2017年04月

2017年04月28日

2151) ドローン産業革命(不動産、工業、農業)

読者の皆さん・・・、ドローンって、知ってますよね?

小型無人航空機(UAV)なんですけど・・・。

ドローンの出現によって、商業、工業、農業は、空の産業革命を迎えようとしております。


2017-04-28-10-46-17


最初は、友人から勧められて・・・・、ただ単純に面白い・・・から始まり・・・。

遊んでいるうちに・・・・、これ、使えるな〜ということで・・・・。

まあ、私は、不動産会社の代表をしておりますので・・・。

自社の分譲地を自社の分譲地や、その他、土地、建物の画像や映像を備え付けのカメラで撮影したいと思い、産業用ドローンに興味を持ち・・・、自分なりに調べてみたのですが・・・。

我々、不動産 建設業界では、もう、すでにドローンの実用化が進んでおりまして、空撮だけではなく、測量、工事写真の撮影を行われているんですよね〜。

私も、太陽光の現場を、撮りまくりましたw

2017-03-19-15-54-08


まあ、最近は、飛行禁止区域の規制が、どんどん厳しくなり、とりあえず、飛行可能区域で、ドローンを飛ばしておりますが・・・・・。

土地、建物の、画像や映像を、いろんな角度、高度からとれますので・・・風景、背景も含む、めちゃくちゃ良い写真や動画が撮れるわけです。

ドローンは、不動産、建設業界だけではなく、他の業界、商業、工業、農業分野にも進出しております。

商業は、空撮が主な目的となりますが、工業では、高所や難所での整備点検・・・農業では農薬を撒くとか、農作物のチェックもドローンを有効活用されております。

その他・・・、赤外線、サーモグラフィー等を装着すれば、太陽光パネル、工場の機械、人間の体調等も、分かりますし・・・・、荷物を運んだり、警備などのパトロールをすることもできます。

ここ2〜3年で、ありとあらゆる分野で、活躍するようになるのではないかと思います。

つまり・・・、ドローンは、我々、中小企業や農家がドローンを人的コスト削減や業務の効率化に役立てるようになったということです。

しかし、建物内なら、ともかく・・・・、最近は、飛行禁止区域が増えまして、国土交通省への申請との許可がないと、飛ばせない場所が増えました。

人口密集地なんてのは、ほとんど飛行禁止区域です。

結論としては、国土交通省に申請して許可を取れば、いいのですが・・・・、その許可条件として、10時間以上のフライト経験が必要になりますし、航空法の問題、国交省の許可があっても飛ばせない場所もありますので、知識と経験が必要になります。

それだけではなく・・・、まあ、考えてみれば、機械が空を飛ぶわけですので、便利な反面、危険性もあります。

100m上空から、ドローンが落ちてきたら、とんでもないですよね〜・・・。

産業界ではドローン(無人飛行体)の有効活用や新ビジネスへの期待が高まっておりますが、その大前提として、きちんとした知識と技術を身につけないといけないのです。

2017-04-25-16-01-28


そんなわけで・・・。

国土交通省航空局からの管理団体として承認された 唯一のドローン協会が、愛知県では、初のドローンスクール(ドローン スクール ジャパン 愛知春日井校)が開校いたしました。

先日・・・、私は、このスクールの顧問として、開校式に参加させていただきました。

開校当日・・・、テレビ、新聞社等、13社が取材にきてくれました。

代表取締役の梅原校長も、はりきっていましたし・・・、インストラクターのカジくん、うちの息子も、頑張っていました。

そして、私も・・・・・。

2017-04-28-09-53-37


開校式のデモンストレーション・・・w

それなりに、上手く操縦できたと思いますが・・・テレビの取材ということもあり、ちょっぴり地味なデモでしたが・・・・(笑)

その後、テレビ、新聞等各社から、取材を受けたわけですが・・・・。

2017-04-28-09-55-41


読者の皆様、私のテレビ映りは、どうですか???

そんなことは、どうでもいいですね。

驚いたのは、この後です・・・・。

翌朝から、問い合わせの電話が殺到・・・。

電話が鳴りっぱなしという事を始めて体験しました。

電話に出ている梅原代表や、スタッフたちが、お客様に、電話がつながらないと叱られながら・・・切ったら鳴る、切ったら鳴るという感じで・・・・マスコミの力、恐るべしです。

翌日だけで、体験が数百件・・・、スクールの申し込みが50件以上・・・来校者、100人以上

個人や中小企業だけではなく、大手企業の方々も多く来校してくださりまして・・・皆さん、真剣にドローンの導入をしたがっているようです。

日本唯一の、国土交通省航空局からの管理団体のスクールということと、メディアの力はすごいですね。

image


そして、恐ろしかったのは・・・、私のFacebook タイムLINE、テレビで私を見たという方々から・・・

私は、顧問であって、申し込み受付係りではないのに、電話、LINE、メッセンジャーの嵐でございまして・・・。

商工会や、経営者団体、組合、学校法人等から、数多くの講演や、講習の依頼もありまして・・・。

本業の、不動産会社の代表として、又、不動産コンサルとしての講演の何倍ものドローン講演の依頼がありました。(笑)

そうは言っても、本業がありますので、数件程度は、お受けしましたが、全部は、無理です。

まあ、とりあえず・・・・来月ぐらいに、丸の内のカラーブロックカフェで、当スクール主催で、ドローンの説明会でもさせていただこうと考えておりますので、今しばらくお待ち下さい。

もっと早く情報を知りたい方は、直接、ドローンスクールジャパン愛知春日井校にお問い合わせください。(0568−34−0106)

読者の方は、近藤社長の紹介と言っていただいても構いません。

2017-03-12-17-52-06


さて・・・。

取材の話はさておき・・・・。


これから、どこまで、ドローン市場が拡大するのか分かりませんが、私は、ドローンビジネスは、数年で、とんでもく成長すると思います。

思いますという表現は、ちょっと違いますね。

今回の開校の反響から考えると・・・、個人、中小企業から、大手企業、大きな団体までもが、向こうから来てくださるわけで・・・、とんでもない大きな市場になると確信しました。

ところで、読者の皆さん・・・、私のテレビ映りは、どうでしたでしょうか?

そんなわけで、本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください








2017年04月24日

2150)北のミサイル どこに逃げるか?

今年の初め頃のブログに、今年は、きな臭いって話を書かせていただきましたが・・・。

本当に、きな臭くなりましたね〜。


今日は、北朝鮮のミサイルの話なんですけど・・・・。

仮に日本に向けてミサイルが発射されても、基本的には打ち落とせるとか・・・・複数発、同時発射されたら、撃ち漏れして着弾する可能性があるとか・・・、複数発同意発射するには、時間がかかるので準備したら叩けるとか・・・、いろんな話が飛び交っております。

アメリカは、中国を牽制するという意味もあるのか、米空母カールビンソンは、訓練をしながら、ゆっくり東シナ海を北上してきますし・・・。

ロシア、中国は、北朝鮮の国境付近に兵を移動している。

韓国は大統領不在で・・・どう対処するのか???

日本は、ついこの間まで、森友問題やっていて対応が遅れているような気がするし・・・・とはいっても、国会が、どうであろうが・・・自衛隊は、動いているんでしょうけど・・・・

これまでの、状況については、皆さん、知っているでしょうから、部分的に掻い摘まむ程度に書いておきましたが・・・・。

問題は、明日・・・、4月25日 北朝鮮は、朝鮮人民軍創設85年という節目を迎えるわけで・・・、何が、どうなるんでしょうね〜?

核実験するんでしょうか???

それとも、ミサイル実験でもするんですかね〜???

仮に核実験、ミサイル実験をした場合、アメリカは、どのような対応をするのでしょう。

トランプさんは、一見、イケイケに見えますが・・・、発言はともかく、やっていることを見ていると、実に冷静で賢く、先のことまで考えていて、一石二鳥、一石三鳥をトライしようとしますよね〜。

私の個人的な意見ですが・・・、カールビンソンの誤報も北朝鮮牽制としての計算だと思いますし・・・、その後、中国を牽制しながらカールビンソンを北上させながら、中国政府に、北朝鮮の交渉をさせるとか・・・、中国のトップが米にいる時に、シリアにミサイルを打ち込むとか・・・。

米政府幹部に元軍人が多いので、軍事戦略も上手いし、そこにトランプ氏の商人的な戦略も組み込まれているので・・・、ここ最近の米政府負の動きはすごいな〜と思います。

まあ、私は、評論家じゃないので、自論は、これくらいにしまして・・・。

image


今回の事で、不動産のプロとして・・・できることは・・・・あまりないのですが・・・。

北朝鮮とアメリカが緊迫状態緊迫状態の中・・・、北朝鮮は、日本も攻撃対象にしている。

万が一、ミサイルが飛んできた時に、どこに逃げたらいいのかという事を書かせていただこうと思います。


その前に、どこを狙ってくるかですが・・・。

評論家の方々の大半は、米軍基地である、沖縄、青森、岩国、等・・・の可能性が高いとしていますが・・・、私は、東京、大阪、名古屋等を撃ってくる可能性が高いと思っています。

万が一戦争になった場合、あっという間に平壌を攻撃されることは分かっているわけですから、日本を狙って撃ったとすれば・・・、その時はすでに、自滅覚悟でしょうから・・・、最も被害が大きい、大都市を狙ってくるのではないかと考えています。

問題は、どこに逃げるかなんですけど・・・・。

北朝鮮がミサイルを発射して、アラートがなり・・・逃げる時間が何分、残っているかなんですけど・・・・。

不動産屋的に考えると・・・、地下が一番安全だと思います。

核の場合・・・・。

名古屋であれば、地下街、地下鉄、地下駐車場等・・・・とにかく地下に逃げましょう。

建築の話なりますが、地下を作るというのは、とても大変なんです。

基本は、コンクリートでできているので、強度はもちろんのことですが、耐熱にも優れています。

地下街の直上に落ちれば別として、基本的に、地下深くにいれば、着弾直後の、爆風と熱線よる怪我や火傷の被害は少ないでしょうから・・・・かなり生存率は上がると思います。

その後は、すぐに外に出ずに、助けを待ちましょう。

*下水等のマンホールもいいとは思いますが、逃げる時間が数分しかないのに、素人がマンホールを開けることは難しいと思いますので・・・。

数分で避難できる場所に地下がない場合は、コンクリート等の強固な建物に逃げてください。

窓から離れて、なるべく光の入らない奥深くの窓のない場所で、床に伏せましょう。

何かで体を覆うと尚良いと思います。

近くに地下も、コンクリートの建物もない場合は、とにかく建物に避難してください。

住宅の場合は、まずは、窓のシャッターを素早く下ろしてください。

そして、一階の床下収納のケースを引っ張り出して、中に入るスペースがあれば、そこに入り、中から蓋をしてください。

床下収納に入れないようであれば、風呂場へ行って、風呂桶に入り、中から蓋をしてください。

もしくは、一階の窓のない納戸や物入れの中でもいいと思います。

とにかく、まずは、最初の爆風と熱線から身を守ることを考えましょう。


続いて・・・ミサイルが、毒性のものだった場合

基本的には、風上に逃げたほうがいいのですが・・・。

どこに着弾したのか、ミサイルが、核なのか毒性のものなのかが情報を得られればいいのですが、情報がないのに、むらみやたらに動くのは危険です。

情報がない場合は、確率の問題になってしまいますが・・・、核なのか、毒性のものなのか、状況から判断して・・・、中心部や基地から遠くに逃げるほうが、生存確率は高くなるでしょうね〜。

外に出る場合は、水を持って、マスクや帽子を着用して、体を露出しないように完全防備で逃げましょう。


北朝鮮ミサイルが発射されたらJアラートという警報が流れます。

鳴ってから、数分(3分〜5分)程度の有余しか無いらしいので、急いで避難しましょう。

その避難場所は出来る限り地下や、強固な建物が良いわけですが・・・


何にしても、北朝鮮情勢が緊迫していいるは、普段から、《今、アラートが鳴ったら、どこに逃げるか・・・・。》を考えるようにしてください。

それから、飲み水と、マスクと、軍手を、カバンに入れておくことをお勧めします。

備えあれば憂いなし・・・とは、とても言い切れる状況ではありませんが・・・生存確率を上げるように・・・備えておくことは大切です。

明日、北朝鮮は、朝鮮人民軍創設85年という節目を迎えるわけで・・・、X DAYなんてことも言われておりますが・・・・今度、どうなるんでしょうね〜?

皆さん・・・一応、Jアラートです。



念のため、ブログで注意を呼びかけながらも・・・このまま何も無い事を心から願っています。

そんなわけで、本日は、北のミサイル どこに逃げるか?というテーマで書かせていただきました。

本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします





ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



2017年04月19日

2149)木造、鉄骨、鉄筋コンクリート・・・最強住宅は・・・?

皆さん・・・、これ、懐かしくないですか???

公衆電話です。


2017-03-29-16-45-04


まだ、名古屋市内にも、あったんですね〜w

テレホンカード・・・財布に・・・入ってるわけないか〜w

昔、松嶋菜々子が好きで、テレホンカード集めたな〜・・・、旭化成かなんかの水着のテレカとか持ってましたけど・・・今、売れるのだろうか???

まあ、それはそれとして・・・、本日は、住宅について書かせていただきます。

今日は、木造と、鉄骨と、鉄筋コンクリートの家について書かせていただきます。

新築住宅を建てる場合に、構造がいろいろあるわけで・・・素人さんは、何が、いいのか迷うんだと思います。

家を建てる場合の構造は、大きく3つに分かれます。

〔畋ぁ ´鉄骨  RC(鉄筋コンクリート造)


RCを、(ラジコン)の略と間違えた方は、いないと思いますが・・・念のため・・・w

つまんない冗談です。 すみません・・・・。

本題に戻りましょう。

〔畋い蓮読んで字のごとく木の家です。
基本的に、木材軸組工法(在来工法)で・・・と書いても、説明が長くなるので・・・木のお家で、柱が木というくらいで覚えておいてください。

鉄骨造は、簡単にいうと、,量擇涼譴、鉄の柱で組んでいるお家です。と考えると分かりやすく・・・基本的に、柱以外は木を使っています。

RC造(鉄筋コンクリート造)は、これも、読んで字のごとく、鉄筋とコンクリートの家です。
鉄の太い針金のような鉄筋というものを、組み上げて、そこにコンクリートを流し込んでできた建物です。

ここまでは、わかりましたか???

次に進みましょう。

住宅の値段(建築費)の話です。

ここも、簡単にいきましょう。

木造は、安い・・・(坪単価50万円〜)

鉄骨は、木造より少し高い(坪単価70万円〜)

RCは、木造 鉄骨より高い(坪単価90万円〜)

耐久性は、木造より、鉄骨・・・さらにRCのほうが良い。

経年劣化も、木造は早いし、火災にも弱いし、シロアリなどの害虫被害の可能性も高い!

そして、防音効果も、RCは、最強です・・・。

仮に、一般的な木造が30年住めるとしたら、鉄骨は40年、RCは、60年は住める気がします。

でも・・・、でも・・・、私個人としては、木造が好きです。

温もりというか、空気が美味しいというか・・・表現が難しいですが・・・。

何というか・・・まあ、住み心地が良いです。

これは、長年に渡り、何百件も家を売ってきて・・・又、私個人も、何度も家を住み替えて・・・難しい事は言えません。

理系の専門家は、難しい能書きを言いますが・・・・。

私が、木造、鉄骨、RCの違いを、超簡単に、まとめましょう。

天然度の問題です。


天然か、人工かの違いです。

優しいのは、木造・・・でも、弱い・・・。

丈夫で長持ちするのは、RC・・・。

中間が、鉄骨という感じです。

では・・・、木造と、鉄骨と、RCと、何が一番、お得なんでしょう???

好き嫌いは、置いといて・・・やはり、RCが、一番、費用対効果が良くお得なんだと思います。

例えば・・・。

…擅毅伊円の木造住宅を建てたとします。(35坪 1750万円)
20年でリフォームしたとして、30年目に解体すると考えます。

坪70万円の鉄骨の家を建てたとします。(35坪 2450万円)
25年でリフォームしたとして、40年目に解体すると考えます。

D擅坑伊円でRC(鉄筋コンクリート)の家を建てたとします。(35坪 3150万円)
30年でリフォームをしたとして、60年目に解体すると考えます。

鉄骨は、割高ですね。

解体工事は、RCのほうが100万円高いと考えて・・・リフォームは、木造の方が100万円高いと考えて・・・、結局、RCが、一番費用対効果も良いし、割安になるわけです。

何故、こんなことを思ったのか・・・・、実は・・・。

今、弊社が販売をしている物件の中に、RCをフルリフォームした物件があります。


名古屋市緑区の中古住宅なんですけど・・・。

名古屋市 緑区 中古住宅


決して、物件を宣伝しているわけではないのですが・・・・。

築年数15年のRC(鉄筋コンクリート造)をリフォームしたのですが・・・・、木造の築15年の物件をリフォームするのと比べると、めちゃくちゃ建材の納まりが良いのです。

要するに・・・、駆体に寸分もズレがないということです。


それから、これは、元々なんでしょうけど、各部屋の音、外からの音の遮断率が、木造や鉄骨に比べると断然良いのです。

2017-04-04-16-33-19


今更ですけど・・・、知識としては知っていましたが、今回、リフォーム前から、リフォーム後まで立ち会って・・・あらためて・・・、木造とRCでは、これほどまでに違うのか・・・ということを思ったのでした。

壁を剥がしたり、住設機器を取り外したりした後の状況が、あまりにも違いすぎるのです。

どれくらいの違いを感じたのか・・・素人さんに解りやすく説明すると・・・。

三匹の子豚の話を思い出すくらい、違うな〜と・・・・。

RCの家なら、子豚ちゃんは、狼さんに食べられないな〜と思ったのでした(笑)

2017-04-04-16-28-30


真面目に・・・、強度、耐用年数から考えて、木造を2回建てるより、RCを1回建てたほうがいいのではないか?と思ったぐらいです。

そうは言っても、私は、木造好きなんですけど・・・今回、RCの戸建てのリフォームをして、RCの素晴らしさを実感させられ、少しだけRCが好きになりました。

最近、戦争話も現実味が増してきておりますが・・・、強度とか考えると、木造、鉄骨、RCの中では、やはりRCが最強であり・・・・木造を家だというのであれば、RCは要塞なんだと思いました。

読者の皆さんは、今更、何を言ってるの???と思うのかもしれません。

確かに、RCのマンション、RCの戸建て、RCのビル等、これまで、数多く売買してきましたし、リフォームもしてきましたけど・・・、今回のRC戸建てのリフォームは、何故か、今まで感じたことのない、RCの耐久性と耐火性と防音性・・・力強さを感じました。

耐久性、耐震性・耐火性・耐候性・遮音性全てを兼ね備えた最強の住宅は、間違いなく鉄筋コンクリート住宅(RC造)です。

日本の気候風土に合っていて住みやすいのは、木造住宅だと思いますし、何度も書きますが、私個人は木造が好きですが、私が、もう一度家を建てる機会があれば、RCもいいかな〜と思う今日この頃です。

そうは言っても、現実的には、木造が一番メジャーなわけで、予算的に、なかなかRC造は建てられないですけどね〜・・・。

因みに、公衆電話の電話ボックスは、どちらかと言うと、鉄骨造です・・・w

そんなわけで・・・本日は、木造、鉄骨、鉄筋コンクリート・・・最強住宅は・・・?というテーマで書かせていただきました。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください