2009年07月

2009年07月30日

686) 家庭菜園? 会社菜園?

最近、ほんと家庭菜園用地の需要が増えてきましたね〜。

10坪だけほしいという人〜100以上ほしい人まで、いろいろなんですが、50坪以上の方は、ちょくちょく決まっていくのですが、10坪〜50坪くらいまでの方の用地がなかなか決まってこないのです。

というのも、そんな小さな家庭菜園用地が、なかなかでてこない!!!

もう1つ言わせてもらうと、原則として農家以外は農地を買えない!!!

大規模に買い農家になれば話は別なのですが、農家以外の方が小さな家庭菜園程度の農地が欲しくても、宅地か雑種地に家庭菜園を作るという趣味程度のものしかできないのです。

今日、・・・以前、調整の宅地を買っていただいた社長さんが遊びにきました。

社長さん 『近藤社長、あの土地の一部を家庭菜園にしたいのだけど、畑土を入れてくれんか?』

 『何坪を畑にするんですか? 少しくらいなら農家の方からもらってきてあげますけど・・・。 ダンプ賃くらいはくださいね〜。』

社長さん 『社員たち皆で使うから、100坪くらいは畑にしたいな〜。 うちの社員は社宅に住んでいる人が多いから、みんな土いじりがしたいみたいなんだよ!』

 『100坪って・・・そ・・・そんなにですか? 余裕がある会社は違いますね〜。 300坪の宅地の100坪を家庭菜園にするんですか・・・ 家庭菜園じゃなくて、会社菜園か・・・w 福利厚生費でおちるんですかね〜?』

社長さん 『わからん・・・!』

 『それなら、土を作りましょう! あのままでは、ジャガイモくらいしか育たないですよwww』

社長さん 『・・・畑土はどうやって作るの???』

私は、知っている範囲で説明をしたw

私 『1・畑を鍬で耕す&小石等を拾う。 2・雨が降ってから再度鍬で耕す&小石等を拾う。 3・肥料を混ぜながら耕す。』

社長さん 『簡単そうですね。』

 『いや、難しいですよ! もう少し詳しく言いますね!』

畑の作り方、詳細編

まず、雑草が生えている場合は、耕すときに鍬で土を擦るように使い、雑草を取り除き、それから、深さ30センチくらい耕すといいです。

耕しながら小石等がでてきた場合は、拾ってバケツに入れて、駐車場部分(未舗装)に撒くといいですね〜。

そして、雨が降るのを待って、再度耕します。

これは、雨が降ると、最初に耕したときに拾い損ねた小石等が表面にでてくるので、再度耕しながら小石を拾うといいですね〜。

できれば、小石がなくなるまで繰り返すといいです。

もう少し言うと、土が重いようなら、砂や・・・ えっと何だったかな〜?赤玉?だっけ?を混ぜて、ある程度水はけを良くしたり軽くするといいですよ〜。 これも土の質によるので判断が難しいですけどね〜。

最後に、肥料については、鶏糞、牛糞、石灰なんかもありますが、これは育てるものによって量が異なるので、調べてからのほうがいいです。

私のお奨めは、草を狩ったものをしばらく畑に放置しておいて、鶏糞や牛糞や家庭の生ゴミを混ぜて再び放置、ぼろくちゃになったらできあがり。

科学肥料という手もありますが、家庭菜園なんだし、有機肥料のほうがいいと思います。(個人的考え)

さぁ〜 土ができたら、苗や種を買ってきて植えてみましょう!!!

本当は、最初の畑作りは、近所の農家のおじさんに頼んでトラクターを貸してもらったり、知り合いの土木屋さんとかいたらミニユンボを貸してもらうと楽なんですけどね〜・・・。

うねを作るような場合は、土の盛り具合や硬さを調整したいので手作業で作りましょう。

↑しかしまあ、農家でもないのに、何で俺が知ってるんだろう???

職業柄、農家の方や家庭菜園をされている方と話す機会が多いので、気が付いたら知ってました(笑)

とはいえ、私は野菜を育てたことはありません・・・人から聞いているうちに何となく覚えた事なので、違っていたらごめんなさい。

↑こんな感じで説明しましたw

再び会話

社長さん 『さすがですね〜。 そんなことまで知っているのですね〜。』

 『いえ、違ってるかもしれませんよ〜w  でも、まあ、不動産屋してると、これくらいの事は、覚えちゃいますねwww あはははw』

社長さん 『いや〜すごいわ〜 農家でもないのに畑の事詳しいなんて、ちょっと驚きましたよ! ところで、今度の日曜日なんですけど、とりあえず耕して石拾いをしてみます。 近藤社長も運動がてら来ませんか???』

『体力ありそうですし、ちょっと太り気味だから丁度いいですよ! 以前、重機に乗れると、おっしゃってませんでしたっけ?近藤社長が来てくれたら心強いな〜』

 ガーン・・・・・イヤデス 『・・・・・い・・・いえ・・・ ゼンゼンココロヅヨクナイデスシ・・・い・・・行きたいのはヤマヤマなんですけど・・・残念だなぁ〜・・・ 実は、日曜日、結婚式が入っておりまして・・・、私の結婚式ってわけじゃないですけど・・・アハハ・・・友人の結婚式なんですよ〜。 本当に残念だな〜w』(タスカッタ Nサンアリガトウ)

『ほらぁ、それに、私が行ったら、社員さんたちが気を使いますから、自分たちだけでやったほうが楽しいと思いますよ! それに、福利厚生でしょ? 私が行ったら福利厚生じゃなくなってしまいますよ・・・』

社長さん 『そこまで嫌がらなくても・・・・。』

 『いえいえ、今回残念だな〜。また、誘ってください!』

もしも、友人の結婚式がなかったら、日曜日は、畑の石拾い(健康的なダイエット)していたかもしれません・・・(^^;)


でも、この会社・・・ ほのぼのとしていて、雰囲気の良い会社なんですよ!

会社のみんなで趣味の野菜作りをするなんて、素敵な会社ですよね〜w

最近、家庭菜園をやってみたいという人が多いので、ちょっぴりでいいから一般の方でも農地が買えるように農地法を改正してほしいと思います。








人気ブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。



685) リフォームする人募集

知り合いのY先生(建築屋さん)が遊びにきてくれました。

この人は、年間数棟しか建てないのですが、かなりこだわりのある個性的な建築をされるのです。

お金儲けは二の次で、とにかく良いものを造るんです。

建築費は高いけど、めちゃくちゃ良い家を建てるので、Y建築さんで家を建てた人は、Y社長ではなく、Y先生と呼ぶようになるのです。

でも、私から見て、Y先生の建築費は高いのに、儲かっているとは思えません。

それくらい、素晴らしい家を建てるのです。


Y先生は、お客様に頼まれて土地探しをしているようで、私のところに土地の情報をもらいにきがてら、遊びにきてくれたのです。

Y先生の条件に合う土地の資料を渡し、いろんな国の住宅の話を聞かせていただき、息子さんの話や、世間話もしました。

この人の話、すごく面白くて、ついつい聞き入ってしまうんですよね〜w

私は、Y先生の【お客様の幸せを考える】という部分を尊敬しています。

この人には、妥協というものがないので、私のお客様第一主義を遥かに超える、お客様が全て主義なんですよね〜。

まあ、人の事を誉めていても、ブログのネタとして、何も面白くないので、本題に入りましょうね〜w


ジャーン♪ Y先生から面白い話をいただきました。

Y先生 『近藤社長、ボロ家探してるんですけど、いいボロ家ないですかね〜?』

 『えっ・・・ ボロ家ですか・・・ボロ家って、ボロ家ですよね〜?』

Y先生 『ええ、私の友人から頼まれているのですが、TV撮影用の家を探してるんです・・・ ほら、某TVでやってるでしょ? あれですよ! 名古屋でやりたいんですよ!』

 『あ〜あ〜あ〜あ〜 あれね〜w あれって、リフォーム代は、誰が払うの? TV局? 自己負担???』

Y先生 『当然、自己負担ですよ!』

 『ってことは、古い家に住んでいて、リフォームする人を探せばいいのですね? ところでおいくらくらいなんでしょう???』

Y先生 『まあ、1000万円〜1500万円くらいかな〜。』

 『えっ・・・ 今どき、そんなにリフォームに金をかける人いるんですか? 下手したら新築建ちますよ! 』

Y先生 『何言ってるんですか? 彼のリフォームはすごいんですよ!!! 私は安いくらいだと思いますけどね〜。』

 『ところで、その人、何て名前? 知り合いで古い家に住んでいる人に聞いてみますけど、どこの誰がって説明しなければ、いけませんからね〜。』

Y先生 『〇〇〇先生ですよ! ご存知ないですか???』

 『すみません。 後で、ネットで見てみます。。。』

『でも、正直、自信ないな〜。 そんだけの大金かけてリフォームして、TVで家の中映されるんですよね〜。 古家に住んでいて、お金持ちで、TVにでてもいいって人ですよね〜。 難しいなぁ〜。』

Y先生 『ですよね〜。 私も探しているんですけど、なかなか見つからなくて、友達だから何とかしてあげたいのですけどね。』

 『探してみますが、自信ないな〜。 あてにしないでくださいね。』

ということで・・・・。

有名な先生にリフォームしていただいてTVにでてもいいという人は、メールください!

条件は、古家在住の資金力のある方!


資金のほうは、リフォームローンって手もありますけどね。

一応、ブログで募集をかけてみることにしましたw(募集)



それから、Y先生から、もう1つ頼まれました。

10月くらいって言ってたと思いますが、私に土地選びについて、どこかの会場で話してほしいらしいのです。

『1時間は無理』と答えると、『20〜30分でもいいですよ〜。』と言ってくださったので、『考えておきます!』と答えたのですが・・・・ やっぱり無理というか、あまり気乗りしないので断ろうと思っています。

以前、あるハウスメーカーの新卒入社の子たちに、講演をしたことがあるのですが、その時に、あまり面白いものではないなぁ〜って思ったのです。

みなさんは、面白かったと言ってくださり好評だったのですけど、私は、大変なだけで何も面白くなかったですね〜。

私は、大勢の人の前で話しても、全く緊張しないので、そういう意味では良いのかもしれないですが、聞いてる人みなさんに当てはまるような内容にしなければいけないし、そいういう意味で準備とか、けっこう大変なんですよね〜。

私は、大勢に壇上から語るより、1人1人のお客様とお会いしてアドバイスしているほうが、自分に合っていると思います。

数十分の話で、100人全員に最善のアドバイスをするのって無理だと思うのですよね〜。 それよりも、1人1人のお客様のお話を聞いて、その人に最善のアドバイスをしたいですね〜。

Y先生には申し訳ないですが、早速、明日でも電話して断わろ〜っと!!!

あっ・・・リフォームのほうは募集中ですよw


まあ、しかし、今日は、Y先生と久しぶりに話せて良かったな〜w

いろいろ勉強になりました。





人気ブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。


2009年07月28日

684) 大雨と子供

秋に売り出し予定の宅地分譲の現場(中川区)で打ち合わせをしていると、突然大雨が降ってきた。

もう、すっごい雨で、バケツをぶちゃけたような雨で、カミナリもすごかったです。

私は、車に逃げ込んだので、ほとんど濡れることはなく、会社に帰ろうと思い車を走らせました。

すると、前から、ずぶ濡れになった小学生が歩いてきました。

まだ、雨が降り出したばかりなんですが、どしゃ振りの雨にあたり、髪の毛はベチャ〜っと顔にくっつき、貞子みたいになっていますし、全身雨にあたり辛そうに歩いていました。

以前、岐阜に行ったときもこんな小学生いて、家まで送ってあげようと思ったことがあるのですが、・・・そのときは、いっしょに車に乗ってた人が、『今時は、親切が仇になるからやめておきなよぉ〜』と言われてびしょ濡れの小学生に声をかけませんでした。

でも、今回は、私1人だったこともあり、びしょ濡れの小学生に声をかけたのです。

小学生の横に車を止めて窓を開けました。

窓を開けただけで雨が振り込んできました。

 『ぼくちゃん、雨ひどいから家まで乗せてってやるよ!』

小学生 『いえ、知らない人について行ってはいけないって言われてるもんで・・・。』

 『知らない人って・・・ 緊急の時は、そんなこと関係ないんだよ! まあ、何でもいいから乗れよ・・・家まで送ってやるよ!』

『ぼくちゃん、風邪ひくぞ! あっ、1つ教えといてやるけど、俺は誘拐犯じゃないから安心しろ! 誘拐するなら菓子買ってやるとかゲーム買ってやるとか、親が病気だとか言うだろ? 俺は、お前が可哀そうだから乗せてやるって言ってるんだ! 俺まで濡れちまうじゃん。早く乗れよ!』

小学生 『はいっ。』

小学生は車に乗った。ズブ濡れ状態(TT)

 『うわぁぁ〜 ベタベタだな〜。 お前の家どこ??? ヤベ〜俺のシートエアコン付きだから、早くしないとぶっ壊れるかもしれん。 後ろのシートにゴルフフェアーがあるから、それをケツに敷いてくれぇ〜。』

小学生は、何が面白いのかわかんないけど、笑っていましたw

私は、家までの道を聞いて送ってあげました。

小学生の家は、家に着くと、『おじさん、家からタオル持って来てシート拭くから待ってて!』と言って家に入っていきました。

めっちゃ良い子ですw

しばらくすると家から傘をさして母親がでてきて言いました。

小学生の母 『息子から話を聞きました。どうもご親切にありがとうございました。 これタオルです。よろしければお使いください。』

 『あっ、どうも、息子さん、この雨にあたって、ズブ濡れで可哀想だったもんで・・・。さっきまで、もっとすごい降りだったんですよ!』

小学生の母 『あの〜 せっかく送って頂いて何なんですけど、あなたみたいな良い人ばかりではないので・・・ 子供には、知らない人の車に乗ってはいけないって言い聞かせてあるので、今、叱ったのです。』

 『いや、子供さんは断ったんですけど、あまりに雨がひどいので私が説得して乗せたんですよ。怒らないでやってくださいよ!』

『あっ、申しおくれました。 私、千代田不動産の近藤と申します。 今度、そこで宅地分譲やるので現場にきていたんですよ! 現場の帰りに、たまたま息子さんをみかけたんで・・・ぜんぜん全く怪しいものではございません!!!』

小学生の母 『それは、わかってますけど、何かで誤解を生じてはいけませんので、こういうことはされないほうがいいと思いますよ。』

何か、めっちゃ傷つきました。。。(TT)。。。

 『お気持ちはわかりますが、私も子供がいますからね〜。 でも、ズブ濡れになっている子供を見たら、逆に子を持つ親として、自分の子がズブ濡れになっているかのような気持ちになりまして、声をかけずにいられなかったんですよ。

でも、まあ、そうおっしゃるのであれば、私は謝るしかないですね。 どうもすみませんでした。

小学生の母 『いえいえ、私のほうこそ、送っていただいたのにすみません。』

『私も、息子が知らない人の車に乗ったということと、親切に送っていただいた事と・・・・・・・すみませんでした。』

 『いいえ、いいですよ! 息子さんに、もう知らない人の車に乗ってはいけないって言っておいてください!』

『それでは、失礼いたします。 タオルありがとうございました。』

話が終わり、帰るときには、雨はやんでいましたが、私の心は、雨が降っているような感じで・・・。

別にお礼を言ってほしいわけじゃないんですけど・・・・

知らない子を車に乗せるのもあまりよくないってわかってるけど・・・

何か、やりきれないな〜。

私もですが、きっと、あの母親も、子供も、嫌な思いをしたんですよね〜。

あのとき、雨にズブ濡れになっていた子供に、声をかけずに帰ったほうが良かったんですかね〜?

私が、子供の頃は、知らない大人に、親切にしていただいたり、時に叱られたり、大人と子供の関係ってもんがありました。

嫌な世の中になりましたね〜。






人気ブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。