2017年02月

2017年02月24日

2137)素人さんの為のFX学校

このブログの読者さんは、不動産に関係されている方々、不動産にお興味がある方が多いと思いますが、その中には、当然、不動投資家さんもいて、そういった不動産投資家さんの中には、不動産以外にも投資をされている人がいます。

というのは、読者の方とお会いすると、不動産投資以外にも、株、FX、投資信託、債権、外貨預金等をやっている人が多い。

私としては、不動産だけに固執して投資をするより、いろいろと幅広く分散して投資をするのは、とても良いことだと思います。

まあ、言われなくても・・・、自分の明るい人生設計のために投資が必要なことは、ほとんどの方が分かっているのではないかと思います。

ただ・・・、投資はありとあらゆる数多くの種類が存在しているので、投資が必要、投資をしたいと思っていても、なかなか新しいことに手が出せないという人も多いようです。

私は、このブログを通して、不動産の事を書き続けてきましたが、今回は、不動産以外の別の投資について書かせていただきます。

投資の中でも、仕組みが分かりやすく、小額の資金で手軽に始められるものといえば、FXなんじゃないかな〜と思いまして・・・、私も、かなり前からやっています。


読者の皆さん、FXって、分かりますか???

こんな書き出しでスタートすると・・・、なめとんのか?ってお叱りをいただきそうですが・・・。

まあ、知らない読者さんもいるかもしれないので、お付き合いください。

FXとは外国為替保証金取引、又は、外国為替証拠金取引のことで、外貨投資みたいなものです。

いちいち英語で説明する必要はないのですが・・・、一応、英語では、外国為替を「Foreign eXchange」

Foreignの F   eXchangeの X  つまり、FXなんです。


本日は、FXについて書かせていただきます。

実は、私は、かなり昔から、FXをやっているわけですが・・・、とはいっても・・・15年ぐらい前からですけど・・・、最初の1〜2年は、負けまくりましたけど・・・w

リーマンショックまでは、比較的、順調に、お金を増やしてきました。

最初、200〜300万円ぐらいだったかな〜?

最初に投資した資金を預金通帳に戻してから、更に増やしまして・・・、その頃、ニュージーランドドル(NZ)のスワップが高かったので、利益を、ぜ〜〜〜んぶ(全て)、NZに変えていたわけです。

この頃、真面目に・・・・、俺、NZのスワップで、一生遊んで暮らせるな〜なんて事を思っていました。

それが・・・リーマンショックで、暴落・・・数年かけて築いたものを失くしました。

買っても買っても、ロスカット・・・・。

まあ、初期投資の資金は、通帳に戻してあったのでマイナスではないですが・・・、いや、やっぱり税金考えるとマイナスですけど・・・何にしても、長年の、労力を考えると、相当マイナスだったわけなんですけどね〜。

リーマンショックの後・・・・。

私も、相当凹みまして・・・ まあ、近ちゃんショックという感じで、1年ぐらい、FXから遠のいていましたが、結局、また、初めまして・・・。

前より、チャートの分析も、しっかりして・・・FXの勝率も上がり・・・、勝ち方と、負け方も知り・・・、本やネットで勉強して・・・自分なりの手法を確立したわけです。

そこからは、勝ったり負けたりしながらも、少しずつ順調に増やしていったわけですが、昨年、久しぶりに、中国ショックで大きくやられましたが、まあ、それでも、我がFX人生を振り返ってみて、トータルするとプラスです。

まあ、年間数千万稼いだ主婦とか、FXで優雅な暮らしをしている投資家のように、上手くはありませんが、勝ったり負けたりしながら、少しずつ上達してきました。

そんなわけで・・・、これまでFXを15年ぐらい、楽しく遊ばせていただいてきたわけですが・・・先日、ショッキングな出来事がありました。


昨年末頃だったかな〜・・・、弊社の社員のTくんと、FXの話をしていたのですが・・・。

Tくんは、FX歴15年やってきた私より、格段に上手いというか詳しいのです。


そして、分析の仕方や、手法を聞いて・・・ついでに、予想を聞いていただけですが・・・。

これが、人並み外れた、分析でして、損切りポイント、利食いのポイントが的確でして、要するに、めちゃくちゃ当てるのです。


私は、初歩から、FXを学ぶ事にしました。

ローソク足から、移動平均、ストキャス、MACD、一目均衡表・・・等、知っている事も知らない事も、基礎から勉強しなおしたわけですが、本やネットを見ながら勉強したのと、実際に教えてもらうのでは、全然違いました。


これが、本当の分析なんだな〜と、あらためてチャート分析の奥深さを知ったわけです。

まあ、元々、勝率は8割以上だったので、仕掛けるポイントは、あまり変わっていないのですが、損切りポイントと利食いのポイントを知った事で、勝つ時は大きく、負ける時が小さくなりました。

私としては・・・。

読者の皆様が、ご存知の通り・・・、私の性格上、皆さんに良い事は勧めたいわけで・・・。

私が教わった事を、皆さんにも公開してほしく、ブログをやったらどうだ〜・・・とか、私の周りでFXをやっている人たちを集めるので、教えてやってくれ〜とか、動画配信しろ〜とか、頼んでいたわけですが、本人は、為替のディーラーや、先物会社で営業をやっていたのを辞めて、不動産を覚えたいという事で弊社に入社したので、仕事の合間に、私にアドバイスをする程度であればいいが、ブログや、動画、講習会等はしたくないということでした。

Tくんが、チャート分析をしているのを見ると、これが仕事だったら嫌だろうな〜と思うほど、パソコンの画面を、切り替えながら、線を引いたり、チャートを重ね合わせたり、すごいスピードで動いて分析をしている。

でも、本人は、仕事柄、これまで、自分のお金でトレードしたことはなく・・・そういう業界を辞めたからといって、元の仕事で得た技術でお金を稼ごうとはあまり考えていないようです。

まあ、毎日、毎日、仕事で、為替をやっていたら、意外と面白くはないのかもしれませんね。

Tくんが分析をしている姿を見ていると分かるのですが・・・、明らかに、素人と玄人では、雲泥の差があります。

最低、画面が、3画面・・・いや・・・5画面ぐらいは欲しいんじゃないかな〜???

何かに追われるように、動き・・・ピタッと止まって画面を見つめて線を引いたり、何かをコピペしたり・・・、とにかく、真剣です。

 『なるほど・・・。 分かったぞw 素人と玄人の違いは、FXを楽しめるか、楽しめないかの違いだ。 俺の周りの人たちが、FXを楽しめるように、最低限の基礎を教えてあげてほしいな〜。 基礎から、きちんとした事を覚えて、法則みたいなものが分かると、予測がしやすく楽しくなる。 FXの楽しさを教えてあげてほしい。事実、俺は、Tくんに基礎から教えてもらってから、前よりもFXが楽しくなった。』

Tくん 『社長、私は、これまでの仕事では、会社で弊社は、不動産業なので、大きなお金を扱う仕事をしていますが、FXや株をやっても問題はないのでしょうか???』

 『ない! 仕事時間外であれば、問題ない! 逆に、FXをやることで、世界経済を気にするようになるから、良いことなんじゃないか? まあ、自己責任で自己管理ができる奴じゃないとあかんけどな。 ブログや動画は、時間を取られるけど、ブロックカフェで、イベントの時かなんかに、ちょっと教える程度ならどうだ??? 円高、円安・・・為替と株と商品先物の関係性とかから始まり、簡単なチャート分析と指標も見方とかぐらいなら教えるのも簡単だろうw』

Tくん 『でもな〜・・・、勝って当たり前、負けたら怒られるんですよね〜・・・。ブロックカフェの会員さんと、社長の知り合いにって事ですか〜・・・。 』

 『ブログの読者さんも頼むわ・・・。 予想をするんじゃなくて、分析方法を教えて、FXの面白さを教えてあげてほしいんだよ。 あとは、それぞれに、又は、皆んなで、あ〜でもない、こ〜でもないって予想するから・・、とにかく、基礎〜予測ができるようになるまででいいんだよ・・・。 サークルの講師みたいな感じでいいから・・・w』

Tくん 『・・・・。 わかりました・・・、社長がサポートしてくださるなら、FXの基礎知識と、チャートの分析方法くらいならやりますよ。』

 『ほ・・・ほんとうかぁぁぁ〜・・・。 嬉しいわ〜・・・w 高橋先生、宜しくお願いします。 初心者コースは、円高、円安、為替というものについて、どういうもので、何に影響を受けるとか、動きが大きい時間帯など、本当に、初歩の初歩からやろうw チャート分析も、ローソク足、移動平均、出来高との関係等、ぐらいかな〜。 あとは、中級・・・、上級編は、個別指導で・・・・。よっ、高橋先生、日本一www 』

Tくん 『社長、話が、早すぎます・・・。 まずは、自分なりに、FXの説明というかプログラムを組ませてください。 上級編の個別指導までは難しいと思います。 じゃあ、私も、口座を開設しますので、それは、ご了解ください。 それから、仕事の時間外に、丸の内ののカフェに自由に出入りして、FXとかやったりしたいので、それもお許しください。 会員になって会費は払いますので・・・・。』

 『だから・・・。 個人が、勝手に口座を作ろうがなんだろうが、俺には、とやかく言う権利はないって・・・w カラーブロックカフェ&オフィスの会員登録は、ありがとうございますw ということで・・・、じゃあ、講演みたいなものを、入れておくように、カフェの方に連絡しとくから、あとは、相談してやっといて・・・俺も参加するので・・・。 とりあえず、来月、宜しく!』

Tくん 『ら・・・来月って・・・もう、今月終わりじゃないですか・・・、太陽光の仕事も、この時期忙しいですし・・・・。』

 『高橋先生なら大丈夫・・・余裕です。』

Tくん 『わかりました。 というか、私もカラーブロックカフェの会員ですから、社長からということではなく、自らの主催の勉強会ということで、コミュニティー的な感じで、セミナーをしたいと思います。』

 『あはははw そうだな。 教えるというよりは、みんなでFXの勉強をして楽しもうという感じの方がいいなw でも、まあ、元々、プロなんだから、チャート分析や、リスクについて、教えてあげてほしいわな〜w カフェのほうもバックアップさせるから・・・w』

Tくん『講師経験もあるので、みんなで楽しく学べるように頑張ります。』(以下『高橋先生』という。)

そんなわけで・・・早速ですが・・・・。


fx


素人さんの為のFX学校 開講!

3月7日  初級 18:00〜19:45 中級20:00〜21:45
3月11日 初級 13:00〜14:45 中級15:00〜16:45


参加費は、会員様500円  ビジター様1500円

会場は、中区丸の内の カラーブロックカフェです。(0800−500−7111)

※レジュメ代(フリードリンク含む)ということで参加費はいただきますが、商品の販売や投資等の勧誘は一切ありません。

因みに、3月7日は、私は参加できないかもしれません。(11日は、参加できそうです。)

初級 中級 各 定員20名 完全予約制です。

普段、カラーブロックカフェで、FXトレードをやっている方もいますし、私の知人友人で、FXをやっている人も多いので、予約はお早めにお願いします。

素人さんの為のFX学校というネーミングは、私がしました。

数万円の元手で始められる少額資産運用。 0から学べます。そんなわけで、

基本的に、初級も中級も、難しい内容ではありませんので、どなたでもお気軽に参加していただけます。

初級は、FXを初めてみたいという方、FXが、どういうものなのか知りたい方


中級は、FXをやっているけど、思うように成果が上がらない方

初級、中級、両方に参加される方は、参加費が2倍になってしまいますのでご了承ください。


FXというものは、最初のうちは、独学では、なかなか勝てません。

基礎から仕組みと数々の手法や分析法を理解していくと勝率が上がります。


私も、最近、初歩から、やり直しましたが、けっこう知らないことがあったり、忘れていたことを思い出したりして勉強になりました。

そんなわけで・・・高橋式FX講座を開講するわけです。

読者の皆様、お友達をお誘いあわせて是非いらっしゃってください、

それでは、本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。







ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



2017年02月23日

2136) 太陽光発電の工事事情・・・。

昨年の後半から、今年にかけて、かなりの数の太陽光発電所の販売をしてきました。

昨年販売をしたものも、即完売・・・、今年の初め頃に販売したものも即完売・・・。


本当に、ありがたいというか・・・、『感謝』の一言に尽きるわけでございますが・・・。

実は、この太陽光発電の、業界というのは、とてもいい加減な業界でございまして・・・。

この、いい加減さを、きちんとした形で商品化させて、お客様に渡すというが、とても難しいのです。


いい加減と書いてしまうと、これはこれで問題発言なのかもしれませんので、なめた業界と言っておきましょう。

何がって・・・。

,泙困蓮太陽光発電の、設備認定を取得するのに、経済産業省の関係の機関に申請をするわけですが・・・、これが、まあ、対応が酷いの酷くないのって・・・、申請しても、いつ取得できるのか、さっぱり分からない。

3週間であったり・・・、混んでいると時期が読めなかったり・・・、電話をしても、なかなか繋がらない・・・。

おまけに、申請する住所地番が、近いという理由で、ストップがかかり、隣接していない事を証明しなくてはいけないので、更に遅れる。

⊆,法電力会社の対応も最悪です。

これまた、経産省の関係の機関と同じく、時期が読めないし、各管轄支店によって対応が違うので、一貫性もないくせに、こちら側には、きちんとした事を求める。

ついでに言うと、こちらのお願いは、公平、順番というくせに、電力会社のほうは、言いたい放題、やりたい放題・・・。

昨年末と、先日・・・太陽光の件で、電力会社が、あまりにも、人を小馬鹿にしているというか、理不尽な対応をするので、私がキレたんですけど・・・。

これまで、宅地分譲、商工業施設等、不動産に関して電力会社からのお願いに対しては、基本的に協力をしてきました。

かなり無理なお願いをされても、なんとかしてきたわけですが・・・、こちらが、お願いをすると、できません・・・順番です・・・わかりません。

それで・・・、温厚な私も、いい加減、キレまして・・・2回ほど、『今すぐ、弊社と、俺の個人所有の土地にある電柱を撤去して、道路に入れ直せ! 二度と、電力会社には、協力しない!』と、怒りまくって、太陽光の担当の、上長の、上長の、そのまた上長の、別の課の上長まで・・・話が広がってしまい・・・、電柱から、電力会社の施設?の撤去と返還まで求める事態にまで広がったわけです。

皆んなが必要としている電気の事なので、これまで、最大限協力をしてきましたが・・・、あまりに、人をナメた対応だったので、堪忍袋の尾が切れた感じです。

まあ、東北の震災の被害を受けた方々と比べると、私なんぞの怒りは小さなものなんでしょうが・・・、きっと、被害を受けて大変な事になっていても、電力会社には、適当にあしらわれているような気がします。

まあ、この話は、これくらいにして・・・。

B斥杆発電のパネルやパワコン等の機材の取引がいい加減なんです。

今年、1月になってから・・・、急に、パネルが在庫不足で納品できないと、商社が言い出しまして・・・、製造元が、急に発表したとかなんとかで・・・、その前後に、パワコンも同じような事がありました。

値段をつり上げるためにやってるのかどうかは知りませんが・・・、こちらは、期日までに設置して、お客様に引き渡しをしなくてはいけないのに・・・、急に物が入らないと言われてしまうと・・・真面目に困りますよね〜。

まあ、そういう商売のやり方なんでしょうけど・・・(苦笑)

い修靴董∈埜紊法ΑΑ税制優遇というか、生産性向上設備促進税制の申請なんですけど・・・、これは、中部経済産業局というところに書類を提出して面接をして約1ヶ月ほどでおりてくるので、まあ、それなりに、きちんとしているのですが・・・。

3月末までに、 銑までの、全てをクリアして、い降りてきてから、3月末までに、連携をしないと、生産性向上***が使えなくなるので、お客様の設備の50%償却ができなくなってしまうわけです。

つまり、時期の読めない、経産省系、電力会社、いい加減な設備の納品、工事(工期)、税制・・・ついでに言うと、農地の場合は、農地転用と地目変更等、全てを期限内に終わらせなくてはいけないわけです。


唯一・・・救いだったのは、弊社の場合は、許認可関係の士業の先生たちや、工事業者や、施工会社の方々が、万全のサポートしてくれて、きちんした仕事をしているということです。

今も、3月の連携に向けて、許認可取得、造成、太陽光の工事を、一生懸命頑張ってくれています。

本当に、ありがたいです。

3月末に絶対に終わらせなくてはいけない工事が、あと16件あります。

弊社と、工事業者、士業の先生たちは、【絶対に期限内に間に合わせる!】と、一丸となり頑張っております。

そんな中・・・先日、とんでもない事件が・・・・。

弊社の関係の、工事部隊が、朝、現場に行くと・・・こんなトラックが、現場に置いてあったのです。

BlogPaint


どこのトラックなのかは、書きませんが・・・・高速道路の関係の工事業者だと言っておきましょう。

工事業者の話によると・・・・。

朝、現場に行ったら、某道路公団系のトラックが2台、ドーンと止まっていた。

工事業者は、私が、工事の日程を間違えているかもしれない・・・、トラックの駐車を許可したのかもしれないと思い・・・・私に連絡をした。

私は、電話に出られない状態でつながらず、折り返しの電話もない!

現場の前を何度も、うろうろしたり、現場前の道路に車を停めてみたりしたが、道路公団系のトラックは、さも許可をもらって停めているような感じで、堂々としているし、一向に車を移動する様子もない・・・・歩いて、現場に入って作業をしようとしたが、それでも、移動する様子はない!

結局、工事ができないということで、職人を返して、自分は他の現場に行ったということでした。

私が、折り返し電話をした時には、もう、帰った後で・・・、私は・・・『はっ? 何で、そいつらに、誰の許可をもらって、ここにトラック停めてるんだ? 今日、工事をするんだけど・・・って言わなかったんだ?』と、怒ったのですが・・・。

ついでに、何故、その、無礼千万な狼藉者どもを、土地から出られないようにして、生け捕りにしなかったんだ???と、問いただしました。

工事業者が言うには・・・、私と連絡が取れなかったし、まさか、道路公団系の車が、地主の承諾なく、トラックを停めて、作業をするなんてことは考えられないと思ったそうです。

まあ、言い訳よりも、大事な事は、3月末まで、土日も工事を入れてるくらいのスケジュールの中で・・・この1日のマイナスを、どう調整するかなんです。

一応、雨、雪、等の予備日で、3日ほどは、余裕があったらしいのですが、先日の雪で、消化してしまっているらしく・・・、ちょっとまずいな〜という感じでした。

結局、他の現場に、人と重機を余分に入れて工期を縮めるしかないということで・・・、もしかすると、少し追加の費用をいただかなくてはいけないかもしれません!とのことでした。

その後、この物件を、購入したお客様にも事情を話して、道路公団に電話をしてもらいました。

すると、道路公団は、すぐに工事業者に確認を入れてくださりまして・・・・。

返事は・・・。

道路公団 『工事業者に問い合わせたところ、道路に停めて作業をしていたので、無断駐車なんかしていない!とのことなんですけど・・・。』

と・・・、しれ〜〜〜っと対応したらしいです。

それを聞いた私は、お客様とお会いして、再度電話をしてもらい、電話を変わってもらいました。

道路公団の方と、電話で、状況と、工事が遅れる事の重大さを説明しながら、メールで無断駐車の焼香の写真を送り・・・・。


 『どう見ても、敷地に停まってますけど・・・。この近所で空き地になっているのは、ここだけなんですけど・・・。』

道路公団は、トボけた挙句に、証拠を突きつけられ、何と言ったと思いますか???

現場で立会いをしたいらしく、都合を聞いてきたのです

普通は、まず、謝りますよね〜・・・・。

そして、事もあろうに、土日はダメ・・・(たぶん休みたいから・・・w)

私は、スケジュール上・・・どうしても、行けないので・・・お客様と、工事業者の社長が行ってくれることになりました。

この話を、工事業者に説明すると・・・『この時期に、1日作業できないことが、どれだけキツイか、わかっとらんですね。 社長、立会いの時に、キレてもいいですか? うちの連中は、3月末まで、休みもないんですよ!』と、激怒・・・。

 『まあ、当日電話に出られなかった俺も悪いかもしれんけど・・・、無断駐車をして、しらを切った挙句に、謝りもしない奴は最悪だわな〜。 まあ、警察沙汰にならん程度に、怒ってもいいんじゃないw』

工事業者 『わかりました。 迷惑はかけませんので、きっちり話をさせてもらいます。』

 『作業員と、重機増やしても、追加は勘弁してね・・・。』

工事業者 『そんなもん、道路公団に請求しますよ!』

 『その顔で、怒鳴り散らして、金を請求したら、脅迫になるとあかんから・・・、きちんと理解していただいて、請求書送らせてもらえよ。 あっ・・・、追加工事代金請求しなくてもいい方法を考えた・・・w』

工事業者 『何ですか?』

『道路公団の工事業者って、素敵な重機を、いっぱい持ってるじゃんw 造成工事を、手伝ってもらう方がいいんじゃない? 高速道路の工事できるんだから、埋め立てや、整地工事ぐらい楽勝だろうwww 金を請求して、変に、ゆすりたかりと間違われてもあかんから、あくまでも、金の問題じゃない! 工期の問題だ!ということで、作業員と重機を借りようw』

工事業者 『それ、名案ですね〜。 工期が縮まったりして・・・w』

 『だよな〜・・・w 道路公団の工事業者、すっげ〜機械、いっぽい持ってるからな〜・・・w よしっ、絶対に金で解決するなよ! 工期伸ばされたわけだから、工期短縮してもらおう。 それが、責任ってやつだわな・・・w』

そんなわけで・・・道路公団、お客様、弊社の工事業者で、明朝、立会いがあります。


しかし、まあ、何というか・・・、太陽光発電というのは、許認可関係〜工事完了まで、工期を遅らせることができないので、けっこう大変です。

読者の皆様にも、弊社の太陽光発電所をご購入いただいておりますが・・・いろいろ諸事情はあっても、弊社が手がける以上、責任を持って、しっかりとやらせていただきますので、ご安心ください!

そんなわけで、本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。






ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください








2017年02月18日

2135) 占有権の主張(土地の時効取得)

読者の皆さんは、時効という言葉を聞いたことがありますか???

一般的には、刑事ドラマなんかで、時効が、どうこうって・・・けっこう幅広く知られている時効ですが・・・。

犯罪行為が終わった時点から一定期間が経過した場合に犯罪事実について起訴ができなくなる制度でして・・・・公訴時効というものです。

まあ、時効といっても、法律上いろんな時効制度があるわけですが、今回はそのなかでも民法の時効について書かせていただきます。

取得時効と消滅時効とありまして・・・・。

取得時効は、長年その物を占有したり権利を行使してきた人に、その物の所有権や権利を与えてしまいましょうということで、当然、それまでの所有者はその権利を失ってしまいます。

消滅時効は、長年その権利を行使してこなかった人の権利を失わせてしまいましょうというものです。


最初に、民法というものを勉強しはじめたばかりの頃は・・・、人様のものを占有していたから自分のものになるなんて・・・なんちゅう酷い話だと思っていましたが・・・この業界にいると、けっこうよくある話なので、まあ、放置してたんだから、仕方がないわな〜なんて思うようになりました。

宅建勉強している人なら、誰でも知っていると思いますが・・・・。

 。隠闇間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

◆。横闇間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。

宅建を勉強する上では、土地を取られるほうの立場ではなく、土地を取ってしまうほうの立場で考えましょうね〜w

取られる側の消滅時効が完成したから所有権を失うのではなく・・・、取る側の取得時効が完成されたから、取る側は所有権を取得し、取られる側は所有権を失うという考え方をしないと、取得時効なのか消滅時効なのか、わけが分からんとか・・・、変な事を言い出す人が稀にいます(笑)

まあ、こんな話は、まだ宅建試験まで時間があるので、ゆっくり勉強していただければいいのですが・・・。

不動産の仕事をしていると・・・、これも稀にですが・・・、この取得時効というものを、人から聞くのか、テレビや本で見た事なのか知りませんが、自分本位に会食して無茶な主張をしてくる人がいます。


例1: 若い頃ですから、かなり昔の話ですが・・・、測量立会いで、隣のベランダが越境している事を指摘したら・・・、隣地の爺さんは、逆に、ベランダが、空中越境している事と、物干し台が隣の敷地にはみ出て置いてあり、20年以上経過しているから、時効で取得できると主張した。

完全に頭が、イっちゃってるな〜と思いましたが、もめても良い事なんて何もないので、優しく説明して、ベランダの越境確認書に記名捺印いただき、物干し台を移動していただこうとしたのですが・・・、あまりにゴネるので・・・・。

とりあえず、面積は問題ないですね? 境界は、ここでいいですね?ということで、境界確認の印鑑をいただいた後に・・・、穏便に越境確認で済ませようとしているのに、キチ⚪︎イ的な主張をされたので、撤去できる物なので、ベランダと物干し台を撤去するように言いました。

それでも、空中越境しているからと、占有権とか時効なんて言葉を口にしたので・・・・。

 『空中越境で、時効取得は、無理ですよ・・・、中部電力の電線、20年経っても、他人の土地は、中部電力の物にはならんでしょうw』

と・・・、私も、訳のわからん屁理屈を言ったのですが・・・。

隣の爺さん 『たわけか〜お前は・・・、電線は、電線やないか・・・俺んとこは、ベランダだぞ・・・家の一部だ・・・馬鹿野郎・・・・。』

私も、若かったので・・・、たわけ、馬鹿野郎という言葉に、ヒットしてしまいまして・・・。

 『お爺ちゃん・・ あの世に行って神様でも閻魔様でもいいから相談にしてこいw』

その後の口論で・・・、結局、後日、お爺さんは、アルミのベランダを撤去してくださったのですが・・・・。


例2 4〜5年前だと思いますが、知人からの相談があったのですが・・・、、隣地のブロック塀が越境していて、30年以上経っている事で、時効取得をしようとされたのですが・・・。

これは、ちょっとヤバいな〜と思ったのですが・・・・・。

この時は、私は前に出ずに、知人にアドバイスをさせていただきました。

最初は、杭はあるけど、大昔に入った杭であり、境界杭が正しい証拠はないと言わせたのですが・・・、隣の方は、本当に測量を依頼したのです。

第二弾の言い訳としては・・・、相談者の反対側の隣地との境界は、ブロックのセンターに杭があったので・・・、相談者から、時効取得しようとしている隣地に対して、ブロック塀自体が共有物だという認識だと主張させました。
ついでに、隣地がブロック塀を建てた時の図面か支払いの領収書など、証拠を出すように言わせました。

共有物であれば越境じゃないですし、そもそも隣のブロックが越境して占有していた事にはなりませんからね〜w

その後、共有ではなく、うちが建てたブロック塀かもしれないと言うようにアドバイスさせていただき・・・、境界を認める気もないし、ブロック塀は共有物だし、老朽化しているから、壊して、お互いに塀を作りましょうと提案をさせまして・・・、最後には、近所に、いい揺らぞ攻撃で、相手は戦意を失い、結局、相手は諦めました。


そして。。。今・・・・。

新たな占有による取得時効の問題が・・・・。


この案件・・・とりあえず・・・誰に担当をさせようかな〜・・・・(キョロキョロ・・・。)

最初に目があった奴を担当にしよう・・・・・。

image


 『うむ〜・・・・、ロックオン・・・・。 はい、チーズ・・・パシャ・・・w』

社員 『な・・・・なんですか〜・・・社長・・・。』

 『非常に面白く、大変勉強になる、仕事を与えよう・・・w やばい時は、適当に、サポートするから、頑張れ・・・・。』

そんなわけで・・・担当社員、決定・・・・。


それでは、本件の説明に移ろう。

所有者A(個人) 占有者B(法人)

弊社のお客様の祖父が、昭和20年代に近所の会社に貸した土地があって、その賃料は払われておらず、所有者も、使っている会社も、固定資産税を払っていないという土地があると、土地の所有者から相談を受けたのです。


・この事案の問題点は、昭和20年の、二代前からの相続登記が、非常に難しい!

・近所の法人が、ずっと会社の一部として使用していて、現社長、前社長も、借りているという認識がなく、自分のものだと思っているようです。

Aは、相続が困難!  Bは自己所有物だと思っている!

まあ、相続は、司法書士に任せるか・・・相続人の取得時効は難しいのを知りつつ、状況から考えて、それこそ時効取得にトライするか・・・。

B案件は、仮に20年以上の占有の主張を時効により取得しようとしたとして・・・。

謄本上、Aの祖父になっているが、Aの先先代から借りた時の状況は誰も分からないとしても・・・、建物が建っているわけでもなし、資材が置いてある程度だし・・・、それに、こんなものは、所有の意思があったという証明はできないはずなので・・・占有による取得時効は成立しないと考えています。

まあ、それでも、今の感じだと、素人知識で時効取得を主張しそうな感じです。

Bが、自分の会社の顧問弁護士がいれば、相談しても、難しいと言うだろうから、簡単なんだが・・・・変な、事件屋みたいな奴に相談すると、あれこれ言ってくる可能性があるから、話すもの面倒くさいし、うちの糞忙しい弁護士を出すもの勿体無い。

とりあえず・・・、Bは、私が、押さえ込みに行くつもりです。

私としては、AB間で、賃貸か、売買で、きちんとした契約をしたいと考えています。

勝算は・・・、あります。

地元の選挙関係や、経営者の会等のつながりがあるので・・・。

占有したから俺のものだ!的な事を言って、ゴタゴタ言うようなら・・・。

 『向こう三軒両隣に、当時の聞き合わせに行きながら、B社が、地元の真面目な農家さんから、土地を、分捕ろうとしているので、昔の経緯を調査に来ている!と・・・、それから、地元の経営者たちにも、Bさんが、地元の農家の土地を分捕ろうとしているので、Bさんは、どんな人なんですか?と・・・、物件と人物調査をさせていただくことになるかもしれませんよw』

そんなニュアンスで、賃貸か、売買かに、話を持っていきたいと考えています。


冒頭にも書きましたが・・・・。

私は、この業界にいるので、多くの取得時効を経験しましたし・・・、先ほど、書いたような訳の分からない主張をされたこともありますし・・・、今回の案件も、どうなるかは別にして、片付けようと思います。

読者の皆様が、常識の範疇で、土地の時効取得を考えた時に・・・・どう思うのか???

大半の方は、取得時効の制度って、人としての道徳や常識で考えたらおかしくないですか?
って、思うのでしょうけど・・・・。

私も、過去に、そう思っていましたし・・・事案によっては、今も、そう思うことがあります。

ただ・・・・。

明治時代、大正時代、戦後の農地解放などで手に入れた土地が、相続、贈与や、転売や、所有者から買った土地の形状と現況が違ったり、越境していたり、隣の土地に家が建っていたり・・・、そんな時代もあり、00年前から住んで何も言わないから占有してた人の名義になったり・・・いろんな事案があります。

相続人が多すぎて放置されたり、先祖の物だと思って住んでるが、今、土地の権利がどうなっているのか判らないなんてケースもあり、これを片付ける手段の一つとして、時効取得という制度は、必要なものなのです。

ただ・・・非道徳的、非常識的に、悪用しようとする人もいるので・・・、そこは、もう少し裁判所も、しっかり判断していただきたいと思うこともあるのですが・・・・・。

そんなわけで、本日は、占有権の主張(取得時効)について書かせていただきました。

今日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください