638) 飲食店経営の相談(喫茶店)640) 契約中止・・・・ ???

2009年05月31日

639) 契約解除の違約金

不動産の売買契約を締結してから、解約をする場合、基本的にペナルティーがある!ということは、皆さん御存知ですよね〜。

当然、お客様の融資が通らない場合なんかは、無条件解約できるように契約書に盛り込んであるが、契約してから、やっぱりやめた〜〜〜。なんて時は、手付解除、もしくは、違約解除になる。

当社でも、年に百件以上の契約をするが、2〜3件は、手付解除や違約解除になることがある。

実は、昨日、お客様から違約金を払うので契約を解除してほしいという相談があった。

今回は、お客様が売り主で、当社が買主の契約だったのだが、契約後に家族が猛反対したらしく、契約解除を申し入れてきたのだ。

こちらとしても、契約後、履行に着手していたので、違約金は売買代金の2割・・・・。

違約金を2割払うというのは、売主さんにとっては厳しいことだと思います。

でも、不動産の契約というのは、お互いにペナルティーを定めて、中途で解約した場合はどうするかを決めて、お互いに印鑑を押すわけで、その責任というのは果たさなければいけません。

実際に当社も、契約後、下請けさんに測量をさせたり、図面を作成したりで、今さら解約されると困ってしまうのですよね〜。

私が、本件の担当社員から解約の話を聞いたとき、『今さら、ここまできてそれはないでしょ〜。。。><。。。 御家族の方に理解してもらえないかな〜?』と言ったのですが、社員が、『もう解約の意志は固いので無理です!』と言うので、解約の手続きをすることにした。

 『契約時、契約内容を理解して契約されたのでしょ?』

社員 『はい、それは当然に・・・ きちんと説明したうえで記名押印していいただきました。』

 『うちの会社に対して、どうのこうのではなく、お客様の都合で解約されるんだよね?』

社員 『はい! 契約も、その内容についても全く問題はありませんし、お客様の都合による解約の申し入れです。』

 『じゃあ、気の毒だけど、契約書どうりに解約をしなさい。』

社員 『はい! もちろん、そうするつもりです。』

ということで・・・ 解約の手続きのため、お客様が来店された。

売主さんと、息子さんで来店。

お父さんは、息子に叱られたのか、しょんぼりしていた。

息子さんは、仕事中、抜けてきたのか、作業着姿で、やはりお父さん同様、しょんぼりしている。

そして、お客様と当社の社員が、3階の応接に上がっていくのを、私は1階でパソコンを打ちながら横目で見たが、これから2割の違約金を払う親子が気の毒で声をかけることができませんでした。

しばらくすると、社員が3階から降りて来て私に言った。

社員 『違約金を満額持って来てくださりましたので、解約の手続きに入りますね。』

 『うむ・・・・ 何か気の毒だな・・・ 2割の大金、どこで都合したんだろ??? 作業着姿の息子さんがついて来てるけど、息子さんの貯金かな?』

社員 『それは、わかりませんが、本人も息子さんも、申し訳ございませんと言って違約金を満額持って来ています。』

 『うむ〜・・・ よしっ・・・ まあ、俺が直接話すわw』

私も3階に上がり、お客様と解約の話をした。

お客様は、お金を出して、謝るばかり・・・・。

やはり、解約の意志は固そうだ!

あまり詳しくは聞けなかったが、どうも息子さんが、違約金を用意したと感じた。

自分の生まれ育った家を手放したくないので、頑張って違約金を用意したのかな???

事実はどうなのか知らないが、私はそう感じた。

私の経験からなんだが、解約をする人というのは、何だかんだ、わけのわかんない理由をつけたり、因縁をつけて解約する人が多い

でも、この人たちは、素直に謝るばかり・・・。

私の性格は、強引に来られると、もっと強引に跳ね返すのだが・・・

こういうパターンには弱いんですよね〜・・・・。

私は、契約者ではなく、息子さんと話をした。

 『自分の言葉で話すけど・・・ この金作るの大変だっただろぉ〜。 作業着着てるのを見てると、うちに下請けや孫請けの若い衆と話してる感覚なんだよな〜。 あのさ〜 これ、勤め人にしたら、大変な額だぞ・・・。』

息子さん 『はい・・・。』

 『こういう結果になるのに、何で契約したの? もう少し考えてから契約したほうがよかったのではないですか?』

『うちは、違約金もらいたくて契約したんじゃないんですよ! こんな後味悪い形は嫌なんですよね〜。』

息子さん 『はい、本当に申し訳ございません。』

 『本来は、違約金設定がしてある以上、2割を頂いて解約するのですが、うちが下請けを使った分の経費分だけで解約しましょう。』

結局、概算で、うちが下請けに払う分などの必要経費を計算して、その費用を違約金として解約をすることにして、残りのお金を返した。

当社としては、骨折り損のくたびれ儲けとなったわけだが、違約金が欲しくて契約したわけじゃないし、息子さんが、一生懸命掻き集めてきたお金だとわかったし・・・ まあ、残念だけど仕方がないな〜という感じです。。。

その後、社員と話をしました。

 『これで、良かったよな? 親父の為に息子が違約金もってきたら、俺、満額もらえんわ・・・ちょっと甘いか???』

社員 『いえ、社長のそういうところ好きですよw』

 『あはは〜 今回は特別w 金が必要で売る人から、違約金取れないだろ? 息子さん、違約金を一生懸命作ったみたいだしね。』

社員 『次の案件で頑張りましょう!』

 『そうだな〜。 安くて良いものを供給できるように、仕入れのほうも頑張ろうw』

今日の話は、これで終わり!


あっ・・・ これはお客様にも言ったことですが、買うにしても売るにしても、よ〜く考えて、家族や身内と相談してから、契約をしましょうね!

解約というのは、無駄というか、どちらも後味悪いですからね〜。

当社の下請けさんにも迷惑かけてしまいました。(すみませんでした)





ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SARI   2009年05月31日 18:44
5


いい話ですねぇ。。。

モチロン、毎回コレでは意味のない事になるので、
あってはいけない。。。っというか、
熟考してねって言うところでしょうねぇ。。。

でも、本来の仕事をするには、
本意としない時間は最短に済ますことが、
次のお客様との時間に1歩近づくので、
社長の采配は素晴らしい
思います
2. Posted by 感動しました   2009年05月31日 20:29
こんばんは

お疲れ様です。

解約した理由は色々あるのかもしれませんが、
きっと、違う良い形で、近藤社長へ
帰ってくると思います。

3. Posted by 水戸大家   2009年06月01日 09:36
こういう仕事をしてくれる業者さんなら、一生付き合いたあって思いますね^^

素敵な仕事です。
4. Posted by コンドウ   2009年06月01日 15:08
SARIさん、私も今までいろんなお客様を見てきましたので、なんとなく相手のことがわかるのですが、今回は、こういう解決方法が良いと判断しました。
だって、作業着を着て親の解約に違約金を持ってくる息子さんですよ〜。
えらいっ!って思ってしまいましたよw

感動しましたさん、解約理由は家族間の問題らしいのですが、深くは突っ込んで聞きませんでした。
でも、こうだろうな〜って想像はつきましたし、私の推測は当たっていると思います。
私自信も、違約金なんかを会社の利益にしたくはないですしね〜。

水戸大家さん、いやいや、普段は通常の解約ですよ〜(^^;)
今回は、特別ですw
解約のときって、すみませんと言って満額もってくる人は、まずいませんからね〜。
だいたいは、何かにケチつけるか因縁をつけてきて、違約金の交渉をするか、0円で解約しようとするんです。
今回の息子さんは、誠実な方でした。
5. Posted by きりたんぽ   2009年06月01日 20:14
同業なんですがものすごく分かる!解約する時ってむちゃくちゃな因縁をつけてこられる方の多い事多い事。そのたびにやるせない気持ちになります。
業者だって今回のようなエンディングを迎えたいんです。
6. Posted by コンドウ   2009年06月02日 09:56
きりたんぽさん、ご同業ですかw
気持ちが理解してもらえて嬉しいです。
私は、そういう因縁的なものには絶対に屈しませんが、逆に、今回のように来られると、相手の状況を優先してしまう傾向があります。
契約事なので、本当は、こういう対応もどうかと思うのですけどね〜。
7. Posted by 消費者です   2009年06月13日 20:35
私もいま解約の話でごたごたしています。
宅地建物取引業者が売主の場合、違約解約でなく、手付解約となる判例がでていますが、この判例をどうお考えになりますか?
社長さんの契約がどのようなものかわかりませんが、手付金はお支払いしてますよね?手付解約にはならないのですか?
ご意見をお聞かせ下さい。
http://www.retio.jp/cgi-bin/example_display.cgi?number=57
8. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2009年06月14日 02:35
消費者ですさん、これは難しい問題ですね。
基本的に契約書内容による解約をすれば良いと思います。
このケース(事例)で、この裁判官は、解除期限の特約自体が消費者が不利だと裁判所が判断したということではないでしょうか?
逆に明らかに業者が不利で大きな損害を蒙る形であれば契約書どうりになったのではないかと思います。
何を基準に一般が不利で業者が有利というのを、裁判官がどう判断するかによって変わるということですので、消費者ですさんの解約の形を私が判断するのは難しいです。

9. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2009年06月14日 02:36
でもね〜。 私の個人的な意見を言わせていただくと、違約金を取るつもりで契約をするわけではないので、違約金の額に係らず気分の良いものではありませんし、何も売ってないのにお金をいただくのは、申し訳ないと思います。
しかし、お客さまの気分で、やっぱりや〜めた〜みたいなことで、こちらに非がないのに実損害を蒙るのは嫌ですね〜。
ですから、私の場合は、社員から解約理由を聞いて、場合によっては、契約書と違った違約金(減額)することもあります。
ただ、これは、各業者の考え方によるので、その業者さんが減額するかどうかはわかりません。
相手の業者とよく話し合われて、どうしても納得いかなければ裁判所に判断を委ねるしかないと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
638) 飲食店経営の相談(喫茶店)640) 契約中止・・・・ ???