2011年02月

2011年02月17日

1048) 経営者の会って何? (知人の頼み事)

 読者の皆さん、ランキングが・・・・今年も、更新頑張りますので、応援クリックをしていただけるとありがたいです



私の友達・・・いや、後輩でもないし・・、私を慕ってくれてる若い経営者Sくん(36才)がいまして・・・若い経営者の集まりの会みたいなもののリーダー的な存在なんですけど・・・


うむ〜〜〜・・・、何か、私の事が好きみたいで、ちょくちょく遊びにくるんですけど、何か、お調子者というか、人間性も悪くないし、動きがいいし、気を利かそうと、一生懸命なんで、ウザイときもあるのですが・・・憎めないというか、ちょっぴり可愛い

そのSくんが中心となって運営している経営者の会というのが、まあ、くだらない会でして・・・、若い経営者さん?の男女が20人くらい集まって、飲んだり食ったりしながら、経営について夢を語って遊んでいるんでるみたいなんですけど・・・

まあ、コンパの延長みたいなもんです


経営者というと、聞こえはいいですけど、実際は、私の知人の不動産屋(36歳))を筆頭に、車の修理屋、美容院や、飲食店経営、仕事のないフリーター司法書士のお兄ちゃんや、マルチっぽいビジネスや、フラワーコーディネーターや、税理士の卵? 自宅の一室でエステをやってるお姉ちゃんやら、何だかんだで20人くらい集まって、飲んだり食ったり、ブログやツイッター仲間になって遊んでいるんです。

以前、私も、集まりに参加して、その子たちと話をしたことがありますし、何人か、それなりの経営者さんも紹介したりしてたんです。

まあ、でも・・・、若い事は良い事なんですけど、いっちょまえの事をいう割には、中身が伴っていない子が多いと申しますか・・・、集まっても、机上の空論や、現実離れした夢を語っているだけで、向上心のある若い男女が群れになって遊んでいるようにしか見えないのですけど・・・。

というのも、これいいんじゃない? あれいいんじゃない? こういうビジネスをやろうと思っているんだけど。』と言いながら、全然、実行しようとしてないし・・・、金があったらとか・・・誰から出資してくれたら・・・とか・・・、そんな話ばかりなんです。

甘いなぁ〜金があれば誰でもやるわぁ〜無いところからやるから難しいんだし面白いんだわ〜って思いますけど・・・。


といいながら、私も、Sくんを可愛がってますけどね・・・・・・・


そんなSくんが、美和営業所に来まして・・・・

Sくん 『社長、あはっ・・ ども・・・ 今、いいっすか? 外に車があったもんで・・・。』

 『あのさ〜、今は大丈夫だけど、電話してから来てくれないと・・・。』

Sくん 『すみません・・・社長、ちょっと話が・・・・ちょっとだけ時間ください。』

Sくんは、社員たちのデスクを通り越して私のデスクのところまで入ってきた。


 『おいおい、お前さ〜。 社員でもないのに、何を勝手に奥まで入ってくるわけ? それにさ〜・・・いつも思うんだけど、話すときの距離が近すぎてキモいんだよ・・・おれ、イナバウアしながら話さなきゃいけなくなるだろ〜。! けっこうイケメンなのに、その距離感がモテない理由なんだと思うわw まあいいけど そこの応接で待ってて、行くから。』

Sくん 『はい・・・すみません。』

私は、急いで仕事のきりをつけて応接に行った。


Sくん 『社長、おれ、距離近いですか?』

 『うん・・・、Sくんってさ〜、なんとなくハイドが車に引かれてヒラメ顔になったようなビジュアル系微妙なイケメンなんだけど・・・、目がギラギラしてるし、その大きな目で、近距離で話すから、こっちが引くんだよね。 話す前に離れろってのが先にきてしまうんだよ。 それは、マイナスだと思う・・・人と人の距離って大事なんだよ。』

Sくん 『ご指導ありがとうございます。 そんあこと言われたことないですし・・・他の人は、そこまで近くないと思うのですけど・・・、でも、社長だと、なんかいい匂いがするんで、近くに寄ってしまうんですよ。』

 『おいおいおいおいおい 気持ち悪いこと言うなよぉ〜。 今日は、何付けてきたかな〜、ジャスミンノアールのボディークリームの匂いかな〜??? もう、このクリーム付けるのやめよう・・・ で・・・今日はどうしたの???』

Sくん 『実は、社長にお願いがありまして・・・今度、また講演をお願いしたいんです。 テーマは自由なので何を話してもらってもいいですけど、近藤社長には、できれば、人と人との繋がりを大切にする系の感謝の気持ちが相手と自分を向上させるぅ〜みたいな話をしてほしいです。 以前、何かの雑誌に載ってたじゃないですか〜・・・あれ、感動したんですよね〜。 講演が終わってから〇〇〇(居酒屋)で、ミーティングと新会員の歓迎会をやるので、そちらのほうも来てもらいたいのですけど・・・新会員は女性の方で、コンパニオン会社をやっているのですけど、年齢は37歳なんですけど元々モデルをしていたみたいなんですけど、ツンケンした感じもなく愛想の良い方で・・・。 最近、わたしのブログにもコメントをしてくださるんです。 近藤社長のブログも読んでいるみたいで、一度お会いしたいと言ってましたし、他の会員も、近藤社長のことは皆、尊敬していますので・・・・』

 『・・・・その日用事ある・・・。』

Sくん 『まだ、日時も行ってないのに用事って・・・。』

 『ん〜〜〜、何となく行きたくないんだよな〜。 若い子たちの意見は斬新な部分もあるんだけど、中身が詰まってないというか、理想と夢を語ってるだけで、何一つ結果を出してない人ばっかりじゃん。 それに、変な事ばっかり聞かれるし・・・・。』

Sくん 『変な事って・・・?』

 『俺が、月に小遣いいくら使うとか、クラブの料金設定の事や、既婚者の俺に彼女いないんですか〜?って聞いたバカ女もいたし・・・、時計がいくらだとか、エクシブの会員権の値段とか・・・、船乗せてほしいとか、飯に連れて行ってほしいとか・・・、おまけに酔って便所から出て来なくなった奴とかいたし・・・最悪だったわ。』


Sくん 『みんな、まだガキなんで・・・近藤社長のこと興味あるんすよ〜。 ステータスに憧れるみたいな感じなんでしょうね〜。』

 『若いとか若くないじゃなくて・・・、バカ集めてるとしか思えんけどな〜・・・金とか物とかの事より、大事な事いっぱいあるだろう? それも、上手に聞き出すのならいいけど、単刀直入に、それいくらするんですか〜???って・・・、Sくんだって、服や、靴や、時計の値段や、ブランド名聞かれたら、気分悪くならない?』

Sくん 『すみません・・・・。 でも、それだけ人に気にされるってことですから・・・。 あっ・・・社長・・・・、そう言えばその新会員の女性なんですけど・・・、社長の好きな山口智子に似ているんですよ。 ん〜こう、何ていうのかな〜、ロンバケに出てた頃の山口智子っぽいんですよ・・・あんな感じで、明るいし・・・。


 『ん・・・、やまぐち・・・と・・・も・・こ・・・  おおおおぉぉぉ〜〜〜〜、そんなんだったら、何を聞かれても気分悪くならないしw それどころか、もう、飯でも服でも、彼女の欲しい物全てを・・・、行くよ・・・絶対行く・・・・ 俺が、そう言うと思ったか??? 本人じゃあるまいし・・・・、似てるって言ったって、どうせSくんの言う事は、あてにならん。 Sくんのハイド似と同じで、似てるけど気持ち悪いんじゃないの???』

Sくん 『ひどいな〜。 知り合った頃、ハイドに似てるって社長が言ったんじゃないですか〜。  そう言って上げておいて、ハイドとトカゲが結婚したら、お前の顔になるって、思いっきり下げて笑いを取ってましたよね〜。 別にいつもイジられてますからいいですけど・・・。 でも、今度の新会員さんは、真面目に山口智子に似ていますよ。』

 『ん〜〜〜見てみたい気もするけど・・・それで俺が行ったら、Sくんたちのコンパのノリと同じになってしまうからやっぱり行かない。 それに、俺は、山口智子本人が好きなだけで、似てる人が好きなわけではないし・・・、元モデルさんなら綺麗なんだろうけど微妙な似方してると夢が壊れるんだ。 とにかく行かないから・・・、あっ・・・そうだ。 選挙近いから、議員の先生とか、喜んで行ってくれると思うから・・・・。 会の子たちが20人くらいだろ? 講演のときは、何人くらいになるの?』


Sくん 『50人くらいですかね〜。 でも、議員さんとかでは、50人来ない気がします。 近藤社長の近藤節なら、もっと来るんじゃないかな〜。 しゃちょ〜〜〜来てくださいよ〜。』

 『ん〜〜〜やめておく・・・。』

Sくん 『そうですかぁ〜・・・ そこまで嫌がらなくても・・・・・。』

 『じゃあ、断って申し訳ないから、1つアドバイスをしよう。 頼み方が下手だよね。 山口智子で釣ろうとするところも学生コンパのノリだし・・・でも、本物来るなら死んでも行くけどwww  で、肝心なアドバイスなんだけど・・・・、私なら、どういう頼み方をするかな〜と考えてみたんだけど・・・。』

Sくん 『はい・・・社長なら、相手をどう説得するかですね・・・。』

 『うん。 俺なら、相手と話しをするときに、相手の経営哲学が社会に対する考え方を聞くかな〜。 それで、なるほど〜とか、共感できますとか、質問をしておいて・・・、タイミングを計って、今日のお話しを、仲間に聞かせてやってほしいと頼むかな〜。 そういう組み立てをして相手に頼むかな。  相手の予定さえあれば説得する自信があるよ。』

Sくん 『ん〜〜〜自然だ。 自然ですね〜。 山口智子に似ている人が〜みたいな話しとは重みが違いますね〜。』

 『真面目な話しは、茶化したらいけないんだよ。 人に何かを頼む時には、自分の気持ちを真剣に伝えることが大事なんだよ。 俺が、接待に誘うときに、相手に女好きですよね〜?可愛い子がいる店に行きましょう。とは誘わないからな。  Sくんの誘い方は、私が好きな女優に似た人がいるから、講演やりがてら来ませんか?って・・・、同僚をコンパに誘うときと同じノリなんだよ。』


Sくん 『なるほど・・・・、それで、参加しても、みんなが、そういうノリなんで行きたくないということですね。 』

  『うん、正解・・・、経営者の集まりで、目的がしっかりしていないでしょ・・・、バチッっと、やることをやっておいて、打ち上げを柔らかくするのならいいけど、何か、全部が遊びっぽく見えてしまって、やってることが、チャランポランなんだよな〜。 だから、遊びの集まりって言うんだよ。』


Sくん 『社長、それ・・・ 講演じゃなく、集まりのところで、それを言ってもらえませんか? お前らは、遊びで仕事してんのかぁ〜?って喝入れてやってください。』

 『早速、俺がさっき言った手で、来たわけだなwww まあ、行ってもいいけど・・・、一番遊び感覚なのは、Sくん、お前なんだけどなw』


Sくん 『あはははは・・・役員変えたほうがいいかもしれんですね・・・・w』

ということで・・・・話しは、終わったのですけど・・・・。

この経営者の会は、仲間内で集まっているだけなんですけど・・・、経営者の会ってのは、他にも沢山ありまして・・・、全国規模や、世界規模のものもあるのですけど・・・。

経営者だと、こういう会に誘われるんですよね〜。



でも、私は、入りません。

知人の顔を立てて、オブザーバーで例会等に参加したこともありますけど・・・・・・・。

その後、勧誘されても、入りません。



社会奉仕といいながら、くだらない集まりが多く・・・・・、例えば、メンバー30人で募金活動をして、3万円集めて、それを寄付したとしましょう。

ここまで聞いてたら、立派な社会奉仕活動です。

でも、募金の夜、打ち上げとか言って、夜の街に出て、行く店1件に対して会費を1万円ずつ集めて、3件行きました。

深夜までドンチャン騒ぎをして、1人、3万円使いました。

3万円を30人が使ったと計算しましょう・・・= 90万円

で・・・、募金した金は・・・、3万円


1人1000円集めて、30人で3万円あるわけで・・・・、それをわざわざ、自分たちは奉仕してます〜みたいな募金活動をして3万円を他人さまから頂いて、自分たちは飲み食いしまくりでドンチャン騒ぎw

これを、オブザーバーで参加しちゃったものですから、同時のトップに、私が 『お前らアホか〜。』発言をしちゃいまして・・・問題になったこともあるくらいで・・・、とにかく、入る気にはなれませんでした。



他の団体も、やはりオブザーバーで参加したときに、会費か何か知りませんけど、例会でお金を集めて、海外の貧しい地域にお金を持って行ったんです。

これも、ここまで聞けば立派です。


それがですね〜〜〜、そのすぐ近くの村で、夜に、女を買いに行ったバカが数人いたんですよ。

しかも、若い若いって大喜びでホテルに帰ってきて自慢してるし・・・・。

あり得ないでしょう。

もう、吐き気がするというか、気持ち悪くて、そいつらの顔が見れませんでしたよ。


そういう遊びが好きな人は、そういう遊びのために行けばいいのであって、社会奉仕活動に行ったついでにすることではないと思うんですよね〜。


もちろん、全員がこういう方というわけではありません。

本当に奉仕の心で入っていらっしゃる尊敬できる人や立派な人たちも沢山います。



でも、私は、こういう経営者の会には、入会しません。

寄付したければ、自分でしますし・・・、そういう会での、地位や名誉はいらないです。



今回登場したSくんですけど、この子は、今現在、そこまでのことはないのですけど、経営者の集まりの中で、どこか遊び優先みたいなところが見え隠れするので、今日は、いつもより少し厳しく対応をしたのでした。

言うこと一人前、やること半人前の、Sくんですが、立派な経営者になり、素晴らしい経営者の会にしていってもらいたいです。



    Sくん、頑張れ






2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。




2011年02月15日

1047) バレンタインデレデレ〜〜〜

 読者の皆さん、ランキングが・・・・今年も、更新頑張りますので、応援クリックをしていただけるとありがたいです

チョコよりも、貴方の一票をください


お恥ずかしい話なんですが・・・毎年、バレンタインデーには、朝から沢山の小包が届く

今年も、朝から、チョコやら、ブランド物のネクタイやら、カフス、ハンカチ等、沢山の小包が・・・・


おまえ、そんなにモテるのかよ〜〜〜〜?


すみません・・・モテませんけど・・・・  ほとんどが、飲み屋さんからの義理チョコ&プレゼント(営業)


夕方には、ダンボールに山盛り

申し訳ないのですが、ホワイトデーのお返しは・・・そのうち接待で店を使いますので勘弁してください

あっ・・・わざわざ会社まで持ってきてくださる方もいるようですが、来年からはやめてください!


ということで・・・、いただいた物を、1つ1つ整理しておりました。


 『お〜い、みんな〜、チョコ分けるぞぉ〜〜〜〜』

社員 『は〜〜〜いw』

社員たちに分けてしまうのですが・・・ あっ・・・ネクタイ類は、頂いておきます。


それはそうと・・・・



そんな中にも・・・・取引先の営業の女の子や、お客様からのプレゼントも、あったりします

今年も、6つほどあったのですけど・・・・


そんな中に、義理チョコじゃない・・・愛情たっぷりのチョコレートがありまして・・・

私が、チョコを整理していると・・・社員が・・・・

社員A 『社長、この〇〇愛〇ちゃんって、誰ですか〜???』

 『知らん・・・どこの店って書いてある???』

社員A 『ん・・・・〇〇市なんですけど・・・、社長、何か、怪しいですね〜〜〜。 個人的な知り合いっぽいですよ

 『はっ・・・・? そんなん知らんぞ。 どれ? 見せてみろ。』

私は、誰かわからなかったので、袋を開けて出してみた


社員A 『なんすか??? その固まりは??? 馬のウ〇コみたいですね〜。』

 『うむ〜〜〜 手作りだw チョコの固まりなんだが、ピーナッツが入っているみたいで、とうもろこし入りのハート型ウ〇コみたいだな〜www』

社員B 『〇〇愛〇・・・・って・・・名字が〇〇・・・、・・・・・・、それ、お客さんですよ! 愛〇ちゃんって、お客さんの子供ですよぉぉぉ〜〜〜。 自分の担当のお客さんです

 『うおぉぉぉぉ〜〜〜〜 おいA、お前、お客さんからの贈り物を、馬のウ〇コって言ったなぁぁぁ〜〜〜、お前、明日から出社しなくていいよ! もう会社来るな! 辞表出せ・・・辞表!』

社員A 『社長だって、ひどいこと言ってたじゃないですか〜〜〜。 社長も辞表ですよ。』

 『アホかぁぁぁ〜、お前の場合は、馬のウ〇コだけじゃなくて、お客様の子供さんと、俺の関係を変に勘ぐったという思い罪があるんだぁ。 そういう不埒なエロ野郎は、桃太郎侍が許しても俺が許さん・・・辞表だ、明日辞表出せ!』

社員A 『それよりBくんが・・・・社長・・・Bくんが・・・・。』



社員B 『俺、担当なのに、何で社長宛にチョコ送ってきたんだろう?』 


 『ギャハハハハハ〜〜〜〜w まあ・・・・人柄ってことで・・・・w』

社員A 『社長・・・・、Bくん、やばいっすよぉ〜。 一生懸命、誠心誠意頑張ったんですからぁ〜〜〜。』

 『よしっ・・・、この馬の・・・いや、この手作りチョコは、みんなで食べよう


社員B 『じゃあ、俺が、割りますね・・・・・、うっ・・・・ 硬すぎて割れないっす。  包丁でやってみます・・・・・・・・ ダメだ・・・切れない・・・・・。』

 『よしっ・・・俺がやる・・・・ おい、出刃もって来い・・・・・・・・ ドリャォォォ〜〜〜〜。』


ドンッ・・・・バキッ・・・・・ ドン・・・・・ ドン・・・・バキッ

 『ハア ハア ハァ  割れた・・・・・  よし、食べよう・・・・ いただきま〜〜〜す。』

社員A 『硬い・・・マジで硬いっす。』

 『でも、美味しいじゃね〜か。  4〜5歳くらいだろ? あの子が、お母さんといっしょに、チョコ作ったんだ。 めちゃくちゃ美味しいじゃね〜か。』

社員B 『そうですね〜。 美味しいですね〜。 他の社員たちにも残しておいてあげなきゃw』



お客様の娘さん 愛〇ちゃんから送られてきたチョコレートは、何十個のチョコレートの中で、一番美味しいチョコレートでした。

他の方には申し訳ないですけど・・・、どこかの有名ケーキ屋のチョコや、デパートの高級チョコなんて目じゃないです。

昨年の春、当社の宅地分譲セントフィールドをご購入いただき、そこに家を建てられて、その新しい家のキッチンで、お母さんと、愛〇ちゃんと二人で、一生懸命、作ってくれたんでしょうね〜

そして、担当のBではなく、現場で1〜2回しか会ったことのない私にプレゼントしてくれたのです。

こんなに嬉しいことはございません

この、馬のウ〇コみたいな、お客様からの、めちゃくちゃ大きな硬い手作りチョコレートが、今年送られてきた中で、一番美味しい、一番嬉しい、バレンタインデーのチョコレートでした



ということで・・・、私は、デレデレ顔で、愛〇ちゃんの手作りチョコを食べたのでした








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。

2011年02月13日

1046) 不動産投資の失敗を考える

 読者の皆さん、ランキングが・・・・今年も、更新頑張りますので、応援クリックをしていただけるとありがたいです



不動産投資家のAくんが、相談に来た


3年〜6年前くらいに買った収益物件の空室が増えてきたのだが、どう対策をしたら良いかを相談に来たのだ

彼は、不動産投資家として、かなり自信を持っていて、投資流行の時期には、自分は不動産投資の天才だと思っていたのではないだろうか。

私にも、よく、こう言っていた。

『自分は、5億以上の資産を持っている・・・ボロアパート1つから、5億まで増やした。 』

5億円分の不動産を買っただけの話で、ほとんど借金なんですけどね〜。


不動産投資にも絶対的自信を持っていて、プロである私に、横文字や数字を並べ立てて説明していた。


当時私は、言った・・・

 『借金返したら、5億の資産家ですね〜・・・、ただ、未来の事はだれにもわからない。 時代は動いているので、計算通りにはならないですよ。 不動産投資って、そんなに甘いものではないですよ。 私は、インカムで物を考えないですからね〜。 キャピタルで考えるんです。 転売したときに利益が出るものしか買いません。 Aさんは、賃貸利回りを気にしてますけど、私は、転売利益率を気にしてます。 そして、何百件も転売をしましたけど、損切り率は0%です。』

それに対してAさんは・・・

Aさん 『近藤社長の場合、買って売ったら終わりじゃないですか。 私の場合は、他人さまからの賃料で資産を増やして最終的に資産として残るわけですから・・・ どうせ転売するのであれば、賃料を吸い取ってから転売したほうがいじゃないですか。』


 『不動産投資家として成功されるといいですね〜。 でも、もう一回だけ言いますけど、未来は誰にもわからないんで、ヤバいと思ったら、引き返せる位置にいながら投資をしていくことをお勧めします。』

Aさん 『銀行が、融資してくれるということは、私の不動産投資に太鼓判を押してくれてるってことだから、これからも良い物件があれば、どんどん買うから、いいの出たら持ってきてくださいね。』



それが今・・・・

Aさん 『社長、最近、空室が目立ってきていて・・・、何か良い空室対策ないですかね〜? 不動産会社にも、手数料を倍出すからと、頼んでいるんですけど、これがなかなか埋まらないんですわ。』

 『うむ〜 同じ状況の方が多いですよ。 毎月の返済が苦しいので、手放したいという方も多くなってきました。  で、みんな空室対策をしてるんですけど、それでも埋まらないんですよね〜。 いろいろとやってみるようなんですけど、金をかけて空室対策することもできないし、手放したくても、担保がぬけるほどの金額で売れないケースが多くて・・・。 空室も増えていくし、まあ、そうですね〜、給料を収益物件の支払いに回している自己破産待ちの人もいるくらいです。』

Aさん 『自分は、まだそこまでではないですけど、でも、利益どころではなくなってきているのは事実です。 先日、ある不動産投資家さんのブログを見たんですけど、お金はかかってもプロを入れてバチバチに空室対策をしようとも、考えているのですけど・・・、どうなんでしょうね〜?』

 『私が6年前に売った物件は、空室の嵐の今でも10%くらいは回ってますよね〜???』

Aさん、 『元々、8割くらいしか、入っていない物件だったのですが、2割空室で13%くらいありましたから、今現在も、11%以上は出てますよ。 空室は、相変わらずですけどね。』

 『あれ、売りましょうよ。』

Aさん 『あれは、唯一回ってる物件なんで、売るのなら他のを売りたいです。』

 『うむ〜 他のを売るなら、追金が必要になるんじゃないかな〜? あの物件は、当時、出口まで考えてAさんに売りましたから、あれなら売れますよ。 古い物件で建物評価ほとんどゼロでしたけど、土地が広かったので、不動産の価値としては、けっこう良いんですよ。 確か、説明したと思いますけど・・・・。 まあ、自己資金1000万円くらい入れてるし、それから6年は払ってるし、返済計画も短かったので、売っても、けっこう残ると思います。』

Aさん 『ん〜・・・・・、できれば買った価格では売りたいですけど・・・。』

 『あの物件なら、買った時の9割くらいの価格では売れると思います。 私が買取るとしたら8割くらいですけどね・・・w でも、あの物件が良いと言っても、当時の価格で売るのは難しいですよ。 まあ、残ったお金で、他の物件の損失を払って売るしかないでしょうね。 最終的に、〇〇駅の近くの物件だけ残ればいいじゃないですか。』

Aさん 『そんなことをしたら、何やってたかわかんないじゃないですか・・・。』

 『まあ、当時私が言ったことを思い出してみてください。 いつでも転売して逃げれる状態でって、言いましたけど・・・・、正直、やりすぎたんですわ。 Aさんの持っている物件で、私が良いと思うのは、私が売った物件と、〇〇駅前の物件だけで、あとは、高い買い物だったんですよ。 買う際に、俺なら買わんって言ってた物件です。  私のようにキャピタルで考えて良い物件と、あなたのようにインカムで考えて良い物件というのは違いますからね。』

Aさん 『うむ〜〜〜 親から、3000万円くらい借りれそうだから、それで、空室対策したほうが良くないですか?』

 『ん〜 好きにすればいいですけど・・・、はいw ここで、素人さんの為の不動産学校、Aさんの未来予想図w



 爺さんから相続された土地を売って5000万円の金を作ったAさんは、収益物件を買いました。(ボロアパート)

 1000万円の自己資金を作り、最初の物件の信用力とその物件を担保に、私の仲介で収益物件を買いました。

 そして、また、その物件を担保に収益物件を買いました。

 調子に乗ったAさんは、どんどん収益物件を買い漁りました。 この頃になると、悪徳不動産業者が、相場より高い家賃設定しておいて無理矢理満室にしたような物件まで買うようになっていました。

 そして、世の中に収益物件が増えすぎて、空室が目立つようになってきて、毎月の支払いが苦しくなり・・・支払額+経費より、収入のほうが少ないような物件まで出てくる始末。

 はい、ここからです。  Aさんは、親に泣きついて、3000万円を借りて、空室対策をしましたが・・・、状況は、少しは改善して、一旦黒字にしたものの、結局、また空室が増えてきて、これまでの借金の返済+親への借金を返すだけの状態まで戻らず、またもや、赤字に転落・・・、親への借金を踏み倒し、何とか、不動産投資を続けていました。

 そんな中、今より更に、不動産投資家同士の値下げ競争が激化し、少子化の波も押し寄せ、もっと苦しい状況に・・・、またもや、親から借金をして、今度は、家賃の値下げと、毎月の支払いに金を使いました。

 ここから失礼な話・・・、親が亡くなりました・・・、生前に金を貰ったということで、ほとんど財産はもらえない。 おまけに、兄弟たちからも、道楽なバカ兄弟ということで相手にされなくなりました。

 そして、ここまで何とか持ちこたえましたが、もう限界・・・、収益物件を全部売却して借金を清算しました。 でも、残ったのは・・・?????


私が、数年前、今の状況を予測したように、今、未来のAさんを予測したんです。

おそらく、こんな感じなんじゃないかな〜と思います



要するに、先物やって、追証を入れまくって財産食っちゃう奴いるでしょ???

あれと同じだと言いたいんだけど・・・・。

ここで、追証を入れて耐えれば、明日は儲かる・・・、自分ではそう思っていても、冷静な他人から見たら、一旦仕切って、やめればいいのに・・・

本人は、ここまできたら切り返せない・・・。



博打や女で財産を食いつぶす奴も、株や先物や不動産投資で食いつぶす奴も、俺から見たら同じです。

道楽息子にかわりはない。



              以上  


Aさん 『ちょっと極端すぎません??? 家賃が0ってわけじゃないんですから、そこまではいかないですよ。』

 『あはははw 極端かもしれにですけど・・・、、じゃあ、今、全部売ったら、いくら残りますか??? 今まで、何年も家賃は入ってきているわけでしょ??? どれだけプラスで終われると思いますか?』

Aさん 『だから、買ったときと同じ価格で売りたいんじゃないですか・・。』

 『それは、200%無理です。   お金が、どこに消えたか説明しなくてもわかると思いますけど、あえて言いましょう・・・   不動産の値下がり  銀行金利  不動産屋の報酬  税金  ですwww』font>

Aさん 『値下がりって、そんなに大きいですかね〜???』

 『下落しているだけではななく・・・、自分は安く買ったつもりでも、当時から高く買っているのです。 そして、売るときは、足元見られて叩いて買われるんです。』

Aさん 『なるほど・・・納得はしたくないけど、実際に売ってみて、売れた価格が、当時より安ければ、そういうことになりますね。もちろん経年分は差し引きますけど・・・』

 『Aさんが買い漁っていた当時の私、土地は沢山、買ってましたけど、収益物件は少ししか買ってなかったでしょ??? 私は、収益物件を買うのは、これからだと思うんですよね〜。 投資流行が過ぎ去ってからが、買いだと思うのです。』

Aさん 『・・・・私は、どうしたらよいのでしょう??? 近藤社長が言うように、あの物件を売って、資金を作り、他の物件を損切りして、駅前のみを残せばいいのでしょうか???』

 『私は、そう思いますけど・・・、他の業者や、専門家にも聞いてみたらどうですか? いろんな人の意見を聞いて・・・そして、最終的には、あなたが決める。そうするのが良いと思います。』


Aさん 『空室対策の相談が、えらい話に発展したな〜・・・。』

 『空室対策は、あなただけがやるわけではないので・・・・、そこを考えましょうね。 もちろん、不動産投資に成功した勝組の投資家さんも沢山いますし、空室対策で生き返った投資家も沢山いますけど・・・、私は、一部の方だけだと思います・・・・・Aさん、自分だけは特別・・・とは思わないことです。』



Aさん 『私も、本音で話しますね。 私は、近藤さんの不動産投資を、どこか甘く見ていました。 何でも、大雑把に、適当な感じでおっしゃるし・・・、計算も細かくされないし・・・、私のほうが、繊細だと思うんですよね。 収益物件を買う際も、私は、1円単位まで計算して買いました。 近藤さんは、この金額で買っておけば、いいんじゃな〜いwって軽く言いますけど、何故、それで勝組なのか? 何故私が負けなのか、そこがわからないんです。』

 『ん〜〜〜、まあ、適当ではないけど・・・・、適当なのかな〜? 私から言わせると、Aさんは、セミナーとか行き過ぎて、細かすぎて、細かなことは気にするくせに、大きくて肝心なところが見えてないな〜って思っていましたけどね〜。 あとは、人との接し方が下手だと思ったことがあります。 値段の交渉は上からドーンだし・・・、不動産業者や工事業者の気持ちを逆撫でするような発言も多々ありました。 お金に細かい事は大事な事ですけど、他人を苦しめるような細かさはダメなんですよ。 自分が得をすれば相手が損をするんですから・・・、そこで勝ち負けしたらいけないんです。 相手も自分も気持ちよくなれるようにすることが、先に繋がるというか、勝負する相手を間違えているんですよ。 共に・・・の人を、苛めて殺しちゃってるんです。』

Aさん 『買うときは安く、売るときは高く、経費は一円でも安く。 これ、常識でしょ?』

 『ん〜〜〜説明が難しいですけど・・・・、以前、私が、300万くらいでできますよ〜wと軽く言ったんですけど、結局、320万円かかったんですよ。 で、あなたは、20万円の差額は大きな誤差だから20万円を手数料から引けと怒って言いました・・・、私は、謝り、笑って了承しました。  でも、私は、あれ以来、物件を持っていかなくなったでしょ? 実際に、美味しいのもでてましたけど、持って言ってませんし・・・、他の件で、リフォーム業者も紹介はしましたけど、価格の交渉はしてません。 あの時のことがなければ、下請けに、うちと同じ業者単価でやってやれ〜って言ってたでしょうし・・・。 20万円のことで、めっちゃ損してません???』

Aさん 『うむ〜〜〜 300万円くらいと言ったら、300万円以下じゃないと・・・超えても数万円までですよ。』

 『その前に、仲介手数料430万円くらいだったのを、400万円にしてるんですよ・・・私はw  その事は当たり前くらいに思って、その後の誤差は、しっかり追い込む。 これでは、Aさんのために、良い物件をとか、そういう気にはならないですよね。 不動産投資としての失敗もありますけど、人付き合いの失敗も大きいと思いますよ。 あの人のためなら・・・って人が、どれだけ回りにいるかで、ビジネスは大きく変わってくるのです。』

Aさん 『話が、それていってません???』

 『そう思うんですね??? じゃあ、ここらへんでやめておきましょう。』

Aさん 『私も、もう少し考えてから結論をだします。 近藤社長、ありがとうございました。』

 『いえいえ、全然・・・、しかしまあ、最近、ほんと、空室が多くて皆さん困ってみえますよね〜。 えらい時代になってきましたね〜。 今日は、わざわざお越しいただいてありがとうございます・・・生意気言って申し訳ございませんでした。 大変でしょうけど、頑張ってください。』


と、まあ、こんな話しをしたんですけど・・・。

Aさんが、どんな結果を出すのか、私にはわかっています。

3000万円かけて、空室対策をするか・・・、小額で空室対策をして毎月の支払いに充てるかです。

売却は、最後の最後・・・でしょうね。

投資というものは、何でもそうなんですけど、損切るときは潔くしないといけないと思うのですけど・・・

まあ、このAさんは、無理でしょうね。

それができる人なら、とっくに損切りしてるはずですから・・・



本日の素人さんの為の不動産学校は、不動産投資の失敗について書いてみました。






2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。