2020年02月

2020年02月22日

2393)鳥害被害対策(鳩、カラス)

読者の皆さん こんにちは&こんばんは

今日は、鳥被害(鳥害)について書かせていただこうと思うのですが・・・・。


鳥被害といっても、空から糞が降ってきて頭についたとか・・・カラスに頭を突かれたとか・・・そういう鳥被害ではなく・・・。

近年、社会問題になっている食品工場や倉庫など、害鳥による深刻な鳥被害の話なのですが・・・現在、食品を扱う企業は、HACCP及びFAMIC指摘衛生管理の対策をしていますが、実際に、なかなか効果が高い対策というものがない状況です。

なぜ、鳥獣被害対策事業部を立ち上げたのか・・・。

FullSizeRender


実は、昨年初め頃に・・・、環境浄化触媒ダイヤニウムで、抗菌、抗ウィルス、消臭施工をさせていただいた企業から、「ダイヤニウムでコーティング施工してもらっているのはいいが、鳥自体の侵入を防ぎたい。」というご相談を受けて、一年ほど前から、鳥害被害の研究をしてきたのですが・・・、なかなか効果的なものが見つかりませんでした。

依頼を受けた企業の食品倉庫に、どうしたら鳥被害がなくなるのか、反射板、目玉、剣山、マグネット、ジェル、ワイヤーなど・・・、ありとあらゆるものを試したのですが・・・それぞれ効果はあるのですが、何を使っても、持続性がなく、鳥害被害対策としての絶対的な効果はありませんでした。

反射板や目玉、音などは・・・、鳥も、最初は怖がるのですが、しばらくすると慣れてしまうし・・・剣山、ワイヤーも・・、慣れてしまって、剣山の隙間に巣を作られたり・・・ネットは、効果的だったのですが、鳥には帰巣本能があり、ネットの間や別のところから入ろうとするので突破されたり、ネットの部分でバタバタとするので、ネットの下が糞だらけになったり・・・。

なかなか、これといった鳥害対策は見つからず、ダイヤニウムの社員たちも半ば諦めかけていました。

そんな中、九州の福岡に今までにない、効果絶大の鳥害対策器具があるという情報が入り・・・昨年末に、私は、ダイヤニウムの社員たちを連れて、鳥害対策の研究をしている安田先生に会いに行きました。


FullSizeRender


紹介された鳥害対策器具は、撃退ドットマンというもので・・・私自身最初は、『申し訳ないので巣が、この手の、鳥を怖がらせるものは、すでに検証済みで、1週間もしたら、また鳥がきますよw』と言って、九州まで無駄足だったな〜と思ったのですが・・・・。

安田先生『私が、どれだけの年月、鳥害の研究をしてきたと思っているのですか?w 撃退ドットマンは、色や形で鳥を怖がらせるのではなく、3Dレンズで、鳥の視覚を混乱させるので、鳥の視覚にドットマンがあると、バランス感覚を崩すので、逃げるんです。 鳥は何度もトライしてきますが、何度来ても視覚を混乱させられるので、それが怖くて逃げるのです。 目を瞑って目的地に辿り着ける鳥には効かないかもしれませんが、目を瞑って目的地まで飛ぶことは不可能です・・・、そうだ、近藤さん、ドットマンを見ながら歩いて見てください。 転ばないようにね。』

『ドットマンを見てると不快感と吐き気はしますが、歩くことはできると思いますよ。 なんだったら、鳥気分で、ケンケンで10mぐらい進みましょうか?』

そんなわけで・・・撃退ドットマンを右手で持って、目の前にぶら下げて、ケンケンをしたのですが、2〜3メートル進むとバランスを崩すのです。
ケンケンをやめて、普通に歩いてみたのですが・・・、やはりバランスが取りにくく・・・三半規管が変になるのです。

IMG_9893


何度やっても同じで、そのうち車酔いのように気持ち悪くなってきました。

安田先生 『近藤さん・・・。 鳥は、人間の5倍ぐらい目がいいんですよw 撃退ドットマンは、鳥害被害解決の新しい対策法で、特殊偏視覚Dレンズ(特許取得)により鳥類の視覚を混乱させます。 人間である近藤さんの視覚ですら混乱させてます・・・あはははw』

『確かに・・・。 効果は分かりましたが、先生・・・吐き気がして、目眩みたいな感じで気持ち悪いです。ちょっと外の空気を吸ってきていいですか・・・気持ち悪いです。』

安田先生 『あはははw 撃退ドットマンの威力を分かっていただくには、これが一番分かりやすい方法なのです。 失礼しましたw 一旦、休憩にして、外で、遠くの方を見ながら深呼吸してください。』

IMG_9894


そんなわけで・・・私自体、撃退ドットマンに、撃退されまして・・・、撃退ドットマンのサンプルを大量に名古屋に持ち帰りました。

そして・・・鳩、カラス被害がある企業の倉庫と屋根、団地のゴミ捨て場、個人のマンションに設置をしたわけですが・・・、見事に鳥が来なくなりまして・・・撃退ドットマンの効果の高さに惚れ込みまして・・・、再度、福岡に行きまして、講習を受けて、販売をさせていただくことになったわけです。

ん〜・・・これを書くべきか迷いますが・・・。

名古屋市内の、とある場所で、鳥がいっぱいいるところがありまして・・・、どうしても、そこで鳥の反応を見たかったのもありまして・・・、私が、撃退ドットマンを持って行ったのですが・・・。

まずは、ドットマンを使わずに鳩を追い払おうとすると、4〜5mぐらい逃げて歩き回っているので、何度も鳥を追い払いましたが、やはり、鳥は逃げるのですが、4〜5m逃げるか飛びったってもすぐに戻ってくるので・・・撃退ドットマンを袋から出して・・・、鳥を追いかけ回して見たところ・・・、それを見た鳥が、凄い勢いで飛び立ち逃げて行くのです・・・、1回目は戻ってこようと空中で方向を変えて、こちらの敷地内に降りようとするので、降りようとしている場所に走って行き、また撃退ドットマンを向けると・・・着地しないで、また逃げていき・・・それきり戻って来なくなりました。(とりあえず鳩撃退)

なんていうか・・・、撃退ドットマンが視界に入ると、羽をバタバタさせてホバーリングして、着地しないで逃げるという感じでした。

まあ、公共の場所で、撃退ドットマンを持って鳩を追いかけ回していたからなのか・・・管理者の人が来たので・・・鳩と同じように、私も逃げ帰って来ましたが・・・・、ドットマンの実験は成功・・・効果としては大満足でした!笑

FullSizeRender


ただ、人間が撃退ドットマンを鳥に向けるというような、この手の実験は、効果を出しやすいのですが・・・、本来、撃退ドットマンは、固定設置して、効果を持続させないといけないものなので、設計が難しいのです。

設置機材と個数、設置箇所は、被害がある建物の図面と被害状況を先生に報告して、先生に図面に撃退ドットマンの設置方法を落とし込んでもらわないといけないので・・・そこは、手間暇がかかるのですが・・・、これが、まだ、ダイヤニウム の社員たちでは、分からないというか・・・、鳥の習性を熟知しないと、設計はできないでしょうね〜。

鳥害対策の事業部の社員たちは日々勉強しておりますので、近いうちに、設計までできるようになるとは思いますが、今のところは、先生頼りです!

しかし、まあ、何と申しますか・・・どの業界も、その道のプロというのは凄いですね〜・・・。

ダイヤニウムが取り扱っていて、こんなことを言っていてはいけませんが、現況図を出した際に、自分たちなりに、設置場所や角度を推測するのですが、先生から設計図面が送られてくると、見事に予想が外れていることがありまして・・・、先生の図面通りに施工をすると、見事に鳥被害がなくなるのです。

FullSizeRender


基本的に、鳥が飛んこない・・・、頑張って飛んでくる鳥もいるのですが、ドットマンに築くと、慌ててUターンして逃げて行くのです。

歩いて近寄ってくる鳥も稀にいますが、ドットマンが目に入った瞬間、飛び立って行きます。

我々も、設置してから・・・、鳥の動き方を逃げ方を見て、そこで、安田先生の設計、凄いな〜と思うわけで・・・買って設置すれば必ず効果があるというわけではなく、設置場所や設置角度によって効果を発揮するわけです。

まずは、最初の仕事は、ダイヤニウム施工させていただいた工場を施工させていただき、その会社の紹介と、安田先生の紹介で、現在、食品関係の大手企業、数社にお試し設置をさせていただいておりますが、効果絶大ですので、近々、本格的な大規模鳥害対策工事をさせていただけそうです。

大手企業は、HACCP対策を強化して行く傾向にあり、その中でも鳥被害に対して特に力を入れたいというところが多いようで、企業から企業へご紹介の輪が広がっています。

環境浄化触媒ダイヤニウムで、しっかりと関係を構築していたので、鳥被害対策もスムーズに受け入れてくださり、まだ新事業部を立ち上げたばかりなのに本当にありがたいです。

鳥害対策、撃退ドットマンについて、詳しくはホームページをご覧ください!

鳥害対策 撃退ドットマン ホームページ

FullSizeRender


最近、私も、時間があると、鳥害について勉強をしているわけですが・・・、鳥被害って、怖いな〜と思うようになりまして・・・。

というのは・・・。

あっ・・・皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・ブログの続きです。

えっと・・・鳥害の話でしたね・・・。

鳥被害といっても、色々ありまして・・・、鳴き声がうるさいとか、糞が汚らしいとか、ゴミを散らかすとか・・・そういう被害以外にも・・・・感染症の危険性もあるのです。

みなさんが、よく耳にする鳥インフルエンザだけではなく、それ以外にも多くの病原菌やトリサシダニなどを媒介して感染症や痒みアレルギーを引き起こしたりすることがあるのです。

鳩・カラス・カモメ・セキレイ・ムクドリ・スズメなど差異はありますが共通しており・・・糞などを原因として起こる疾患にが多く・・・次の様になります。
・オウム病・サルモネラ食中毒・クリプトコックス病・ニューカッスル病・トキソプラズマ症・ヒストプタズマ症・脳炎・アレルギー・ダニ・昆虫類

食品工場でサルモネラ食中毒の可能性もあり・・・食中毒の原因としてよく知られるサルモネラ菌は、鳥が菌を保有し糞からも検出されています。

サルモネラ菌の特徴として少量の菌でも食中毒を発症し乾燥に強い性質をもっています。

鳥によるウィルス感染は、基本的に悲憤感染(空気感染)であるためネットや既存の忌避剤等での対策が難しいのです。

FullSizeRender


そして、最近、私自身が分かってきたことは、鳥の種類によって習性が違うので、設置の方法が違うということです。

もちろん、安田先生の足元にも及びませんが・・・、鳩とカラスと性質の違いは、だいぶ理解できてきました。

マンションのベランダの鳩を追い払うための設置箇所ぐらいは、自分で設計できます!笑

まあ、勉強というよりは、経験値として分かってきたのですが・・・、基本的に、鳩は頭が悪くて、カラスは賢いので・・・。

例えば・・・、カラスについては、飛んできて入って3Dレンズにより視覚を混乱させられると、すぐに方向を変えます。
飛んでこれないない場合でも歩いて近づいてきたり遠くからじっと様子を伺ってカラスなりに色々考えて近づいてこようとしますので、設置の枚数も多く、地上対策も厳重にしなくてはいけません。

逆に鳩は、言い方は悪いですが、馬鹿なので、3Dレンズにより視覚を混乱させても、むやみやたらと飛んでこようとする特攻型で、帰巣本能が強いので、建物の中に巣があると、何度も何度も入ってこようと近づいてきて、どうしても無理だと気付くと、別の入り口を探して侵入しようとしますので、換気扇などの周りにもドットマンを配置しなくてはいけません。

鳥によって、場所によって、工場、倉庫などの敷地全体のことを考えながら設計士設置しなくてはいけないのです。

そして、もう一つ大きな問題が・・・・。

今のところ、撃退ドットマンは、設置した場所の、カラス、ハト、他の鳥には、効果的で・・・最終的には、鳥は諦めてこなくなるのですが・・・。

大変申し訳ないことに、近くの別の建物をターゲットにするので、近隣の工場に迷惑をかけてしまうこともあり・・・そこを何とかしなくてはいけないというのが、今の最大の課題です。

要するに、撃退ドットマンというのは、鳥を殺すわけではないので、被害のある建物を諦めると、どこか近所に移動するだけなのです。

IMG_9892


まだ、同じ会社内であればいいのですが・・・、今まで被害がなかった隣近所の倉庫や工場に迷惑をかける傾向があるので・・・、今、施工した食品倉庫の隣の、運送屋さんの倉庫にも迷惑をかけている感じでして・・・・。

こちらは、鳥が来ないように鳥被害対策をしただけなんですけど・・・、隣の運送屋さんの倉庫の屋根に、鳥がうじゃうじゃいるのを見ると、なんとも申し訳なくなります。

だからと言って、弊社が『鳥、追い払いましょうか?』と、隣に営業に行くというのも、どんな商売やってるねん!って言われかねないので行けませんし・・・・お隣さんからすると、『お前のところが取り被害対策したから、こっちに鳥が増えたやないか!』と思うでしょうから、私の神経では、恥ずかしくて申し訳なくて営業に行けません。

今、そんな悩みを抱えていまして・・・安田先生にも相談していますが、隣の敷地の鳥まで追い出す手段は見つかってないです。

施工した建物に鳥が来なくなっても、近隣の建物に逃げた鳥が移り住んだり・・・それって、近隣の建物の所有者にとっては、いい迷惑じゃないですか。

この課題は、解決が難しいです。

まあ、とりあえず、それはそれで考えるとして・・・、株式会社ダイヤニウムが、鳥害対策事業部を開設し・・・ホークページが完成したので、読者の皆様にお知らせします。

詳しくは、ホームページでご覧いただきたいのですが・・・中に、YouTubeの映像もありますので分かりやすいと思います。

そんなわけで、本日は、鳥害被害対策(鳩、カラス)撃退ドットマンについて書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください









toshikazy at 16:54|PermalinkComments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ダイヤニウム | 鳥被害

2020年02月19日

2392) 不動産査定の真髄

読者の皆様、こんにちは&こんばんは

素人さんの為の不動産学校 校長の近藤利一です。

皆さんは、本当の不動産の価格って分かりますか???

本日は、不動産の値段、査定、価値、売却価格について書かせていただきます。


86987D94-DCBB-4600-8E21-F822CCE531EE


不動産の値付けをする場合に、不動産の査定というのは、不動産取引の入り口であり、非常に重要な部分です。

最近は、不動産一括査定サイトなんてものが、巷に蔓延っておりますが・・・、なんじゃこりゃ〜wと笑ってしまうレベルのものが多く・・・あれを不動産の査定とは呼べない。

もちろん、いろんなサイトがあるので、一概には言えないが・・・、最悪の不動産一括差査定サイト、悪いサイト、まあまあ悪いサイト、参考程度ならいいかな〜という一括査定サイト・・・・、でも、私の知る限り、これは、正しい査定をしているという良いサイトは存在しない!

大変失礼な言い方をしますが・・・、我々、不動産のプロから見たら・・・、子供騙しみたいなものであり、あんな簡単な申告記入式のもので本当の不動産査定はできない!と思うわけですが・・・

そもそも不動産の査定というのは、同じ場所であっても、土地、建物の形、使い勝手、全面道路の幅員、向き、周辺環境などで、大きく変わるのです。

特に建物なんかは、中に入らないと、正確な査定は絶対にできません。

建物は、内部の状況を把握して、現況で売れるのか、少しだけ手を入れることで価格が変わるのか、修理しなくてはいけないところがあるのか・・・などなど・・・、一絡げに構造と築年数だけで査定できないのです。

土地についても・・・、建物ほどではないですが・・・地図やグーグルアースだけでは分からないところが多々あります。

不動産の価格を、一括査定サイトで、大手不動産業者が数社が査定しても・・・、実際の売却価格とのズレが出るというか・・・、査定額と売却価格のズレが大きくなるというケースが多々あるのです。

というか・・・、逆に、こんなに簡単に、実際の売価に近い査定が出せるわけがないですよね。



そもそも・・・不動産の一括査定サイトは・・・。

不動産業者ではなく、IT企業が運営をしているわけで、IT企業の得意な集客力を生かして査定サイトを作って不動産会社に営業をして・・・・、それに対して、売却の仕事が欲しい不動産業者が、1件の客を紹介してもらうといくら払うというような契約をしているというようなシステムで・・・・、不動産業者は、IT企業が集客した顧客情報を高い金を出して買っているわけです。

サイト内で、競合がいる中で・・・どうやって査定価格をつけると思いますか???

競争になった場合、各社、少しでも高い価格を出して売却したい客を獲得しようとすることになると・・・思いませんか???

僅かな情報で、査定を出して・・・このまま出すと競合他社に負けて、せっかくIT企業に金を払うのに仕事がいただけないかもしれない・・・・。

大手不動産業者は、支店ごとに成績、営業マンごとに成績を、本社で比較されるという状況に置かれていて・・・・何とか売却の仕事を取りたい・・・!

さて・・・、そんな状況に置かれた不動産業者は、どうするでしょう?

まあ、みなまで申し上げませんが・・・、そういうことなのですw

ただでさえ・・・簡易査定なのに・・・、サイト内での客争奪戦があり・・・、売却価格に近い査定価格が出せるのか・・・、私は、出ないと思います。

そもそも・・、査定価格は、査定価格であり、売薬価格とは違いますからね。

でも、お客様(売主様)は、それぐらいで売れるんだ〜wと勘違いして、不動産を売った後の、ライフブランや事業計画に入れてしまう。
当然に・・・、実際に売れた価格は、数百万円安かったなんてことになれば、今後の計画が変わってしまいますよね。


ここが、恐いところというか・・・、不動産一括査定サイトの落とし穴というか・・・・、不動産取引の大事な入り口から、つまづく原因を作っているというか・・・・、我々、プロの不動産業者からみると、一括査定サイトって、何じゃこりゃ〜?と思うところなのです。

利用者は、参考程度に・・・ってことで、もう少し実際の売価は安いんだろうな〜と思いながら、使うのであれば、悪くはないですが・・・ガチで信じて、期待して、売却できると考えると・・・あとで裏にはまることが多々あります。

まあ、そうは言っても・・・いまどきは、一括査定サイトに金を払って顧客情報を買う不動産業者も多くなりました。



それから、私が、もう一つ・・・怖いな〜と思うのは、個人情報の流出です。

まあ、まともな査定サイトであれば、顧客情報を流出させると自社が不利になるだけなので、個人情報の取り扱いには気をつけているでしょうけど・・・、査定サイトに登録した顧客情報は、査定をするために不動産業者に流れるわけで・・・・、その不動産業者や、営業マンたちが、どのように個人情報を取り扱っているかは・・・、分からないというか・・・考えると恐ろしいな〜と思うわけです。

例えば、家を売るためにサイトに登録したら・・・、依頼をしていない不動産業者や、引越し屋、掃除屋、リフォーム屋から、営業電話やDMがジャンジャン来るようになったとか・・・・、それって、完全に名簿屋に情報を売られたバターンですよね。

まあ、そんなことは、ないかもしれませんが・・・、顔の全く見えない相手に自分の情報を流すというのは・・・、私の感覚が古いのかもしれませんが、なんとなく気持ちが悪ですし怖いです。


もしも、私が、素人で・・・一括査定サイトを使いたいということにった場合は・・・、まあ、どうなんでしょう・・・、ん〜・・・、スーモ、アットホームぐらいは、個人情報を登録してもいいかな〜と思いますが・・・、まあ、それでも、あまり気持ちよくはないですね〜。

2012-08-12-14-50-50


そうは言っても、不動産業界もデジタル化してきているわけで・・・・、広告媒体も紙からネットになってきているので・・・、一括査定サイトの存在は、もはや、必要なものになったのかもしれませんが・・・。

私としては、自分の大事な不動産を売却するのですから・・・、大手でも中小でもいいけど・・・、不動産会社に足を運ぶなり、せめて電話かメールでもいいので、不動産業者に直接連絡をして、きちっと査定をしてもらった方がいいと思いますけどね〜。

不動産って、数千万、数百万・・・大きな買い物、大きな売り物で・・・後々の生活に大きな影響を与えるものなので・・・、一括査定サイトでのデジタルで片付けるのではなく、アナログか、ハイブリットで真剣に取り組むべきだと思います。

ほとんどの人は、家を買いローンを払って・・・、あれこれ節約してたり・・・、相続で手に入れた不動産だとしても先祖の大事な不動産な訳ですから・・・、慎重に真剣に・・・!

不動産業界で生きているものとしては、不動産を大切に扱って欲しいと思いますし・・・不動産を売却することで、後々の生活に最良の活かし方をして欲しいので・・・、ちょっと書きにくい話題ではあったのですが、自分が思っていることを書かせていただきました。

不動産を売却される皆さん・・・、もっと自分の不動産と、自分の未来を大切に考えてください!

不動産の査定に関しては、まだまだ書きたいことが沢山ありますが・・・とりあえず、今回は、ここまでとさせていただきます。


ということで・・・・、ふわっとした感じですが・・・久々に、不動産の話を書かせていただきましたが・・・・。

明日からは、宮古島と那覇に出張です・・・。

FullSizeRender


千代田不動産 宮古島不動産情報サイト!

今回は、宮古島1泊、那覇1泊・・・弾丸出張です。

宮古島は、新築32室のアパートの家具が入ったので確認と賃貸の募集状況の確認・・・、私の家も、そろそろ完成させてもらわないと困るので、その確認・・・、そして、宮古のお兄さん、コクワシティーの社長と息子さんと会食w

那覇は、不動産の決済と、友人というと失礼かもしれませんが、不動産投資家さんとの会食!

そして、翌朝便で帰りますので・・・土曜の昼には名古屋にいますw

宮古も沖縄も、中国人の観光客が多いので・・・、宮古、沖縄の知人友人に、いっぱいダイヤニウム マスクをプレゼントしようと思っています。

沖縄に持っていく名古屋土産は、ダイヤニウムマスク・・・w

そんなわけで・・・本日は、ここまでとさせていただきます。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 17:05|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | 近藤利一 不動産コンサルタント

2020年02月16日

2391)タイ バンコク出張・・・(ダイヤニウム) 

読者の皆さん、こんにちは&こんばんは

タイのバンコクに来ております。

昨年、バンコクに来た時には、滞在時間12時間ということで、バンコク市内のホテルで、バンコクの日本人経営者たちと2時間、ダイヤニウムの話をして食事をして、ホテルで仮眠して、名古屋に帰るという超短期のバンコク滞在だったわけですが・・・・。

今回は、4泊5日・・・2日は仕事をして、1日はのんびりできる感じでした。

IMG_0044


朝起きて、会社に電話をして打ち合わせをして・・・、朝食を食べにって・・・、プールサイドでメールや、書類の作成をしたりして・・・、午後からは、仕事・・・・マッサージ・・・、夜は、会食と飲み・・・、部屋に帰って来てメールをチェックして寝る・・・バンコクでは、日々そんな感じです。

実は、今回、バンコクに来る予定は全くなくて・・・・、最初は、フィリピンのセブでダイヤニウム販売会議を開催しようという話になっていたのですが・・・。

メンバーの中に香港人がいて・・・コロナウィルスの影響でフィリピンは、香港人、中国人、入国禁止ということで、2日前にキャンセルして・・・急遽、バンコクに行き先を変えたのです。

フィリピンの社長も、バンコクに来てくれまして・・・みんなバンコクに集まり、ダイヤニウム会議は無事に開催されたわけですが・・・・。

バンコク市内で、4泊もするのは・・・十数年ぶりだったわけですが・・・、バンコク市内の発展には、驚かされました。

IMG_0024


十数年来ないだけで、ここまで変わるのかと思うぐらい、近代的な大都会になっていました。

昔から、大都会であったことには変わりないのですが・・・、クルーズ船から見る景色が、昔と今では、全く違いました。

この写真に写っているレジデンスには、ちょっと住んでみたいなと思って、価格を聞いたのですが・・・以外と安い・・・、現地の人の話なので、確かではないですが、3000万円〜1億ぐらいだそうで・・・、『ど田舎の名古屋のマンションと同じぐらいだがやぁ〜! むしろ、名古屋より安いかもしれんな〜w』と言ってたぐらいです。

一般的に、日本人がタイのバンコクに行くというと・・・、タニヤ通りや、パッポン通りに遊びに行くというイメージなんですが・・・、我々は、ビジネスで来ているということですし・・・、意外と真面目なグループなので・・・・、クルージングディナーや、現地の有名店のフカヒレ屋や、鉄板焼きで、会食!

FullSizeRender


新しくできたショッピングモールに行ったり・・・ちょっと夜街に遊びに行っても、ぶらっと歩いたり、ニューハーフのショーを見たり、アトラクションBARで飲む程度で・・・一般的な昭和の日本人の慰安旅行的な遊びは何もしておりません。(潔白w)

因みに、タニヤ通り近くの薬局、7〜8件回って、マスクの価格を調べましたが・・・、質の悪いマスクが、1枚50円〜70円ぐらいで売られており・・・タイのバンコクでもマスクは値上がりをしていますが・・・、どこかの国の浅ましい@@オクや、メル@@のような暴利な感じの価格ではありませんでした。

IMG_0041


ただ・・・タイで売られているマスクの質が悪い!

この写真のマスクは、ペラペラで薄くて肌触りも装着感も悪い・・・・別にダイヤニウムマスクを褒めるわけではなく・・・、日本のマスク自体、品質が高いです。

あっ・・・皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・ブログの続きです。


まあ、日本のマスクの品質が良いのはありがたいですし・・・、それをダイヤニウム加工してあるので、更に高品質になっています。

タイでも、ダイヤニウムマスクは、評判が良く、今回、集まった知人友人たちは、ずっと着けていたのですが・・・、マスク自体の品質も高いし・・・、抗菌、抗ウィルスは実感できないにしても、臭いが浄化されて、数日間使えると褒めていただけました。

やはり、メイドインJAPAN、最高ですw

IMG_9699


ただ、残念ながら、1万枚とか、10万枚とか、注文をいただいても、それだけのマスクが入荷できないですし、質の悪いマスクを使うのも嫌なので・・・、海外の知人友人からの注文は、一人1000枚の注文だけ受けることにさせていただきました。

商売人としては、ちょっと悔しいですが・・・、こんなコロナブームだからといって、むやみやたらと大量生産して、ダイヤニウムマスクの品質を落とすわけにはいかないし・・・・仕方がないです。

みんな、1万とか10万単位で欲しいと言ってくれましたが・・・、本当に申し訳ないです。

みんなも、そこは理解してくれまして・・・・。

会食をしながら、今後のアジアでのダイヤニウムの販売について、いろんな意見を出してくれました。

FullSizeRender


中には、厳しい意見も・・・・。

・元々、ダイヤニウムマスクは、ダイヤニウムが、環境浄化触媒の効果を体感させるために、サンプル製造していたものだから、数ができないのは理解しているが・・・我々は、マスクもダイヤニウムも、10万枚単位じゃないと商売にならない! コロナに関係なく、これからマスクの需要は高くなるから、ダイヤニウムの液体を売るよりもマスクを沢山作るべきだ! それに沢山作れば製造コストも下がる! 

IMG_0035


・大事なことは、コロナ騒動が終わった後に、次のウィルス騒動に向けて準備を整えておくことが大切だ!

・ダイヤニウムは、日本の抗ウィルス、抗菌、消臭のエビデンスもあり、品質は素晴らしいことは分かったが、その機能が分かりづらい・・・でも、光が見える・・・光が大きくなるのも見える・・・。協力して、大きな光の塊にして、今度は世界の人々に光を与えよう!(日本語にすると、宗教的に聞こえるが、直訳すると、こんな感じになるのかな?www)

その他、沢山のご意見とアドバイスをいただき、ありがたかったです。

IMG_0039


そして、なんだかんだ言って、友人たちは、協力的で・・・、今年の春に、某国で、ダイヤニウムの販売のイベントをやってくれるようだし・・・、友人が、別の某国でも某国代理店となって、2次代理店、3次代理店を募集してくれるようです。

本当に、ありがたいです。

私は、自分が持っている環境浄化触媒ダイヤニウムの知識、ほぼ全てを友人たちに伝えて・・・、毎食、ダイヤニウムの質問を受け、回答していた感じでした。

そして・・・早いもので・・・バンコク入りしてから、3日・・・4日・・・楽しい時間は、あっという間に過ぎて行きました

4日目、友人たちは、それぞれの国に帰っていきました。

IMG_9941


私は、プールサイドで、ブログを書きながら・・・・。

知人たちが、ホテルをチェックアウトする時間にフロントに見送りに行き・・・また、プールサイドに戻りブログを書き・・・ちょっとお昼寝もして・・・。

そして、全員を見送った後・・・、私も、部屋に戻り・・・シャワーを浴びて、荷物をリモワに詰め込み、チェックアウトをして・・・。

深夜の便で帰国・・・セントレアに朝着・・・・。

そのまま、1日、溜まりに溜まった仕事を片付けて・・・夜は、接待・・・・接待終了後、錦でお世話になっているクラブのお祝いに顔を出して・・・、深夜に帰宅して・・・風呂に入り・・・。

ベッドに横たわり・・・・気づいたら朝でした・・・・。


多分、ベッドに寝て布団に入って目を閉じて・・・2秒ぐらいで吸い込まれるように寝たのではないかと思います!笑

IMG_9933


プールサイドでも、帰りの機内でも、それなりに睡眠はとっていたつもりだったのですが・・・、疲れていたのか・・・、6時間1回も目を覚まさずに夢も見ないで爆睡しました。

翌朝・・・大阪日帰り出張・・・・。

そして、来週は・・・、宮古島と那覇に行きますので・・・。

2月の初旬は韓国、10日からバンコクに行ってまして、本日、大阪・・・出張続きです。

身体は大丈夫ですが・・・頭が悪いので、ちょっとキャパオーバーな今日この頃です。

空港では、ダイヤニウム加工した帽子、服、靴、サングラス・・・ダイヤニウムマスクで、完全防御体制・・・入出国時に、顔を見せなくてはいけない時だけ、極力息を止めて・・・空港から出た後は、除菌テッシュで手と顔を拭きまくり、ちょいちょいリステリンでうがいしていたので・・・。

因みに、タイに入国する際も、出国する際も・・・、指紋をとる機械を、除菌ティッシュで拭き拭きしてから、指紋認証していました・・・イミグレの人は、こいつ何しとるんだ?って顔してましたけど・・・・。

どんな感じかというと・・・、イミグレの台に、パスポートと入国カードと、除菌ティッシュ置いて・・・。

『Hello・・Wait for 5seconds・・・、This is dirty.・・・Because the coronavirus is scary, (拭き拭き・・・)OK牧場! 』

正直、指紋をとる機械をダイヤニウム加工したかったぐらいですが・・・、変なことをすると、タイに入国、出国させてもらえないといけないので、除菌ティッシュで拭かせていただくのみとさせていただきました。

ここまで徹底したので・・・多分、新型コロナは持ち帰っていないと思います。

そんなわけで・・・・本日は、タイ バンコク出張(ダイヤニウム)というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 10:52|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック コロナウィルス | 抗ウィルス 抗菌