11 賢い土地購入 素人さんの為の不動産学校13 不動産の査定業者選び 素人さんの為の不動産学校

2007年04月07日

12 不動産の査定ゞ伴堊び 素人さんの為の不動産学校

不動産を売却するとき、あなたはどうしますか?

不動産業者に査定をしてもらうという方が多いと思いますが、
どのように業者を選んでいますか?

仲介の査定が一番高いところでと考えている人がいるとしたら
それは大間違いです。
あくまでも、仲介の査定なんてのは、その価格で売れるか売れないかわからないが、
これくらいが、売れる価格ではないでしょうか?というのが査定価格なのです。
私が査定で他の業者と競合したときに、この業者は仕事として仲介をしたい物件なので、売却依頼をもらうために少し高く価格設定してあるのでは?なんて思うことがよくあります。
それで、売却依頼を他業者にとられてしまうこともあるのですが、最終的な結果を見ると、結局、しばらく売れずに価格を下げて売却しているのです。
業者として、仕事を取るためには良い方法かもしれませんが、私はこういったやり方は嫌いですね。

私が査定をだすときは、基本的に取引事例から平均値を割り出したものに、
向き 日当たり 近隣の雰囲気 最近の土地の動き等を考慮しプラスマイナスしたものを仲介査定とし、そこに売主様の借り入れや売却時期等、状況と希望を盛り込み
売却価格として提案させていただいております。

なおかつ、仲介査定以外に、売れない場合の買い取り保障価格も提示するようにしています。当社規定で買い取り保障のつけられない場合もありますけどね。

データーから適正価格を割り出し、尚且つ、適正価格で売れない場合の買い取りというシステムで、対応するようにしているのです。
お客さまが物件を売るということは、何らかの目的のために売ることが多いので、
お客様が目的を達成するための計画が立てやすいようにさせていただいております。

別に自社を宣伝したいわけではないですが、不動産業者を選ぶときは、どのように査定したのか? その価格で売れない場合は、どうするのかということを聞き、お客様の目的を含めて相談にのってくれる不動産業者を選ぶと良いと思います。

不動産は、時間をかければ、高く売れる可能性が高くなります。
高く値段をつけて売り出して少しずつ値下げして買主の反応を待つのが賢い売り方ですが、最終的に・・・・最悪いくらの覚悟をしておけばいいかってのが、最も重要なことであり、お客様の安心が当社への信頼につながると考えています。

個人的な意見ですが、仲介査定をし売却を依頼するには、買取保障をしてくれる業者を選ぶとよいと思います。

売るということより、売ったあとのお客様の計画、人生設計・・・
そういう観点で業者を選んでみてはどうでしょうか?



toshikazy at 14:07│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 素人さんの為の不動産学校 | 津島 千代田不動産

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
11 賢い土地購入 素人さんの為の不動産学校13 不動産の査定業者選び 素人さんの為の不動産学校