2020年06月

2020年06月05日

久々の超クレーマーw(No. 2425)

隣地クレーマーと弊社の社員の会話から・・・。

隣地クレーマー 『この工事、誰の許可をとってやってるんだ

弊社開発事業部課長 『愛知県の開発許可ですから、大村知事です。』

隣地クレーマー 『はっ? 愛知県? 大村知事? そんなものは関係ない! 私の許可がいるだろう! 私は、許可してないぞ!』

弊社開発事業部課長 『いえ・・・。以前、図面でご説明を差し上げて、承諾書をいただいております。 この内容、全部を読み上げながら説明をして、ご印鑑をいただいたじゃないですかw』

隣地クレーマー 『ん・・・・。 う〜ん・・・。 ・・・・。 撤回だ! もっと壁を下げろ! 音が煩い。振動がある。 工事の人たちが私の敷地を踏む。この間、工事の人のタオルが置いてあったから汚い! 見るのも嫌! 近所に見慣れない人や車の出入りも嫌! もう、全部撤回・・・。』

これ以上は、書けない、差別的発言多数を発狂しながら、クレームを言ってくる!

弊社開発事業部課長 『弊社は、条件、時間、近隣への配慮、擁壁後退、その他、すべてのお約束を守って工事をさせていただいております。』

隣地クレーマー 『約束? 撤回、撤回、撤回、撤回、てっかいぃ〜〜〜・・・。 すぐに工事をやめて出て行け。』

久々に言葉が通じないクレーマー!

まあ、こういう感じのクレーマーは、何年かに一回ぐらい出没する・・・理由はわからないが、なぜか、春先に多いのだが・・・、もう、6月に入ったので・・・そろそろ正気に戻って欲しい・・・・。

IMG_1421


弊社は、不動産デベロッパーなので、年間相当数の造成現場の工事があるわけだが・・・。

分譲地の造成工事は勿論のこと、工場建設、商業施設の造成工事もするわけで、仕事が増えれば、当然にクレームも増えるわけだが、久々に変人クレーマーの出くわしたので少し書かせてもらおうと思う。

弊社の現場は、住宅に隣接している事が多いので、近隣対策は、しっかりしている方だと自負しているのだが・・・・過剰なまでの対策をしても、どうしてもクレームは避けられない!

近隣挨拶、工事内容の説明、養生、騒音と振動には気をつけて、時間も平日の9時〜5時・・・近隣の方々のご要望には可能な限りお応えできるように善処する!

実際の話・・・、平穏だったところに、今までと違う事が起こるわけなので、とにもかくにも頭を下げて、少々理不尽なことを言われても、さらに頭を下げて工事をしていかなくてはいけない。

それに、元々の所有者や、地主が、挨拶に行こうが・・・、我々が、どれだけ説明をしようが・・・、最近は、工事は、お互い様なんて話は通用しない人たちが増えてきた。

これは、不動産デベロッパー&工事屋の定めだと思っています。

IMG_9398


でも、時に・・・頭を下げれば下げるほどに、無理難題を押し付けて・・・無理難題を聞けば聞くほど、常軌を逸した変人発言をする人もいます。

まあ、私が、言うと・・・、工事業者側の一方的な見方だと評価されがちなので、この先は、事実を書くので、弊社が非常識か、隣地が非常識かは、読者に判断してもらいたい!

それでは・・・本題に・・・・。

名古屋市内の高級住宅街の中・・・。

弊社は、土地を購入し、きちんと開発許可を取得して、10区画ほどの分譲地の造成工事をしている。

今回のクレーマーは・・・、名古屋市内の閑静な高級住宅地には珍しいタイプのスモールな古家に住む、おばちゃんと、その家族数名・・・!

まず、一番問題になっているのは・・・・弊社の現場と、クレーマーの家の境界についてです。

以前は、こんなような感じでした。

IMG_1710

(以前の絵なんですけど・・・絵心なくてすみません。)

元々、隣地にブロック塀が立っていたのを解体して・・・、その後に弊社側の土地に、隣の前の塀と同じ高さの擁壁を造り土留めにするのです。

つまり、隣地のブロック塀がなくなり、弊社の土地側に擁壁ができるということなんですけど・・・。

IMG_1711

(造成予定の絵なんですけど・・・絵心なくてすみません。)

通常は、隣地境界から、5センチ〜10センチぐらい内側に擁壁を作るのですが・・・。

隣地の方が、暗くなる、圧迫感でる、防犯上の問題を理由に、もっと下がって擁壁を造って欲しいとおっしゃるので・・・、弊社としては、有効面積がかなり減るのですが、30センチ下がって造ることにしたわけです。

基本的には、以前の隣地の塀と高さは同じぐらいなので、暗くなることも、圧迫感も、防犯上の問題も、たとえ、5センチでも10センチでも弊社側の敷地に造るのだから、前より良くなるし、100歩譲って考えても、以前と同じぐらいなんですが・・・、まあ、こちらとしては、新参者ということあり、30センチ下がって擁壁を作ることにしたわけです。

そして、図面を提示して内容を説明して、双方合意の上、きちっと合意契約書も締結させていただいております。

FullSizeRender


それで、決定!・・・ということで、確約していたのですが・・・、急遽、家族から反対されたという理由で、『やっぱり50センチ下がってくれ!』と主張してきたわけです。

弊社としては、30センチで約束をしていたので、30センチ後退して擁壁を造ろうとしたのですが・・・、隣地の住人が、ものすごい勢いでクレームを言ってきまして・・・、ゴタゴタしたくないので、一旦、工事ストップ!

確約したことを盾に、工事再開のお願いに伺ったわけですが・・・、何度言っても、あ〜でもない、こ〜でもないと言い訳をして工事をさせてくれませんでした。

とりあえず、この部分は手をつけず、ほかの部分の工事をしていたのですが・・・・、今度は、その工事に対しても、クレームの嵐・・・。

近所の人たちに同調させようとする・・・、警察を呼ぶ・・・、市役所を呼ぶ!

近所の人たちは同調しない!  警察も、まともに相手にしない! 市役所も苦笑い!で、雰囲気的に・・・、おそらく、めんどくさいのと、こちらに同情してくれてるんだと思いますが・・・w

そして、とうとう環境庁関係のところを呼んできて、デシベルを計り出したのですが・・・、全面の道路を走る車の音の方が煩いぐらいでして・・・・(笑)

こういう系の嫌がらせ方法は、諦めたようですが・・・。

まあ、要するに・・・、弊社が30センチ後退して擁壁を造るのが気に入らなくて、50センチ下がって欲しいだけの話だと思うのですが、クレームの言い方、声が、尋常じゃないとというか・・・、我々に人権も何もない感じの言い方・・・、昔の言葉で言うと、完全にキチ◯イ的な言い方で・・・、嫌がらせにもほどがある!という状況でして・・・。

職人さんたちも、かなり迷惑しているのですが、弊社が、何があっても何を言われても、職人さんたちから隣地の人に言い返したりするな!と言ってあるので・・・、正直、職人さんたちも参ってしまっていまして、弊社の開発事業部が頻繁に行って対処している状況です。

そんな中で・・・新たな主張が・・・、今度は、何を言い出したかと思ったら・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


必殺・・・作り話!

隣地住人 『おたくの工事の人が、50センチ下がると言ってた!』と主張し始めまして、職人さんたちに聞いても誰もそんなことは言ってないのです。

弊社社員 『工事の者の誰が、50センチ下がると言ってましたか?』と言っても、きちっとした返事は帰ってこなくて、とにかく50センチ下がれと言うばかり・・・。

弊社にしてみると、通常よりもかなり後退して計画をしているわけで、それでも、かなりの損失なのに、これ以上は無理なのです。

坪単価80万円以上する場所で、有効面積を減らすことが、どれだけマイナスになるのか・・・。

30センチ後退でも、最初の事業計画から数百万のマイナスになっており、もう、予備費は残っていないどころか、予定利益の方に食い込んでいる状況です。

近隣対策も、通常よりもかなりしっかりやってまして・・・、砂埃防止で、重機、ダンプの侵入口は、砕石&鉄板敷きと水撒き!

FullSizeRender


まあ、なかなか大変な現場です!

ここ数日は・・・もう、隣地クレーマーさんも、言うことがなくなってきたのか・・・、うちの現場を、動画撮影しています。

そして・・・隣地が動画撮影をしているところを、こちらも動画撮影している感じです。

次は、何をしようとしているのか・・・・だいたい想像はつきますが・・・、久々の変人クレーマーさんの登場に弊社の社員たちも困っています。

そろそろ私の出番かな〜と思っていますが・・・。

『ん〜・・・。 そろそろ、俺が行って、隣地の人と話そうか? 説得、納得で、握手して帰ってくる自信あるけど・・・・。』

弊社社員 『いえ・・・。 まだ大丈夫です。』

『そんなこと言うなよ〜。 まだ、しっかり話ついてないんだろ?』

弊社社員 『いえ・・。 本当に、まだ大丈夫なんで・・・。 30センチの工事が始まったときに、また、激しく言ってくると思うので・・・。 もしかすると、その時に、ご足労いただくかもしれませんが・・・。 できるだけ、穏便に済ませたいので・・・、今は、勘弁してください。』

『なんか、俺が行ったら、まとまる話も、まとまらない!って聞こえるんだけど・・・、今までのことを振り返ってみろ! 俺、クレーマーと仲良くなってしまうタイプじゃんw』

弊社社員 『それは、そうなんですけど・・・。 100:0じゃないですか・・・、100ならいいですけど・・・0の方になった時を考えると・・・・。 ですから、社長は、最後の最後、何ともならない時に、最後の賭け的に、リーサルウェポンとしてお願いしたいんです。』

『ん・・・。 それって・・・、俺のことバカにしてるのか?』

弊社社員 『いえいえいえ・・・。決してそういうわけではありません・・・、でも、今は、まだ出番ではないので・・・。 ほら、社長、ヒーローは後半に登場じゃないですかw 1時間番組として、今まだ、35分ぐらいのところですので、もう少し後でお願いします。』

『このまま俺の出番なく終わってしまったら、どうするの? ・・・・。 まあ、それはそれで、いいかw でも、職人さんたち、あまりにもやられっぱなしだったらあかんから、様子を見ていて、何かあったら早めに言ってくれよ!』

そんなわけで・・・社員からイジられながら、遠慮されてしまったわけですが・・・、悪く受け取れば、余計にややこしくなる!ということだし・・・、良く受け取れば、自分の責任において乗り越える!ということなので・・・何にしても、しばらく様子をみようと思っています。

FullSizeRender


まあ、でも・・・この先の問題は・・・、やはり、擁壁の後退を30センチで工事を始めた時でしょうね〜。

おそらく、今回、最大の山場と言ってもいいでしょうね〜。

多分、今回、出番はあるのかな〜?なんてことを思っていますが、クレーマーさんと、お話をさせていただくのって、そんなに嫌いじゃないというか・・・まあ、好きではないですけどw

擁壁後退の話は、きちっとさせていただくとして、うちの工事をやってくれている現場の職人たちに対する、職業差別的な発言は、必ず撤回してもらいます!

私は、大昔、都市ガスの配管職人をやっていた時期があり、それなりに嫌な思いをしたこともあるので、職業差別的な発言は許せんのです!

合意書の内容を守っていただく、職業差別的発言を撤回していただく・・・この2点!

そして、こういう輩は、きっちり常識を教え込んでおかないと、弊社の分譲地に住む、お客様にも迷惑をかけかねないので・・・。

出番・・・来ますかね〜・・・ちょっとだけ出番を待っている自分がいますw

これまでの経験値的に・・・。

膝を付き合わせて、まずは、相手の話を聞いて、相手の立場も考えて、こちらも主張するところは主張して・・・じっくり話し込んだら、ほとんどの問題は解決すると思っています。


そんなわけで、本日は、久々の超クレーマーの話を書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 16:27|PermalinkComments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 不動産 | 土木工事

2020年06月01日

古き良きものと新しいものの調和(No.2424)

先日、若いやり手の社長が、接待をしてくださって・・・名古屋の神楽屋に会食に行ってきたのですが・・・、名古屋の中心部で100年以上の木造家屋の中で食事ができるのです・・・。

う〜ん・・・、やっぱり古民家的な雰囲気は、落ち着くし、懐かしさを感じるな〜と思ったわけですが・・・。

IMG_1635


名古屋市内でも中心部から少し外れたところだと、大きな料亭で、圧倒されるほど、お庭が立派なところもあるのですが・・・、また、そういう感じとは少し違った、懐かしさを感じる、とても良い雰囲気でした。

これまで、不動産の仕事で、かなりの数の古民家を解体してきましたが・・・、いつ頃からかな〜?

40歳を超えた頃だから・・・、10年ほど前からですかね〜、古い物の良さに魅力を感じるようになり、古き良き建物や、他の物も懐かしいものが好きになりました。

因みに、私の名古屋支店の社長室は、黒電話を改造して使っています!

FullSizeRender


たまに、ダイヤルを回して戻るときの時間がイラっとしますが・・・その間に、相手と話す内容を整理できるので、それはそれでいいのかな〜wと思います。

骨董品とかは、さほど興味がないのですが・・・、古い建物の柱や梁や板、襖、障子、欄間などは、解体する際に、お願いしていただくか、価値があるものだと購入することもあります。

特に、私が、もったいないな〜と思うものは・・・・。


FullSizeRender


こういう系の物なんですけど・・・今、こんな物は、なかなかないです!

そして、私の、おもちゃ箱倉庫に置いておくのですが・・・・、売ってるわけではないのに、それなりに欲しい人が現れて、出たり入ったりしています(笑)

特に、旧家屋の梁や柱は、飲食店の人たちが欲しがるので、移設にかかった原価と倉庫保管料程度で売っちゃいますが・・・、はっきり言うと、取り外し、設置、運搬費用が高く、物自体の値段は僅かです。

昨年も・・・、旧家屋の柱と梁の移設案件がありまして・・・、解体屋さんの仕事を止めて、解体屋立会いで大工を入れて木材を出倉庫に運んで、合計60万円・・・、私が、それを倉庫で保管していて、それを県外の蕎麦屋に65万円で売って・・・その後、飲食店さんが、その木材を内装に使うために工事したら、加工賃、工事代、運搬で、320万円かかりました・・・。

まあ、でも、なんとも言えない、旧家屋の雰囲気になったので、新築の建築に加えて、400万円近く高くなったけど・・・まあ、安いのかな〜なんてことを思ったわけですが・・・まあ、蕎麦屋の大将が欲しいと言うので譲った感じで、お金儲けでやってるわけではないのでいいのですが、利益は、5万円・・・。

解体の立会いをやったり、倉庫に入出庫の立会いをしたり、県外の蕎麦屋に2〜3回行ったので、逆に赤字なのかもしれませんが・・・、鉄骨造りの新築の蕎麦屋に、大正時代の古い木材が使われるということ自体が嬉しいので、まあ、自己満の世界ですが、良いことをしたな〜と思っています。

今年は、まだ未定ですが・・・、三重県の方で、そろそろ解体と、移設案件に手をつけなくていけないかな〜という案件もあるので・・・

FullSizeRender


う〜ん・・・、中のものを出して、骨董屋さんに買い取りしてもらって・・・、解体工事をしながら、古い柱や梁を撤去する・・・・、う〜ん・・・何日かかるんだろう・・・???

解体工事の施主様も、骨董品などが売れれば、解体費用や、内部の物の処分代がいくらか安くなのでお得なんですが・・・、施主様も、我々も、立会いが増えるので手間暇かかるんですよね〜。

でも、ここまで古いものだと、解体屋さんに頼んで壊して処分しちゃうのは・・・あまりにも勿体無い!

若い頃は、骨董品屋に来てもらって、その後、全部解体処分していたのですが・・・、歳をとってからは、こんな木材、今は手に入らないとか思ってしまって、高額な取り外し費用と移設費がかかってでも、やるべきだ!なんて思ってしまうわけです。

今後も、古き良きものを大切にしていきたいと思います。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


私自身、この古き良きものを残したいと考えるようになってから・・・、年寄りの話も耳を傾けるようになり・・・、わけのわからないことを、ほざいている爺さんたちからも、ゆっくり話を聞いて、なるほど〜学ぶ的部分があるな〜とか・・・、昔の話を楽しく聞けるようになりました。

話を聞くということは、そこに多少なりとも気持ちが入るので・・・、不動産屋的スキルは、上がったのか下がったのかよく分かりませんが・・・w

まあ、人としては、少し成長したと、自分では思っています。


さて、古き良き物と言えば・・・。

数年前から、新しい車や、スーパーカーや、高級車に全く魅力を感じなくなってしまい・・・最近は、昭和48年のフェアレディ240Zを、愛娘のごとく大事にしているわけですが・・・。

IMG_1027


これまで、エンジン、キャブ、ボディー以外は、最新のものにして・・・、旧車と新車の融合的なことをやってきたのですが・・・。

頻繁に乗ろうと思うと、キャブを、インジェクションにしてコンピューター制御にしないと、オートエアコンも、うまく稼働しないわけで・・・・今回、迷いに迷って、SOLEX 50(キャブ)から、JENVEYのスポーツインジェクションにしました。

旧車乗りなら分かると思いますが・・・、これは苦渋の決断でして・・・、まあ、結論としては、インジェクションにしちゃったわけですが・・・。

かなり拘りまして・・キャブ型のインジェクションにして、見た目キャブ、実はインジェクションというものをアメリカから取り寄せて付けました。

IMG_1040


これで・・・、昭和のものは、エンジン、ボディー、ミッション、デフ、ガラス、内装の一部になってしまい・・・、それ以外は、新しいものに変わってしまいました。

シートなんかは、GTR 35のパワーシート、電装系も最新でオートエアコンはもちろん、センサーや、バックモニターまでついています。

まあ、ボディーと、エンジン、駆動系が昭和なら良いかな〜って妥協はしていますが・・・、そうまでしても、この昭和の車のスタイルと心臓部を残したいという感じで・・・、正直、他人様からみると、この人、頭がおかしいんじゃないかと思われるほど・・・。

詳しくは、言えませんが・・・、実は、近々、今月か来月の某車雑誌の表紙になるくらい、やっちゃってます。

あとは、来年の車の大イベントの展示の話や、アメリカからのオファーもきておりまして・・・とうとう変態の領域にまで足を踏み入れてしまったわけです。

IMG_1035


まあ、結論としては・・・、家屋も車も、新しいものと、古いものの融合がいいのかな〜と思います。

家も、昔のままの仕様のオリジナルでは生活するのに不便ですし・・・、同じく車も、飾っておくのか、年に数回乗るならオリジナルでいいかもしれませんが、頻繁に乗るのであれば、オリジナルは、相当きついと思います。

最近は、もっと気軽に乗りたいな〜って思うようになり、今回、240Zを、インジェクションにしました。

詳しくは、YouTubeでご覧ください!



前回の42万回再生を超えたいと思いますので・・・是非、ご覧になっていただき・・・良いな〜と思えば、シェアしていただけるとありがたいです。

SOLEXキャブをスポーツインジェクションにするというのは、人間に例えるなら・・・、心臓と脳をサイボーグ化するみたいなイメージです。

セッティングをアナログではなく、コンピューターでするわけで・・・、早く走るために燃料の調整だけではなく、水温計や、オイル系の温度で、ファンを動かしたり・・・、エンジンが回りすぎないようにすることもできます。

古民家なんかも、そのまま使うのではなく、今の最新の建物に部分的に昔の柱や梁を使い、古民家風にするのが主流ですが、中には、古民家をそのまま残しながら、見えないところで補強を入れて、電気ガス水道などを上手く取り入れてあるものもあります。

極々稀に、商売屋ではないですが・・・、エアコンもなしで、五右衛門風呂や、かまどを使い、あえて豆電球とか使っているマニアックな家もありますが・・・めちゃくちゃ大変そうです。

古いものと新しいものの調和って・・・、何が良いのか、何が正しいのかは、分かりませんが・・・、最終的には、使う人の価値観の問題でしょうけどね・・・。

車マニアの世界だと、オリジナルにこだわる人も、まだまだ多いですが・・・、それはそれで良しだし・・・、新しいものと調和させていくのも良しだし・・・、ただ、やってはいけないことは、双方が、自分の価値観と違う人を馬鹿にしたり貶したりすることだと思います。

BlogPaint


一度は、キャブから、ネジや、リアガラスまで、拘って、どノーマルのオリジナルにしました・・・その上で・・・でも、私の好みや価値観じゃないし、逆に、こんな状態では車が可愛そうだと思ったから、全部バラして、塗装もはがして、補習、強化して組み上げ・・・・自分好みのZにすることにしました。

実は、車業界には・・・、まだ、稀に、オリジナルが、オリジナルじゃない車を馬鹿にするような・・・そういう輩がいるんです・・・。

私は、元々のオリジナルのパーツ、エンジン、キャブ、駆動系のものまで、全部倉庫に持ってるんですよ!
でも、自分のZを作ろうとするたびに、オリジナル派の人からは、相当、あれこれ言われてきました。

そういう奴に限って、自分は持っていないとか、大昔乗っていたとか・・・、私も、相当あれこれ言われてきましたが・・・、最終的には、『これ、俺の車なので、俺の価値観でいいんですよ! あなたの価値観の車見せてください!』という話で決着するんですが・・・。

本物のオリジナル派は、オリジナルの旧車を何台も所有していますが・・・、人の価値観に対して何も言いません・・・!

私は、家も、車も、新旧の融合とバランスが大事だと思いますが・・・。

でも、最近は、こだわりのオリジナルの人は減り・・・徐々に、新しいものと古いもと融合して、自分の価値観を優先する人が増えてきたように思いますけどね〜。

そういう私も、時計や古着なんかは、オリジナル派ですけど・・・w

オリジナルか、新旧調和か・・・、なんにしても・・・歳をとるごとに、だんだん古き良きものに心を揺らされるようになりました。

そんなわけで・・・本日は、古き良きものと新しいものの調和というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください










toshikazy at 17:47|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | フェアレディ240z