2009年07月

2009年07月27日

683) 家作り 家探し

今日、ブログの読者(女性)の方から電話があり質問責めにされてしまいましたw

ブログの読者ということでしたので、社員が私に電話を取り次いでくれたのです。

ごあいさつと、ブログの話を少しした後、週末、折込広告を入れていたからなのか、まず物件の質問が始まりました。

読者さん 『海部郡美和町の土地(住宅用地)なんですけど、これって調整区域ですが家は建ちますか? 家が建たない土地を建つとか言って売っている不動産屋とかいるってネットで見たことありますし心配なんですよ!』(ムムムッ!疑って電話かけてるのかな???)

 『この土地は、昭和45年以前からの宅地でございますので、基本的に一般の方でも建築許可が取得できますから建ちますよ! 但し、建築許可取得に20万円〜30万円くらいかかりますので、その分は費用として予定に入れておいてください!』

読者さん 『へ〜美和町で、この価格の住宅用地はなかなかないから興味があるのですが、社長さんから見て良い土地ですか? 売ってる人に聞いて悪い土地と言うわけないですけどね〜。』(ムムムッ・・じゃあ、聞かないでください!!!)

 『ん〜〜〜 日当たりも良いし、地型も良いし、私は良い土地だと思っていますが、お客様が住むのに良い土地かどうかは、判断しかねます。 〇〇様のご家族が、そこに住むことで幸せな家庭生活が送れると思うならご購入下さい』

私は、一応不動産業者なので、お客様に土地を売るのが仕事なのだが、アドバイスはするけど、お客様に物件を押し込むのが嫌なので、いつもこんなような答え方をする。

後で後悔されたら嫌ですからね〜。

すると読者さんは、こう質問したのです。

読者さん 『社長さんは、ブログに、お客さまの幸せって書いてみえますが、家族の幸せって何なのでしょう?何が幸せなのか人によって違うと思うんですけど・・・』

 『家族全員が楽しく暮らせることが幸せだと思いますが・・・』

読者さん 『じゃあ、家を買い不幸だと感じることって何がありますか?』

 『ん〜〜〜 いろいろあるとは思いますが、まずは、支払いでしょうね〜。 無理な支払いは生活にも無理が生じるので、自分の身の丈に合った支払額を決めるといいでしょうね〜。』

『後は、家族の誰かが、無理や我慢をしなければいけない状況を作ると、無理や我慢をしている人は、幸せを感じないかもしれないですから、支払い、通勤、通学、住環境、間取り、その他、とにかく無理をしないことです。』

『無理とか我慢が、不幸に繋がるように思います。』

読者さん 『でも、社長さんは、100%満足の物件はない!とブログに書いてらしたじゃないですか? 100%満足じゃなければ、無理や我慢をしているということじゃないですか? 1%でも嫌な部分があったら、それは我慢でしょ?』

 『いえいえ、そうじゃなくて、自分の欲しい地域内で、駅やスーパーや病院や学校や職場から近くて、相場より安くて、南向きで、間口と前面道路がが広くて、静かで、近所の方が良い方ばかりでとか言ってたらきりがないから、ある程度は妥協もしないと、物件が買えなくなってしまうし、理想が高すぎと、いつまでたっても買えない人が多いってことですよ!』

読者さん 『その条件すべてがないと、無理や我慢をしていると感じる人は、幸せになれないということですか?』(ムムムッ・・何か絡んでくるなぁ〜)

 『うむ〜・・・ちょっと違うと思いますが・・・ でも、その全てをクリアしないと、無理や我慢をしながら生活をしていて幸せになれないと感じるのであれば、それは不幸な事だと思いますよ。 だって、そんな土地はないですから、家が欲しいのに家を建てることができずにいて、家を建てることを我慢しているわけですから、それも不幸でしょ?』

読者さん 『そもそも、家が欲しいって誰が言い出したのかな〜? 社長さん、家を持つことのメリットとデメリットを教えてください!』

 『まず家を持つことのメリットは、一国一城の主となり、自分たちの城の中で誰に気がねすることもなく住めるってことと、資産を持つということは社会的信用も高くなります。何と言っても、支払いが終われば、全部自分の物ですしね〜』

『逆にデメリットは、賃貸しているときのように簡単に移住し難いことや、家賃とローンの違いはあるにせよ、一般的に家賃より高いローンを長年払っていかなくてはならないって事ですかね〜。』

まだまだ読者さんの攻撃は止むことなく、火の手は過去のブログにまで広がりました。

読者さん 『以前、ブログに南向きより北向きのほうが良いと書いていらっしゃったけど、本当にそうなんですか? 北向きの土地を売りたいからじゃないんですか???』(ムムムッ・・・あの時、南向きを売っていたような気がするが・・・・?)

 『いいえ、南向きは一般の方々に人気がありますが、私個人は南向きは嫌いなんです。 南向きを買うくらいなら、北向きで少しでも広い敷地を取得して、北側に駐車場 真ん中に家、南側に庭を取って、住みやすい家を作りたいですね〜。』

『道路から、洗濯物や生活空間が見えるのは嫌ですからね〜。』

読者さん 『でも、南向きは南に道路があるわけだから、道路に家は建たないから日当りは保証されますよね〜?』

 『保証はされませんよ! 道路向こうにマンションでも立ったら、マンションの住人に通路から、家を見下ろされるんですよ。』

『北向きで、南に個人の家があれば、まずマンションになる可能性は少ないですから、日当りの良い北向きのほうが良いかもしれません。 マンションは基本的に北道路に建てたほうが容積食えますから、南向きの道路向こうにマンションが建つなんてパターンは、割りと多いんですよ。』

私→読者→私→読者→私→読者→私→読者 以下省略

とにかく、ああ言えばこう言う、こう言えばああいうで、30分以上質問責め!!!

ずっと、こんな調子で、どちらかと言えば、女性なのに喧嘩口調で話してくる感じなんです。


途中、いくらブログの読者さんとはいえ付き合いきれないとか、もう、この読者さん、いい加減にしてほしいな〜。と思ったくらいです。

それでも我慢して聞かれたことに答え続けてていると、読者さんの攻撃が急に止んだのです。

そして、次の瞬間・・・・・・・・・・急に優しい口調に変わった。

読者さん 『・・・あの〜・・・失礼なことを言ってごめんなさい〜。 今まで、いろんな方に家造りの相談をしたんですけどぉ〜、私の質問に、ここまで適格に解りやすく答えてくれた人はいませんでしたし、社長さんは、一度も自社の物件を買って下さいと言わなかったですし、話している間、ずっと私の目線で話しをしてくださりました。』

『ブログどおりの人ですね。 社長さんを信じますので私たちの土地を探してください!』


こう言ってくださったのです。

 『・・・・えっ・・・ は はい、わかりましたw』

何か不思議な感覚です。

喧嘩してボコボコに殴られた後に、いきなり謝られて、優しく治療されている気分ですね〜。(←なんちゅう解りにくい表現だ!)


その後・・・・。

読者さん 『あのぉ〜 美和町の土地〜、社長さんが良い土地だと言うなら買わせていただきますけどぉ〜・・・・。』

 『広告を見て電話をしたとおっしゃいましたが、土地自体は見られたのですか???』

読者さん 『いいえ〜。』  (ガーン・・・)

 『お・・お気持ちは嬉しいのですが、その思想は危険です・・・。 自分が一生住むだろう場所を、広告と私の話だけで決めてはいけません!!!』

読者さん 『いえ〜、社長さんが奨めてくださる土地なら間違いないと思いますしぃ〜・・・。』

 『あわわ・・・ それ、私の責任めちゃくちゃ重いじゃないですか・・・アドバイスはしますが、自分の住む場所は自分で決めてください!』

『一度、ご主人さんといっしょにご来店ください! 案内させてください! それから家族で話し合って決めてください!』

それって、お見合いもせずに結婚するようなものですよ!!!』

読者さん 『近藤社長と話していてぇ〜、そういうのもぉ〜ありかな〜って・・・

 『ないです、ないです、断じてないです。』

ということで、今週の土曜日に来店していただくことになりましたw

読者の方が穏やかに話ができるようになったので、少し冗談話をして電話を切りました。


しかし、戦争中と終戦後と、これだけ変わる人も珍しいです。。。

戦争中は、大輔花子の花子さんのように、ババババババーって攻撃的な話し方をされ、終戦後は、山口もえちゃんのような、ふんわりした柔らかく優しい話し方をされ、読者さんには失礼ですけど、性格の違う双子の兄弟がいらっしゃるのでは???って思いました。

お会いするのが、とても楽しみですが・・・ 双子の兄弟で来店されたらどうしましょう・・・(^^;)








人気ブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。


toshikazy at 12:47|PermalinkComments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 不動産営業 | 土地

2009年07月26日

682) 花の力強さに感動

雑草1  当社の前面道路に花が咲きました。
これ何の花なんでしょう???

←ちょっと拡大してみてください!

自力でアスファルトを割って拡げて伸びてるのです。

しかも、周りの雑草は除草剤を撒かれて枯れてしまっていますが、こいつは、奇麗な花を咲かせています。

周囲を見渡しても、この花1本だけですw

この花は、アスファルトや農薬(除草剤)に負けることなく美しく咲いています。

なんという力強さ! なんという生命力!

私も、この花のように、逆境に撒けずに成長したいと思いました。

この花・・・すごい! 感動しました。


今朝、近所の子供が蹴飛ばしていたので、『おい! その花、蹴るなよ・・・ 花も生きてるんだ。 おまえも蹴飛ばされたら嫌だろう!!!』と注意しました。

残念なことに、子供に蹴られて、少し花の形が変わってしまいました(><)

かわいそうなので、茎が出ているアスファルトの間に水を入れてあげました。

この道路を管理している津島市の土木課にしてみるとアスファルトの亀裂を拡げる悪い花かもしれませんが、私は、毎日、水をあげようと思っています(笑)

今年も頑張って、市県民税を納めますので、これくらいはお許しくださいw


この花を見ていると、やる気が沸いてくるというかパワーがもらえるんですよね〜。

いつか枯れるだろうし、誰かに抜かれるかもしれませんが、この花が、ここにある限り、可愛がってあげようと思います。

アスファルトを破り拡げ、除草剤にも負けず頑張って花を咲かせたのですから、少しくらい楽をさせてあげたいですよね〜。

正直言うと、うちの下請けを呼んで、周りのアスファルトを取り除いてあげたいくらいです。(そんなことはしませんけどw)

花も人も同じように、一生懸命頑張る姿を見ると応援したくなってしまいますよね〜。

花とお客様の家造りを同じにしては失礼かもしれませんが、うちに来るお客さんも、マイホームを建てるため、一生懸命頑張ってきた人がほどんどなんです!

この花には毎日忘れずに水をあげようって思いますが、お客様には良い物件が少しでも安く買えるように努力しなければ!って思いますね。

この花は、いろんな意味で私を頑張らせてくれそうです。

無理だってわかってますけど、できることなら、ずっ〜〜〜〜っと咲いていてほしいですね〜。







人気ブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。



toshikazy at 01:29|PermalinkComments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 営業 経営 

2009年07月25日

681) 非情な金融機関

仲の良い解体屋のオヤジが、血相を変えて会社に来た。

解体屋 『お・・おい、社長! け・・・競売・・・うちの若い衆が競売なんだよ! い・・・家・・・競売』

 『ちょ・・、ちょぉっ・・・、わかったから、落ち着いて話せや!』

この人の日本語を通訳すると、自分のところの社員の家が競売にかけられて家をとられてしまうから助けてやってほしい!ということだ!

解体屋の社長から話を聞くより、若い衆本人から話を聞かないとややこしくなるので、若い衆を呼んで話を聞くことにした。

1時間後、彼は、土地建物の資料を持って会社に来た。

債務者本人の主張

数ヶ月前、お母様を亡くされたらしいのだが・・・・

先日、某金融機関が来て、残債約1000万円の借金を全額返済してほしい! できないなら自宅を競売にかける!と脅して帰ったらしい!


数年前、本人(若い衆)と母親で連帯債務で借金をしたらしい。

母親が亡くなった=連帯債務者が死んだからという理由で、金融機関が全額返済しろと言ったらしい。

母親が死んでから、しばらくして金融機関に呼びつけられて、今まで通り返済するか、もしも苦しいのであれば利息分だけ払ってくださいと言われていたらしく、本人としては、どちらでもいいなら、しばらくは利息だけ入れておいて、景気がよくなり解体の仕事が増えてきたら、元金も返すつもりだったらしい。

この時に、金融機関から、利息だけ払っていたら一括返済を求るとか、競売にかけるという話はまったくなかったらしい!

素人相手に、金利だけ払うか、今まで通りに払うかを選択させて、金利だけ払っていたら、一括返済を求められて、できなきゃ競売!
金融機関のことを理解している相手なら、当り前にわかる話だが、素人相手に、これはないだろ〜というのが私の考え方!!!


いくらなんでも、ひどすぎる・・・・私は耳を疑った。

私は、本人に、『本当に、全額返せって言われたの?』と聞いた。

彼は、『はい、返せないなら、競売だと言われました。』と言われました。

再度確認で、『それ、間違いないんだね?』くと、『はい!』と答えた。

私は、解体屋の若い衆が、悲しそうにうつむいているのを見ていて無性に腹が立ち、翌朝一番で金融機関に確認の電話をした。

私は、某金融機関の支店長に電話をし事情を説明して、『どういうことか説明してほしい!』と言ったのだが、『ご本人様以外に話せません!』とのことで、あっさり断られた。

 『あっ、委任状を書いてもらうから、それ持ってそっちいくわ。 もしくは、債務者と一緒にいくわ〜。 』

支店長 『近藤社長、この件は、うちに来られても、本人以外とはお話できません。 それに、私、今から出かけますんで、来ていただいても・・・・。』

 『わかった。 まあいいや、それじゃあ物件売るから少しだけ競売待っててくれない?』

支店長 『それが、もうすでに手続きに入っておりますので、具体的返済して下さるお話でないと、取り下げはできないんですよ!』

取下げということは・・・・脅しではなく、競売の手続きをしたということだ。

 『ふ〜ん。あのさ〜支店長 あんたのところ、うちと取引してくれとか、住宅ローンくださいとか、頼みごとばかりしてくるのに、こちらの頼みは全部断るんだね〜w お互いにって付き合い方知らないんだw
 支店長さんって、友達1人もいないでしょう?』

『それにね、債務者に利息だけ入れておけばいいにたいに錯覚させておいて 約束通り返してる真面目な青年から家取り上げて一括返済させるんだぁ〜。 悪徳銀行め・・・胸糞悪いわ!』

支店長 『申し訳ございませんが、何と申されましても・・・利息だけ返済されても元金減りませんので一括返済を求めただけですが何か問題がありますか?』

 『支店長のやってることは俺なら理解できるが、債務者は理解できてないぞ! 利息を返してたら、元金の返済は待っててくれると思い込んでいるんだ。 金融機関側が、きちんと説明してないんだろ? 金融監督庁に相談するわ。』

私は、ここで、腹が立ちすぎて我を失っていることに気が付き、ここから少し話し方を変えた。

 『支店長さん、この債務者は、可愛いうちの下請けの社員なんですよ! 私は何としてでも守りますよ! って言っても、あんたにはわからんだろうな。・・・話は分かりました、どうぞどうぞ競売かけていただいてけっこうですよ! あはは〜・・・そちらがそうくるならこちらはこちらで・・・これでも私はプロですから・・・。』

支店長 『社長さん、お立場があるのですから、競売妨害的な行為はおやめになったほうがいいですよ、最近は、厳しいですからね〜。』

 『そんなことは、ド素人の支店長よりよく分かっていますよ! 変な賃貸借付けたり、占有したり、そんな手は間違っても使いませんからご安心ください!』

『支店長、あの土地、車もまともに入れなくなったら、入札する人いますかね〜? あそこの家に入る道の一部の、公道部分狭いんですよ! 現況ギリギリ車が通れるようになってるのは、個人所有の私道なんですよ! そんなことも調べないで融資したんですか?』

『あぁ 土地の前面道路だけ調べただけで、あそこまで入っていく道路全部をを調べてないんですね〜。 さすが素人さんですね〜w それでは、さようならw あっ、それから、おたくみたいな悪徳銀行と取引することはないから、支店からもローンプラザからも、もう二度と営業来なくていいからねw』

ガチャ!(電話を切りました。)

解体屋 『今の話・・・その私道を買取るか借りて道幅を狭くするのか?』

 『そんなことはしないよ! 奥の人たちみんな困ってしまうじゃん。』

解体屋 『えっ・・・ じゃあ、さっきのは???』

 『あぁ、あれ、担保の評価を間違えてることを教えてあげただけだよ! 敵に作戦を教えるわけないでしょw』

解体屋 『じゃあ、競売で取られちゃうの?』

 『いや、取られないようにする! 金返せばいいんだからね。 とりあえず、繋ぎで引っ張るよ!』

解体屋 『あんな道が狭いところで300坪あっても売れないだろうし、売れたとしても、うちの若い衆は、土地建物を失くしてしまうんだから、あまり意味ないでしょ?』

 『いや 残債の1000万円くらいか、もしかしたら1500万円くらいでは売れるかもしれないな〜。 でも、それでは、債務者は、家を取られても、いくらも残らない。 でも、ある方法を使えば、今の家を失わずにすむんだ。 要するにお金を返せば競売にはかからないからねw』

解体屋 『その競売妨害とかにはならないの?』

 『だから〜 支店長様が要求してる金を返すんだから、競売にならないから競売妨害には、200%ならないから安心していいよ!』

解体屋 『まいいか、社長に任せておけば何とかなるかw』

 『うん、でも、300坪のうち建物が建っていない部分を100坪だけ売らせてもらうよ! でも、このままの状態で100坪切って売っても、道が細すぎて安くしか売れないから、ちょっとした手を使い道路拡幅するんだw 明日、役所に行ってくるわ。』

『それから、ダメ元で金融庁にも相談するしね〜w』

この土地は、このままでは、道が狭い安い土地で、現況でギリギリ車が入れるが、それも人の私道を通らないと入れない! イコール、あの物件は300坪あっても、物好きな人が、1000万円〜1500万円で買ってくれるくらいのもの。でも、あることをすると、本宅部分ん200坪を残して、100坪の土地を切って売る、そうすれば土地の価格が坪20万円くらいで売れるのです。

しかも、通常坪20万円くらいの土地を、買主さんが相場より少し安く買えるように、坪18万円くらいで売りにだしたらすぐに売れます♪


つまり、300坪全部を手放さなくても、100坪を18万円で売るわけです。

1000万円は返済、約300万円は道路買収費用、200万円は工事費用、残り300万円は、各手続き費用、つなぎ融資の金利、私のコンサル料などなど、おおまかにこんな感じですねw

詳細は、ここには書けませんけど、開発案件を沢山こなしている人なら方法は想像がつくと思いますw

まあ、1000万円の作り方は置いといてw

この金融機関、ちょっとエグいと思いませんか?

連帯債務者が亡くなり、元金返さずに金利だけ返していたら、一括返済を迫られるのは当たり前のことなんですが、これって、一般の勤め人にはわかりませんよね〜。 
金融機関から、しばらく利息だけ返してくれていれば・・・みたいな説明をされていて、利息を返していたら、いきなり一括返済を請求されて、何か納得いかないです。

何と言ったって、相手は素人さんなんですよ!

せめて、金利だけの返済をしてたら、何か月で一括返済を求めるとか、競売にかけるとか伝えてあげないといけないと思うのです。

解体屋の社長が、私に助けを求めてなかったら、この債務者(解体屋の社員)の土地建物は競売にかかっていたでしょうね〜。

もしかしら債務者人生が変わってたかも・・・?

とはいっても、まだ、競売の取下げをさせたわけじゃないですけどねw

後は時間との勝負ですので、明日から、道路部分の買収と、つなぎ融資の段取りを進めます。

ここまで読んだ方で、最悪、もしも競売の取下げができなかったら???と思う人がいるかもしれないですね。

可能性は限りなく少ないですが・・・ 

乗りかかった船です・・・最悪の事態の場合は、私が落としますよ!!!

とにかく、解体屋の社員さんが、家を取られないように頑張ります!






 人気ブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。



toshikazy at 09:20|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 津島市 千代田不動産 | 不動産売却