2016年07月

2016年07月16日

2084) 価格交渉・・くだらないプライド(笑)

家売る女、初回を見ました。

不動産業界人から見ると、ドラマということで面白おかしく作ってはありますが・・・けっこうリアリティーあり面白かったです。

いつもブログに書いていることですが・・・・、お客様の将来の幸せを考える営業が、最終的に売れるというのは事実ですし・・・社員たちにも、そう教育しておりますが・・・。

まさに、そんな感じで・・・、原作、脚本等、全く知りませんが・・・・けっこうリアルなので驚きました。

北川景子さん、綺麗ですし・・・・、毎週、見たいと思います



さて、今日のブログです・・・。

弊社では、不動産の仲介と、不動産の買い取りをしております。

読者の皆さんは、今更何を言ってるの・・・知ってるよ・・・と思われた方が多いのではないでしょうか?

まあ、愚痴になってしまうかもしれませんが、今日は、買取の話を書かせていただきますね。


弊社の用地課、本社、名古屋支店、美和営業所には、毎日、沢山の買取希望の物件と、仲介物件が送られてきますし・・、用地課は、買取の営業に、不動産業者様、金融機関、始業の方々、地主様のところ等を回り、買取物件を探しています。

でも、実際に買取ができる物件というのは、情報は多くても、買える物件は少ないというのが現実なんですが・・・、これは、価格面はもちろんのことですが、物件の性質上、又は、弊社のエリア外ということで、買える物件は限られてきます。

100万円のマンションや、借地権付き建物から〜10億以上の物件まで、いろんな物件を購入するわけですが・・・・、買取物件の大半は、不動産業者さんが情報を持ってきてくれます。

検討できる物件の場合は、試算をして、弊社の買取希望金額を提示します。

買取希望金額で交渉をしてくださるようでしたら、買付証明、取りまとめ依頼書等を発行して、社印を押して、売主さんに交渉をしていただくわけですが・・・。

2ヶ月ほど前の話ですが、とても不快な事がありました。

不動産業者さんが悪いわけではないのですが・・・、売主様が、とんでもない方でして・・・、これまで何千枚という買付証明を出してきましたが、今回のようなケースは初めてのことでございまして、私も、少々戸惑いました。


仲介業者さんが名古屋市内の近郊で800坪の土地を持ってきてくださりました。

価格は相談・・・弊社の指値で交渉をしてくださるということでした。


このような場合でも・・・、弊社の指値で交渉してくださるとはいうものの、とんでもなく安い金額を提示すれば、仲介業者さんに恥を書かせてしまいます。

弊社は、売値を算出し、そこから規定の利益と、予想される経費を引いたものを買付希望金額として、仲介業者さんに提示します。

この際に・・・・、この金額を、売主様に提示するまでもないなら、この場で交渉を断っていただきます。

交渉をしてくださるということになれば、買付証明を発行するわけですが・・・。

今回も、同じように事を進めていきました・・・。

仲介業者さん 『なるほど・・・。 売主さんの希望価格とは、かけ離れていますが、私の個人的意見としては、それぐらいが妥当だと思います。 減歩が出る土地ですし、造成、解体費用もかかりますからね。 わかりました。 一度、交渉をしてみます。』

 『売主さんの希望する金額は、造成済みの住宅用地の価格ですからね〜・・・、そこまで仕上げるのに費用もかかりますし、道路を入れなくてはいけない土地ですので、減歩も出てしまいますからね〜・・・。 申し訳ないですけど、この金額で交渉してみてください。 最悪、少しくらいは、なんとか買い上げます・・・とはいっても、利幅を削る話なんですけどねw なんとか、この金額でお譲りいただけたらありがたいのですが・・・・。 宜しくお願いします。』

私は、買付証明に社印を押して、仲介業者さんにお渡ししました。

数日後・・・。

この仲介業者さんは、とてもきちんとされている方で、弊社の用地課の社員を通して、私にアポイントをきってくださり、弊社名古屋支店まで来てくださりました。

仲介業者さん 『社長、すみません。 全然、全く話になりませんでした。 売主さん、かなり怒っていらっしゃって・・・。 先祖からもらった土地をコケにしやがって! 御社に電話をするとまで言ってました。 もちろん、そのような事のないように説得しましたが、かなりの勢いでお叱りをうけました。』

 『うむ〜・・・。 12区画に切れるんだけど・・・、予備費と宣伝広告費を削り・・・造成工事の方法についても再検討してみるよ。 もしかすると、あと500万円ぐらいから出せるかもしれん。 』

仲介業者さん 『いえいえ・・・。 社長・・・そういうレベルの話ではないので・・・。 かなりご立腹でいたので、諦められたほうがいいと思います。 頑張って、他の物件を出してきます。 今後とも宜しくお願いします。』

 『こちらこそ、ガンガン買い取りしていきますので、宜しくお願いします。 今回は、骨折り損になってしまいましたけど・・・・・・・、まあ、希望価格と開きがありましたので、仕方がないですね。  ありがとうございました。』

そんなわけで・・・、この物件は諦めて終わるはずだったのですが・・・・。

翌日、その物件の地主さんから、会社のほうに連絡があり、どうしても私と話がしたいというので、電話口に出たのですが・・・・。

電話に出ると・・・いきなり・・・・。

売主 『おいっ、あんた千代田不動産の社長さんか???』

 『はい・・・。 そうですけど・・・・。』

売主 『**市**町の〇〇って者だけど、あんたな〜・・・・うちの土地を欲しいって言っておいて、ひどい金額をつけて、どういうつもりだ???  金に困って売るわけじゃないだぞ・・・・馬鹿にしやがって!』

 『いえいえ、馬鹿にしているなんて、めっそうもございません。 弊社は、あそこを分譲地にしたいので、区割りをして、道路を入れて寄付をして、残った部分を、相場で売りたいと考えておりましたので、売主様の希望の価格との差がでてしまったんでしょう・・・ご希望に沿えなくて申し訳ございませんでした。 ただし、本件に関しては、仲介業者さんが間に入っておりますので、今後は何かございましたら仲介業者さんを通してください。 』

売主 『俺はな〜・・・、売りたい値段を言ってあったのに、希望の金額の半値で買うなんて言ってきがって・・・あんた、足元見て、なめとったらあかんぞ! 

 『ですから弊社は、分譲地で検討しましたので・・・・あの土地を、一筆で利用されるお客様であれば、もう少し高い金額が出るのではないでしょうか? でも、まあ、解体工事も費用がかかりますし、高低差がありますので造成工事費も数千万単位でかかります。 ご希望されている価格は、更地の完成された住宅用地の価格ですので、今のお値段では難しいのではないでしょうか???』

売主 『やかましい・・・。 そんなことは俺が決めることだ。 あんたの会社には、満額でも売らんわ。 くそボケが・・・なめやがって・・・・。』

 『満額でも売らん・・・くそボケですか・・・w  まあ、絶対に満額で買うことはございませんので、ご安心ください。 満額で買ったら、相場の1,8倍ぐらいで販売しなくてはいけなくなりますので・・・満額で買ったら、うちの会社つぶれますわw  それから、仲介業者さん通してくださいね。 一応、今回の件は、仲介業者さんに報告させていただきますね。  最後に・・・・、私から言わせていただくと、今の価格は、まじめに売ろうと思っていないだろ〜、くそボケ〜wって価格ですよ。 それでは、失礼いたします。』 

売主 『あ・・・あんた客に向かって、何を言っとるんだ??? くそボケって・・・本性を現したな悪徳不動産屋が〜・・・、何が、くそボケだぁぁぁ〜・・・。』

 『私は、普段、そういう言葉は使わないのですが・・・、そちら様が、くそボケっておっしゃったので・・・、移ったんですかね〜? 悪い言葉は、移りやすいので、気を付けます。  それでは、忙しいですし、めんどくさいし、ウザいので・・・お電話を切らせていただきますね。 失礼いたします。』

電話を切った後・・・、本件の仲介業者さんに、電話でのやりとりの一部始終を報告しました。

仲介業者さんは、私に、めちゃくちゃ申し訳なさそうに謝ってくださりましたが・・・、私も、仲介業者さんがいるのに直接対応してしまったことを謝罪しました。

しかし・・・、この件は、これで終わらなかったのです。 

2016-06-11-11-35-18


それから、3カ月ほど経った・・・・先週・・・・、仲介業者さんから電話がありました。 

売主さんが・・・、弊社が指値した金額で売ってもいい!と言っていると、ご連絡をいただいたのです。

但し、条件があるので、私と、会って話をしたい!とのことでした。 

私は、すぐにOKしまし、日時を決めました。

そして・・・後日、仲介業者といっしょに、売主の自宅に伺いました。 

売主 『あんたが千代田不動産の社長か???』

 『はい、そうです・・・。 とりあえず、お名刺を出させて・・・。』

売主 『いらんいらん。 あの土地、あんたのところの価格が一番高いんだわ。 この間の金額で売ったるわ・・・。 但し・・・、測量、印紙代、登記費用は、そちらで払ってくれ・・・・。 全部合わせても数十万のことだろう。 それだったら、売ってやるわ・・・。 それから、開発許可なんてもんは、そっちの都合なんで、今月中に金を払ってくれ・・・。 開発がおりたらなんて話はダメだ・・・。それなら売ってやる。』

 『ありがとうございます・・・・。 試算としては、問題ないですから買いたいのはヤマヤマなんですけど・・・・、少し間違えていらっしゃいませんか? 売ってやるではなく、その価格と条件で売るという話じゃないんですか?』

売主 『まだ、そんなことを言ってるのか〜。 俺の土地は、先祖からもらった大切な土地なんだぞ! それを売ってやるって言ってるんだ。 売りたくて売るんじゃないぞ! そこを間違えるな!』

仲介業者 『大切な土地を売却されることは、近藤社長は分かっていらっしゃると思います。 私よりも不動産業の経験値は高いので、売主様の気持ちは十分ご理解されているはずです。』

 『そうですね〜・・・。 この話が決まれば、ご先祖様に手を合わせさせていただいてから契約をさせていただきたいところですが・・・。 商売人としてのプライドもございまして・・・。 前回提示した金額で、あのような事があったのですから、同じ金額で買うことはできません。 あと100万だけでいいので、値引きしていただけませんか? そうであれば、喜んで契約をさせていただきます。』

売主 『あんたが、この金額で買うって書類に書いてあるだろう? この書類嘘か???』

 『嘘じゃないですよ。 そもそも、条件を変えてるじゃないですかw それに、ここに有効期限が書いてあるでしょ? 平成28年4月末日までって・・・・。  たぶん、そちらは、前の金額に何か付加させて買わせてやろうと思っているんですよね? 俺は、逆に何か引いていただかないと買いたくないという気持ちなんですよ。  今月内に全額代金を払うことはOK 諸費用もこちら持ちもOK・・・・、でも、100万円引いてください。 そしたら・・・買わせていただきます。 買ってやるとは言いません・・・・ありがたく買わせていただきます。』

仲介業者 『近藤社長・・・・。 100万円、仲介手数料から引きますので・・・・売主様の条件を飲む形で契約していただけませんか???』

 『俺は、元々が仲介業者だから、手数料を引くのは嫌なんだ・・・。満額払わせていただきます。  そういう問題じゃなくて・・・・、くそボケ! 売主さんが、私に対して絶対に売らんまで言ったものを買うわけですから・・・、あの時の価格から、たとえ100万でも引いてもらわないと・・・・、そこ大事なところなんですわw』

仲介業者さんは、困った顔をしていましたが・・・私も、普段は、なんでもいいよ〜って感じなんですが・・・こういうスイッチが入ってしまうと、自分でも引くに引けないわけです。

売主 『100万か・・・・。 なめてんじゃね〜ぞ! あんたが、そこが重要なら・・・・俺にもプライドがある・・・・。 もう、月内に金もいらん、測量もこっちでやるし印紙もいらん・・・、条件は、なしでいい!  前の金額に100万円をアップしてきたら売ってやる・・・。 それが嫌ならやめておけ・・・、以上だ。』

 『あははははw 面白くなってきましたね〜・・・・。 売主さんの事を、変な人だと誤解していました。 男気とプライドあるじゃないですか・・・w よしっ・・・、俺も、100万円引いてくれなきゃ絶対に買わない! 測量、諸費用は、全額当社払い、月内決済OK・・・でも、100万引いてくれないから買いませんので・・・・、よ〜く考えて、ギブアップしたら、仲介業者さんを通してご連絡ください。』

売主 『千代田さん、あんた・・・、この土地、欲しいんじゃないのか???』

 『まあ・・・。 それは・・、喉から手が出るほど、欲しいですよ・・・。 在庫不足なので・・・・。』

売主 『100万円プラスするだけで買えるのに買わないのか? 前の時に、数百万程度ならアップしてもいいって、こいつから聞いているけどな〜・・・。 本当に、100万引かないと買わんのか?』

 『ええ。 前とは状況が違いますからね・・・。 100万円引いていただかないと絶対に買いません。』

売主 『あんたも、強情な人だな〜・・・・。 俺も、あんたが値上げしないなら絶対に売らん! とりあえず、話していても無駄なようだから、今日は帰れ! 3日だけ待ってやるから、100万円乗っけて買うなら連絡して来い! 』

 『グククク〜・・・。 くそ〜、この土地欲しいんだけどな〜。 この土地が住宅地になれば、大勢の方が生活し、そこで子育てをして・・・・、宅地分譲やりたいです。 でも、金の話じゃないので・・・、俺も3日待ちます・・・。 ご先祖様と相談して、売る気になったらご連絡をください。 それでは、失礼いたします。』

売主 『何がご先祖様だ・・・! もっともらしい事を言いやがって・・・。 無駄な話し合いだったな・・・!』

 『いや・・・。 無駄ではないと思っています。 ギブアップしてください。 それでは、失礼いたします。』

そんなわけで・・・・

明日が、3日目の期日なんですが・・・・今のところは連絡なし・・・・・。

売主さんは折れてくるのか・・・。 


前回の買い付け金額は、他社よりも、150万円ほど、弊社の価格のほうが高い買値らしいです・・・・。

偏屈な口の悪い売主さんでしたが・・・膝を突き合わせて話をしたので・・・、そんなに悪い印象ではなくなっているとは思うのですが・・・・・・。

実は・・・、昨日から、返事はまだかと・・・・仲介業者さんからの電話を、ドキドキしながら待っているのですが・・・・、最後のカードは、何かな? 

プレイヤーWIN? バンカーWIN? というような感覚に近いのかもしれません・・・。

もう、待っていると他事も手につかないし・・・・イライラするので、ブログに書いてしまいました(笑)

商談の途中で、売主さんが、『あんたも強情な人だな〜』と言って、笑ったので・・・、その瞬間・・・勝ったと思いましたが・・・、その後も、つっぱってきていますので・・・・まだ結果は分かりませんw

今回の仕事は、売主に、上から目線でボロクソに言われながらも・・・不動産って面白いな〜って思います。

同業の皆さんも・・・、不動産の駆け引き・・・楽しんでください

そんなわけで・・・本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします





ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください


2016年07月13日

2083) 不動産の神様に感謝(椿大社参拝)

読者の皆様・・・、あなたが信仰している宗教は何ですか・・・???

一般的に政治と宗教の話はタブーとされていますが・・・、本日は、宗教の話に、ちょっぴり触れてみたいと思います。


日本人というのは、基本的に、無宗教の方が多いですよね???

初詣、七五三とかは、神道・・・、葬式、法事は仏様・・・、結婚式は・・・???

それに・・・、神棚と、仏壇、両方ある家が多いですよね。

もちろん、宗教は自由ですので、何を信仰していようが問題ないです。

私は、どうなのかな〜?と考えると、初詣、節分、盆にはお経、墓参りは寺、クリスマスも楽しみますし・・・、普段、数珠も、御守りを持っていますし、いつもクロスのネックレスをしています。

因みに、先月、地主さんの奥さんが、私のネックレスを見て・・・『クリスチャンなんですか?』と聞かれたので・・・『いえいえ、アグネスちゃんですw』と答えたら、けっこう笑ってくれました。

クロスのネックレスしてたり、クロムハーツの服を着ていたら、クリスチャンなのか〜?ってツッコミたかったのですが・・・地主さんであり、現在の区長さんの奥様だったので我慢しましたw

これぐらいの年代の人に、宗教を聞くと・・・仏教の**宗なんて答えが返ってきますが、必ずと言ってもいいほど、神道の神棚か、神棚がなくても御札や御守りを持っています。

本来、宗教というのは奥深いもので・・・結局、日本人は無宗教の方が多いって事だと思うわけですが・・・・私も同じですし・・・無宗教が悪いとは思いません。

ここまで書いたところで、読者の皆さんにお願いです・・・続きを読む前に、下部の人気ブログランキングのバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校をクリックして投票をしていただけるとありがたいです。


人気ブログランキングへ

ありがとうございます


さて、ブログの続きです・・・・。

本日は、当社の幹部社員たちを連れて、鈴鹿の椿大社に行ってきました。

7月から今期が始まりましたので、前期のお礼と、今期も宜しくお願いします的な気持ちで、統括部長、拠点の長たちといっしょに参拝したわけでございますが・・・。


私は昔から、この椿大社に来ると心が落ち着くのです。

日々、寝ている時以外は、何かしら動いていないと嫌なんですけど・・・、ここに来ると身も心も落ち着いて動きが止まるのです(笑)

2016-07-12-12-32-18


本日は、不動産、建築の関係の方は、この椿大社に来られる方が多く・・・水曜日とかに行くと、ちょくちょく知り合いに会ったりします。

私は、この神社に参拝することを、宗教とは考えておらず・・・、他にも、墓参り、クリスマス、バレンタイン等も宗教的には考えておりません。

罰当たりだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・、私は、神様、仏様が現実にいて何かしてくれるとは思っていません。

神社への参拝は、自然の恵みにより、日々多くの人と出会い関わりながら生きていける事への感謝の気持ち・・・、墓参りは、ご先祖様のおかげで今生きていることへの感謝の気持ち・・・クリスマスは、人への感謝の気持ちを表すイベントだと考えています。

神道、仏教、キリスト教等、ちょっとは学びましたし、多少は知っているつもりですが、歴史的に面白いな〜って思いましたが・・・、宗教に夢中になるとか教祖様を崇めるとか、そういう見解にはなりませんでした。

うまく説明はできませんが・・・まあ、全ては感謝の気持ちなのかな〜なんて思います。

でも、これまた上手に説明できませんが、なぜか、神社や寺に行くと無欲になり素直になれます。


話が、脱線してくるので、これぐらいにしまして・・・、今日は、椿大社の話です。

私の参拝の仕方を書かせていただきますが、これも正しいのかどうか知りませんが、昔から、何となくやっていることです。

私は、鳥居の前に立つと、何か、気が引き締まります。

いつも、人との出会いをありがとうございます。みたいな気持ちになり一礼をしてから、手水舎のところに行き、手と口を清めますが、何とな罪や穢れみたいなものを洗い流せたような気持ちになりすっきりします・・・モンダミンやリステリンよりもすっきりします。

そして、鳥居の前で、また一礼をしてから鳥居をくぐり、右側を歩きます。

歩きながら、樹齢数千年って感じの木に手を当てながら、本殿に向かってゆっくりと歩いて行くのですが・・・、木に触れるごとに・・・、気持ちが落ち着いてきます。

本殿前に着くと、お賽銭を入れて、二礼二拍手一礼

ここで、いつもありがとうございますと感謝の気持ちになります。

そして、社の中に入り受付をして・・・お祓いみたいな事をしてから本殿に入りご祈祷をします。

ご祈祷、大太鼓、巫女さんの舞・・・・。

時間的に、けっこう長いと思うのですが・・・時計も携帯も見ることなく・・・何を考えているのかというと・・・・。

太陽があり地があり、そこで生物植物が生きていて、人類があり、その中の小さな部分で、自分は生きていて・・・、不動産という仕事をして、土地や建物を皆様に買っていただき、毎日食事をして生きることができていて・・・本当にありがとうございます。
これからも、不動産という仕事を通して人々と関わり、社会の一員として頑張りますので、宜しくお願いします。


心が癒されながらパワーを蓄積できる時間なのです。

そして、最後に、更に奥に進み、玉串を奉納して・・・終わるわけですが・・・。

罪 穢れを祓い心を正し、日常ではありえないぐらい心穏やかになり、心静かに、自然界、人々、健康、生きている事への感謝の真心を捧げることができます。

と・・・・ここまで書いて・・・

あはははw 宗教チックになったな〜と自分でも思うわけですが・・・・w

全然、宗教についての拘りはありません。

先ほども書きましたが・・・、私は、神道でもなく、仏教でもなく、キリスト教・・・その他の宗教を信仰しているつもりはなく、無宗教だと思っています。

大昔の人が、狩りをしたり、米や野菜を作り、太陽や水など、自然の恩恵に感謝して食べる・・・そして、また、狩りをしたり米や野菜を作る・・・それを繰り返す。

自然の恵みに感謝して、先祖、友人、知人、協力し支えてくれる多く人達に感謝する・・・そして、人も多くの人たちに協力し支える。

私は、宅地分譲事業を通して街を造ったり、不動産の仲介をして人が生きる上での場所を売買する・・・お客様や、その仕事に関わった人に感謝して・・・また街を造り、不動産の仲介をして、皆さんに感謝する。

そして、これからも、神社、寺、教会、いろんな神仏に感謝し手を合わせる。

天地人々に日々感謝しながら自分に与えられた天命を感じ信念をもって生きることが大切なわけで・・・、神社も寺も教会も、何でもかんでもOKというのが、無宗教であって・・・、それでいいんじゃないかな〜ということで、今日のブログは、ここまでとさせていただきます。


まあ・・・、いろいろ書きましたけど・・・椿大社は、私の癒し&パワースポットです・・・w

今期も頑張ります。

そんなわけで・・・、本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください


2016年07月10日

2082) 次世代を担う若い人たちの起業

次世代を担う若い人の起業家を育てたい! 

私も、不動産デベロッパー&不動産仲介業者として、若い奴らに負けていられないので頑張りますが、最近は、若い奴のパワーってすごな〜と感じることがあります。

う〜ん・・・、俺もまだ若いつもりですし、今も我武者羅に頑張っているつもりですが・・・、会社が成長し資金的にも少し余裕ができたからなのか・・・、俺が俺が!みたいな感じが減ったと申しますか、俺様最強!みたいな感覚はなくなりましたし・・・・もしかするとハングリー精神みたいなものがなくなり、少し丸くなったのかもしれません。

数年前まで、すごいパワーだ!と先輩たちから褒めていただき、多大なるご支援をいただき場違いなところにまで引き上げていただき・・・・、又、仲間や後輩たちからは、協力、援護射撃をして、押し上げてもらい・・・私自身も、そういった人たちのためにできる限りの応援をしてきました。

そして、今があります。

最近、私も歳をとったのか・・・、若い経営者たちの相談に乗ることが増えまして、支援、応援、協力をすることのほうが多くなりました。

これは、不動産業界での話だけではなく、建設系、IT系、士業、デザイナー、ものづくり、等・・・・、これから起業をしたい! 起業した!という若者が、新たな事業への挑戦を熱く語ってくれて、私が、方向性、資金面、人脈づくり等にアドバイスをしながら、どう協力できるかという話をさせていただくわけですが・・・。


先日も、知人の社長の紹介で、若い男女が名古屋支店に来まして相談を受けました。

一人は、陶芸の作品を世に出したい・・・、もう一人は、デザイナーとして独立をしたい・・・という若者が、ある企業の社長の紹介で私のところに来たわけですが・・・、本題は、オフィスを借りてシェアして使いたいということでオフィスを探しに来たのです。

紹介者からは、『あいつら、名古屋の中心部に、カッコいいオフィスを借りて、二人で夢の実現に向けてがんばろうwなんて言ってるんだけど、夢と妄想の世界にいるから、現実の厳しさを教えてやってくれ!』という事だったのですが・・・・。

二人は、テンションが高く明るい顔で元気よく挨拶をしてくれまして・・・、私も負けずに元気よく挨拶をさせていただきました。

私が、どうぞと言っても緊張してなかなか座らず・・・菓子折りを持ってきていたのですが、いつ渡そうか迷っている様子で、その姿が、初々しく感じましたw

 『俺、顔が怖いかもしれないけど、ちゃんと生きて帰れますから、大丈夫ですよwww あっ・・・、若いのに虎屋ですか・・・、しぶいね〜w もしかして、あのおっさん、虎屋を持って行けとか余計な事言ったの???』

陶芸さん 『いえいえ・・・。 そういうわけではないのですが、ブログを拝見して、高級なものを召し上がっているようでしたので、虎屋の羊羹がいいのかと思いまして・・・。』

 『あはははw 虎屋のイメージなんだw まあ、確かに、虎屋は高級だよね。 で・・・、デザイナーさんだったよね〜? この虎屋の包装紙は、黒と金で、タイガ〜〜〜って感じだけど、デザイナー的には、どうなの???』

デザイナーさん 『デザイナー的ですか・・・・。 分野が違いますので、返答に困りますが、ないと思います。』

 『あはははw  だよね〜・・・。 でも、俺的には、千代田マークのところに拡大してパネルにしてみたいという気持ちがないこともないんだけど・・・・。』

2016-04-26-14-38-42


デザイナーさん 『・・・・・。 虎屋の包装紙を壁紙ですか・・・、いやらしさや威圧感がない大人のコーディネートですが・・・・(以下省略)』

 『真面目に答えてくれてありがとうw 虎屋の壁紙を、全否定することなく、大人のコーディネートと言えるところが、素晴らしいと思うわw その言葉の選び方で、頭の良さとセンスの良さがわかったよ。 で・・・、オフィスを借りたいってことみたいだけど、どこがいいの??? 予算と広さは、どれぐらいのなの???』

陶芸さんと、デザイナーさんは、顔を見合わせてから恥ずかしそうに話した。

陶芸さん 『難しい注文だと思うのですが・・・、予算と広さは分からないのですが、名古屋駅か、伏見か、栄・・・丸の内・・・泉一丁目あたりでもいいのですが、オフィスを探しています。』

デザイナーさん 『オフィスを借りて、何人かでシェアして使います。 私と彼女の他に、椅子を作っている友達と、ITの後輩と、イベントの企画をやっている先輩もいます。 他にも、友達がいて・・・、会社をやっている奴もいまして・・・、でも、一人では借りられないのでみんなで借りようということになって・・・、オフィスは、なるべく安いほうがありがたいです。』

 『う〜ん・・・。 いくらくらいなら出せるの?』

デザイナーさん 『一人、2万円〜3万円ぐらいなら出せますが・・・・。 会社やってる奴は、5〜6万なら出せるって言ってました。』

 『なるほど・・・。 まあ、足せば15万円ぐらいんはなるな〜・・・。 不可能じゃないが・・・、保証金が90万円として、手数料が15万円として、初期の設備費が一人10万円ぐらいとして・・・、最初、一人頭20万円〜30万円ぐらいかかるけど、それは出せるの???』

デザイナーさん 『出せる人もいますけど、出せない人もいます。 その分は、会社をやっている奴が立て替えることになっています。』

 『あはははw 不可能ではないがやめておいたほうがいいんじゃないかw 先々、金や使い方の問題でゴタゴタする。 まあ、探してあげてもいいが、審査が通らんだそうし、オーナーが了解するかが問題だな・・・。 知り合いのビルとかで、俺が保証人にでもなればいいが・・・基本は難しい。』

陶芸さん 『どこの不動産屋さんも、同じことを言われました。 でも、近藤社長さんなら何とかしてくれるかもしれないから相談してみろと言われたので、今日、ここに来たのですが、やはり難しいですか? 近藤社長さんに、保証人になっていただくには、どうしたらいいですか???』

 『保証人って簡単に言うけど、見ず知らずの今日あったばかりの人の保証人になる馬鹿はいないぞw 俺が、保証人になって何かメリットがあるのか? まあ、俺を保証人にしたいなら、菓子折りじゃなくて・・・例えば、自分たちの親の家に担保をつけさせてもらうとか・・・。まあ、冗談だけど・・・親を保証人にしてくるなら、オーナーに頼んであげるよ。』

陶芸さん 『できれば親の力は借りたくないので・・・自分たちで何とかしたいんです。 みんな自分の夢があって、それぞれが、アーティスト、クリエーター、訪販会社の社長をしていたり、全員駆け出しの異業種ですが、いっしょにオフィスを借りて、そこに仲間がどんどん集まってきたら、何か大きなことができると思うのです。 世の中、所詮人脈じゃないですか・・・。』

 『なるほど・・・。 小魚が集まって、大きな群れをつくって、大きな魚から襲われないようにするって話があったな〜・・・。 スイミーだっけ???  所詮人脈作りといっても、雑魚の集まりでは、大きなことはできん気がするな〜・・・。』

ここから、省略しますが、彼たちと仕事の話が長時間続き・・・彼たちは、自分たちのやっていることや、目標、夢を語ってくれました。

私は、その夢や希望について、ボロクソに甘いと言いながらも、アドバイスをさせてただきました。

彼たちが熱くなるので私も熱く語ってしまいました。


私から見ると、相当甘く青臭い内容でしたが・・・、唯一、全員が真剣に仕事に取り組んでいることは伝わりました。


 『う〜ん・・・・。 まあ、だいたの話は、分かったw  まあ、青臭い話だが・・・、その、若き経営者が集まるオフィスを俺が作るというのはどうだ???

デザイナーさん 『社長さんがですか??? オフィスを借りて、自分たちに使わせてくれるということですか???』

 『まあ、そんなところだ・・・。 要するに、レンタルオフィスや、コワーキングみたいな感じでいいってことだろ? それの、きみたちが使い易いものにすればいいわけだ。 例えば、個室が欲しいやつは、小さな個室、デスクが欲しいやつはデスク・・・、それでいて、打ち合わせができる応接や、ミーティングルーム・・・、あとは、みんなで楽しく話ができるカフェみたいなものがあればいいんだろ?』

デザイナーさん 『レンタルオフィスとかは、自分たちも知っていますけど、ちょっと違うんですよね〜・・・。 シェアオフィスみたいなのがいいんです。』

 『じゃあ、シェアオフィス風なレンタルオフィスもいたいなものを自分たちでつくったらどうだ? 俺も参加するwww 面白そうじゃないかw  あと10年もしたら、きみたちの年代が一線になるわけで・・・、時差代を担う若い人の集まるフィールドを作ってみようよ。 俺と、きみたちで企画をしよう。 マイオフィス・・・ちょっと違うな・・・、オフィスフィールドを、俺が作ってあげるよ。』

陶芸家さん 『本当にですか??? 』

 『大きなオフィスを借りて、小部屋を作り貸す・・・デスクも貸す・・・フリーでの利用も可能・・・、会社の登記も、電話対応も事務員が代行する・・・郵便物の受け取りもする。 最高の環境の中で、若い頑張り屋の連中が、出会える場所を俺が作る。 そこに人が集まる。 そして、俺たちのような経営者も、遊びに来る・・・。 運が良ければ、知り合い、良い話を聞いたり、出資してもらえるかもしれないし・・・、そんな出会の場を作ろう。 俺が、一声かけたら、相当数の企業や、経営者が協力してくれるから・・・そういう出会の場を作るよ。 面白そうだろ???』

その後も、彼たちと話はエスカレートしてきて、レンタルオフィスの形がなんとなく見えてきました。

陶芸家さんとデザイナーさんと私で大盛り上がり・・・w

 『場所は、ここでどうだ? 丸の内の駅前、一回にコンビニもあるし・・・ここの2フロアーを全部借りれば、かなりの人数が入れる。 俺的には、若い子たちの斬新な意見も聞けるし、俺からアドバイスできることも多々有る。 いろんな有名社長や企業の奴らも出入りさせる。 よし、ここで企画の叩き台を作るから、あとは、君達で計画をしてみなよ。 俺、儲からなくてもいいから、赤字にならなきゃいいよ。 今度、俺の知り合いたちと会ってみたらどうだ? みんな、年商数十億〜数百億の経営者たちと出会い話せる場所・・・、時世代を担う人たちとの交流の場所であり、自分たちのオフィスでもある。 出資してあげるから、自分たちで企画してみなよ。』

彼ら二人は、最初は驚きながらも…大喜びで、その後も更にテンション高く、あれこれ語り・・・帰っていきました。

私が経営者になったのは20代後半…、陶芸家さんも、デザイナーさんも20代…、若い彼らには無限の可能性が広がっています。

少子高齢化が進む中、若い人たちが活性化しないと、日本は良くならない!

こいつら、訳分かってないけど…なんか羨ましいな〜! 俺も、こんな感じだったのかもしれんな〜(笑)

そんなわけで、若い経営者が集まれるスペースを作り、できる限り、俺や俺のブレーンの人脈をつなげて経営のアドバイスもして応援しよう!

そんなわけで…。

私は、レンタルオフィスをやることに決めました!

正直、私の考え方はもう古いはずなんです・・、若い奴らのいろんな意見を聞いて・・・相談に乗ったり、アドバイスをしながら、彼ら若い世代の考え方を聞いてみたい!

若い頑張り屋の自営業者〜企業の社長までが集まる、そんなフィールドを作ってみたい。

そこから、何か大きなものが産まれる気がしました。

そんなわけで・・・次世代を担う若い人たちを応援する、レンタルオフィスを企画することにしました。

なんか、ワクワクしてきました・・・、ということで、本日は、次世代を担う若者のビジネスについて書かせていただきました。

皆がが、仲間と出会い楽しく仕事をする・・・そんなレンタルオフィスを作ります。(決定w)

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします





ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください