癸院〜膿佑気鵑琉戮良堝飴些惺察 奮校)癸魁”堝飴困硫礎諭 塀斬霍愼) 素人さんの為の不動産学校

2007年03月18日

癸押”堝飴困硫礎諭 頁箋僉法〜膿佑気鵑琉戮良堝飴些惺

こんにちは Toshikazyこと近藤です。
よく 売り側のお客様から ○○市の土地の相場を教えてくださいと質問を受けますが はっきり言って 同じ市内でもピンキリなんですよね。

例えば本社所在地の津島市を例にあげても 坪単価1万〜5万の農地もあれば
坪40万の住宅地までいろいろあるわけです。
農地についてだけでも 道路に面してないような1万円のものもあれば 大きな幹線道路についた20万以上のものもあります。

宅地だとしても 家の建て替えの難しい 調整区域の新宅地なら10万くらいですし
 駅そばの人気の場所で南向きで地形の良いものであれば40万くらいで売れるものもあります。

建物についても築年数のわりに良いもの悪いものがあり 津島はいくらなんて聞かれても正直困ります。

不動産の価格というのは 面積 場所 向き 地形 前面の道路幅 利便性 都市計画 近隣の雰囲気 その他 によって変わってきます。
個々に査定しないと一概にいくらですとは言えません。
最終的には 需要と供給のバランスさんでしょうけどね。

当社では 売却査定の依頼があると 現状のままで売った場合の査定をしますが 
もう少し高く売るにはどうすればいいかというアドバイスもさせていただくようにしています。
例えば 100坪の土地であれば 2つに分筆して50坪×2で売るということを提案する場合があります 。
通常の査定で坪30万×100坪で3000万の査定がでたとして 50坪の土地の査定であれば35万×50坪で1750万という査定がでる場合があるのです。

素人さんは 何で同じ場所で 坪単価が変わるんだと聞きたいと思いますが・・・・

答えは簡単w
100坪で3000万の土地を買って2000万の家を建てると5000万ですよね
。5000万の家を変える人は少ないのです。

これに比べ 50坪で1750万の土地を買い2000万の家を建てたとすると
土地建物で3750万・・・年収500万以上あれば ほとんどの人が買えるわけですよ。

100坪の土地を求める人より 50坪の土地を求める人のほうが圧倒的に多いわけなのです。
需要が多ければ 土地は高くなります。
通常の査定で3000万だとしても 少しプロが知恵を出せば3500万で売れる場合があるのです。
もちろん分筆費用はかかりますが 10万程度ですからね。
売り方の違いで 約500万高く売れる場合があるのです。
2つに切れない場合や 需要が少ない地域等で このようなことのできない場所もありますけどね。

それから 前面道路が狭く査定が低くなった場合 セットバック等をして前面道路を広く見せたり使いやすくして 坪単価を上げることもあります。

その他 私たちプロは いろいろなことを考え提案して 売却依頼のお客様が少しでも高く売れるようにアドバイスしています。

お客様の都合で 早く売りたいという希望があれば 安く査定したり 時には すぐにお金が必要なんていうことがあれば買い取る場合もありますけどね。



不動産の売却相談は当社に・・・・と言いたいところですが・・・・・・・・・・・

まあ 基本的に少しでも高く売りたいのであれば 売り急がなことと プロの意見を聞くということだと思います。

あっ そうそう 中には悪い人もいますから騙されないように気をつけることもお忘れなく!


次回癸海蝋愼について書きますねwww










トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
癸院〜膿佑気鵑琉戮良堝飴些惺察 奮校)癸魁”堝飴困硫礎諭 塀斬霍愼) 素人さんの為の不動産学校