2010年05月

2010年05月30日

910) 策士、策に溺れる&盗人猛々しい

策士が策に溺れた話です

だいぶ前の話なんですが、私と仲の良い地主さんの土地(当社専任の仲介物件)を、隣町の業者さんが客付けをしてくださったのですが・・・・・。

それから、仲良くなりまして、他の土地も、2〜3客付けをしてもらいまして、私としては、ずっとお付き合いできる業者さんだな〜なんて思い、ここ近年、飲みやゴルフなんかもして、仲良くしていたのですが・・・・。

実は、こやつ、とんでもない奴でございまして、2ヶ月ほど前、私が面倒を見ている地主さんのところに、『以前、千代田さんといっしょに仲介をさせていただいた〇〇ですけど〜。おたくの持っている〇〇町の土地を欲しいというお客様がいるので、客付けさせてください。』と訪ねて行ったのです。

地主さんは、『うちは千代田さんところ以外には頼まないから、千代田さんのところを通してください。』と断ってくれたのですが・・・・。

その業者は、前の取引の件で、自分なら手数料を2%にしたのに、千代田さんのところは3%取ったから、悪質だ!とか、近藤社長は、地主さんとの信頼関係に甘えて、口のきき方や態度が横柄だとか、あげくの果てに、あそこの会社は、社員が大勢いるから金儲け主義で、地主さんの事を全く考えていないと言う始末w

そして、自分が来た事を私に言うと、自分も地主さんも、怒鳴り散らされて脅されるから、お互いのために内緒にしておきましょう!とも言ったらしい

要するに、私のお客様に私の悪口を言って、自分のお客様にしようという、策を練ったわけです。(浅はかな策w)

で、地主さんも、私との信頼関係はあるけど、美味しい話かどうか、聞いてみようとスケベ根性を出して、一応話を聞くことになったわけです。

そこから、話は、とんとん拍子に進み、契約日まで決まったわけです。

契約日が決まったとき、仲介業者は、売買価格3500万円!、千代田さんでは、この価格での客付けはできないでしょうね〜。私だからこそ、できたんですよ!と、地主さん相手に吹きまくっていたらしいです。

そういえば、丁度この時期、この仲介業者は、私にバレていないか確認の意味で、しょっちゅう私に電話をしてきて、ご機嫌をうかがってましたっけ・・・w

まあ、それは置いといて、地主さんとしては、今まで散々、当社で土地を売ってきたので、契約日前日、心配になり、私に電話をしてきました

地主さん 『俺の持ってる〇〇町の土地、あれっていくらで売れると思う???3500万円で買うという奴がいたら売ったほうがいいのかな〜?』

私は、他業者が来てるwとピーンときました

 『うむ〜 まあ、相場よりはちょっとだけ高いかもしれませんが、売れない金額ではないですね〜。 でもね・・・いいこと教えましょうか? あの土地の北側の土地があるでしょ? あの土地といっしょに売却できれば、もっと価格が上がりますよw あの土地を単品で売るのは、私としては賛成できませんね〜。 もしかして、あの土地を単品で売れなんて言ってくる業者はいないと思いますが、もしもいたとしたら、後で隣地を買って、ガッポリ儲けるつもりかもしれませんね〜。 まあ、〇〇さんは、そんな話に引っかかるほどのアホじゃないですから、心配はしてませんけどねw』

地主さん 『な・・・なに、北の〇〇ちゃんとこの土地と一緒だと、もっと高く売れるのか? 』

 『それはそうですよぉ〜w だって、今時、あの土地を買うと言ったら住宅系に決まっているでしょw あの土地は、南に道路を入れて3区画に切るのですけど、北の土地を売るなら、その真ん中に道路を入れれば減歩が減るでしょ? 減歩が少ないほうが高く売れるに決まっているじゃないですかw まあ、売るときは、必ず私に相談をすると言っていたので・・・、もしかして、売るんですか? 売るなら、隣の〇〇さんといっしょに売りましょうよw』

地主さん 『隣の〇〇ちゃん、売るのか?』

 『私が行けば・・・・たぶん売ります。』

地主さん 『実はな〜。 こういう業者が訪ねてきて、良い条件で土地を買う奴がいると言ってきてな〜。 あんたの悪口を言いまくって・・・・・・・・・・(以下省略)ということで、明日、契約なんだよ、』

 『へぇ〜〜〜、それは良かったですね〜。 まあ、とりあえず3500なら悪い話ではないよ思いますので・・・・、あっ、でも、うちなら、3600万円で買いますよ。 でも、やっぱり、もう決まっているなら、そっちに売ってあげてください・・・まあ、100万円のことなんで・・・。 あっ、でも、うちなら自社買取なので、手数料いらんですから、200万円以上違っちゃいますね・・・、まあ、でも200万円くらい、小型の車1台分ですから、〇〇さんには、どうでもいい金額かもしれませんねw 私は、その業者さんの邪魔をするつもりはございません。 地主様が納得して売るのであれば、いいんじゃないですか???』

地主さん 『うむ〜〜〜納得いかん・・・やめた。 社長に売る。 だいたい、社長の悪口言って、近付いてきて、話を聞いた俺もバカだった。』

 『わかりました。 じゃあ、ここから先は、私に任せてください。 ところで、明日、契約何時ですか?』

地主さん 『10時にうちに来るって言ってたな〜。』

 『じゃあ、9時に手付金360万円を持ってお邪魔しますので・・・・、でも、100万円プラスで買う代わりに、相手の業者は私が断りますので、連絡しないで下さい。 OKですか?』

地主さん 『わかったぁ〜。 俺は、前もやってるから、あんたのところのほうが安心だし、元々、俺は、千代田さん以外に売る気はなかったのを、わけのわからん業者に、あんたの悪口を吹き込まれて騙されただけだ。 とにかく、100万円プラスなら千代田さんに売るわ。』

 『契約書の雛形か何かもらってます? ないならないで、だいたいの内容は把握してますので、大丈夫ですけど・・・・。』

地主さん 『契約内容の説明をうけたときに、契約書のコピーみたいなものをもらったわw』

 『今から、行きますから・・・それ下さい。 同条件で、100万円プラスで買いますから内容がわからんといけないので・・・w』

私は、即、社員に電話をして、朝一に360万円を用意するように言った。

そして、契約書をもらいに行き、100万円プラスする意外、同じ条件の契約書を作った。


そして契約日当日・・・・・・・・・・

9時に地主さんのお宅に伺い自社買取の契約を済ませた

そして、10時契約予定の、私を出し抜こうとした業者を待っていた。


私は、自分の車を隠し、地主さんの家で待っていた。

ピンポーン

 『は〜いw あっ、こんにちはw 〇〇不動産の〇〇さんじゃないですか〜w 同業の方が、こんなところでどうされたのですか?』

業者 『あ・・・え・・・いあ・・・・ おはようございます。』

 『以前うちが出しで仲介をさせていただいた地主さんのところで何をしていらっしゃるのですか? いい天気ですから、花見でも誘いに来たのですか?』(4月の話なので花見)

業者 『あ・・・・じ・・・実は、この度ご縁がありまして・・・、あの〜・・・〇〇さん(地主)は、どちらに・・・。』

 『奥にいらっしゃいますので、まあ、きたないところですが、どうぞおあがりください。』

地主さんが奥から 『お〜い、聞こえてるぞ〜。人の家汚い所って言うなぁ〜。』

業者 『10時から契約ですので、買主さんといっしょに伺ったのですが、もしかして、近藤社長、今回、仲介に入られるということですか?

 『いえいえ、せっかく〇〇不動産さんが、私を介して知り合った地主さんに、私の悪口行ってまで言って近付いて、やっと決めた契約の仲介に入ろうなんて思っていませんよ。』

業者 『い・・いえ・・・そういうつもりじゃないのですけど、ちょっと別件で、ご縁がありまして・・・。』

 『別件でね〜・・・あははははははw 実は、あんたが予定してた契約、中止になったんだよ。 ちょっと高かったけど、うちで買わせてもらったわw 今、契約終わったところだよ。 おたくの契約書を参考にさせてもらったけど、相変わらず特約の作り方下手だね〜w』

業者は、真っ赤になりなから、連れて来た買主さんに、一生懸命言い訳をしていた。

業者 『近藤社長、ちょっとひどくないですか? 私は、今日、買主さん(デベ)を連れてきているんですよ。』

 『はっ? 盗人猛々しいってのは、あんたが語源だったんだなw うちと取引したときに知り合った地主さんのところに行き、ある事ない事、うちの悪口まで言って、地主さんを垂らしこんで、今回の契約までたどり着いたんだろ? 地主さんを落とすまでの間、様子伺いで、何度も電話してきやがって・・・、大地主さんを掴みたくて、策を講じたんだろうが、策に溺れたわけだw』

業者 『・・・・・・社長、こうやって買主さんも来ているので、今回、仲介に入っていただくということで、丸く納めてもらえんでしょうか?』

 『丸くか〜・・・・ あかん・・・角が取れんから、丸くならんわ〜。 策士、策に溺れる。 まあ、あんた程度の雑魚不動産屋に使う言葉じゃないが、さっきあんたと話していて、この言葉を思い出したよ。 とりあえずそういう事だから、今日のところは、おうちに帰ってお寝んねしたら???』

業者 『わかりました。今回の件、社長を出し抜こうとしたこと、その際に、行き過ぎた部分もありました。 その件は、取り返しのつかない事だと覆いますし、御詫びのしようがありませんが・・・、近藤社長・・・、このやり方と、この言い方は、人をおちょくり過ぎてませんか? 私は、ここ近年で一番腹が立っています。』

 『策士、策に溺れると、盗人猛々しいのダブル攻撃かw まあ、今日のところは帰りなよ。 ここは地主さんの家だ。 今回の件で、何か言いたい事があるのなら、後日、会社にきてください。 その時に、きっちり話を着けましょう。』

業者 『わかりました。 そうさせていただきます。』

ということで、話は終わった。

でも、あれから、2カ月くらい経った今も、電話すらかけて来ない・・・

まあ、私が財産管理をしている地主さんの売ろうと、策を講じたが、失敗しただけの話なんで、冷静に考えたら、来るに来れないのでしょうけどね〜。



私が、今回、何故、2カ月も前の話を書いたのか・・・・・。

全く別の業種なんですが、私の大切な友人が、他人の策により、ある意味裏切られた感じで、めちゃくちゃ傷付いておりまして・・・。

その話を聞いた時に、この件を思い出したので、ブログに書きました。

私の場合は、早く気が付き強引にひっくり返し対処しましたが、私の友人は、利が減り心も傷めました。

私なんかは、この厳しい不動産業界でクチャクチャにもまれて生きてきましたので、仕事仲間を信じる事と、仕事仲間を疑う事と両方を知っています。

でも・・・私の友人は・・・・、仕事仲間を疑うという事を知らないのです・・・・でも、それは友人の良い部分であるので、その性格を変えてほしくはないですね〜。

私は目には目を!て対処・・・友人は、自分が引いて事を治めた!

今、傷ついている友人に、策士は、そのうち策に溺れて沈むから、今のままでいてほしいと思うのでした。


今日のブログは、長文になってしまいましたw










2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。






2010年05月29日

909) 社員旅行 行き先変更

社員旅行で釜山に行くことを書いたら、沢山の方から、電話やメールをいただきまして・・・・・

お客様(地主さん)から・・・

地主さん 『韓国、危ないぞ! 戦争が始まるかもしれない国に行って、向こうで何かあって帰りが遅れたり帰って来られなくなったらどうするんだ! うちの不動産は社長のところに任せてあるんだからな。 行き先変えろ。』

 『はい、ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。 でも、まあ、大丈夫だと思いますよ。 おみやげ買ってきますけど、何がいいですか?』

地主さん 『おみやげなんかいらん! 場所変更したほうがいいぞ。 本当に危機感のない奴っちゃな〜

 同業者の方から・・・

同業者 『近藤社長、本当に韓国に行かれるのですか? この時期に社員を連れて韓国に行かれるというのは、どうかとおもいますけど・・・、潜水艦が4隻・・・・ 領空に戦闘機が・・・ ミサイルが・・・・(以下省略) 社長、新聞やTV見てないのですか?』

 『新聞もTVもネットも見てるけど・・・・、いつもと違う雰囲気ってものいいんじゃないか? 渡航禁止になったら変更するよ。』

同業者 『常に、社員と社員の家族のことを考えている近藤社長の言葉と思えませんが・・・・、それだけ、今回の緊迫状態を重く受け止めていないという事なのかな〜? 行き先、変更されたほうがいいですよ。』

 『どう重く受け止めればいいんだ? 飛行機や釜山のホテルにミサイルでも飛んでくるのか? 大体、心配しすぎなんだと思うよ。 こういう状況になってから、一日に、どれだけの人が、韓国と日本を行き来していると思ってるの?』

同業者 『どれだけなんですか?』

 『し・・・知らんけど・・・・。』

 社員たちの中にも反対派が増えてきて・・・・

 両親からも行き先変更しろと電話があり・・・・

 読者の方からも、メールをいただき・・・・・。

でも・・・実は、もうすでに、チケットとホテルを押さえてしまったんですよね〜。

そして、私としては、社員たちに、あそこの海鮮を食べさせてあげたいとか、あそこに連れていってあげたいとか、釜山観光のプランも、頭の中でできていまして・・・、釜山にいる知人に、車や店の段取りまでさせてしまったわけで・・・・

うむ〜〜〜〜〜 これだけ反対されるとな〜〜〜〜〜〜

行き先変更を考えてみるかぁ〜〜〜〜〜。。。

その夜、偶然、旅行代理店の社長から電話がありました。

用事は、株の話だったので、旅行の件ではなかったのですけど、一応、今回の釜山旅行の件を相談しました。

 『(内容省略)という状況なんだけど、どう思う?』

社長 『うむ〜〜〜。 絶対大丈夫ですとは言えないけど、普段でも絶対はないですけどねw 変更されてもいいけど、キャンセル料、20%かかりますよ。』

 『キャンセル料はどうでもいいけど、俺は向こうで車や飯の手配しちゃったんだよな〜。 まあ、でも、もう少し、みんなの意見を聞いてみるし・・・・ちょっと考えてみるよ。』

昨日、一晩考えました。

うむ〜〜〜、社員の安全か〜・・・・ うむ〜〜〜〜、やはり危険なのかな〜?  うむ〜〜〜・・・ 何か眠れない・・・。


結局、何度も目が覚めて、朝になったのに寝た気がしない

そして今朝、会社に出社して・・・・社員たちの顔を見た


 『おはよぉ〜〜〜 おい、みんなぁ〜、釜山中止だぁぁぁ〜。 変更だぁぁぁ〜。 うむ〜〜〜、そうだな〜どこにすっかなぁ〜〜〜・・・。 よしっ 台湾にしよう 台湾行くぞぉ〜。』

社員たちは、一瞬戸惑い、社内は、しばらくガヤガヤしていたが・・・・、結局、みんな喜んでくれて、釜山が決まったときと同じく自分のデスクのPCで、台湾観光の検索をしていましたw

検索の好きな社員たち(笑)

ということで、当社の社員旅行は、釜山から台湾に変更になったのでした。

後で、旅行会社と、釜山の知人に電話して、キャンセルします・・・・ ふぅ〜 なんか申し訳ないなぁ〜・・・。

まあ、でも・・・、人が危ないということはやめたほうがいいですよね〜・・・これでよかったのだと思います。







2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください♪

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。


2010年05月28日

908) 人生初の白髪染め 

皆さん、いつもブログランキングの応援クリックありがとうございます



下請けのMちゃんの会社の応接で・・・・・・・

下請けの社長Mちゃんが言った。


Mちゃん 『近ちゃん、白髪増えたなぁ〜。』

 『えっ・・・、まあ40にもなれば白髪くらい生えるわ・・・、Mちゃんは白髪だけじゃなくて、禿げてきてるじゃね〜かwww』

Mちゃん 『はいはい、そうでございますね〜・・・どうせ俺は、近ちゃんより6つ上の46ですから・・・・おじさんで悪かったね〜。』

 『うむ〜〜〜、そこで、必死で反論してくれないと、つまんないじゃん・・・あ〜つまらん  Mちゃん、白髪、抜いてよ〜。』

Mちゃん 『横のところ、10分の1くらい白髪だぞ・・・抜くより染めたほうが早いわ。』

 『あっ・・・そんな事言って、自分が抜け毛が多いから、人の毛抜くと罰が当たりそうで嫌なんだなwww まあいいや、今日、美容院行くつもりだったから、ついでに染めてもらおう

という事で、美容院に行きました

 『ねぇ〜 俺、最近白髪ジジイ?』

美容師の 『ん? そんなことないですよ。 これくらいなら・・・・、でも、依然より多くなったかもですぅ〜・・・。』

 『タラちゃんみたいな変な日本語使わんでいいから、染めて・・・

美容師 『タ・・・タラちゃんですか???』

 『イクラちゃんよりマシだろ? ハイ〜 白髪染め〜 バブ〜w』

美容師 『キャハハハハ・・・わかりました

そんなこんなしてると、会社から電話があり、急な契約内容の変更があり、急いで段取りをしなくてはいけなくなってしまいまして・・・。

 『ん〜・・・・・・・・・、白髪染め中止 今日はカットだけでいいよ。 でも、眉だけは整えてね。』

美容師 『はい。 忙しいのですねぇ〜。 それくらいの白髪なら、自分で染めても大丈夫だと思いますよ。』

 『そっか・・・やってみるよ。』

ということで、髪をカットして、急いで会社に戻り契約の変更を調整・・・社員に指示を出しました。

その後、また、下請けのMちゃんの会社に行きました。

 『Mちゃん、白髪染めの先輩として、ご指導いただきたいのですが、よろしいでしょうか???』

Mちゃん 『ムッ・・・ なに言ってるんだ・・・。 まあいい、教えてやるよ。 まず、服に付いたら取れないから、風呂とかで裸でやるんだ。 あとは説明書読め。』

 『なんか冷たい言い方だな〜。 ちょっと自分のほうが白髪が多いからって、若い者にあたらんでほしいわw』

Mちゃん 『簡単だから心配せんでええ。』

 『髪を傷めると嫌だから、横だけ染めようかな〜。』

Mちゃん 『やるんだったら、全体をやらんと、変な感じになるぞ・・・。 近ちゃんの毛・・・真っ黒じゃないからな。 変な染め方すると、ヅラっぽくなるかもしれんな〜・・・まっ、それも面白いからいいけどw』

 『何も面白くないやんか・・・ よしっ、白髪染め買ってくるわ・・・。』

Mちゃん 『それから、染める前に生え際ギリギリのラインから肌側に、ベビーオイルかハンドクリームを塗っておくと、肌に液が付いても落ちやすいからな。 でも、毛の部分には塗るなよ。 オイルやクリームが付いている部分が、うまく染まらないぞ。』

 『へぇ〜〜〜〜〜、さすが詳しいね〜。 なるほどね〜、さすが白髪先輩・・・じゃあね〜w』

Mちゃん 『何かの打ち合わせじゃないの? もしかして白髪染めの先輩としての意見を求めにきたの? わざわざうちの会社まで???』

 『うん、ありがとう先輩

ということで、薬局に行き、簡単な白髪染めを買いました。

その日の夜・・・・人生初の白髪染めをしました。


 頭を洗いドライヤーで乾かしました。

 生え際ギリギリにボディークリームを塗りました。

 白髪染めの缶を、よ〜く振ってから、ゴム手袋をはめました。

 白髪染めを頭に塗り、5分間放置。

 シャワーで洗い流してシャンプー&リンスをしてから、ドライヤーで乾かして・・・・終了!

あわせ鏡をして、サイドをチェックしました

おおおおぉぉ〜〜〜 うまく染まったぁぁぁ〜

成功して嬉しいのだが・・・でも、どこか気分が・・・・ちょっとだけ悲しい

人生初の白髪染めでした (^^;)










2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください♪

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。