込まれる気がして・・・私は断ることがベストだと判断しました。

甘やかす親が悪いのか、甘やかされて頼る息子が悪いのか・・・?

世代交代が近い社長たちからよく相談を持ちかけられます。


話は戻りますが、現在筋肉痛ですが今日も走って、筋肉を痛めつけて、脂肪を燃焼させて強い筋肉を作ろうと思います。

人間も筋肉も、甘やかしてるとタルタルのブヨブヨになるんです。

辛さや痛みを感じながら成長していくんですよね〜(苦笑w)







人気ブログランキングに参加しています!

あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ









トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Y/S   2009年06月26日 23:36
近ちゃんのブログは愉快痛快。
地元だけにわかってしまう。
近ちゃんブログのファンとしては、どうせここまで書いたのなら500人規模の結婚式をして一年足らずで離婚したことも書いてほしかったです。
あの子を更生させるのは至難の業ですよ。
断って正解でしょう。

2. Posted by コナン   2009年06月27日 09:36
私の同級生にもそういうタイプの人がいます。
苦労していないから人の気持ちを考えられないみたいです。
ボンボンって嫌ですね〜。
3. Posted by    2009年06月27日 09:36
おはようございます!
昨夜携帯でブログ読みました
まだいらっしゃるのですね〜
こんな不景気の時代に使いたい放題の方が
有名なおぼっちゃま?
業務外の仕事の依頼もあるので大変ですね
ジョギングはほどほどに〜〜♪
4. Posted by コンドウ   2009年06月27日 09:47
YSさん、そ・・・それは書いてはいけないことですよw
たぶんコメントを見たら息子が泣いて怒り、近いうちにM社長がYSさんのところに乗りこんでくると思いますw
まあ、YSさんもキツイですから心配はしていませんけどね。

コナンさん、ん〜少し偏見を持っている気もしますが、基本的にそういうタイプ多いのは事実ですね。
中には立派なボンボンもいますよw
私も貧乏育ちですから基本的にはボンボン嫌いですけどねw

Eさん、まあ、業務外といっても不動産業は人と人との繋がりですから、ありがたい話なんですが、さすがに坊ちゃまの子守まではできかねますw
ブログ、携帯から見れるんですね〜。
5. Posted by Mr.Fanble   2009年06月27日 12:34
思い出しましたよ。
「家は三代で潰れる」

恐らく当の社長さんは、一代目に相当するでしょうから、(以下略)。

尤も、私も(違いがあるとはいえ)三代目にあたりますから…。
6. Posted by 水戸大家   2009年06月27日 13:05
この社長さん、本当に息子さんを変えようと思うなら全然知らない会社に出すべきですよね。

それにしても、連日のジョギング、無理しないでくださいね^^;
7. Posted by    2009年06月27日 15:58
左側にあるQRコードを携帯で読み取れば
いつでもどこでもブログが読めます
コメントの投稿も出来ますが
E的には携帯に打ち込むより
PCの方が慣れているので〜
携帯からは読むだけにしています♪
8. Posted by コンドウ   2009年06月27日 19:08
fanbleさん、基本的に多いというだけでいろんな人がいますから・・・。
私の仲の良い投資家さんも大きな企業の息子さんですけど、めちゃくちゃしっかりしてますよ〜。

水戸大家さん、私も、この息子さんは、親の会社と全く関係ないところで修業するべきだと思います。
ジョギングはお休みします。
明日から2日間、コンペです。
ブログはアップしますけどねw

Eさん再度ありがとうございます。
なるほど〜 勉強になりました。
私よりハイテクですねw

9. Posted by SARI   2009年06月29日 02:57
5

タイトルだけ見たら、
ついに託児所でもはじめたのかと

「コンビニに忘れてしまうので、預かれません!」
。。。って言えば、いいのではないでしょうか
10. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2009年06月30日 00:49
SARIさん、私がよくコンビニに社員を忘れてくるのをよくご存知ですねw
おどろきましたw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
658) 久しぶりのジョギング660) 宅地分譲への想い!