463) 不動産投資 やっぱり駐車場はいいな〜。465) お客様が個性を表現できる不動産

2008年09月20日

464) 強引なハウスメーカー営業マン

お客様から、住宅用地の買付証明をいただいた。

当社の宅地分譲を見て、きれいに造成してあるし水道の引き込みもしてあるし、前面の開発道路が広くて、『私が求めていた土地が見つかった〜。』と喜んでくださり、ご案内した当日に買付証明をくださったのです。

実は、このお客様は・・・・当社と取引があるハウスメーカーさんA社さんと、B社さんで、建築を検討しているとのことでした。

土地は欲しいから決めたけど、どちらのハウスメーカーさんで建てるかは決めていない!ということでした・・・・。


そして、A社とB社と、どちらがいいの?と聞かれるのです。

こういうケースは、ちょくちょくあるのですが、正直、こちらとしても困ってしまいます。

A社もB社も取引があるので、どちらが良いとは言えないのです。

こういう場合は、『お客さまの好みの問題ですから〜♪』って言うことが多いですw


しばらくして、A社の営業マンから私宛に電話があった

営業さん 『お客さまから、土地が決まったと聞いたのですが、プランを作るので、公図か測量図をください! 今から頂きにあがります。』

 『はい。じゃあ、わかるようにしておきますので、いつでもどうぞ。』

営業さん 『社長さん、御社の土地で当社が建物を建てること多いですよね?
お願いがあるのですが、そのお客さま、他社も検討しているようなので、A社で建てるように言っていただけませんか?』

『他のメーカーの悪口を言ってもらうとか、A社で建てないなら土地は売らないとか言ってもらえませんかね〜?』

 『それがね〜・・・他社も取引があるから、どっちが良いとか言えないんだよ! それに、取引していないところだったとしても、悪いとはいえませんよ! 今回の物件は建築条件なしですから、どこで建てるかは、お客さまが決めることですよ!』

すると、メーカーの営業さんは、気が短い人で速攻キレてしまいました。

営業さん 『あんたね〜 年間、どれだけA社と取引してるの? A社で建てないなら死んでも売らない!くらい言うべきだろ〜!!!』

 『ん〜・・・ちょっと、考え方が違いませんか? 当社の宅地分譲があるからA社は建築ができることだってあるし、A社さんがあるから当社の土地も売れることだってあるのだろうし、お互い様なのではないですか?』

営業さん 『社長さん、経営者なんだから損得勘定しようよ! Å社と付き合ってて損はないと思うんだけど、うち、全国で年間○○○○棟から建てているんだよ。 社長さんのところだって、年間かなりの数、うちとやってるでしょ?』

 『いつもありがとうございます。 でも、損得勘定だけで、お客様に勧めるとすれば、Å社さんじゃなく、B社かC社を勧めますw 全国的にどうなのかは知りませんが、当社との取引は、B社 C社のほうが多いですね〜。 じゃあ、とりあえず今回は、おたくが言うように損得勘定でB社さんを勧めてみましょうか?』

すると営業さんは、何故か、訳のわからない発言をした。↓

営業さん 『あんたがしようとしていることは、人の嫁を寝盗ろうとしてるようなもんじゃないか!!!』 

 『はっ??? な・・・なんで、そうなるの? ちょっと例えが違うのでは?  私は、お客様が選ぶことであって、メーカーに頼まれて、お客さまにA社で建てなさいとは言えないと言っているのですよ! 何で嫁を寝盗るになるのですか?』

『あっ・・・でも、その、嫁って表現面白いですね〜〜〜w』

『それは、あなたの奥さんは、あなた以外の男とできちゃう可能性があるということですか??? もちろん、あなたの奥様が、他の男と貴方とどちらにしましょうと相談にきたら、貴方にしなさい!っていってあげますよw』

『お客様にA社にしなさいとは言えないけど、貴方の奥さんに浮気しちゃダメよ!ってことは言えますよ。 見ず知らずの私に相談はこないと思うけどwww』

営業さん 『ふざけないでください! うちとおたくは濃いんだから、A社の建築条件付きだと言ってくださいよ! これだけ取引していて、肝心なときに役に立たないなら、あんたのところは取引停止だ〜。』

 『当社が取引しているのは、A社さんだけではないのですよ! もう1つ・・・当社は、おたくの下請けでもないし、女房でもない!』
『まあいいやw わかりました。 取引停止ということですね。 これから、当社の土地は御社のお客様には売りません。それなら、今回のお客さまもお断りできます。 御社で家を建てる方には、当社の土地は売れないって断りますね。』

営業さん 『そういうことを言っているんじゃなくて、当社の建物にしろっていう意味で言ってるんだ!』

 『話すことは何もないですよ。 営業マンのあなたに取引停止の決定権があるかどうかは知りませんが、とりあえず・・・今までお世話になりました。』

ガチャ! 電話を切りました。

長年、メーカーさんと仕事をしてきましたが、こんな強引な営業さんは初めてです。

その後、営業さんから私宛に何度も電話があったが、でませんでした。

店長からの電話もでない!

所長からの電話もでない!

支社長からの電話・・・さすがに電話に出て話をしましたw

月曜日にお詫びに来るそうです。(さすが大手、対応が3日後w)

私は・・・・業務提携の書類とメーカーのカタログをを破って、宅急便で送ってしまった後だった。(さすが中小企業 当日に対応w)

まあ、支社長さんは立派な方だし嫌いじゃないから、月曜日には仲直りするのだろうが、言いたいことを全部言ってから握手しようと思う!

みなさんが誤解をするといけないので、言っておかなければいけないことがある。

この営業マンさんは、ともかく・・・・他の営業さんはは感じの良い人が多いし、このメーカーさんは、ちょっと高いけど、けっこう良い物を建てるんですよ。

それだけに、今回、強引に建物をお客様に勧めろ!と言われたことが、残念でなりません。




ランキング下がりぎみです。今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ


toshikazy at 00:09│Comments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 不動産投資 | ハウスメーカー

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のび太   2008年09月20日 01:51
こんな強引な営業マンがいるんだ。お客様に喜んで頂けるプランや価格を提示すれば良いだけなのに。

A社(大手企業)>千代田不動産(中小企業)という立場で営業マンも近藤社長に対して強気な発言を言ったのでしょうか? もし同じような内容で、この電話を社員の方が対応された場合、どんな結末になるのだろうか?

こういう会話こそ「レコーダー」に録音して支店長さんに聴かせてあげないと・・・(今回はピィ〜発言は無かったのですか?)

2. Posted by 横浜せくすい   2008年09月20日 03:37
いやあ、勘違いサラリーマンはいけませんね。

会社という看板のありがたみを忘れている気がします。

看板なしでは商売たいへんですし、その分看板は大事にしなければ。

A社の名前暴力に対抗する社長に、
社員の皆様も、ちっとはうれしかったんでは。
3. Posted by Mr.Fanble   2008年09月20日 08:57
何と言いますか、この事に関しては、様々な偶然が重なって生じたのでしょう。
具体例としては、そのお客様が建築依頼をしたいメーカーが、どちらもコンドウさんと取引がある事ですね。
他にも、「これかな ?」とおぼしき箇所がいくつかあるのですが、割愛させて頂きます。

それにしてもこの営業マン、墓穴掘ったなあ。
成…っと、失礼しました。
4. Posted by SARI   2008年09月20日 10:10
5

以前、社長のブログで拝見した内容で、
大手企業の元部長さん(でしたっけ?)
を思い出しました。

言葉を知らない無礼な営業さんも、
所詮、会社の看板に助けられている、
一人の人間であることを、
お忘れのようですね。

素人も玄人も、分をわきまえないと、
いけませんね。

社長の礼儀の『センス』の良さは
いつも感服いたします。
5. Posted by りえ   2008年09月20日 10:41
さすがコンドウさん(笑)
こういう話を聞くと私も独立したくなるなぁ
トップじゃないと、上の人間に気を使いながら喧嘩売らないといけないからめんどくさい〜
6. Posted by 水戸大家   2008年09月20日 12:07
大手といっても、色々な営業がいますよね。
社長はちゃんと、「営業マン」と書いているのが素晴らしいです。
私は頭にきたので、「アホ」と書いてますからね^^
会社単位で見ると大変素晴らしいっていうのも、私のケースとそっくりです。
営業マンは少し会社の事を考えて発言した方が良いですよね。
自分の事しか考えてないからでしょうけど…
7. Posted by コンドウ   2008年09月20日 16:45
のび太さん、今回はピ〜はなかったです。
奥様ネタになったときに、ピ〜になるかと思ったのですが、残念ながら、相手の営業マンさんが乗ってきませんでしたね。

セクスイさん、私は、いつも、こんな感じですよ〜。
メーカーさんは建築、うちは土地、お客様にとって、メーカーの変わりはありますけど、土地の変わりはなかなかないですからね〜。
だからといって、うちは横柄な対応はしません。
ビジネスは、お互い様なんですよ〜。

Fanbleさん、営業さんは、墓穴を掘ったというか、最近、成績が悪くて焦っていたようです。
営業さんは、成績が悪いと、会社にいられませんからね〜。
8. Posted by コンドウ   2008年09月20日 16:54
SARIさん、後付の言い訳ですけど、営業さんは、何としてでも契約をとらなきゃいけない状態だったらしいです。
自分の営業生命を賭けて勝負してきたのでしょうね〜。
気持ちはわかりますが、言い方を間違えてはいけないと思います。

りえさん、独立しましょう!
私も社員ができないから社長しているのかもしれません。
社員の辛さと経営者の辛さを天秤にかけ、孤独な立場ですけど社長の辛さを選びました。

水戸大家さん、営業さんと書きますよ。
私が、実名をあげていなかったら、水戸大家さん以上に、書いたかもしれませんけどね。
アホの上に、ドを付けてたりするかも・・・w
けっこう、ストレス貯めてくれる方が多いですからね〜・・・(^^;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
463) 不動産投資 やっぱり駐車場はいいな〜。465) お客様が個性を表現できる不動産