2015年07月

2015年07月25日

1977) H27 宅地建物取引士資格試験 もうすぐ締め切りですよ。

本年、宅地建物取引士試験を受験される皆さま、すでに申し込みは済ませましたか?

インターネットによる申し込みは、すでに終了し、書類による申し込みも、もうすぐ締め切られます。

1年に1度しかない国家試験ですので、申し込み期間が過ぎてしまうと、来年の受験となってしまいます。

受験される方で、まだ申し込みをしていないかたは、お急ぎください。


因みに・・・、今年の宅地建物取引士の試験日は・・・

平成27年10月18日(日)13時から15時まで(2時間)

※ ただし、登録講習修了者は、13時10分から15時まで(1時間50分)

ということらしいのですが・・・・。

皆様の、学力が上昇しますように・・・・・。

2014-07-23-20-57-29


上昇・・・・


実は、今年、うちの子も受けるようで・・・、昨日、申し込みをしたかを聞いたのですが・・・・・・。 

息子 『あっ・・・、そういえば、7月末までだったね・・・・。 忘れてた・・・。 でも、まだ一週間あるから申し込んでおくね。』

 『はっ? まだ申し込んでないのか?  しかも、忘れてたって・・・、うむ〜・・・・、お前はすでに死んでいる・・・・。  この時期に、そんな事を言っているようでは、もう無理だなw 受験するだけ無駄だから、受験するな。 この金喰い虫のクズ野郎が〜・・・親の脛をいつまでも齧りやがって・・・、やる気がないのに受験するとか言うな。 』

息子 『お父さん、大学1年生というのは、人生において多忙でありかつ多感なな時期なんだよ。 今、大学、自動車学校、来年、再度中央の法学を受けるから予備校にも行ってるし・・・・、八月の初めごろには免許がとれるから、その分の時間を宅建に使うつもりなんだよ。 それから、お父さん、会社の社長なんだから、そういう人が傷つく様な言い方はやめたほうがいいよ。 僕は、慣れているからいいけど、他所の人にそういう言葉は使わないほうがいいよ。 お父さん、怒るかもしれないけど、人格を疑われるよ。』

 『ほぉ〜・・・・。 学費も食費も親に出してもらって、バイトも、うちの会社でしかしたことない、鼻くそ野郎が、一人前の口をきくじゃね〜か・・・w まあいい、そこまで言うなら宅建を取れよ。 俺は、お前が宅建試験に合格したら、車か、ジェットの好きな方を買ってやる・・・。 その代り、お前・・・・ここまで言って落ちたら・・・・、大学やめて、自衛隊に入隊しろ!  自衛隊はいいぞ〜・・・、金貰いながら、国を守り、仕事して、ボランティアみたいなこともできるからな〜・・・。 資格も取れるぞw』

息子 『絶対に嫌だ・・・。 勝って車やジェット・・・、負けて自衛隊入隊では、僕が不利すぎるよ。』

 『お父さんは、これまでに何度も人生をかけて勝負してきた。 何事も、それぐらいの気合で望まんとな。  8月から勉強をして宅建を取るのは、難しくもないが、簡単でもない・・・、まあ、受ける以上は、落ちるなよ。 とりあえず、落ちたら頭を丸めて、マルコメ味噌の歌を歌わせるぐらいにしといてやるよ。』

息子 『マルコメ味噌の歌・・・・? そんなの知らないよ。』

 『まるこめ・・・知らんのか? 部活の先生に、試合に負けたら、マルコメにするぞって脅されたことないか? まあいい・・・YouTubeで見てみろ・・・・。まあ、頑張れ・・・。』



そして・・・当社の社員たちは・・・・。

今年は、6名が受けるようです。

そして、4人は申し込み済み・・・2人は、これからのようですが・・・・。

今年は、何名合格するのか・・・・そう考えただけで、なんとなくドキドキします(笑)

代われるものなら代わってあげたいですが・・・そういうわけにはいかないですからね〜。

う〜ん・・・。

代わってはあげられないですが・・・十数年ぶりに・・・教壇に立とうかな〜?

私は、生徒の4分の3を合格させた実績があるので、教えることには少々自信がありますが・・・。

私の教え方は、少し特殊で、教科書の内容を完全に理解させるために・・・、教科書に沿って進みながら、例え話をしたり、具体的に生徒一人一人を、A B C Dと名付けて説明したり・・・、事柄を理解させてから暗記させるわけですが・・・、どの学校に行くよりも理解しやすいとは思いますが・・・問題は、時間が作れるのかって話です。

そんなことを考えているわけですが・・・、もう一つ、問題があるとすれば・・・、毎年、試験問題をやっていますが、数年前まで40点以上取れていたのが最近は38点前後ですので、私自身が、知識を付け直さないといけません。

先日、少しだけ、息子相手に授業をやってみたのですが、幹の部分は、しっかりとしていますが、枝の部分は曖昧ですし、葉っぱの部分は完全に忘れているな〜って感じでした。

う〜ん・・・やっぱり、もう人に教えるレベルではないな〜・・・ということで・・・・。

社員の皆さん・・・、自力で頑張ってください。


最後に宅建試験を受験される皆様、宅建の勉強は、日々の積み重ねです。

毎日、コツコツ勉強して、少しずつ暗記していくと、深く理解できるようになり・・・、横のつながりみたいなものが分かるようになります。

正確な知識を身につけた後は、過去問や模擬テストを繰り返しながら、間違えたところを、教科書を開き、もう一度勉強することを、繰り返します。

やると決めたら、誘惑に負けずに、最初に決めたスケジュール通りに勉強をすることです。

全国の宅建受験生の皆さん、頑張って下さい(^^)v



そんなわけで・・・本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 






2015年07月24日

1976) ブログに書いたら訴えますよ!

ブログというものは、人に対して、少なからず何らかの影響を与えることがあります。

これまで、多くの人から・・・・、元気をいただいたとか、共感したとか・・・、逆に、不快に思ったとか、間違っている等、沢山のメッセージやメールを頂きました。

長年、ブログを書いていると、いろんな方から、『ブログに書きますか?』 又は、『ブログに書かないでくださいね。』と言われることがあります。

もしくは、写真を撮っていると、『ブログにアップしますか?』 『ブログは勘弁してくださいw』なんて事を言われたりします。

皆さん、優しいので・・・、冗談ぽく言ってくれますが・・・、本当に載せてほしくないのか・・・、載せてほしくて言っているのか・・・、そこは、私なりに相手の表情を見て・・・、『載せるに決まってるじゃないですか〜w』と答えたり、『載せませんからご安心ください。』と答えたり・・・・、私の周りの人は、ブログを読んでいるかどうかは別にして、ブログが話題になることが多い。

特に、新規の取引先や、金融機関の新任の支店長さん等は、必ずと言ってもいいほど、ブログを話題にされます。

多分、会う前に、(千代田不動産 近藤利一 )というようなキーワードで検索をして調べてから来てくださるのだと思います。

事実、アクセス解析の上位には、社名だけではなく、(近藤社長 不動産)  (ブログ 近藤社長) 等、面白いキーワードがありますし・・・、ヤフーで、千代田不動産を検索すると、(千代田不動産 ブログ)というキーワードが検索欄に表示される。

検索キーワードのこともだが、業界の会合や、講演、講義の仕事の際にも、お声をかけていただけたりすることもあり・・・そういう方々も、ブログの話をしてくださったり、中には、写真撮影や、サインを求められることもあり・・・、私の著書を持ってきてくれる人もいる。

これらは、ショボイブログながらも長年書いてきたので、愛読してくださっている方々もそれなりにいるので、平日は、一日3000〜4000のアクセスあり、土日でも2000〜3000アクセスあり、毎日、コメント、メッセージを頂き、ちよっぺん! ブログランキングの応援もしていただき、心より感謝しております。

2015-07-14-19-31-32


読者の皆さん、本当にありがとうございます。



そんなわけで、楽しくブログを書いていますが・・・・。

先日、ある不動産業者が・・・・、めちゃくちゃ汚い事をして・・・、その挙句に、『ブログに書いたら訴えます。』と私に言い放ったのです。 

こちらからブログに書くと言ったわけではなく・・・・、私が、『これから、あんたの名前をどうやって呼んだらいい? 詐欺師か乞食なのか、どっちがいい? お前、こんな汚いことをして、世間の人たちに対して生きてることが恥ずかしくないのか?』と・・・、ちょっとだけ、きつい言い方をしただけなんですけど・・・・。

その返答が・・・・、『恥ずかしくありません。 ビジネスですから・・・。 でも、ブログに書いたら訴えますよ。』

こういう話になるまでに・・・、実は、こんな事がありました。 

売買金額1480万円の土地がありまして・・・、この土地の所有者は、私がコンサルをしているA不動産会社の所有です。

 。蘇堝飴困蓮△海療效呂稜箋僂髻■村辧。端辧。勅劼裡骸劼飽貳滅涓陲箸靴董売却の依頼をしていました。

◆,垢襪班堝飴唆伴圍造、仲介として、1350万円の買付証明を持参して値段の交渉をお願いしてきました。

 この時に、売主のA社は・・・、とてもそんな値段では売れないと断り、1400万円であれば売ってもいいと話しました。

ぁ。村劼蓮■措劼亮卍垢法仲介手数料は必要ないので1350万円で売ってくださいとお願いをしたので、A社の社長は、そういうことなら、実質の手残りは変わらないので1350万円で売却をすることにして、売買契約を締結しました。

私は、A社社長から、この流れの報告を受けておりましたので、知っていたわけですが・・・・。

そうしたところ、契約締結をして・・・・決済時に仲介手数料の請求をされたわけです。


A社長から、私のところに緊急連絡があったのは、決済中です。 

 『はっ?  意味わからん請求だなw  とりあえず、B社が、それを言うのであれば、決済を延期して、売渡承諾に印鑑を押さずに帰っておいでよ。 その話し合いをしてからの決済ということでいいじゃん。 話が違うんだから・・・・。』

A社長 『自分も、そう言ったのですが、本件取引は、売主と買主の問題であり、媒介の手数料の話は、A社とB社の問題だから、不当に決済を伸ばすのであれば、出るところに出ると言ってるんです。  こういう場合は、どうしたらいいのでしょうか?』

 『あはははw 出るところに出るって、出てもらえばいいじゃないか・・・・。 そういう時はな、とりあえず、お客様に別室に行ってもらって、美味しいコーヒーでも飲んでいただきながら待っていただいて・・・・、B社と差しで話せ。 最悪、テーブル引っくり返して、舐めるな雑魚って、怒鳴りつけて、お客様を連れて帰らせろ。 それが、俺の回答だ・・・・。 ただ、B社のお客様だろうが、買主様は買主様だ・・・、そこは、慎重に対処しろよ。 』

A社長は、一旦電話を切ったが、また直ぐに電話をかけてきました。

A社長 『B社とお客様を切り離そうとしたのですが、お客様に隠れて話をすることは何もない。 お客様に失礼じゃないですか・・・。って、逆に、こちらが詰められているのですが・・・・、どうしましょう?』

 『なにぃ〜・・・。 まあいいや、A社長では話にならんから、俺が電話で話すから電話を代われ。 完全にB社ペースじゃね〜か。 Aさん、あんた、売主なんだからしっかりしろよ。  とりあえず、代わってよ。』

ということで・・・・、A社長は、私に電話を代わろうとしたのですが・・・、B社社長は、今回の件で、千代田の社長と話をする必要がないと言って、電話にも出なかったのです。

B社は、汚い事をしているが、売主買主の契約においは、正当な事を主張しているわけで・・・・。

とりあえず私は、A社長に・・・・・、急遽体調が悪くなったので、後日の決済にすると言って取引を中断するように指示をしました。

決済日は、7月末までとなっているので、後日にすることにしたのです。


B社は・・・・、お客様や、司法書士に、迷惑をかけるのですか?と食いついたようだが、強引に取引を中断させました。

本当は、決済だけは済ませておいて、A社とB社の手数料の話は後にするという事も考えたのですが・・・・、

こういう輩は、お客様の前で恥をかかせてあげないといけないと思ったのと・・・・、お客様に事実関係をお伝えして・・・、今後、B社のような業者と付き合っていると良い事はないと悟ってほしかったので、お客様と、司法書士さん、金融機関様には申し訳なかったのですが、延期をさせました。

決済を中止にした売主のA社社長は、帰りに当社の名古屋支店に来て、今回の件をどう処理したら良いのか相談に来ました。 

 『Aさん、体調、悪いんだろ?w  7月の23日ぐらいまで体調は良くならないだろうw とりあえず、電話を取るな、メールも返すな・・・・、放置して・・・、まずは、体調を整えよう。  しかし、手数料はいらないから、値段を下げてくれと言っておいて、今頃、手数料を請求してくるとは・・・、俺も、未だかつて出会った事のないタイプの糞野郎だな。  まあ、しばらく放置しておけ・・・焦って電話しまくってくるだろうけど相手にするな。』

A社長 『分かりました。 つまり、1週間連絡が取れない状態ってことですね。』

そんなわけで・・・・放置をすることになったわけですが・・・、私の予想通り・・・、決済日を決めたいのか、B社からA社長あてに何度も電話がありましたが・・・・、A社長は、私が指示した通り放置・・・、3日間連絡が取れない状況を作りました・・・・体調が悪くて・・・・(笑)

しびれを切らしたのか、B社は、めちゃくちゃ低姿勢で、私のところに電話をかけてきました。 

B社 『A社さんの土地の仲介業者のBと申しますが、先日の取引の件で、A社さんに何度もご連絡をさしあげているのですが、連絡が取れなくて、近藤社長様が、こと取引の件に関わっているとお聞きしておりましたので、ご連絡をさせていただいた次第でございます。 実は・・・。』

 『あ〜そうなんですか〜・・・・。 あいにくですが・・・・、A社長は、死んじゃったんじゃないですかね〜w  まあ、それは冗談ですけど、体調がすぐれないので寝込んでいるみたいですよ。  まあ、それはそれとして、A社に、仲介手数料をいらないから値段を負けろと言って交渉をしておいて、決済当日に急に手数料を請求したらあかんだろうw そりゃ〜Aさんも、寝込むわ・・・、あいつは気が小さいからなw』

B社 『いえいえ、そういう話ではないんですよ。 確かに、そういう話で値段の交渉はしましたが、その後、媒介契約を巻き直すこともなく、契約をしてくださったので、こちらとしては、当然に手数料を満額頂けるということでいいのだと解釈しておりました。 それを、決済当日になり、払えないとおっしゃるので、感情的になりまして・・・、自分たちは、手数料だけが食い扶持なんで・・・・。』

 『そうだな・・・。 俺も、仲介出身の不動産業者だから、それはよくわかる。 でも、今回は、あんたのほうから、Aさんに、手数料はいらないから買主の希望金額にしてやってほしいと頼んだわけだ。 すでに、そこで、諾成契約は成立している。 その後、媒介契約書のまき直しはしていないとしても、手数料は0でいいはずだ。』

B社 『近藤社長さん・・・・、それは、当事者間の話であって、第三者に、どうやって証明をするのですか? 私は、一般ですが媒介契約書は持っています。 』

 『なるほど・・・、そう来るか・・・。 お前みたいな、糞と話すことは何もない。 そういう事を言うのであれば、ひとつ、教えてやる・・・・、このまま放置して決済をしなかったら、どうする? 違約金なんて、たかが1割じゃね〜か・・・。 しかも、判決取ってくるまで払わん・・・。』

B社 『そんなことをするよりも、うちに手数料を払っていただいたほうが安いじゃないですか・・・。 分かりました。 近藤社長の顔を立てて、半分の1,5%にさせていただきますので、それでどうですか?』

 『はっ? 金額の問題じゃなくて、そんな汚い真似をする奴に金を払う事はできないって意味なんだよ。 損をしてでも、曲げたくない事って事もあるって意味だ。 Bさん・・・、これから、あんたの名前をどうやって呼んだらいい? 詐欺師か乞食なのか、どっちがいい? お前、こんな汚いことをして、世間の人たちに対して、自分自身が生きてることが恥ずかしくないのか?』

B社 『世間の人たちにですか・・・。 恥ずかしくありません。 ビジネスですから・・・。 でも、ブログに書いたら訴えますよ。』

 『う〜ん・・・。 実名は挙げるかどうかは考えておくが、たぶん書くと思う・・・・、ここまで汚い真似をする糞野郎も、なかなか珍しいからな・・・・。 まあ、しかし、いちいち言う事なすことムカつく奴だな〜・・・、自分だけがムカついているのも嫌だから、もう少し貴方にも嫌な気分になってもらおう。 Bさん、あんたの親って、蠅だろう・・・・あんたが蛆虫って意味ねw 』

B社 『流石、近藤社長ですね。 ブログ読んでますけど・・・、人の感情を操作するのが上手ですね。 蛆虫とまで言って、こちらを感情的にさせておいて、最後は、上手に治めようと思っていらっしゃるんでしょうね。 怒らせといて、なだめて優しく絆すつもりでしょう。 自分は、蛆虫と言われても構いませんので、手数料をいただきますよ。』

 『あはははw 深読みしすぎだ。 私は、人に対しては、仲直りして、良い関係を作ろうと思うが、あんたみたいな、蛆虫は、人だとも思っていないよ。 成長しても、蠅だからなwww  もう忙しいから、電話切るぞ。 今夜、魚釣りに行くから、今日は、早く仕事を終わりたいので・・・・まあ、頑張ってAさんを捕まえてください。』

ということで・・・・、汚い取引をしようとしているB社のB社長との電話を切ったわけだが・・・、ブログに載せたら訴えますよと言われたのは初めてのことで、ちょっと驚きました。 

いやぁ〜・・・・・、こういう業者いるんですね〜・・・、話によると、B社長は、30代半ばの子みたいなんですが、まだ血の気が多いのか・・・・、もしくは、頭の構造が普通の方とは違っているのか・・・、脳みそ腐ってしまったのか分かりませんが・・・、常識では考えられない思想の持ち主のようです。

だって・・・・、売主さんに、仲介手数料は必要ありませんので、その分、買主さんに安くしてあげてくださいと頼んで値段の交渉をしておいて・・・・、約束を守り値段を安くして売った売主さんに手数料を請求しているわけで・・・、売主さんは、手数料を払わない計算で価格の交渉を受けてのOKなので、これで手数料を払ったら、手数料を6%払うようなものじゃないですか・・・。

その時に、B社を疑って、媒介契約書を変更するか白紙にするかをしなかったA社長も、どんくさいですけど・・・、普通は、同業に、そうやって交渉されたら、信用しちゃいますよね〜。


私も、長年不動産業をやってきましたが・・・、こんなB社のような主張をする不動産業者は初めてで、正直、驚いています。

今回、B社のお客様には、大変申し訳ないのですが・・・、依頼した不動産業者さんが悪かったですね〜。

恐らく、B社さんが、正気に戻らないかぎり・・・・A社さんは、最終的に違約金を払う事になったとしても、解約の方向に進むでしょうね〜・・・・。

ということで・・・・、ブログに書くな、訴えるぞ〜みたいな事を言われてしまったというお話でした。

でも、このBさんも、実は、読者さんのようで・・・・、読者として長いのか短いのかは知りませんが・・・、普段私が書いていることを、どういう角度と視点で見ているのか・・・なんか、残念です。 



追記

実は、ここまで書いてあったのですが・・・・、本日、B社からお電話がありまして・・・、まだ、A社長と連絡が取れない。 手数料の件は、当初の約束通りなしで構わないので、決済をしてほしいというお願いと・・・、先日のお詫びがありました。

私は、やっと正気に戻ってくれたのかと思って話していたのですが・・・、そうではなく、お客様の建築をB社が請け負うことになったから、何が何でも決済がしたいということのようです。

私としては、このまま解約に持って行きたいのですが・・・、売主のA社の社長も取引を無事に終了させたいようですし・・・、一応、B社からも謝罪の言葉があったので、7月末に決済をすることになりました。

不動産会社のコンサルをしているから仕方がないのかもしれませんが・・・、無駄に振り回されただけだったな〜なんて気持ちになったということと・・・、お客様が、何かのきっかけで、このブログを読んで、B社で建築をするのをやめないかな〜と・・・・、まあ、一応部外者なんですけど・・・、B社のお客様の事を気の毒に思います。

そして・・・・何故か、月末の決済に私も立ち会う事になってしまったのですが・・・、当日、仲介業者のB社さんが、言葉を間違えない事を祈ります。

そんなわけで、本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 




2015年07月22日

1975) 手紙の大切さ(不動産業)

読者の皆様、こんにちは

皆さんは、百人一首の歌人たちの詩を読み感動したことはありませんか?

1000年〜500年の時を超えて、歌人たちの心が、しっかりと伝わってくる。

愛する人への思いを、月や川の流れに例えて表現する。

今の現代人に、これほどの詩が書けるのだろうか?


現代社会では、通信ツールが、携帯メール、LINE、パソコンメール等、自分が思ったことを、今すぐに、相手に伝えることができるわけですが・・・、平安時代や鎌倉時代は、そういうわけにもいかないので、通信手段が遅く少なくなってしまう分、千年の時を超えるくらいの感動的な文章を考えついたに違いないと、私は、そう考えています。

例えば・・・・。

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あわむとぞ思ふ

川の瀬の流れが早く、岩にせき止められた急流がひとたび二つに分かれても、最後は、またひとつになる。同じように、たとえ今は恋しい貴方と別れても必ず貴方と結ばれたいと思っています。

川の流れを見て、こんなことを思ってしまうんですよ。

私だったら・・・、滝川を見たとして・・・、ここで小便したら海まで流れるんだよな〜くらいしか思わないわけじゃないですか・・・。

そういう意味では、100人の歌人たちの人に想いを伝える能力は凄いな〜と思うわけですが・・・。

現代は、和歌を歌う人も、そんなにいるけではございませんが、その代わりに、お手紙を書くわけでございますが・・・、最近は、手紙も減ってきましたね〜。

本日は、手紙の大切さについて書かせていただきます。

その前に・・・。

私も、歌人になってみようと・・・・。

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ブログランキング二位

ということで・・・、読者の皆さん、とりあえずブログランキングのバナーをポチッとクリックしていただけるとありがたいです


人気ブログランキングへ

読者の皆さん、かたじけない・・・


さて・・・そろそろ本題に入りますが・・・手紙の大切さということで・・・。

手紙と言えば・・・最近は、ほとんどが、ハガキによる印刷のものが多いが、稀にではあるが、直筆で、きちんとした礼状や、案内状をいただくことがあります。

そんな中でも、私は、直筆のお礼状をいただくことが多い。

特に多いのは、面談のお礼状と、初取引のお礼状です。

直筆でのお礼状をいただくと、礼節を弁えた、きちんとした方だな〜・・・、今後も良いお付き合いができそうwなんてことを思うわけです。

続いて、謝罪文も、直筆が多いですね〜。

取り急ぎ、謝罪文を書いて送ってくださってから、お詫びにいらっしゃるわけですが・・・・。

来た時には、わざわざ来なくてもって感じで許してしまうw

直筆による手紙というのは、とんでもない効果があるわけですが・・・・。

実は、私は、書いたことがありません。

パソコンで作成してしまいます。


もちろん、悪筆、菲才、といった詫びの言葉を添えて、パソコンで書き印刷していますが・・・、気持ちを込めて、一生懸命書くのですが、いまいち伝わってない気がします。

私の得意な、ミミズ文字で直筆で書くべきか・・・、パソコンで書いて印刷するべきか・・・。

まあ、ハガキの印刷よりはマシか〜って感じで、パソコンで書きます。

普段のお中元、お歳暮、お花のお礼状や、転勤、新任、案内状等の、お決まりのビジネス系のものは、ハガキのほうが効率が良く、それがいいかな〜って思いますが、やはり直筆でいただいたらハガキや電話で礼を伝えるのは失礼だと考えて、パソコンでもいいので、なるべく書くようにしていますが・・・、それでも、半分ぐらいかな〜・・・。

気持ちは人一倍あるのですが・・・、何せ、悪筆、菲才、乱筆なので・・・本当にごめんなさい。

考えてみれば、うちの両親は、筆ペンや、ボールペンを使い、直筆で手紙を書きます。

子供の頃、習字も習わせてくれたし、字の練習もさせてくれたし、鉛筆の持ちかた、筆の持ちかたも教えてくれましたが・・・、習字は体操服にシミをつけただけだし、字は下手だし、かろうじて鉛筆や筆の持ちかたぐらいは覚えましたが、正直、何も身になっていないわけで、今だったら必死に取得しようと思いますが、当時は、字を書くのが嫌でしかたなかったですからね〜・・・。

親は、馬鹿な子でも、字が上手ければ、少しは賢そうに見えると思ってチャンスをくれたのですが、残念です。

2015-07-06-13-15-03


子供の頃、努力しなかったので・・・、私も、ちよっぺんも、パソコン専門の馬鹿ですが・・・・。

実は・・・、このブログのコメンテーターのYSさんなんかは、下品な黒檀の社長机の上に、いつも下品な習字セットが置いてあって、硯で墨を擦り、筆で、しゅるしゅるしゅる〜〜〜って、達筆な字を書きます。

因みに、本当か嘘なのか知りませんが、YSさんの下品な習字セットは、何処かから拾ってきたようなゴテゴテの硯なんですけど、自称、数百万するらしく・・・、その自慢話を30回以上は聞かされましたが、まあ、あれだけ達筆な字を書ければ、それぐらいの習字道具を持っていてもいいのかもしれません。

江戸時代の武士じゃないので、あそこまではやりすぎだと思いますが、せめて、筆ペンでいいので、手紙を書けるようになりたいとは思います。

実は、このYS爺さんですが・・・、この技術を使い、これまでに、多くの地主さんから土地を売っていただくことに成功しています。

我々の業界では、地主様宛に売却のお願いをする手紙のことを、ラブレターと呼んでいますが・・・、YSさんが、硯で墨を作って、筆で売却のお願いをすると、けっこうな確率で売っていただけることが多いのです。

私は、突撃訪問営業か、地主さんの知人を探して紹介していただく等の営業しかできませんが、YSさんは、筆書きのラブレターで営業しちゃうわけで、地主様宛に、筆書きの文章を書き、自分の思いや、地域の発展について、歯が浮いて抜けてしまいそうな手紙を書いて、地主さんの気持ちを協力したいと変えてしまうわけで・・・、天は二物を与えずというのか・・・筆書きだけは、本当に素晴らしいです。

実は、埼玉の知人や、大阪の知人が、達筆な字で手紙を送ってくれていたのですが・・・とてもじゃないけど、恥ずかしくて自筆でなんて返事はできませんし・・・、先日も、どうしても思いを伝えたい人に手紙を出したのですが、パソコンで書きましたし・・・、カンボジアの投資の事で頂いたお手紙の返事もパソコン作成しての返事・・・思いが半減してしまうような気がします。

千年の時を超えて現代に残る歌人たちも、もしも、パソコン打ちをしていたら・・・もしくは、ミミズ文字しか書けなかったとしたら・・・、いくら素晴らしい詩でも、現代まで伝えることはできなかったことでしょう。

手紙は、言葉にできないことや、言葉では伝わらないことを、相手に送ることができ素晴らしいアイテムです。

現在、仕事に追われて、ブログを書くのと、英語を覚えるのでいっぱいいっぱいで・・・字を練習する暇はありません。

とりあえず、今は、パソコン打ちという手法でですが、一言一句に気持ちを込めて、お礼文、お詫び文、挨拶文等の手紙を書かせていただこうと思っています。


そんなわけで、本日は、手紙の大切さというテーマで書かせていただきました。

今日も、読者の皆様にブログランンキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます