2018年06月

2018年06月23日

2152)千代田不動産の社員と卒業生たち!

ここ最近、千代田不動産の卒業生たちと、いっしょに仕事をすることが、ちょくちょくある。

卒業生と、いっしょに仕事をすると、とても嬉しいw


それは、彼ら彼女らが、独立して社長になり・・・、社員であったときよりも、めちゃくちゃ成長しているのが見られるからです。

もちろん、社員であったときも優秀だったからこそ、独立しても、成功しているのだろうが・・・、社員であったときより、社会、仕事、それぞれの社員に対しての責任感みたいなものが、ビシビシと伝わってきて、当然、人としても不動産屋としても確実に成長しているのが分かる。


社員のときも、当然、お客様第一主義の精神で頑張ってきた精鋭たちだったわけだが、自分の財布でやりくりをしながら、お客様第一主義を貫くのと、千代田不動産の傘の下で、お客様第一主義を貫くのとは、全然違いますからね〜。

ちょっと、偉そうに聞こえるかもしれないが・・・・、おそらく、全ては自己責任という状況下で、自分の意思を貫くことの大変さが分かったのではないかと・・・思う。

そして・・・社員の頃と、社長になった今の、彼らの成長ぶりは、1分話したら分かります・・・いっしょに仕事をすることで、さらに、深く伝わってきます。

なんか・・・・、子供の成長した姿を見ているようで、本当に嬉しいです。

1751BBB6-8CCE-4549-9408-231D68D23CA0


あっ・・・卒業生とは・・・。

私のいう、卒業生とは、千代田不動産で修行をして、独立をした者のことを、私が勝手にそう呼んでるだけなのだが・・・。


不動産という仕事は、簡単そうで、けっこう奥が深く、多種多様な取引に対応しなくてはいけないので・・・、社長と社員の関係というよりは、師匠と弟子に近いのかもしれない!

これが、分譲屋とか、賃貸屋だと、そんなこともないのかもしれないが・・・、元々、仲介屋だけに、今も、住宅、土地、商工業不動産、収益物件等、いろんな仕事をするので、教えたり、アドバイスしたり、自分の仕事を任せたりするので、・・・、社員は社員なんだが、けっこう距離が近いのかもしれません。

そんなわけで・・・・、社員が可愛いというか・・・、独立する社員に対しては、子供を一人暮らしさせるような気持ちというか・・・、頑張れと思いながらも心配だし寂しいし、この気持ちを文章にするのは難しい(笑)

まあ、でも、またいっしょに仕事ができるというのは、とても嬉しい・・・w

41F3E3A2-2C6B-4057-B786-615E731E416C


先日も、買取案件を持ってきてくれたので、二つ返事で購入しましたし、昨日も、また別の卒業生が、物件を持ってきてくれたので、その場で、買取金額を即答しました。

もちろん、良い物件だから買ったり即答できるのだが・・・、元社員だと、私のこと当社のことを、わかっているので、話が早い・・・事業計画や、プロジェクトの試算表まで作ってもってきてくれるし・・・、私も、それを見ると一目で分かるわけで・・・ほとんどの場合、その場で、金額を即答できます(笑)

現在・・・9人の卒業生がいます。

まあ、うまく表現できませんが、とにかく、社員というのは、我が子のように可愛い存在ですし・・・、卒業生は、娵に行った娘のような感じで、長年、不動産業をやってきてよかったな〜と思います。



私が、社員に接するときに、いつも、山本五十六さんの名言が頭に浮かびます。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。


たまに、講演や、スピーチで話したりしますし・・・、口ずさむので・・・、また、それか〜wと思う人もいるかもしれませんが・・・、そんな気持ちで、叱咤激励しております(笑)

まあ、この先も、社員を育てていくのでしょうけど・・・まあ、そう思いながら、私も成長させてもらってるような気もします。


さて・・・話は、変わりますが・・・・。

5月にオールフェアレディーに行った際に、取材を受けたのですが、ぼちぼち、雑誌に掲載されはじめました。

まずは、ノスタルジックスピード・・・。

FullSizeRender


この雑誌は・・・、特集の片隅に載った感じです。

全国の書店、通販で、購入できますw

FullSizeRender


取材の時間の割に、小さかったな〜という感じなんですけど・・・・。

でも、SNSで仲良くさsていただいてる方が、ドカーンと載っていたので、めちゃ嬉しかったです。

続きまして・・・、Gワークス・・・・。

FullSizeRender


こちらの雑誌は・・・1ページ丸っと、ドカーン・・・と掲載してくれました。

全国の、コンビニ、書店、ネットで購入できます。

FullSizeRender


近藤240zと、命名していただき・・・少し恥かしいな〜と思いながらも、けっこう嬉しいかも・・・wという感じです。

6人のプロの職人たちが、昼夜問わず寝る間も惜しんで頑張ってくれた、血豆と汗と涙の結晶です。

自分が、新聞や雑誌に載るよりも、みんなで頑張って仕上げた車が載るほうが、断然、嬉しいです。

まあ、でも・・・オールフェアレディに参加して思ったのですが・・・、世間は狭いですが・・・日本は広い・・・、すごい先輩たちが大勢いまして・・・、私なんて、まだまだ全然って感じなので、もっと頑張らないとあかんです!

私が、車に乗れるうちは、ずっと所有していこうと思っている、昭和40年代(同年代)の車なので・・・、ぼちぼちですが、世界で一台の、近藤240zを作り上げていきたいと思います。

そんなわけで・・・本日は、千代田不動産の社員と卒業生たち!というテーマで書かせていただき・・・ちょっとだけ、車の話を書かせていただきました。

それでは、本日は、このあたりで、失礼いたします。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




2018年06月16日

2151)中古住宅 販売会!(津島市)

ちょくちょくブログに書く話なんですけど、販売会の現場は、楽しい

名古屋支店の社長室で、日々アポイントをこなし、夜は、会食や、会合等・・・・、社長業的な仕事ばかりしている気がします。

それはそれで、嫌ではないのですが・・・、やはり、私のこの業界へのファーストステージは、中古住宅や、住宅用地の仲介だったからなのか、住宅を買うお客様と話をしているのが本当に楽しい。


IMG_2572


不動産会社の社長業というのは、経営者、取引先、士業の先生、金融機関、地域のボスや、議員先生等と会って、中夜問わず、いろんな人と会って、コミュニケーションをとって、人脈作りをしながら、それを仕事につなげていくことが仕事なのだが・・・。

週に何度かは、午前様・・・・最近は、日が長いので明るくなってから帰ることもあり、皆さんから見ると、豪華な食事や酒を飲み遊んでいるように見えるかもしれないが、これはこれで、大変なんです。

まあ、月に2〜3回なら楽しいのかもしれないが、週3回以上になってくると、身体も精神的にも、けっこう辛い・・・・。

とは言っても・・・、人と会うことが大好きなので、全然いいのですが・・・、たまに、売り出し現場で、家を買うお客様と話をしていると、不動産屋やってるな〜wという感じがして楽しいwww

お客様のご家族が来場されて、家についての話をしながら、その家族の家族構成とか、予算とかを聞いて、プロとして・・・、そのご家族が、無理なく、なるべく希望に近い家を購入して、幸せに暮らせるように、一生懸命考えて、アドバイスをする・・・。

住宅系不動産業者の基本なわけですが・・・。

私が、企業誘致や、大型宅地分譲、商業施設誘致等、どれだけ大きな仕事をしたとしても、原点は、一般な居住用の家を売るところにあるわけで・・・、お客様や、お客様の家族と現場で話をしたり、家を買う際のアドバイスをさせていただくのが、私の最も好きな仕事であることに変わりはない。

だから、著書の執筆も、家のことしか書かなかったんだと思いますし、今度も、住宅系以外の本を書くことはないと思います。

そんなわけで・・・、中古住宅の販売会に行ってきましたw

IMG_2862


弊社の販売会なので、行ってきたというのは、表現が、変なのかもしれないが・・・、それくらい、一般のお客様と接する仕事はしていないので、販売会を開催しているので、来てくださいというよりは、私も販売会に行くという感覚なんです(笑)

でも、やっぱり現場は楽しいですね〜・・・・

今回の販売会の場所の一つに、平家の中古住宅があるのですが・・・・。

平家の販売会に来るお客様というのは、わりと、私よりも年上の人が多く、これまでの人生を含め今後の事とか、相談に乗ったりしながら・・・、お客様の人生観とか、私のッ人生観とか話をしたり・・・、子供の話や、趣味の話をしたり・・・。

で・・・・、その流れで・・・私の愛車を見に行ったり・・・。

IMG_2851


まあ、240zの話は、今回は置いといて・・・。

それ以外にも・・・。

営業には、嫌な顔をされましたが、若い夫婦に、『今ではなく、10年後、20年後のことを考えると、ここでは、少し狭いかな〜w、別の物件のほうがいいですよ・・・。』と、別の物件を勧めてみたり・・・・。

同年代のご夫婦が、子供達に今の家を譲り、平家に住みたいと聞き・・・、いろんなアドバイをさせていただいたり・・・。

現場では、営業から、『弊社の代表です。』と紹介されながらも・・・、千代田不動産の社長という肩書きなんてものは、どこかへやってしまって、一人の営業マンとして、お客様の将来をいっしょに考えながら不動産の話をする。

やはり、駆け出しの頃の仕事っていいですよね〜。

この間、大手自動車メーカーの役員さんも、皆んなでで机を並べて苦楽を共に徹夜してして仕事をいた頃が一番楽しかったw・・・と、私と、同じような事を言ってましたし・・・。

ゼネコンの役員さんも、若い頃、ダムの現場で、おじさんたちに鍛えられたと楽しそうに話をしていましたし・・・。

まあ、不動産ということではなく、どんな仕事も同じなのかもしれませんが、歳を取ってから若い頃の仕事をするというは、楽しいものなのかもしれません。

そういう意味では、彼らは、若い頃と同じ仕事はできないでしょうけど・・・、私は、こうやってお客様と接して、話をしたり、時には、お客様の子供と遊んであげたりしながら、営業ができるというのは、本当に幸せなことなんだと思います。

そんなわけで・・・。

弊社は、チラシの裏面に余裕があると、必ず不動産相談のことを掲載しています。

今回も・・・。


IMG_2861


最近は、私が、広告の構成をすることはありませんが・・・・、チラシにスペースがあると、不動産相談が掲載されているんので・・・・。

私の、お客様第一主義は、確実に、社員たちに受け継がれているように思います。


社員をほめるのも変ですが・・・、今回、営業の対応を見ていても、お客様目線で考えているように思います。

まあ、あえて言うなら、私を、邪魔扱いすること以外は、よくやってるな〜と・・・・、親バカかもしれませんが思います。

今度は、今の社員たちが、私のお客様第一主義を、これから入ってくる社員たちに伝えて、またそ下にも・・・、ずっと、お客様の幸せを第一に考える不動産業が伝わり受け継がれていくといいな〜と思います。

皆さん、信じないかもしれませんが、私は、営業成績が悪いからといって、怒ったりしたことはありませんし・・・左遷、解雇したことは、一度もありません。

お客様、第一主義を貫き通せば・・・、信用、信頼の貯金になり、不動産営業は、自然に成績が上がるようになるからです。

これは、私も、弊社の営業たちも、実際に、それでやってきましたので実証済みです。


最後に、チラシをブログに載せましたので・・・、一応、宣伝というか・・・、販売会をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

そんなわけで、本日は、ここまでとさせていただきます。






本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください







2018年06月13日

2150)土地は、誰のもの? 国なのか個人なのか?

人は、不動産と関わらずに生きていくことはできません。

所有、賃借、占有、使用等・・・土地の上で生きている以上、とにかく、何らか関わっていますよね。

まあ、今回は、とりあえず建物の事は置いといて、土地の話をしましょう。


それでは、土地は、いったい誰の物なのでしょう?

一般の方も、我々不動産業者も・・・何の疑問もなく、普通に・・・、不動産を買う、売る、貸す、借りる等、しておりますが・・・、なんだかんだ言っても。国の物です。

難しく書かずに、説明をすると・・・、土地は個人のものではなく、財産権というもので、所有権とか、賃借権とか・・・、その他、諸々・・・つまり、簡単にいうと権利なのです。

地面は国家のもので それを所有する権利を与えられているだけで・・・、その所有する権利を売買しているだけです

自分のものであれば 何をしても自由ですが 所有権という権利を得ているだけですから自由にはなりません、法もあり、行政の縛りがありそれを超えて、 自分の好き勝手には出来ないのです

もちろん、日本国では、憲法により、権利は守られるので・・・所有権というのは、とても強い権利です。

でも残念ながら、土地は、誰のものかといえば、明確に、絶対的に、国のものです。

IMG_2838


まあ、国の領土の(領有)と、所有を、どのように考えるかにもよると思うのですが・・・・。

私の持論だと、日本国が持っている領土を、日本国が我々に権利を与え、日本国の憲法で、守っているということで・・・、例えば、日本が他国に侵略されたとしたら、基本的には、その侵略してきた国のものになり、我々の所有権なんてものは、侵略した国が、収益物件の売買のように、そのまま、オーナーチェンジして賃借人の権利を認めてくれるかなんてことは分かりません。

歴史を見ると・・・アメリカが、解りやすいかな〜・・・。

ヨーロッパの人たちが、現在のアメリカ大陸に渡り、原住民のインディアンと戦い、インディアンが住んでいる土地を取って、アメリカができたわけじゃないですか・・・。(簡単に言うとですが・・。)

インディアンたちが、個々に所有権を持っていたかどうかは知りませんが、もし、持っていたとしても、ヨーロッパの人たちに侵略されたら、インディアンの権利を認めるかどうか・・・。

ここまで、書いたら、土地は誰の物なのかということは、分かったと思います。

じゃあ、日本は、どうなのか?

私の感覚と自論を述べさせていただくと・・・、戦前までは、天皇の物です。

どこかの時代で、天皇家が、統一、支配をしていたわけです。

その証拠に、鎌倉幕府も、江戸幕府も、天皇の了解をもらって幕府を作っていますし・・・、位も、絶対的に上でした。

日本国の領土は、国王? 神?である、天皇家から、預かって政治をしたわけです。

まあ、しかし、日本国内での歴史は、敗戦国になったら関係ない・・・。

但し、敗戦した相手がアメリカでよかった・・・。

戦後は、天皇は、日本の象徴となり・・・、国土は、今は、政府のものだと思います。

うむ〜・・・でも、形上、象徴となっているだけで、総理を任命しているのは天皇なので・・・、やはり天皇家のものなのかな?(ここは、難しい。)

何にしても、我々は、自分の土地を持っていると思っているが・・・、本当のところは、日本の憲法に守られながら、所有権を持っているということなのです。

そして、日本国の物である土地を所有するものは、当たり前に、義務を果たさなければいけないわけです。

土地の所有権を移すには、登録免許税を納めないとできませんし・・・、固定資産税を払わなければ、国ではないにしても、行政から競売とか・・かけられてしまうわけですし・・・不動産、その他財産は、相続人がいない場合は国庫に帰属されるわけで・・・帰属という言葉が使われています。

まあ、帰属という言葉自体も、帰るという字を使いながら、属すると付けて、帰属ですから、少し曖昧ですけどね。

とにかく、何度も申しますが、日本の土地は、国の土地であり、国のルールの中で、財産権としての所有権として、その権利を憲法により守られているわけです。

さて、ここまで書かせていただいて、今日のブログで何がいいたいのか・・・・。

IMG_2837


不動産業をしていると、土地を自分の物だからと、粗末に扱っている人や・・・、自分の所有権を主張して他人に迷惑をかける人が、多々います。

まあ、ここまで書いておいてなんなんですけど・・・・、正直、自分の物でも、日本国の物でも、どっちでもいいのですが・・・・。


土地にガラやゴミを埋めているような奴・・・・。

弊社が土地を購入すると、けっこうな割合で、出てきます・・・・、もちろん撤去して、きれいな土に入れ替えています。

それから、道路拡幅や、行政の計画に対して、金目当てなのか意地が悪いのか、協力しない奴・・・。

よく、家を迂回して通ってるような道路や、公共施設の一部に家が建ってるようなところを見かけますよね。

区画整理なんかで、最後の最後まで無茶な交渉をしているような人もいます・・・・。

例えば・・・。

行政の道路拡幅に関して・・・、私は、地元皆様から相談を受けることもあるのですが・・・。

もちろん、正当な立退料はいただけばいいと思います。

行政側も、皆一律で、安く済まそうとしてくるので、私としては、あれこれ主張できる事をアドバイスして、なるべく多くの立退料がいただけるように協力はさせていただきますが・・・、けっこう無茶苦茶な事を要求しようとしたり・・・、地域の住人同士で、誰が嫌いとか好きとか、誰が役員だから協力するとかしないとか・・・、幼稚園児並みの主張をしてくる人もいます。

まあ、最近も・・・。

一部の地権者に頼まれて、道路買収の交渉を、あれこれアドバイスをしているのですが・・・。

私としては、過剰に請求するのもダメだし、言いなりもよくないということで、プロの視点で、行政の用地買収に対して、地権者に意見させていただいているわけです。

今時は、行政も、きちんとしているので、買収に関して、アドバイスすることも少ないのですが・・・、結局、逆に、地権者側が無茶苦茶な主張をするのを宥める側になってしまうことが多いわけですが・・・・。

中には、訳がわからないことをおっしゃる方もいまして・・・。

先日も・・・。

地主 『元々、みんな俺の先祖の土地で、他の奴らは農地解放で、タダ同然でもらった土地だ・・・。 元々、うちの先祖代々の土地なんだから、行政も、まずは、俺のところに挨拶に来てから始めるのが筋だろう。 俺の目の黒いうちは、ここに道路は作らせん!』

前にも書きましたが・・・、平成の今も、昭和の農地解放路の不満が、まだ心の奥底に残っている人もいまして・・・・。

時代を遡り、終戦、明治、江戸、室町、鎌倉、そのまた昔まで・・・、天皇家の話と日本の歴史を話しまして・・・(笑)

 『農地解放前に、先祖代々というのは分かりますが・・・。元々は、天王家の土地であるわけで・・・、今は、日本政府の土地を、所有しているということであって、行政が、公共性のものとして、地域の皆さんのために、協力してほしいと言っているわけだから、一部分を、有料で返上するつもりで・・・・(以下省略) 』

と・・・、これまで、誰が話しても交渉できなかった人なので、ちょっと変わった日本の歴史ラインで攻めたわけですが・・・・。

日本の歴史の話より、庄屋だった家なのに、農地解放で、田畑を減らされたことへの恨みつらみ・・・ですかね〜・・・。

結局・・・、その人は、今の買収金額や、政府に不満を持っているわけではなく、昔、小作人だった家の人たちに大きな顔をされることに不満を持っているようなので・・・やはり協力はできないとのことでした。

農地解放時に、親、祖父が悔しい思いをされたこと・・・・、その後、高度成長に伴い、地下の高騰で、当時小作人だった人たちが、対等にものを言うようになり、逆に、意地悪われたりもあったようで・・・それを、未だに引きずっているようで、相当、根深い感じで、地域の方々といっしょに協力する気はないようでした。

そんなわけで・・・、土地は、元々は俺先祖の物!という話を、何十回も聞かされまして・・・。

実は、こんな事があったので、今回のブログを書こうと思ったわけですが・・・・。


もちろん、土地というものの所有権を主張してもらうのは、構わないのですが・・・、ちょっとだけ、頭の片隅でいいので・・・、ここは、地球上にある土地であり、日本国の土地であり、その中で財産権として所有権があるということを理解していただきたいと思います。

つまり、土地というものに、公共性という観点から・・・、、財産権であるという法的な話とは別に、自分のものだから何でもありの言いたい放題、やりたい放題ではなく、国からの借り物と思って公共性を重んじていただきたいと思う今日この頃です。


ということで・・・今日は、遊び心なしで書かせていただきましたが・・・・。

ブログランキングが、2位になってしまっているので、読者の皆様に、ブログランキングの投票をしていただけるとありがたいです。

m(_ _)m

最後に・・・ちょっとだけ・・・・。

IMG_2860


最近、ジビエとワインに、ハマっていまして・・・社員たちをつれて、15人で、柳家錦に行ってきました。

社員たちも、とても喜んでくれて・・・、今期もお疲れ様でした、来期も頑張りましょうということで・・・・、千代田不動産、ジビエとワインの会の画層を載せさせていただきました。

そんなわけで、本日は、ここまでとさせていただきます。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください