2016年03月

2016年03月18日

2051) 気の合う経営者たちとの食事会

韓国、カンボジアの9日間の旅から帰り・・・・翌日、溜まりに貯まりまくった仕事を片付けて・・・・。

夜は、前から約束をしていた・・・通信系のS社長の誕生日祝いということで、気の合う経営者たちが集まりました。


会場は、カーサデラマンテ・・・で、特別メニューの近藤スペシャル・・・・(笑)

乾杯は、最近私が、ハマっている、ジュリオ2001で乾杯をしました。

S社長、誕生日おめでとうございますw 

そこからは、あれこれ仕事の話をしながら、酒が旨い、食事が旨いと盛り上がり会食をしたわけですが・・・、こういう時、私は、自分から不動産の話をしないようにしています。

でも、気を使っていただいてなのか、興味があるからなのか分かりませんが、不動産関係の話になり、私が、アドバイスや意見をさせてただいたりする展開になることが多いのですが。

BlogPaint


今回は、不動産は不動産なんですが、ひょんな事から、ちょっと違った方向での話になりまして・・・・。

地中埋設物の処理の話になったわけですが・・・・。


私が、宅地分譲事業や、太陽光発電事業をやっている事から、土地を購入した場合の、地中埋設物の話になったわけです。

N社長 『近藤社長は、常日頃、多くの土地を売買されているわけですよね〜・・・。 土地を買う際の注意点って、何ですか?』

 『う〜ん・・・。 私の場合は、商品化されている土地や、一般の仲介物件を買うわけではないので、けっこう権利関係の複雑な土地や、法令上の制限上、開発が難しいような物を買って、商品化するので・・・、基本、注意点のある土地が多いわけですが・・・・、一般の方が、買う場合は、やはり、購入目的が達成できるかと、地中埋設物の問題でしょうね〜。』

N社長 『購入目的の達成とは、要するに、家を建てたい人は家が建つ土地かどうか、工場を建てたい人は、工場が建つかどうかって事ですよね。 地中埋設物とは、買った土地に何が埋まっているかって事だと思うのですが・・・、そんなに埋まっているものなんですか???』

 『うん。 埋まってることもあるwww 今まで排油の入ったドラム缶、ビニール、車、家電、ゴミ、コンクリートガラやアスファルト、瓦、木材、訳の分からない物・・・w いろいろあったな〜・・・・・。 出てきた場合は、基本的には、撤去してから売るからね〜・・・、撤去処分費が、めちゃくちゃかかって、事業の予備費を大きく上回った事も多々あるよ。』

S社長 『恐ろしいっすね〜・・・・。 変な物が埋まっていたら損害賠償請求とかできないんですか?』

 『買う場合に、埋設物特約を付けることもあるけど・・・、例えば、引き渡しから三ヶ月以内にお宝発見(ゴミ等が出てきた。)の場合は、売主の費用で撤去してもらうと約定を交わすんだけど・・・・、そういう事ができない物件の方が多いから、まあ、掘ってみないと分からないって感じが多いかな〜w もちろん、その物件の過去を調べるというか、地歴調査をした上で買うけどね。』

N社長 『なるほど・・・・。 それでも、お宝(産廃)が、ちょくちょく出るんですよね? そういう場合、どうやって処理をしているんですか? 莫大な費用がかかったりするのでは???』

 『どうするんですかって?・・・きちんと処分するよ。 大体は、造成工事をする土木屋さんが、産廃業者に頼んで処分するんだけど・・・。 まあ、でも、基本は、地歴調査で、だいたいの予想はつくので、けっこう予備費を見ているし、これはヤバそうって場合は買わないですね〜。  それでも、過去には、いろいろ出てきた事がありましたね〜。  まあ、ほとんどの場合は、コンクリートガラが埋まっている事が多いですけどね。』

S社長 『コンクリートガラですか・・・・。』

 『うん。 昭和の時代に埋め立てをした場所は、埋まっている事が多いかな〜・・・。 でも、コンクリートガラの撤去は、そんなに莫大な費用はかからないので、撤去費用も、そこまで大きくはならないです。 スケルトンのバケットで土地全体を掘って、コンクリートガラを処分場に持っていくみたいだよ。 とにかく、ゴミ、ガラ等は、きちんと処分します。 特に、宅地分譲は、絶対ですね・・・念入りにやります。』

S社長 『先ほど、話の中で、基本的に地中埋設物は撤去とおっしゃっていましたが、今の話だと、絶対的に撤去してるとの事ですが、基本的以外で、地中埋設物の撤去をしない事もあるのですか?』

 『弊社が売主となり、お客様に販売をする物件については、絶対的に掘削調査をして、埋設物がでてきた場合は撤去します。  しかし、弊社の自社使用の資材置き場、太陽光発電所については、地歴調査のみで、掘削まではしません。』

S社長 『なるほど・・・ 自社使用であれば、お客様に迷惑をかけないですからね。』

 『まあ、弊社が売主の土地は、絶対的にお客様には安心安全な物を提供しなくてはいけませんからね。 確認作業をするわけです。 でも、自社が使う土地は、地歴調査をして問題がなければ、掘って確認する必要がないじゃないですか。  購入して掘り返さずに、そのまま使う・・・・。 いらなくなったら、基本は現況で貸す・・・万が一売ることになったら、その時に確認して、お宝がでてきたら撤去、でてこなければ、そのまま売るという事です。』

N社長 『自社使用する土地だから、地歴調査だけ、しっかりして・・・、つまり、無駄な経費を遣い掘り返して調査をする必要もないという事ですね。  確かに、資材置き場、太陽光であれば、土地の表面を使うだけで、地中を掘り返す必要がないですから・・・・流石、近藤社長w 特に、太陽光の土地なんかは、坪1万円ぐらいで買わないといけないわけですから、掘って万が一変な物でも出てきたら撤去にお金がかかり、土地代よりも高くなる可能性もありますよね?』

 『そうなんですよ。 掘って見つけたら、絶対的に撤去処分しなくてはいけなくなるわけです。 地歴調査で大丈夫であれば、わざわざ掘って粗を探す必要はないです。 お客様に売るものは、粗を探しまくって、安心安全な物を売る。 自社使用は、現況のまま使うのです。 それにね・・・、地歴調査は念のためにやりますけど・・・、大体、土地を見た瞬間に、変な物が埋まっているのかいないのか、だいたい臭いで分かるんですよw』

N社長 『ど・・・どんな臭いがするんですか?』

 『う〜ん。 産廃が埋まってる臭いw ガラが埋まっている臭いw そういう臭いかな?  例えば、N社長、S社長に会った瞬間、デキる男の臭いがしました・・・・そんな感じです。 は〜いw できる男にカンパ〜イwww  多分、自分の仕事であれば、皆さん、臭いを感じ嗅ぎ分けるんじゃないでしょうかw』

BlogPaint


N社長 『それは、そうですね。 今日は、楽しくやりましょうw 』

 『まあ、S社長の誕生日のお祝いですし・・・・w カンボジアから帰ってきた直後は、酒も飯も最高に旨いっすね〜・・・・w 』

そして、この後は、カンボジアの話を沢山させていただき・・・、太陽光発電の話をお聞きして・・・・、他にも、いろんな商売や価値観の話を聞かせていただき、とても楽しい晩餐でした。

男同士、しかも、経営者だけの食事会は、本当に楽しいです。


さて、話は変わりますが・・・・。

今回、N社長から、太陽光の話をしていただいたので、少し書かせていただきたいと思います。
 



これまで、生産性向上設備投資促進税制活用で全額損金で落とせたものも、4月からは、半分損金で、あとは17年償却ということになってしまうようです・・・・。

しかも、平成28年度の価格表(調達価格1kWh当たり)】10kw以上のものは、24円+税


太陽光発電は、買取単価が毎年下がってきているので、土地は、相当安く買わないと収益性が悪いわけです。

収益性があり、節税効果が高いのが太陽光発電の魅力という事なのですが・・・。 


最近は・・・・、機材も値下がりしてきてはいますが・・・毎年下がる買取単価の下げ率には付いていけない状況で、年々下がる、電力買取価格に対して、機材と土地を如何に安く買うかで、勝敗が決まると言うか旨いか不味いかが決まってくるという状況なのです。


太陽光発電用の土地について・・・。 

以前、このブログで、太陽光発電の土地について書かせていただきましたが・・・・。

私が、太陽光発電用地を購入するにあたり、自社張りの物件も、お客様に売却する物件も、20年後、太陽光発電の買取が終わってからも何らか使える土地を販売してきました。

とんでもない山の中や田舎の、坪5000円〜10000円よりも、道路付が良く、将来、資材置き場や、駐車場等として、売却、又は、貸すことができる坪10000円〜30000円の土地を太陽光発電用地として選んできました。

弊社の自社張りの太陽光発電所は、全て名古屋の近郊都市にあり調整区域内の雑種地で、市街化区域に隣接していたり、道路付きの良い物件です。

しかし、最近は、買取価格が下がり、将来再販できる可能性が高い比較的に良い場所で太陽光発電所を造るには、利回り的に、もう限界のところまできています。 

今年の決算前に弥富インター近くで計画しているものが最後になりそうです。

4月からの10kw以上の太陽光の電力買取価格を24円+税で計算すると・・・・一般の方々よりも多少機材を安く仕入れているとしても、やはり土地は造成済み10000円以下の土地じゃないと利回りが合わないのです。

とうとう、自社張りも・・・・超田舎の山や田んぼにシフトしていかなくてはいけないのか・・・・。

そんな状況になってきたわけですが・・・・。

現在・・・、弊社のお客様リストの中に、太陽光発電用の土地を探してほしいという内容の方が、めちゃくちゃ大勢います。

土地付きの太陽光発電の商品は、まだ、少々在庫がありますが・・・、土地だけ探してほしいというお客様だけが、残ってしまっている状況です。

条件に合う物件がなかなか見つからなくて申し訳ございません。

というのは・・・、ほとんどの方の予算が、坪1万円以下なのです。

しかも、造成上がりで・・・・坪1万円・・・・。

この価格で、それなりの場所を探してくださいと言われても、正直、なかなか厳しいです。

出ても、とんでもない土地が多く、土地は坪5000円ですが、樹木伐採と造成工事をすると坪15000円を超えてしまうとか・・・・、物件はあるのに、境界が分からないとか・・・・、有効面積が少ないとか、公簿と実際の面積が違うとか・・・、山なんかだと、土地代より、測量費や、造成費の方が高くなりますからね(笑)

ちょんとした土地を、1万円以下というのは、なかなか難しいです。

それでも、探してますけど・・・・

でも、最近は、稀にですが、安い土地が出て、お客様に情報を出しても、こちらでは、太陽光発電についての詳細まで調べきれないので、ご自身か、ご自身の太陽光の業者さんのほうで調べてくださいとお願いをするようにしています。

電力会社、又、その支店によって、あれこれ見解が違うし、会わるので、そこはお客様、もしくはお客様が依頼をしている太陽光の業者さんのほうで調べていただかないと、こちらサイドでは、なかなか手が回らないですし、対応しきれない状況です。

基本的には、読者の方や、お客様には、私が信頼している太陽光発電の業者さんを、ご紹介をして、土地付きのセットを買う方が多いですし、私としても、その方がありがたいです。

太陽光発電の業者さんも、いろんな方がいますので・・・、土地は買ったけど、太陽光発電ができなかったとか、思いのほか初期費用がかかってしまったとか、手続きが間に合わなかったとか、そういう話が、聞こえてきたりします。

土地だけということになると、いろいろトラブルが起きたりしますので、大切な読者さんや、お客様ですから、信頼できる太陽光業者さんに繋いで、土地と太陽光をセットにして、節税も含めて細部までアドバイスしてくれるので、私も安心できます。

しかし、まあ・・・、28年度は、買取価格を現状維持するんじゃないかとか、買取価格をあげるのではないかとか、いろんな噂が聞こえてきましたが・・・、結局、また今年も買取価格が下がるわけで・・・・、予想通りではありますが・・・、太陽光発電も、更に厳しくなりますね〜。

せめて、税制だけでも、あま〜くしておいてくださるといいのですが・・・・。

この先、土地を取得しての太陽光発電は難しくなりそうです。

そんなわけで・・・・本日は、気の合う経営者たちとの食事会と、太陽光発電の話でした。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




2016年03月15日

2050) 近藤社長と行くカンボジア6日間(シアヌークビル編)

今回は、後編ということで・・・シアヌークビルでの出来事を書かせていただきます。

カンボジアの首都プノンペンから陸路で、夕方にシアヌークビルに到着することができました。

急いでチェックインして・・・・みんなでホテルのビーチに集合しました。


2016-03-08-20-14-31


 『おっしゃ・・・w 夕日に間に合ったぞw ヤッター、ヤッター、ヤッタ〜マ〜ンw』

日中の太陽は、動いているように見えませんが・・・朝日と夕日は、目で追えるぐらい早いんです。

雲の影響なのか・・・、残念ながら、一面オレンジ色の世界にはなりませんでしたが・・・・、それなりに綺麗な夕日でした。

2016-03-08-20-06-40


本当は、皆に、オレンジ色と影だけの世界を体験してもらいたかったのですが・・・次回ということで・・・・。

そんなわけで・・・・この日は、ライオン像近くのイタリアンに行きました。

因みに、余計な事ですが、シアヌークビルのライオン像は、私の中では、世界最高水準のガッカリ度だと思うのですが・・・・、写真を撮る気もしませんでしたので、写真はないです。

シンガポールのマーライオンもガッカリ度は高いですが、口から水が出てるだけマシかもしれません。

2016-03-09-16-10-46


皆で、アンコールビールで乾杯、ピザやパスタを食べながら盛り上がりまして・・・、その後は、カラオケに行って、解散・・・・。

私は、K社長、読者のSくんと、カジノに行きました。


こちらのカジノは、ある意味面白いというか、酷いですよ〜w

バカラをやったのですが・・・。

バカラといえば、富裕層、VIP客の専用ルームでプレイされるほど由緒正しき高貴なカジノゲームなんですが、ディーラーが、酷いの酷くないのって、プレイヤー客、バンカー客の勝負なのに、たまに間違えてトランプをめくってしまうし・・・・、俺が賭けてたのに、他の客にチップを出そうとするし・・・、トランプを混ぜる機械は壊れていて、詰まりまくるし・・・・世界中を探しても、こんなカジノはなかなかないと思いますw

そして、プレイする時に気になるのが賭け金のミニマムベット(最低額)とマックスベット(最高額)ですが・・・。

一番レートの高い台で、ミニマム20ドル マックス1000ドル

1000ドルかけたら、ディーラーがビビっているのがわかるし・・・・、ディーラーが、次はバンカーだから、もっと賭けろとか・・・、そんなに賭けても負けるぞとか、話しかけてくるのです。

おまけに大きく勝つと、もっとチップくれ〜みたいな事を言ったり・・・・ある意味、すごいカジノです。

そんな面白いカジノなんですが・・・初日は、最終の勝負で、ディーラーに、マックスベットで負けたら、お前、職を失うんじゃないか?なんて事を呟きながら・・・、マックスベットでバンカーに張り、WIN・・・ちょい勝ちw

そんなわけで・・・・1シューターだけ遊んでホテルに帰って寝ましたw

そして、旅行4日目の朝 

ホテルで食事を済ませた後、海の家SEA CHILDに行きました。

2016-03-09-12-52-47


とりあえず、ビーチに出て、みんなで記念撮影・・・・w

スタッフたちとは、1年ぶりの再会で、特に経理担当のジーコが、ビッグボス・・・ウルウル〜って感じで、めちゃ喜んでくれました。

2016-03-09-14-29-29


よしよし・・・w 多分、小ボスの梅ちゃんは厳しいし、他のスタッフのビーチボーイくんたちは、けっこうヤンチャなんで、苦労しているんだと思います。

まあ、それはそれとして・・・1年ぶりのカンボジアの海は最高w

2016-03-09-14-16-57


ここは、楽園・・・、皆、各々に好きな事をしていました。 

そんな中、ウミガメを発見・・・・。

 『おいっ、しまじろ〜・・・ウミガメがいるぞ〜・・・。 竜宮城に連れて行ってもらうぞw おい、亀、竜宮城に連れて行け・・・・w』

2016-03-09-14-28-51


Y社長 『も〜う・・・、勘弁してくださいよ〜・・・・。 パンツ脱がさないでください。』

そして、こんな事も・・・・。

ビーチで寝ていると、マッサージの、おばちゃんが来てくれるんです。

2016-03-09-14-25-57


オイルマッサージは、2時間10ドルぐらいだったかな〜・・・・因みに、手足の、爪まで切ってくれます。

沖のほうでは、フライボードとジェットスキー・・・。

2016-03-09-14-16-07


私も、久々に、ジェットに乗り、フライボードを楽しむことができました。

日本では、3〜4ヶ月しないとできませんからね〜・・・足腰が、ガクガクになるまで思いっきり遊ばせていただきましたw


まあ、何と言いますか・・・、白砂のビーチと水色の海で遊び、遊び疲れたら木陰で心地よい風を感じながら昼寝・・・、時が、ゆっくりと流れていきます。

日本では、朝から深夜まで、いつも仕事の事を考えていて、毎日、何かに追われるような恐怖感を持ちながら生きています。

私は、何に追われているのだろう?  何故、必死に働き続けるのだろう?

得体の知れない何かに追われ、必死で働かなくても、生きていけるのに・・・・、常に、今の自分の限界を越えようとするのは何故なんだろう?

この楽園にいると、いつもそんな事を考えてしまいます。

シアヌークビルという街は、長期休暇でロングバケーションしてい人たちがが大勢います。

ここに来て、そのまま仕事や国を捨て、永住しちゃった人もいます。

日本人は、ほとんどいませんが、のんびりと滞在したり、永住している欧米系の人たちが、けっこう多いのです。

物価も安いし・・・有名どころの観光地と違って、それほど人も多くないし、やっぱり、ここは楽園なんだよな〜って思います。


この日の夜は、小高い丘の上にある、ビクトリーキャッスルのプールサイドで、海の幸をいただきました。

2016-03-09-19-59-10


南国なのに、以外と、海鮮が美味しいんですよw

日本から、醤油とポン酢を持って行ったわけですが、シャコ、エビ、カニ等につけて食べたら、これまた絶品です。

正直、刺身は、大味で美味しくないですが・・・甲殻類がやたら旨い。

特に、このシャコは、めちゃ大きいのですが、南国の海鮮特有の大味感がなく絶品です。

2016-03-09-20-19-22


今回のシャコは、中形の物で、25センチぐらいですが、大きなものは、30センチ以上あり、シャコというよりも伊勢海老を、むさぼり食ってる感じです。

この巨大シャコと、アンコールビールは日本に輸入したいぐらい美味しいです。

ついでに・・・・・。

夕日も、美味しいです。

2016-03-12-12-52-59


見方によっては、口から火の玉を発射しているようにも見えますが・・・・・(笑)

その後は、ロシア人の歌手の方が来てくれて、美しい歌声を聞きながら、皆でシーフードを楽しんだのでした。

2016-03-09-20-03-49


5日目は、朝から夕方まで、ホテルのプール&ビーチで、のんびりしました。

PM5時の夕方便の、シアヌーク空港からシェムリアップ行きの飛行機に乗らなくてはいけないので、PM4時まででしたが・・・・。

ホテルは、前日のSEACHILD(海の家)とは違い設備が調っているので、夏のビーチって感じはしないですが・・・、御品よく、それなりに楽しめました。

2016-03-13-19-31-59


私と梅ちゃん&しまじろ〜は、2時間ほどミーティングをしました。

今の海の家とビーチを大きく広げて行きたいとか、カンボジアで別の商売をしたいという話をしながらも・・・。

この国で、海の家を続けていきたいけど・・・・、梅ちゃんの家庭的にもな〜・・・・・、、しまじろ〜の将来的にも、嫁にも行かないとあかんし・・・・、いろいろ問題がでてくる可能性があるな〜なんて事も話をしまして・・・・。

2016-03-13-19-31-36


人生は、一度きり・・・・。

楽園で夢を追うも良し、日本でバリバリ働くのも良し!

何が、幸せなのかは、本人たちが決める事・・・・。

彼らに、人生のアドバイスをしながら、好きな選択をさせてあげることが・・・俺の役目


いつまで続けるのか、いつ終わるのかも分かりませんが、まあ、彼らがやめたくなったら、海の家の権利は売ればいいし・・・、続けるなら、ちょくちょく来るし・・・・。

何にしても、利益が出ればボランティアに使うわけだし・・・。

でも、どういう形であろうとボランティア、寄付は、続けていきたいと思います。

2016-03-13-19-28-45


それは、同じ人間に生まれて、同じ年の子供なのに、日本とカンボジアの教育の環境が違いすぎるからです。

教育が、この国を変える・・・・、そこの部分は、この先、海の家を続けようが、やめようが、協力して行きたいと思います。

今、勉強している子たちが、大人になって、そこからまた教育が充実し、国が変わる頃には、たぶん俺は、この世にいないかもしれませんけどね・・・・(笑)


すみません。

ちょっと話が、違う方向に行ってしまいましたので・・・・旅行記に戻しまして・・・。


この日の夕方から、帰路につきまして・・・・・翌朝、韓国、仁川空港を経由して、日本に帰ってきました。

第2回近藤社長と行くカンボジア旅行ですが・・・、皆、それぞれいろんな事を感じ、また、めちゃくちゃ楽しかったようで、第3回もお願いしますと、言ってくれました。

最後に、今回の旅行で、私が一番気に入った写真を載せます。


2016-03-07-22-04-09


一見、ふざけているように見えますが・・・、ベンメリア遺跡と、今回の旅行の安全祈願と、今回の参加者全員が、自分たちが、どれだけ恵まれた環境で育ったのかを知り、日本という国の素晴らしさ、命の重さみたいなものを感じ、今に感謝し・・・、全員で、命・・・・。

そんなわけで・・・今回の旅行の参加者の皆さんに心より感謝の気持ちを込めて、近藤社長と行くカンボジア6日間(シェムリアップ編、シアヌークビル編)の二部構成で書かせていただきました。

本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






2016年03月13日

2049) 近藤社長と行くカンボジア6日間(シェムリアップ編)

近藤社長と行くカンボジア6日間ですが、寒いソウルから、気温35度の灼熱のカンボジアに飛んだわけですが…。

まずは、無事にカンボジアに到着しましたが、着いて早々にトゥクトゥクの運転手達と激しい言い合いの喧嘩になりましたが、何とか話がつきました。

彼らは、3キロぐらいの距離を1区間4ドルと説明した!4ドルと4ドルと、両手で説明した!カラオケの待ちが長くて深夜になったから2ドル深夜料金だ!10ドル×3台と言い張り、こちらは、4ドルと言ったじゃね〜か、4ドル×3台だから12ドルだろうと主張して、結局相場を考えると、散々待たせたし4ドルでは安すぎるので…片道4ドルと主張したのを聞き違いをしたのかもしれないという事で、往復の料金のみで、深夜料金は無し、24ドルで話がつきました。

みんな、喧嘩っ早いので、乱闘騒ぎにならなくて良かったです。

さて、明けて翌日、朝から、アンコールワットに行く予定が…。 

メンバーの半数の方々が、二日酔いのせいか、アンコールワットに行かないと言い出しまして…。

私も…『俺は何度も見てるのし、暑いから、みんな行ってきて〜、俺、昼からの、遺跡は行くから』と言ったところ、皆さんからブーイング…それはそうですよね、近藤社長と行くカンボジア6日間ですからね(笑)

という事で、メンバーの約半数の6人でアンコールワットに行きました。

2016-03-07-11-52-29


本殿に入る前の左の池の前で、おきまりの記念写真を取りました。

そして、みんなで本殿前に戻り…。

『それでは、私はここで失礼しますので、皆さんは中を見てきてください。 Kちゃん、ご案内を宜しくお願い致します。』

アンコールワットに10回以上来ているKちゃんは、快く引き受けてくださり、私は、トゥクトゥクを捕まえて、ホテルに退散しました。

ヘーイ、トュクトュクボーイ、カムバックホテ〜ル

2016-03-07-12-06-09


アンコールワットを見ようと足場の悪いところを数キロは歩かなくてはいけませんから…午後からの体力も残しておかないといけませんし…46歳なので・・・・すみません。

そんなわけで・・・午後からは、全員集合して、ベンメリア遺跡にトライ! 

因みに、周りはジャングルで・・・こんな道を走って行きます。

2016-03-07-16-05-13


まずは、ベンメリア到着後、皆無事に遺跡見学ができるように・・・、また、パワーを頂けるように、願いを込めて・・・・『命』ポーズで、記念撮影をしました。

2016-03-07-22-04-09


ベンメリア遺跡は、アンコール・ワットの東に約40キロほど行ったところにあるのですが、ラピュタの舞台?という説があり、ジャングルの中にある、ほとんど修復の手がつけられていない遺跡であり、ナーガと呼ばれる蛇神の像がいくつもあり、遺跡の壊滅的な状態の中でも、細かい装飾が残っていいて蛇神のパワーを感じずにはいられない・・・・実際に行くと感じると思いますが、すごいパワーを感じます。

崩壊しきってない部分は、木が遺跡を支えてるんじゃないかな〜という感じで・・・・。

 『おいっ、しまじろ〜・・・これは、木が遺跡を崩壊させたのか? 木が遺跡の崩壊をささえてるのか、どっちなんだろうな〜? 木が支えてるんだよな? まあいいか、とりあえず、写真撮るぞ・・・。』

2016-03-07-17-20-59


しまじろ〜 『近藤社長みたいに顔を半分だけ入れるのは難しいですね〜w』

そんな、こんなで・・・・。

Kちゃん 『ここが、噂のラピュタっぽいところだよ。 ここを登ると、ラピュタの風景が見えるよ。』

 『これ、ヤバくない? でも、登ろう・・・。  お〜い、みんな〜・・・、蛇や蠍には気を付けて登るんだぞ〜・・・・。』

2016-03-07-17-06-15


因みに・・・、このベンメリアは、アンコールワットや、アンコールトムと違い、通路から外れて自由に遺跡見学をすることができるのです。

しかし、ジャングルの中で、自然に崩れた遺跡が、放置され崩れた状態のため、その上を歩けばいつ崩れ挟まれ下敷きになるか分からないし、周りはジャングル状態なので、毒蛇や蠍がいる可能性もあるわけで、手付かずな分だけ、危険も伴うわけだ・・・・、実際に、通路から外れて岩を登っていると、グラグラした安定感の悪い石があったり、赤い蟻の大群に出くわしたので、昇るルートを変えました。

Y社長 『うわぁ〜・・・。 社長・・・、ここヤバい色の蟻の大群がいます。 真っ赤なデカい蟻の大群です。 蟻の大群がいる岩に手をつかないと登れません。』

 『そっか・・・。 蛇や蠍じゃなくて良かったな〜w とりあえず、そのまま行け! 蟻だから、大丈夫だよ・・・、俺たちはルート変えるから・・・・。  おいっ・・・足元にコブラがいるぞw』

Y社長 『うっ・・・・。 いや、マジでヤバいですよ。 勘弁してください・・・。』

 『あっ・・・・。 Y社長は人生、半分以上過ぎてるからいいけど・・・・。 Aちゃんは、足元に気を付けて登るんだよ・・・。 怪我をしたら、ご両親に顔向けできないからね。』

2016-03-07-21-59-02


Aちゃん 『はい! 気を付けて登りますから、気になさらずにお気をつけてください。』

 『よしよし・・・ええ〜子やな〜・・・・。   Y社長は、今のルートを変えるなよ!』

そんなわけで・・・・赤い蟻の大群を避けて頂上まで登りました。

見えた風景は・・・・・・。

2016-03-07-17-25-28


ん〜・・・・、まあ、それなりにラピュタのワンシーンにいるような気がしました。

そんなわけで、しばらく風景を楽しんだ後・・・・。

 『よしっ、みんな下りるぞぉ〜・・・。 蟻に気を付けながら、石が崩れないか確認しながら下りるように・・・。 』

下りる途中に・・・・。

Y社長 『近藤社長・・・動かいないでください。 そこ、そこから動かないでください。』

 『えっ・・・。どうした・・・・、何かいるのか???』

Y社長 『ラピュタじゃなくて・・・。 インディージョーンズですよ・・・・。 写真撮るので、そこにいてください。』

2016-03-08-02-22-41


 『マジ??? ここで1分待ってるから、ムチ持ってきて・・・・。』

Y社長 『はいはい・・・。 写真撮りますよ〜・・・。はい、チーズw ムチなくても、カッコ良く撮れましたよ。』

 『あかん・・・。 Yちゃんのカッコイイは信用できん。 とりあえず、今すぐ、LINEで画像を送ってよ。 確認するから・・・・。』

Y社長 『じ・・・自分も、この体制キツいんですけど・・・・仕方ないな〜・・・・・。  しゃちょ〜・・・・・ジャングルの中だからなのか、画像が送れません。 この遺跡には、ワイファイも、ありませ〜ん。』

 『そっか・・・・。 インディージョーンズに見えなかったら、ビールおごれよ・・・w』

Y社長 『見えます、見えます、絶対にインディーに見えるので、下山させてくださいwww』

という写真なんですが・・・読者の皆さん、インディーに見えますか???

2016-03-12-12-53-13


個人的意見としては、写真を撮る瞬間、お腹を引込め忘れたので、インディーに見えない気がするんですが・・・。


そんなわけで・・・、全員、事故も怪我もなく、蛇、サソリ、蟻の被害もなく、無事にベンメリアの遺跡を見てきたのでした。

みんな疲れたのか、その日の夜は、カンボジア牛のステーキを食べたのですが、300gで、9ドルのわりには、けっこう美味しかったです。

カンボジア二日目の、この日は、何事もなく、無事に就寝・・・・。

そして、翌日・・・・。

またまたハプニングが・・・・旅行直前にシェムリアップからシアヌークの飛行機が欠航になったので・・・、急遽、シェムリアップから首都プノンペンに飛び、そこから陸路で4時間かけてシアヌークビルに行くように変更したのだが・・・・。

シェムリアップの空港に行ったところ、プンンペン行きの飛行機が来ていないのです。

空港に飛行機が来ない・・・、飛行場の職員に「へい、ゆ〜 ほわぁ〜い 飛行機、エアポートに、ナッシングじゃね〜か、どうなってんじゃ〜」って、聞いたら・・・、上を指差して終わり・・・指の先には・・・。

2016-03-08-11-16-34


この画面・・・・

飛行機で40分で行ける予定が、飛行機30分+陸路4時間になり、それすらも、変更・・・。

飛行機来なかったら、シアヌークビル行けないな〜・・・・。

みんな、こんな状態・・・・。

2016-03-08-11-35-41


いつも元気な、しまじろ〜も諦めモード・・・。

私は、皆んなの落ち込んだ顔が見てられなくて・・・、空港職員に、7〜8回、Are you coming?って、聞きに行って・・・・、その度に、「That's enough.・・・・Cut it out・・・・。」と言ってはみるものの何も解決せず、イライラが増していく・・・。

空港職員は、その度に、なめた態度で、上の画面を指差すだけ・・・。

日本のように、ご迷惑をおかけしておりますの言葉等、一切ない・・・指を差すだけ・・w

そろそろ、数年前から封印している、使ってはいけない英語を使わなくてはいけないかな〜・・・と、頭の中で、ファックを使った怒りの英語を考えていると・・・・ウィーン・・・飛行機が来た・・・w

怒りは一瞬にして消えた。

搭乗www

2016-03-08-12-38-15


 『おっっっしゃぁぁ〜〜〜〜w これで、とりあえずプノンペンまでは行けるし・・・その後、陸路の国道4号船をぶっ飛ばせば、サンセットまでには、シアヌークに着けるぞぉぉぉ〜w』

その後は、順調に事が進み・・・プノンペンから陸路で、夕方5時にシアヌークビルに到着しました。

2016-03-08-18-42-49


飛行機で40分のところを飛行機の遅れもあり約1日かけて到着・・・カンボジアあるある!なんですけど、皆んなは、なんちゅう国だって思ったんだろうな〜・・・・。

シアヌークビル編は、次回に・・・、つづく!ということで・・・・。


旅行中、なかなか更新できなくてすみませんでした m(_ _)m

お詫びを申し上げながらも・・・読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください