2020年12月

2020年12月29日

住みながら家を売れるリースバックの良し悪し(No. 2475)

住みながら家を売って大金が手に入る夢のような話、家のリースバックをご存知ですか?

簡単に説明すると、家を売って代金を先に貰うんですが・・・、その後、買ってくれた人に家賃を払って住まわせて貰うということなんですが・・・。

BlogPaint


本日は、家のリースバックについて書かせていただきます。


年末の糞忙しい時に、友人Uから電話・・・。

商談中で出れないのに、何回も電話が鳴るので、『ちょっと失礼します。』と席を立って隣の部屋に行き電話に出ました。


『はい、近藤でございます。お急ぎの御用ですか?』(仕事中感をアピールw)

友人U 『急いでるから何度も電話しとるんだけど・・・。』(若干不機嫌)

『忙しいから電話に出れんのだけど・・・・。』(かなり不機嫌)

友人U 『出てるし・・・。それはいいんだけど、う、う、うちの親父がさ〜』

『えっ・・・死んだのか?』

友人U 『死んどらんわ!  家を売るって言っとるんだけど、家を売っても住み続けられるって、そんな話あるのか? 騙されてるんじゃないのか?って、速攻電話したんだわ。』

『なんだ〜 そんなことか〜。 てっきり死んだかと思ったじゃないか〜! そんなことでガタガタ騒いでんじゃね〜。 騙されてないと思うけど・・・! 最近流行りの、家のリースバックの話だろ?』

友人U 『それ・・・それそれ、家を売っても家賃を払えばいいみたいなやつ・・・。』

『契約したわけじゃないんだろ?』

友人U 『まだしてないと思うけど・・・契約する気でいるみたいなんだわ。』

『まあ、とりあえず契約してないなら、あとでいいか? 電話するわ。 不動産屋の名刺とパンフレットか何かあると思うから、写真撮ってLINEで送っといて・・・。』

友人U 『わかった・・・。 忙しいのにゴメンな〜。』

『まあ、お父さん、リースバックするってぐらいだから、元気そうだな〜wよかったわ〜w あとで、電話するわ〜! じゃあな〜・・・。』

ということで・・・電話を切ったわけだが・・・・。





まあ、考えてみれば・・・、昔から、小さな事で大騒ぎする奴だったので、今回も、小さな事で騒ぎやがって〜!と思っていたのだが・・・。

実は、意外と大した事でして・・・。


商談が終わり、LINEに送られてきた画像を拡大して見ていたところ・・・

買取の査定金額が・・・・相場の半値以下・・・!


しかも、契約はしていないようだが、契約日が決まっていると友人UからのLINEの文章に書いてあり、それが年内契約で明日だった・・・!

私は、速攻で電話をした・・・。

『もしもし・・。 おいっ、その契約したらあかんぞ〜! 相場の半値以下、そして払う方の家賃は、相場だ・・・。 12年住んで家賃を払ったら買取金額を超えるぞ!』

友人U 『やっぱり詐欺か〜! とっ捕まえて警察に突き出してやるか〜!』

『違う違う・・・一応、合法だ! というか・・・、買った方の利回りにすると大した利回りでもないから、収益還元で考えると、そんなもんかもしれんけど・・・。 今の実勢価格で考えると、相場の半分以下だな。 それなら、他所を空家かマンションでも借りて、相場で売ったほうが、条件がいいよ!』

友人 『そうなんだ〜。 俺、よくわからんから親父に説明してやってくれよ! 契約は、やめるように言っておくから・・・。 忙しいとは思うけど・・・年内、時間ない?』

『さすがに、年内はきついから、来月の10日以降にして〜・・・。とりあえず、契約は、中止しといて・・・。』

という事で・・・一旦、収まったかと思ったのだが・・・・。

IMG_8316


その日の夜・・・再び友人Uから電話があり・・・・。

親父さんが、不動産業者に断りの電話を入れたら、契約書を持って押しかけてきて、強引に契約をさせようとしたようで・・・友人Uが、お父様宅に来ている不動産業者と電話で話したようだが・・・不動産業者的には、お父様とお約束をしたから、契約書も作成したし、何度も足を運んで説明をしてご納得いただいたのだから今更契約をしないと言われても困りますと怒っているらしい・・・。

とりあえず、今日のところは帰ってくださいと言っているのに、あ〜だこ〜だ言って帰らないらしい。

『あはははw で・・・、不動産営業に押し込まれて、帰らせることができないってか〜w 親父さんの実家に行って、追い返してくればいいじゃん! 最悪、警察呼ぶって言ったら帰るだろうw』

友人U 『それがな〜。 警察呼ぶって言ったんだけど・・・。警察を呼ばれるようなことはしてませんって、強気なんだよ〜!』

『とりあえず、行け行け・・・電話であかんのなら親父さんの家に行って追い返してこい! お前の顔見たら、帰ると思うよw』

友人U 『わかった。行くけど、近ちゃんも来てくれない?』

『俺、錦で、協力会の忘年会中だ! 無理! ・・・・ まあ、いいわ・・・親父さんの家に行って帰らなかったら、そこから俺に電話して、営業の人に変わってくれたら話するわ〜。』

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


そんなわけで・・・1時間後・・・

今年は、協力会の忘年会も9時に終わり・・・貸切にしていた店も閉めたので・・・俺も合流しようかな〜と思って、友人Uに電話をしました。


『もしもし、こっち空いたから、そっちに行ったろうか〜?』

友人U 『いや、今、不動産屋さんの話を聞いているんだけど・・・。 考えてみたら、ここに住んでいれば、引越しの手間もないし、住み慣れたところに住み続けられるから・・・親父にとってはいいのかな〜と思って・・・。』

『アホか〜! 相場の半値以下だぞ! お前、その印鑑押した瞬間に2000万円損をするんだぞ! まあいいわ〜・・。 不動産屋を電話口に出せ・・・電話代われ〜!』

友人U 『わかったけど・・・いい人だから穏便に頼むわ!・・・(スミマセン サキホドハナシタ、フドウサンヤッテルユウジンガ オハナシヲシタイト・・・・)』

不動産業者 『もしもし〜 私、@@@@の$$と申します。 U様の息子さんのご友人とお聞きしましたが・・・千代田不動産さんの社長さんですよね〜。 御社の@@さんと1度お取り引きをさせていただいた事がございましてぇ〜』

『あっ、どうも・・・。 それはそれは、お世話になりまして・・・。でね・・・まあ、そういう事なら単刀直入にいうけど、今から、そっちに行って話をしてもいいんだけど、俺も飲んでるし、めんどくさいから・・・、とりあえず、今日のところは帰ってくれませんか? 俺としては、おたくの仕事を横取りしようとしてるわけじゃ〜ないんですわ〜。』

不動産業者 『それは、お聞きしたのですが、私もU様とお約束したので、なんとか契約をしていただきたいんですよ〜!  あっ、もしよろしければ、私が明日、会社の決裁を取りますので、仲介に入っていただくって事でいかがでしょうか? もちろん弊社からのみの手数料ということになりますので片手にはなりますが〜・・・。』

『なるほど・・・。 そう来たか・・・w そういう問題じゃなく、まあ、とりあえず今日のところは帰ってもらうわけにいかんかな〜? 夜も遅いし・・・。 俺、今から、そっちに行って、お前とゴタゴタやるのめんどくせ〜んだわ〜! 』

不動産業者 『めんどくさいと言われましても、元々がU様と弊社のお話なので・・・。』

『仲介業者として入ってくれと言ってみたり、関係ないと言ってみたり・・・コロコロ変わりやがってコウモリみたいなやつだな〜・・・まあいいわw とりあえず、倍の金額で契約書作ってこい! そしたら、仲介に入ったるわ。 仲介手数料0円でいいぞw』

不動産業者 『買取の金額についても、すでにご了解をいただいておりまして・・・その金額ですと、社の決済も取れませんので・・・、それでは、社長様のお顔を立てて、100万UPでいかがでしょうか? もう、それが限界です。その上で、仲介の方も入っていただいて・・・』

『ん〜・・・。 ちょっと難しいな〜。 あと2000万円積んでくれない?・・・・まあ、ここで、こうやって話していても、埒が明かんだろ〜? 飲み屋が9時で閉店で、俺も今外で電話してるから寒いんだわ〜。  今からそっちに行くから、酒買っといてくれる? 体が冷えてしまったし・・・。もしくは、仕切り直しってことで今日は一旦帰ったら? 俺も帰るから・・・。』

不動産業者 『仕切り直して、契約させていただける保証はありますか?』

『ないな〜w まあ、でも、逆に、こうなってしまった以上、何をどうしようが、契約できない気がしない?  あなたも今日は諦めて、とっとと帰って、飯食って風呂入って寝なさい。 朝起きて、また明日考えよう。 俺も帰るから・・・・。粘って契約できると思う?』

不動産業者 『なんとかご理解いただけないですか〜・・・。』

『利回り計算すると、おたくの買い取りたい価格も分かるよ! でもな〜・・・、相場の半値以下は、ちょっとえらくない? 俺、Uさんの息子さんの友達だぞ!  俺んとこに聞こえてくる前に契約したらよかったのにな〜w 聞いた以上は、引けないんだわ・・・申し訳ないけど・・・。』

不動産業者 『わかりました。 今日は帰ります。 明日、また来ます。』

『まあ、あんたからしてみると、仕事してたら、俺が横から出て来てクシャクシャにしたわけだから・・・ムカつくだろうし、えらい災難だわな〜。 不動産業者としては、申し訳ないとは思うけど・・・、Uとは、友達なんだわ・・・俺の立場も分かってね。 分かってくれたから、帰ってくれるんだとは思うけど・・・。まあ、うちは、トンビが油揚みたいなことはしないんで・・・そこは、信用してくれていいよ。』

不動産業者 『はい! それは、分かります。  また明日きますので・・・そこは、理解していただきたいです。』

『まあ、そりゃ〜そうだわな。 断られてからが営業の仕事だからなw 邪魔して悪かったね〜。Uに変わってくれる?』

不動産業者 『はい! 今、代わります。 失礼します。』

という事で・・・この場は、おさまったわけですが・・・。

IMG_0236


実は・・・まあ、なんというか・・・、なんだかんだ言って・・・結構、粘ってきて頑張ったというか・・・、今時、珍しい、いい営業マンさんだな〜なんてことを思ってしまったりして・・・!

なんだかんだ、友人Uも説得されそうになっていたぐらいですし・・・!笑

あとで、聞いた話だと・・・家のリースバックのメリットを きっちり説明して、親父さんの老後の話も含めて、四方八方から攻めて、U親子を説得しようとしたようです。

その後、友人Uに・・・。

『もう、会うなよ! 親父さんにも釘さして、会わない!電話に出ない!待ち伏せされても話さない!を徹底しろよ!』

友人U 『分かった。ありがとう。 危うく騙されるところだった。 不動産業者は、口が上手いな〜・・w』

『ん〜・・・。 騙そうとしたわけではないんだけど・・、査定の方法が違うから、取引事例で査定すると半値以下・・・、収益還元で計算して、収益物件として査定すると、少し安いぐらいで、まあ、そんなもんじゃないかな〜って感じだから・・・詐欺ではない! ただ、ちょっと強引だったな。 お前、人がいいと言うか、頭の構造単純だよな・・・w』

友人U 『いい人って言ってくれよ!  それに、親父の家だから、親父が死ぬまで住めればいいかな〜と思ってな・・・。 あの営業マンも、住み慣れた家に住みながら大金を手にして、幸せな老後を送れると言ってたんだよな〜。 安くは売ってほしくはないけど、親父の物だからな〜。親父の家や財産を貰おうなんて思ってないしな〜。』

『そう思うなら、ガタガタ騒がんと、親父さんをそっとしておけばよかったじゃん。 いちいちめんどくさい奴だな〜。 もう、売れ・・・あの営業マンも喜ぶそw お前の親父が、必死に働いてローンで買った家を半値以下で売れ!  俺の方こそ、他人の財産だし、どっちでもいいわw』

友人U 『家は売らない・・・売らないけど・・・相場で買ってくれるなら逆にいい話かもしれんな。と思って・・・。』

『一番良い話教えてあげよう・・・。 家は売らずに、お前が、親父さんの生活費を面倒見てやるんだよ! そもそも・・・、親父さんが、営業マンの口車に乗ったのは何故だか考えてみろ! 衣食住足りて、親孝行息子がいたら、家を売って先に金もらって、自分の元家に家賃を払おうなんて思わんだろう?』

友人U 『確かに・・・。 親父、生活苦しいのかな〜?』

 『知るか! よその家の米櫃の量は知らんわ!  そもそも、親父の財産を貰おうなんて思ってない!って、格好つけてるつもりかもしれんけど、全然カッコ良くないぞ! かっこいい親孝行息子の親は、家をリースバックしようとしないっつ〜のw』

友人U 『なるほど・・・。 そうだよな〜・・・。 ところで、近ちゃん、質問なんだけど・・・。 ダイヤニウムの代理店やったら儲かる?』





『そうきたか・・・。 利益が出ているであろう特販店の方が多いけど・・・、お前がやっても儲からないと思う。』

友人U 『なんで? 俺は、儲からないって断言できるの?』

『お前が、特販店とかになると、担当の子が可哀想だし、俺も、また出て行く羽目になりそうだからやって欲しくないだけ・・・・w』

友人U 『その言い方、酷くないか?』

『酷かったかもな・・・ごめん。 申し訳ない! でも、ダイヤニウムの特販店になるのは、やめてねw』

そんなわけで・・・今回の一連の話は、ここまでなんですけど・・・・。

素人さんに、家のリースバックについて説明して終わりたいと思います。

家のリースバックとは・・・・。

通常の売却と異なり、売却によって不動産の所有権は買手側に移るのだが、元々の持ち主だった売主は賃借人となり住み続けることができる。
※この買主というのは、不動産会社が買い取り買主となる場合もあるが、不動産屋が第三者に仲介をして、その第三者が所有者兼大家になる場合もある。

メリット

・売却後も家賃を払って住み慣れた家に住める
・リースバック方式であれば、老後の資金を先に得ることができる。

デメリット
・一般的に通常の売却よりも安くなる。
・毎月、賃料がかかる。
・悪質な業者に引っかかると、安く売った上に、更新時に追い出されたり、家の所有者が、コロコロ変わると、追い出されたり賃料を増額される可能性がある。

リースバックの話が来たら、どうすれば良いのか?

・普通に売却した場合の査定と、リースバックの金額を比べてみる;
・リバースモーゲージとも比較検討してみる(※不動産を担保にして、銀行から老後等の資金の融資を受けることができる。)

普通に考えると・・・、何故、わざわざ安い値段で売った上に、高い家賃を払わなきゃいけないのだろう? アホくさ〜と思うかもしれないが・・・。
不動産はあっても老後の資金がないというお年寄には都合が良いですし・・・これ専門にお年寄り相手に営業している連中は、めっちゃ営業上手なので、家をリースバックすると幸せになれると思ってしまうみたいです。

IMG_4683


余談になりますが・・・、実は・・・・、以前、不動産コンサルの方の仕事で、トークスクリプトを作ったことがあるが・・・。
依頼元の不動産会社の担当者いわく・・・ 悗發少し将来の不安を感じるような・・・』◆悒僖鵐侫譽奪箸鳳茲辰討任呂覆、パンフレットには書けないような・・・、なんて説明したら良いんですかね〜・・・。 もっと、お年寄りが幸せになれるような宗教的な要素も盛り込んでいただけませんか!』とのことで、トークスクリプト作成で2回ボツ食らいました!笑

この時、私は・・・、トークスクリプトに宗教的要素を盛り込むために、@@宗の偉い坊さんを、接待したんですけど・・・。
食事の場所&お姉ちゃんがいる店に、依頼主の不動産会社が作ったパンフレットを持って行って、まあまあ真剣に相談しましたからね〜w

今回の件の不動産営業さんを庇うつもりはないですが、会社の方針に忠実な人なんでしょうね〜。
まあ、今回の営業さんのパンフや、トークスクリプトを見たわけではないですが・・・・。

基本的に、家のリースバックをやっている不動産会社のパンフレットや説明資料には・・・
基本的に、社会情勢、仕組み、メリット、安全性が書いてあり・・・、安心感を与えて幸せな老後をイメージさせる感じですが・・・、トークの中には、老後の不安を煽ったり、背中を押すための殺し文句が入ってますので・・・ましてや、やり手っぽい営業マンだったので・・・今回、友人Uが、説得されそうになったのも、実は、よくわかります。

まとめというか・・・結論!

財産を子供に残す気がなく、売ったお金で一生遊んで暮らせるなら、家をリースバックで・・・とっとと売って現金化して・・・死ぬまで悠々自適に生活するのも悪くないかもしれませんが・・・。

まあ、私は、子供に財産を残さないとしても・・・、例えリースバックにした方が得だとしても・・・自分の家を他人に売って、それを借りるというのは、損得勘定の問題ではなく嫌かな〜・・・。

最後の最後になりますが・・・、家のリースバックをされる際には、通常の売却査定よりも安くなることが多いので、買取査定、仲介査定を数社から取った方が良いという事と・・・、契約後、何らかの事由で追い出されるような事の内容に、最初の段階できっちり契約をしておく事が重要です。

それでは、本日は、このへんで失礼いたします。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください









toshikazy at 17:02|PermalinkComments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 素人さんの為の不動産学校 | ハウスリースバック

2020年12月26日

新型コロナ 抗ウイルスエビデンスの話(No. 2474)

年末なのに、感染者数最多、入国停止等、新型コロナウイルスのニュースばかりですね。

2020年を振り返ると・・・新型コロナウイルスの年でした!としか頭に浮かばないです。

振り返ると、パンデミックで・・・暗い一年でした。


今年は、コロナコロナで終わってしまうのか〜と思っていたのですが・・・そんな中、コロナ関連には変わりないのですが・・・・。

2020年で最も嬉しい朗報が入ってきました。

某医大から、新型コロナウイルス(SARS-CoV2)に対しての、ダイヤニウムの抗ウイルス(新型コロナウイルスの減少率)のデーターが出てきました。

FullSizeRender


簡単に説明すると・・・。

・ダイヤニウムアルコールタイプ 30秒でSARS-CoV2が99.9%
・ダイヤニウムを塗布したフィルム 2時間で96%減少 4時間で98%減少 8時間で99%減少

某医大が試験をして検証データーをもとにエビデンスを出してくださりました。

正直、この結果が、欲しくて欲しくて欲しくて・・・

今年の3月から、ダイヤニウムから、複数の研究施設や大学に、新型コロナウイルス のエビデンスが欲しいとお願いをしてきましたが、ことごとく断られてきました。

初期段階では検体がないと断られ・・・その後も、なんだかんだ理由をつけられて断られて・・・まるで新型コロナの検証データーを出すことが悪い事なのかと思うほどに、けんもほろろに断られ門前払い!
こちらは、頭を下げて研究費も出すとお願いをしてきたのですが、費用の問題ではなく、研究期間は断ってきたのです。

検体がないとか、新型コロナは無理だとか・・・100件以上の施設や大学にお願いしたわけですが・・・ダイヤニウムの社内では、もう日本での新型コロナのエビデンス取得を諦めかけていて、アメリカの施設に依頼をしようとしていた9月頃に、某医大が引き受けてくださったのです。

FullSizeRender

(イメージとしてyahoo!画像使用)

これまで、ダイヤニウムは、インフルエンザウイルスや、大腸菌O-157、白癬菌等、多くのエビデンスがあり、ISO基準であるSIAAの抗菌と抗ウイルスはクリアしていたものの、新型コロナウイルス(SARS-CoV2)の抗ウイルスエビデンスは、ありませんでした。

実際には、インフルエンザのエンベロープに効いているので、良い結果が出ることは分かっていたのですが・・・新型コロナウイルス(SARS-CoV2)に効くということを証明しないことには、新型コロナウイルスの抗ウイルス剤としては不完全だったわけです。

どの研究機関も引き受けてくれない中、某医大には本当に感謝しています。
断られていた数が100回を超えているだけに、100回以上、頭を下げて、ありがとうございましたを言っても足りないくらい感謝しています。

アルコールについても厚生労働省が、70%以上という目安を示しているだけで・・・ちゃんとしたエビデンスを見たことがありません。
ダイヤニウムアルコールタイプは、30秒で99・9%減少させたという結果が出ています。

多種多様な抗菌抗ウイルス系の商品が売られていますが、新型コロナウイルスの抗ウイルスエビデンスは、ほとんど見たことがありません。
ダイヤニウムは、2時間、4時間、8時間の減少率が出ており、8時間で99%に達しました。
因みに、ナノダイヤモンド触媒では、世界初のエビデンスです。

FullSizeRender

(イメージとしてyahoo!画像使用)

この結果を、どのタイミングで、どのメディアからリリースするのかは決まっていませんが・・・。
ダイヤニウムの社員たちが、必死で研究施設や大学等にお願いをして、ことごとく断られ、それでも諦めずに頑張り・・・今回、新型コロナウイルスの抗ウイルスの証明ができることになり・・・社員たちの頑張りと悔しさ歯痒さが報われたことが何よりも嬉しいです。

そして、現在、ダイヤニウムには約50社のパートナー(特販店)がいますが、弊社を信じてついてきてくださっているわけで、今回、新型コロナウイルスの抗ウイルスエビデンス取得のご報告できたことも心底嬉しく思います。
ダイヤニウムの特販店の大半は、好調に業績を伸ばしてはいるものの、ナノダイヤモンド触媒自体が安いものではないので、相見積もりやプレゼンで競合他社に負けたというケースも報告を受けております。
今後は、ISO基準SIAA抗菌抗ウイルスに加えて、コロナの実証データーを全面に営業活動ができますので、今までよりも成約率が上がることは間違いないでしょう。

今だから言えますが、私も、人脈をフルに使い、国立、県立、民間の研究施設のあるところに相当数にあたってもらいましたが全滅でしたが・・・、そんな中、ダイヤニウムの沼倉社長が、やってくれました。

詳しい結果、データー等は、近々、ダイヤニウムの方から発表される予定です。

FullSizeRender


各メディアに情報解禁日を通達して・・・という通常のパターンかと思います。


新型コロナウイルスのエビデンス取得により、共同研究開発を進めてきた、某大手乗り物メーカーが公共交通機関向けにダイヤニウムを選定しました。

これらの詳細が、情報解禁日に公開されるわけですが・・・・。

ついつい嬉しくて・・・ブログに書いてしまいましたが・・・情報解禁日の前に、これを書いてしまってよかったのだろうか?

まあ、映画で言うなら、予告編見たいなものだし・・・すでに検証データーもあるし・・・、一応、ダイヤニウムの会長職なのでいいかな〜と・・・最悪、まずいときは、速攻でブログを消します!笑

できれば・・・日本経済新聞、産経新聞、中日新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞様、一面でお願いします・・・フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京、他民放各社様の夕方のニュースで宜しくお願いします!笑笑

ダイヤニウムは、新型コロナウイルスが流行する前から、抗ウイルス、抗菌、消臭、防カビ、鳥害対策に取り組んできました。

現在は、新型コロナ第三波の接触感染リスクの低減のため、ダイヤニウムの社員たちは昼夜問わず頑張っております。



新型コロナの不活性化のエビデンスを取得した以上、日本中、世界中にダイヤニウム施工をしたい気持ちでいっぱいです!

そんなわけで、本日は、新型コロナ 抗ウイルスエビデンス取得の話を書かせていただきました。



(日本語版)


(English version)




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 22:49|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック コロナウィルス | ダイヤニウム

2020年12月24日

エンジェル投資家と不動産投資家の大事な事は?(No. 2473)

今年は、大勢が集まる忘年会は、少なかったですが・・・、逆に、少人数の忘年会らしきものが多く、結局忙しい年末になりました。

今日は、クリスマスイブですが、流石に今年は、クリスマスパーティー等のイベントは中止になったわけですが・・・、ということは・・・、先日、経営者や投資家など、15人ほど集まっての飲み会が、今年最後の大きな忘年会になったという事であり・・・、そこに初参加した、不動産投資家が、これがまあ、空気が読めないというか不愉快な人で・・・そんな話を交えながら今日のブログを書いていこうと思います。

さて・・・・本題に・・・。


私は、不動産会社の代表をしていることもあって、多くの不動産投資家との繋がりがあり頻繁に交流をしています。

同様に、名古屋の丸の内で、コワーキング&レンタルオフィスをして若い経営者たちとの繋がりも多いので、の大中小にかかわらず、多くの経営者と繋がりがあり交流をしています。


IMG_4634


おかげで、毎年、接待交際費は数千万円使うわけだが、不動産と言えば近藤社長と思ってくれている人も多く、それ以上に仕事をいただいているので・・・この訳が分からない高額の接待交際費を賄えているんだと思います!笑

逆に私が、人と飲んだり食ったり旅行したりをやめたら、最初の1〜2年は仕事が降ってくるのだろうが・・・流れを止めて数年経ったら、仕事はどんどん減って行くように思います。

でも、私は、接待交際を、ビジネスに繋げなくてはいけないと思っていなくて・・・実は、遊び仲間、飲み仲間、趣味仲間など、通常の人間関係から・・・不動産と言えば近藤社長という感じに思ってもらえたら嬉しいな〜というぐらいの感じで、老若男女問わずお付き合いをしているが、なんだかんだ、仕事に繋がっていく!

日常の中で・・・不動産投資家、エンジェル投資家と話をすることが多いわけで・・・。

不動産投資家と話していると、小金持ちで節約好きな人だな〜と思うことがが多いような気がします。

例えば、飲んでいて・・・、その場の雰囲気で高額なシャンパンやワインをおろすのを嫌う人が多いし、車や時計の売り買いの話も過剰にコスパや下取りを気にしたり・・・、消費と浪費の違いの境目が低く、サラリーマンの、ちょっと上ぐらいの感覚であり・・・・話をしていても事業の構造を常にローリスクローリターンで考える傾向にある。
これは、賃料の上限(収入)が決まっているので、稼働率を気にしながら・・・、あとは、いかにケチるか・・・という感覚なのだろうが・・・。
もちろん、全員が、そういう感覚というわけではなく、いろんな人がいらっしゃいますが・・・。

エンジェル投資家さんと話をしていると、お金持ちで気前の良い人が多いように思います。

例えば、飲んでいて・・・、その場の雰囲気で高価なシャンパンやワインをおろすと、一緒に楽しんで飲んでくれる人が多いし、多趣味で、いろんな楽しいことを共有できる人が多いく、価値観がお金だけではなく、消費と浪費の違いの境目に対する考え方が柔軟である。
これは、人に投資をするので、人との繋がりや楽しい事を共有することにも投資をするので、サラリーマンのはるか上を行く、付き合い上手な経営者という感じで・・・ローリスクからハイリスクまで、基本的にはミドルリターン以上、ハイリターンを求める傾向にある。
これは、儲けの上限を決めていないので、資金の出資先の期待感によって、いくら儲かるか?という考え方なのだろうが・・・。
もちろん、全員が、そういう感覚というわけではなく、いろんな人がいらっしゃいます。

これは、投資に対する感覚の違いなので、どちらが正しいということでもないが・・・

私は、不動産デベロッパーであり・・・、もちろん収益物件も保有しているが、基本は、土地を買い開発して販売する、もしくは、不動産を買ってリノベして売ったり、古い建物の立退きをして解体して土地を売ったりしているからなのか・・・・、どちらかというとエンジェル投資家の方が、知識の幅も広く話していても楽しいし・・・、エンジェル投資家は出資先の会社の成長を期待して投資をするので、夢と希望があってワクワクする。

私も、多くの不動産投資家に物件を売ったり、コンサルしたりしているので、経験上の統計というか・・・偏った考え方ではないと思うし・・・そもそも不動産投資家を悪く言う気はないが・・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


ただ・・・、先日、異業種の経営者、投資家の飲み会で・・・、あまりにも井の中の蛙のAという不動産投資家がいたので、ちょっとブログに書きたくなりました。

不動産投資家Aは、エンジェル投資家のB社長が、同じ年の飲み仲間として連れてきたので、名刺交換をさせていただいたのだが・・・。

不動産投資家Aさんは、遅れてきた上に・・・、超アニメっぽい、ふざけた名刺を出して・・・、名刺交換した際に・・・


大家業だからいいのだろうが・・・、ビジネスの世界で、あんな名刺を出したら、なめてんのか?って思われるだろう・・・、それが、お茶目だとでも思っているのだろうか?笑

似顔絵とか、そんな可愛い感じじゃなくて・・・、こいつアニオタか?と思うぐらいのデザインw

まあ、それは置いといて・・・話の本線に戻るが・・・。

FullSizeRender


不動産投資家A 『不動産屋さんですか〜・・・美味しい物件があったら、どんどん買いますので、宜しくお願いします。』

『はい、なかなか美味しいのは出ませんけどね〜。 その際には、B社長経由でご連絡させていただきますので・・・また、ご縁がありましたら宜しくお願いします。』

不動産投資家A 『はい! もう、買って買って買いまくっています。 手数料も満額払いますので宜しくお願いします。』

『買って買って買いまくってって凄い人ですね〜。 まあ、B社長のご友人ですから、流石というか、このご時世に景気いいですね〜w ところで、不動産投資家とのことですが、当然インカムがメインでキャピタルとかは考えていないんですよね?』

不動産投資家A 『そうですね〜。そこはリスクが高いじゃないですか。』

『そうかな〜? 職業柄かもしれませんが、私は、物件次第だと思いますよ。 例えば、利回り10%超える物件を作り込んで、8%前後の物件として売ったら・・・、実利で、インカムの何倍も利益が出ますよね。 それを業としてやっていけば、金融機関もプロジェクトの枠を増やしてくれますし・・・私の考え方は、キャピタルで儲けたものでインカムを買うという感覚ですが・・・。』

不動産投資家A 『そうなんですか〜? 私には、リスクが高すぎて怖いです。 今でも、年間1000万円以上のキャッシュフローが出ていますからね・・・。』

『年間1000万円のキャッシュフローですか・・・。 なるほど・・・w つい今し方、どんどん買いますっておっしゃってましたけど・・・どうやって、どんどん買うのか知りませんけど・・・、めっちゃキャッシュ持っている資産家なんですね〜w』

エンジェル投資家のB社長 『いや、あの。。。  近藤社長のドンドン買うと、Aさんのドンドン買うでは、感覚が違うと思うので・・・。 それより、近藤社長、乾杯まだなので・・・。 近藤社長・・・本日は、遅れてすみまません。 いつもありがとうございます・・・乾杯w』

ということで・・・この場は、それで終わったのだが・・・・。

IMG_2012


その後・・・Aさんが隣に座ったのもあって・・・AさんのKY猛攻撃がすごかったのです!

不動産投資家仲間の話なんだと思いますが・・・、あの人知ってる、この人知ってる、あの人知ってますか? この人知りませんか?と、猛攻撃・・・・。

そもそも・・・、数人程度の共通の知人探し程度は楽しい話なんだが・・・、度を超えて、あの人知ってる!この人知り合い!あの人仲が良い的な攻撃を連射してくる奴にロクな奴はいない!

あなたは、どういう人なの?って話で・・・、ずっと、自分の知り合いの人を順番に並べられても、つまんないだけ・・・。

適当に、この人は知ってるとか、知らないとか、適当に付き合って話していたのですが・・・、まあ、これが、つまらないのなんのって・・・、真面目に時間の無駄!

めんどくさいので、エンジェル投資家のB社長と話していても・・・不動産投資家Aが割り込んで・・・知ってる人話と、しょぼい自慢をしてくる始末・・・。

例えば、私とエンジェル投資家のB社長で、LINEの公式アカウントの登録者を集めてAIでセグメント分けしてプレゼント企画や広告配信をしていく話で、とりあえず100万人集めるには、どうしたらいいかという話を真剣にしていたわけです。

そうすると横から全く関係ない話で入ってきて、『このシャンパン、初めて飲みました。 因みにお値段はどれくらいするんですか?』とか・・・、『B社長の時計は、なんて時計ですか? おいくらぐらいするんですか?』とか・・・要するに、飲んでいてもビジネス系の話をしているのに、割って入ってきて中断するわけです。

そして、いろんな社長達が、私の席の近くに来て・・・いろんな話をして来た際には、必ず!

不動産投資家A 『あの〜・・・。お話中すみません・・・私、こういうものです。不動産賃貸業をやっておりまして・・・(以下省略)』

そうなったら、みんな優しいので、話を中断して、名刺交換して適当に話をするじゃないですか・・・w

そして、話を再開すると、関係ない話をしてくるわけで・・・隣にいた私は、我慢に我慢を重ねたのですが・・・途中で、限界が来まして・・・・。

その時に話していた、エンジェルB社長、その他の社長C社長、D社長に・・・、『ちょっとごめん!Aさんが口挟んでくると話が中断するので・・・後日、うちの社長室で話しましょうか?』と、ビジネス系の話をするのをやめまして・・・・。

『はい! Aさん・・・、もう話やめたから何が聞きたいの? とりあえず聞きたい事を3つ・・・10分で終わらせたいので、平均3分ぐらいの感覚で行きましょうか・・・まず、シャンパンの価格は先ほど説明した通り・・・、Bさんの時計は、リシャールミルの型番:RM11-03の黒・・・多分、市場で3000万円ぐらいすると思う。B社長は定価で買ってるだろうから、多分、1千万代で手に入れてるはずだけど・・・。それから、LINEのセグメントわけの話は・・・・』

不動産投資家A 『ちょっと待ってください。すみません・・。B社長の時計は、定価よりも高く売れる時計なんですか? Gショックかと思ってました。』

『おいおいw B社長、それGショックだと思われてたみたいだぞw 俺たちは、冗談でGショックと言ってるけど、本当にGショックだと思われていたみたいだな〜w はい。B社長、Gショックに勘違いされたから、これ飲んでぇ〜・・・。一気だよ〜w』

B社長 『え〜〜〜〜! それ、一気飲みと関係なくないですか???』

『え〜〜〜! 逃げるの??? 分かった! 俺も飲む、はい、乾杯とは・・・一気なり〜w ・・・w おおお〜・・・効くね〜炭酸つらいわw 』

B社長 『勘弁してくださいよ〜!  Gショックでいいので・・・w』

『えっ??? 今、認めたな・・・! はい、もう一杯・・・w』

B社長 『1分待ってください。心の準備しますので・・・・。』

『冗談、冗談w 今は、こういう酒の飲み方をすると問題になる傾向にあるので・・・。別に、飲みたくないなら飲まなくてもいいんだよ! ゆっくり飲もうね〜・・・Bくんw』

不動産投資家Aさん 『今、ググったんですけど・・・。 本当に高い時計なんですね〜。 近藤さんも持っていらっしゃるんですか?』

『一瞬持ってたことはあるけど、どうしても欲しいという奴がいたから、付けずに、そのまま売ってあげた。 定価と現在の価格の真ん中ぐらいでね。』

C社長 『それ、めっちゃいいじゃないですか〜。 俺も欲しかったです。』

『アホか! 時計屋持って行ったら、もっと高く売れたけど・・・友達相手に、そんなことしたくないし、かと言って・・・定価では、相手が気を使うし・・・。時計屋の買取価格ベー図で利幅が600万円ぐらいだったから300のっけて、定価と相場の、ちょうど真ん中あたりで売ってあげたw まあ、仕事も紹介してくれたことがあるし、世話になってる友達だからな。』

不動産投資家A 『その時計を新品で買って売ると600万円の利益ですか・・・。それって、近藤社長が、時計買取屋に持っていけば、もう300万円高く売れるものを、あえて300万円儲けずに売ったということで、300万円損していますよね〜・・・。

Aさん、違う違う、そういう考え方してると、友達いなくなるよw 俺も友達も300万円ずつ得をしたんだ! 』

不動産投資家A 『自分も、その時計を欲しいのですが、新品で買うにはどうしたらいいですか?』

『適当に、そこらのデパートの外商に頼むか、友達とかでリシャールに顔が効く人に頼んで見ればいいんですよ! なんか、立派な不動産投資家を大勢知っているみたいだから聞いてみたらいいじゃないですか???』

不動産投資家A 『数百万の時計を買ったという人たちは、何人かいますが、時計で儲かったという話は聞いたことがありません。 それに、もしも、市場価格よりも定価が安いという時計を買うことができたら、権利を譲ってくれたり、安く買わせてくれるような人はいないと思います。 』

『いや・・・、いると思うよ! Aさんの付き合いが、薄っぺらいからじゃないですか? 投資という部分では、それぞれ考え方が違うかもしれないけど・・・、@@さんのお陰で今の自分があるとか、儲けさせてもらったとか、深く良い付き合いをしているとかで会ったら・・・、そこで、損得勘定をあまり出さないと思うんです。 不動産投資家だろうが、エンジェル投資家だろうが、経営者であろうが、そういう付き合いってできると思うんですよ!』

不動産投資家A 『そういう付き合い方をしてくれる人はいませんね〜。 会って、不動産投資の話をして、食事したり、お茶を飲んだり、セミナーに一緒に参加したり・・・。 基本は、割り勘ですので、こういう感じとは、また少し違います。 それぞれ個人で不動産投資をしてるので、一緒に儲けようという考え方をする人は少ないのではないでしょうか?』

『エンジェルを含む経営者系と、不動産投資家の考え方の違いはわかるよ! キャピタル的な感覚と、インカム的な感覚とは違うから、不動産投資家はインカム的な考え方になるかもしれないけど、私は、Aさんと不動産投資家仲間の付き合い方が表面的で薄いので、そうなるだけで・・・、私は、お客さんと、そんなに高額なものではないけど、まあまあ取得が難しいロレックスのデイトナを、取引記念に2個頼んで一緒に買ったりしてるし・・・、私が参加している名古屋の美食会も、不動産投資家さんたち同士、皆さん、深い付き合いをしていますよ。』

FullSizeRender


不動産投資家A 『仮に、私の人付き合いが浅いとして・・・。 どうしたら深くなれますか?』

『ビジネスの考え方の基本は、まずは相手に喜んでもらってからのWin-Win! そういう中で、ビジネス上の信頼関係ができたり・・・、仕事はしなくても、人と人として何かを共有する中での信用と信頼・・・、それができると、相手の喜びが嬉しいという関係になっていくわけで・・・、そこから、時計の話であったり、車の話であったり・・・、不動産の話であったり・・・深い関係で付き合えるようになるんだと思うけど・・・。』

不動産投資家A 『なるほど・・・。勉強になりました。 でも、私は、勉強になるので、大谷仲間と付き合っているだけなので、深い関係になろうとは思っていないんです。』

『それならそれで、いいんじゃないの〜w その代わり、自分だけが美味しい話が欲しいって考え方をしているだけってことだから・・・、本当の意味での仲間はできないよね。 』

不動産投資家A 『そういうものですか・・・。』

『じゃあ、仮に、私の口利きで・・・・、ロレックスのデイトナ130万円が定価! 300万円で市場価格! 買取屋で売ったら270万円万円・・・・、それを、私が自分の権利を使って、Aさんに200万円で売りました。  じゃあ、Aさんは、私に何らか返そうと思いますか?  まあ、別に恩を着せるつもりはないですから、返してもらおうとも思っていませんので、仮にの話ですけどね・・・。』

不動産投資家A 『でも、近藤さんも利益が出ているので、それでよくないですか?』

『まあ、いいけど・・・。 俺が、自分で買って自分で売ったら、まるまる儲かるんだよ! でも、Aさんが、どうしても欲しいということで、安く買えるようにするんだから・・・、それって、ありがたい話ですよね?』

不動産投資家A 『はい! でも、自分には、お返しをできることはないので・・・。 それが、私が得をした部分であって、何らかお返しをしなくてはいけないのであれば、最終的に私の得にならないじゃないですか???』

『あははははw 何の得にもならないか〜w 今、いくら説明しても理解できないだろうけど・・・それが得しちゃうこともあるんだよw まあ、Aさん、あなたは、要するに自分が得したいだけじゃんw そういう人は、深い付き合いはできないよ! だから、大家仲間たちとも薄っぺらくて、浅いんだよ!   まあ、自分で、時計でも、車でも、不動産でも、何でもいいけど・・・自分で顔を作って、全部、自分一人で楽しめばいいんじゃない! お互い様ができないと、ビジネスも不動産投資でも大成できないんじゃないかな〜w 』

不動産投資家A 『そうは思いませんけど・・・。 実際に、目標の不労所得1000万円を達成しました。 サラリーマンの時は、節約をして給料の30%を絶対に貯金すると決めて、自己資金を作り、1棟目のアパートを購入しました。それからも、ずっと節約をしてきました。 浪費は敵だと思ってやりくりしてきましたが、最近は、少し余裕が出てきたので、自分の欲しいものも買えるようになりましたし、大家さんたちの集まりに参加したりして楽しくやってます。』

『まあ、投資は、種銭が必要だからね。 不動産投資の場合は、サラリーマン時代の信用と自己資金をコツコツ貯めたことも信用になるし・・・そうやって大家になった後は、今度は、次の物件を買うために信用つけないといけないから、当然、利益を出していかないといけないから、節約人生だよね。 でもさ〜、ケチケチしていたら楽しくないし・・・まあ、ケチでもいいけど、自分さえ良ければ的なケチは、伸び代が小さいし、人生、損をしている気がするな〜。 』

不動産投資家A 『損をしていますか?  不動産投資は、浪費をしない人の方が伸び代が大きいんですよ!』

『それはめちゃくちゃ分かりますよ! でも、今の状態で、あなたが60歳になるまで買い続けて、どこまで伸びますか? 計算してみてください。  寿命が1000年ぐらいあれば、それは、とんでもないことになりますが、そうじゃないでしょう。 まあ、話が噛み合わないのは、経験値の違いと価値観の違いだから・・・もう、やめましょう。 俺、Aさんの飲んだところ一回も見てないので・・・はい、乾杯w 乾杯とはイッキなり〜w』

ということで・・・分かり合えることがないと思いましたので・・・話をやめようとしたのですが・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


またまた、Aさんが、ぶっ込んできまして・・・。

不動産投資家A 『不躾な質問かもしれませんが・・・、ここにいらっしゃる社長さんたちは、年収、どれくらいなんでしょうか???』

『それを、今、ここで聞きますか???  もう、その質問攻撃やめた方がいいですよ。 まあ、いいか・・・。 あそこで、女の子とガチで話し込んでる社長、アホっぽいけど、年商30億ぐらいやってるし・・・。 あっちの社長は、@@@って会社の社長で、全国区で200店舗以上持ってるし・・・、今日、あなたを連れてきたBくんも、本業は@@で、相当手広くやってるでしょ。 年収は、知らんけど・・・、少なくても、会社の経費で数百万は使える人ばかりじゃないかな〜。』

不動産投資家A 『経費で数百万ですか・・・・。 年収は、どれくらいなんでしょう?』

『そんな話は、誰もしないから分からんけど、3000万円〜1億ぐらいって感じじゃないかな〜?  というか、知らんけどね・・・w 面白いから、聞いてみる???』

不動産投資家A 『はいw』

『お〜いBさん・・・。 Aさんが、みんなの年収知りたいらしいんだけど・・・。 とりあえず、Bさん、いくら???  1億ぐらい???』

B社長 『そんなにあるわけないじゃないですか〜w 年収200万円ぐらいですよ〜w』

『嘘つけバカヤロー・・・月の小遣いだけでも200万円超えてるだろ〜! とりあえず、嘘ついたから飲め!  Bちゃんの飲んだところ見てないぞ!』

B社長 『さっき飲んだじゃないですか〜w そういう近藤社長の飲んだところ見てないですよ。』

『じゃあ、乾杯するか・・・w うぇ〜いw 乾杯!・・・・。  まあ、いいんだけど・・・Bちゃん、お前、Aさん連れていたなら、面倒見てくれよ! 俺は、さっきから質問攻めにあって大変なんだ!  よしっ! 罰ゲームとして、今からAさん連れて、全員のところを周り、Aさんを紹介しながら年収を聞いてこいw 』

B社長 『いやですよ〜w そういうのやってないんで・・・!  Aさん、なんで、そんなこと聞くの? お姉ちゃんとLINE交換した方が楽しくない?』

『あかん、Bちゃん、もう酔っ払ってるわw Aさんも楽しめば・・・・?』

不動産投資家A 『いえいえ。 今日は、勉強にきたので・・・。』

『勉強ですか・・・。 なるほど・・・。 それなら、名古屋のエンジェル投資家、Bさんに勉強させてもらうのが一番だよ。  そこら中の商売に金突っ込んでるみたいだし・・・。 Bちゃん・・・Aさんの面倒見てよ!  Bちゃんのエンジェル投資の極意を教えてあげたら?』

不動産投資家A 『極意っすか・・・。 極意は・・・人っすよ・・、人・・・最終的には人ですよ。 人を見て人に投資するんですよ! 全ては、人・・・人ですわ。』

『俺も同感だけど・・・5回も6回も、人って言わんでもいいわw それからな・・・体、揺れてるぞ! ジッとして喋れ!』

B社長 『Aさん、分かってなんですよ! 大切なのは、人ですよ・・・人!』

『もう、人人言わなくていいから・・・w でもな、その分かってない奴を俺に押し付けるなよ!  とりあえず、これ飲め・・w』

B社長 『・・・はい・・・飲みましたw すみません・・・近藤社長も飲んでもらってもいいっすか?』

『飲むよ! 飲むけど、Bちゃんも、もう一回飲もうな! それから、Aさんも、もう一杯・・・、3人揃って・・・ウェ〜いw ・・・・・・。あっ・・・Aさん、乾杯したのに、飲み干さずにグラス置いた・・・。これ、ダメなやつ・・・。もうあっちに行って・・・w』

不動産投資家A 『お酒強くないので、もう、飲めません。  それに、年収の話をしていたんですけど・・・。』

『よしっ!分かったw みんなに年収聞いて来いwww Aさん、勉強にきたんだろ? いいじゃんいいじゃんw 勉強して来い! 年収アンケート頑張れ〜w』

と・・・・、最後は、こんな感じで、酔っ払いの会話になってしまいましたが・・・。

IMG_7397


少し真面目な話をしますが・・・。

エンジェル投資家や経営者と、不動産投資家というのは、事業の構造が違いますし、根本的な考え方が違います。

確かに、不動産投資家は、節約してなんぼのところがあります。
でも、自己中のケチでは、成功しません!


これは、エンジェル投資だろうが、経営者だろうが、不動産投資家だろうが同じです。

そして、不思議なことにケチはケチで集まり群れる傾向にあり・・・つまり、自分さえ良ければという人が集まるわけです。

う〜ん・・・今日は、たまたま先日の飲み会の話を書きましたが・・・、別に飲んだり食ったり浪費をすることが正しいと言っているわけではありません。

経営者も、不動産投資家も・・・、何かをしようとした時に、関わる全ての人が良いということを考えなくてはいけないと思います。

これまで、数多くの経営者、不動産投資家を見てきて・・・自己中のケチは世間を狭くして失敗している人が多く・・・関わった全ての人が上手くいくように全体のバランスを考える人は成功をおさめている人が多いです。

酔っ払ったエンジェル投資家のBさんは、ベロベロの状態でも、人が大切と言っていました!笑
確かにBさんは、いつも相手の立場で考えてビジネスをしていますしエンジェル投資もしています。

不動産投資家のAさんの話は、言葉の端々に自己中感が滲み出ていました。

一度きりの大切な人生の中で・・・、一人ぼっちで必死でケチって節約してきて、やっと年収1000万円を超えたAさんと・・・、仕事も遊びも皆パッピーに!と考え行動をしてきて莫大な財を成したBさんとの違いだと思います。

そんなわけで・・・本日は、エンジェル投資家と不動産投資家の大事な事は?というテーマで書かせていただきました。


読者の皆さま・・・メリークリマス




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください







toshikazy at 11:18|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 不動産投資 | エンジェル投資家