2011年10月

2011年10月31日

1172) 仲介物件のキャンセル

皆さま、お手数ですがブログランキングのご協力をいただけると幸いでございます
ブログを読んだ後、人気ブログランキング土地建物のバナーをクリックしていただくと投票できます





昨晩、仲介物件のキャンセルの電話がありまして・・・・・

再度、住宅用地として、再度販売を開始することになりました。



この件を説明しますと・・・・・

今年の夏くらいに、94坪の土地の売却を頼まれまして、2区画に割って販売をすることになったんです。

そして・・・・。

1カ月ほど前に、某住宅メーカーさんから、94坪をまとめて買うという買付証明をいただいたのです。

2つ買うからということで、値段交渉が入りましたので、交渉をして、何とか売っていただける事になりました。

その後、住宅メーカーさんに、契約日を、いつにしましょうか???という話をしていたのですが、なかなか契約日が決まらずに、おかしいな〜?と思っていた矢先に、契約しないと連絡があったわけなんですけど・・・・。

まあ、最終の社長決裁が下りなかったということで、急遽取りやめになったとのことでして・・・・通常ありえない事なんですけど、普段から取引をしている住宅メーカーだったので安心してたんですよね〜。

それが、買付が出てから1ヶ月経ってのキャンセルってことで焦りました。

というのは、実は、この物件、販売を依頼された仲介物件でして、元々94坪あったものを2つに切って販売をするという事で、企画と販売を当社で引き受けたのです。

そういう状況の中、某メーカーさんが、一括で買ってくださるということだったので、当社としても、売主さんに値段の交渉をしたわけです。

そして、何とかご了解をいただき、あとは契約日を決めるだけという状況だったのが、いきなりキャンセルになったわけで、売主さんから、めちゃくちゃ叱られまして・・・・当然と言えば当然なんですけどね〜。

当社は仲介で、相手があっての事とはいえ、売主さんの気持ちを考えると、もう、返す言葉もなく、ひたすら頭を下げるしかない状況で・・・・・ かと言って、買付を出していた某メーカーの担当の方に怒っても、最終で社長がNOと言ったと、私に頭を下げるばかりで・・・・

売主さんとしては、私に対して・・・・、『社長さん、散々値段交渉をして、やっぱり買いませんって、どういう事なんですか しかも、大手だから契約日を決めるのに時間がかかっているって言っておいて、嘘ばっかりじゃないですか。 一ヶ月も延ばして、キャンセルってどういう事ですか?』

 『申し訳ございません。 おっしゃる通りでございます。 いくら買主さん側の事情とはいっても、買付を持ってきて値段の交渉をしたのも私ですし、契約日を決めるのに時間がかかると言ったのも私の口から発した言葉でございます。  ただ、仲介の立場の私といたしましては、これ以上少しでも早く売れるように、最善を尽くしますとしか言えません。』

売主さん 『最善って、いつ売れるの??? 社長さん、買い取ってくださいよ。 それが責任ってものではないですか??? 買付証明書って、買うという意味ではないのですか???  社長さんの立場もわかりますけど、私の立場もわかってください。』

 『ご尤もでございます。 本当に申し訳ございません。 ただ、買い取ると言っても・・・・当社で買取査定を出したところ、金額が合わないので仲介になったわけで、当社の買取査定であれば・・・・・。』

売主さん 『何言ってるんですか? 買付の金額で買い取ってくださいよ。 ネットで調べて、買付証明に法的効力がないってことは知ってますけど、私は、社長さんを信用して、一ヶ月も待ったんですよ! 買付が出て、数日であれば、残念でしたwで済みますけど、一ヶ月待たされてキャンセルはひどくないですか? 買主さんに再度交渉してくださいよ! 何だったら、私が直接メーカーの社長宛に手紙で抗議しますけど・・・・。』

 『ちょ・・・ちょっと待ってください。 抗議しても難しいですよ。 先ほど言われた通り、法的な効力がないと言われて終わりだと思いますし、裁判をやっても、時間がかかりますし、どう判決が出るかなんてわかんないですから・・・・、それよりも、当社が全力で取り組み早期売却を目指します。 』

売主さん 『いつですか? いつ売れるんですか??? 契約日と決済日はいつですか??? 社長さん、私は社長を信じて・・・・・。』

 『わかりました。 私も男です。 信じてと言われて引き受けて迷惑をかけたわけです。 それならこうしましょう。 契約日は未定ですが、決済日を3月末日としましょう。  つまり、来年の3月に決済ができなければ、当社が、一括決済で買い取りましょう。 もちろん、某メーカーが買うと言った金額で買い取ります。 それで如何でしょうか??? 』

売主さん 『・・・・・・社長さんが、某メーカーの責任を取るということですか?』

 『うむ〜。 そういうわけではないんですけど、私を信じたのに、結果、ぬか喜びさせて、迷惑をかけたわけですし、今回のケースは、契約日を決めると言いながらの中止ですから・・・・・。 まあ、簡単に言うと、俺を信じたのに騙されたと思われたくないだけですけど・・・。 3月までに仲介で買主さんを見つけられず決済に至らなかったら、3月末に、当社が買い取ります。』

売主さん 『・・・・・・・ ・・・・・・・・・ ・・・・・・・、社長さん、買い取ってくれと言いましたけど、社長さんが責任を取るのはおかしくないですか??? もういいですよ、私が、住宅メーカーに抗議しますよ。』

 『うむ〜、まあ、おかしいっちゅやぁ〜おかしいかもしれませんけど・・・・、まあ、うちが最終、買い取りますから、メーカーさんのほうは勘弁してやってください。  担当の方は、それはもう一所懸命、社長と交渉してくださったわけですし・・・・会社や社長を責めても、おそらく詫びを入れながら、担当者の責任を追及して終わらせようとするだけだと思います。 まあ、うちが最終、買い取りますので・・・。』

売主さん 『社長さんが、そこまでしなくても・・・・・。』

 『いえいえ、気にしないでください。 売る自信があるから言ってるわけで・・・・、売り出して買付を出すまで早かったじゃないですかw しかも、一筆ずつ売れば、時間はかかるけど高く売れますし、二筆同時に売れば、安くなり、この価格なら買う方がいますと交渉したんじゃないですかw 何とかしますよ! できなけば、私が責任を取って買い取ります。 もう、ここから先は、3月までに売ると言った私の責任ですから、今回の件は、これで水に流してもらえませんか???』

売主さん 『社長さんが、本当にそれでいいなら、私は構いません。 逆に、ありがたいです・・・・・。』

と、いう事で、感情的になっていた売り主さんも何とか治まりました



ドタキャンした某メーカーさんも当社まで謝りに来ましたけど、担当の方が、どれだけ一生懸命だったかを知っているだけに、私と売り主さんの気持ちは伝えましたが、責めることはできませんでした。

社長さんならともかく、社員さんですし・・・・・、本当に申し訳ないという気持ちが伝わりましたので、もういいや〜俺が何とかしようwと思いましたし・・・・また別件で・・・・ということで話を終わらせました。

売主さんに対しては私が責任を取る形で解決し、買主のメーカーさんに対しては、感情的になり今回の件で責任を追及するより、こういう事が二度とないように気を付けながら、良い関係を築いていくことが、お互いのために良いと思い、これで一件落着です


ふぅ〜〜〜 治まって良かったぁ〜

なんて言ってる場合ではありません。

全力で、この物件の売却に取り組みます







2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。



2011年10月29日

1171) お問い合わせ ありがとうございます。

ブログの威力って凄いですよね〜

あま市の工場用地の事を書いたら、沢山の問い合わせがありまして・・・・・

このブログのアクセスは、1日平均600くらいなんですけど、700件近くに増えたのは、1400坪の工場用地売却の話だからなのでしょうか???

ブログを見てくださるだけでもありがたいのですけど、読み終わった後に、ブログランキングと、土地建物のバナーをクリックしていただけたら、めちゃくちゃありがたいです(笑)
 



さて、話は戻りまして、工場用地の問い合わせについてですが、10件以上の問い合わせをいただきました。(12〜3件)

社員たちに公開した以外は、ブログに書かせていただいただけなんですけど・・・・・、1日600アクセスくらいのショボイブログなのに、宣伝効果抜群で、単純計算でも、60人に1人以上の割合で問い合わせをいただいたということになります。

この結果から、愛知県人が多く、そして、不動産、建設業界の人間が多いのかがわかります



 一番多かったのは、やはり不動産業者さんですね〜w 

当社が売り主なので、3%+6万円+消費税の仲介手数料をお支払いたします。& 調整区域内の旧宅で、元々工場が建っていたので、原則は建て替えができますが、個別案件として審査会にかかるので、事前相談をしてからの契約になる事を説明させていただきました。

 二番目に多かったのは、建設会社の方ですね〜。

建設業者の方には、建て替えと、契約の流れを説明させていただきました。

 三番目に多かったのは、設計士さんでした。

意外と設計士さんって、開発関係の事を知らない方が多いのには驚きましたが、調整の旧宅の説明や、許可が下りてから土地と建物を所有権移転する事(停止条件付契約)を、きちんと説明させていただきました。

 あとは・・・・、社名や名前も名乗らないで物件の情報を聞こうとする人や、失礼な物の聞き方をする方がいましたが、まあ、こういう輩は、相手にするのもアホクサイので、適当に話して電話を切りましたけど・・・・・。

まあ、宅地分譲や、住居系の仲介物件等の販売で、一般のお客様であれば、名前を名乗らないのも、失礼な言い方をされるのも有りなんでしょうし、こちらも丁寧親切に対応しますけど・・・・、業者間取引系の物件では、ありえませんよね〜。



ということで・・・・・、失礼な電話は、2件あったんですけど・・・・・・。

そのうちの1件をご紹介しましょう・・・・。

私が、電話口に出たんです・・・・・『はい、お電話変わりました、代取の近藤でございます。』

すると・・・・・

相手 『あ〜、社長さん?  おたく1400坪の工場用地出してるんだって〜?』

 『ええ、うちの営業社員たちに公開してから、ブログに書きましたけど・・・・。』

相手 『場所どこ?』  『いくら?』  『大型入れるのか?』  

こういう質問に、とりあえず、丁重にお答えしたんですけど・・・・・名前も名乗らないので・・・・・・。 

 『すみません。 失礼ですけど、お名前を頂戴できますでしょうか?』

相手 『まあ、ちょっと待て・・・・、名前なんかいつでも名乗れる。 それで、値段はいくらまでなら落ちるんだ? 2億くらいならええんか???』

 『あの〜、その前に、資料も物件も見ていらっしゃらないのに、値段交渉して、2億に下げたら、買いますって即答できるんですか???』

相手 『そんなもん、できるわけないやろ〜。 社長さん、アホな事言うとったらあかんで〜。』

 『それは失礼いたしました。 ただ、いきなり電話をかけてきて、いろいろ聞くだけ聞いて、値段の交渉をされましても・・・・、相手もわからない、おたくも物件を見たこともない状況で、しかも買うか買わないかわからない状態で、2億で売りますとは答えられないですよ。  2億なら買うからって交渉されたら考えますよ。 たぶん2億では、断りますけど・・・・考えるくらいは考えますよw いきなり値段交渉されても・・・それって、少しばかり、失礼な話と違いますかね〜???』

相手 『あのな〜 社長さん・・・、俺の知り合いが、1000坪の工場用地を坪25万円以内で探しとるんや。  でな、わしが、2億5千万で売ってきたら、5千万をバックしてほしいっちゅう話なんや。  わかるか? 社長さん。』

久々に、昭和の悪徳不動産ブローカーを発見

 『わかりますよw 素晴らしくバブリーな話ですね〜w  そういう事でしたら、おたくが買ってから、その方にお譲りになったら如何でしょうか???  先ほどから、それだけ偉そうに上から喋ってくるんですから、2億や3億、鼻糞くらいの物でしょうw』

相手 『そりゃ〜まあ、2億ぐらいの金、出んことはないけどな・・・・、2億5千で客つけて、あんたから、銭もらったほうがええに決まっとるがな〜。 めんどくさい話はええから、2億で売るのか売らんのかどっちや?』

 『売りませんw  申し訳ないんですが、私も忙しいですし、めんどくさいんで、電話を切らせていただきますよ〜。』

と・・・・、電話を切ろうとしたんですけど・・・・・。

相手 『社長さん、あんた、お客に、えらい言い方しますんやな〜。 それはあかん。 お客に、めんどくさいは言うたらあかん。 千代田不動産の社長は、お客にめんどくさいって・・・、そういう商売しとるって世間様が知ったら、商売できんくなるで〜、な〜、そうやろ???』

 『お客様というには微妙ですけど、めんどくさいは失言でしたね。 ご気分を害されたのでしたら謝りますけど・・・・、謝るにも・・・・・、相手がわからんというか、おたく誰ですか??? きちんと話をしたいなら、名前を名乗るなり、アポを取るなりして・・・・・、まあ、話は、わかりましたけど・・・・、金額の前に、おたくと商売をする気はないので、電話を切らせていただきますね。』


相手 『社長さん、あんた、わしをナメとるん違うか? あのな、2億ばかりの小さな話やなくて、わしはな、昔、150億の土地を取引したことがあるんや。 そんときの手数料、3億やで〜。 手数料で3億や! 今回の話なんか、たった2億やで〜、まあ、言っても、わしも頭下げたくないんやが、時代も時代やからな・・・・・・・・・・・・・・(以下省略)』

話が長いし、やたらと変なハッタリきかせてくるので、電話を切るつもりだったのだが、ここまで言われると、私としても、ちょっぴり遊び心が出てきまして・・・・・・

 『へぇ〜〜〜、150億ですか〜。 それはすごいですね〜。 私なんぞは、今までの一件の最高の仲介金額は、15億くらいのものですよ〜。 ほぉ〜〜〜w 10倍じゃないですかぁ〜w  それなら、2億くらい出ますよね〜w  よしっ・・・・俺も、男だw 今週中に現金で2億を持ってきたら、2億で売りましょうw 但し、反社関係だったら売りませんけどね・・・・まあ、雰囲気違うんで反社ではないと思いますけど・・・・・。 よしっ・あんたも、男やったら、バックで5千万とか、ショボイ事言わずに、私の前に、ド〜ンと2億、積んでくださいよ〜w ザラで決済しましょうよw』

相手 『よし、2億でいいんやな?』

 『ええ、今週中ですよ。  普通なら、それだけの値段交渉は受けませんけど、是非、お知り合いになって、150億の取引の話も聞きたいですし・・・・・世の中、損して得取れって言葉もありますし、2億でお譲りしますよ。  ところで、150億の取引をするような人なんですから、せめてお名前だけでも聞かせてください。』

相手 『2億やな〜。 今週って一日しかないがな〜月曜までなら・・・・・・・、お〜〜〜社長さん、あかんわ〜 携帯の電池切れるわぁ〜。 後で、もう一回電話するわ〜〜〜。』

ということで、電話が切れた・・・・・・・(というか、切ったと思う。)

その証拠に、もう、電話はかかってきませんでした


まだ、今でもいるんですね〜・・・・・昭和のハッタリ不動産ブローカー(笑)


なんて事もありまして・・・・・・・


もう一件失礼な電話もありましたが、それは、またの機会にいたしまして・・・・・。

この二件以外は、皆さん、きちんとした方ばかりで・・・・、お問い合わせありがとうございました。

早速、明日、ゼネコンさんと、不動産業者さんにお会いする事になっておりますし、他の方々には、FAXもしくはメールを送らせていただきました。

良いお話になるといいな〜と思っております。

そんなわけで、私は私で工場用地の営業活動をしておりますが、当社の社員たちも、それぞれ頑張っているようでして、買主様を見つけるのが、私なのか社員たちの誰かなのか・・・・???

そして、この1400坪の工場用地を購入されるのは、どちらの企業様なのか???


まだ、どうなるのか、全くわかりませんけど・・・・不動産営業・・・楽しいです








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。



2011年10月27日

1170) 1400坪の工場用地販売開始(愛知西部)

愛知県西部って、工場用地を探してもなかなか見つからないんですよね〜

津島市、愛西市、あま市は、工業地域が少ないというか・・・・・市街化区域自体が少ないんですけど・・・・。

普段、工場を建てたいという話を頂いても、『探しますけど、なかなかないですよ〜。』なんて、答える事が多いわけで、お客さんがいるのに、それに応えられず悔しい思いをしてきたわけです。

そんなわけで、前々から、愛知西部で工場を建てることができる大きな土地を買って、販売したいと考えていたのですが・・・・・・。

先月、やっと購入することができまして・・・・、販売を開始する事になりました。


場所は、あま市(旧美和町)なんですけど、東名阪にも近く、工場を建てるには良い場所です。

と言っても、市街化の工業地域ではなく、調整区域の旧宅地なんですけどね〜。

昭和45年以前(線引き前)に、工場が建っていた土地なので、事前協議と開発審査会案件ではありますが、騒音、振動、排水等で、近隣に迷惑をかける工場でなければ、原則OKです。

もちろん事前に、打ち合わせや協議をし、許可を取る必要はありますけどね。

この地域で、1400坪の工場用地を販売できるのはとても嬉しいです。
 


しかも、当社が売り主なので、仲介手数料は、一切かかりません


ということで・・・・・・。

営業を全員本社に呼んで、物件の公開をしました。


うちの社員たちは、住宅関係の物は、売り慣れているのですが、工場用地は正直、売り慣れていませんので、開発についてと、契約から決済についての流れまで説明をしました。

 『え〜、今回の工場用地の売却で気を付ける点は、やはり何と言っても、許可関係です。

 買い付けを頂いたら、当社から、条件付きの売渡承諾書を出します。

 設計士の先生に会っていただき事前相談や協議に必要な書類を提出していただき、県に相談と協議をします。
この時点で、ダメなものは撥ねられるので、2〜3週間で大凡の答えが出ます。

 大凡大丈夫でしょうwの回答が出たら、売買契約をします。
売買契約書の特約の部分に、許認可が得られず買主の購入目的が達成できなかった場合は無条件解約ができるという条文を入れて契約をします。

 許可が下りたら、その後、残金決済をして物件を引き渡します。』

 『調整区域の旧宅地だけに、停止条件を付けて契約をしないと、買主さんに迷惑をかけるおそれがあるので、開発許可の関係は、特に明確にしておく必要があります。』

、『他の詳細については、随時、用地課か私に聞いてください・・・・以上w』



私の話が終わると、営業たちは、いっせいに営業電話を・・・・・

みんな、大きな物件だけに張り切っていました。

お客さんに電話をする者、ゼネコンに電話をするもの、近隣の会社に電話をする者、中には、商工会や、金融関係に電話をする者・・・・、みんなそれぞれ、自分の思ったところに営業をかけていました。

みんな気合が入っていました



ここで、私から、もう一言、みんなに声をかけました。

 『はい、みんな〜、もう1つ聞いてくれぇ〜。 今回の件だけど、俺も、動くからな〜w』

社員 『え〜〜〜。 社長もですかぁ〜〜〜

 『うむ〜〜〜、そんなに嫌か・・・・よしっ、わかった。 3日ハンデをあげるw 俺が動くのは4日後だw それならいいだろうwww』

という事で、今日が、その4日目なので、ブログで公開したのですけど・・・・・・


このブログを見て、愛知県西部の工場用地(約1400坪)に興味のある方は、千代田不動産の近藤までご連絡ください

因みに明日からは、地元の経営者仲間や、先生たちにも、声をかけようと考えています

社長 VS 社員たち  (4日のハンデ付w)

という事で、工場用地の販売、頑張ります








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。