2016年03月

2016年03月29日

2053)ことわざ&不動産営業

先日、某経営者の会の知り合いのY社長が、不動産の相談があるというので、会食しながら相談に乗り・・・、その後、名古屋のクラブで飲んでいたのですが・・・・先日とはいっても、2月の話ですが・・・。

子供の頃から英才教育を受けた高学歴の方は、語学に堪能で、文化、芸術、スポーツ等、話題の幅が広く、話していても、楽しいです。

実は、このYさんも、すごい高学歴でございまして・・・、日本でも3本の指に入る大学を卒業されて、院に行って、さらに海外の大学を出られて、社会に出たのが30代・・・何故か、中小企業の後継をされている、酒癖が悪い、おとっつぁんなんです。


しかも、学がある人にしては、普段、行動、笑い方等、良い意味で、すごくアホっぽいので、イジられキャラなんですが・・・実は、やっぱり、この人も、かなりの使い手なんですよね〜。

以前、剛経営者の会の部会で海外旅行に行った際も、チェックインの際に、ベロベロに酔っ払って、ソファーに寝転がりながら、会員同士で、うだうだ言ってたのですが・・・、私が、ホテルのフロントで、中国語と英語に悪戦苦闘しながらチェックインしていると、突然後ろから来て・・・、めちゃくちゃ流暢なネイティブ英語で、ホテルマンに話しかけて・・・、ボーイさんには、流暢な中国語で指示を出してくれたのです。

後から聞いたのですが・・・、この時、香港のホテルで、フロントマンに、小馬鹿にされていたのが分かったのがムカついたみたいで・・・ホテルのフロントで、まずは流暢な英語で、『お前、俺の仲間にそういう言い方はないだろう。 このホテルには日本人に対応できるスタッフはいないのか? もういい・・。 あなたは、英語、北京語、広東語、何が得意なの?  英語ですか。 面白い発音の英語が得意なんだな〜・・・。』と、英語で、10人分の部屋の割り振りをしながら、フロントマンに部屋番号一覧を作らせて、スタッフに、誰の荷物が、どの部屋なのかを北京語?広東語?で説明して、私たちに、全員の部屋番号を書いた紙を渡してくれたのです。

 『おおおおおw 流石、Y社長・・・。 お坊ちゃん、やればできるじゃないっすかぁ〜w 』

Y社長 『あはははw 当たり前じゃないですか〜w 30歳近くまで親の金で海外で遊びまくって迷惑かけたけど・・、初めて、お父ちゃんの金が生きたわ〜・・・w お父ちゃん、ありがとう・・・まだ死んでないけどな〜w』

 『やっぱり・・・こういうところで育ちが出るんですよね〜。 俺、30歳の時には、不動産屋だったし住宅系だけじゃなくて、不良債権や、事件物までさわる不動産屋に育ってましたけど、外国語なんて、中一レベルですからね〜w』

そして、その日の夜・・・、ホテルのBARで、バーテンと英語で話した後、突然ピアノに座り、ビートルズの曲を何曲も弾き、そこにいた各国のお客様から拍手をされていました。

もう、10年以上前の話ですが・・・、Y社長は、メガネかけていて、頭は薄いし、生粋の日本人体型なのに、めちゃくちゃ格好良かったのを記憶しております。

しかし・・・、かっこいい彼の姿を見たのは、これが最後で、それ以後は、いつもの酔っ払いの、おとっつぁんでして・・・、先日、飲んでいるときも途中までは、ただのズル剥けメガネだったのですが・・・。

あっ・・・昨年、琵琶湖に来てくれた時、船の操縦も上手だったな〜・・・意外と、かっこよかったな〜w

2015-05-27-16-37-46


Y社長 『近ちゃん、何のために風速計がついているのか分かる? 横から強風が吹いてるんだから、風で船がどれだけ流されるかを計算して船の舵をとらないと、いつまでたっても着岸できないよw  操縦代わるよ。』

 『わかってますよ。 ジェットボートだから難しいんですよ。 操縦代わるので、やってみてくださよ・・・・。』

残念ながら、いとも簡単に、きれいに着岸・・・・・。

私の船を、私よりも上手く操縦されて悲しかったです・・・・(笑)

そういえば・・・今年も、あと2ヶ月もすれば、また水遊びができるな〜・・・楽しみwww

マリンスポーツ仲間の皆さん、もう少しお待ち下さい 



さて、話は、戻りますが・・・。 

話の中で・・先日、クラブでの会話・・・。

Y社長 『近ちゃんって、会話の中に時折、ことわざが混じっているんだけど、それ意識的に使ってるの? ブログには、あまり出てこないけど、けっこうな頻度で、ことわざや四文字熟語が出てくるよね〜?』

 『そうですかね〜? あまり意識してないですが・・・。 』

Y社長 『さっき不動産の話をしていた時も、説明しながら、蛇足感に溢れた話で納得いかないかもしれませんけど・・と言ってたし・・・、馬には乗ってみろ人には添うてみよですよ・・・、えっと、それから内助の功、石橋を叩いて渡る・・・今日会ってから、かなり使ってるけどな〜。 近ちゃんって、読書とかが趣味とかじゃないよね?』

 『すみません。 基本、自分が書いた本と、友達が書いた本と、ガキの頃、読書感想文書くために無理やり読まされた本しか読んだことないですね〜。 昔、ゴルフ入門とか、そういう系は読んだことがありますが・・・。 あっ、でも、ことわざと言えば・・・、小学校の時に、毎日、ことわざを宿題にする担任の先生がいて、俺、最悪なことに、その先生は、4年生と6年生の2年間も担任になったんですよ。』

Y社長 『それだ・・・。 間違いない。 その先生に感謝しなきゃいかんな〜。 小学生の時に、ことわざといっしょに、国語を習っているだろ? それがいいんだよ! それが・・・!』

 『うむ〜・・・。 それが、毎日、毎日、ことわざの意味を調べさせられて、最悪なのが、やってこないと、平手打ちですよ。 確かあの先生も少林寺やってたからなのか、俺には特に厳しくて・・・まあ、でも、作文書いたことないのに、初めて書かされた作文が、少年の主張で県の優秀取ったな〜・・・。』

Y社長 『それだ・・・。 それだよ・・。 ことわざを、調べる事により、表現力も豊かになるんだよ。 よし、近ちゃん、思いつく、ことわざを言ってみて・・・。 飲みに来てつまんないかもしれないけど、好きな、ことわざ・・・名言とかでもいいよ。』

 『めんどくさいっすね〜・・。 とりあえず、俺が駆け出しの頃、周りの社長たちが大きく見えて、ことわざを適当に並べて作ったものがあるので、言いますね・・・。  少年老い易く学なり難し、先手は万手、得手に帆をあげ、青雲の志にて努力惜しまねば、蟻の思いも店に昇る これは、自分で作って机の前に貼ってましたから覚えてますw』

Y社長 『うんうん・・・。 近ちゃん・・・、流石だ・・・、その頃の思いが伝わるよ・・・。 もらい泣きしちゃいそうだわ・・・。』

 『誰も泣いてないじゃないっすか・・・。 それより、静かになっちゃいましたから、ここはクラブですし・・、女性、男女に関係する、ことわざを交互に言ってみるってのは如何でしょう?』

ここから、大盛り上がりとなったのだが、今回、書ききれないので女の子たちの言葉は省略します。

Y社長 『いいね〜・・・。 お先に・・・、秋の扇・・・。』

 『うわ〜・・・。 最近、彼氏と別れたばかりの子がいたら・・・、なんて恐ろしい表現をするのでしょう・・・秋の扇ときましたか・・・。 うむ〜・・・。 水魚の交わり・・・。』

Y社長 『おっ、おほほほ〜w それは聞き捨てならない言葉ですね〜・・。水魚の交わりの女性がいらっしゃるのですか? じゃあ、可愛さ余って憎さ百倍! 』

 『ファック・・。 俺が言おうと思ってたのに・・・。 秋の扇といい、可愛さ余ってといい、なんか、女性に恨みでもあるんですか? 最近、そんな事があったとか・・・? じゃあ、私が、復縁させましょう・・・元の鞘に収まる・・・。』

Y社長 『くあぁ〜・・・、うほぉ〜・・。 面白い、近ちゃん、頭いいな〜・・・復縁させるって、元サヤが来たかぁ〜・・・。楽じい・・・楽じずぎる・・。 じゃあ、あえて、腹水盆に返らず・・・どやぁぁぁ〜w あのクソ女房、別れたら意地でも復縁せんぞぉ〜w』

 『先輩・・・何熱くなってんすか? 子は鎹・・・。奥さんとは、仲良くしましょうよ。』

Y社長 『ちょっと待ったぁ〜・・。 近ちゃんの負けだぁ〜。 男と女の、ことわざだぞ・・・。ここの会計払えよ。勝った、勝ったぁぁぁ〜・・・w ベロベロベロべ〜www』

 『払うとか、いつからそんな話になったんですか? まあ、いいや、それ以前に、不動産屋的見解で話をさせていただくと、材木と材木を、つなぎとめる建材が、鎹なんです。 子は鎹というのは、子の話ではございません。 子のお陰で、夫婦が繋がっていられるという、つまり男女の、ことわざなんです・・・わかりましたか?先輩??? 』

Y社長 『言われてみたらそうだな。 今日は、不動産の話に続き、2度も説得された気がする・・・。 うむ〜・・・、子は鎹、・・・色気より食い気・・・。』

 『ん・・? まあ、いいですわ・・・実際、夫婦なんて、最終的には、色気より食い気ですから・・・セーフにしておきましょう。 じゃあ、Y社長のご家庭バージョンで・・・女房焼くほど亭主もてもせぬ!でしたっけ? もてもせぬだったかな?』

Y社長 『ぐぐぐぐぐぁぁぁ〜はははhw 楽しいw 言ってくれるなぁ〜・・・。女房と畳は新しい方が良い! 決まったぁぁぁ〜w どやぁ〜・・・w』

こんな調子で・・・・20分以上勝敗はつかず・・・大盛り上がりでしたが・・・流石に、25分を超えてしばらくするとお互いに詰まってきまして、10秒以内に返すというルールを設定・・・その後、すぐに勝負はついた。

最初に詰まったのは、私だったが・・・不動産の話の時に使った、内助の功で・・・ゲームが始まってからは使っていないということで無理やり通した。

Y社長は、考えて8秒経過のところで、女心と秋の空と・・・初心者クラスの、ことわざが残っていたことを喜んだのだが・・、実際に本当に喜んだのは私のほうで・・・、Y社長が、ことわざを放った瞬間に、男心と秋の空!が思い浮かび・・・、考えているふりをして、もう一つのことわざを考えた。

同じく8秒のところで・・・・・男心と秋の空と言ったが、待ったが入り、そんな、ことわざはないと主張したが、女の子が調べてくれてあったので、これも通った。

 『社長、10秒ルールなのに因縁つけて時間を引き延ばすのはダメですよ。 今度、待ったをして、そのことわざがあった場合は、待ったした方が負け、それから、決着を早くするために、5秒ルールを適応しましょう。』

Y社長 『わかった・・・。 負けほうが払うってことだったが、それはやめて、うむ〜・・・・負けたほうが、シャンパンを下ろすことにしよう。 お互いの飲み代は払う。 負けたほうは、自ら負けを認めて、相手にではなく店に対してシャンパンを下ろすというのがキレイだな。 よし、カウントしてくれ・・・・、この店のことを言ってるんだけどな・・・w 惚れて通えば千里も一里・・・どやぁ〜、トドメの一撃・・・5秒だぞ〜・・・w』

 『逆に、トドメじゃ〜って言ったほうが、トドメを刺されるんですよ。 かいろう同穴・・・仲良く奥さんと同じ墓に入ってくださいね〜w はい、5、4、3、2、1、はい、Y社長、墓に入って負けぇぇぇぇ〜www 一応、54321の後、はいって、言うまでの1秒、おまけしたんですけど、負けちゃいましたね〜。』

Y社長 『ぐぐぐ、ぐやじぃぃ〜〜〜。 潔く、負けを認めよう・・・モエ1本持ってきて・・・・。』

 『はっ・・・。 モエって、何ですか? その二文字の飲み物は? 惚れて通えば千里も一里・・・どやぁ〜が、モエ白1本ですか? せめて、四文字以上にしましょうよ。 ドンペリとか、クリュグとか・・・先輩のホームグランドの店で・・・、安い、ことわざ勝負ですね〜w 及ばぬ鯉の滝登りになっちゃいますよ・・・英雄色を好むんじゃないんですか???』

Y社長 『ブァッウ、ぐグッグググ・・・。 勝負が終わってから2つも、ことわざを出しやがった・・・完全に俺の負けだ。 近ちゃん、好きなシャンパン頼んでいいぞ・・・。』

 『いいえ・・・。 ここは、先輩のホームグランドなんで、先輩が頼んでください・・・、でも、不思議なのは、小学生の頃、こんな色っぽい、ことわざは宿題には出なかったと思うんですけど、以外と、出て来るものですね〜・・・。 俺、どこで覚えたんだろう???』

Y社長 『それだ・・それ・・・。 小学生の頃に、ことわざを覚えたことで、無意識に、ことわざを聞くと頭に入るんだよ。 語学も同じで、俺は、幼児期〜小学生の頃に、日本語と同時に英語を覚えて、中学生で中国語を習ってたから・・・それから、高校、大学で加速して、留学先には、多国籍の生徒がきていたから話したくで、そんで、ちょっと勉強すると、いろんな国の言葉を覚えれた
んだ。 あ〜・・・ドンペリ・・・。白だぞ、白・・・・。』

 『なるほど・・・。 それは、そうかもしれませんね。 ことわざは、置いといて・・・不動産も、勉強しだしたら、水を得た魚のように・・乾燥したスポンジのように・・覚えましたからね・・・。 子供の頃、なんとなく不動産に話を親から聞いていたのかもしれませんね〜。』

Y社長 『まあ、でも、近ちゃんは、一代で築いたみたいなもんでしょ。 俺みたいな、30歳まで親のすねをかじっていたボンクラとは違うんだから羨ましいよ。』

 『何を言ってるんですか? 俺は、先輩が羨ましいですよ。 英語、中国語、フランス語・・・、韓国語や、ポルトガル語も少しわかるんですよね? 』

Y社長 『ドイツ語、イタリア語も簡単な日常会話ぐらいならできる。語学というのは、広がっていくからな・・・。 ちょっと勉強していると、癖をつかむというか、法則みたいなものがあって脳が・・・・。』

 『いえいえいえいえ・・・。 それが、わかんないんですよ。 俺、相当、英語勉強してますけど、全然、ダメです。 アクション系の映画が字幕なしで、やっと見れるぐらいですね〜・・・w で、先輩は、ピアノとか弾いちゃったり、バイオリンも多少弾けるんでしょ? 前に、蓼科に行った時に、テニスとかも、軽くこなしてたし・・・。テニスラケットに当たるボールの音が我々とは違いましたからねw』

Y社長 『そんなことは、どうでもいい事だよ。 うちの息子たちなんか、もうすぐ30になるのに、彼女もいないんだぞ。 それなりの大学出して、希望する就職先にも就職させてやって、一人も結婚しとらん。 娘は、ニューヨークに行って、そもまま日本に帰ってこないでハワイに住んで帰ってこないし・・・寂しいもんだぞ〜。爺さんからの代の会社を維持してるだけだしな。』

 『贅沢な悩みですね〜w 明日の飯に困っている人いっぱいいるんですから・・・w まあ、楽しい事見つけましょう。 ちょっと、お遊び程度で不動産営業やってみません? 購入して売るのもありだし、高学歴の人脈を活かすのもありですし・・・意外と面白いと思いますよ。』

Y社長 『不動産って、何が、そんなに面白いの? 見てて大変そうだけどな〜。』

 『失礼でが、社長の会社の年商ぐらいの物件なんていくらでもあるんですよ。 そういう物を動かすのもありですし、何か大きな仕事をすれば、Y社長が後世に残せるんです。面白そうな物件があったら声をかけますので・・・、とりあえず、大手のライン取れるじゃないですか・・・。 息子たち入れちゃうぐらいですから・・・w そこいっちゃいましょうかw』

Y社長 『まあ〜・・・。 東京、大阪の役員に収まっている奴が多いけどな〜。役員といっても所詮はサラリーマンだからな〜。それに不動産のことは、さっぱり分からん。 正直、夕方の、近ちゃんの話も、三分の一は何を言っているのかも分からん。 そんなんでできるのか?』

 『私の知識と、Y社長の人脈、これが上手く噛み合えば、けっこう面白いことになるような気がします。 まあ、とりあえず、何かネタ持ってきますので、それから話しましょう。 とりあえず、今日の件は、頑張りますので・・・その後の話という事で・・・じゃあ、乾杯しましょうw』

Y社長 『近ちゃんが面白いって言うんだったら、面白いんだろうな〜・・・ことわざ遊びよりも面白いってことだろうから、また、ゆっくり話を聞かせてもらうよ。 じゃあ、かんぱ〜いw』

 『勝利の酒はうまいっすね〜・・・・。 ごちそうさまです。』

その後、5〜6回ぐらい、会話をストップされまして・・・、やっぱり無意識で、ことわざや四文字熟語を使っているようです。

恐らく、皆さんも、知らぬ間に口から発しているはずです。


皆さんが、よく使う言葉といえば・・・例えば・・・、石橋を叩いて渡るとか・・・、灯台下暗し・・・雀の涙・・・四面楚歌・・・脳ある鷹は爪を隠す・・・七転八倒・・・知らぬが仏・・・後悔先に立たず・・・後の祭り・・・百聞は一見にしかず・・・諸刃の剣・・・勝てば官軍・・・。

今、思いつくのは、こんな感じですが・・・、私も使いますし、商談中に、よく耳にする気がします。

あとは、ことわざを、変形したり、ことわざの意味を、自分の言葉に変えて使ったり・・・、我々不動産業者は、人との接点が多く、なんだかんだ話す機会が多いわけですが、けっこう皆さん、無意識に口にしているのです。

そんなわけで・・・本日は、ことわざ&不動産営業というテーマで書かせていただきました。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください


2016年03月26日

2053) 更新が遅すぎたお詫びと、某国の不動産の話

読者の皆様には、ご心配、ご請求等、多々、メッセージやメールを頂きました。

更新が遅れましたこと、深くお詫び申し上げます。



実は、最近、不動産コンサルティングの難しいやつが、4件ありまして・・・・。 

それが、一件は、土地の取りまとめ&農転、開発のコンサル契約書・・・、二件目は、リゾート地のホテルの用途変更&再利用についてのコンサルの企画書と、契約書・・・、三件目は、ある企業の不動産の整理整頓・・・・、そして、4件目が、詳しくは書けませんが、海外の不動産売買&海外の店舗の居抜きのコンサル・・・。

どれも実際に、契約に至るのかどうかは、分からないですが・・・。

そもそも、不動産コンサルというのは、常識ある依頼者であれば問題ないのですが、基本的に、美味しいところ取りで報酬は払わないという人が多いですからね〜・・・、あとは、不動産売買が絡むと、仲介手数料に込みだと主張される方とか・・・。

まあ、でも、そんな事を言っていても仕方がないですし・・・・、実際に、不動産の仕事には繋がっているので・・・、どこまでが仕事で、どこまでが人脈づくりなのか、どこまでが趣味の世界なのかも分からないけど・・・・それなりに楽しいですからいいんですけどね〜w

2014-11-26-10-55-10


そんなわけで・・・・。

この契約書やら、企画書やら・・・それに付随する何たらかんたら・・・・特に海外のは、めっちゃいい加減すぎて話にならないし、おまけに英語や現地語分かんないし・・・、それ以前に、不動産に対する法律もだけど、考え方が違いすぎて・・・、日本の不動産業者は、某国では、恐ろしくて絶対に不動産は買えないと思います(笑)

本日は、某国の不動産の話を、書きますが・・・・日本の不動産業者からするとあり得ない話なので、笑っちゃいますよw

某国では、一応、土地の所有権というものはありますが、外国人は購入することができません。

基本的には、その国の国民か、その国の国民が51%以上の資本比率がないと買う事ができません。
 


でも・・・、売買されちゃってるんですよね〜・・・・。 

どうやって、売買されているのかと言うと・・・、その国の国民の名義を借りて、売買をするわけです。

簡単に説明すると、日本人のAさんが、某国人のBさんとの間で、Bさんの土地の本当の所有権はAさんにあるという念書を交わすのと同時に、Bさんに所有権移転をするわけです。

ちょっと簡単に書きすぎですが・・・(笑)

もちろん、条文の中には、あ〜でもない、こ〜でもないと、意味のないものが、もう少し詳細が記してありますが、私の見解では、これは、買うと言っても他人名義なわけで、所有権ではない気がします。

事実、こんなやり方をして、名義を借りた相手に売り逃げされてしまったり、二重売買をされた方がいます。


もうひとつ・・・、法人を作って、49%日本人のAさん、51%を某国の方の出資というか、資本比率にして、その法人で土地を購入するわけです。

まあ、これは、詳しく説明するまでもないですよね。

しかし、この方法も、多くのトラブルの例があり、安全とは言えません。

さて、ここまで書いたところで・・・皆さん、こんな状態で、仮に1億の土地を購入できますか???

普通は、できませんが、しちゃう人もいるのです。

個人もですが・・・、意外と、日本で皆さんが名前を知っているような企業もあったりして・・・・w

まあ、ここまでは、某国以外も、このような土地の所有権移転をしている国もあるのですが・・・。

ここからが、問題なのです。

土地の所有権自体が、曖昧な場所が多いのです。

これから先の話は、先進国に住んでいる人には信じてもらえないかもしれませんが、簡単に説明すると、訳が分からないレベルの未登記?=国?と、市町村レベルの登記と、県レベルの登記と、国レベルの登記があるのです。

そして、Aランクの所有権は、国か県と、市町村と、両方に登記されている所有権で、Bランクは、どちらか一方のみに登記されている所有権で、Cランクは、どこにも登記されていないような所有権です。

つまり、Cランクは、国や県所有の土地を、勝手に自分の土地だと主張していたり、偽の権利書みたいなものを持っていたりする所有権なんです。

まあ、最近は、都会の土地は、そこそこ所有権がハッキリクッキリしてきてはいるのですが、田舎に行けば行くほど、Cランクの所有権の土地が多いわけです。

何故、こういうCランクの所有権の土地が生まれるのか・・・私なりに考えてみたのですが・・・。

おそらく所有者が悪いというケースは少なくて、不動産ブローカーや、木端役人が小遣い稼ぎで、適当な権利書を偽造して、所有者は頑なに、それを本物だと思って信じているケースが多いような気がします。(推測)

さて、ここまで書いたところで・・・皆さん、こんな状態で、仮に1億の土地を購入できますか???

普通は、できませんが、しちゃう人もいるのです。

まあ、お金の有り余っている個人、企業さんは、買えばいいんですよw

とりあえず、土地の所有権の話は、ここまでにしておきましょう。

こういう状況下で、安全に土地が使えるのは、借地権なんです。 

と・・・言いたいところですが、そんなわけないでしょうwww

所有権が、きちんとしていて、借地権が成り立つわけですから・・・・・、所有権なしに借地権あらず。

まあ、借地であれば、騙されたとしても、国や県から、突然退去しろと言われても、被害総額は、所有権よりは被害総額が少なく済みますけどね。

でも、土地上に建物を建ててしまった後や、居抜き物件を高額な価格で購入した後に、出て行けとなった場合は、これまた大変な事になるんですけどね。

何にしても、所有権も借地権も、日本と、某国では違いすぎるので、土地に手を出すことの安全性は低く・・・、先進国の、まともな不動産業者は、知れば知るほど怖くて手が出せませんし・・・、私は、責任という部分で仲介をする事すらできません。

日本は安定した所有権、借地権が保証され・・・尚且つ、消費者保護の観点で法が作られ守られているので、そういう意味では、とても良い国なのですw

不動産投資家の皆さん、土地が上がる下がると言って騒いでいられるのは、幸せな証拠なんですよ(笑) 


さてさて、ここからが本題になるのですが・・・、何度か仕事でお世話になった日本の不動産投資家の方なんですけど、某国で、土地を借りて、飲食店を始めるという事で、相談がありました。

ある日本人から某国での飲食店の出店を勧められ、人材の確保から、借地と、ライセンスの取得がスムーズに行くように、その国の偉い御仁と、他国の不動産ブローカーを紹介され、いろいろ世話になっている相談があったのですが・・・、何となく、怪しい臭いがしたので、某国の不動産の恐ろしさをお伝えしたところ、コンサルとして中に入ってほしいと頼まれまして・・・・・。


あれこれ、話を聞いたのですが・・・・。

もちろん返事は・・・・。

 『嫌です・・・。』

相談者 『それだけ、分かっているなら、安全に取引ができるってことじゃないですか?』

 『申し訳ないですけど、絶対に嫌です。 分かっているから、絶対に嫌なんです。  私は、今の話を止めたくて説明しただけであって・・・・、まあ、いいですよ。 やるならやるで前に進めばいいですけど、コンサルも仲介も絶対に嫌です。 やめるためのコンサルならしますが・・・。』

相談者 『それが、すでに、日本円にして550万円ほどお支払いをしている状況でして。 すでに土地を借りる契約をしてしまいました。 あとは、建設費と備品等で4500万円程度かかりそうです。』

 『なるほど・・・・。 賄賂とブローカーのマージンは?』

相談者 『そういえば、ビジネスビザの長期の物と、飲食のライセンス等で、日本円にして240万円は紹介者の日本人に払いました。 先方のお偉方と、他国の不動産ブローカーは、遠く日本から来てくださったのだから、お気持ちでけっこうです。 これから事業をするのにお金がかかるのですら、儲かってからでいいですと言われています。 』

 『長期ビザと、飲食のライセンスの取得で240万円もかかるわけないでしょうw 要するに、すでに800万円はらっちゃってるわけですねw まあ、それは、楽しい海外旅行をしたと思って諦めて、ここらで、やめておきませんか?』

相談者 『ここまで来たら、やってみたいんですよね〜・・・・。 騙されても、事業に失敗しても責任を取れとは言いませんので、コンサルタントという事で間に入ってもらえませんか?』

 『うむ〜・・・・・。  多分、私が入って、某国の後ろ盾が動いたら、相手のボロが出まくって、確実に相手が逃げますよ。 先ほどお聞きした金額だと、その規模の建物は、某国では高すぎますし・・・・、一食300円〜500円の飲食で、どうやって回収をするつもりですか???』

相談者 『その分、人件費も安いですし・・・・、材料費も安いじゃないですか・・・・。 それに、軌道に乗せたら権利自体が高く売れるという話もあります。 偉い方のお手伝いがないと、なかなかできない場所だと聞いてます。』

 『なるほど・・・・。 私は、あなたの仕事のコンサルをする気はありません。 申し訳ないですが、100%以上の確率で失敗すると思っていますので・・・。 でも、相手の嘘を暴くという意味での調査を含めたコンサルであれば引き受けます。 土地、建物、備品、人件費、賃料、ライセンス等のピンハネ、その偉い方が、どのレベルであるか、外国人の不動産ブローカーの素性、小さな国ですからすぐにわかります。それでも、よければ・・・あくまでも、やめさせたいためのコンサルってことになってしまいますが・・・w』

相談者 『それでいいですよ。 それが分かれば、私も分別がつきます。 但し、近藤さんが先方と会うのと、先方に近藤さんの後ろ盾が分かるようなことは勘弁してください。私は、この投資をするつもりですので・・・・。ただ真実は知りたいので、調査と報告だけでけっこうです。』

 『わかりました。 でも、現地の調査をするのに、現地の国の優秀な人間は動かしますね。 そうしないと、調査すらできません。』

相談者 『それはそうでしょうね。 一応、今はやるつもりですが、本当に危険度が高い場合は中止をするかもしれませんが、その時は、お力をお貸しください。』

 『はい、もちろんです。 じゃあ、調査は始めますね。 事が事で猶予期間は少ないので、調査報告は逐次しながら、コンサルの契約は、後でも構いませんので・・・・。 まあ、日本では、資産化さんですし、信用してますから・・・w コンサル料は、調査費込みで・・・・・うむ〜・・・・いくらにしましょう?』

相談者 『近藤社長の事ですから、法外な事はないでしょうから、お任せします。』

 『法外な事はないですけど、円とドルを間違えて請求したらすみませんwww』

相談者 『百倍ってことですね・・・恐ろしいですねw』

 『まあ、とりあえず、契約書は急いで作りますが、一刻も早く調査に入りましょうw』

そんなわけで・・・・この仕事を受けたわけですが・・・、実際に、実費をいただくだけにしようと思っています。

まあ、相手が儲かる話ならいただきたいですけど、利が出ないところに請求は申し訳ないいですし・・・、それ以前に、日本で大きな取引をさせていただいてますから問題はないです。


と・・・・・いうはずだったのですが・・・・。

調べれば調べるほどに、まず長期ビジネスビザなんてものは数万円、飲食のライセンスも数十万・・・土地はBランクの土地で、地主に払われたのは100万円程度、賃料は35万円のうち、紹介者に半分バック・・・、建設費も、原価大凡6割で、4割乗っている(日本の大手ゼネコン級w)

私は予想通りの結果・・・、相談者は激怒・・・・。

ここからは、詳しく書けませんが・・・・、コンサルの内容が、調査と報告だけではなく、複雑化してきまして・・・、そのコンサル契約書と調査報告書を作成するのに、すったもんだしまして・・・・、それに、その他3つのコンサルの仕事が重なり、日常の不動産会社代表の仕事も重なり、会食、接待もあり・・・・、なかなかブログが更新できなかったということだったのです。

うむ〜・・・、まあ、売買も賃貸の仲介や斡旋をするわけですが・・・・、この国の不動産絡みのコンサルはしたくなかった。

長い、長〜〜〜い、言い訳ですが・・・・・、このような事がありましたw 


コンサルの契約書って、作ったことがある方は分かると思うのですが、不動産の売買契約書を作るよりも、相当難しいんですよね〜。

コンサル内容が多種多様にあるだけではなく、民法の原則原理を念頭に置いてクライアントの意向に沿いクライアントが有利になるように最善を尽くしつつもリスク回避をしっかりとした条文を作成しなくてはいけませんからね〜・・・・。

とにかく、なかなか更新できなくてすみませんでした。

本日は、更新が遅れた言い訳と、海外(某国)の不動産の話でした。

久々の更新で図々しいですが・・・、本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



2016年03月21日

2052) 知人の娘の面接(不動産)

今日は、知人Mさんの娘さんの面接をしました。

知人は知人なんですが・・・友人と言えば友人だし・・・、経営者なので遊び仲間というか・・・そんな関係の人です。

そんでもって、娘さんと言っても・・・、30歳バツイチ、子供2人・・・。


前にもブログに書きましたが、基本的に、知人、友人の子供を預かるのは嫌なので、断り続けていたのですが、Mさんが、何度も何度も頼んでくるし、『一回、会ってやってくれ・・・。 ブログも読んでいるし・・・。 いつなら空いてる? 日時は合わせるから・・・。』なんて言ってくるので、断りきれなくなってしまい・・・、『会うだけで、うちでは雇いませんよ! 知人友人の子は嫌なんで・・・真面目に断りますよ。 不合格ですよ。』と念を押して会ったわけです。

その前に、本日は・・・・とんでもない日でした。

午前中、本社で、溜まりに溜まった仕事を片付けて・・・昼ごろ名古屋支店に行って、その後、ホテルのラウンジでコーヒーを飲みながら面接をして、その後、アポ2つ・・・、夕方6時の最後のアポに間に合わず、ひとつアポを社員任せにして、すっぽかしてしまったという一日だったのですが・・・。

ここ最近、髪を切りに行きたかったのですが、正直、髪を切りに行く暇もなし・・・・。

思いついた事が・・・・。

よしっ・・、自分で切ろう! ツーブロックだから、上の髪をピンで留めて、サイドをバリカンで刈るだけだ! 


名案を思い付いた時には社員k課長と一緒にいたので、名駅の家電店の前に車を停めて・・・。

 『kちゃん、エイデンで、バリカン買ってきて・・・。』

k課長 『バリカンですか? 俺、何か、してはいけない事をしましたっけ???』

 『まあ、とりあえず、買ってこいや。』

2016-03-20-11-57-14


そんなわけで・・・バリカンをゲットしてから・・・名古屋支店に行きました・・・。

k課長 『社長・・・、お疲れかと思いまして・・・。 頼まれたバリカン以外に、自腹で、こんなものを買いました。 社長、お疲れなので・・・、マッサージャーをプレゼントします・・・w これなら、カバンに入れて持ち運びができます。 充電式なんですよw』

2016-03-20-12-19-47


 『あ・・・ありがとう・・・。 マッサージャー・・・、でも、これ、俺がカバンに入れて持ち歩いていたら、AV好きの変態社長みたいじゃないか??? これはアウトだろう? みんなも、そう思わない???』

事務員さんたち、苦笑い・・、しかも、無言・・・・。

k課長 『あっ・・・ いえっ・・・、社長、決してそんな意味ではなく・・・。 ほらっ、社長、ここに、マッサージって書いてありますし、取説にも・・・・。 肩とか・・・、ほらっ。これ・・・・。』

 『うんうん・・・。 そうだな・・・。 いつも、いろいろ気を使ってくれてありがとう。 とりあえず貸してみろ・・・。 ほぉ〜・・・、これは、素敵なマッサージの道具だな・・・・。 俺が、マッサージして差し上げますよ、先輩w おらぁぁぁ〜・・・捕まえたw』

2016-03-20-12-26-17


k課長 『うわぁ〜・・・。しゃ、っしゃちょぉ〜、あ、頭はダメですよ・・・・。 社長、社長、社長、仕事の報告があります。 重要な報告があります。』

 『それは、癒しの頭皮マッサージより重要な報告なのか???』

k課長 『あ、当たり前じゃないですか〜・・・。 重要です。』

k課長は、マッサージにより通常よりも頭の回転が良くなったのか、けっこう重要な仕事の報告を3つほどしながら、私から、マッサージャーを取り上げた。

そうこうしているうちに、M社長との約束の時間が近づいたので、名古屋支店を出て、約束のホテルに行きました。

M社長の娘さんとご対面・・・・

う・・・美しい・・・。

ちょっと爆弾発言かもしれませんが・・・、会社の社長の娘さんって、美人が多いんですけど・・・、お父さんは、岩や、馬や、イノシシみたいな顔をしているのに、何故に娘は美人が多いのでしょう?


 『どうも〜w 2分遅れですね・・・すみません。』

M社長 『いえいえ、お忙しいところを無理を言いましてすみません。』

娘さんと2人で立ち上がり、娘さんに向かって、『はい、実物の近藤社長・・・。』

娘さん 『ブログ、読ませていただいております。 カンボジアから帰国されたばかりで、お疲れのところを父が無理を言いまして申し訳ございません。 私、◯◯ともうします。』

 『はじめまして・・・。 今更自己紹介をするのもなんですが、近藤でございます。 一応、名刺ですw  まあ、立ち話もなんですから、とりあえず座りましょう。』

ホテルのラウンジが混んでいる状況下で、M社長のコーヒーと娘さんの紅茶の量が半分ぐらいになっていて、クッキーも手をつけてあったので、15分〜30分前には来ていた事が分かり、申し訳ないな〜と思いながら、私もコーヒーを頼み、ウェイトレスに、M社長と娘さんの飲み物を新しいものに交換するようにお願いをしました。

しばらくは、M社長と娘さんを相手に、和やかな雑談をしていたのですが・・・最終的には、本題の、就職の話になりまして・・・。

M社長 『先日、話した通りなんですが、こいつに不動産を教えてやってもらえませんか? 今、30・・・今年、31になるんですが、若い時に結婚をして子供が2人いるんですが、まあ、何というか、一回失敗してるんですよ。 不動産に興味があるようで昨年宅建にトライしまして合格をしたんですよ。 それで、不動産会社に就職をしたいと言うので、どうせ行くなら近藤社長のところで面倒を見てもらいたいと思いまして・・・。』

 『う〜ん・・・。 今後、結婚を考えずに、女性が子育てをしていくには良い仕事だと思います。 歩合色が濃い仕事ですので、頑張れば、そこらのサラリーマン以上には稼げると思います。 M社長、奥様、娘さんの人脈があれば、いろんな仕事を取ってこれるでしょうし・・・、明るくて笑顔の素敵なお嬢さんなので、人ウケもいいでしょうからね〜。まあ、でも、社長の娘さんが、この不動産業界で稼がなくてはいけない理由がないじゃないですかw』

M社長 『稼がなくてはいけないのではなく、不動産に携わりたいんですよ。 私の仕事は、細かい仕事で、今でこそ、涼しい顔して社長業をしていますが、最初は、汗まみれで社員と一緒にドブ板営業をしましたよ。 近藤社長と食事に行くと、ハズレがない、ワインやシャンパンに詳しい、身につけている物も良い・・・残念ながら私は、その域に達していない。 そういう意味では、私も、不動産という仕事には興味があります。』

 『あははははw 社長は、一般人相手にした営業職・・・。 私は、一般の方&お金持ちを相手にした営業職。 別に、うまい飯屋を探したわけでもなく、ワインやシャンパンの勉強をしたわけでもありません。 そういう機会が多く、自然に覚えただけです。 それに、社長は、不動産の良い部分を見ているだけで、社長には想像もできないような、嫌な仕事が多々あります。 まあ、私に娘がいたら不動産なんてやらせませんよw』

M社長 『娘がいたらさせない仕事ですか・・。 まあ、こいつも、二人の子持ち、少々の免疫はついてますから心配いりませんよw 何と言っても私の子ですから・・・。 それに、近藤社長が心配していらっしゃる事ですが、娘が首になろうが仕事に悩んでウツ病になろうが、文句は言いません。 近藤社長と私の関係が壊れる事はないのでご心配なく。』

 『社長は、俺の優しいところと、人当たりが良いところだけを見ているんじゃないですかね〜? あとは、仕事への真剣さかな? あはっw 自分で言っちゃいましたけど・・・w う〜ん・・・じゃあ、私が娘さんに手をつけたとしたら・・・、もしくは、私のクライアントの社長連中が娘さんとデキちゃったら・・・どうします? アホな質問ですみませんw』

M社長 『・・・・。娘を前に過激な質問ですね〜・・・。 手をつけてもらうのは構わんが、責任をとってもらわんといかんですわな〜。 娘も可愛いですけど孫も可愛いですから、不幸にしてもらっては困りますな〜。 』

 『まあ、私が手をつける事は200%ないですけど・・・、俺は、手をつけようが、つけなかろうが、社長の娘さんを預かった時点で、娘さんと孫の幸せの責任を、おっ被されることになるんですよ。 それで、娘さんに予想外の事が起きたら、私は恨まれる。 私が、どれだけ可愛がろうが、どれだけ親身になろうが・・・娘が悲しい顔をすれば親は悲しいし、その原因に対して腹が立つ。そういうもんなんですわw』

M社長 『近藤社長の言う事はよく分かる。 でも、どこへ就職しても同じじゃないですか。 近藤社長のところだったら、目を光らせてもらえるから一番安全ですし、他にも不動産屋は沢山知っているが、近藤さんの不動産の話やアドバイスは的確だから、きちんとした教育のできる人に預けたいんですよ。』

 『うむ〜・・。 残念ですが、社長が、そういう思いで蝶よ花よで育てた娘さんには、私の不動産業は習得できません。 私は、我が子ですら、無理だと思っています。 宅建取ったから不動産をやってみたいパパ〜wってのが、そもそも無理なんですよ。 真剣に不動産を覚えたいなら、パパを頼らず、娘さん自身が、うちに電話をしてくるべきでしょう。 と思いませんか? 』

M社長 『・・・・。 おっしゃる通りだと思います。 確かに、娘の話を聞いて、私が、口をきいてやると言いました。 近藤社長の事は、宅建の勉強をしている頃から知っていると言ってましたが、近藤さんの会社に行け!頼んでやる!と・・・。 近藤社長の言う通り、真剣なら娘が自分で門をたたくべきでした。 今日も的確な判断と回答をいただいてしまいましたねw』

 『いえいえw 生意気言ってすみません。 でも、大切な娘さんですから、私も本音で話さないと・・・M社長から、嫌われる覚悟でねw もし、その気があれば、私ではなく、会社に電話をしてきて、社員募集してないですか〜って聞いてみてください。 雇うか雇わないかはタイミングと、本人の真剣さだと思います。 それぐらいの事ができなきゃ、不動産屋なんてできませんよ。 突然、人様の家に訪問して、大切な財産を売りませんか?って営業に行くわけですからw』

娘さん 『近藤社長のブログを読ませていただいて、不動産って大変な仕事なんだろうな〜って思います。 でも、お客さんと家族や将来の話をして、希望と悩みを聞いてあげて、希望通りのお家を建てる事ができたら感謝してもらえるでしょうし、すごくやりがいがある仕事だと思うんです。 お客様の夢の実現のお手伝いができるんですら、厳しいかもしれませんが頑張りたいんです。』

 『そうですね〜・・・・w いいと思いますよw その気持ちは、とても大切な事なのですが、その気持ちを常に持ち続けるのは、とても大変な事なんです。 お客様第一主義って、お客様の立場を考えながら仕事をするって事なんですけど、貫き通しながら利益を出さなくてはいけないって事ですから、その分、目に見えないところで努力も苦労もしなくてはいけないので・・・本当の意味で理解し、それが実際にできるようになるには10年はかかると思います。』

その後、雑談をして・・・、ホテルを去り、次のアポ・・・その次のアポの間に・・・。

あっ・・・バリカン・・・と、本日購入したバリカンを思い出し、車に取りに行き・・・・、バリバリバリババリ〜・・・・・・と・・・・。


image


白髪、増えたな〜・・・

鏡とスマホを使って見ながら・・・バリバリバリバリ〜・・・・。

こんな感じですが・・・これは、成功なんでしょうか、失敗なんでしょうか???


いつも4ミリなんですが、失敗を恐れて6ミリでやってみました。

近々、時間がある時に、いつもの美容院に行ってこようと思っています・・・枝もっちゃんヨロシク!

そんなわけで、本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください