2012年05月

2012年05月27日

1318) 後輩の家造り(地鎮祭)

昨日、後輩の地鎮祭に行ってきました

今回、建てる家は、千代田不動産プロデュース

後輩の家だけに・・・・近藤クオリティー(不動産コンサル技能士)&金山クオリティー(インテリアコーディネーター)・・・・


まあ、金山クオリティーのほうが、かなり強いですけど・・・・・・。

近藤クオリティーは、良い物を、沢山見てきたという点で、あまり予算を気にせずに素敵な物を造るのであれば、かなりハイクオリティーだと思うのですが・・・・・・

金山クオリティーは、予算内で使いやすく素敵な物を造るという点では、私より、かなりクオリティーが高く繊細なんです

インテリアコーディネターの凄さは・・・・ありきたりな物に、何かワンポイントを加えるか、何かを置くだけで、ありきたりな物が、とんでもなく豪華になったり、美しくなったり・・・・変身しちゃうんですけど・・・・・・、残念ながら、私には、そういう繊細さはないですね〜

最近、金山クオリティーを、かなり高く評価しておりまして・・・・、奴に、『お金を気にせずに好きな物を造ってみろ』と言ったら、どんな物を造るのだろう? 一度、造らせてみたいな〜なんて思っているんですけど、最近は、なかなかそういう現場がないので残念です。

このブログの読者でありコメンテーターの、ハナハナの跳ね馬仲間(フェラーリ狂)のガレージを3000万円の予算で、コーディネートした事があるのですが、有名な設計士&近藤クオリティーの合作で・・・・ガンダムのホワイトベースから、モビルスーツが出てくるイメージで、スタイリッシュなRCのガレージに、縦型のスリットに強化ガラスを入れて未来的なイメージを出して、その車庫からファラーリと、マセラッティーが出てくるようにしたわけですが・・・・・、金山クオリティーだったら、もっと凄い物ができたような気がします。(ハナハナごめん。)


そして、今回、私の後輩の家は、限られた予算ではあるものの、私も、かなり力が入っているので、近藤&金山クオリティーで行こうということで・・・・・・企画をしたのです・・・・・

後輩の予算の中で、限りなくハイクオリティーな家を造ってあげたいという想いが・・・・・金山導入という結論に達したわけですが・・・・プランも決まりまして・・・・・・・とりあえず地鎮祭をしたわけです


まずは、地鎮祭について説明をしましょう

土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得て、神を祀って工事の無事を祈る神聖な儀式です。 


それでは、写真を・・・・・・


地鎮祭3


施主さん(後輩)は、緊張気味です。

後ろに写っている私は、全く緊張感がないわけではありません。

うちの社員が、うちの社員が、カメラを向けると、私の体が勝手に反応してしまうんです。


地鎮祭2




それに・・・・・後輩の緊張を取り除いてあげたいという、先輩心で・・・・・。

ついつい、ポーズを決めてしまう・・・私・・・・・



神聖な儀式の最中に、ふざけているわけではありません

昔、共に苦労した仲間(後輩)が、マイホームを建てる事が嬉しくて仕方ないのです



この写真を見てください。

俺の後輩が、家を建てるんです・・・・・・家族全員、幸せそうでしょ〜
 


地鎮祭1


今だから言えますが・・・・・この写真を撮っている時・・・・・・、昔の事を思い出して・・・・後輩の幸せそうな顔を見て・・・・、ちょっとウルっときました・・・・


昔、いっしょに苦労した奴が、結婚して・・・・ 

いつの間にか、3人もガキを作って・・・・

土地を買い、マイホームを建てるんですよ

こんなに嬉しい事は、ありません



おっしゃ〜  どこに出しても恥ずかしくない ええもん造ったるでぇ〜。 


そんな気持ちです



そして、地鎮祭が無事に終了して、帰ろうかな〜と思った瞬間・・・・・

近所の悪ガキが・・・・ 地鎮祭の風景が珍しかったのか・・・・?

悪ガキ 『ねぇ〜 誰か死んだのぉぉぉ〜???』

と・・・・・とんでもない事を、言ってきた・・・・



『ごっるらぁぁぁ〜 糞ガキィィィ〜 何を縁起悪い事を言っとんじゃぁぁぁ〜

と・・・・・、言いたかったが・・・・・・

もうすぐ、後輩のご近所さんになるわけだし・・・・・

 『あのね〜 僕ちゃん・・・・、ここにお家が建つから、神様に、宜しくお願いしますって、ご挨拶をしていたんだよぉぉ〜

悪ガキ 『なんだぁ〜。 死んだんじゃないのかぁ〜。』

と言って・・・・・自転車で走り去りました・・・・・・

この、おめでたい日に、なんちゅう悪ガキだと、思いましたが・・・・・・・


まあ、それはそれとして・・・・・・無事に地鎮祭も終わり、後は建確を待って、建てるだけです。

近藤&金山クオリティーを最大に発揮して、後輩の家族が幸せに暮らせる良い家を造ろうと思っています











2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの貴重な、一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。




2012年05月26日

1317) ゴミ屋敷訪問(査定)

先日、知り合いの弁護士(友人?)から、査定の依頼をいただきました

まあ、やっかいな案件でもなさそうだし、査定が難しい案件でもなさそうなので、社員にお願いをしようと思ったのですが・・・・・・・。



 『先生、資料を送っておいてぇ〜、明日にはできると思うので、査定ができたら郵送で送りますわ〜。』

しかし・・・・、ちょっぴり気難しい、わがままな弁護士先生なので・・・・。

先生 『明日にはできると思うと言われますが、私は、千代田不動産の社員ではなく、近藤さんを信頼して頼んでいるのだから、あなた自身が責任をもって仕事をしてください。』 

 『はいはい、分かりました・・・・千代田の社員の仕事は代表の私が責任を持ってるわけなので、どっちでもいいと思うんだけど・・・・まあ、先生のからのご指名とあらば、私が責任を持って、粉骨砕身、身を粉にして頑張らせていただきますよ。  とりあえず、うちの会社にもルールがあるので、担当社員同行で行って参ります。 それでいいよね?』

先生 『ある意味、すごい家なんですよ。 近藤さんに行っていただきたいです。』

 『すごい家ですか・・・・・・、意味深ですね・・・・・。 分かりました。』

と、いうことで・・・・・・・

資料で見た限り、すごい家でもないので、何か、事情があるのだろうと、気を引き締めて現場に向かいました



社員を私の助手席に乗せて・・・・・・・

 『この筋から、3軒目くらいだったよな〜???』

社員 『はい・・・・3軒目です。』

 『ん〜〜〜 1・・・・・ 2・・・・・・ 3・・・・・・・ ここか〜・・・・・。』

社員 『はい、ここのはずです・・・・・・・。』

 『ここのははず・・・・・って・・・・、これ廃品回収の回収品置場じゃないのか???』

社員 『そ・・・・そうですね〜・・・・・・、社長、奥に廃屋みたいな家が・・・・・。 人、住んでいるようには見えないですよね〜。』

 『いや・・・・住んでいる。 ほら、奥に犬がいるじゃないか・・・・。 よし、ここに車を止めよう。』


車から降りて、現地の前に立ち、外から、『すみません〜』と呼んでみた

応答がないかったので、廃屋のほうに行ってみることにした。


廃品回収をしてきたような物やゴミ袋が沢山積まれていて、ゴミだらけなのだが、そんな中、幅1mくらいの、奥に続く道が作ってあった。

とりあえず、ゴミの細道とでも名付けよう


私と社員は、ゴミの細道に入り、奥へ進んだ・・・・・・5mくらい入ると、少し広くなっていて、犬が繋がれていたが、これが・・・・めっちゃ汚い犬で、すごい動物臭みたいなものがした。

お父さん犬と同じような犬なのだが、お父さん犬のように、きれいで凛々しくはない

しかも、吠えるのなんのって、親の仇じゃないかっていうくらい吠えまくられた

 『う〜〜〜〜   ワンッ・・・・・。』

 『ワン ワン ワンワンワンワン・・・・。』

 『ガオォォォォ〜〜〜

そうこうしていると、売主さんが出てきた。

売主さんは、お爺さんでした。


 『あ・・・・・どうも、千代田不動産の近藤です。弁護士の〇〇先生のご紹介で参りました。 可愛いワンちゃんですね〜。 今、犬と戯れてましたw  あははw  査定をしに来たのですが・・・・・・。』

売主さん 『そうか・・・・、家の中を見たいのか???』

 『いえ・・・・、入らなくても査定できますので、大丈夫ですよ。』

売主さん 『まあ、そんなこと言わんでええから、せっかくだから上がって見ていくといい・・・・。』

 『そ・・・・そうですか・・・・・じゃあ、少しだけ・・・・・・。』

こういう言い方をすると失礼なのだが、獣臭と、ゴミ臭が酷くて早く帰りたかったのですが、家に招いてくれたので、仕方なく上がらせてもらいました。

家の中も、けっこうゴミがあって、汚い家の中の、ゴミのないスペースに座ったのだが、テーブルの上も、めちゃくちゃ物が置いてあり汚かった。

売主さん 『汚い所で悪いなぁ〜。 』

そう言いながら、お茶を出してくれたのだが・・・・・、お茶まで汚く感じてしまって飲めなかった。


11年くらい前に奥さんを亡くしてから、ゴミ屋敷になっていったらしいのだが・・・・・それにしても、酷すぎる。

話を聞くと、最初は、ビニール袋にゴミを入れて、庭に捨てていたらしいのですが、ゴミが増えてきてからは、いろんな人が、そこにゴミを捨てて行くらしいのです。

ゴミ屋敷のゴミは、半分くらいは自分の物らしいが、残りの半分は他人が捨てて行ったものらしいのです。

社員 『シャチョウ・・・・、ザブトン シメッテイマスヨ・・・・・ ソレニ、サッキカラ、ゴキブリガイマスヨ。』(ヒソヒソ)

 『ワカッテル・・・・ オマエ、茶ノムナヨ・・・・シヌゾ・・・・。』(ヒソヒソ)

売主さん 『社長さん、ここ売ったら、いくらくらい残りそうだ???』

 『家は、古すぎて評価0というか、解体費用がかかるだけマイナスです。 土地については、120坪あるので、坪20万円として2400万円ですね〜。 しかし、このゴミを片付けるのにいくらかかるのか分かりません。 おそらくですが、解体費用と庭木の撤去を合わせると、楽に1000万円は超えるでしょうね〜。 しかし、半分は他人様が捨てたとは言っても・・・・・よく、これだけのゴミを溜めましたね〜。』

売主さん 『小さな家に住みかえようと思ったんだが、そんな金額でしか売れないとなると、先生に200万円を払わなくてはいけないので、どれだけも残らんな。 ここを出て行って住む場所がないな。』

 『まあ、賃貸しか仕方ないでしょうね〜。 このゴミさえなければ何とかなるかもしれませんけどね〜。 これは、正直、厳しいですわ。  とりあえず、ゴミ処分の見積もりを取ってから、また、話しましょう。 とりあえず今日のところは帰りますわ・・・・・・・。』


その後・・・・・・・解体屋さんに見積もりを出してもらうように段取りをして、弁護士さんに電話をした。

先生 『あはははw どうでした???』

 『先生・・・・・今の笑いは、どういう意味っすかぁ〜  俺に行けと言うから、どんなにdeliciousな物件かと思ったら、ただのゴミ屋敷じゃないですか・・・・・。』

先生 『あははははw やはり、近藤さんでも無理でしたか???』

 『まだ、ハッキリした答えは出せませんが、売却は出来そうですけど、家を買い替えるのは無理です。 あのゴミの処分と解体費用で1000万円はかかりますよ。 それより、先生は、あの家に行って、お茶を飲んだんですか???』

先生 『いや・・・・1回行ったけど、外から見ただけです。 基本的に相談は事務所に来てもらっていましたので・・・・・。』

 『それは、いけませんね〜。 今度は、先生に同行していただかないと・・・・・、一度、中も見ていただいて、あの茶を飲んでいただかないと、私の気がすみませんわ〜。 来週の中ごろには査定が出ますので・・・・先生の来週後半のご予定を聞かせてください。』

先生 『おおおお、おれは行きませんよ。 来週は出張もあるし忙しいんですよね〜。 近藤さん、宜しくお願いします。』

 『よし、わかった。 再来週にしましょう。』

先生 『近藤さん、そこまでムキにならなくてもいいじゃないですか〜・・・・あはははw』

 『ゴミだらけのところの湿った座布団に座らされて、汚れた湯呑で、お茶を出されたんですよ〜。 しかも、家の中を、ゴキブリがチョッロチョロしてました。 絶対に、先生にも経験してもらわんと気が済まんのですわ〜。』

先生 『いえいえ、近藤さん、専門が違いますので・・・・・。 近藤さんの仕事じゃないですか。 査定だけ出してくださればいいので・・・・・。 あっ・・・・、ちょっと時間がないので、そういう事で宜しくお願いします。』 

 『先生・・・・・あのバッチは・・・・・、自由と正義、公正と平等じゃないんですか?』

先生 『本件に関係ないじゃないですか・・・・・それでは、忙しいので・・・・・。』(ブチッ)

電話が切れた・・・・・

まあ、確かに、私の分野なので・・・・・・頑張るしかないですけど・・・・・・・


とりあえず、解体とゴミの処分の見積もり待ちの状況です・・・・・

あの、お爺さん・・・・何とか、買い替えをさせてあげたいですけど・・・・難しいでしょうね〜・・・・



あっ・・・、先日、査定に行ったわけだし・・・・・・俺も、弁護士さんと同じく、うちの会社に来てもらうようにすればいいんだ・・・・


と思いついたところで・・・・・今日のブログを終わります。








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの貴重な、一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。




2012年05月24日

1315)  隣との境界に注意 

土地を所有している皆さん、隣との境界は大丈夫ですか?

当社が売買する際・・・・・・というよりは、不動産売買の基本中の基本なんですが・・・・・境界の明示という項目があり、不動産業者は杭の確認をして取引するものなのです。

杭がない場合は、必ず測量をして隣地立会いのうえ境界確定をして取引するようにしています。

そうしないと、取引終了後、お客様と隣地の方が境界のことでゴタゴタする場合があるので、境界については、かなり敏感になり最新の注意をし、取引しております。

測量をしたばかりという場合は、杭の明示だけで取引をする場合もありますけどね〜。

が・・・しかし・・・・

今日・・・・・、少し前に取引したお客様の隣地の方から電話が入りました。

隣の地主さんが言うには・・・・・。


お客様の土地の隣人 『隣の人の家が、うちの敷地(畑)に飛び出ているぞぉぉぉ

と・・・・・・激怒してきたのです。


隣地の地主さんはとにかく激怒

うちの社員が苦情の対応したのですが・・・・・・


社員 『当社が、土地の仲介をさせていただいたのは確かですが、お客様に重要事項説明書を渡してありますし、引き渡しの時には、確定測量図を渡して、境界杭の確認もしています。 土地を買ったお客様に、建物を建てる際には、測量図と重要事項説明書を建設業者に見せてくださいと説明してあります。  建設業者が、杭の位置を間違えて、越境して建てるなんてことはないと思いますので、境界を間違えていらっしゃるのではないですか?』

お客様の土地の隣人 『俺の土地だ・・・・・隣の奴、俺の土地に、家を建てとるから、すぐに見に来いやぁぁぁ〜

社員が、私に報告をしたんですが・・・・・・。

どうせ、隣地の人の勘違いだろうと思って・・・・・・私と社員で、測量図面を持って現場に行くと・・・・


Σ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!

い・い・・い・・・家が〜〜〜〜〜〜と・・・となりの敷地に・・・・・・はみ出てる・・・・・

Σ('□'*('□'*('□'*('□'*)ガビーン!!

我が目を疑いました・・・・・( ̄◇ ̄;)エッ・・・・・・Σ(=゜ω゜=;) マジ!?

基礎ができて、上棟も終わってるではないですか・・・・・

すぐに、お客様の土地に建築をしている建築屋に連絡をして来てもらいました。

建築屋さんは、すみませんと謝って、どう解決したらいいのかと
私に質問してきました。

私は、事前に、お客さんに土地を渡すときに、測量図面を渡してあったので・・・・、それを見て建築してないのですかと尋ねたのですが・・・・・、境界杭と違う杭を指さして・・・・、『こっちが境界だと思った』と・・・・・

建設業者は、謝るだけで、オロオロしているだけ・・・・・。

当社の説明不足もあるのかと思い、重要事項説明書と測量図を再チェックしてみたが、何の問題もなく、少し安心したが・・・・・・、それよりも、とにかくこの問題を解決しなくてはならない。

越境坪数は約5坪・・・・、家を建て直すなんてことになれば、莫大な費用がかかる。

私は、『隣の地主さんに頼んで、越境分の面積を売ってもらうのが一番良い解決策です。』と提案をしました。

費用は建築屋さんが持つのか、お客様が持つのかは知らないが、それが一番良い方法だと思った。



といっても・・・・・・、売ってくれるだろうか??? 


明日から交渉に入るが、売ってくれないようなら、大変なことになる。

お客さんは、建築会社に損害賠償や、建て直しを請求するだろうし・・・・・・・。

隣の人も自分の敷地に勝手に家を建てられたのだから、当社のお客様に損害賠償請求してくると考えられる。

あ〜〜〜〜〜この建築屋さん、なんちゅうことしてくれたんだ。

土地取引終了後のことだし、うちが紹介した建築屋ではないから関係ないといってしまえば、それで終わるのかもしれないが、建築屋はともかく、土地を買ってくださった当社のお客様なので、なんとかしなければ・・・・;;
あぁ〜憂鬱だ
||||||||||||||(* ̄ロ ̄)||||||||||||||||

と・・・・・・、ここで言っててもしかたがないので、明日から頑張ります。


今回の案件は、社員たちには、ちと荷が重いので私が直接交渉しますけどね


みなさんも、隣地の越境には気をつけてください。

建築業者を選ぶときは、測量図の見方を知っている業者にしましょうね(笑)

この建築業者ですが・・・・・建築技術はどうなのか知りませんが・・・・・、皆さんは、隣の敷地に家を建てた業者さんを、どう思いますか?

みなさんに、このような事故がないように、本当は、ブログで建設会社名を公開したいところではありますが・・・
私達には守秘義務というものがあり、また最近は個人情報保護について世間で何かと言われてるので、場所と、お客様と建築屋さんの名前は伏せさせていただきます。

図面で説明したいですが、それも場所を特定することができる可能性がありますので、図面も表示しません。


しかし、まあ・・・・プロの建築屋が、杭の位置を間違えるなんて・・・・あり得ない事です。

でも、皆さん・・・・・・くれぐれも気をつけてください・・・・

当社のお客様で、土地を買って、これから建築しようという方が、沢山いると思いますが、杭の位置が、ご心配であれば建てる前に電話ください。

立ち会って再度、境界を確認させていただきます。


確か、以前も、こんな建築屋がいたような気がしますけど・・・・・

しかし、まあ、建設業者が、測量図を無視して、隣地に越境して家を建てるなんて・・・・・

ありえない事です



ミスに気付いた建設業者も、かなり青ざめていて、ちょっと可哀想だったので、明日から、隣地と土地の件でうち合わせをしに行ってきます

売っていただけるといいのですけど・・・・・・・



ということで・・・・・今日のブログを終わります









2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの貴重な、一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。