2014年05月

2014年05月22日

1790) 同業者さんの面白い話

同業者の社長さんから、慌てた声で電話がありました。

社長さん 『近藤社長、お忙しいですよね〜・・・・・。』

 『ど・・・どうしたの???  何か、タダならぬ雰囲気を感じるから、ちょっとだけならいいよ。』

社長さん 『実は・・・・、事務所の前の駐車場に車が停めてあって、私の車を封鎖してるので、出かけたいけど、車が出せないんです。』

 『ほぉ〜〜〜w 楽しくなってきたな〜w で・・・・、最近、何か、ヤバい橋渡ってるの???』

社長さん  『いえいえいえいえいえいえ・・・・決してそんなことは・・・・滅相も御座いません。 でも、レクサスの4WDみたいな車をドーンと停めて、完全に私の車が出られないように封鎖しています。 人が下りてきて、駐車場で何をするわけでもなく立ってます。 何なのでしょうね〜?』

 『なるほど・・・・w  敷地の中にいるってことだよな〜・・・・、車でも人でもいいから撃ってみたら・・・・? BB弾のライフルとか、持ってる???』

社長さん 『ありませんよ・・・・近藤社長じゃあるまいし・・・・。 でも、人の家の敷地に車を停めて何をやっているんでしょうね〜???』

この不動産会社の社長さんの事務所は、住居兼、事務所になっているのですが・・・・、駐車場は、車が7台ぐらい停まるようになっているんですけど、見た目は住居っぽいので、知らない人が車を停めるような感じにはなっていないはずなのですが・・・・・。

 『うむ〜・・・・考えるくらいなら、おめ〜人ンとこの事務所に車停めて何をやってんだぁ〜?って聞いた方が早いんじゃない???』

社長さん 『いや・・・・、人の事務所の前に車を停めて通せんぼして、普通じゃないですよ・・・・。 何か、恐いな〜・・・。 でも、もう出かけないといけないんですよ・・・・、あっ・・・・、何か、ガラの悪そうな学生が、数人入ってきました。   あっ・・・、また増えた・・・・全部で、10人ぐらいになった・・・・。』

 『へぇ〜・・・、木刀とか、警棒とか持って集まってるの? 凶器準備集合罪か?(笑)』

社長さん 『そういう感じではないですけど、大人1人、学生10名ほど・・・・うむ〜・・・・。 ・・・・・・・。 限界だ・・・・。 もう待ち合わせの時間に間に合わなくなる・・・・。』

 『別に、そんなもんは、どこに車停めとるんじゃ〜ボケ〜って怒ればいいだけじゃないの? それが嫌なら、車に乗って、クラクション鳴らしまくったらいいんじゃない?』

社長さん 『そ・・・そうですね〜・・・。 行ってきます・・・・。 何かあったら警察を呼べばいいですよね〜。』

 『うん、警察と、俺に電話して〜w』

ということで・・・・いったん電話を切りました。

そして、数分後・・・・、社長さんから電話がありました。


このヤカラの正体は、中学校の先生だったそうです 

人様の会社の敷地に車を停めて・・・・・その会社から車が出られないように封鎖しつつ・・・・、自転車通学の生徒の二列三列並びを取り締まり、人様の駐車場の中に生徒を呼び入れて・・・、『近所の人に迷惑をかけるな・・・』と激怒していたらしいのです。


社長さん 『・・・・・・。 ということでした。』

 『それで・・・・・・、先生に、お前が一番近所迷惑なんだ!って教えてあげたの???』

社長さん 『いえ・・・。 先生にも立場があるでしょうから強くは言ってません。 車を出したいので、移動していただけませんか?と言ったら、先生が、すみませんって謝ってくれたんですけど・・・・、生徒たちに、お前らのせいなんだから、お前らも謝れって・・・・、中学生たちにまで頭を下げられてしまいました。 』

 『あははははw その先生、脳みそ膿んでるな〜・・・w そういう先生から教育を受けていると、おたくの地域の子供たちは、全員、常識知らずに育つ・・・。 学校に、電話を入れて注意しておいたほうがいいよw 議員経由で、教育委員会に抗議してあげようか???』

社長さん 『いえいえ・・・逆恨みされても嫌なので、もういいです。 でも、一言、車を停めさせてください!って言ってくれれば、地域の事なので協力をさせていただくんですけど・・・何故、人の会社の店先の駐車場に無断で、しかも車が出られないような停め方をするんでしょうね???』

 『うむ〜・・・・・。 俺も、前に現場の土泥棒を辿ったら、教育者だったことがあって、土泥棒という言葉を使って注意したら、逆ギレされた事があったな〜・・・・。 うむ〜・・・・、常識のある人と、全く常識のない方と、極端な業界だよな〜・・・。 うちのお客さんや、私のクライアントの中には、教育者の人もいるけど、皆さん、常識人すぎるくらい常識があるんだけどな〜・・・・・。』

社長さん 『どこの業界も、いろんな人がいるんですよ。 うむ〜・・・・季節の変わり目だと、変った人が、出てくるじゃないですか・・・・そういう事にしておきましょう。』

 『そうだな・・・。 まあ、その中学校の先生も、別に、フ〇チンでコートを着て、会社の前に立っていたわけじゃないから、まあいいか〜・・・・。 でも、一言ぐらい怒って、教えてあげたほうが社会のためになったんじゃない? ほんじゃ〜・・・仕事、頑張ってください・・・・、あっ・・・この話、ブログに頂きますね。』

社長さん 『えっ・・・、もしも、万が一、ブログを読んでいたらいけないので、やめてください。』

 『大丈夫だよ。 場所が分かるような事も愛知県の南西部ぐらいしか書かないし、車種も4WDタイプのレクサスって書くだけだから・・・・。』

社長さん 『それ・・・・かなり特定できてしまうんじゃないですか? 書くなら、しばらく経ってからにしてください。』

 『そうだね〜・・・・。 しばらくってのは、個人差があるけど、まあ、常識の範囲で、しばらく経ってから書きますね。』

そんなわけで・・・・、しばらく経ったので書かせていただきました・・・、でも、まあ、変な事ではなく、先生が生徒を注意していただけで良かったです。

愛知県の南西部の方の某中学の先生の話でした。 

ということで、今日も、ブログランキングのバナーのクリックを宜しくお願いします。

それでは、皆さん、また次回お会いしましょう





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック





2014年05月19日

1789) 断られた時の対応

今日は、嬉しい事がありました。 

以前、5〜6年前の話ですが・・・・、契約直前にドタキャンをされたことがありまして・・・、そのドタキャン会社の社長さんから電話があり、大きなお仕事をいただきました。 

この会社は、以前、新社屋建設用地を探していまして、弊社が物件資料を出したところ、購入したいということで買付証明をいただき契約日を決めました。

と・・・・簡単に短く説明をしましたが・・・・、不動産業者の方はお解りになると思いますが、買付をいただくまでのの間には、それはそれで大変な作業がありまして・・・、あれを調べて欲しい、これを調べて欲しい、条件的にあれをこうしてくれ、それをこうしてくれと・・・・・調査して、条件調整をして・・・・買主の会社の役員会を通って、やっと買付をいただき、契約日を決めたわけです。

大手の会社に購入していただくには、それなりに大変なんですけど・・・・・。

何か月も頑張ってきて・・・・・やっと決まったと思ったら・・・・、役員数名が別の土地を見付けてきて、再度、役員会が招集されて、ドタキャン・・・・。

社長が、役員一人を連れて私のところに、断りに来て、申し訳ないと頭を下げたわけです。 

その時、私は、弊社の社員の苦労や、自社の資金繰り、下請けさんたちの調査や見積もりを何回も出した事を考えて・・・・、めちゃくちゃ腹が立ち、顔が熱くなったのを覚えています。

私は、『大きな会社が、買いますって書面まで出して契約の調整までさせておいて、今更、何を寝言を言ってんだぁ〜。 』と怒りたかったが・・・・・・。

グッと堪えて・・・、『言いたいことは、沢山あります。 でも・・・、分かりました。 この事がどういうことなのか分かっているからこそ、社長さんが、自らお詫びに来て頭を下げにきたのでしょうから、けっこうですよ。 まあ、弊社の土地よりも良い土地が見つかって良かったじゃないですか。』

そう言って、笑顔で許しました。

先方の社長さんは、連れてきた役員さんと、『申し訳ございませんでした。』と、10秒ぐらいでしょうか・・・深々と頭を下げて帰っていきました。

あれから5〜6年経ちました・・・・・。  

本日、そのドタキャン会社の社長さんから電話があり、当社に子会社の土地の売却をお願いしたいという電話がありました。

来週、子会社の社長を連れて、弊社に来てくださることになりました。 


名古屋支店 ソファー


今考えると、あの時、正直・・・・めちゃくちゃ悔しくて、腹が立って・・・、罵声を浴びせたいのを堪えて・・・笑顔で、『わかりました。』と言った事が・・・・・、今回、大きな仕事を頂く結果になったのです。

本当に嬉しかったです。 



ここで、ほっと一息、ブログランキングの投票をお願いいたします。

この下にある、人気ブログランキングのバナーを、ポチッと押してやってください。

1位のところに、素人さんの為の不動産学校と、当ブログがありますので、それをクリックしていただくとブログに戻る事ができます。


人気ブログランキングへ

クリック、ありがとうございました。


ブログの続きです。 

営業は、断られた時の笑顔が大事なんだ。  

昔、訪問販売をやっていた時に、スランプに陥った時に上司から言われた言葉です。 

課長から、他の社員たちの前でボロクソに叱られて、死ね!ぐらいの事を言われて恥をかかされた後で、直属の上司に居酒屋にさそわれて、説教・・・w

二十歳前だったので、他の営業さんよりは幾分か可愛がってはもらいましたけどね〜・・・w

上司 『何で売れへんねや・・・3日目やで〜・・・ 近藤は、粘りがない・・・、自分が売ってる商品にほんまに惚れてるんか〜

 『はい。 めちゃ惚れてます。』

上司 『お客さんがな〜、買うてくれへんのは、お前は、自分が惚れてる物を認めてくれないってことなんや。 惚れてるもんを馬鹿にされてるってことや。 悔しくないか? 悔しいだろう  営業は、断られてからが勝負なんやで〜・・・・ 買うてくれ言うて買うてくれるんは、営業でもなんでもあらへん。 嫌や〜言われてから、好きや〜言わすのが営業の仕事やねん。 』

 『そうは言いますけど、お客さんだって、いらんもんはいらんのですわ。 商品に惚れて、お客さんにも惚れて・・・、それでもお客さんに嫌がられて・・・・断られて・・・・。 しまいに怒られて・・・最後は、悔しい思いをしながら謝って逃げるように帰るんですわ。』

上司 『どアホ・・・何で帰るんや? 怒りに怒った後は、もう怒らへんやろ。 そこで逃げずに勝負したらんかい。』

 『それでも買わん人は買わんのとちがいますか?』

上司 『そん時は、笑顔で、話を聞いてもらったんやから、感謝の気持ちで、ありがとうございました言うて帰ってきたらええねん。』

当時、こんなような事を何度か言われて、納得してたような、してなかったような・・・・。

売れれば、金の卵と褒められて・・・売れなきゃボロクソに叱られて・・・・、やがて私は、コツを掴み、それなりに優秀な訪販営業に育っていったわけですが・・・・。

自分が売る商品に惚れなさいって事と、営業は断られてからが勝負という事と、どうしても駄目だった時は笑顔で帰ってくるという事を教わったわけです。 

言葉はきついし、でたらめっぽい感じはしますが、実際は、どれも営業の基本中の基本・・・・、どれも、この時は、分かっているようで分かっていなかったな〜と、今になり昔を振り返ると理解できます。

今回の仕事を頂けるのは、ある意味、訪販時代の上司のおかげなのです。

今は、どこで何をしているのか分かりませんが・・・・、『先輩、ありがとうございます。 』 



何だかんだ、別の形ですが、今でも、この教えは生きています。 

特に、断られた時に笑顔で帰ってこい!というのは、不動産にも同じような事が言えるわけで・・・・私は、常日頃、社員たちに、『断られた時の対応こそが大事なんだ。』なんて事を言ってます。 

以前、お客様が当社以外の物件を買ってしまった際に、これだけ頑張ったのに!なんて事を思ったのでしょう・・・、露骨に態度に出した営業がいまして、『お前は、人間が小さいな〜・・・断られたんだろ? お客様第一主義なんだぞ・・・決まって良かったですね〜w ぐらい言えんのか。』と叱ったことがあります。

営業が、お客様に対して、誠心誠意の対応をして頑張っていたのを知っていたので、残念な気持ちはよくわかりましたが、他社の物件を購入したことに対して、お客様を恨むのは筋違いで、腹が立つのであれば、自分がお客様の気に入る物件を出せなった事に怒るべきなのです。

私は、お客様から断られたり、他社で買ったということを聞いた場合は、『お力になれなくて申し訳ございません。 でも、決まって良かったですねw』と必ず言います。

そのお客様は、もう当社の物件を買う事はありません・・・でも、どうかな〜・・・きちんと対応したお客様のうち3分の1ぐらいの方は、その後、友人知人等、お客様を紹介してくだいます。

断られた時に嫌な態度で接したら、まずもってご紹介などいただけませんし・・・・、それ以前に、自分がお客様第一主義のようで、実は、お客様の幸せを考えていなかったということを認めた事になります。


不動産業に従事してから15年以上経ちましたが、昔、購入していただいたお客様だけではなく、その時、ご縁がなかったお客様からもご紹介をいただく事が多々あります。

お客様から断られた際の営業の態度と対応は、すごく重要だと思います。 

私が先輩から教わった、【断られた時の対応の大切さ】を、弊社の社員たちにも教えて・・・・

いつか社員たちが、今回私が体験したような事があり、その時に、社長が、【断る時の対応の大切さ】を教えてくれたな〜、断られた時に笑顔で対応して良かったと思える日が来るといいな〜と思っています。

本日は、断られた時の対応について書かせて頂きました。

それでは、今日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック





2014年05月18日

1788) 集団的自衛権と不動産屋の話

同業者の事務所で、集団的自衛権ネタで話をしていました。 

最近、集団的自衛権、九条、安保等・・・、どこへ行ってもこの話になります。 


この集団的自衛権の行使というのは、アメリカが戦争を始めたら、日本も一緒になって戦争をするという考え方と・・・・・アメリカが攻撃を受けたら守ってあげなくてはいけないという考え方とに分かれるのだが、アメリカの戦争に付き合うことになると、これは正直微妙なんだが・・・・、我々を守ってくれているアメリカを守る事、例えば、アメリカに対してミサイルが発射されたら、日本ので撃墜してあげたい気持ちになる。

この話になってくると、我々国民も熱くなる人が多く・・・九条や安保条約の話にも発展する。

ここ最近の隣国との関係悪化に、かなり過激な発言をされる方から・・・・・あくまでも現状維持で金で平和的に過ごして行くのが正しいという考え方をされる方もいます。

ブログで、この話題に触れてはいけないかもしれませんが、最近は、どこへ行っても、この話になるので・・・、あくまでも個人的見解で書いてみますが・・・・・私は、中間より、ちょっと賛成側ですかね〜・・・・・今の世界情勢を考えて、とりあえず集団的自衛権の行使の必要はあるが、守るためのものであり、攻めるためのものにならないように、かなり慎重に・・・・。といったところですかね〜。

皆さんは、どうですか?

最近、周りの方との世間話が・・・・この話になりまませんか???


私の個人的な意見としては、尖閣問題、ミサイルを日本海にうちこまれている等、日本国を取り巻く環境は、年々悪化していってるわけだし、東南アジアも、ここのところキナ臭い雰囲気があるわけで、集団的自衛権を含む、現在、今後を考えた形に変えていく必要があると思うのだが・・・・というところで、今回の集団的自衛権については基本的に賛成。

湾岸戦争の時なんかは、日本はとんでもない額の資金を入れているのにもかかわらず、世界的に避難を浴びた感があると思うし・・・・、日米安保も、昔と今では状況が違いますからね〜、アメリカとも今と違った形を・・・・と、そんな話を・・・。

この同業者さんは・・・・、隣国の脅威よりも、今回のことがきっかけで、今は集団的自衛権の話だが、戦争に参加する話になっていくのではないかと懸念しているようで反対のようだ。

でも、この話は、どこの社長も、熱くなるネタなので・・・・、中には集団的自衛権以上の過激な発言もあったりで、この話は、ここ近年で、経営者たちが熱くなる話であることは間違いない。

報道では、反対のほうがわずかに多いみたいだが・・・・、私が、いろんな方と会って話した感覚だと、賛成か反対か2つに分けるとするなら 7割賛成、3割反対という感じだ。(不動産関係&経営者等)

不動産関係や経営者は過激な人が多いのか、賛成を通り超えて、少しでも攻撃を受けたら、倍返しで攻撃だ〜なんて怒っている人もいる。

ただ・・・・今回の、同業者は、かなりの勢いで反対・・・・、『外交的努力で解決をするべきことだ。』と、一貫して集団的自衛権には反対のようだ・・・・。

そこまで反対しなくても・・・、私は、これがきっかけで日本が軍国主義になるとは思えないんですけどね・・・。


考えてみれば・・・・・。

商売のやり方も・・・・、今回の集団的自衛権に関しての考え方に似ている気がする・・・・・。 

実は、この不動産会社の社長・・・・極端な平和主義。 

親は、イケイケの超過激派だったんですけどね〜・・・。

この社長のお父様は、超武闘派のヤリ手、一代でこの地域の不動産屋のボスで、私が駆け出しの頃は、すごい力を持っていて、この地域で不動産を扱う時は、ご挨拶に伺ったぐらいだ・・・・。

それが、今の若になってから、大手の賃貸屋には、どんどん管理を取られていくし・・・・大手の仲介屋にも食い荒らされて・・・・・昔は、7〜8人体制でやっていたのが、今では、事務員と社長だけで細々とやっている。

彼は、頭が良く、それなりの大学も出て大手の商社にいて不動産屋になったわけで、能力も高いと思うのだが、極端な平和主義で、喧嘩するぐらいなら自分が引く・・・・、汚いやり方をされても泣き寝入り・・・・、以前、高利貸し系の不動産業者とゴタゴタしたときには、私が間に入った事もあったが・・・・、本人が平和的で甘ちゃん過ぎて、糠に釘を打ってるような感じだったので、アホ臭くなってきて引いたことがあったのだが・・・、

人様の会社の事をとやかく言うつもりはないが、できる奴なのに・・・、お坊ちゃんだからなのか、考え方が甘いので、強引なやり方をする相手に負け続けて、お父さんの残した物を守ることすらできていないのが、彼のお父様から可愛がっていただいた私からすると惜しくてならない。

結果、どれだけ喰われてしまったんだろう・・・・今は、お父様の残したビルの家賃しかないみたいだから、大半喰われてしまった感じですかね〜。

困ると、いろいろ相談してくるので、手を貸してあげるんですけど・・・どこまで言っても平和主義で、昔、お父様に世話になったから助けようとしているのに、こちらがアホ臭くなる・・・・当然、こちらが、相談することや、助けてもらうことはほとんどない。

お父様には世話になったから、別にいいんですけど・・・危機的状況下の時に、のほほんとしていられると腹が立つことがります。

国と、不動産屋とを比較対象しても同じにはならないが、今の状況下で日本も、理不尽な者には立ち向かう、自分や仲間が理不尽な者から攻撃を受けたら守り合うということをしていかないと、生き残ってはいけない気がします。

同業の彼は、甘ちゃんではありますが、人間として素晴らしい人です。

でも、世界を知らない・・・・、世界中の人々が日本人と同じ感覚であれば、今の憲法九条のままでも良いだろうし、集団的自衛権も必要ないが・・・・、私は、若いころから、度々海外に行きいろんな経験をしてきたが、当たり前の事だが、国が違えば環境も考え方も習慣も感覚も違って当たり前で、その違いのせいで酷い目にあったこともあります。

日本が戦争をしかけなければ、向こうから一方的には仕掛けてこない、もしくは、仕掛けてきたら金を払って守ってもらうか、領土をあげて平和的解決を・・・・なんて思ている人が多いのかな〜?

もしもの話だが、私は自国が攻撃を受けたら国には守ってもらいたいし、それが理不尽なものであれば戦ってほしい。

それに、今の日本であれば、戦前のように外の国を攻めるような事はないでしょう。

甘ちゃん日本と思われたくないですし・・・・、攻められない国、日本であってほしい・・・・、それには、九条や、安保も含めて、今の時代に合ったものにしなくてはいけないように思います・・・・。

護身的武力を持ち日本の平和を守り、それを世界の平和の為にも活かす。

不動産業界は生き馬の目を抜くような業界で、基本的に防衛できなければ潰れます。

今の世界の状況は、生き馬の目を抜くような時代になっているように見えますけど・・・・・・。 


集団的自衛権について・・・・・ド素人が意見を述べて・・・おまけに、集団的自衛権以外の話にも発展してしまいましたが・・・、不動産ブログなのにすみません。

読者の皆様、次回は、不動産の事をたっぷり書きますのでお許し下さい。 


そんなわけで、本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。




いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック