2015年05月

2015年05月24日

1953) 時の流れの中で・・・ 不動産と鰻釣り

皆さんは、時の流れについて考えたことがありますか?

私は、様々な観点で時の流れを考えます。

真っ白だった建物の外壁やコンクリートが変色していくこと、私が老化していくのも時の流れですし、生命が誕生し育っていくのも時の流れです。

過去、現在、未来と、時の流れは全てが平等に進んでいくわけですが・・・・、それは、その人、その物によって、長くも感じ、短くも感じるものなんだと、そんな考え方をしています。


生まれてから死ぬまでに1年の生物・・・、生まれてから死ぬまでに200年以上生きる生物もいます。

もっと深く言うと、物として生まれた瞬間に消滅する物から、地球や宇宙のように存在する期間が分からないものまで・・・・、時の流れは同じでも、生きている期間、存在する期間は様々だということです。

限られた寿命の中の、今の、この一瞬を大切に生きたいものです。 

まあ、このことについては、皆さん其々、考え込んでいただくとして・・・・・。

とりあえず、今週も始まったわけですが・・・・、読者の皆様、ブログランキングの投票をお願いします。


人気ブログランキングへ

ありがとうございました


さて・・・、続きをどうぞ・・・・

私は、時々、時の流れが止まったような気持ちになることがあります。 

昨年・・・・・、28年前に死んだ同級生の家に線香をあげに行った時にも感じました。

彼は、私が17歳の時に、バイク事故で死んだのですが・・・・、30年ぶりに彼のお母様と喫茶店でバッタリ会い話し込んでしまい・・・・そのまま、彼の家に線香をあげに行ったわけですが・・・・。

なんと・・・彼のお母様は、彼の部屋をそのままにして残してあったのです。

彼の部屋には、昔のアイドルの写真や、板壁の落書き、ステレオ等が置いてあり・・・・、昔、溜まり場になっていたので、毎日のように来ていた部屋なんですが・・・、彼の部屋に入った瞬間、時間が止まりました。 

止まったというよりは、過去にタイムスリップしたと言ったほうがいいのかもしれません。

時間にしたら、2〜3秒なのかもしれませんが、時が流れゆく中で・・・・過去にタイムスリップして、そこで時間が止まりました。

その数秒の間、自分は、完全に17歳の少年になっていました。

 『おばさん・・・。 今、俺・・・完全に過去に戻り、時間が止まっていました。 もちろん、時が流れている中でですが、俺だけは、時間が止まりました。』

おばさん 『ずっとそのままにしてあるからね〜。  一人息子だったからというものあるんだろうけど、私は、Yが死んでからずっと時間が止まっているような気がする。 喫茶店で近藤くんに会った時もすくにわかったwww』

 『俺も、おばさんのこと、すぐに分かったよw 何て言ったらいいか、うまく言葉にできないけど、あいつは、おばさんや俺の心の中に生き続けているから、あいつの事を覚えている俺たちが長生きしないといけないと思うんだよね〜。 おばさん、会社に戻らないといけない時間なんで帰るわ・・・w』

28年ぶりに友人の家に行ったわけですが・・・・、28年間、部屋がそのままにしてあるって・・・、たまには掃除だってするんだろうに、おばさんは、どんな気持ちで掃除をしているのだろう?  誰もが平等に過ぎる時の流れなのに、あばさんの中では止まってるんだな〜って・・・・、昔を思い出しながら会社に帰ってきたのでした。


そして・・・、先日も、時の流れの中で、時間が止まる瞬間がありました。 

うちの出入りの印刷会社の社長と魚釣りの話をしていたのですが・・・、私が、子供の頃、30数年前に、揖斐川で、馬鹿みたいに鰻が釣れたということを話したところ、めちゃくちゃ食いついてきまして・・・・・・行ってみたいという話になったのですが・・・・。

 『俺の子供の頃、これぐらいの季節になると、揖斐川の〇〇に夜な夜な行って、鰻を釣ってきては、地元の川魚屋に売って小遣い稼ぎをしていたんだよな〜。 あの当時の数百円の小遣いは貴重な資金源だったんだよな〜www 釣れる日は、10匹ぐらい釣れるんだぞwww』

〇〇印刷 『社長、行ってみたいです・・・・連れて行ってください。  今日行きましょうか???』

 『今日は、接待も会合もないから行けるけど・・・・・、昔、自転車で行ってたところだから、車で、どこまで入れるか分からんよ。  まだ、あの場所、行けるのかな〜・・・・・。 仕掛けは、簡単だから良しとして・・・・・ドバミミズ(大黒ミミズ)が調達できるかな〜?』

〇〇印刷 『うちのお袋の畑にだったら、いると思いますが・・・・・。』

 『よっしゃぁぁぁ〜〜〜w 行くぞぉぉぉ〜w ドバミミズを30匹取ってこいや〜・・・・で、1時間後に釣り道具を持って、個々に集合・・・・以上、解散・・・・。』

そんなわけで・・・・、夜な夜な、揖斐川に・・・・軽トラが通れるぐらいの道があったので、何とか30数年前のポイントの近くまで車で行くことができました。

子供の頃に自転車で通った時は、広く感じた道が、車で行くとめちゃくちゃ狭く感じた・・・・、でも、昔、建っていた家や風景はぞのままだった。

そして・・・・、小学生〜中学生の頃、釣っていた場所で、糸を垂れてみた・・・・。

子供の時に時間が戻った・・・・そして・・・・、30分ほど待つと、鰻がヒットした・・・・・。

その瞬間、時が止まった・・・・・、頭の中から、子供の時の記憶が、あふれ出てきた。

image


鰻の独特の引き方・・・・懐かしい・・・・、ただ、子供の頃、すごい力で引っ張った鰻は、意外と軽々上げることができました。

30数年前と、全く同じこの場所で、同じ仕掛け、同じ餌で・・・・今も鰻が連れた事に感動w

この時に、私自身は、おじさんになってしまったのに、この川は何も変わっていないんだな〜って・・・、私にとっても、揖斐川にとっても同じ30数年・・・・、自然界において30年というのは、一瞬の時間なのかもしれないな〜なんてことを考えながら・・・・・夜釣りを楽しみました。

因みに、一緒に行った印刷屋の社長も、見事に鰻をゲットしました。

印刷屋の社長43歳・・・俺、45歳・・・・、子供のように夢中になり夜釣りを楽しんだのでした。


帰り道に・・・・、昔、カブトムシやクワガタを取りに侵入していた大きな屋敷の前で車を停めて・・・・。

 『小学生の頃、ここの屋敷に侵入して、カブトムシやクワガタを取ったんだよな〜・・・・・。』

〇〇印刷 『社長・・・・まさか・・・、大人になってから、深夜に人の屋敷に侵入したらだめですよ。』

 『わかってるよw それに、まだ少々時期が早いからなw』

でも、ひとつ嬉しい事がありまして・・・・、昔からの代官屋敷みたいな大きな門が、そのままでしたし・・・・、囲いの石垣もそのままですし・・・・、遠目に見える石垣も、そのままでした。

最近、いろんな住宅メーカーが100年住宅という言葉を使っていますが・・・・、私が、子供の頃、すでに古い日本家屋だった家が、今も、昔のまま建っているわけですし・・・・・、あの建て方は、どう見ても明治の建物・・・。

つまり、100年住宅なんてものは、100年以上前からあるんじゃないか〜なんて事を思い・・・・、また、100年間建て替えることなく親子数代が住めるって素晴らしいことだよな〜と・・・・、そのうち、不動産の仕事の方で・・・・木造の100年住宅を造ってみたいな〜・・・・と思ったのでした。

そんなわけで、先日・・・、とても楽しい時間を過ごすことができました。 

皆さんも、時の流れを感じ、時の戻り、時の止まる不思議な瞬間を体感していただきたいです。 

そんなわけで、本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 









2015年05月22日

1952) 愉快なコミュニケーションとコンサル

今日も元気に名古屋支店に出社

ん・・・?  当社の立体駐車場にゴミが沢山落ちているのを見つけたので、掃除をしました。

実は・・・、出社してすぐに打ち合わせや、アポイントがない時は、なるべく掃除をするようにしている。

少し前に、風圧でゴミを吹き飛ばす機械を買ったのだが、なんとなく取りに行くのが面倒くさかったのと、冬の落ち葉ほどのゴミではなかったので、手でゴミ拾いをして、ビニール袋に入れました。

ゴミを拾っていると、今日の仕事のことや、昨日の仕事のことを考えながら、頭を整理整頓したり・・・、現在進行中の仕事の作戦を考えたり・・・、朝、仕事をする前の掃除って悪くないな〜って思います。

勤め人だった頃、職場の上司や社長から、『新人のうちは、早く出社して掃除をしろ・・・。』と、命令され仕事の一部として、出勤する前に会社に出社して、外を掃いたり、ゴミを拾ったりしていましたが、その頃とは、掃除に対する考え方が明らかに変わりました。

ここを通る人、使う人は、こんなに汚かったら嫌だろうな〜とか・・・、自分が日々仕事をさせていただくところだから、奇麗に大切にしようとか・・・・。

最近、年齢のせいなのか、朝掃除も悪くないとか、掃除をしながら季節を感じたり、今までの私にはなかった感覚です。

ただ・・・名古屋支店の外の自動販売機の裏に、煙草の吸殻や、弁当のゴミが捨ててあるのには、正直、イラッとしました。

うむ〜・・・・、俺も、そろそろタバコをやめようかな〜なんて事も少し思ったりして・・・・w

掃除終了後、支店の6階の社長室に入ったのだが、なんとなく、ゴミを吹き飛ばす機械が目についたのと同時に、いたずらを思いついたので、3階の、インターネットの関係の会社に顔を出した・・・・社内を覗いてみると、社長を発見しました。

 『どうも、大家の近藤です・・・、社長、今、少しお時間大丈夫ですか?』

社長 『はい・・・。 大丈夫ですよ・・・。』

 『大した用事ではないのですが・・、バヒュ〜〜〜ン〜〜〜。』

2015-05-18-13-19-16


社長 『な・・なんですかぁ〜・・・・やめてください・・・。』

 『けっこう威力あるでしょうw バヒュ〜〜ンw  以上、失礼いたしました。』

6階に上がると・・・社員を発見・・・ついでに・・・。。。


2015-05-18-13-18-53


 『グッドモ〜〜〜ニング・・・バヒュ〜〜ンw』

社員 『あ〜きもちいいw 口を大きくあけるので、口にやってください・・・。』

 『どれどれ・・・・、じゃあ、最強で・・・バヒュ〜〜〜〜ン・・・、口、ブルブルしないじゃん・・・、つまらん、もうや〜めた。  さあ、仕事しよ・・・。』

社員 『社長、もっとやってくださいよ〜・・・。もう終わりですか???』

嫌がると、エスカレートするので、喜んだふりをして、私のチャーミングな遊び心を喪失させる。

さすがに、社員のKちゃんは、私の扱い方をよく知っている。


そんなわけで、テナントさんや、社員たちとは、楽しくコミュニケーションができています。


そして、名古屋支店でアポイントを2つ片付けて・・・夕方から、知人のS社長のマンションに行きました。 

不動産の話をしに行ったのですが・・・、社員たちが数名きていて・・・・。

明日、バーベキューをするらしく、食材の用意をしていたので、何となく手伝いながら、不動産の話をしました。


 『Sくん・・・・、何故、俺は、俺が食べるわけでもないネギマの串刺しを手伝いながら、不動産の物件の話をしてるんだろう?』

S社長 『たまには、こういうのもいいんじゃないw マリンスポーツの時、飲食しながら・・・お互いの仕事の話とかするんだし・・・、ネギマを造りながらでも、いいんじゃないかな〜・・・・。』

 『べつにいいけど・・・、なんか集中できんな〜・・・・。 メールで送ってくれた物件の話なんだけど、満室にすれば収益率はいいけど、階段で4階建ては厳しいぞ。 4階部分を空として、基本的に、あの物件は利回り計算をしなくてはいけない。 そう考えると、12%しかないわけで、メンテ等を考えると、全く旨みのない物件なんだよな〜・・・。 それほど場所も良くないし・・・、やめておけ・・・。 S社長、手が止まってるよ。』

S社長 『あっ・・・。  なるほど・・・・。 4階は、あわよくばで考えておいて、10年吸ってから売るというのはどうだろう? ネギマ作るの上手ですね。』

 『まあねw  あの物件は、あまり旨みを感じないな〜・・・。 立ち退きと解体を考えると、損はしないが、大きな利益はでない・・・・15年10%以上で回るんだったら、それなりにいいけど・・・、あの腐った建物で15年10%以上で回るとは思えない。 やめておいたほうがいいw 』

S社長 『なるべくメンテにお金をかけずに、4階を半値ぐらいで貸すとかで、10年間、14%ぐらいで回したらどうだろう・・・・。 できた〜・・・・、少し焼いて食べてみよう。 俺は、このネギマを焼いて・・・・。』

 『いいな〜・・・俺は、このネギマ。 私も、これだけの大仕事をして、食べずに帰ったら、S社長のことを生涯恨みそうだから・・・・焼いて食べようw   S社長、出口戦略はできているけど・・・収益物件としての部分の考え方にセンスがないというか、収益と出口のバランスが悪すぎる。 吸って美味しい、売って美味しい物件ではないよ。  S社長、センスないよな〜・・・・、不動産投資も、ネギマの串刺しも・・・・・これ、俺のネギマ・・・。。』

2015-05-19-19-46-59


S社長 『不動産投資と、ネギマの串刺しですか・・・・。 これ、俺のネギマですけど・・・・。』

2015-05-19-19-50-55


 『俺も、S社長も、ネギよりも肉好きじゃん。 そのネギマを見ていると、肉とネギが、交互にならんでいるだけじゃん。 そういう考え方の奴は、不動産投資も普通の考え方しかできないんだよ。 俺のネギマには、コンセプトがあるんだ。 まずは、上の段から、脂身と赤身とネギ少々で、かすかなネギの香りで肉を楽しむ・・・、中段は、ネギと肉をバランスよく食べる・・・・最後、肉だけが残り、肉だけを楽しむ・・・。 こういうコンセプトで、ネギマ串を作ったんだ。 S社長は、自分が食べるネギマを、どんなコンセプトで造ったんだ?』

S社長 『ネギマにコンセプトですか??? なんとなく、これが美味しそうと思って・・・これを焼いてほしいと思ったぐらいですかね〜。 近藤社長は、そこまで考えて、自分が食べるネギマを串を造ったんですか???』

 『当たり前だろ〜w 不動産投資、ネギマ造り・・・その他、どんなことでも、ストーリーを考えながらやらないと、美味しい思いはできないものなんだよ。 』

S社長 『それは、ネギマの一段目が購入時、二段目が賃貸、三段目が売却・・・・、肉が旨み、ネギが苦味と考えればいいのですか? ネギマも、物件も、最後は、肉だけ残して、食べて美味しかったとフィニッシュをするわけですね。』

 『そういうことだ・・・、つまり、今回の物件は、バランスが悪い・・・・、ネギの味が残る、糞ネギマ物件なんだよ・・・・。 まあ、ネギが嫌いな物という考え方をすればの話なんだけどね・・・・w』

S社長 『なるほど・・・、今回、この物件は見合わせることにする・・・・。 ネギマ串を造りながらコンサルをしてもらえると思わなかった・・・。 ありがとう・・・www』

読者の皆さんも、何をするにも、コンセプトを考えながら動く癖をつけると・・・・・、何についても、今よりも良い結果が得られるかもしれませんよ。 

ネギマの話で、すみません・・・。

そんなわけで・・・・、愉快なコミュニケーションとコンサルの話を書かせていただきました。

本日も、読者の皆さんにブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 









2015年05月19日

1951) 木造、鉄骨、RC・・・住宅展示場の落とし穴?

ブログネタの選択は難しい・・・。 

ネタがないのではなく、ブログの下の部分にある近藤社長へのメッセージというのに、いろんなご意見を頂くので、どちらを書いたらいいのか迷ってしまうんです。

例えば、今回、不動産投資の話を二回書いたところ、不動産投資は縁遠いので不動産投資の話は住宅を購入の注意点を書いてくださいというメッセージをいただき・・・。

少し前に、マリンスポーツの話を書いた時は、不動産ブログを書いていただきたいとご意見をいただき・・・・。

カンボジアの情報を書いてほしいとか・・・、もう近藤利一ツアーはやらないですか?なんて質問もあったりする。

先日は、ちよっぺんの登場が少ないですねというメッセージに反応して・・・・こんな写真も載せたりしました。

2015-05-16-10-02-58


ちょっと間口を広げすぎたような気がする・・・・・。 

それとも・・・・近藤社長へのメッセージのバナーを作ったのが、まずかったのだろうか・・・・。

うむ〜〜〜

とりあえず、住宅の話を書いてみましょうかね〜。 

私や、弊社の社員が、お客様から、住宅について相談される内容って何だと思いますか??? 

弊社は、年間約100区画の、建築条件のない住宅用地を(宅地分譲セントフィールド)として、販売しているわけですが・・・。

お客様が自由に住宅メーカーを選べるということは、ハウスメーカーの選択の相談や、紹介等を頼まれたりするわけで、木造、鉄骨、RCのうち、どれが良いのでしょう?という質問を受けるわけです。

もちろん、当社で土地を購入していただいたり、ブログの読者さんであれば、相談に乗り、住宅メーカー紹介・・・・時には価格交渉まですることもあるわけですが・・・。

その前に、木造、鉄骨、RCは、何がどう違うのかを説明します。

まずは、最初に、予算を聞きながら、建物の価格をお伝えします。

 『建物の面積が35坪前後で、ある程度しっかりした建物を作ろうと思うと、木造は最低1500万円〜  鉄骨は2000万円〜 RCは3000万円〜ですw これに、土地代と、庭等の外構工事費用と諸費用がかかります。』

まず、この時点で・・・・・。

自己資金と所得をお聞きして、融資が可能であろう金額を算出し・・・・無理のない家づくりをしようとすると、半数以上のお客様が、木造ということになりますが・・・、一応、鉄骨も視野に入れて考えてみましょうという事になるケースが多く・・・・、木造、VS 鉄骨 ということで検討をされます。

RCの方は、極少数と申しますか・・・・・ほとんどいません。

要するに、金額的には・・・・、コストを抑えるなら木造、少し余裕があるなら鉄骨、お金をかけることができる方は、RCも視野に入れて検討できるということです。

つまり・・・・、厳しい言い方をしてしまうと・・・・、予算がない人は、木造、鉄骨、RCの選択権がないということなのです。

勿論、お客様に、あなたには選択権がない!なんてことは言えませんので・・・、木造、鉄骨、RCの価格をお伝えさせていただくということなんですが・・・・。

だからと言って・・・・・、RCや鉄骨が良くて・・・、木造が悪いというわけではありません。 

木造1500万円〜と書きましたが、上には上があり・・・鉄骨やRCよりも高価格の木造住宅もありますし、それ以前に価格どうこうではなく、木造には木造の良さがあります。

住宅メーカー各社と取引がある私が、こういう事を言うのは、まずいのかもしれませんが・・・・私個人としては、木造住宅が好きで、実際、私の自宅も木造住宅です。

それでは、実際に、木造と鉄骨の話を書かせていただくことにしましょう。

まず、木造というのは、大きく分けで、在来工法と、2×4工法があり、在来工法と2×4とは、基本的な構造が違います。 

在来工法は軸組工法といい、柱と梁で構造体を造作するもので、2×4は枠組壁構造といい、木枠パネルによる壁によって構造体を造ってゆきます。

簡単に言ってしまうと、在来工法が柱や梁といった骨組みに、2×4は面によって構成する構造体といえるでしょう。

建築費用的には、同仕様であれば、ほぼ同じくらい〜、5%ぐらい2×4のほうが高い場合もあります。

性能に関しても大差はありませんが、2×4のほうが、間取りが自由になります。

そして、私が、木造を好む理由として、やはり木で造られているからなのか、身体に優しい感じがします。

ただ・・・・欠点もありまして・・・、木のぬくもりを味わえる分、鉄骨やRCほど精巧にできているわけではないので、建ててから木が動くので、昔ほどではないですが多少のズレが生じる部分もありますので、そういうことが許せないという方は、鉄骨かRCにしたほうがいいかもしれません。

次に鉄骨の話ですが、一言で鉄骨といっても、大きく分けると軽量鉄骨と重量鉄骨の2種類があります。

そして、木造の在来工法の骨組みを鉄骨にしたような、軽量鉄骨軸組工法、軽量鉄骨ラーメン工法と・・・・、工場で軽量鉄骨ユニット工法(プレハブ工法)とあります。

軽量鉄骨と重量鉄骨の違いを簡単に説明すると、軽鉄は6mm未満(、重量鉄骨は6mm以上(9mm、12mmがよく使われる)で、読んで字のごとく、軽い重いということもあるのですが、大きな違いは、法定耐用年数は軽量鉄骨造の家で、定かではないですが、確か19〜27年、重量鉄骨造の家で34年だったように記憶しております。(詳しくは調べてください。)


最後に、RCですが、これは『鉄筋コンクリート造』と呼ばれ、木造、鉄骨に比べ、かなり頑丈です。

因みに、RCの法定耐用年数は、47年です。

頑丈であり、遮音性にも長けていますが・・・建築価格は、目玉が飛び出るぐらい高いです。

詳しくは・・・ネットで検索したらいくらでも載っていると思いますので調べてみてください。

さて・・・ここまで書いておいて何ですが・・・・。

木造、鉄骨、RCの、どれがいいのかと聞かれたら・・・・

答えは・・・、予算と好みの問題なんですよね〜。

今は、建材が進化していますし、建築基準法も、きちんとしているので・・・・、1500万円の木造だろうが、3000万円のRCだろうが、通気性も断熱性も良いですし、そんじょそこらの地震で倒れるようなことはありません。

それに、木造だろうが、お金さえかければ、とんでもなく頑丈なものもできますし・・・、鉄骨だって、厚みと加工次第のところもありますし・・・、RCを作ろうと思うと、めちゃくちゃ高いですし・・・そもそも、法定耐用年数なんてものは、税務用に定められただけですしね〜。

実際は、造り方や、建材にもよりますし・・・、メンテ、使い方によっても変わってきます。

選び方を、あえて簡単に言うなら・・・・・。

木造・・・、お手軽な価格と木のぬくもりの住み心地の良さ
鉄骨・・・、広い空間とブランドが好き
RC・・・、頑丈さと静かさと重厚感

でも、住宅選びをされる素人さんって、迷ってしまいますよね〜。

お客様は、家を建てたくなった時に、まず住宅展示場に行かれる方が多いのですが、実は、そこに落とし穴があるのです。

どこの住宅メーカーも、自分の会社の長所しかいいませんから・・・・、自分の会社の建物が日本一って語る住宅メーカーが何社あるんだろう・・・あそこも、ここも・・・(笑)

つまり、住宅展示場に行って、自分に合った家はどこだろうと探すのは、自分で探さなくてはいけないわけで、素人さんのほとんどは、何もわからないまま、自分と家族の感覚だけで選んでいるのです。

今時は、建築基準法が、しっかりしているので、どこで建てても、構造が何だろうが、家選びを間違えたからといって、人生の大失敗をしてしまったなんてことになることは、ほとんどありません。

でも、資金計画の失敗は、人生の大失敗につながります。

まずは、家族で話し合い、ライフプラン、資金計画をしっかりと立てておいて・・・、それから住宅会社、構造を考える。

ハウスメーカーの営業さんに振り回されることなく、建設会社選びを楽しんでいただきたいです。

不動産コンサルマスター近藤の見解としては、土地や、間取り、無理のない計画の方が大事であって、木造、鉄骨、RC、どれにするのかは・・・好みの問題だと思います。

そんなわけで・・・。

良い家づくりをしたいのであれば・・・、在庫が残り少なくなってきた、自由国民社から出版された、満足する不動産を買いたいならこうしなさい!を、全国の書店か、アマゾン等で、お買い求めになることをお勧めします。

近藤利一  満足する家を買いたいならこうしなさい!


あっ・・・これ・・・、私が書いた著書でした。
(笑)

今日のブログの話は、何にしようか迷いに迷ってから・・・、木造、鉄骨、RC・・・どれがいいの?を書かせていただきましたが、こんなオチで、失礼させていただこうと思います。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます