2013年06月

2013年06月26日

1607) 太陽光収益(発電畑)

数年前、太陽光システムを屋根に乗せましょう的なブログを書きました。

その時、確か、十数人の方から見積もりをしてほしいと依頼があり、5〜6人の方が、屋根に太陽光のパネルを乗せていただいたのですが・・・・。

うちの屋根に乗せたサンヨーのソーラーパネルも、未だ元気よく発電しております。

ただ・・・・うちの場合は、失敗でした・・・・。

何が失敗だったのかと言うと、電気のモニターで、発電量や、現在家で、どれだけの電気を消費しているのかを、一目でチェックできるので・・・、嫁が、節約モードになるのです。

キッチンを通る度にモニターをチェックして、家中の電気を節約したがるので、酷い目に合っています。

私が、金を出したのに・・・・不自由な生活を強いられる事になり、ちょっぴり後悔しております・・・


さて・・・・・気を取り直して・・・・

今回は、自宅の屋根に乗せる太陽光の話ではなく、土地や、ビルの屋上に太陽光システムを導入し、収益を得るという、最近、流行りの投資について話をしましょう。 



太陽光 

(この画像は、ネットから借りてきたもので私が検討しているメーカーの商品ではございません。)


太陽光の畑を作りたいが、どれくらい儲かるのですか? どれくらい費用が必要なのですか?

もしくは、太陽光発電の収益物件を買いたいのですが、適した激安の土地はないですか?


最近、地主様たちや、私の不動産コンサルのクライアントさんたちから質問を受けます。 



少し前までは、『我が家は、金額にして年間20万円以上は発電できているからな〜、当時買取が高かったけど、施工費も高くて、250万円くらいかかって・・・・確か5kw以上だったから・・・まあ、単純利回りで計算すると、9%〜10%ぐらいでは回るんじゃないかな〜?』なんてことで、適当に答えていたのですが、最近は、あまりにも質問が多いので、調べてみました。

というのも・・・・・あるクライアントが・・・・・私に突っ込みを入れてきまして・・・・。

クライアント 『近藤さん、表面で10%だとして、経費を引いたらどれだけ残るんですか?』

 『うむ〜・・・ああいうのは、農地ではできないはずだから、宅地か雑種地じゃないとできんはずだ・・・・、かりにメンテ代を1%と計算すると、あとは、固定資産税次第だと思うよ。』

クライアント 『思うよ〜って・・・・、ちょっと調べてもらえませんか? 仮に、経費を引いた後の手取りが5%であったとしても、入居者の心配をしなくていいから、美味しいと思うんですよ。  私の場合は、余っている土地がないから、買わなくてはいけないですけど・・・・、今時は、ちょっと田舎に行けば、タダみたいな土地がいくらでもあるから・・・、それに、固定資産税は3分の2になるとか、グリーン減税の対象になるとからしいですよ。』

 『へぇ〜・・・・・w 言われてみたら、空室に怯えながらアパマンを持っているよりも、ああいうのって10年とか、20年とか買取金額を保証してくれるみたいだから、美味しいかもしれんですね〜・・・・。何か、ドラマがなくてつまんない気もしますが・・・・・。』

クライアント 『不動産コンサルマスターなんですから、新しいことも、どんどん覚えないといけないのではないですか? まずは知識、そこから、近藤先生のアイデアで、収益をより大きなものにするんです。』

 『不動産コンサルを、コンサルしてくれてありがとう(笑) ちょっと調べてみます。』

ということで・・・・・太陽光発電したものを売電するというものについて調べてみました。

あるメーカーのパンフレットもいただき、営業マンさんにも説明に来てもらい話を聞きました。



驚く結果が・・・・・。

これは、土地を持っている方の例ですが・・・・・・。


約1300万円の投資で、年間180万円の売電収入があるそうです。(買取価格38円の場合) 


しかも、この太陽光パネル等の保証期間は25年間!

単純利回りで、14%近くになるわけです。

固定資産税を引いても、美味しい投資です。



ただ・・・・この説明を聞いて、すごいな〜と、飛びつくわけにはいきません。

アパートやマンション経営をする不動産投資にもリスクがあるように、太陽光発電への投資にも必ずリスクがあるはずです。

まずは、私が、思いつくリスクとしては・・・、発電量についてです。

発電量は、どういう計算なのか?

年間と表記してありますが、夏と冬では、発電量が違いますし、晴と雨では、月とスッポンぐらいの差があります。

つまり、本当に発電をする料は、どれぐらいなのか・・・・・、天候に左右されますからね〜。

それに、太陽光のパネルの原理から考えても、年々発電量が減ると思いますので、そこも調べておかなくてはいけません。

何にしても・・・・、たぶん太陽光発電投資をするオーナーさんになると晴れた日は機嫌が良くて、曇ったり雨が降ると機嫌が悪くなったりするのかもしれません(笑)

冗談はさておき、ここをしっかりと調べなくてはいけませんね。

次に買取価格についてですが、保証期間はあるものの保証期間が終わった後のことも考えておかなくてはいけません。

まあ、先の事は、わかりませんが、一応、次の更新の際の事も考えておかなくてはいけないわけです。

10年間は、38円・・・・10年後には、20円とかになったら・・・・。

要するに、最悪の場合も想定して、返済期間を早める等考して、収入よりも返済額が超えることがないようにしておかなくてはいけないということです。

そして壊れた場合も心配です。

故障についてはメーカー保証があるとして、メーカーが倒産するかもしれないわけだし・・・・、

地震、雷、水害等の天災で破損してしまった場合はどうなるのか・・・・。

それから、人災による被害・・・・・、誰かが悪戯して故障した場合はどうなるのか?

このあたりをハッキリさせないと・・・・と思っているので、メーカーに、いろいろ質問はさせてもらったのですが、安心できる部分もあれば、できないぶぶんもありという状況で・・・・・、安心できない部分は、リスクとして納得した上で投資をしなければいけません。

不動産コンサルタントとしては、しっかりとメリットもデメリットも調査をして、クライアントにアドバイスしなくてはいけません。

そして、今は、私が人に勧めれるレベルには達していませんが・・・・、メーカー側が、私が出した宿題に、明確な回答を持ってきて安心できるものであれば、ブログでも皆さんにお勧めしたいと考えています。

もしも、これが本当に美味しい投資なら、私もやってみたいですし、クライアントさんたちや、地主さんたちにも企画をしてみたいですからね〜。

投資を考えている人の美味しい投資対象や、土地を無駄に遊ばせて困っている人にとっての救世主的なになるといいのですけど・・・・。

また、結果が出ましたらブログに書かせていただきます。


そんなわけで・・・・、今日は、太陽光収益の話でした。 


本日も、読者の皆様にブログランキングの投票をお願いして失礼いたします。
 





ブログランキング、人気投票 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







2013年06月25日

1606) 不動産投資家さんからの相談

マスター近藤です。

尿路結石の石が、まだ出てこない辛い日々を送っております。

読者の皆さん、私と一緒に、石が動くようにお祈りください 
 


さて、今日のブログです。

読者の皆さんは・・・、世の中には、とんでもない不動産業者がいるんだな〜と、思うかもしれませんが・・・・・。

昔は、そんな話も、ちょくちょく聞いたのですが、最近は少なくなったと思っていたら・・・・まだ、そういうヤカラがいるんだな〜と、非常に残念だったのですが・・・・。

実は、読者の不動産投資家さんから相談がありまして・・・・・。 


不動産業者から1億3千万円の一棟売りのマンションを紹介されて、検討して、気に入ったので購入しようと、1億2千万円なら買いたいから、売主に交渉をしてほしいとお願いしたそうです。

つまり、相談者は、仲介の不動産業者に対して、1千万円の値段交渉をしたわけですが・・・・・・。

その不動産業者の回答は、『1億2千万円に交渉するので、仲介手数料別に、領収証のいらないお金で100万円をいただきたい。』と、相談者に言ったそうです。

読者である相談者に対して、こういう言い方をしては失礼なのですが・・・・・。

相談者も、アホなので・・・・というか・・・欲に目がくらみ・・・・OKしちゃったわけです。

そして・・・・数日後。

不動産業者から交渉できたという返事があり、更に、『1億2千万円から、もう少し交渉ができそうです。 この先、交渉した額の半分を、領収証の要らないお金でいただけるのであれば、交渉をしてきます。 200万円下げたら、100万円、300万円下げたら150万円です。 どうしますか???』

アホな相談者は、スケベ心を出して、『お願いします。』と依頼したそうです。

結局、その一棟売りマンションは、1億1600万円まで、更に400万円を値下げしたという返事があり、相談者は、最初の100万円+交渉分の半分の200万円、合計300万円を手数料として裏金で払うと約束をしました。

そして、売買契約当日、300万円を仲介業者に渡して、融資特約付きで1億1600万円で契約をしたそうです。(融資特約とは・・・買主の融資承認が得られなかった場合はペナルティーなしで無条件で解約ができるという特約)


まあ、ここまでは、大昔のド三流の不動産業者や、ブローカーにありがちな行為なのですが・・・・・・。

その後、問題が発生しました。

相談者の融資が通らなかったそうです。  


契約については、契約条項通りに、無条件解約できたし、仲介手数料についても請求はされていないということで、無事に解約できたわけなのですが・・・・・。

問題は、契約時に裏金で払った300万円

これが、返してもらえていないということなのです。

解約をしてから、半年以上経っているのに100万円しか返してもらえていないということでした。

つまり、一棟売りの収益物件を買おうとしたが融資が通らずに買えなかった。 契約は、融資が、融資不承認で解約できたものの、値段交渉の交渉料300万円は100万円しか返してもらえていないということです。

相手の不動産業者は、こう主張したそうです。

解約直後、『急に300万の現金を動かすと税務上まずいので、1ヶ月に100万円ずつ返済します。』

これについては、普通に考えたら・・・・、元々、裏金で貰ったものを銀行に入れるわけがないので、こんな言い訳は通用しないのですが、相談者は、わかりましたと納得したそうです。

とりあえず、100万円を返してもらったそうです。

そして、残りの200万円は、それ以来、なんだかんだと理由を付けて、返していないというわけです。

大昔の三流不動産屋か、悪のブローカーみないな奴が、未だにいたことが驚きですが・・・・・・。

そもそも、こういう話に乗った、相談者にも責任があるというか、甘いと思うんですよね〜。

相談者も、私なら助けてくれると思って相談をしたようですが・・・・・・。

私は、相談者に、ボロクソに言ったので、かなり凹んでいました。

ただ、誤解を生じるといけないので、相談者のために説明をしておきますが、相談者が払ったお金は裏金で持っていたお金ではなく、タンス貯金100万円と、株を売ってお金を作ったそうで・・・・つまり、表のお金です。

それを、仲介業者が、領収書のいらないお金で、交渉料300万円をくれと頼み、300万円を受け取ったという話なんですけど・・・・。

まあ、元々、酔った様な話なんですが・・・・、解約になったのに金を返さんなんて話は言語道断!



ということで・・・・・・、最初は、私も、相談者に、自業自得! 自分で決着をつけなさい! 領収証もなければ、振り込んだわけでもなし、証拠がないのだから、授業料だと思って諦めなさい!なんて話をしていたのですが・・・・・。

何だかんだ話を聞いているうちに可哀想になってきまして・・・・・・。

まずは、お金を出して相手が受け取ったことを録音してくるように指示をしました。

そして、あれこれ、指示を出していたのですが・・・・・。


それも、途中で面倒くさくなってきまして・・・・『あ〜もう、めんどくさいから俺が電話してあげますわw』、結局、いつもの悪い癖で・・・・、私が、相手の不動産業者に電話をしました。

最初、奥様なのか、事務員なのか分かりませんが女性が対応してくれました。

 『もしもし・・・・、詐欺師の〇〇不動産さんですか? 詐欺師の〇〇社長いますか? 私、近藤という物ですが・・・・・。』

事務員? 『しゃ・・・社長は、不在ですが・・・・・、ど・・・どういったご用件でしょうか? 』

 『あの〜〜〜、言っちゃってもいいのかな〜?  おたく、社長とどういう関係なの? 奥さん? 事務員? 娘? 愛人? その他  まあ、なんでもいいけど・・・・、おたくの社長が詐欺の真似事をしていることを言ってもいい相手なのかわらんから、要件は言えないんだけど・・・・・、とりあえず、社長から、半年前のお客様の〇〇さんの携帯に大至急電話をくれるように伝えてもらえるかな〜?』

事務員さん 『と・・・とにかく社長に連絡を取りますが、半年前のお客様の〇〇様の携帯電話をするように伝えればよろしいですね。』

 『うん・・・・よろしく! 貴方が、詐欺に関与していないことは分かったから・・・・とにかく早く社長に電話をくれるように言っておいてくださいねw』

ということで・・・・・電話を切って4〜5分後に、交渉料を返さない社長から相談者の携帯に電話がありました。

相談者は、自分なりに、スマホで録音をして、いつお金を返してくれるのか?という事を聞いていました。

そして、私が、電話を代わりました。

 『もしもし〜・・・・、私、〇〇さんの知り合いで近藤と申しますが・・・・・、300万円返してあげてくださいよ〜・・・・。 半年も経ってるらしいじゃないですか?』

社長 『どちら様でしょうか? この件は、私と、〇〇さんの問題ですので・・・・。』

 『どちら様って、俺、近藤・・・・、あんた、耳く詰まってるの?  300万円を返さんから、こういうことになるんだろう。 俺だって、こんな面倒くさい話に首を突っ込むのは嫌に決まってるだろう・・・・めんどくせ〜・・・・。 早く300万円返せよ!』

社長 『お言葉ですが、すでに100万円は返してますので、残りは200万円なんですが・・・。』

 『100万円は、俺の手数料だ・・・・・。 というのは冗談だけど・・・早く残りの200万返してやってよ。』

社長 『ですから、その話は、本人としておりますので・・・・あなた様に、どうこう言われることではないのですが・・・・・。』

 『へぇ〜・・・・・、強く出るね〜・・・・詐欺不動産屋が・・・・・。 実は、俺も不動産屋の関係なんだけど、あんた、仲介手数料以外に客から金を巻き上げて、しかも、解約になっても返さんって横着くないか? まあ、この電話、録音しているから、あんたが罪状を認めた証拠はあるし、出るところに出て決着をつけてもいいんだけど、めんどくさいから返すものを返してやってくれれば、俺は、それでいいんだ。  で・・・・いつ返すんだ???』

社長 『それがですね〜・・・、こういう時代ですし、恥ずかしい話、返すお金が用意できないので・・・・。もう少し待っていただきたいのです。 詐欺をするつもりはないです。 必ず返します。』

 『はっ? こういう時代って、今、業界、ミニバブルじゃないか・・・・人からパクった200万の金も返せんような不動産屋ならやっていても仕方なないから辞めたほうがええんじゃないのか? まあ、うだうだ言ってても埒が明かん感じだから・・・・今月中に100万を返して、来月の10日までに、もう1000万円を返してあげてちょうだい。』

社長 『わかりました。 頑張ってみます。』

 『頑張ってじゃなくて、絶対に返してあげてくださいね・・・・・。 返していただけない場合は、出るところに出るように、〇〇さんに知恵つけておきますので・・・・・とにかく返してあげてくださいよ。 それでは・・・。』

ということで・・・・・相談者に電話を代わりました。

この社長は、相談者に対して、私の事をあれこれ聞きながら、結局、翌日、100万円を返すと約束をして、来月の10日までに、もう100万円も返すと約束をしてくれたそうです。

ちょっとやりすぎかな〜?とも思いましたが・・・・・、私自身、こういう不誠実な取引をする奴が大嫌いなので、少し感情的に話をしてしまいました。

ということで・・・・・当たりはソフトなのに、やってることは寸借詐欺(笑)

この話は、ここで終わりなのですが・・・・・、手数料以外に交渉料を取るなんてありえません。

おまけに半年間、お金を返していないとは・・・・・・、こういう奴が、未だにいる事自体ありえんです。

まあ、書き出すと止まらなくなるので・・・・これくらいにしますが・・・・・。


翌日、相談者から電話がありました。

100万円は、本当に戻ってきたそうです。

あとは、来月の10日までに、100万円を返してもらえれば、相談者の困り事は解決です。
 



来月の10日までに、あと100万円を返してくれるのか、少々不安ですが・・・・・・。

まあ、100万円で、業者免許を捨てるような真似はしないと思いますけど・・・・・・・。



このブログの読者の中には、不動産投資家さんが、たくさんいらっしゃいますが・・・・、このような話にはご注意くださいね。

領収証のいらないお金なんてものは、基本的に、不動産取引ではありえない事ですし、仲介の取引をして仲介業者に手数料以外に払うものはなく、値段交渉をした費用を取るなんてことはないですから・・・・・・。

とにかく、素人さんは、訳の分からないような話には乗らないことです・・・・・。

正規の取引以上に良い取引なんてものはありません。 


取引は、正規以外の事をしようとすればするほどに、リスクというものが増えるのです。


ということで・・・・、本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





ブログランキング、人気投票 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







2013年06月22日

1605) 著書とブログの読者さん& 離婚再婚

読者の皆さんから、沢山のメール、メッセージ、FAX、贈り物を頂きありがとうございました。 

やはり、持つべきものは読者ですね〜 


尿路結石になってよかったぁ〜 

なんてことは・・・・死んでも思いませんけど・・・・・・(笑) 


とにかく痛い・・・・。

この痛みを、どう表現したらよいのか・・・・・。

毎日、ブログを書き・・・・満足する家を買いたいならこうしなさい!という著書を出している私ですが、どう表現したらいいのか・・・・、うむ〜〜〜・・・・・・。

一言で言うなら・・・・ 超激痛 


英語で言うなら・・・・・ I cannot move because of the intense pain in my hip.

長ったらしい日本語で言うなら、脂汗をかいて、のた打ち回る激痛・・・・・・。


とは言っても・・・・ずっと痛いわけではなく、普段は、左の背中から腰にかけて、キリキリした感じの鈍痛がしている感じで、痛み止めの錠剤と座薬の効果もあって、さほど辛くはないのですが、石が動いて、尿道が塞がったりすると・・・・、2時間〜4時間ぐらいの間、激痛が走るのです。

先日は、あまりの痛みに、レーザーを4000発ほど当てましたが、今のところ、まだ石が出てこないどころか・・・・、その日から、38度ぐらいの熱が続いていて、痛みと、体の怠さと、関節痛と、寒気にやられています。


先日、レザーンラモンLGさんから取材を受けて・・・・・、その翌日に・・・・尿路結石でレーザー4000発を受けて・・・・。

2日続けての、レーザー攻撃を受けたわけです・・・・レーザー繋がり・・・御後がよろしいようでwww


読者の皆さん・・・・笑いごとではないですよ!  本当に冗談を言ってられないくらい辛いのです。


とは言っても・・・、読者の皆様には、沢山のメール、メッセージ、FAX、贈り物を頂き、ありがとうございました。  

群馬県の読者さんから贈られてきたのは、5年保存水という水が3ケース

兵庫県の読者さんから贈られてきたのは、C1000レモンウォーター1ケース

愛西市の読者さんからは、美容と健康に良いミネラルウォーターを1ケース

東京の読者さんからは、酸素水をパックを2ケースと、ゼナキング1ケース

大阪本社の住宅メーカーの役員さんからは、何故か、1,5Lのペットボトルが10ケース

その他、沢山の、励ましの言葉や、治療法、再発防止、体質改善などの記事など・・・・・。

協力会の方や、取引先の方々からも、水、ビール、シャンパン、スイカ、ジュースなどをいただきました。

この贈り物の山を見た時に・・・・・災害時の救援物資かと思いました(笑)

事実・・・・・、尿路結石には、大量の水分が必要なので、救援物資なわけですが・・・・・。

皆様から、多大なお気遣いを頂き、心より感謝申し上げます。  



さて・・・・今日のブログです。

今日は、決算処分のチラシを入れていたので会社にいたのですが・・・・。

満足する家を買いたいならこうしなさい!の読者の方から電話があり、『サインが欲しいからいただきに行ってもいいですか〜?』ということだったので、『どうぞどうぞ〜w』ということで待っていました。

近藤利一  満足する家を買いたいならこうしなさい!


電話があってから30分ほどで来店されたのですが・・・・・。

優しそうな旦那さんと、超美人の奥様と、可愛い子供2人・・・。

応接に通して、サインを書いていると・・・・奥様が、声をかけてきました。

奥様 『近藤さん、お久しぶりです・・・・。』

な・・・・なななんと・・・・、昔、引退した・・・クラブの姉ちゃんやないかぁぁぁ〜と気付いたものの、旦那さんや、子供もいるし・・・どう返したらいいのか・・・・ 

お久しぶりと言われているのに、惚けるわけにもいかず・・・・。

 『あっ・・・、お久しぶりです・・・・・。』

奥様 『近藤社長、お気遣いは無用ですよ(笑) 子供たちはともかく、近藤社長とのことは、この人には話してありますので・・・・。』

 『ちょ・・・・ちょっちょちょ・・・・。 その近藤社長との事はという言い方は、誤解を生じるので、私の仕事の話は・・・・という表現にしてくださいw』

旦那さん 『あははははw そういう誤解はしていませんよw  実は、私は、こいつの客でして、お店で、近藤社長を何度もお見かけしているのですよ。  派手ですよね〜w 私には真似できませんでしたw』

 『すみません・・・・w 私、今・・・、不意を突かれた感じで、何故か、めちゃくちゃ恥ずかしいのですが・・・・、とりあえず、あそこの机の下に隠れてもいいですか???』

旦那さん 『あはははw  まんまですね〜w  そのキャラ好きですw  ブログも毎日欠かさず読んでいますよ。 猫ちゃんの飼い主さんが見つかって良かったですね〜w』

 『そうなんですよ・・・・w  もう、素晴らしいご家族で、私が猫だったら、ああいう家庭で飼ってもらいたいと思うぐらいの理想の家庭でしたw  ところで・・・、ブログを読んでくださっているということですが・・・、ブログランキングの投票は、してくださっているのでしょうか???』

奥様 『ブログの記事の下の部分の、人気ブログランキングというのをクリックすればいいの?』

 『そうそう・・・それでいいのですよw できれば、その後に、素人さんの為の不動産学校を再度クリックしてブログに戻っていただくと、もっとありがたいのですが・・・・。』

奥様 『とりあえずクリックをしていたから投票できていたんだよね?』

 『できてたと思うよ・・・・。』

旦那様 『分かり難いですよね〜。 投票できましたという画面に変わるとかできないものなのかな〜?』

 『うむ〜〜〜。  一度、意見として投稿してみようかな〜・・・。 それはそれとして、いつもありがとうございます。 出版記念のボールペンと、千代田タオルをプレゼントします。 はい、これ・・・。 よかったら使って下さい・・・・・雑巾にはしないでくださいねw』

旦那様 『ありがとうございます。 ところで・・・・実は、サインを頂きに来ただけではなく、お願いがあってきたのですが???』

 『は・・・はい・・・。 何でしょう???』

旦那様 『実は、私はバツイチでして・・・・、前の嫁が住んでいる家のローンを払っているのですが、更にもう一つ、住宅ローンは組めないものなのでしょうか???』

 『うむ〜・・・・。 失礼な言い方をしますが・・・・、前のご家族が住んでいる家のローンを一括で返して、新たに家を買いローン組むという形が一番きれいだと思うのですが・・・・、一括弁済をすることはできないのですか??? お見かけしたところ、どう見ても余裕がありそうに見えるのですが・・・・?』

旦那様 『あまり子供たちの前でしたい話しではないですが、まだ小さいから大丈夫かな???  実は、離婚の理由は、すべて私にあるので、この先も家のローンは全額払いますし、毎月、20万円は12年間払うと約束をしています。 両方で、30万円以上の支払いですが、これは私の責任なので・・・。』

 『厳しい言い方をしますが・・・、それはあなたの問題であって、私が質問した回答になっていません。 要するに、一括弁済ができるのかできないのか??? 』

旦那様 『話の腰を折らないで最後まで聞いてください。 話す順序が悪かったかもしれませんが、正直、今すぐ一括弁済はできません。 預金と株を処分すれば、それぐらいの現金はありますが、今の生活もありますし、株の配当や、投信を処分するよりも、そのお金をローンに充てたほうが良いと判断しました。』

 『わかりました。 皆まで話さなくても、その話は、そこまでで結構です。 単刀直入に聞きます。 年収を教えてください・・・給与の税引き前の総額です。 それから、住宅ローン以外の、毎月の返済額を教えてください。』

旦那様 『会社から取っている給与は、私が150万円、妻が50万円です。  毎月のローンは、住宅ローン以外ありません。 でも、毎月20万円を前の妻に振り込んでいます。』

 『どれぐらいの家を建てるかにもよりますが、余裕で買えますよ(笑)』

旦那様 『それがですね〜・・・。 法人のほうの取引銀行の担当者に聞いたら、住宅ローンは、1つしか組めないと言われました。』

 『それは、その銀行員がアホなのか・・・、もしくは、あなたか、あなたの会社に問題があるか、どちらかだと思います。 今時は、セカンドハウスローンもあるし・・・、まあ、やり方はいろいろあるので・・・w』

旦那様 『そうなんですか???  うちの会社は、問題ないはずですけど・・・。』

 『わかりました。  それでは、もし、差しさわりがなければですけど・・・・、私に、この件を任せるつもりはありますか? あれば・・・・、過去3期分の決算書と、旦那様と奥様の確定申告、一応源泉3年分を、私に郵送してください。 どれくらいの金額の家が買えるのかを、はじきだしてご連絡します。 まあ、私に任せる気があるかないかですよ・・・・w』

旦那様 『そのつもりで相談に来たのですから、お任せします・・・・・。』

 『よしっ・・・w じゃあ、いくら借りれるかを出します。 でも、いくらまで借りてもいいかは、私が上限を決めます。 借入できる金額と、借り入れをしても良い金額というのは違いますからね。 私が決めた上限よりも少ない借り入れでお願いします・・・・と言っても、かなり借りれるでしょうから、相当、良い家が買えると思いますけどねw』

旦那様 『そうなんですか・・・・。 相談に来て良かったですw  過去の清算は、きちんとしますけど、新しい家族も幸せにしなければいけませんので・・・・・・。』

 『〇〇さん・・・・・また、話の腰を折りますけど・・・。  素晴らしいですね、とか、立派ですねという言葉を待っているのでしたら大きな間違いですよ・・・・・男だったら・・・・それくらい、当たり前の事です・・・・・www』

旦那様 『そ・・・そうですよ〜w 当たり前ですよ。 足りないくらいです。』

 『足りないくらいです!は、今の奥様に対して、ちょっとマイナスな発言かもしれませんけどねw』

そんなわけで・・・・・その後、30分ほど、昔話や、くだらない世間話をしました(笑)

まあ、2〜3日したら、書類一式を送ってくると思いますので・・・・。

まずは、借り入れできる金額を算出して、借入してもよい額を出して、ご希望を聞いて、土地を探して、住宅メーカーを紹介するか、もしくは、当社で建てるか・・・・・・。

ある程度のところまでは私が・・・、その後は、社員にバトンタッチする形になるかと思いますが・・・、今回も、任された以上、このご家族の、満足する家ができるように誠心誠意、頑張ろうと思っています。


ということで・・・・。

本日も、読者の皆さまに、ブログランキングの投票をお願いして失礼いたします。
 





ブログランキング、人気投票 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック