56)セカンドハウス PART258) 住宅用地を買う前に・・・・。

2007年08月30日

57) 土木業者さん ごめんなさい 

当社で住宅地を造るにあたり、土木工事の見積を4社からとった。

土木業者の皆さんが、一生懸命積算をしてくださるわけだが

実際に工事をやってもらうのは1社のみ><

土木 解体 建設 広告 etc

全て相見積もりを取って安い業者でやってもらってるのだが、

数十万〜数百万のものならいいのだが、今回の住宅地を26区画つくるという
大きな工事のためか、4社とも、めちゃくちゃ力が入っていた。

各社の社長さんが直接でてきて自社のアピールをして頭を下げて帰られる。

この中から1社を選ぶのは、辛い;;

結局、今回の工事は、H建設に決まった。

価格も1番安かったし、現場を細かく調査し今後の問題点等を教えてくれた。
文句なしに決定w

しかし、大変なのは、ここからなんだw
各業者さんに断らなくてはいけない!
各業者さんは、その下請け数社から見積をとっているだろうし、
何時間もかけて積算し見積りを出してくださったわけで、断るのが辛い><

たしかに競争の世の中ではあるが、この仕事を取るために使った労力を考えると
何とも申し訳ない気持ちになる。
かといって、1社専属で工事をしてもらうのは、非常に危険だ!
競争があるからこそ、安く良い仕事をしてくれるわけだしな〜。
断るのは申し訳ないし辛いけど、社長の仕事だ><

今朝、手土産を持って、「H建設に決まりました。せっかく見積りをしてくださったのに申し訳ございません」と各社を回ったわけだが、
やはり断った先は残念そうだった。
次回の入札は、是非、頑張ってもらいたい。

俺が、何を言いたいかっていうと・・・・
最近、みんな当たり前のように、相見積りを取り業者を決定する。
素人さんたちが家を建てるときでも、当たり前のように各ハウスメーカーに
相見積りをさせて、各社競争させて、そのあげく入札最安値の上から
叩きまくって、やっと契約。
そんな人が多い。

値打ちに良いものを買いたいの当然のことだから、それでいいと思う。
ハウスメーカーだって建築が取れれば、数百万儲かるわけだしねw

ただ、仕事と言えども、お客さんのために一生懸命プランと見積りを作ってることを
忘れてはいけないと思います。
断る理由と、ありがとうございましたという気持ちをしっかりと伝えなければいけないのではないでしょうか?

相見積りとっている最中に、その場所で他社の建築が始まっていたら、営業さんは
さぞかし悲しいでしょうね><
また、他社と契約が終わっているのに、遊び感覚で見積りをとったり、ハウスメーカーの粗品がほしいために相見積りをとることは、人としてやってはいけないことだと
思います。
自分が得をするために、悪意をもって人に迷惑をかけることはちょっとね〜^^:


当社では、下請けさんに対し、手がかかる相見積りのときは、菓子折りだけではなく
日当程度の金を志しとして包んでいく場合もあります。

それが、私の気持ちであり、そうすることにより少しは断られた側にも、当社の誠意が伝わるのではないでしょうか?

競争社会において、勝った負けたは当然のことなんですが、
相手も真剣なら、こっちも真剣に対応することが大切だと思います。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まゆげ犬   2007年08月30日 15:48
心があったかくなりました。人の立場に立って考えるって簡単そうでなかなかできないことだと思います。下請けの方にも気持ちが伝わってるといいですね!
2. Posted by がっちゃん   2007年08月30日 18:00
5 自分の立場を利用して下請けを家畜のように扱う社長が多い中、下請けに頭をさげることができるのは、素晴らしいことであり下請けと良い関係にあるということです。
とても良い記事で心が和みます。
3. Posted by ゆうか   2007年08月30日 23:34
セクハラ社長に我慢ができなくて春に就職した不動産会社辞めてしまいました。
私が愛知県に住んでいたら近藤社長の会社に就職したいなー。
4. Posted by じっこー君   2007年08月31日 11:10
良い考え方ですねぇ〜。。。
win to win ですね!
相手も、あなたも、両方ともが勝つ方法を考えて、行動する。
凄く良いことで、当たり前であり、一番実践したい事ですねぇ!
ありがとうございました(#^.^#)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
56)セカンドハウス PART258) 住宅用地を買う前に・・・・。