2019年07月

2019年07月12日

2339)農業と福祉、農福連携事業!

最近、農業福祉というものに興味を持つようになりました。

事の始まりは、ある方から、愛知県は農福連携が遅れているという話を聞きまして・・・。


『農業も福祉も、事業として成功させなければ、農福連携事業は成り立たない。 補助金や助成金の制度もあるが、これが、なかなか事業を成功させるのは難しい。 農業は農業の考え方、福祉は福祉の考え方・・・農業と福祉を連携させるには、経営の力が必要なんだ・・・・近藤くん、やってみないか?  』

この言葉を聞いた時は、正直、興味もなかったので、世間話的に聞き適当に会話をしていたのだが・・・、その後、話の流れから、他県に視察にいく話になり・・・断りきれなくて、他県の農業福祉事業を見に行ったわけですが・・・。

そこでは、障害者が、農業をやっていて・・・一生懸命、真剣に、頑張っていました。

私たちが、現地に到着しても、こちらに全く気付く事なく黙々と作業をしていました。

BlogPaint


農福連携というのは、読んで字のごとくなんですが・・・。

簡単に説明すると、障害者や高齢者を農業分野で雇用するといい事なのです。


労働力不足や過疎化といった問題を抱える農業の働き手を雇用して、地域農業の維持、地域活性化を目指すという事なのですが・・・、障害者の訓練や収入の手段としてだけでなく、農作業を通じて心身の状況が改善し、一般就労に向かうことができるようにしていくことも期待できます。

因みに、視察の際に、無農薬野菜の虫取りを、私もトライしたのですが・・・、障害者3人と私の作業と比べて・・・、私は、一番、出来が悪かったですw

慣れていないのもあるのかもしれませんが、私は見落としが多かったのに対し、障害者の3人は、全員、ほとんど見落としなく、完璧に虫を取るので・・・完全に、この仕事に関しては、私の負けです。

私よりも、集中力や根気があり・・・・真剣度が違うというか・・・ちょいちょい携帯で電話したり、他の人と話をしながら作業している私との差は、雲泥の差で・・・、彼らの作業の正確さに驚かされました。

あくまでも私の感覚ですが・・・、管理や指示をする人がいれば、健常者に勝るとも劣らない仕事ができるんだな〜と思いました。

この子たちの能力は、農業分野で十分に通用するという確信を得たのです。

ただ・・・農業といっても、農作物が売れてこそ、働く人に給料が払えるわけですし、利益も出して、新たな就労支援の取り組みもできるわけです。

もちろん、補助金、助成金もあるようですが、なかなか成功させるのは難しいようです。

お金の問題だけではなく、協力してくださる支援者も必要です。

農福連携の事業をする上で、助成金や補助金は、確かに助かりますが・・・結局のところ、農業のブランディングから販売までプロの力が必要ですし、福祉は福祉のプロの力が必要なのですが・・・どちらかに長けている事業者は多いのですが、両方、プロフェッショナルじゃないといけませんし、地域の方々の協力は必要不可欠ですが、地域との連携が難しく、結局、うまくいかないことが多いのです。

そんなわけで・・・ある人から、私に声がかかり・・・、農業のプロと、福祉のプロを紹介するから、総合的なプロデュースをやってみないか?ということで・・・視察をしてきたわけですが・・・。


問題は、多々ありますが・・・私が、思う最大の問題は・・・、国は、省庁の壁を超えて、農水省も、厚生労働省も、農業福祉に力を入れていますし、都道府県も、それなりに動き出していますが・・・、肝心要の市町村や、地域のJAが・・・、まあ、力を入れているところもありますが・・・、大半のところでは、取り組むどころか興味もない感じです。

農水省、厚労省が重い腰をあげて、農福連携を頑張ろうとしているのに、それが、行き渡っていないというのが現状で、私の調査で十数件調べただけですが・・・愛知県の市町村やJAは、ほとんど他人事の感じでした。

まあ、農業の担い手を育てるとか、福祉についても既存の範囲で、それなりに事務作業的にやっているようですが・・・、農福連携という新しい取り組みには、あまり興味がないという印象を受けました。

私に、農福連携の話を持ってきた人の言う通りだな〜と・・・・愕然としたわけです。

BlogPaint


しかし、私は、風向きが悪いほど、燃えるというか・・・怒りを、やる気パワーに変えるのは得意なので・・・(笑)

そんなわけで・・・、農業と福祉のプロフェッショナルと、農地を提供してくださる人もいて、環境が整っているので・・・、農福連携をやってみようと思っているわけですが・・・。

なぜ、やってみようと思ったかというと・・・下地が用意されていて、私がすべきことは、連携させて軌道に乗せて、事業を拡大していくだけですので・・・0からのスタートではないということと・・・。

今回の視察とは別で、障害者の子を持つ親御さんたちの集まりに行った際に・・・。

『子供の将来が心配で死んでも死に切れない!』という話を聞いた事です。


『子供の将来が心配で死んでも死に切れない!』と一言で片付けてしまってはいけないので、もう少し詳しく書きますが・・・1時間ほど、皆さんの話を聞いたのちに、帰り際に・・・グループの代表の方が、私の手を握りながら、農福の連携を愛知県でも是非やってほしいと・・・、その人たちは他県の人なのに、愛知県でも、全国どこにでも、自分たちのような親はいるし子もいるからと、真剣に私に頼み込むのです。

私の手を握る、その手の力強さと言葉から、切実な願いが伝わってきました。

私自身、忙しくて・・・正直、断りたいのですが・・・断れない状況というか・・・、私も子を持つ親として・・・、『どこまでやれるかわかりませんが、精一杯頑張ってみます。』という答えしかありませんでした。

結局、今、私は、農福連携事業を始めようと、いろんな調査をしています。

農業、福祉、各分野の方々と何度も打ち合わせをして・・・一番、良い方法が見つかりました。

農業系の組合法人を設立して、別に福祉専門の法人を設立する事になりました。

農業系の組合法人を立ち上げるには・・・、まずは、私が農家になるべく、市役所の農業委員会に行き、事情を話して、農家になりたいとお願いをしました。

当然、条件をクリアしないと農家にはなれません。

それ以前に、農業委員会に話したら、門前払い的に、NO!

それでも何とか食らいついて、ちょっとだけ前進・・・。

条件・・・。

。苅娃娃以進動幣紊稜醒呂鮖つか借りるかして耕作する事はできますか!
『4000平米ですね・・・はい、わかりました。 買います。』
という事で、農地を4300平米ほど購入すべく売買契約を締結!

農機具はありますか?
『俺、地元の不動産屋ですから、農機具は、どこからでも借りてきます。 草刈機、軽トラ、会社にあるし、ユンボもある、それでもダメなら俺も買います。田んぼは、耕作してもらいながら私も手伝います。 地元の、耕作している組合や法人の代表、ほとんど知り合いですから、何とでもなるので、放棄地にはしません。』

G清鳩亳海呂△蠅泙垢?
『それは、あるような、ないような・・・。 でも、子供の頃、若い頃、親父の実家の畑、田んぼ、親戚の果樹園、柿、ミカンなど、ずっと手伝わされていました。 ついでに、家族が農協の、農業塾も行ってました。 それでもダメなら、どっかの農業法人に従業員で入れてもらいますが、どれだけ経験したらOKですか?』

で清箸侶弉莉颪蓮
『私が買った各土地の謄本、公図に写真をつけて、計画書を、農業系に強い行政書士に出させます。』

でも・・・、何となく、役所は、私が、農家になるは嫌っぽいですよね〜。

多分、私は・・、ここ近年に、太陽光発電や、企業誘致などで、10ヘクタール以上の農地を宅地化した不動産会社の代表取締役だから、農地を守るべく立場の人たちから見ると・・・、そんな奴を農家にしたくないのではないのかもしれませんね。

そんなわけで・・・。

今のところ、農福連携をやろうにも、それ以前の問題で、ゴタゴタしていますが・・・。

ここをクリアしないと、何も始まらないので、意地でも農家になろうと思っています。


FullSizeRender


お国をあげて取り組んでいることだし、各分野のエキスパートも協力してくださるし・・・、こんなところでつまづいているわけにはいきません。

それに・・・、障害者の子供持つ親御さんたちと、約束したし・・・、その人たちも、他の団体や、サークルを紹介してくださるようでアポも入ってますし・・・、農地も買っちゃったし・・・、お手伝いしてくださる人たちも盛り上がってるし・・・もう後には引けない状況です。

しかし・・・、今、宅地分譲事業と不動産仲介業、土木、建設・・・、企業誘致、宮古島のプロジェクト、投資家さんたちのコンサル、このあたりの仕事は、私以外ではできない部分もあるし・・・、まあ、でも、その他、環境浄化触媒と、レンタルオフィス事業や、ホワイトニングは軌道に乗った感じなので、社員に任せるとして・・・。

それでも、体は一つしかないので、なかなか辛いものがあるな〜と思いながらも、農福連携事業も頑張ります。

農福連携事業には、身を削ってでもやる価値があると思っています。

今年・・・50歳になります。

人生100年時代と言われていますが・・・、まあまあ酷使してきたので・・・、この体も、このペースだと、持って、あと10年ぐらいかな〜。

仕事も遊びも、世の中、やりたい事だらけですね〜。


最近、欲しいものは・・・、若さと、時間・・・(笑)

とりあえず・・・農福連携も他の事業と同様に、やりきります。


そんなわけで、本日は、農福連携事業について書かせていただきました。






本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください








toshikazy at 17:25|PermalinkComments(10) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | 農業福祉

2019年07月09日

2338)名古屋の不動産価格は、天井つけたかな⁉︎

数年前から度々・・・2019年〜2020年に不動産は大きく下げる!と書いてきました。

まあ、東京の状況は、多くの評論家さんが書いていらっしゃいますので・・・私は、名古屋の状況を書かせていただきますが・・・。

名古屋の不動産価格は、昨年後半ぐらいから、天井つけた感が出てきています。

これは、公示価格とかの話ではなく、不動産業者として需要と供給のバランスを見ての感覚的なものです。


公示価格は、2013年あたりから、徐々に上がってきた土地の価格は、2017年、2018年と・・・急激な伸びを見せていますし・・・2019年も、今の雰囲気だと、なんとか高値で持ちこたえるであろうという感じです。

しかし、2020年は、どうなんでしょう?

需要と供給のバランスに、ん・・・変わってきた???と、感じる今日この頃ですが・・・、2020年・・・今の価格を維持できるのかを考えると、私は、維持できないと思います。

そこに追い打ちをかけての消費税の増税、オリンピック後の経済を考えると・・・、ヤバいんじゃないかな〜という結論に達してしまうわけです。

1751BBB6-8CCE-4549-9408-231D68D23CA0


まあ、土地の話は、とりあえず、横に置きまして・・・・・多くの皆様が気にされているマンション価格の動向の話をさせていただきますが・・・。

名古屋の土地相場と同じく、2013年ころからマンション価格も上昇してきました。

東京や大阪と比べても、名古屋はまだ上がってる感じです。


一番大きな要因として考えられるのは、リニア開通!

名古屋市はリニアの開通が、2027年に予定されておりまして・・・。

そうなると、東京ー名古屋 約40分ということで、時間的な距離が短くなるわけですが・・・、東京の不動産価格と比べて名古屋は、割安感が出ているからという理由で盛り上がってる感があります。

リニアブームの商業地の地価高騰に乗っかる感じで・・・マンションも値上がりをしてきました。

しかし、マンションの人気のエリア、値上がりのエリアは、商業地とは異なり・・・・、東区、昭和区、中区、瑞穂区という感じで・・・、もちろん名古屋駅に近い中村区や西区も上がっているものの、マンションの値上がりした人気のエリアは、名古屋駅から近い場所というわけではありません。

数字や、難しい説明を書いても仕方がないので、簡単に説明しますが・・・。

リニア期待で名駅エリアの地価が値上がりしたのにつられたのと、建設費の高騰で新築マンションの価格が上がり・・・中古マンション市場も上がってきたわけです。

さて、ここで考えなければいけないのは、名古屋の経済!

名古屋の経済規模って、そんなに大きかったっけ???

その話に入る前に・・・。

うーんここまで書いたところで・・・人気ブログランキングが、不動産、建設部門で、2位⤵︎になってしまっておりますので・・・、下部のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校をクリックして投票をしていただけるとありがたいです。


建設・不動産ランキング

投票ありがとうございました


さて・・・ブログの続きです。

リニア効果で、移動時間が短くなることでの、名古屋の割安感・・・、これは、本物の経済成長に伴うものなのでしょうか? もしくは、このご時世の中、本当に経済成長するのでしょうか?


我々、名古屋の不動産業界人は、名古屋の中心部で、バカ高い価格をつけて売りに出している物件を、東京相場と呼び・・・、名古屋で、この価格で販売して、商売として割りが合うのか?と疑問を感じながら、値上がりしていく不動産を販売してきました。

トヨタ関連の企業や上場企業の極一部以外が、この価格で土地を買ってビルを建てて割りが合うのか?名古屋の経済で、この価格はどうなんだ?と疑問を感じながら、ここ数年、取引をしてきました。

それに、つられて上がった名古屋のマンション価格・・・、東京や大阪に、一服感が出てきている中で名古屋は勢いよく上がってきましたが・・・昨年ぐらいから土地の価格の頭打ち感も感じていますし・・・私の個人的見解ですが、そろそろ、マンションも天井・・・下げ始めるのではないかと予測しているわけです。

2013-08-17-12-51-50


これは、私の主観ですが・・・、値下がりをしたとして・・・、住むことが目的で買った人は、収入と居住費のバランス、自分や家族のタイミングもあり購入していますので、高いときに買っちゃったな〜的な感じなので・・・、値下がり値上がりに大きく左右されることはありませんが・・・、投資目的や事業目的の場合は、損失が出る恐れがあるので・・・、そろそろ天井だと思った人は、早めに処分されたほうがいいように思います。

そんなわけで・・・。

私も、東区泉1丁目のマンションの最上階にあるコンサル事務所兼、セカンドハウスとして使っていたマンションを売却することにしました。


IMG_7169


築浅の最上階で80平米以上ありますし、おそらく、今であれば、5000万円前後で売れると思いますが・・・、来年から下げ出すと、なんとなく購入した人に申し訳ないので、現状渡し、家具家電、一部を除く、基本は、その他の物付きで、4580万円で売却をすることにしました。

月に、2〜3日ぐらいしか使っていないので、新築並みにキレイですし、内装は、新築時にかなり手をかけたので、そこそこ豪華な感じになっています。

とりあえず、前々から、東区で探していた人たちと、私の友人の東区の不動産業者に声をかけて・・・・販売を開始しました。

IMG_7179


値打ち感があるのか、希少物件だからなのか・・・、すでに、3番申し込みまで入っていて・・・高買いするから売って欲しいなんて話も出てきています。

もちろん、そんな話は受け付けませんので、一番の人がキャンセルするか融資が通らなかった場合のみ、順次、二番、三番ということにしました。
入札物件でもないのに、最初に付けた価格で決まったものを、高く買う人が現れたからといって、順番をひっくりかえすことは、人間として、やったらあかんことだと思います。

IMG_7162


そんなわけで・・・とりあえずは、私は、ブログで値下がりをして行くことを予想しているだけではなく・・・、自分のマンションを売却することにしました。

名古屋の不動産は、下がると予想を書きながら、コンサル事務所以外の用途で、あまり使用していないマンションを、しっかりホールドしていても、言ってることとやってることが違うので・・・、俺も、売りま〜すw

ということで・・・、ブログに書かせていただきました。

ん・・・・、ちょっと待った・・・、売るのはいいのですが・・・、私は、近藤利一不動産コンサルタント事務所を、どこに持って行ったらいいのか・・・?  
遠方から来られるお客様を、どこに泊めたらいいのか・・・?


う〜ん・・・。

近藤利一不動産コンサルタント事務所は、宮古島にしようかな〜・・・。

IMG_7286


私のクライアント様は、名古屋が大半・・・、続いて、岐阜、三重、大阪、東京、海外という感じなんですが・・・沖縄県宮古島市に事務所を移して、いろんなものを今まで通りに経費計上できるのかな〜?

税理士さんと相談します・・・。

最悪、宮古島がまずいのであれば・・・、当社が経営している、丸の内のカラーブロックオフィス&カフェの、レンタルオフィスに、事務所を移転しようと思っています。

そんなわけで・・・本日は、名古屋の不動産価格は、天井つけたかな⁉︎というテーマで書かせていただきました。







本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 13:57|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | 近藤利一 不動産コンサルタント

2019年07月06日

2337)銀行預金は安全という嘘!

弊社は、年間で、買取、再販、仲介で、数百件の不動産取引をしていますが・・・。

取引の後、売主様にお金が残ることがあり、そのお金を、ほとんどの人は通帳に入れます。

銀行の通帳に入れるのはいいのですが・・・、ほとんどの人は、そのまま入れっぱなし・・・。

まあ、それはそれで・・・そのまんまにしておけばいいのですが、お客様が相談をしてくることが多いんですよね〜。


特に、最近は、企業誘致をしている関係で、農家の方々は、田畑を売却すると、急に数千万単位のお金が入るわけで・・・、多くの方から、お金の相談を受けます。


相談をされたら、私も、お答えをするわけですが、ご高齢の方が多く、なかなか説明が難しい!

IMG_7352


先日も・・・。

地主さんA 『社長、この間、土地を売った金なんだけど、銀行に4500万円あったから、農協に1千万円、郵便局に1千万円移しておいたわ・・・。 でも、まだ銀行に1千万円以上あるから、どうしような〜? 1千万以上置いておいても、銀行が潰れたら1千万しか保証してもらえないからな〜。 また、来年、2300万円入ってくるからな・・・。 社長、何か、儲かることないか?』

『う〜ん。 ないわけじゃないですけど・・・。 投資はリスクがありますからね〜。 投資の仕組みが分かっている人相手ならいいけど、何も分からん人とは絡みたくないんですよね〜。』

地主さんA 『何も分からん人って、失礼な言い方だな〜。  1000万円以上は銀行に入れないようにしとるし、銀行員が持ってきた、儲け話も、オーストラリアドルか何か知らんけど、やっとる・・・。』

『まあ、銀行が持ってくる金融商品なんかは、俺は、付き合い以外では買わないですけどね〜。 どうしてもやってほしいとか、カード作ってくれとかお願いされたりすると、渋々、OKするぐらいで、投資は、勉強して自分でするのが一番です。  その豪ドルは、いつ買いましたか?』

地主さんA 『今年の・・・・。@月ぐらいだったかな〜?』

『あっ、それ、多分、元本割れしてますよw いくらやったのか知りませんが、1000万円が、1000万円が950万円ぐらいになってると思いますよ。  でも、円で考えると、円預金の価値が上がってますから、まあ、トータルでは、日本の預金は、豪ドルに対しては、価値が上がってますね。』

地主さんA 『1000万円が950万円になったら損しとるんだろ?』

『まあ、ぱっと見そうですが、日本円預金の方が多いので、そうでもないんですけど・・・。でも、日本の銀行に普通にお金を預けておいても、100万円預けても駄菓子も買えないので・・・。 まあ、分散投資をしておいたほうがいいのかもしれませんね。』

地主さんA 『ん・・・。 日本にある普通預金は、そのままだろ? オーストラリアの金は価値が下がったんだろ?  俺、損じゃないか!』

『他国よりも、日本のお金の価値が上がれば、海外製品は安く買えるので、日本の金の価値は上がってますよね!  この意味、わかりますか?』

地主さんA 『うん。 なんとなく分かる。 円高になると、舶来品は安く買えるってことだろ?』

『はい! そういうことです・・・・。  じゃあ、銀行に1000万円預けておいても、その価値は変わり続けているってことは、当然に理解できますよね。 』

地主さんA 『舶来品を買うときは、そうだわな。』

『舶来品を買うとか買わないとかではなく・・・。 う〜ん・・・、銀行にお金を預けておいても、円の価値は変動しているので、決してノーリスクではないってことです。  インフレ、デフレといっても分からないだろうから・・・、う〜ん・・・、物価が上昇した場合は・・、今のお金の価値はどうなるか分かりますか?』

地主さんA 『物価が上がれば、今まで100円で買えたものが120円でしか買えなくなれば、金の価値は下がったということだわな〜。』

『そうですそうです。   OKです。   じゃあ、そうなった場合、日本円の価値が下がっているとかって、意味が分かりますよね。 』

地主さんA 『分かるけど・・・。 1万円は1万円だわな・・・。 』

『そうなんですが・・・。 う〜ん・・・。 まあいいや・・・。 でも、銀行にお金を預けておけば安全でノーリスクという考え方は捨てた方がいいです。  まあ、通帳に入れてあるものを生活の引き落としなどに使う分には、銀行は、なくてはならないものですが、お金を増やす、減らすという意味では、安全でもないし、リスクがないわけでもないんですよ!  1000万円の価値が500万円になったらどうします?』

地主さんA 『それは分かるが、1000万円は1000万円だわな。 減るというわけではない!』

『う〜ん・・・。 はい! まあ、それならそれで、おっしゃる通りでいいですw 銀行が破綻した時に1000万円を保証してくれるのは、誰が、どのように保証して、いつ支払われるのか知ってますか?』

地主さんA 『国が保証してくれる・・・以外の情報は知らない!』

『ペイオフ、預金保険制度により、1000万円と、その利息まで・・・、小銭は仮払いしてくれるっぽいですが、基本的には債務整理が終わるまで、1000万円全額は返ってきません。 ついでに言うと、日本に本店がない銀行や、外貨預金は対象外です。  小分けにしておくがいいと思いますが、それだけだと、日本円のリスクというものはありますので・・・、分散投資をした方がいいです。』

地主さんA 『ホォ〜・・・・。 勉強になった・・・。  1000万円を超える分は、家を治したり、先祖のものを売ったんだから仏壇を買うわ・・・それでも余ったら墓を治して、少しずつ子供や孫に贈与するわ。』

『まあ、それは、投資ではなく、消費と相続対策の問題ですね。』

そんなわけで・・・、日本円、銀行預金が絶対的に安全と思っている人が多く、銀行預金にもリスクがあるということを説明しても、なかなかご理解いただけない・・・、頭では理解はしていても、リスクとして考えられないというパターンが多いのです。

IMG_5102


この手の人に、いろんな投資を説明しても、なかなかご理解いただけないし・・・、ご理解していただけない人に、投資を勧めても後々失敗する可能性が高いので・・・・、まあ、銀行預金を1000万ずつ小分けにして持っているの一番良いのだと思います。

事実、この方は、以前にも、某コンビニ ファミ◉ーマートに土地を貸したり、◉◉建託でアパートを建てて、不動産投資で失敗をしたりしていますからね〜。

失敗した不動産投資も、コンビニ屋とアパート建築屋からの甘い誘いに乗っただけで、地主さん本人は、不動産投資についても、契約内容の詳細についても全く理解していませんでしたから・・・投資というものはやらない方がいいのかもしれません。

今も、銀行にまで豪ドル債みたいなものを買わされて損していますし・・・。

銀行預金は1000万円まではノーリスクだと思えば、小分けに預金しておくだけがいいと思いますし・・・。

他に、何か儲かる話はないか?と思うのであれば・・・、まずは、投資について、ある程度は勉強をするべきです。


そうすることで、国内外の金融の仕組みや動きも見えてきますし、世界経済や日本の経済も見えてくるので、その上で、金融商品も勉強して、不動産投資、投資信託、株、金、FX、商品先物、仮想通貨など・・・リスクとリターンのバランスを把握して、自分に合っていると思うものをチョイスして投資をしていくのが良いと思います。

そんなわけで、ここまでは、Aさんの話をベースに買いてきましたが・・・・ここらへんまでにしておきまして・・・。

IMG_3462


Aさんに限らず、一般的に、大金を手にすると、不動産投資というものに手を出したくなるようですし・・・、不動産に絡んだ事業で成功すると、不動産業というものに手を出したがる人が多いですが・・・、どちらも、きっちり勉強した人は成功する可能性が高いですが、人任せにして不動産投資をした人や、人任せで不動産業を始めた人は、失敗している人が多い気がします。

まあ、不動産投資以外のことは、私はプロではないので、どうこう言える立場ではないですが・・・、客観的、素人目線で見ても、やはり勉強している人としていない人では、勉強している人の方が成功しているように思います。

証券会社任せ、銀行の勧誘、友達の誘い等も・・・、間に受けて人任せではなく、自分で勉強して、把握して、利益が出る可能性について持論をもてる状況に達してから投資をするべきです。

投資にしても、ビジネスにしても、そんな簡単なものではないですからね〜。


そして、話は、戻りますが・・・・。

ある程度、投資の勉強をすると、いろんなものが見えてくるわけですが・・・、そうなると、銀行預金は安全という嘘に気付くのです。

現在の日本の銀行さんは・・・今の日本の政策や経済・・・、この世の中の流れの中で、生き残れるんですかね〜?

FullSizeRender


世界の経済戦争が激化していく中で、今後、日本は、どうなっていくのでしょう?

そういう観点で考えても、銀行も、銀行預金は安全とは言えないのです。

先日、老後2000万円問題で世間がざわつきましたが・・・・、国は国で、精一杯対策をしていくのでしょうが、我々は我々で、国任せではなく、投資というか・・・もう少し、お金の勉強をして行かなくてべきなのではないでしょうか?


日本の義務教育に、お金の勉強の時間はありません。

国同士が経済戦争をしている中で、我々国民も、もう少しお金の勉強をして行かなくては、将来、日本は、世界から取り残されてしまうのではないでしょうか?

他の先進国と日本を比較すると、お金の仕組み、投資についての知識は、相当遅れているように思います。

これは、先進国でいろんな人と話をするとわかります。

う〜ん・・・、この話を突き詰めると・・・ブログが、更に長文化するので、本日は、そろそろこのあたりまでにさせていただきますが・・・。

とにかく、日本人の多くは、銀行預金は安全という嘘!ということすら、わからないくらい、お金の仕組みについての知識がないということですので・・・。

国は、どういう意図で、子供達に、お金の教育をしないのか分かりませんが・・・、これからの時代を考えると、そろそろ日本も、義務教育にお金の勉強を取り入れるべきなのではないかと思います。

そんなわけで、本日のブログは、ここまでとさせていただきます・・・。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください










toshikazy at 12:01|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 投資 | 近藤利一 不動産コンサルタント