2014年11月

2014年11月29日

1883) 急遽カンボジア・・・。プノンペン▶︎シアヌーク

今週、入っていたアポイントメントを断ったり、ズラしたしていただいた皆さん・・・大変申し訳ございませんでした。

本当に・・・本当に・・・ごめんなさい。


本当は、12月に行く予定だったんですけどね〜・・・・。

今回、カンボジアに飛んだのは・・・、法人設立後に、カンボジア税務署に届け出を出していなかったので、罰金がきていたのです。

まあ、ペナルティーは日増しに溜まって行くにしても、ビジネスの航空運賃約30万円と宿泊代約20万円、合計50万円と比べると比較にならないぐらい安いので、12月でいいや〜と思っていたのですが・・・・。

ライセンスと、マリンのオープンの時期、コンテナの引き取りの問題が出てきまして、11月中に、カンボジア税務署に行って、登録をして・・・全部の指の指紋をスキャナーしてこなければいけないということで・・・・、急遽、カンボジアへ飛んだのです。

カンボジア到着後、ホテルにチェックインして、焼肉屋で、あれこれ段取りをしてくれているCくんと、運転手兼、ボディーガードの人たちと、翌日からのスケジュールの打ち合せをしました。

Cくん 『シャチョー・・・、明日は、シアヌークを往復しますよ。』

 『嘘だろ? 片道、5時間として、往復10時間じゃん・・・無理だよ。』

Cくん 『大丈夫です・・・、朝5時に出発するので・・・・w』

 『カンボジア人は、働き者だな・・・シアヌークに一泊しようよ・・・俺、ホテル代出すんで・・・・。』

Cくん 『シャチョー、みんなそうしたいですけど、スケジュール的に、シアヌークに、一泊だと厳しいですよ。皆も頑張るので、社長も頑張ってください。』

 『嫌だ・・・・。 それなら・・・・アイド ライク ヘリコプター・・・、タケコプターでもいいよ・・・ ジャパニーズ ドラえもんw』

Cくん 『シャチョー その日本語、難しいです。 理解出来ません。』

 『うむ〜・・・・・・OKファーム(改OK牧場) It can not be help even if you do not like it. 嫌だけど、しかたがないからいいよ・・・O.K., I'll go. Let's go by car.』

そんなわけで・・翌朝・・・早朝5時に起きて出発・・・・。

4時50分まで寝ていたので、慌てて飛び起きて鞄に荷物を詰め込んで、車に飛び乗りました。

1時間ほど走ったところで・・・・・。

2014-11-26-09-12-32


 『Cちゃん、お腹すいた〜・・・。 朝飯食って、歯磨きしたい・・・・。 ついでに、I think・・・お腹がいたくなるから・・・ウ◯コもしたくなると思うから清潔なトイレがあるレストランがいいな〜・・・・。 』

Cくん 『この道には、清潔なトイレはないです・・・。 ちょっと清潔は、あるよ。』

そんなわけで・・・・。

2014-11-26-08-42-54


まずは、朝飯・・・・、蒸し豚は、キッコーマンをかけたら、何となく焼豚風・・・、麺も、スープを入れて醤油をかけたらウドン風・・・、揚げパンは・・・何となく、油が嫌な感じがしたので、食べませんでした。

そして・・・肝心のトイレは・・・とてもじゃないですが、ブログにアップできません。

どれくらいのレベルかと言うと・・・洗面所すら使うのが嫌で・・・・。


2014-11-26-09-00-08


ミネラルウォーター片手に、外で歯磨き・・・朝のトイレ行事は諦めました。

そして更に車で行く事1時間・・・・・。

お寺に寄って、お参りをしました。

2014-11-26-10-55-10


お寺をアップしても面白くないので・・・・お寺の裏で、サルと戯れて、さぼっているお坊さんをバックに、自撮りで・・・・。

そして更に、1時間ほど走り・・・・・国道4号線沿いのコンビニに行きました。

セブンイレブンやファミマでもなく、サークルKでもなく、ミニストップでもなく・・・・。

2014-11-26-10-01-18


クメール商店って感じですかね〜w

ここで、氷と水とコーラとファンタと・・・美味しそうな蜂蜜を買いました。

因みに、この蜂蜜は、ザラザラしてますが、めちゃくちゃ濃厚で美味しかったです。

そして・・・・また1時間ほど走り・・・シアヌークビルへ到着です。


残念ながら、雨の後で、海は、奇麗じゃなかったので、前の画像を・・・・。

シアヌーク シーチャイルド


とりあえず、税務署に出すための写真を何枚か撮りました。

まずは、会社の建物の写真です。

2014-11-26-12-49-30


次に・・・、とりあえず簡易で作った仮看板の前でも・・・。

千代田のCMと同じポーズですみません(笑)

2014-11-26-12-48-38



そして・・・ここでは、シアヌーク市に出す書類にサインをしました。

弊社の建物でやりとりをしたのですが・・・・・。

2014-11-26-12-58-00


普段の不動産の契約も、こんな素敵な場所で出来たらいいな〜なんて思いながらサインをしました。

もちろん、内容は、Cちゃんと、地元警察に間違いない事を確認してもらいましたが・・・・。

とりあえず、あとは、この書類を警察の方に出しに行っていただくだけ・・・・、シアヌークでの仕事は終わり、私の会社で、シアヌークの現地のスタッフと、協力者たちと、食事をしました。

image


料理は、蟹、海老、野菜炒め、白米・・・他・・・。

ジェットや、フライボードの映像を見せて、みんなで大盛り上がりで・・・、味は、美味しくないんですけど、みんなで騒ぎながら食べるご飯は最高です。


クメール語を中心に、英語と、片言の日本語で、お互いに意味は半分位しか分かっていないんでしょうけど・・・・、飲めや食えやのドンチャン騒ぎで、めちゃくちゃ楽しかったです。

笑顔と笑い声は世界共通・・・私の手品とブレイクダンスも、めちゃうけでした。

カンボジアの柔らかい動きのダンスも教えていただきましたが、ステップと手の動きが独特で、それはそれは難しいダンスでしたが・・・、皆、私に伝授しようと・・・、手取り足取り真剣に教えてくれて・・・今度は、カラオケに行って踊る約束までしました(笑)

そして・・・・。

Cくん 『シャチョー・・・帰りましょう・・・・w』

 『嫌だ・・・・。 まだ帰らん・・・。Swimming in the sea is great fun. We are Sea Child.  Come and play.

近所で、2サイクルのボロボロのジェットがおいてあったので借りて来て・・・・。

全員、ジェット未経験者ばかりだったので・・・・・・。

まずは、お手本を見せて・・・・・。

2014-11-26-13-46-25


その後、順番に、後ろに乗せて・・・・親切丁寧に。

2014-11-26-13-47-48


フルスロットォォォ〜〜〜www

って言っても、パワーがないので、全然ですけど・・・、それでも、みんなを海へ、ドボンドボン・・・・、めちゃ面白かったみたいで、全員、大騒ぎ・・・w

軍の方々も、警察の方々も、初めてのマリンスポーツに大興奮www

2014-11-26-16-14-51


実は、カンボジアの会社名を、シーチャイルド、コンポンサムにしたんですけど・・・、まさにシーチャイルドwww

2014-11-26-16-15-15


ちょっとピンぼけしてますけど・・・皆、こんな感じで・・・・w

みんなの笑顔を見せられないのが残念です。


2014-11-26-16-13-53


そんなわけで・・・我々、SEACHILDたちは、夕方近くまで、一台のボロジェットを交代で乗り回して遊んだのでした。


そして、帰り際に・・・・・。

 『ハーイw  Ladies and Gentlemen, Ladies is not here. I am no favourite with the ladies.(俺は女にモテないw) ネクスト、マンス・・・、ヒアー、カムs ザ、ハイパワージェットスキー&フライボード・・・。 アイ ラブ・・・カンボディア・・・ Let's hang out again.』

こんな変な英語で、意味が通じたようで、大盛り上がり・・・・www

一人ずつ、がっちりと握手を交わして、シアヌークビルを後にしました。



プノンペンに帰るのが、すっかり遅くなってしまい・・・あたりは真っ暗・・・w

Cくんと、ボディーガードは、車内でも、興奮冷めやらぬ様子で話をしてくる・・・が・・・・。

 『アイム・・・スヌーピー・・・w じゃなくて・・・、アイム スリーピー・・・。 俺、寝るわ・・・・』

Cくん 『・・・、シャチョー寝るんですか・・・・・???』

 『I think・・・You are very very very 超very good driver.  Because・・・ I'm going to sleep soon.』

Cくん 『どうぞ・・・w 疲れましたねw  おやすみなさいw』

シアヌークビルから、プノンペンに向かい、反対車線を使い追い越しまくり激走する車の中で、彼の運転を信じて・・・、私は、爆睡しながらプノンペンに帰ってきました。

レクサスのエンジン音よりも、車内の音楽よりも、大きな音でイビキをかいて寝ていたらしいです(笑)

明日は、今日の書類の一部と、写真を持って、税務署に行ってきます。

そんなわけで、本日も読者の皆様に、留守中のブログランキングの投票をお願いして失礼いたします。




いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 


2014年11月26日

1882) 人の死と借金について

不動産業界で仕事をしていると、人の死というものに深く関わることが多い。

こう書きだすと・・・、平成27年からの相続税の事を書くのかな〜と思う読者も多いと思うが、相続税が高くなるなんて話は、他のサイトにいくらでも書いてあることなので、今日は、ちょっと違う観点で人の死と借金についての話を書かせていただくことにします。


まず、その前に、当たり前の事を書きますが、人は必ず死にます。

私も、貴方も・・・・早いか遅いか分かりませんが、いつか必ず死にます。

私は、知人が亡くなった時に・・・・、この人は、死ぬ間際に、生涯を振り返り何を思いながら死んだのだろうか?と考えます。

本人以外誰にも分からない事ですが、私は、良い人生だったと思いながら死にたいですし、おそらく誰もがそう思っているのではないでしょうか?

そして、私は、手を合わせながら、今までありがとうございました。 長い人生、お疲れ様でしたと・・・手を合わせます。

めちゃくちゃ仲が悪かった人でも、大嫌いな人でも・・・死んだら無ですから、生前がどうであろうが、お疲れ様でしたです。


うまく説明出来ないが、人の死は絶対的なものであって、人が死んだ時に、家族、親戚、友人、知人等・・・残った者が、亡くなった方へのお別れをする儀式が、葬式、もしくは告別式であり、その際に、感謝、悲しみ等、手を合わせていろんな気持ちを伝えるのが常識であるはずなのだが・・・・・。

世の中には、ありえない浅ましい奴や、そいつ自体が生きていることが恥ずかしいぐらいの奴がいます。

特に、最近、そんな経営者が増えた気がするんですけど・・・。

今年の夏に、経営者の集まり等でお世話になった方がYさんという方がお亡くなりになりました。
Y社長とは、別の経営者のA社長という方の紹介で知り合い、経営者の会での旅行やゴルフ等で顔を合わせた程度の付き合いで、そんなときに、何度か不動産の相談にのった程度の付き合いだったのですが、旅行やゴルフに行くと、場を盛り上げようとして騒ぐ人だったので、何となく好きで、亡くなられたと聞いた時には葬儀に行き手を合わせました。

その際に、葬儀の会場で合ったAという経営者が、私に近づいて・・・・。

A社長 『おうっ、近ちゃん・・・久しぶりだな〜w  俺さ〜・・・この間の旅行の時に、初日からカジノでやられちゃってさ〜・・・、あいつに100万円借りたんだけどよ〜。 あいつ死んでまったで100万円儲かったがや〜w 俺は、ラッキーな男だw 普通は、先に死んだもん勝ちで、俺が香典を損して終わるんだけど、あいつに関しては、100万借りてたから、香典と花を引いても98万円儲かったw』

 『Aさん、今、そんな話をしなくても・・・・。 葬儀の最中じゃないですか・・・。 廻りに聞こえますよ・・・・。』

この時に・・・・・、A社長は、従業員を100人以上使って商いをしている社長のくせに最低の人間だな〜と思いながらも、私よりも年上の経営者であったということと、葬儀の最中だったこともあり、不謹慎ですよ〜ぐらいの感じで終わったのですが・・・・・。

先日、A社長から、電話がかかってきまして・・・・・。

A社長 『この間のY社長の葬儀は、お疲れさんでした。 近ちゃんにお願いがあって電話したんだが、俺、前の旅行でY社長から100万円借りただろ? あれ、返さずに済んだと思ってたら、Y社長が俺に100万円を貸したことを手帳に書き記していたみたいで、奥さんから電話がかかってきて、100万円のことを聞かれたんだわ・・・・。 』

 『ほぉ〜w 悪い事はできませんねw ご遺族に返してあげたら喜ばれますよ。 まあ、Y社長のご家族ですから、そこまでの価値は感じないかもしれませんが、ちゃんと返せて良かったじゃないですか・・・w』

A社長 『それがな・・・話を最後まで聞け! 俺は、Y社長の奥さんに、帰りに空港で清算した。 返した時に千代田の近藤さんもいたと言っておいたから、もし、聞かれたら、俺がY社長に金を返したと説明してやってくれよ。』

 『それはできませんよ〜・・・。 ねこばばの手伝いはできません。』

A社長 『そんなこと言うなよ〜。 口止め料で10万円やるから、口裏合わせしてくれよ。 多分、わざわざ近ちゃんとこに電話してくることはないと思うけど・・・・電話があったら、返していたと言ってくれよ。』

 『A社長・・・借りた金なんですから、本人は死んでも相続人に返しましょうよ。 Yさんの奥さんに聞かれたら、本当の話しをしますからね。 俺、ねこばばの手伝いするの嫌ですから・・・・・。』

A社長 『ねこばばとか言うな。 返そうと思っていたらYが死んだんだから、あいつは不運で、俺がラッキーだっただけだ、それに、返したと言ってしまったからには返したで通さないと格好つかんだろうw まあ、Yの奥さんから近ちゃんとこに電話があることはないだろう。』

本当に最低の奴でしょ・・・・ありえんです。

それが、世の中そんなに甘くない・・・・。

これが、亡くなられたY社長の奥さんから電話がかかってきたのです。


Yさんの奥様は、丁重に葬儀のお礼と生前のお礼を言われた後に、Y社長が生前残した手帳に書き記した内容を説明してくれました。

手帳には、A社長がカジノに負けたから100万円を貸した事が、時間と場所付きで書いてあったらしいです。

そして、奥様が言うには、Y社長は、お金を貸したり、約束をした場合は、必ず手帳に書いて、お金の返済や、約束の実行がされると、二本線で消すのが癖だったらしく、奥様としては、この100万円は、帰って来ていないと思っているようでした。

私は、Y社長の奥様に、聞かれて、迷いに迷いながらも・・・・・・。

 『私の記憶では、A社長は、Y社長に100万円を返していないと思います。 ただ、だからといって A社長は、ネコババしようとしたのではなく、勘違いをなさっているだけだと思いますよ。 とにかく、私は、返済している場面を見たわけではないですが、でも、お二人の事なので、返したのか返していないのかは、いまいちよくわかりません。』

本当は、A社長の最低な行いを暴露したかったのですが、まあ、当たり触りなく、大人の対応をしたつもりだったのですが・・・・・。

奥様との電話を切ってから、A社長から激怒モードで電話があり、私は、怒られまくりました。


A社長が私に発した言葉は、『お前、この間電話で、返したって言えって言っただろう・・・、裏切り者・・・人として信用できん・・・・。』

私から言わせていただいた言葉は、『悪い頭でよく考えろ・・・、お前が裏切り者で一番信用できん、ネコババ野郎なんじゃね〜かw』

少々、口論になったが、A社長は反省の色なし・・・。

事を大きくされると嫌だから、最終的には引いたのだが・・・、結局、このA社長は、Y社長の奥さんには、生前に返したと言い切ったらしい・・・。

A社長浅ましい・・・。

恐らく、A社長の好きな言葉は、死人に口無しなんだろうな〜。


従業員100人以上の会社の代表取締役とは思えません。

亡くなられたY社長に対して金を踏み倒し、その奥様に嘘までついて・・・。

この件は、ここまでとしておくが、全体的に、義理人情、人間美学がない経営者が増えた気がします。

表面的なものだけで、中身がない・・・、真の優しさ、男気を持った人がどんどん減っているように思います。

これは、隣地トラブルや、相続にも言える事で、隣地トラブルで言えば、お互い様ができなくなり、相続で言えば親兄弟に嘘をついたり、泣かしてまで自分の取り分を増やそうとする人が、本当に増えました。

これからの日本は、どうなってしまうんでしょう?


さて、この話は、ここまでにして・・・・緊急事態です。

2014-11-25-22-49-07


カンボジアで法人手続きの一切を任せている、Cくんから、電話が・・・・・。

Cくん 『シャチョー・・・、大至急、カンボジアに来てください。』

 『来月行くじゃん・・・。先週、コンテナ送ったけど、まだ着かないでしょ?』

Cくん 『それまでに、やることをやっておかないと、いけなくなったんです。 直に来て、会社の前で看板といっしょに写真を撮って、プノンペンの税務署に言って、指の指紋を登録しなくてはいけないのです。 ペナルティーくるし・・・これからのカンボジアは、きちんとした会社を作って、いろんなライセンスを取っておかないといけないのです。』

 『でも、急に言われても・・・・。まあ、仕方ないか・・・・。明日、行くわ・・・。』

2014-11-25-10-15-19


ということで、航空券を、特別なルートで手配して・・・、一週間分の24件のアポイントを代役立てるか、延期して・・・・・・。

2014-11-25-15-01-57


翌朝・・・、つまり、今日・・・・ベトナム経由でプノンペンに入りました。


流石に、翌日の航空券を取って海外に飛んだのは初めてです。

早速、プノンペン市内の日本クオリティーの焼き肉屋に駆け込み、打ち合せをしました。

2014-11-25-22-00-06


明日は、朝の5時に起きて、片道5時間、往復10時間・・・・プノンペンとシアヌークを往復してきます。

今日は、丸一日、飛行機に乗っていて、明日は、丸一日車で移動・・・日本で社長業をしているよりも、ちょっとハードです。

そんなわけで・・・土曜日まで、カンボジアにいます。


本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼致します。






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 



2014年11月24日

1881)感謝 セントフィールド津島SE

今月の始めに販売を開始したセントフィールド津島SEですが・・・。

先々週と先週の販売会に、大勢の皆様が見学に来てくださりました。


久しぶりの一般のお客様への販売という事で、ドキドキしておりましたが、弊社のチラシを見て来てくださった方、弊社の営業が連絡をして来てくださった方、住宅メーカーの営業さんが連れて来てくださった方等、ご来場いただきましたことに心より感謝申し上げます。

2014-09-04-11-41-54


弊社のイメージキャラクター  街の不動産営業マン ちよっぺんと、その子供、ひなっぺんたちも、皆さんとお会いできましたことを大変喜んでおります。

おかげさまで、A・B・C・D・E  5区画全てに購入申込みが入りました。


BlogPaint


現在は、1番申込みの受付を終了して、各区画2番申込みの受付をしております。


私は、バタバタしていて1回しか顔を出せませんでしたが、数人ですが、お客様と話をすることができました。

土地の仕入れや、分譲地の企画もいいですけど・・・、やっぱり、これから家を建てられる方と接するのはいいですね〜。

話していると、お客様の住宅に対する未来へ希望というか家族への愛情というか・・・うまく表現できませんが、そんな思いが、こちらまで幸せな気持ちになり楽しくなってきます。



しかし、今回、ちょっとしたミスというか、私自身がやらかしてしまったというか・・・・・・。

Mさん、本当に申し訳ございませんでした。

私が、いつも通りに、お客様に、セントフィールドの話を熱く語る・・・・・。

お客様は、私のブログの読者で、見に来て私と話して、すでに買う意思を固めている・・・・。


 『本当に買っちゃっていいんですか???  この申込用紙を記入してローンが通ったら・・・、ここに家を建てて住み、ここで生活が始まるんですよ。 ここで、この子たちが育ち、ご主人さんも、ここから毎日仕事にでかけて、ここに帰ってくる。 私は、お客様の話をお聞きして、不動産のプロとして、ドンピシャの土地だと確信したのでお勧めしましたが・・・、好みは十人十色です、後悔しないなら買っていただきたいですけど、後悔すると思えば、今日は申込をやめましょう。』

お客様 『車さえあれば、とても便利な場所だし、この静かな雰囲気が子育てにいいと思ったので、ここでいいかな〜って・・・・。 住んでみないとわかりませんが、迷ったら買えなくなりますし、この場所ですし、社長さんが丹精こめて造り私たちに勧めてくれた土地なので、後悔はしないと思います。 社長さんの本にも、80%だったら買いなさいと書いてあったじゃないですかw』

 『うわ〜・・・買ってくれたんですかwww めちゃくちゃ嬉しいですw あはははw 著書のご購入ありがとうございました。 それなら、尚更、後悔しない様にご決断くださいw 私の著書、満足する家を買いたいならこうしなさい!と読んで、当社で買って後悔されたら私も困りますので・・・。 』

お客様 『あはははw 社長さん、ブログのまんまですね〜w 全く売る気がないんですね〜w』

 『いいえ・・・。 売る気は満々ですけど、後悔されるぐらいだったら買ってほしくないだけです。 一生住むであろう家を買って後悔されたら、一生後悔されるってことだから・・・。 人様の人生って考えると、適当な事を言ったり、強引に売るべきではないと思うんですよw』

お客様 『社長さんは、そういう考えなのに、私たちに、ここがいいと言ってるわけだから、買ってもいいと思ったんですけど・・・・。 私たちは、住んでもいいな〜と思いますが・・・、正直、私たちにとって、本当にここがいいのかどうか、別の土地のほうがいいのか分からないんですよね〜・・・・。』

 『うむ〜・・・・。 そう言われると、ちょっと私も悩むな〜。  ご主人様の通勤、子供たちの事、奥様も車を持ってるし・・・、住環境も気に入ってくださっているようなので、プロ的に、いいんじゃないかな〜と思いましたが・・・、ご主人さんも、奥様も若いので、もう2〜3年考えてもいいんじゃないかな〜とも、ちょっとだけ思ったりして・・・・w』

お客様 『え〜〜〜! 社長さんにそんなことを言われると不安になるじゃないですか。 時期的に早いということですか???』

 『いや・・・。 早いほうがいいに決まってるんですけど・・・、すぐにでも買わなくてはいけない年齢ではないと思うんです。 もしかすると、もっと良い場所がでてくるかもしれないじゃないですか。 買っちゃったあとから、別のチラシを見て、やっぱりここが良かったなんて思われると嫌だな〜と思っただけです。 後悔しないなら申込をしてください。しか言えませんねwww』

お客様 『なるほど・・・。 じゃあ、とりあえず物件の申込をしておいて、1週間後悔しないか考えさせていただけませんか? 1週間経っても気が変わらなければ、この先も後悔しないんじゃないかな〜と思いまして・・・。』

 『それはできません。 確実に買うということでなければ、申し込んでもらったら困ります。 お客様が申込を入れたら、他の方は、ここが欲しくても他の区画に申込を入れる訳です。 融資が通らないとか、その他、よほどの理由があれば別ですが、とりあえず申し込むというのは受付できません。よ〜〜〜〜く考えて後悔しないなら買ってください。』

お客様 『うむ〜〜〜。 困ったな〜・・・。 どうする???  ん〜・・・・。 後悔しないか・・・・。 子供が小学校に入るまでには建てたいんだよな〜・・・・。』

 『それでしたら、今日は、申し込むのをやめて、後悔しないという結論に達してから申し込みましょう。 縁があれば残っているでしょうし、縁がなければ売れちゃうでしょうし・・・。 売れちゃった時は、縁がなかったということで・・・別の土地を探しましょう。』

お客様 『縁ですか・・・・。 ん〜・・・・・。  そうですね。  そうします。 たぶん後悔しないと思うんですけどね〜・・・・。』

そんなわけで・・・・、その後、ちよっぺんの話で盛り上がり、この日は、帰っていかれました。

その後、接客した営業は、何となく不機嫌で・・・・。

申込をいただける人を返してしまったという見解なんでしょうけど・・・・。

歩合色が濃い業界ですしね〜・・・・、でも、チラシじゃなくて、元々、私のブログの読者なので・・・担当は、社員になったとしても、私は、私のやりたいようにやらせていただきますw

それはそれで、いいのですが・・・・・・。

実は・・・、その後・・・・。

他のお客様から、私が対応したお客様のMさんが考えていた土地の申込が入ってしまいまして・・・。

担当営業が、お客様Mさんに売れてしまった連絡をしたところ、社長と話したいとおっしゃったらしく・・・、私が、電話をさせていただきました。

あれから、いろいろ考えて、親にも見せて、両家両親のOKももらい、申込の電話をしようと思っていたところに、うちの営業から予約が入ったという電話をうけたらしく、購入するから、1番申込をさせてほしいということでした。

 『申し訳ございません。 先着順なので・・、申込をしてくださったお客様には、1番申込として受け付けたとお伝えしてしまっているので・・・・。 先週、お話したように、ご縁がなかったということでご納得いただけませんでしょうか?』

お客様 『ご縁がなかったらという話は聞きましたけど、私たちは、あの土地の購入を決めていたのに、社長さんが、あれこれ言って、申込をさせてくれなかったんじゃないですか? 何とか、してくださいよ・・・社長権限で・・・。』

 『それはできません。 2番申込を受け付けることはできますが、1番は、すでに入ってしまいましたので・・・・・。』

お客様 『2番申込をしたら買えるんですか? 可能性は高いのですか?』

 『それは分かりません。 怒られるのを覚悟で、また同じ事を言いますが・・・ご縁があれば買えると思います。  でも、もしも、買えなかったら、それは、この申し訳なさが私の脳裏に残りますので、今回以上に、M様にとっての良い条件の土地を、プロとして、千代田の代表として、何が何でも出してきます。』

お客様 『良い条件というのは、どういう土地ですか? 広いか、安いということですか?』

 『それは、わかりません。 基本的に、お客様の幸せを第一に考えたときに・・・、支払いの予算は考えますが・・・、土地の安い高い、広い狭いの条件を第一に考えることはしません。 M様のご家族とって、今よりも良い条件の土地を、先日お聞きした、予算の範囲内で探すつもりです。』

お客様 『社長さん、できれば、津島でも、あのあたりがいいんですよ。 私の通勤も、私と妻の実家の距離も抜群なんですよ。 2番申込はしません。社長さんを、信用して待ちますので、宜しくお願いします。 できれば、半年以内ぐらいで・・・最悪でも、子供が小学校に上がるまでには家を完成させたいので宜しくお願いします。』

 『わかりました。 お任せ下さい。 めちゃくちゃ、気合いINしましたんで・・・。 逆に・・・M様の口から・・・、あの時、ご縁がなかったのは、この土地に出会う為だったと言わせてみせます。 今しばらくお待ち下さい。 必ず結果は出しますが・・・、この度、不快な思いをさせてしまったことに対して深くお詫び申し上げます。 すみませんでした。』

お客様 『社長さん、もういいですよw  そういう固い謝り方をされると、こちらも申し訳なくなるのでやめてください。 もう、分かりましたから・・・w 期待して待ってますwww』

そんなわけで・・・・。

営業には嫌な顔されるし・・・お客様には不快な思いをさせてしまったし・・・、まあ、考えてみれば、余計なお世話というか、出しゃばりすぎたのかもしれません。


土地というのは、難しいですよね〜。

プロとして、お客様の話を聞いて、その土地とお客様のマッチング度合いを計りアドバイスをすることはできますが、お客様の感性は100人100色なわけで・・・。

大きな枠はあるにしても、高い安い、良い悪いというのは、その人の感覚の話ですし・・・・。

自分たち家族に、その場所、地形、時期等が、合っているかいないか・・・・、そして、家を建ててから何十年の間に変化するライフスタイルによっても感覚が変わってくる訳ですし・・・。

改めて、土地の薦め方の難しさを考えさせられました。


いらんこと、言わなきゃ良かった〜なんてことを少しだけ思いながらも・・・、何が何でも、Mさんにとっての、今回の土地以上の物件を見つけたいと気合いINしました。

M様の件は、重々反省をしながらも・・・・。

これから家を購入するお客様たちと話ができて楽しかったです。

不動産の原点って、ここにあるんですよね〜



そんなわけで・・・、セントフィールド津島SEの、全区画申込のお礼と、お客様に不快な思いをさせてしまったことへの反省の思いを書かせていただきました。

本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼致します。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます