565) 新築戸建て不動産投資567) 不動産の査定・・・本当の親切!

2009年01月28日

566) カネゴン社長とは取引しません!

不動産業者は、レインズ、アットホーム等に、自社が売却依頼を受けた物件等を登録した場合、他の不動産業者は、その物件を自社のお客様に紹介し、お客様が購入するとこになった場合、売り側、買い側の2業者で仲介をすることになる。

当然、ルールというものが存在する!

しかし、稀にではあるが、自己の利益の為にルールを守れない業者もいる。


社名は出さないが、ある不動産会社の社長で、何よりも金が大事という人を見つけたw

私は、その人に、カネゴンという、素敵なニックネームを付けたw


カネゴンの会社が売主(所有者)の土地がアットホームに登録されていたので、当社の営業がが、お客さんを付けた。

当社の営業は、お客様から買付証明をいただき、カネゴンの会社に持っていった。

カネゴンは、不在だったので、カネゴンの会社の社員、カネゴンJrが買付を受け取った。

翌日、当社の社員のところに、お客様から電話があった。

昨夜、カネゴンから電話があり、千代田さんを通すと手数料がかかるので、直接買いませんか?と話をもちかけたのだ。

確かに、売主のカネゴンも、買主さんも手数料を払わなくて済むのだが、これは情報で飯を食ってる不動産業界では、ご法度な行為なのだ!

これを、業界では、抜くという。


お客様は、常識のある方だったので、こちらに連絡をくれたのだ!

私は、社員から事情を聞き、お客様と直接電話で話をした。

お客様の好意は人間として常識といえばそれで終わってしまうのだが、このお客様は、『御社の営業さんが、一生懸命案内してくださったのに、情報だけもらい、おたくを抜いて契約することなんかできません!』と言ってくれたのだ!

しかも、『あの土地は欲しいが、御社から買えないなら別の土地を探してください!』とまで言ってくれた。

本当に、嬉しい言葉だ!

私としても、『今回ダメになったとしても、今回より良い条件の土地を、私の不動産屋生命を賭けて探し出します!』と約束した。


それにしても、許せないのはカネゴン!!!

さっそく抗議の電話!

カネゴンは、息子のカネゴンJrのせいにした。

カネゴン 『うちの息子は、まだ新米だから、業界のルールを知らなくて、お客さんに電話をしたみたいで、すみません!』

 『お客さんは、社長から電話があったと言ってましたけど、うちのお客さんが嘘ついてるってことですか?』

カネゴン 『そんなことは知らん。 とにかく、息子が勝手にやったことであって、その件に関しては、申し訳なかった。』

 『息子に擦り付けて情けない奴やの〜w まあ、おたくの会社の人間が抜こうとしたことには間違いないのだから、どっちでもいいけどね。』

カネゴン 『もうわかった。手数料を払うから、それでいいだろう? でも、できれば、半分の1.5%にしてくれないか?』

 『はっ? 社長、めっちゃカネゴンやな〜w もう取引しないからいいよ! 1人で大きな口開けて、金でも食べてなさいw』

『あっ それからカネゴンJrに会合で顔見ても、仕事を盗まれるといけないから話しかけないでね!って言っておいてください!』

私より20歳以上年上だからなのか、カネゴンは、逆ギレして吠えた。

 『それでは、カネゴン先輩失礼します。』 ガチャ

カネゴンは、その後、何回も会社に電話をかけてきたが、私は、話すことはないので電話にはでませんでした。

私も、少々のことは我慢して取引をすれば、満額ではないけど手数料は頂けたのだが、性格上、こうなると無理なんです。

こういう金に汚い人とは取引しないのが正解だと思う。

カネゴンとの話を終わらせてから、お客様に電話をして、カネゴンとの会話を面白おかしく話して、今回より良い条件の土地を、何が何でも絶対に出してきます!と約束して電話を切った。

この正直者のお客様には、何が何でも・・・たとえ損をしたとしても、良い土地を見つけてあげるつもりです。

正直者はバカを見るという世の中ですけど、この正直者のお客様にはバカを見ることがないように、最高の土地を買っていただけるようにしようと思っています。


しかし、まぁ〜 このカネゴン社長・・・ 業界のルール破って汚いことして、挙句の果てに、取引するから手数料まけろ!ですよ〜w

あっ・・・円谷プロさん、こんな人に、カネゴンと名付けてしまってごめんなさい!

実際のカネゴンは、もっと愛らしい顔をした怪獣ですよね〜。






ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SARI   2009年01月29日 01:22
5

ほほぅーっ。。。
いつから入社したんか知らないが、社長から見て、20歳以上のカネゴン社長の息子(→推定30歳前後)が
『新米の営業』ですか。。。

いつ頃まで、世の中は
「新米扱い」なんでしょうか?

そっちが気になる。
しかも、侘びながら、手数料を値切るなんて、
カネゴン社長は、常識を逸しているわ。

アホは相手しないに限る。
2. Posted by コナン   2009年01月29日 09:48
ご同業の千代田不動産の顧客に千代田不動産を介せず取引するよう話を持ちかけるとは最低な経営者ですね。
業界の常識は分かりませんけどモラルに反していることは理解できます。
社長の解決方法が100か0で50という選択はないのがカッコいいです。
3. Posted by 星輝   2009年01月29日 14:06
やはりいますよね〜。こういう人。
困ります。
気持ちは分かるけど何年この業界でやってんの?って感じではないでしょうか?
4. Posted by 水戸大家   2009年01月29日 16:00
出ましたね、抜き…

限られたエリアで営業しているんだから、よせば良いのに…って思います。

でもやる人いるんですよね〜^^;
5. Posted by みったん   2009年01月29日 16:03
困った人ですねぇ。
そんなずるいことしてたらその場は金銭面で得をしても、自分の評判落として誰にも相手にされなくなっちゃうよ。
損得の計算するなら、もっと先まで見通した計算をして欲しいものです。
私も気持ちの良い取引を心がけたいなぁ。
6. Posted by    2009年01月29日 17:34
いまだに居るのですね〜カネゴン社長
賃貸でも抜く家主が居ますからね・・・
こっちはネットや情報誌や看板で集客しているのに
直接なら手数料要らないからと営業かけられて
お客様に教えられてビックリです
油断もすきもないですよ〜〜〜
社長のようにスカッと言い返せればいいのですが♪
7. Posted by コンドウ   2009年01月29日 18:56
SARIさん、業界の大先輩をアホとは言えませんが、カネゴンとは取引しません。
他の不動産業者に、そのことを話したら、そんなことをする人ではなかったと言ってました。
背に腹は・・・って状況なんでしょうかね〜?

コナンさん、あははW 
確かに、100か0ですが、今回は、特に拘りましたね。
お詫びがあり、満額払うと言われれば、取引してもよかったのですけどね〜。

星輝さん、私も、そう思います。
何年やってんの?と言いたいですね。
さすがに、そこまでは言いませんでしたけどね。

水戸大家さん、そうなんです。
抜きなんです・・・(^^;)
物件を抜くのではなく、客抜きのほうなんですけどね。
うちの出した買付のお客様に電話をするとは・・・驚きましたw

みったんさん、カネゴンは、損得勘定できない経営状況なのかもしれないですね。
それをやったら、業界中で嫌われるということくらいは、わかってると思いますけど、やっちゃうんですからね。

Eさん、やはり賃貸でもあるのですね。
でも、文句を言った方がいいと思いますよ!
あそこの物件を抜くと、恐いおねえさまが、乗り込んでくると、評判にならなきゃw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
565) 新築戸建て不動産投資567) 不動産の査定・・・本当の親切!