465) お客様が個性を表現できる不動産467) 昨日の続き・・・解体現場

2008年09月22日

466) 深夜に空家の解体見積り。

深夜に解体屋さんから電話があった。

解体屋、『近ちゃん、何してるの〜 俺、地元のキャバクラ、○○○○にいるんだけど、けっこう可愛い子いっぱいいるよ〜w』

 『俺は、地元では飲まないんだよ! 知り合いの子供や孫が働いていたら、何言われるかわかんないだろ〜。そもそも、平日じゃないのに店やってるの?』

解体屋 『クラブじゃないんだから平日じゃなくてもやってるよ! それに、地元でも名古屋でも、関係ないだろ〜。 近ちゃんは、名古屋のクラブで飲んだくれているって有名だぞ〜 がはは〜』(←酔っ払っている)

 『とにかく、地元は嫌なんだ! お前と飲むのは、もっと嫌だけどw』

解体屋 『しゅみましぇ〜ん、仕事くだしゃ〜い。』

 『今度買う予定の現場があるけど、やりたい???』

解体屋 『やりましゅぅよ〜』

今度、買う物件は、解体しなければならない事と、現場がキャバクラから近いという話をしたところ、Mちゃんは、『今から見に行こう!』と言い出した。

 『え〜、もう午後11時半を回ってるから明日にしようよ!』

解体屋、『明日は、忙しいんだよ! 今日、行こうよ!』

 『しょうがないな〜。迎えに行ってやるから、キャバクラの近くのコンビニまで歩いて来いよ。』

というわけで、2人で現場に行った。

現場は、昭和50年築の古家が建っていて、ここ10年くらい人が住んでいないので、雑草に埋もれている。

解体屋 『ふむふむ、木造だな〜 植木の撤去と、門塀の撤去で、ざっと150万円くらいかな〜。 中は残っているのか?』

 『知らなね〜よ! 夜中に古家に入るの気持ち悪いが、入ってみるか?・・・・・お前が先に行けよ! 俺が後から懐中電灯で俺が照らしてやるよ!』

解体屋、『ラジャー!・・・・・・・・』

ガチャーン、ドカーン! バリバリ〜〜〜。

 『おい、契約はしたけど、まだ所有権は移ってないんだから、人の物なんだ! 勝手に壊すな!!! まあ、売主さんには、中に入るときに鍵がかかっていたら壊すと言ってあるけどな〜。』

解体屋 『俺、解体屋だから壊すのが仕事なんでしゅ〜w』 

 『壊さなくても、鍵かかってなかっただろ〜。』

解体屋 『俺の前に立ちはだかる奴は倒す!!!』

 『お前、酔っ払いすぎだ! 明日、体中痛いぞ! それに、埃がたつからやめろよ!』

解体屋 『俺は、不死身なんだ! けっこう中身が残っているな〜。』

解体屋は、ふざけて、戸は体当たり、障子や襖は蹴り倒し、前に進んでいった。

解体屋 『家具だけじゃなく、家電まで残っているじゃね〜か!』

『押入れの中はどうなんだ???』

パーン 解体屋は大きな音をたてて、押入れの戸を威勢よく明けた!

解体屋は、ギャーと大きな悲鳴をあげて、後に引っくり返った。

私は、何が起きたかわからなかったので、懐中電灯で再び押入れの中を照らした。

私も、心臓が止まるかと思うくらい、めちゃくちゃビックリした。

中に人がいたのだ!

何も言わず、こちらを見ている。

最初は、訳が分からずに、亡霊かと思ったのだが、よく見ていると、人だった。

 『おい、こんなところで何してるんだ! 死ぬほどビックリしたじゃね〜か・・・・』

次の瞬間、その男は、押入れから飛び出てきた。

そして、私たちの横をスゴイ勢いで走り抜けて、外に出て行った。


私も、解体屋も、再び驚いた。

解体屋 『今の、何だったんだ???』

 『たぶん、この古家に住み着いていたんだろう?』

解体屋 『クーラーもないのにか?』

 『電気も風呂も使えないよ! 水もでないだろうしな〜。』

解体屋 『あ〜 心臓に悪いわぁ〜酔いが冷めた・・・』

 『俺もだよ! お前、前に立ちはだかる奴は倒すんじゃなかったの?』

解体屋 『今のは不意打ちだった・・・あれはないわぁ〜』

 『俺も、マジで死ぬかと思った。。。帰ろうか??・』

解体屋 『そうだな〜 帰るか!』

帰りの車の中で、私の心臓は、まだドキドキしていました。


解体屋 『俺、一瞬で酔いが冷めたんだけど、今、飲酒の検査したら、でるのかな〜?』

 『俺が運転しているのだから関係ないだろ〜。』

解体屋 『警察署近いから検査してもらうか???』

 『お前、アホだろ〜???』

解体屋 『あはは〜 ところで、家の中身、どれくらいあったっけ?』

 『それを見に行ったんだろ???』

解体屋 『忘れた・・・酔ってたし・・・ビビッたし・・・』

 『家具や家電が、そのままになってたじゃん!』

解体屋 『そうだっけ・・・・。』

 『うん! お前、やっぱりアホやろ〜???』

解体屋は、本当に覚えていないみたいだ・・・・・(^^;)

解体屋は、酔っていて覚えてないのか、ビックリして忘れてしまったのか、どちらなのだろう???

まあ、どちらでもいいのですが・・・深夜の怖い出来事でした。。。




ランキング下がりぎみです。今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ



toshikazy at 18:56│Comments(12)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 不動産投資 | 不動産ブログ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Mr0.Fanble   2008年09月22日 20:03
その家に住み着いた不法侵入者も、
「こんな時間に誰が来たんだ!?」
と思っていたのではないかと。
お互いに吃驚な状況って意外にありますね。

ふと、職場の上司(定年退職)の言葉を思い出しました。
「死んだのより、生きてるのが怖いわ」
2. Posted by Mr.Fanble   2008年09月22日 20:11
名前打ち間違えました。
スミマセン。
3. Posted by SARI   2008年09月23日 10:11
5

ある意味、逃げてくれて良かったのかも。
お互い様とは思うけれど、逃げて行った人
相当怖かったと思ふよ。。。
4. Posted by agata   2008年09月23日 10:16
コンドウさん、こんにちは。怖いですね〜でも、本当に人間だったのでしょうか?
5. Posted by げんまい   2008年09月23日 11:20
すごい話ですね〜。10年空家の押し入れに住みついていたオトコとは。。でも、きっとあちらも仰天したはずですよ。誰も来ないと思って安心していたらいきなり夜中にバリバリされて(笑。大事にいたらなくてよかったですね。
6. Posted by せくすい   2008年09月23日 13:04
法律に詳しくて、不法占拠でも何とかかんとかと言ってきたら、もっとこわいでしゅねえ。。。
7. Posted by せくすい   2008年09月23日 13:06
まあ、居住権ってのは発生しないでしょうけど、時●●●あたりをもちだすとか。
8. Posted by せくすい   2008年09月23日 13:06
10年じゃあ無理ですかね。
9. Posted by コンドウ   2008年09月23日 13:47
fanbleさん、死んだのより生きているのが怖い!
その通りだと思います。
仕事柄、いろんな場面に出くわしますが、人って、怖いですからね〜。

SARIさん 逃げてくれてよかったです。
解体屋は、酔いが冷めたと言っていましたが、私は血の気が引きましたよ・・・。

agataさん、間違いなく人間でしたよ。
押入れが、生活空間になっていましたからね。
売主に賃料を払ってほしいですねw

げんまいさん、確かに向こうも驚いたでしょうね。
大きな声で話して、大きな音を立てて、押入れ開けられて、お互い怖かったかもしれませんね。

セクスイさん、たぶん、10年は住んでいないと思います。
10年前から空き家になっていますが、住んでいたのは2〜3ヶ月ってところじゃないのかな〜?

10. Posted by 水戸大家   2008年09月23日 14:43
この古家にいた人、この時出ていかなかったら解体されてたかもしれませんよ^^;
結構、今日のブログはドキドキしました。
11. Posted by コンドウ   2008年09月23日 18:13
水戸大家さん、解体してたらビックリして飛び出てくるでしょうね。

今の解体は、中身を出して、分別しながら解体しますから、潰しちゃうことはないでしょうけどね〜。
12. Posted by コンドウ   2008年09月23日 18:14
水戸大家さん、解体してたらビックリして飛び出てくるでしょうね。

今の解体は、中身を出して、分別しながら解体しますから、潰しちゃうことはないでしょうけどね〜。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
465) お客様が個性を表現できる不動産467) 昨日の続き・・・解体現場